実家で亡くなった父のために新しくお墓を作った時に
お金を出しましたら
実母が勝手に私の名前を彫ってしまいました。
その時はすでに私は結婚していましたから
名前を彫る理由がわかりません。
しかも、実母の名前の横に名字なしで○○子と言う感じで
まるでまだその家の人間の様です。

母が何を考えているのか、さっぱりわかりません。
彫られた名前を消したいのですが、
墓石を作り直すしかないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

墓石」に関するQ&A: 墓石業者を選ぶ時

A 回答 (5件)

今、石材店をやっている親戚に聞いたら、削り直しの方が(やはり石種によるらしいですが)遥かに安いそうです。


石は使用するサイ数計算(体積)で値段を出すそうですが、使用する石種の1サイ(60cm×60cm×60cmで)がいくらで計算がはじき出されるそうです。
因みに石の1サイの値段は私達が思っているよりもけっこうするそうです。
言われてみれば分りますが、石は硬いし、加工にもの凄く時間と手間がかかりかなりの労力がかかるから石は高いそうです。
削り直しの方がかなり安いそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

わざわざ親戚に訊いて下さったんですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/31 17:12

さきほど書かせて頂いた者です。


思い出したのですが、削り直しという方法もあります。
削り直しとは、文字彫刻してしまった面を丹念に文字の深さまで磨き、文字彫刻を消す方法です。
石種によってですが、竿石を取り替えるよりは安く出来ると思います(しかしあくまでも石種によってどちらの方が安いかは分りません)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

削り直し検討してみます。

お礼日時:2009/05/31 17:10

はじめまして。


あなたのお名前が御石塔裏側に建墓者(○×建之)として彫られているわけですね?
それは御石塔を購入される時に誰が御石塔代を支払ったかだと思います。
それと誰がメインになってそのお石塔を建てたかだと思います。
ちなみに一度彫ってしまった彫刻を埋めて消す方法はありますが、かなり汚い仕上がりになります。どうしても嫌なのであれば、あなたのお名前が彫られている“竿石”と呼ばれる部分だけの取替えをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/31 17:09

建立者の名は掲載するのが常識です。

載せてもらいたくなければ、設置前に連絡するしかありません。彫ってしまったものですから、消すのは物理的に不可能ですね。

うちの墓には、私の名が赤字で彫られていますよ(存命なので)。赤字の場合、将来その墓に入ることを想定していますが、そうでなければ、気にすることはないのでは
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

事前に連絡がもらえていたなら
間違いなく自分の名前を消してもらいました。

長男は音信不通。
末っ子の二男はお墓の注文が済んでから
お金を出すと言い出したので、
お墓に名前が入ったのはすでに嫁に行った自分だけです。

お礼日時:2009/05/31 17:07

裏にですよね?


お金を出したからなんでしょうか?
ていうかそんなにいやなんですか?
ただ残しておきたかったんではないですか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
このことにはかなり違和感を覚えてます。
なぜなら、私はすでに嫁に行った人間で実家の人間ではないからです。
お墓がなくお寺に預けられた父のために
いくらかのお金を用意しましたが、まさか名前を彫られるとは
思ってもいませんでした。

お礼日時:2009/05/31 16:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q墓石の彫り直しは相場でいくらくらいでしょうか?

○○家という墓石だと○○家の人しか入れませんが、跡継ぎが他の苗字なので
墓石を「先祖代々の墓」とかに彫り直せば、みんな入れるのでしょうか?
その場合、彫り直しはいくらくらいかかるのでしょう?

Aベストアンサー

取り外し+彫刻部分の削り落とし+磨き直し+文字の彫刻+運搬料=
文字の大きさ、文字数などにより違うし、お墓の大きさや石材店によっても違う。運搬料も墓から作業現場(普通店で作業する)までの距離、車が入るかどうか、人力作業か、人数により違う)

参考URL:http://www.boseki.net/qanda-hiyou/081021.html

Qお墓の後ろに書かれた名前について(長文)

主人の実家に帰省し、目玉が飛び出るほどビックリしたので質問をさせてください。私の主人は男3人兄弟の次男です。主人の父が3年ぐらい前になくなりました。その際他県に住んでいる私達は分家と最初から言われていることもあり、お墓を立てる際もお兄さんとお母さんに任せていました。しかし、お墓参りに行って今までは家族の名前を彫ってあるのは宗教上の理由と聞かされていましたが、今回帰省し話が変わっていたのでビックリしました。それは、私達も入ることに勝手になっていたのです。つまり、宗教上というのはだまされていたことになります。もともと、主人が自分たちは分家だし、お墓はお寺にお願いして預かる形なんかでいいよね~なんていっていたので主人もお墓に入る気など毛頭ありません。
何の相談もなく、勝手に墓石に名前を入れられた場合はどうなるのでしょうか?本籍が実家なら入ることになるといわれたので本籍は移すと主人がいっておりますが・・。しかし一度掘り込まれた墓石の文字・・・。どうなるのかとても気になるのでどなたか教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

浄土真宗の寺の者です。
お墓に刻まれた名前、消すこと自体は可能です。もちろん、一度へこんだところを埋める形になりますので、多少のあとは残りますが。消してもらうには、そのお墓を建てた石屋さんに頼んでやってもらってください。
ただ、本家のお義母さま、お義兄さまに消してもらいたい旨を伝え、了解を頂いてからのほうが、よろしいかと。黙ってお墓をいじるようなことをすると、あとあとのおつきあに障るかもしれませんので。質問者様にしてみたら、勝手に名前を入れられたのに、と納得のいかない思いがあるかもしれませんが、そこは譲っておいたほうが無難な気がします。いずれにしても、出入りの石屋さんに連絡をとるなら、本家に一報をいれることは避けられないと思いますが。

できるできないで言えば、できます。

Q墓石に、名前をたしたいのですが・・・

無知な質問ですが、先日、伯父が亡くなりました。
色々とそうだんしたのですが、今現在あるお墓に
納骨する事にしました。
その際に、墓石に名前を足せるのでしょうか?
たとえば、名前がいっぱいになっていたら
新しい墓石を建て替えなければなのでしょうか?
墓石屋さんにお聞きするとわかりますかね。

Aベストアンサー

 墓石に名前を足すということは,既にそこに葬られれた方の戒名等が側面に刻まれていて,正面に戒名が彫られていない墓ですね。
 お寺の境内にある墓でしたらそのお寺に,霊園墓地の場合はその管理者に尋ねられれば,出入りの石材屋さんを紹介していただけます。
 昔は石材屋さんが墓地に出向き,その場で刻んでおられましたが,今はほとんど機械彫りですので,レッカーでつり上げてトラックに積み,工場に運び込んでそこで新しい戒名等を刻み,再び元の位置に戻すという方法が採られているようです。
 お墓は開眼供養され,お性根が入れられていますので,レッカーでつり上げる前にお坊さんに性根抜き(抜魂)の法要(わずか数分)をして貰います。元通りに復元され,新仏の納骨の時に,またお性根入れ(入魂)の法要と納骨法要(これも数分)をして貰います。
 寺院墓地の場合は,石材屋さんがお寺と相談をしてそれらの法要をしてくださいますので,いちいち立ち会わなくても良いようです。
 霊園墓地や公園墓地,公営墓地で,そんなことは気にしないということであれば,それはそれでいいのですが,気になるようでしたら,菩提寺に相談してお性根抜き(抜魂)の法要をして貰えば良ろしいでしょう。
 
 さて,もう名前がいっぱいで彫れないという場合ですが,墓地に余地があるのであれば,他の方がおっしゃっているような墓誌(霊標)という石の板を建てて,そこに彫るという方法もあります。
 もし,墓石にもう戒名等を刻む場所がない,墓誌を建てる余地もないとなれば,墓石を建て替えるしかないようです。墓石全部を建て替えるか,竿石だけを取り替えるかです。その際は,「○○家之墓」「○○家先祖代々之墓」と刻むか,題目・念仏・唱名等を刻み,一切の戒名等を刻まないようにします。(戒名等を刻めばまたすぐにいっぱいになってしまいます)。竿石だけ取り替えた方が安いのですが,下の部分と石肌が違ってきますので,それを気にするかしないかです。
 兎に角,まずは石材屋さんと相談してください。

 墓石に名前を足すということは,既にそこに葬られれた方の戒名等が側面に刻まれていて,正面に戒名が彫られていない墓ですね。
 お寺の境内にある墓でしたらそのお寺に,霊園墓地の場合はその管理者に尋ねられれば,出入りの石材屋さんを紹介していただけます。
 昔は石材屋さんが墓地に出向き,その場で刻んでおられましたが,今はほとんど機械彫りですので,レッカーでつり上げてトラックに積み,工場に運び込んでそこで新しい戒名等を刻み,再び元の位置に戻すという方法が採られているようです。
 お...続きを読む

Qお墓の墓石について? (赤い文字)

 大阪に来て1ヶ月過ぎますが、お墓の墓石の裏側に赤い文字で名前が書いて有るのを発見しました。
 愛知県では有りませんでしたが、風習でしょうか。
 お寺さんの方教えて下さい。

Aベストアンサー

その筋のものです。
赤い文字はたいていの場合
墓を建てたひとが生きている人であるということを表します。。
赤い文字が裏にあったのは、
墓の後ろに建てた人を刻む習慣があるためです。
由来はよく分かりませんが、
現在は全国的に広がっている習慣です。
あと、夫婦で先に夫を亡くした奥さんが、
夫の横に自分の名前を刻む場合も、
赤い文字で刻む習慣のあるところもあります。
宗派を問わず、石屋の習慣みたいなきがします。

Qお墓に亡くなった方の名前が刻まれてない

お墓に刻まれている名前の事なのですが、お墓に入っている方の名前が刻まれていません。
名前が刻まれている方もいるし、刻まれていない方もいるのです。
これは、普通なんですか?
それとも宗教によって違うのですか?
ただ単に、何かの理由で刻むのをお願いしなかっただけなのでしょうか?
今から、その方達の名前を刻んでいただいた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは 参考程度の回答ですが少しでもお役に立てばと思い、
PCに向かっています。

先日、霊園の見学に行った際、
私も質問者様と同じ疑問を持った者です。

私はたてようと検討中側なのですが、専門家の方の説明に寄ると、
お墓を立てた者が、戒名の刻印を誰までにするか決められるそうです。
あと、血縁者のみと定められた墓地もあります。

ちなみにお墓の裏側に立てられる墓誌は、曹洞宗なのだと聞きました。
ただ、最近は霊園やお墓も明るいイメージに変わってきており、
曹洞宗の方でも、墓誌をたてられる方は少ないのだとか。

刻まれてる、刻まれてないの宗教の関係はないようです。

>その方達の名前を刻んでいただいた方が良いのでしょうか?

こちらは、時間をお作りになられて、
ご親族とじっくりと話合った方が良いかと思われます。
お墓の事柄は、結構揉めるケースが多いです。
参考まで……。

Q祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいの

祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいのでしょうか?


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6233684.html
ここで質問したのですが、回答について法律的な部分が出てきてたので、こちらで質問します。


ご両親の財産相続者が質問者さんお一人なら相続後、お墓を処分しても、放置して無縁仏にしても問題はありませんが、他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合は、相続後に祭祠継承権だけを放棄すると問題が発生する可能性はなきにしもあらずです。



1.祭祀継承と墓守りとは具体的にどういうものなんでしょうか?


2.分籍をしても、先祖代々の墓を見ていく必要があるらしいのですが、絶対に見ないといけないのでしょか?

現在、自分・父(長男)・母の3人家族で暮らしており、父には次男(57歳で結婚して現在は離婚して一人暮らしです)と長女(嫁に行ってます)の3人兄弟がいます。
父方の両親は全て他界してしまい、市管理の墓地に先祖代々の墓があるのでそこに入ってます。
現在、父と次男が墓盛りをしてますが、自分はこの墓を見ていく気はありません。


3.他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合。というのはどういうことなんでしょうか?
父や母が亡くなった時は相続放棄をすることに決めてます。
正や負の財産などがあっても全ていりません。相続放棄をすれば今の墓は見なくなるってことなのでしょうか?

祭祀継承と墓守りとは別ですか?相続放棄をしたら墓守りをしなくてもいいのでしょうか?


http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6233684.html
ここで質問したのですが、回答について法律的な部分が出てきてたので、こちらで質問します。


ご両親の財産相続者が質問者さんお一人なら相続後、お墓を処分しても、放置して無縁仏にしても問題はありませんが、他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合は、相続後に祭祠継承権だけを放棄すると問題が発生する可能性はなきにしもあらずです...続きを読む

Aベストアンサー

民法第八百九十六条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

民法第八百九十七条
系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。



戦後の民法はこのように規定してます。

1.まずは慣習によるですから、あなたのお住まいの地域の風習によります。
  この規定は、戦後の改正にかかわらず唯一戦前の考えを残したものですが、日本が均一化
  してきましたので、慣習が無い地域が殆どとなりました。

2.遺言で祭祀承継者が定められていれば、それによる。

3.遺言がない、慣例がない場合は家庭裁判所が定めるとなってます。
  いきなり家裁?
  そうなんです。法律では相続人の話し合いという規定はないのです。


質問に戻って、祭祀承継とは、仏像、位牌その他関連物、系図、お墓等々を継ぐことをいいます。
墓守りは、私の地域には語彙として存在してませんので知りません。

>自分はこの墓を見ていく気はありません。 
父と次男が墓盛りをしているようなので、お墓を継ぐ気が無い旨を言って、それなりの手続きをとっておいてください。具体的には市管理となってますのでその管理している窓口で聞けば分かります。

>「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合。というのはどういうことなんでしょうか?  
祭祀承継を前提とした遺産分割は現行民法ではありえません。
遺産の相続と祭祀承継は分離してます。
祭祀承継と相続が連動していたのは、戦前の民法つまり明治31年民法です。

しかし、祭祀承継を第一にしてそれに基づく相続という、悪しき慣習がある地域があります。
その土地の差別になりますので、地域名は書きません。
その悪しき慣習に対して裁判をおこしている事例も報告されてます。
あなたのお住まいの県や地域にその慣習がなければ、祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割という考え方が誤りです。

法律では、まずは慣習、慣習無き時は家庭裁判所というのも、これもちょっと常識外です。
ただ質問が法律ではとなってますので、家庭裁判所で決めるというお答えになります。
法律と社会常識がおおきくずれているのは多々あり皆さん誰も気づかずに行われています。
例えば、家名存続の養子縁組は民法的に無効ですし、親子になる意志がなく単に家名存続が目的でしたら犯罪行為です。しかし誰も気づかずにやっております。


あなたの場合は、祭祀承継を受けないと決めているのですから、単に管理している窓口で手続きをとってもらえばすむと思われます。

民法第八百九十六条
相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

民法第八百九十七条
系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
2  前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。



戦後の民法...続きを読む

Qm2から坪への計算方法

質問します。

m2から坪への計算をする場合、m2÷3.3124だと思っていましたが違うんですか?
色々調べると0.3025と出てくるんですが、実際はどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3.3124 は 18.2 の2乗でしょうか。
もう少し厳密に計算すると、No.2、No.3さんの通り3.305785...となります。

つまり、
(平米)=(坪)× 3.305785...
(坪)=(平米)÷ 3.305785...
で良いです。

ただ、割り算は計算が面倒になりやすいのと、
3600/1089 は割り切れずに誤差が出てしまうので、より簡単かつ正確に計算できるよう、
(坪)=(平米)÷ 3.305785... =(平米)× 0.3025
と逆数の掛け算にするのが一般的なようです。
数値が似ているので少し紛らわしいですね。

かなり大雑把で良いのなら、質問者様のやり方でも間違いではありません。
ただ、3.31 より下のケタはすでに意味がなくなっているので、そこは切り捨てた方が良いとは思いますが。

Qお墓建立者の名前

義母が亡くなり、義父が近々お墓を立てます。

私は長男の嫁です。
お墓の代金は、義父がすべて出す予定です。
新しくお墓の土地を買うべく、高齢の義父に代わって私たちが色々と捜したり書類を用意したり足を運んだりしている最中です。

そんな折、私の実母からお墓建立についての意見があり、
お墓は、無くなった人の子供が立てるものだと言われました。
たとえ、お墓の代金を義父が全て出していても、
建立者の名前は、息子(私の主人)の名前で立てるのが常識だと・・・。

義父を含め、私たち夫婦も初めてのことなので、まったく知識がありません。


以前、義父と私たち夫婦と、私の実母とで食事会をしたとき、
実母が「息子さんの名前で立てなくちゃね」と発言したら、
義父は「ほぉ~そういものかね? じゃぁ、お金貰わないといけないね (笑)」と冗談半分で話してました。
この反応を見ると、たぶん義父は自分の名前で立てるものだと思っていた感じですよね?

もちろん私たちがお金を出せればいいのですが、家を建てている最中でお墓に出せるお金がありません。

主人に聞いても、「お金出してないのに、自分の名前で立てろって言いにくいよね・・・」と言っています。

ましてや、嫁の私が義父に言うなんて無理です。

実母は、「そんな当たり前の常識。義父の名前で立てるわけが無いでしょ。義父だってちゃんと分かってるわよ」と信じて疑っていません。

実母は、世間知らずな義父を少し犬猿してる節があり、もしお墓を義父の名前で建立してしまったら、すごく馬鹿にして文句ばかり言いかねません。 板ばさみになる私としては、キツイものがあります。


そこで、みなさんに教えていただきたいのですが、
お墓の建立者は、亡くなった本人の子供(出来れば跡継ぎ)の名前を刻むものなのでしょうか?

もし、そうだとしたら、義父になんと説明すればいいでしょう・・。

また、そうじゃなかったとしたら・・、実母をなだめるのも難問です。


どうかアドバイスよろしくお願いします。

義母が亡くなり、義父が近々お墓を立てます。

私は長男の嫁です。
お墓の代金は、義父がすべて出す予定です。
新しくお墓の土地を買うべく、高齢の義父に代わって私たちが色々と捜したり書類を用意したり足を運んだりしている最中です。

そんな折、私の実母からお墓建立についての意見があり、
お墓は、無くなった人の子供が立てるものだと言われました。
たとえ、お墓の代金を義父が全て出していても、
建立者の名前は、息子(私の主人)の名前で立てるのが常識だと・・・。

義父を含め、私たち夫婦...続きを読む

Aベストアンサー

 昔はやはり「親の墓を子供が建てる」という意味で建立者名を次の当主である長男にすることが多かったと聞きます。
夫婦のどちらかが欠けた場合、次の代に移ったと見るためでしょう。
 逆に現代では墓相の考えから、「この家が代々順当に続いていくように」との思いで息子さんの名前を入れる場合がありますが、もちろんお金を誰が出すかは関係ありません。

 ただこれは一つの考え方ですので絶対、とか常識というものではありません。
ましてや他家の人間が口を挟むべき問題ではありません。
お墓のことで後に遺恨を残すほうがよほど問題です。

 私個人としては、義理のお父さんの懐の深さを見せていただきたいですが…。

Q院号付きの戒名から、院無しの戒名への変更

院号付きの戒名から、院無しの戒名への変更
院号付きの戒名から、院無しの戒名への変更は、単純に「院」の字を取り去るだけで良いのですか?
九州から関東へ、住居を引っ越したので、お墓も浄土真宗のお寺から、真言宗のお寺に、引っ越します。
亡き父は、浄土真宗のお寺で院号の戒名をいただいていました。
ところが、新しい真言宗のお寺では、戒名に院号があると、法事や付け届けの「額」が1.5倍ほどになるとの説明が、住職からありました。
母は、子供たち(私のこと)の出費が増えることを気にし、戒名から院号を取り去ることを、考えています。
そこで、質問なのですが、院号付きの戒名から、院無しの戒名への変更は、単純に「院」の字を取り去るだけで問題ないですか?
まもなく、墓石に戒名を彫るため、アドバイスいただけると助かります。
ちなみに、墓石も出来上がるため、お寺さんの変更は、できません。

Aベストアンサー

戒名は、院号・道号・位号に大きく分けられます。
例えば、〇〇院●〇●〇居士(大姉)の戒名だったとします。
この場合、〇〇院の部分が院号になり、寺院に貢献した人に寺院が敬意を表す意味で授けられます。
本来は、寺院を寄贈するぐらいの貢献が必要ですが、ある程度の貢献をした人に授けられます。
最上級の院号は〇●〇院殿のように、殿が授けられますが、昔の殿様や社会的地位が高かった人にしか授けられません。
(最近では、山本五十六元帥や田中角榮元首相)
次に●〇●〇の部分が道号になります。
宗派によって特徴がありますが、生前の名の1~2文字入れて授けられます。
最後の居士(大姉)が位号になります。
成人男性は居士や信士、女性は大姉や信女が一般的ですが、宗派によって若干違いがあります。
位号の最上位は、男性は大居士、女性は清大姉が授けられます。
ご質問の院号は、院の文字を抜くだけではなく、〇〇院を付けない事になります。
院号が付かない戒名は、寺院に貢献してないと解釈されるので、法事のお経も簡素になりますから、お布施額や付け届けの額が少なくて良い事になります。

戒名は、院号・道号・位号に大きく分けられます。
例えば、〇〇院●〇●〇居士(大姉)の戒名だったとします。
この場合、〇〇院の部分が院号になり、寺院に貢献した人に寺院が敬意を表す意味で授けられます。
本来は、寺院を寄贈するぐらいの貢献が必要ですが、ある程度の貢献をした人に授けられます。
最上級の院号は〇●〇院殿のように、殿が授けられますが、昔の殿様や社会的地位が高かった人にしか授けられません。
(最近では、山本五十六元帥や田中角榮元首相)
次に●〇●〇の部分が道号になります。
宗派に...続きを読む

Q墓に赤字で?

黒字でのは多く見かけます。
(1)墓に赤字で?
最近
(2)青文字もありました。
 これって何のことでしょうか?
有識者様
意味を教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

お墓の建立者が生きている時は赤色を入れます。
赤色は「俗」であるからです。

俗の「赤色」に対して、聖なる文字は「青色」です。
墓石の「○○家の墓」と言う文字は「白色」や「黒色」を塗りますが、本当は青色を使います。


人気Q&Aランキング