『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ゴルフを始めて約10年。平均90-95程度のゴルファーです。どなたか教えてください。私は左手人差し指の第二関節にゴルフだこができて悩んでます。私はゴルフを始めてからずっとインターロッキンググリップで、左手人差し指第2関節の親指側と、右手薬指の第2関節の小指側が擦れてタコができるようなのです。いっそのことオーバーーラピングに変えようとも思いますが、できれば慣れたインターロッキングがいいです。
グリップや力の入れ方が悪いのでしょうか?
色々ネットをあたったのですが、類似の悩みは見当たりません。どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

遅くなってすみません。

ご質問の件ですが、左手人差し指と右手の小指は、力を抜くためにバツにします。両指とも曲げてしまうとどうしても力が入ってしまうので,あえてシャフトに付けないようにするわけです。シャフトから離しているだけでいいと思います。両指のついている深さは,皆さん,指の長さとか,手の大きさが違いますので一概にこうと決められないと思います。私の気をつけているポイントだけ書きます。

左手 小指(握力8),薬指(握力6),中指(握力4)の順番に力を入れて握っていく。親指は、トップの位置で支えることができ,インパクトの時にアドレスとおなじところに戻ってくればいい、そのような位置を探してみてください。

右手 小指を左手の人差し指でバツ印を作るように合わせる。指を合せる位置はそれほど大事ではありません。両指の根元だけがシャフトに付いていればいいだけです。薬指,中指はシャフトに巻きついていて離れてなければいいです。人差し指と親指はトリガーフィンガーになっていれば離れていても構いません。むしろ,中指と人差し指を離してスイングすること,人差し指の根元でインパクト時にボールを押す意識を集中すること、この二つを意識しています。ほとんど右手に力は入っていません。

最後に、アドレスの時に握った状態をインパクトの時まで続けることに気をつけています。トップの時に握りなおしてしまうとインパクトの時はアドレスと同じグリップにはならないからです。  以上です。
つたない文章で申し訳ありませんが、御健闘をお祈り申し上げます。
      
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ご丁寧に有難う御座いました。どうも右手のグリップが浅すぎ、トップで握りなおしていたようです。
グリップは少し変えると全然感覚が変わってしまい、まだ慣れませんが、少しずつ直していこうと思います。
有難う御座いました。

お礼日時:2009/07/01 22:26

ゴルフ歴20年のプレーヤーです。

 お悩みのタコができるとの事ですが、私も過去になったことがあります。 原因は、左手の小指、薬指,中指のシャフトを抑える力不足と、右手の薬指の力の入れすぎのよるものと思われます。 私は、現在も素手でインターロッキンググリップしていますが、以前はカッターで削らなければならないほどひどいタコでした。友人に聞いてみたところ、対処方法を教えてもらいました。やってみてたところ以前ほど痛くならず,タコも出来なくなくなりました。
1 左手の小指,薬指,中指の順番にグリップしていく。
2 左手の人差し指と右手の小指を×印のままにしておく。
3 左手の親指をシャフトの上に置く。
4 右手の薬指と中指をシャフトに巻く。
5 右手の人差し指と親指をただシャフトにくっつけるように巻く。
左手は、小指,薬指,中指にちからを入れますが、右手にはほとんど入らない状態になります。数字で表すと、左が8、右が1ぐらいです。
また,左手の人差し指と右手の小指をシャフトにつかない状態(両指で×印を作ったまま)にすると右手にはちからが入らなくなるので方向性も良くなります。試してみてください。また、右手に力が入らないスイングをすると、グリップラバーも減ることが少なくなりますので、いいことずくめです。(私は,素手でグリップするせいもあるからでしょうが,ここ5年間グリップラバーを交換していません。wedge以外ですが、、、
    • good
    • 4
この回答へのお礼

有難う御座います。私も試してみましたが、今ひとつわからないのでよろしければ教えて下さい。
・「×印のまま」、「左手の人差し指と右手の小指をシャフトにつかない状態」とありますが、それは左人差し指と右小指を深く交差させるという意味ですか?そうすると右手がよりパームに近い握りになるということでしょうか?
・参考までに右手の親指はどこの位置にくるのでしょうか?右手を深く入れると、シャフトのセンター付近になるような感じがするのですが。
お礼方々、申し訳ありませんが、貴重な”お仲間”と感じましたので、是非とも参考に致したく、お時間がありましたらお願いします。

お礼日時:2009/06/28 18:49

右手の薬指にタコができているゴルファーは多いですね。


ひどい方になると中指側に曲がっている方もいます。
ただ、左の人差し指はあまり聞いたことがありませんね。
やはりインパクトの瞬間にギュっと握っておられるのではないでしょうか?

少し機能的な話をさせていただこうと思います。
グリップはカラダとクラブの唯一の接点ですよね。
エネルギーをロスなく最大限に使うには指先を柔らかく使ってあげることが大切です。
そうですね、紙飛行機を飛ばす要領と考えてもらえば良いでしょうか?

クラブのグリップは一直線の棒状で、下に向かって作用するチカラを支える役割として、
左の小指・中指・人差し指の3本と右の中指と薬指が重要になります。
強く握りすぎると硬くなり、せっかく捻転で溜めたパワーがグリップを伝ってクラブに届かず、
操作したり別の動きを及ぼしてしまいます。
コレは硬くなると、腕の外側に筋肉を使ってしまうからです。

では柔らかく使い且つ腕の内側の筋肉を使えるようにするには…
人差し指と親指を締めて小山ができるような軽い押さえを作ります。
(よくティーペグを挟むレッスンがりますね…左手は挟めませんからそのつもりで)
こうすることで、グリップ全体では握るというよりクラブを引っ掛けたような状態となり、
俗にいう力感なく柔らかいけどシッカリしたエネルギー伝達ができるグリップができます。

プロのフィニッシュの写真等を見ていただけると解ると思いますが、最後までシッカリと
持ち続けています。(特に右の中指と薬指)
当然グリッププレッシャーは終始同じですね。
http://www.golfdigest.co.jp/magazine/tournament/ …

回答の結論としては、#4さんと#5さんの補足説明とさせてください。

早くよくなるといいですね♪
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kazaru72さん。それに回答下さった皆さん。有難う御座いました。ネットで見てもなかなかこの種のQ&Aが見つからなかったので、誰か回答してくれるか心配でしたが、たった一日でこんなに回答頂き驚いています。私だけ特別な悩みではないのですね。
握りの強さの加減の訓練+テーピング保護 あたりから少しずつ改善して行こうと思います。
有難う御座いました。 

お礼日時:2009/06/24 00:08

ゴルフを始めて20年50歳代です。

昨年から同様な場所に豆では無く、タコが出来始めました。グリップはオーバーラッピングで、左手は第二関節親指側斜め右45°、右手は薬指第一関節小指側斜め右30°といった具合で、スクエアグリップでした。タコの部分が痛い場合がありテーピングしたりしましたが、左手はグローブの中でどうもしっくり行かず、グローブの上からテーピングした事もありました。インターロッキングとの事で参考にならないかもしれませんが、経験上をお伝えしたく。
私の場合、スクエアグリップの為か全アイアンの飛距離も無く、いっその事、フックグリップへ変更しました。その際、グリップの場所も右手人差し指と親指でグリップのロゴ記載の若干手前(自分側)部分へ合わせ左手をグリップし、再度右手をグリップその際、右手の生命線部分で左手の親指全体をカバーしていましたが、右手を若干クラブヘッド側(左手親指の関節部分をカバー)へずらし、結果、右手小指が左手薬指に綺麗に重なり、タコの部分は相変わらず接触していますが、痛みは無く、タコの大きさも段々小さくなってきています、(簡単にはグリップを短く持ち、左右の隙間を若干開けた事になります。)更に右手人差し指と親指のわっかは非常に大事で、球に勢いが出る事も分かりました。又、同時にスイングプレーンも飛球方向に対し真っ直ぐ引いてインパクト後のフェースがテークバックの反対になる様に注意しながらスイングしています。結果は、若干の弱いフックもでますが、以前より格段に違い、今までのゴルフは何?と自問自答している毎日で、更に改造中です。(練習場へ行くたびの日替わり弁当が、だんだんと定食になってきました)
    • good
    • 0

私も前に似たような場所にタコがありましたが、次の意識で改善しました。


私の場合は右手の親指と人差し指のつくるV字の締めが弱かったために、少しでもずれたインパクトを迎えた場合、その衝撃で右手と左手の接している部分が必要以上にこすれていたと思われます。
グリップの要と言われる、左手の小指側、右手の親指・人差し指側をもう少ししっかりとさせる意識で改善できるのではと思います。お役にたてば幸いです。
    • good
    • 1

私は初心者の頃、インターロッキンググリップだったのですが質問者様と同じ悩みがありました。

指同士が擦れて痛むのですよね。分かります。(私の場合は質問者様とは逆で右手の薬指の小指側第二関節にタコができました)あまりに痛むので仕方なくオーバーラッピングに変えた経緯があります。それから数年が経ち2年くらい前に練習場で気まぐれでインターロッキングで打って見ました。これがすっごくしっくりきてそれ以来現在までずっとインターロッキングです。ですが初心者の頃のような痛みは全くありません。(スイングしてる頻度と回数は人より大分多いと思います)不思議です。初心者の頃はあれほど痛んだのに。自分なりにその原因を考えると一番思い当たるのはグリッププレッシャーです。特に右手の握る強さがあの頃とは全然違います。初心者の頃はぎゅううっと握り締めてましたが今は10のうち1くらいの力でしか握ってません(左手は2か3くらいです)。またインパクト時も右手でひっぱたくように打っていたのでその際右手を握り締めてその時指が強く擦れていたのではと思います。
つまり握る強さ、そしてスイングの方法が変わったって事です。

そこであるドリルをお試しすることをオススメします。
(このドリルは私自身今でもよくやってます)
右手に物理的に強制的に力が入らないようにするために中指・薬指のみでグリップするのです。その他の3本の指は伸ばしておきます。(もっともインターロッキンググリップですから絡めた小指は完全には伸びませんが)その状態でもしっかりしたスイングができれば真っ直ぐ飛びます。逆にその状態で真っ直ぐ打てなければスイングのどこかがおかしいって事になります。右手は全くってほど力が入れられません。右手を脱力する感覚が体感できると思います。
    • good
    • 0

こんばんは。

平均ストローク105のペーペーですが、この件にまつわる思い出があるので、下手ですみませんがコメントさせて頂きます。

私がゴルフを始めて1年目くらい、質問者様同様、タコに悩んでました。そのころはまさにインターロッキングで練習しまくってました。そして、(私の場合は)右手小指と左手人差し指の、お互い擦れる所にタコができ、しまいには右手小指は「く」の字に曲がり、左手人差し指はひどいできものができたかのような、、、なんか、ホント自分で見ても気持ち悪い手になってました・・・

私はその前にも、ゴルフの練習のしすぎで頸椎を痛め、数か月ゴルフはおろか、普通の生活もままならかった経験がありましたので、この不気味な手も、何かの前兆じゃないか?と、悶々としていた頃、いつも通りJR神戸線で自宅に帰るため、快速電車にいつもより早い時間に乗ったとき、幸運なことに座れました。四人掛けのボックス席(?)に。私は、座れてホッとしながらも、自分の手が実は骨折とかしてて、また、ゴルフができなくなったら、、、(泣)って思いながら、車窓風景を眺めていたら、ふと、「○○プロ」がどうの、とか、「□□プロ」の中国道で事故の惨状とか、「今度の△△」はこうしよう、とか・・・ゴルフっぽい話が聞こえてきて、一瞬、「ああ、ついに私もあんまりゴルフのことばかり考えてるから、空耳が・・・」とか思いましたが、回りを見てみたら、実際、風格のある紳士の方々がゴルフ論議をされてました。直感で「あり」と感じ、思い切って、私の悶々を聞いてもらいました。そしたら、4人席の私以外、皆様とても素敵な方で、まず、「オーバーラッピング」の方が良い、と言われました。そして、私が初めて1年目だ、と言うと、「右手でボールをインパクトするようにしなさい(詳細失念しました・・・)」と言われました。アーノルド・パーマーさんのような方が二人と、一回り若い方が一人、私は「ゴルフが好きな方々なんだ!!」って、とても素敵な時間を過ごさせて頂きました。ちなみに、一回り若い方は、私以上にタコができてまして、「タコはできるものだ」みたいなことをおっしゃってました。
そして、途中のA駅で「もっと教えてあげなさい」みたいなことを、残った一人の方におっしゃりながら、二人の方が降車されました。そこから、私が降車するまでに知ったのですが、前述のお二人は、HGCと、ICCの支配人さんだったとのことです。最後に残ったかたに言われ、私は当時無知だったため、「そうなんですね。」と普通にリアクションしたつもりが、「ゴルフに詳しい方に聞いてみてください」と言われ、家に帰って聞いてみたらびっくりしました!!
仕事柄、年配の方と接することも多いのですが、今になって「なるほど、流石!」と感慨深く思い出します・・・。

ちなみに、わたしの場合、以外とすんなりとオーバーラッピングに移行できました。別のところにタコができてますが・・・あの時見せて頂いた手を思い出したら気になりません。(長文すみません・・)
    • good
    • 1

人間ですから多少の力が入るのはやむをえないとしても


お悩みに原因は
左グリップがゆる過ぎることだと思います

左グリップは
中指、薬指、小指の3本で下側から握り
親指の付け根で押さえつける形でしっかりしたものが出来ます
この際に、親指を伸ばす、ロングサムはよくないとされています
(親指の先は曲げた人指し指よりも出ないショートサムになります)

また、右グリップは基本的に
右手のひらの指をくっつけた状態で伸ばし
親指の先を開きます(人さ非指の付け根との間に「V」字が出来る)
この「V」字の谷間をシャフトの上に乗せ
人指し指をラバーグリップの周りに回します
一回りした所で親指としっかりくっつけます(「輪」を締め付ける)
後の3本指は添えるだけ
(インターロッキングの場合は小指を左手人指し指と絡ませる)
この場合、親指と人指し指の「輪」がしっかりしていれば
小指と左手人指し指には力が殆ど入りません

なお、右手人指し指と中指を使うとベースボールグリップ相当になり
右手の力は入りますが、小指を切りはなして力を抜くのは
非常に難しくなります
オーバーラッピングならば比較的容易にこのグリップができると思います

グリップをお確かめ下さい
なお、私はオーバーラッピングですが
上記グリップで、マメとは無縁です

アドバイスまで
    • good
    • 0

ここのサイトで、あなたが言われている部位に痛みを感じる人の悩みがあった気がします。



インターロッキングだとある程度その部位にタコはできるとは思いますが、目立つようだとグリップの力加減をチェックされる事をお勧めします。特に右グリップの力加減ですね。右サイドは使う事を考えればできるだけ力を抜いたほうがいい部分です。右利きなら可動部ですからね。グリップが動くと言うのはあまり言わない方がいいのですが、実は微妙には右グリップは動いてしまいます。(本当に微妙にです)そこに力が入っていれば接触部分は負担がかかりますから、インターロッキングの場合ある程度はタコができてはしまうでしょう。硬いタコやマメに発展すればグリップがおかしいということにはなろうかと思います。

自分はグレッグノーマンがしているインターメッシュと言われる右小指と薬指の間に左人差し指甲部を挿しこむグリップとオーバーラッピングの相の子のような変形オーバーラッピングですが、タコと言うには目立たなくてもあなたと同じ部位の皮膚は少し硬めにはなっていますよ。(元々自分もインターロッキングでした。グリップを改造するに当たりオーバーラッピングでは右小指部分がすっぽ抜けそうな気がしたので、こういうグリップにしています。インターロッキング時代とはすっかりスイングすら変わってしまいましたね。グリップ方法を変えれば当然スイングも一から変わってきますね)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q左手人差し指付け根が痛くなる

練習場で100球ほど打つと、左手の人差し指の付け根が痛くなってきます。
スクウェアよりもややストロングでオーバーラッピンググリップで握って
いるのですが、どうやら右手薬指の第一関節外側と左手人差し指内側の部
分が当たっていてしばらく練習していると痛くなってくるようです。

参考にしている本の通りにグリップしているつもりなのですが皆さんもこ
のように痛くなるのでしょうか?
左手はやや被せ気味にし、右手は下から包むようにグリップしています。
(わかりにくくてすいません…)

ゴルフはまだ初めて間もない状態で、レッスンなども受けていません。
何か間違っているのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>左手はやや被せ気味にし、右手は下から包むようにグリップしています。

まぁ、その人の手の形がありますから一概に間違いとも言えませんが、右手がややスライス(つまり両方被っている状態)になるのではないかと思います。それと指近辺が痛いのはあまり関係がないようにも感じます。但し、両被りになりやすいので今からいう事になりやすいというのはあるかもしれません。

つまりグリップに力みが入って、左手と右手のクロスする部分がこすれて痛んでいるのではないかと思います。自分は一時期ゴルフから離れていた時があります。それから再開したのですが、再開後しばらく左手親指付け根部分が腱鞘炎っぽく痛んだ覚えがあります。原因は全体的な力みでした。一時期とはいえ離れていたわけですから、グリップに対する違和感があったということです。思い出そうと色々やっているうちに力みが入ったという原因ですね。
グリッププレッシャーをまずは覚えて下さい。参考までに(感覚、パワーの出し方共個人差がありますので、あくまで参考です)自分の場合は現在は左手小指4、同薬指、中指2~3、それ以外は右手全部も左手人差し指、親指も1(すべて10段階で)を目指しています。つまり、左手小指さえ意識していれば、腱のつき方で左手薬指、中指は付き合って力が伝わりますから、2~3でも結果は小指と同じ4になるという意識の仕方です。

>左手はやや被せ気味にし、右手は下から包むようにグリップしています。

まぁ、その人の手の形がありますから一概に間違いとも言えませんが、右手がややスライス(つまり両方被っている状態)になるのではないかと思います。それと指近辺が痛いのはあまり関係がないようにも感じます。但し、両被りになりやすいので今からいう事になりやすいというのはあるかもしれません。

つまりグリップに力みが入って、左手と右手のクロスする部分がこすれて痛んでいるのではないかと思います。自分は一時期ゴルフから...続きを読む

Q右手薬指の皮むけ

初めまして。
2年ほど前に始めた37歳で、スコアは漸く110前後の初心者です。
力は人並みで、1年ほど前にグリップをインターロッキングからオーバーラッピングに変えてます。(右手の使い過ぎ防止のため)

力が入り過ぎているのか、右手薬指の第一関節の右側面(小指側)が、左手人差し指の第二関節の側面(親指側)と擦れ、土日のみ150~200球/日程度の練習でも皮が水ぶくれになり、剥けてしまいます。
最近は、右手薬指にバンドエイドを巻いているので、剥けることはなくなりましたが、やはり擦れているようで、タコのようになってきました。これはやはりグリップが間違っているのでしょうか?
(特に、スイング後半で擦れているような感じです)

周囲からは、「力が入りすぎでは?」という指摘を受けますが、自分では柔らかく握っているつもりですし、スクールでは「右手は中指と薬指の第二関節で握る」と習いましたし、自分では分からなくなってきました。

この1ヶ月間はショットが安定せず、グローブをしている右手の人差し指第二関節まで皮がペロッと捲れてしまってますが、これは本来軽く握るべき左手の親指と人差し指が強過ぎるため、と理解出来、直しようがあります。
ただ、皮膚が特段弱い訳でもなく、左手のグローブもなるべく表面が柔らかそうな物を使っていますし、右手薬指については何故皮が剥ける程に擦れるのでしょうか?

長文申し訳ございませんが、どなたかアドバイス宜しくお願い致します。

初めまして。
2年ほど前に始めた37歳で、スコアは漸く110前後の初心者です。
力は人並みで、1年ほど前にグリップをインターロッキングからオーバーラッピングに変えてます。(右手の使い過ぎ防止のため)

力が入り過ぎているのか、右手薬指の第一関節の右側面(小指側)が、左手人差し指の第二関節の側面(親指側)と擦れ、土日のみ150~200球/日程度の練習でも皮が水ぶくれになり、剥けてしまいます。
最近は、右手薬指にバンドエイドを巻いているので、剥けることはなくなりましたが、やはり擦れ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、オーバーラッピングの場合は
右手薬指は左人差し指の上に重なるものです(個人差はありますが)
(あなたの場合は右手を伸ばしすぎている事になります)

右手の親指と人差し指を両側から押し付けるようにして
人差し指をくるりと回すと輪になって
この輪の中にクラブのシャフトが入る形になりますね
右手はクラブシャフトのコントロールの為に力を入れないで
シャフトを押す形になります

クラブのヘッドの重さをもっと感じるように
その重さを利用してクラブを「振る」ように
そのためには、左手のグリップがもっとしっかりして
(現在はゆるすぎる感じがします、そのため、右手が
助ける形で力が入っているのではないかとーー逆に
右手に力が入りすぎると左のグリップが緩みます)
左のグリップだけでクラブを支えられるようにする事が
必要ではないかと思いますね

グリップは一番の基本です
これが狂うとフォームまで狂います
レッスンを受けたとありましたが
正しいグリップは教わっていないのではないかと推測されます
現在は、ビデオテープやDVDなど映像教材が氾濫していますので
いくつか参考にご覧になられてはいかがでしょうか?

アドバイスまで

まず、オーバーラッピングの場合は
右手薬指は左人差し指の上に重なるものです(個人差はありますが)
(あなたの場合は右手を伸ばしすぎている事になります)

右手の親指と人差し指を両側から押し付けるようにして
人差し指をくるりと回すと輪になって
この輪の中にクラブのシャフトが入る形になりますね
右手はクラブシャフトのコントロールの為に力を入れないで
シャフトを押す形になります

クラブのヘッドの重さをもっと感じるように
その重さを利用してクラブを「振る」ように
そのためには、...続きを読む

Q今更ながら グリップ 右手の薬指・・・

ゴルフをはじめて2年ちょっとで
スコア110前後です

練習のしすぎ?で右手の薬指、中指を曲げると痛くなり
右の小指を左手の人差し指と中指の間
右手の薬指を左手の人差し指の上
右手の中指と人差し指でクラブを握るようにして(オーバーラッピングの変形?)
3ヶ月くらいこのグリップで練習しています
このグリップの握りでボールを打つと両手の一体感が感じられて
かえって、打ちやすい感じがします

今日、グリップを元に戻し(右手の薬指、中指、人差し指で握って)
ボールを打ちましたが、違和感があり
まともに飛ばなくなりました

グリップは非常に大事と思いますので
通常(元)の握りに戻さないとだめでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人的には、グリップはその人の手の大きさや握力(左右の違いを含めて)もあるので、必ず「こうしなくてはならない」というのはないと思います。
パームグリップが向く人もいれば、フィンガーグリップが向く人もいるし、インターロックが向く人もいればオーバーラップが向く人もいればテンフィンガーが向く人もいると思っています。

グリップの向き(ストロングなのかウィークなのか)は別として、握り方は「力まずにしっかりとクラブが固定できること」が最も重要だと思います。

余談ですが、たまに練習場で何球かグリップを変えて(インターロックにしたり、テンフィンガーにしたり)打ってみると、リストの使い方って気がつくことがあります。

Q練習をすると、手が握れなくなります。

2ヶ月ほど前からゴルフを始めた初心者です。
早くうまくなりたいのと練習場が近くにあるので、会社帰りなどに行ける日はほとんど練習に行っています。
ところが、練習をした翌日は必ず手のひらのスジ(?)が突っ張った感じになり、手を握れなくなります。(ジャンケンのグーが出せない)
始めの頃は、ダフったときの衝撃のせいだと思っていたのですが、大げさなダフりがなくなった今でもそうなります。
しばらく休めば治るのですが、そういうものなのでしょうか?
何か間違ったスイング、力の入れ方などをしているのでしょうか?

ちなみに学生のころから今(34)に至るまで野球をやっていますがバットを振ってもそのような状態にはなったことがありません。

※練習ではほとんど6Iを使っています。素振りも含めると1回の練習で300~500は振っていると思います。また、打席に入ると集中しすぎて気がつくと汗がポタポタとマットに落ちるほど振り続けていることがあります。

Aベストアンサー

素晴らしいの一言です
300-500は以前には仲間と一緒によく打ちましたよ
手が痛くなるのはクラブを握り締めることとスイングに
力が入りすぎているからです
クラブをしっかり握る(グリップ)ことは非常に大切な
ことですから続けてください
しかしながら勘違いしないで欲しいのはボールを飛ばすのは力ではないという事です
あくまでもクラブのヘッドに仕事をさせる事を学ぶこと
別の言葉で表現すると
グリップをしっかりさせたところでクラブのヘッドの
動きがどうなっているのかイメージしてください
トップのヘッド、インパクトのヘッド、フィニッシュの
ヘッド、特に、インパクトのヘッドのイメージは
あなたのゴルフの上達を左右します
インパクトのヘッドのイメージが出来れば
スイングでボールを飛ばす事を覚えてください
これであなたは手の痛みから開放されると思います
そして1年後には多分ラウンド80を切る事が出来ると
思います
頑張って下さい
気がつくのが遅かったゴルファーよりの応援です

Qアドレスでのボールの位置はトゥ側?ヒール側?

アドレスでボールの位置はクラブヘッドの
トゥ側、ヒール側のどちらに置くのが正しいのでしょうか?

プロのアドレスをみていると、
ヒール側で構えているプロが多いと思いますが。

それともど真ん中が正しいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

トゥダウンという現象があって、インパクト時にはシャフトがしなってヘッドが自分の身体の方向に近づこうとする力がかかります。この力は、ヘッドスピードが速いほど大きくなります。
そうすると、ヘッドはアドレス時の位置より自分の身体の近くを通る軌道に動くので、ボールをヒール側にセットしたほうが芯でとらえやすくなるのだと思います。ヒール側で構えているプロが多いのはこのためだと思います。

無意識にヘッドの軌道をコントロールする能力の高い人は、どこにボールをセットしても、感覚で反応してボールを芯で打つことができる。
それに対して、スイングをメカニカルに考える人は、ヒール寄りにセットしたほうが良い結果が得られるのだと思います。

Q練習場とコースで違い過ぎ 改善方法は?

練習場ではアイアンもドライバーも上手く打てるのに、何故かコースに出ると
まともに打てません。
アイアンはドフックもしくはチーピン、ドライバーはフェースを外れたトゥ側
ギリギりに当たって意味不明の右に飛んでOBと目茶目茶です。
コースのラウンド帰りに練習場で反省の為に練習すると、普通に打てています。
一体何が悪く、どう対策すれば良いのか教えて下さい。

ちなみに、元がダフッっているけど、練習場のマットだと滑るので上手く
打てているだけなのかな?とも思いましたが、それは違うようです。
自分でもコースのティーグラウンドで構えた瞬間に何かが大きく違っている事は
何となく分かるのですが、何が違っているのかが分からず悩んでいます。

同じような悩みを過去に体験された方、アドバイスをお願いします。

ちなみにゴルフ歴は20年程で、ずっと止めてましたが最近またやり出し
ました。
以前の平均スコアは97程度でした。

Aベストアンサー

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行きますか?
まず行きませんよ。アベレージゴルファー(90~100)の人10人いて
一発目であの柱!といって左右10ヤード以内に納められる人は
2人しかいません。
そのうち一人は偶然です。これはデータとして出ています。

そして練習ラスト一球になった時、これで最後!の球をよく思い出してください。
確実にうまく打ってますか?
たいてい悔いの残る一球になっていませんか。

ほら、一球しかないというプレッシャーがあるでしょ?

これらのショットをコースでは要求されます。
なので勘違い、と申し上げました。

打っているうちに調子がよくなりいい球が数発続いたりします。
その数発のイメージが残っており、練習場では調子いいのに・・・ってことになります。
まして、球はいくらでもある。これを失敗したらなんて思わない。
プレッシャーなんてまったくかからない。
なのでいい球が続けざまに打てる時があります。

でも、それもよく思い出してください。
7番アイアンの練習で30発打って25発は思い通りの球が出ますよね?
でも5発は結構ダフったりトップしたり、大きく曲げたりするでしょ?
それですよ、それがコースでは出ちゃうんです。一球しかないというプレッシャーでね。

これが練習場ではうまくいくのに・・・。という勘違いなのです。

さらに!
コースではライや傾斜が毎ショット確実に違います。
ティーショットでさえ厳密に言えば、足場とボールの高さが1~2cm変わります。
また傾斜も微妙についていますし、景色も違います。
たとえば打ち上げホール、ティーグラウンドは微妙に左上がりになってます。
当然ですよね、フェアウェイからこっちに向かって下っているのに
ティーグランドを左下がりにしたら水はティーグランドとフェアウェイの間にたまってしまいます。
なので普通は傾斜をそろえてあります。しかし、見た目には平らに見えます。

そこで構えて、打ち上げ、素人はどう考えると思います?
球をあげなくちゃ!でしょ?
そしてついつい下からかちあげるように打っちゃう。
ほら、どフック!
下から煽るように打てばそりゃフックしますよ。
そんなのまだいいほうです。

これやるのはだいたい90~100の人です。
それ以上の人はそれさえ頭にありませんからいつもと同じ(そもそもまっすぐ行かない)
に振ってチョロって打ち上げなのでその辺しか行きません。

では打ち下ろし、
景色がよく、落としどころ、つまりフェアウェイを覗いちゃいますから
左肩がいつもより下がります。
ほぼ正面に見える雲や鉄塔の頭、山の目印になるところ、つまり目線の高さを
狙って打つ人なんかほとんど見たことありません。
たいてい眼下に見えるフェアウェイを見ちゃってます。
そんな構えから普通に打てばそりゃスライスしますよ。
早く落ちろ!!!なんていってるのはだいたいそういう人です。

ティーショットですら条件がコロコロ変わるのですから
月に2度くらいコースに出てても対応できません。
ましてや、セカンドショット、アプローチなど
万度傾斜があり、平らに見えても足元とボールの位地は1~2cmは練習場と違っちゃいます。

なので、練習場ではシングルクラスのショットしていても
コースでは100打っちゃうんですね。
ドライバーは曲げるわ、ショットはまっすぐ飛ぶものの飛び出し方向があっちこっちで
グリーンに乗らない。そりゃ足場が練習場と違うんですからその辺考えないと!

結論をまとめるとこうなります。
練習場での一発目と最後の球のナイスショットは滅多に出ない。
この最初と最後の球がコースでの一球と同じだから
練習場でいい球が出るのには勘違い!

練習場では多少ダフってもナイロンのマット上をヘッドが滑ってくれて
ダフッたのを気がつかない。
練習場は真っ平ら、しかしコースでは微妙に傾斜があり微妙に構えが違ってしまうし
練習場と同じ振り方しても当たらない。

景色が違い、打ち上げ打ち下ろし、左がOB、手前が池などでプレッシャーもあり
構えも練習場とは大きく違っている。

これが原因です。
これを克服するのはやはりコースに頻繁に出ていないと身につきませんし、
また練習場との当たりのよさの違いを理解できません。

練習場はあくまで基本的スイングの練習と割り切っていい球でたからといって
一喜一憂しないことです。
基本的スイングの練習ですから
平らのところから打って大きく曲がるようならその曲がりを少なくする練習をしましょう。


さて、
練習場でも何球か失敗しますよね?
その失敗があなたの実力、と思いましょう。

いい球なんて100打つ人だって練習場なら打てます。
失敗の大きさが100打つ人とシングルとは違うんです。

7番アイアンで片手シングルなら30球ほど立て続けにナイスショットが出ます。
しかし最低一発はグリーンを外れるくらいのミスショットは出ます。
でも!外れても5ヤードで収まってます。

100打つ人はうまく打っても10球で3発失敗します。
そのうち1球はとんでもない失敗しています。
グリーンはあっちだぜ?どこ打ってんの?
というショットしちゃうでしょ?あれが実力差なんですよ。

なので、失敗ショットが自分の実力、と思ったほうがいいです。
練習ではその失敗の数を減らし、失敗の大きさを狭めていくことに専念すべきなんです。
いい球を打つことなんか目指したってスコアなんぞいくらもかわりゃしません。

ミスショットをしてもいいからそのミスの大きさを小さくすることに
神経を使うべきなんです。


それから、
練習場で10球打って9球うまく打つ人と
8球うまく打つ人ではどのくらいの実力差があるかご存知ですか?
実は倍ほど違うんです。

9球の人が80台でまわる人だとすると
8球の人は100近い人です。
(片手シングルなら30球打って1球失敗くらいです。)

同じようなもんだ、と思うでしょ?
でも全然違うんです。
片方が失敗が1球、もう片方は2球
ね、倍違うでしょ?ゴルフはミスショットを減らすゲームです。
ナイスショットの数がスコアに出るのではありません。
失敗の少なさとその大きさがスコアに出ます。

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行...続きを読む

Qアイアンの弾道が上がり過ぎるのはなぜ?

はじめまして。前から気になっていた事なのですがアイアンの弾道が高すぎて距離が思った程出てないので困ってます。極端にフックやスライスが出る分けではありませんが、あきらかに他の人の弾道とは比べものにならないほど高いです。段々高くなるような吹けた球でもなく、はじめから高く飛んでいきます。距離の目安は9Iで120前後、7Iで140前後です。強振すると高さが増して距離はそれほど伸びません。がっかりします。ドライバーのHSは44くらいだと思います。ちなみにドライバーはティの高さで調整出来るので問題ありません。何か心当り有る方いらっしゃったらご教授願います。

Aベストアンサー

私も以前、弾道が高すぎました。吹け上がるのではなく、ふわっと上がってそのまま落ちる弾道でした。9Iで115y、7Iで135yくらいでした。ドライバーも高く上がりすぎていて、着地するころには完全に勢いがなくなっていました。

半年ほど前にインパクトの瞬間の写真を見たところ、
ボールよりもグリップが後ろにありました。
いわゆるすくい打ちです。正直、愕然としました。
私の場合、トップが深すぎたこととインパクトで体を左側に逃がしていたことが原因でした。

矯正するにはスイングプレーンを体の左側に移動させて、
ダウンブロー気味にしなければならなかったので、治すのが結構つらかったですが、これを治さなければ絶対に先に進めないと思い込んで、必死にあれこれ試しました。
結果的には、「トップからインパクトへ」という上→下の意識を捨て、
「右サイドから左サイドへ」の重心移動のなかでスイングすることで改善されました。
トップが小さくなり、ハンドファースト気味にインパクトすることによって、7Iで150y、9Iで130yの飛距離がでるようになりました。

この矯正によって、飛躍的に向上したのがドライバーの飛距離です。以前220y程度だったのが、今では低反発モデルで250~270yは飛んでいますし、ダウンヒルなら300出ています。飛ぶようになった分スコアメイクには苦労しますけど。。

参考になれば幸いです。

私も以前、弾道が高すぎました。吹け上がるのではなく、ふわっと上がってそのまま落ちる弾道でした。9Iで115y、7Iで135yくらいでした。ドライバーも高く上がりすぎていて、着地するころには完全に勢いがなくなっていました。

半年ほど前にインパクトの瞬間の写真を見たところ、
ボールよりもグリップが後ろにありました。
いわゆるすくい打ちです。正直、愕然としました。
私の場合、トップが深すぎたこととインパクトで体を左側に逃がしていたことが原因でした。

矯正するにはスイングプレ...続きを読む

Q右手中指が痛い

こんばんは 当方右打ちですが
スイングした際に右手 中指のツメの薬指側がシャフトに当たり痛くなります。
(わかりにくくてすみません)
この症状は悪いグリップ、スイングでしょうか?
この痛い部分はシャフトに当たっています。

Aベストアンサー

指の爪の幅が大きく、手が小さいのでしょうか?グリップも手に対して太いのかも知れませんね。自分でそうなるか試してみましたが、右手を相当フィンガーに握りなおしても右中指の爪の入り込んでいる部分に少し負担がかかるかなぁという程度に収まってしまいます。

まずはautoroさんのご回答を参考にあなたの手の形にあったグリップの基準を作るようにして下さい。それで症状が治らないのなら、グリップの製品を細いものに変えてみる(変える前に必ず試しをして下さい)、それでダメなら次にご自分のグリップの形を少しずつ改造するという順序でお願いします。グリップの改造時はご自分の基準からどれだけズラしているのかを「必ず確実に把握」しておくことです。(これはグリップに限った話ではありません)でないと、グリップが原因で曲がり始めて止まらなくなった時に対処ができなくなります。要するにご自分の中で例外を作ることに他ならないのですから、それをそのまま放っておくとご自分にとっての正しさがわからなくなって、スイングそのものを見失ってしまうことが多いんです。

Q右手の指が痛い!

初めて質問させていただきます。
小生、ゴルフ歴半年。コース歴3回。130前後で回っているひよっこです。
今までは練習の準備もないまま、コースに回っていたのですが、このままではいけない!と思い、打ちっ放しの練習にて励んでおります。
現状、昨年末より週1もしくは2回練習場に行き、1回あたり、400から500球打っております。
ここのところ、左手は問題ないのですが、ふだんの生活において、右手の指が痛いのです。堅い蓋が開けられない、握力がなくなった感じというのでしょうか。
これは、やはりまだ手に無駄な力を入れている、ということなのでしょうか。もしくは、握力が足らない、というなのでしょうか。
宜しくお願いいたします。
参考までに、小生33歳 180cm 90kg
体力は人並みもしくはそれ以上という感じです。

Aベストアンサー

>一回あたり、400から500球
クラブを「振る」という事は「手」が円運動をすることで
言うまでもなく血液が手先の方に溜まる(逆流はしないまでも
心臓に向かう血流が阻まれる)事になります

>右手の指が痛い
ゴルフはテニスとは異なりますので右手で「打ちにいかない」
よう(右手と左手の力のバランスを均等化させること)
別の言葉で言えば「手」でボールを打つ仕事をするのではなく
「手」でクラブを「振る」仕事をする事です

400-500球を手の血流を妨げないような時間間隔をとり
(ゆったりやりなさいということ)
ボールを打った後クーリングダウン(事後運動)を行って
沢山使用した筋肉をほぐすことです
ご自分でクーリングダウンをやれなければ専門家の門を叩く事です
マッサージでもいいと思います

アドバイスまで

Q右手薬指の皮がむけました?

右手薬指の第一間接の上(先)中指側(内側の皮が剥けました。それもベロッと。
さいきん、テイクバックでコックした量と同じ分フォローでもクンと、コックをきかします。
そのフォローの時、右手は指が引っかかってるだけの感じなんですが、その時にズリッって感じで指の皮が動くんです。
今までは意外とクラブと手を一体化させて振っていました。少し、タメを効かしたほうが手首をやわらかく使えていいよと、ティチングプロに言われました。その時のコックの量は、同じだけフォローでも出さないとただの振り遅れになると言われました。
でも、皮がこんなにむけるのはなんか違うような気もするんですが?
原因とか、スイングのコックについてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
なんか痛そうですけど、正直グリップがおかしいのではということしか見てないので言えません。
ただ、薬指の中指側がむけるということは中指とこすれている状態でしょうか?
グリップを強く握りすぎてはいませんか?
普通、グリップは左手小指と右手の親指、人差し指にはある程度締めのチカラは入れますが、他はそれほど強く握らないものです。

コックに関してはプロの方がスイングを見てアドバイスされたのでしょうから、私ごときがこの場でどうこう言うのは失礼かもしれませんが、気になったことがありましたので一言。

クラブと腕を一番効率よく使うにはムチのように振ることが大事です。
テイクバックでコックを使う人はよくいますが、確かに距離は出るでしょうが効率の良いクラブの使い方という観点から見るとNOです。
試しにタオルの先に結び目を作ってクラブのように振ってみてください。
コックしてもタオルは付いて来ないでしょう。
タオルを効率よく振るにはコックしないで遠心力でテイクバックし、トップで自然にコックができる形がベストです。
それに無理やりコックすると右腕の前腕筋を縮めることが必要になります。
クラブのスイングに関して筋肉を縮めることは、あまりメリットは無く伸ばすことによってパワーを伝えることが理にかなっています。
フォローの時のコックは意識してするものではなく、自然とできるものです。
振り遅れになるスイングというのは切りかえしのタメとボディーターンで修正するのが普通で、コックによってタイミングを取るやり方は非常に困難だと思います。
質問者さんのケガはその辺が関係しているのかもしれませんよ。

こんにちは。
なんか痛そうですけど、正直グリップがおかしいのではということしか見てないので言えません。
ただ、薬指の中指側がむけるということは中指とこすれている状態でしょうか?
グリップを強く握りすぎてはいませんか?
普通、グリップは左手小指と右手の親指、人差し指にはある程度締めのチカラは入れますが、他はそれほど強く握らないものです。

コックに関してはプロの方がスイングを見てアドバイスされたのでしょうから、私ごときがこの場でどうこう言うのは失礼かもしれませんが、気になっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング