ネオン管やアルゴン管など、低圧ガスに電圧をかけて光らせるものについて、疑問があります。

1.電子が衝突することによって励起状態になった原子が、基底状態に戻るときに発光するということでよろしいのでしょうか?
  それとも、励起状態というよりも、イオン化していますか?

2.なぜ希ガスを使っているのでしょう?
  閉殻であることと可視光が出ることに関係はありますか?

3.アルカリ金属などの炎色反応のように、炎で励起することは出来ないのでしょうか?
  何かの燃焼ガスとネオンを混合して燃やすとネオンサインみたいな色が出るとかいうことは出来ませんか?

参考
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%A4% …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1.イオン状態も含まれますが、その比率は小さいです。

イオン化した状態は「プラズマ」と呼ばれますが、完全に電子を失う訳ですからエネルギーが余分に必要です。
基本的には荷電を帯びない励起状態からの発光になります。
2.希ガス以外の元素ではフィラメントと反応します。最近になってハロゲンランプが一般的になる前は反応性の低い元素として希ガスが使われてきました。また発色もきれいなのでそれも良く使われた理由です。今でも「ネオンの明かり」などと云う言葉が残っています。
3.アルカリ金属を封入した例はナトリウムランプです。トンネル中の照明に使われます。燃やしても良いでしょうが、メンテナンスもコストもかかるので、水銀灯の水銀にナトリウムを混ぜます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原理原則ってどういう意味?

朝まで生テレビやなんかで原理原則という言葉を耳にしますが、どういう意味でどのように使うのでしょうか?
辞書や、インターネットで検索しても調べられません。
教えてgoo!

Aベストアンサー

こんにちわ。 少し難しいでしょうが、レポート的な言い方で 

社会生活一般の基準と成る考え方

とかく陥りがちな、常識とか慣例などを例に引いた判断行動があってはなりません。常識や経験だけでは、新しいことに遭遇した場合、どうしても解決がつかず、そのたびにうろたえることになるからです。

原理原則に基づくということは、人間社会の道徳、倫理といわれるものを基準として、人として正しいことを正しいままに貫いていこうということです。人としての道理に基づいた判断であれば、時間、空間を超えて、どんな環境でも通じていくものです。そのため、このような判断基準を常に持っている人は、未知の世界に飛び込んでも、決してうろたえたりはしないのです。

新しい分野を切り開き、発展していくのは、豊富な経験を持っているからではありません。常識を備えているからでもありません。人間としての本質を見すえ、原理原則に基づいた判断をしているからです。

かねてから原理原則に基づいた判断をしていれば、どんな局面でも迷うことはありません。
こんな感じです。
道徳、倫理を忘れずに、信念を持つ。

こんにちわ。 少し難しいでしょうが、レポート的な言い方で 

社会生活一般の基準と成る考え方

とかく陥りがちな、常識とか慣例などを例に引いた判断行動があってはなりません。常識や経験だけでは、新しいことに遭遇した場合、どうしても解決がつかず、そのたびにうろたえることになるからです。

原理原則に基づくということは、人間社会の道徳、倫理といわれるものを基準として、人として正しいことを正しいままに貫いていこうということです。人としての道理に基づいた判断であれば、時間、空間を超...続きを読む

Q基底状態と励起状態について

基底状態にエネルギーを与えて、励起状態になる過程で回転や振動のような運動が起こるのでしょうか。それとも、励起状態からエネルギーを放出し、基底状態に戻る過程で回転や振動のような運動がおこるのでしょうか。

Aベストアンサー

基底状態にエネルギーを与えて、励起状態になった『あと』で、回転や振動のような運動が起こります。回転や振動のような運動が起こっている状態を励起状態と呼ぶ、と考えた方が分かりやすいかもしれません。エネルギーを与えて励起状態になる過程の『途中』は、何が起こっているかよく分からないので、どのような運動がおきているのかを考えないのがふつうです。

励起状態からエネルギーを放出して、基底状態に戻ったあとは、回転や振動のような運動は止みます。回転や振動のような運動が起こってない状態を基底状態と呼びます。エネルギーを放出して基底状態に戻る途中の運動については、考えないのがふつうです。

Q憲法の原理・原則2

先日、私の質問に答えてくださった方々、ありがとうございました。私は、最近憲法を習い始めてから興味を持つようになりました。そこで、皆さんは憲法の原理・原則についてどう考えているのかを知りたいです。皆さんの考え、教えて下さい。

Aベストアンサー

 日本憲法は、日本が敗戦国であるがゆえに、真の民主主義を参考に作成された世界に誇るべき平和憲法だと思います。憲法は人類が築き上げてきた尊い理念によって、平和主義、国民主権と基本的人権の尊重を原則としていますので、永遠に遵守すべき内容であると思います。

Q一分子の基底状態と励起状態の縮退度

1辺aの立方体に質量mの内部構造のないNコの同種粒子からなる気体がある。
一粒子のエネルギー準位は次のように書ける。
E=h・h(nx・nx+ny・ny+nz・nz)/(8ma・a)
hはプランク定数。nx,ny,nzは自然数。

という問題で
「一分子の基底状態と励起状態の縮退度はそれぞれいくらか」
というのがテストで出たんですがわかりませんでした。
答えあわせをしてくれないので困ってます。
どなたかわかる方いませんか?教えてください(泣

Aベストアンサー

大学生なのでしょうか。だとしたら、かいつまんで説明します。
私もちょうど一年前、大学の統計熱力学で学んだので、ちょっとだけ覚えています。
ただし、記憶が曖昧なんで、他の人の書き込みも参考にしてみて下さい。

縮退度を最も分かりやすく考えるなら、「場合の数」や「組み合わせの数」と
置き換えるといいでしょう。詳しくは物理化学とかのテキストを読んで下さい。

基底状態は(nx,ny,nz)=(1,1,1)
ですよね。この場合は、nx=ny=nz=1が条件なので、このエネルギー状態ってのは
1通りしかありませんね。だから、縮退度は1です。
一方、基底状態は、nx,ny,nzのどれかが1→2に励起した状態のことですよね。
だから、励起状態は(nx,ny,nz)=(2,1,1),(1,2,1),(1,1,2)
の3通りが考えられます。つまり、縮退度は3です。

Q社会問題について、原理原則に基づいて、首尾一貫した論調で論じるサイトを教えて下さい。

web上で、社会問題について語られる方は多いですが、
ほとんどが、原理原則がなかったり
ダブルスタンダードに陥っていたりしている様に思えます。

社会問題について、その原理がどんなものであれ、
首尾一貫した論理で論じているサイトがあれば是非教えて下さい。

例外として、
「完全非武装」を唱え、ひたすら、軍事問題に反対する方のサイトだけは省いて下さい。

Aベストアンサー

これはどうでしょう

参考URL:http://www.nikaidou.com/column01.html

Q混合ガスのvol%からmass%

混合ガスの各成分をvolppmからmassppmに変換する計算方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。

一言で言えば、
各々の volppm の値に分子量を掛け算して、その後に、比のつじつま合わせをするだけです。

以下、具体的に書きます。


大量のガスXに、微量のガスA,B、Cが混じっているとします。

・X、A、B,Cの分子量を、mx、ma、mb、mc と置く。
・X、A,B、Cの体積を、Vx、Va、Vb、Vc と置く。
・X、A,B,Cの重量を、Wx、Wa、Wb、Wc と置く。


Xのvolppm : Aのvolppm : Bのvolppm : Cのvolppm
 = Vx×100万 : Va×100万 : Vb×100万 : Vc×100万
 = 100万 : Va/Vx×100万 : Vb/Vx×100万 : Vc/Vx×100万


一方、
Xのmasppm : Aのmasppm : Bのmasppm : Cのmasppm
 = Wx : Wa : Wb : Wc
 = Xのモル量×mx : Aのモル量×ma : Bのモル量×mb : Cのモル量×mc
 = mx・Vx : ma・Va : mb・Vb : mc・Vc
(なぜならば、体積比はモル量に比例するから。)
 = 1 : ma/mx・Va/Vx : mb/mx・Vb/Vx : mc/mx・Vc/Vx
 = 100万 : ma/mx・ma/Vx×100万 : mb/mx・Vb/Vx×100万 : mc/mx・Vc/Vx×100万
 = 100万 : ma/mx×Aのvolppm : mb/mx×Bのvolppm : mc/mx×Cのvolppm


というわけで、

A,B、Cのvolppmの値に、Ma/Mx、 Mb/Mx、 Mc/Mx をそれぞれ掛け算すれば、A,B、Cのmassppmになります。

こんばんは。

一言で言えば、
各々の volppm の値に分子量を掛け算して、その後に、比のつじつま合わせをするだけです。

以下、具体的に書きます。


大量のガスXに、微量のガスA,B、Cが混じっているとします。

・X、A、B,Cの分子量を、mx、ma、mb、mc と置く。
・X、A,B、Cの体積を、Vx、Va、Vb、Vc と置く。
・X、A,B,Cの重量を、Wx、Wa、Wb、Wc と置く。


Xのvolppm : Aのvolppm : Bのvolppm : Cのvolppm
 = Vx×100万 : Va×...続きを読む

Q法律の源流・原理・原則

タイトル通り法律の源流・原理・原則って何でしょうか??

個人的には、その時々の時代の価値観の表れだと思います。

でもキリスト教ではないと思います。←ある方がいってた。

分かる方はいるでしょうか??

Aベストアンサー

「ウルカギナ」が源流になるようですが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E5%85%83%E5%89%8D24%E4%B8%96%E7%B4%80#.E4.BA.BA.E7.89.A9
http://www.tabiken.com/history/doc/B/B354C100.HTM
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%A0%E3%82%AE%E3%83%8A

Q励起三重項状態

励起三重項状態の化学反応が知りたいのですが、探してもなかなか見つかりません。
励起一重項状態の場合は以下のようにあったのですが…。
http://science.is.akita-u.ac.jp/education/sentan/chemilumi/img/pri02.gif
どなたか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

蛍光と燐光の違いですね。それについてはご存知かと思いますので割愛します。
燐光性イリジウム錯体の合成法で良ければこちらに載っています。
http://www.kanto.co.jp/times/t_pdf/CT_199_3.pdf

参考になれば幸いですが・・・

Q化学の原理・原則を追及する職業

 物作りではなく、化学そのものを職業にしたい場合、やっぱり大学の教員しかないのでしょうか。また、博士の学位は必要でしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実験したりなんらかの研究活動をしたければ大学の教員になるしかないのでは?と思います。修士課程ですばらしい成果を出してどっかに引き抜かれるってことがあれば博士号はいらないのかもしれませんが、普通は博士号をとって、そしてどこかでポスドクやら助手など仕事を経て教授職に就くというのが日本の大学の一般的な流れだと思います。

ただ今の大学は国立大学が独立行政法人化されていこう、純粋学問(基礎的研究)がやりにくくなっています。すぐに成果が見えるものでないと補助金が出ないとか、成果として認めてもらえない(大学の事情で)とかいろいろあるようです。そのあたりの現状も踏まえておく必要があります。大学教員になってバリバリやりたいことをするためには海外の大学も視野に入れたほうがよいと思います。

純粋に化学を生涯の仕事したければ、予備校講師というのがあります。とある化学の超人気予備校講師は普段から化学の勉強に余念がなく、最新の論文なんかを趣味もかねて読んでいると聞いたことがあります。この場合、研究活動はできませんが(お金、設備がないので)、生涯化学を勉強していけるという意味では面白い仕事であると思います。

高校教師、中学教師もあります。中学は理科全般になりますが。ただ学校の先生は勉強を教える、クラブ活動の顧問をする、生徒指導をする、進路指導をする、その他日々雑務がたくさんある等、まじめにやるとこれだけで疲れ果ててしまいます。なかなか予備校講師のように化学にどっぷりとはいかないことがあると思います。ただ教師なら科学部などを作って学校レベルでで来る研究活動をすることができます。ものはやりようです。たまにニュースでも高校や中学の科学部的なところがすばらしい成果を出したって聞きますしね。

特許庁もいいかもしれません。他人の書いた論文を審査するわけですが、化学の知識が当然必要となりますし、最新の世の中の成果(この場合ものづくり的な観点から書かれたものが大半かな?)を見ることができます。当然日々最新の化学の知識を持っておいたほうがいい仕事であるので、化学を生涯勉強していきたいと思っているのなら、趣味と実益を兼ねた仕事となるかもしれません。こちらも研究活動は出来ないとは思います。

あとは化学系の民間企業に就職し、そこで実績をあげて大学教授になるという道もあると思います。最近少しずつではありますが、こういう形も増えてきているのではないでしょうか。実務(実際の化学の現場での応用技術)を学んでから、大学で理論研究するというのも面白いのではないでしょうか。この場合には修士卒でもいいと思います。会社で研究しながら博士号をとることもできます。
ちょっと前ですが青色LEDを開発して一躍有名になった中村修二さんなんかはそうですよね。修士卒で会社に入社して成果を出して博士号をとり、そして青色LEDの実用化で世界に認められ今は海外の大学で教授をされています。ちょっと個性が強すぎて日本の大学では受け入れがなかったようですね(推測ですが)。

今思いつくのはそんなところです。
参考になれば幸いです。

実験したりなんらかの研究活動をしたければ大学の教員になるしかないのでは?と思います。修士課程ですばらしい成果を出してどっかに引き抜かれるってことがあれば博士号はいらないのかもしれませんが、普通は博士号をとって、そしてどこかでポスドクやら助手など仕事を経て教授職に就くというのが日本の大学の一般的な流れだと思います。

ただ今の大学は国立大学が独立行政法人化されていこう、純粋学問(基礎的研究)がやりにくくなっています。すぐに成果が見えるものでないと補助金が出ないとか、成果として...続きを読む

Q励起状態について

励起状態になれる電子は最外殻電子だけですか?またそれぞれの物質により軌道のエネルギーの差は違うのですか?

Aベストアンサー

>励起状態になれる電子は最外殻電子だけですか?
紫外・可視領域の光に限ればその通りです。しかしX線等を用いれば「深い」電子を励起してイオン化したり、また高度な励起状態に持ち上げることが出来、それを利用して物性を調べるのが「電子線蛍光分析」「X線蛍光分析」です。
この場合常識的な分子軌道から励起するのではなく、原子に偏在する電子を励起するので「元素分析」を行うことが出来ます。
>それぞれの物質により軌道のエネルギーの差は違うのですか
はい、かなり違います。但し分子軌道での励起は原子からの励起と違い幅広で極端な差はあまりありません。それでも遷移金属を含む物質からの「色」などははっきり違いますから、かなり有用な情報も得られます。


人気Q&Aランキング