ローラー滑り台のようにパイプをいくつか並べて荷物を送る(滑らせる)台を作成したいと考えていますが、
パイプ内部にベアリングを仕込む方法が思いつきません。

パイプはホームセンターで販売している単管(足場)パイプ「エコスター700N」を使う事を前提に考えているのですが、
ちょうど良いサイズのベアリングが存在しないようです。

エコスター700Nの情報
 外径 48.6mm
 肉厚 1.8mm
 内径 48.6-(1.8x2)=45mm

ベアリングの情報
http://www.monotaro.com/g/00022385/?displayId=36 …
※一番近いサイズは42mmもしくは47mmのようです。

今考えているのはパイプに蓋をするような形でベアリングを被せて、パイプとの接面を溶接して固定する方法を考えてみました。
ベアリングが熱で焼けるのが不安ですが、ホビーユースですので使用頻度、精度共にそこまで高いものを求めていません。

そういう方法でも問題ないでしょうか?


本来であれば一般的な工程としてはパイプの内径を広げる、もしくはカラーを作成するという選択肢なのかな?とは思いますが、
良い加工方法が思いつきませんでした。


みなさまから良きアドバイスをいただけると非常に助かります。


ちなみに手持ちの工具はドライバー、ラチェット類の手動工具の他に、ドリル、グラインダー等電動切削系もいくつか所有しています。
そのほか家庭用溶接機、家庭用ボール盤くらいなら近所のホームセンターでレンタル出来ます。

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

パイプの内径が45でベアリングの外径が42なら隙間は1,5mmですね。

私なら1,5mm厚のアルミ板を短冊に切り、ベアりんぐに巻いて圧入します。接着と併用、あるいはアルミ板を圧入直前に叩いて細かいディンプルをつくり、強引に押し込みます。
中で安定位置におさまるようにパイプにあらかじめ加工しておく必要があると思います。でなければ、芯棒の内部に細い別のパイプを入れておくかですね。
ベアリング自体はなかなか精密にできていますので、直接溶接などしたらひずんで使い物にならなくなると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その方法は僕も考えましたが、ディンプル加工というのは良いアイディアですね。
それと安定位置で収まる加工も必要ですね。忘れていました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/06/04 16:08

単管パイプにこだわらないのであれば、厚鋼電線管のG42(内径42.8)もしくは薄鋼電線管のC51(内径47.6)なんてどうでしょう?



http://dolphin.panasonic-denko.co.jp/ideacontout …
http://dolphin.panasonic-denko.co.jp/ideacontout …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かにパイプをベアリング側に合わせて選択すれば問題ないのはわかっているのですが、
「今回のようなケースの場合どのような手法が考えられるのか?」を伺いたいので質問を継続させてください。

お礼日時:2009/06/02 19:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【建築足場】一軒家の足場の単管留めの六角ボルトを外すラチェットサイズは17ですか?19ですか?

【建築足場】一軒家の足場の単管留めの六角ボルトを外すラチェットサイズは17ですか?19ですか?

Aベストアンサー

足場組み立て等をするなら17-21が最適です。
17は単管パイプ同士の直交クランプ等の締め付けに
21は単管パイプを鋼材等に取り付けるときに使用します

Q【建設電気工具】建設電気工具のオススメメーカーとその工具を教えてください。オススメの理由もお願い

【建設電気工具】建設電気工具のオススメメーカーとその工具を教えてください。

オススメの理由もお願いします。

Aベストアンサー

余りに漠然としてお答えのしようがありません。
早い話、形状的には自分の作業のし易い物。
仕事で使うのなら高級品以上=価格で高いものが上等で長持ち。

百円ショップの物は材質的にアウト=すぐに壊れる、修理がきかない。
凝った万能型の仕事が出来るものは、単純・専門作業には向かない。

その他(交換用部品を失うと補充に困るとか、充電効果が悪いとか)

Q単管足場について教えてください

よく住宅の壁塗装で単管足場を架けているのを見かけますが、どおして壁の反対側に倒れないんでしょうか? 

Aベストアンサー

壁つなぎによって建物と足場を固定していますので、壁と反対側に倒れないのです。

壁への取り付け方法ですが、建物の種類にも寄りますがコンクリートへのアンカー打ち込み、鉄骨への溶接、木材へのタッピングボルトねじ込みなどで取り付けます。

足場解体後に現状復帰しやすい場所を選びますが、跡が残る事もあるようです。

QDiy溶接 京都でdiyで溶接できるところを教えて下さい。 あなたの作った溶接作品を教えて下さい。

Diy溶接

京都でdiyで溶接できるところを教えて下さい。
あなたの作った溶接作品を教えて下さい。
映像があれば、ぜひ見せて下さい
私でも簡単に溶接できるものでしょうか?

Aベストアンサー

東京DIYショーで、スズキッドという名称で、材料費1000円程度の電気溶接で作るDIY体験コーナーあったから参加してみました。
アーク放電での火花が出るから、最初だけおっかなビックリしますが、総じて難しくはなかったです。
その時は、切り抜かれた文字プレートと装飾プレートを選んでアーク溶接で繋げる表札プレートを作りました。
使ったのはホームセンターで売っている溶接機です。このメーカーは動画も公開されていますよ。
■http://www.suzukid.co.jp/index.html
DIY用の入門用機器なら8000円~13000円程度です。
■https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9568964.html
京都で溶接体験出来るところは知らないけど・・・近畿圏ではDIYファクトリー大阪店で体験レッスンありますね。
■http://www.diyfactory.jp/trial/
スズキッドだと鎌倉にあるんですけどねぇ
■http://www.feneeds.jp/school_info.html

Q単管パイプで作業用足場を作成。強度についてアドバイスお願い致します。

単管パイプとクランプを使用し、作業用足場を作成したいと考えております。

強度は約100kg程度欲しいです。(作業者+足場板=100kg未満の予定です。)

高さが1本のみ300センチになり、その他3本は50センチ程度となります。

図(1)や(2)、その他の部分に補強が必要となりますか?

また、他に良い方法があれば御教示よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

縦・横・高さ共に、約1.8m以内に支持がされている場合は、最大?400kgの対加重があると聞いた事あります。なので常時加重は200kgくらいかなぁって思います。ただし建設の仮設用の鋼管とクランプが使われている場合です。錆などで老朽化していない事も。

置いているだけ、躯体にしっかりと固定されていない場合は、耐加重といっても曖昧になるので、片加重などの状況しだいで、計算通りの強度が得られないケースも発生するのでご注意ください。

足場板とかパネルとか取り付けられていると風でも飛び易いし、揺れや振動も地震で倒れることもあります。サポートが必要です。

脚立や足場などを用いる高所の作業は、事故が起こった場合、労基法の適用を受けますので、ご注意ください。

Q写真のようなパイプ溶接

写真のようにパイプを溶接する場合。見える大きさでアップされているか心配ですが・・。

一方を相手のパイプの形に加工しなければいけません。パイプをえぐり取るように加工。

この加工するのに良い道具があるのか?  また、線をケガクための便利な道具あるのか?

一般的に入手可能な道具で、便利なものがありますか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

商売用でいえば、そういう加工専門の機械があります。
パイフ゜えぐり加工機、などと言われます。
パイフ゜外径のロール状刃物で相手のパイフ゜こぐちを削って作ります。
ネット検索でも出てくると思います。
大量に簡単にとなればそういう機械になります。
そういう加工をやってくれる業者がいれば依頼ですね。

数本程度なら、切線を書いて手動で加工ですね。
実は、私も、仕事の都合で、たまにやります。
私の方法は・・

無料のJWCADを使って、展開図を書きます。
CADが無くても、方眼紙とコンパスなどでも書けます。
ネット検索すれば展開図の書き方がいろいろ出ています。

少し厚めの紙にプリントして切り取ります。
丸めてテープで留めます。
切線の型ができます。
えぐられたパイフ゜と同じ形のものが出来るわけですね。
パイフ゜にはめて、型にそって切線を書きます。

一般に、鉄加工に使う筆記道具は「石筆」です。
たぶん、大き目なホームセンターにも売っています
細いマジックペンでもいいと思います。

最初は大き目に切ってから線に合わせて細かく仕上げをしていきます。

溶接すれば見えませんのでそんなに精密にできなくてもいいと思います。

参考になるでしょうか。

商売用でいえば、そういう加工専門の機械があります。
パイフ゜えぐり加工機、などと言われます。
パイフ゜外径のロール状刃物で相手のパイフ゜こぐちを削って作ります。
ネット検索でも出てくると思います。
大量に簡単にとなればそういう機械になります。
そういう加工をやってくれる業者がいれば依頼ですね。

数本程度なら、切線を書いて手動で加工ですね。
実は、私も、仕事の都合で、たまにやります。
私の方法は・・

無料のJWCADを使って、展開図を書きます。
CADが無くても、方眼紙とコンパスなどでも書...続きを読む

Q単管足場の構造・強度計算

変則の単管足場を組むのですが、構造計算、強度計算書の提出を求められています。
通常の組み方をしないので、何をどう計算していいのかもわかりません。

何か指針となる書式や計算式を教えて下さい。

Aベストアンサー

算式そのものは経験のある方でないと無理だと思います。
考え方も詳しくやり出したらキリがないでしょう。
極力足場材のリース資料からヒントを得て計算されるしかないと思います。

部材の自重プラス作業状態での荷重(人+物+器械)における各状態での強度保証は出来るか。

・ベース部分での荷重は敷き板面での面圧をクリアできるか。(土の支持力がなければ鉄板敷き)
・足場板を併用する場合の敷設方法とその許容荷重
・縦方向のざくつの検討
・曲げ応力、ピン継ぎ手部分、クランプ応力はクリアできるか
・ネットなどを付随して利用する場合、風圧に対する力はどれほどか(風速)
・建物とつなぎをとる場合どれくらいの間隔で何を使うか(自然倒壊防止)
・階段部・開口部における補強対策と梁の計算(墜落防止などの対応の点検も)
・手すり設置における工事安全指針との適合確認
・下組み一括クレーンでの運搬がある場合の吊り手検討
・高さが十分にあるようなものでは長手横方向の力も御検討を(筋交い的な対応)

QW700mmの木の板

机の引き出しがなくなってしまい、
代わりに、モノを置けるようにするための木の板を探しています。

サイズは、W700mm D300mm~500mmです。

W600mmの商品はAmazonなどの通販サイトで見つけたのですが、
W700mmとなると特別注文しないとないのでしょうか?

Aベストアンサー

ホ-ムセンタ-行けば色々有るぞな。

モノを置けるようにする為ならノコギリ有ればコンパネ買って自分でサイズ自由に出来る。

Q単管パイプ足場の補強について・・・

周りを住宅に囲まれた小さな鉄塔を撤去するにあたり、単管パイプで高さ4mで一面幅約7mの四面で囲って防音シートを張れるように布を三段にして作ろうかと計画しております。

気になるのが、ほおづえ・控えくいなどと呼ばれる、上部のほうから斜めに単管パイプを外側に取り付ける補強をとる場所がないのですが、4m程度の高さならそのようなものなど取らなくても問題ないでしょうか?
内側には鉄塔があり補強が取れないので困っています。
普通に考えて大丈夫だと思いますが、法律上や構造計算的な根拠を求められてくるので、大丈夫だと言える根拠のアドバイスをいただきたくどうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

高さがどれくらいであろうと、張ったシートが風を受けて飛んで行くようではいけません。(それぞれの部材の強度はリース屋のカタログに出ていませんか。計算根拠は役所か先輩の見本に従って下さい。

法律上はその風圧に対する構造計算と、他を含め昇降に伴う足場の安全がクリアされておれば問題ありません。

<上部のほうから斜めに単管パイプを外側に取り付ける補強をとる場所がない
=内側にとればよいのですが何故とれないのでしょうか?
・壊す鉄塔なら傷めても良いはず、バイスクランプなど使用できませんか。また、開き止めにはチエーンを併用しても効果があります。

・鉄塔の下は土ですか? 補助的な単管を打ち込み、それに絡ませれば取れます。コンクリートの場合は、コアドリルで穴を明けるとか。

・もし、鉄塔が高い場合、落下物などの対処は別の対策が要ります。
・鉄塔の解体搬送の場合、最後3方を残し一緒に解体する手も考えられては如何ですか。

Qアーク溶接とノンガス半自動溶接 ランニングコスト

趣味で溶接をしています。
アーク溶接機を使っているのですが溶接棒の交換が面倒臭くなってきました。
そこでノンガスタイプの半自動溶接機が欲しくなりました。
しかし所詮は趣味でやっていますので溶接棒、ワイヤーにかかるランニングコストは無視できませんです。
そこで教えて頂けませんでしょうか?
同じ量を溶接するとしてぶっちゃけどちらがどのくらい安くなるでしょうか?
溶接棒、ワイヤーの溶接量当たりの値段を教えて下さい。

Aベストアンサー

正確なことは計算できませんのであくまで「ぶっちゃけ」です。

私の勝手な計算ですのであてにしないでください。

いろんな品物があり、比較するものが変われば変わりますので参考としてあえて計算してみます。

低電圧アーク棒 1.6ミリx250ミリx1箱(80本入) ¥1400
軟鋼用ノンガスワイヤー 0.8ミリx250m巻  ¥3000

アーク棒長250ミリのうち200ミリを使用した場合、80本で16mで、mあたり¥87.5。
ワイヤーは250mですが、棒径の差があるので概算で4で割ると約62.5mで、mあたり¥48
フラックスの分があるので実際はもっとm数が少ないと思いますので概算でx1.5
としても、mあたり¥72。

同じ量でワイヤーのほうが安いことになります。

アーク棒は失敗して捨てる場合が多い。
ワイヤーはやりやすいので肉が多めになる場合が多い。
半自動は簡単でキレイにできる、という部分が最大の魅力ですが機械が高い。
それをコストと考えると・・。
アークは機械も安い、棒も、とりあえず安い。

こんな感じでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報