質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

屋外でメダカを飼っています。直径30センチくらいのスイレン鉢です。
その中にメダカを5匹とホテイアオイを入れています。
この間水替えをした時、赤黒いミミズのような虫が数匹いました。
大きさは木綿糸ぐらいの太さで、長さは1~2センチなのですが、びよーんと伸びると3~4センチくらいになる虫です。
とても気持ち悪いのですが、これはなんという虫なのでしょうか?
ヒルや赤虫かと思ったのですが、いま一つこれという虫が検索できませんでした。
メダカに害はあるのでしょうか・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>ネットで調べる


もちろんそれも良い手だとは思いますが…。
もっと簡単に「その虫」を捕まえて、フィルムケースとか小瓶に入れて、近隣の熱帯魚店とか博物館とか、或いは中学~高校大学などに持って行って。現物を見て貰えば、一瞬で判明すると思います。

あとやっぱり写真が無いとコレ以上は分りませんね…。
まあ実害が出てない様ですので、これもビオトープの一環と思って、そのまま放置して置くのも有りは有りでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答ありがとうございます。
本当に感謝してます。
今日水換えをしたのですが、なぜか一匹も見つかりませんでした。しかし以前も駆逐したと思ったことがあったのですが、その後の水換えの時に発見しましたので次にはまた見つかるかもしれまん。
他人に見てもらう、というのは考えませんでした。でも頼りになるような所もないのも現状・・・。
教えて!gooでは写真の投稿もできるようなので、次回見つけた時にアップしてみようと思います。
今回はこれで締め切らせていただきますが、また見かけたら、もしよろしければお声をかけていただければ幸いです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/19 23:15

>どうもプラナリアではないよう…


でしたら色が黒っぽい所からも十中八九、水棲のヒルじゃないかと思います。卵から生まれたヒルの子供じゃないでしょうか?

写真があればもっとはっきり分りますが…。
仮にヒルだった場合、かなりクローズアップで鮮明な写真が部位毎に何枚かないと種類の特定までは困難です。

メダカの様に動きの素早い魚には害は無いです。
主にヒルはタニシ等の巻き貝やオタマジャクシを獲物にします。ただし大きくなって成体になると、まれにメダカくらいなら捕食する事もあります。

完全に駆除するのでしたら…。
まずは最初に「睡蓮鉢」での飼育を諦めないといけません。陶器みたいな材質だと、微細な隙間に入り込んだ卵などを完全に駆除出来ないからです。一番良いのは「リセット」でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再回答いただきましたのに、お返事が遅くなってすみません。

最近は、水も濁りやすくなってきているため週に一度は水換えをしていますが、一向にヒル(?)を駆逐することはできません。
幸いメダカには影響はないようなので、現状維持のままでいこうと思っています。本当は4017Bさまのおっしゃるようにリセットしたいのですが・・・。
それにしてもこの生き物の正体は何なんでしょう?
ネットで調べても分からないのです。
多分ヒルだとは思うのですが、図鑑などで調べれば分かるのでしょうか?

お礼日時:2009/08/13 10:15

もしかしたら「プラナリア」かも…?



http://www2u.biglobe.ne.jp/~gen-yu/planaria.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
リンクを見ましたが、どうもプラナリアではないようです。
短い時は少し太く、長くなるととても細くなります。頭(?)の方が伸びて先細りになり、動いているようです。
色は生のレバーのような色をしています。
多分前はいなかったので、人にもらったホテイアオイにくっついてきたようです。
水換えをするたびに見つけては日干しにしてやるのですが、次回にはまた新たに発生しています・・・・。

お礼日時:2009/07/05 11:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒル?ミミズ?気持ち悪いです。。

ここ何日間かの長雨が終わって、メダカの住処(屋外)を覗いていたら、砂利の中から綺麗なピンク色をしたミミズのようなのが2匹くねくねしてました。
今までどこにいたのかと思う程大きく、長さが10cmはあります。よく見ると先っぽに口のようなものが付いていて、パクパクさせながら藻の付いている壁をくねってます。壁にはタニシの卵も付いているのですが、それには見向きもしません。
メダカを飼い始めて1か月近いのですが、こんなのが出てきたのは初めてです。余りにも気持ち悪いので殺してしまおうかと思ったのですが、メダカの糞やら食べてくれて良い生き物なのかも…と思ったりでそのままにしてます。
大体どこから入ってきたのか?一体何者なのか?どうすればよいのか?教えて下さい。

Aベストアンサー

#2さんの写真はコウガイビルですね。これは陸上にすんで、
ナメクジなどを食べるヒルです。
飼育水中に発生するものは、ヒドラ、ミズミミズ、プラナリアなどがいますが、
どれも数ミリから1cmもない生き物ですから、やはりヒルでしょう。
10cmもあるものは見たことがありませんが、私の水槽には
5~6cmのヒルが、数十匹いました。

水草などに卵がついてきたり、餌の糸ミミズと一緒に入りこみます。
砂利や水草の根本に小判型の卵が産み付けられていませんか?
小型のヒラタビルなどは魚を襲わないそうですが、
種類によっては夜間に貝や魚の血を吸います(人の血を吸うものもいます)ので、
駆除が必要と言われていますよ。

http://www.g-hopper.ne.jp/free/fukuda/biotop/others/bio_hiru.htm

参考URL:http://www.pref.gunma.jp/d/01/sokutei/hiru.htm

Qメダカ水槽のヒルをヤマトヌマエビで駆除

メダカ水槽にヒルが泳いでいるのを発見してしまいました!
繁殖用の稚魚水槽(ふ化後1ヶ月~1日)のため,水替えは困難です。

そこで,いろいろと調べたらヤマトヌマエビでヒルが駆除できるという記述を見つけました。そこで質問です。

1.本当にヤマトヌマエビにヒルの駆除効果があるのでしょうか。
2.メダカの稚魚水槽に沼エビを入れるとメダカにはどの程度のダメージがあるでしょうか。
3.ヤマトヌマエビは近所のため池にいる4,5センチの透明で背中に黒い線があるエビだと思うのですが,それであっているのでしょうか?

以上3点のどれにでもお答えいただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.ヤマトヌマエビは草食食性の強い雑食性です。
おなかが減れば何でも食べます。
反面、餌に困らない(多くある)環境ではコケすら、ほとんど食べません。
当然、ヒルを襲うことも無いと思います。
餌が多い状況では、ほとんど役立たずの生物になります。

2.上記1とは反対のヤマトヌマエビが餓える飼育環境だと仮定すると、ヤマトヌマエビは、本来の何でも食べる生物になります。
ヒルやミズミミズも食べますし、メダカの稚魚を襲うこともあります。
特に、ヨークサックのある、自由に泳げない稚魚は、オヤツになります。
ただ、稚魚水槽で、ヤマトヌマエビが餓えることは少ない気がします。

3.詳しくは下記HPをご覧ください。
背中の線とポツポツが目印です。
http://park17.wakwak.com/~kabukabu/data-y_numaebi.htm

注意事項
ヤマトヌマエビと良く間違うエビに、体長4~5cmのスジエビがいます。
スジエビは肉食性の強い雑食性で、何処にでもいます。
空腹時は、ヒルも食べますが、メダカ(親子とも)も襲います。
万一スジエビを水槽に投入すると、スジエビパラダイスになります。
十分にご注意ください。
http://plaza.rakuten.co.jp/afublog/diary/200508010001/
http://ecoplants.at.infoseek.co.jp/ebigallery/sujiebi01.html
スジエビだけを飼育すると、それはそれで可愛いのですが。。。

最後に、以上のとおり、ヤマトヌマエビに過度の期待は出来ないと思います。
ビーシュリンプなどの小生物の水槽では、不快生物(ヒル、ミズミミズ、プラナリア)の駆除で皆さん悩んでいます。
決定的な決め手が無いのです。
ヒル(ミズミミズ?)はどのくらいの頻度で水槽内に登場するのでしょう。
いつも、何処かにヒルが闊歩している状態では見た目も悪く困ったものです。
この場合は、新しい稚魚水槽を立ち上げるしか方法は無いと思います。
ですが、偶に、水槽の端っこで見かける程度ならば、気にする必要は無いと思いますよ。
偶に見かけるくらいならば、飼育環境がとても良い証明でもありますし、、、
見つけ次第に、ピンセットやスポイトで水槽から取り出すのが良いと思います。

1.ヤマトヌマエビは草食食性の強い雑食性です。
おなかが減れば何でも食べます。
反面、餌に困らない(多くある)環境ではコケすら、ほとんど食べません。
当然、ヒルを襲うことも無いと思います。
餌が多い状況では、ほとんど役立たずの生物になります。

2.上記1とは反対のヤマトヌマエビが餓える飼育環境だと仮定すると、ヤマトヌマエビは、本来の何でも食べる生物になります。
ヒルやミズミミズも食べますし、メダカの稚魚を襲うこともあります。
特に、ヨークサックのある、自由に泳げない稚魚...続きを読む

Q室内で飼っているメダカの水槽に蛭(?)が・・・

 室内でメダカ(黒メダカ)を飼って3年目になるのですが、先日、ふと見ると、黒い1cmくらいの芋虫のようなものが、水面にいました。
「気持ち悪いなぁ」と思いながらも、自分では何なのか分からず、母に見せてみると、「もしかして蛭じゃない?」と言われ、駆除を始めると、20匹以上水槽内から出てきました。

 家族が友人宅からもらって来て、今回に至るまで、ずっと室内で飼っており、最近新しい水草を入れたなどということもないのですが、室内でも蛭が発生するものなのでしょうか?
普通に考えたら、外から入って来たから発生したんでしょうけれど・・・。大元が見当たる訳でもないので。。

特にメダカにくっついているということもないので(メダカ以外にタニシなどはいません。)、個人的にはもしかしたら蛭とは違うのかも・・・とも思います。

蛭であろうとなかろうと、とにかく水換えなど、するべきことをすることに変わりはないのですが、とにかく気持ち悪いので、同じような状況になったことのある方がいらっしゃったら、そのとき、どういった対処をしたかなど、教えていただきたいなと思って質問しました。

ちなみに、他にも3つほど水槽やタッパーでメダカ(別種)を飼っているのですが、こちらには発生していません。

 室内でメダカ(黒メダカ)を飼って3年目になるのですが、先日、ふと見ると、黒い1cmくらいの芋虫のようなものが、水面にいました。
「気持ち悪いなぁ」と思いながらも、自分では何なのか分からず、母に見せてみると、「もしかして蛭じゃない?」と言われ、駆除を始めると、20匹以上水槽内から出てきました。

 家族が友人宅からもらって来て、今回に至るまで、ずっと室内で飼っており、最近新しい水草を入れたなどということもないのですが、室内でも蛭が発生するものなのでしょうか?
普通に考えたら、...続きを読む

Aベストアンサー

メダカを観賞魚店で購入したものならば、プラナリアの可能性が高く、蛭の可能性は低くなります。

プラナリアの特徴は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%A2
・頭部に目のような二つの点があります。
・口は胴体の中央部分にあります。
プラナリアならば、水草やメダカを水槽へ放つ際の飼育水の中に卵や幼生が混じってやってきます。
プラナリアは、肉食食性が強く、メダカの卵や稚魚、成魚を襲うことがあります。
プラナリアは、水草やメダカを水槽へ放つ際の飼育水の中に卵や幼生が混じってやってきます。
プラナリアに寿命はありません。
巨大に成長するわけではありませんが、プラナリアにとって環境が適正ならば、永遠に細胞は分裂し続けます。

蛭の特徴は、
http://oo.spokon.net/yasu/kai/hiru.htm
・口は頭にあります。
・蛭は極一部の吸血種以外はメダカの卵は捕食しますが、稚魚や成魚を襲うことはありません。
ヒルの種類は、日本では約60種ほど確認されています。
動物の血を吸う蛭は、ごく一部です。
淡水(池、沼、川)、海、陸上のいたる所に生息していますが、大多数が淡水で暮らしています。
蛭は、卵嚢が産み付けられてた水草を購入することにより水槽へやってきます。
蛭の寿命は平均2~3年です。

プラナリア、蛭は高水温に弱く、温度調整の出来るヒーターを用いて水温を30℃で3ヶ月ほど保てば、かなりの数を減らすことが可能です。
プラナリア、蛭とも水槽に数匹程度の発生ならば問題ありませんが、大量発生した場合は水槽のリセット(新しい水槽の立ち上げ)が必要だと思います。
水槽のリセットの際に、旧水槽の水草を新水槽へ持ち込んではいけません。
濾過器の清掃も忘れずに。

メダカを観賞魚店で購入したものならば、プラナリアの可能性が高く、蛭の可能性は低くなります。

プラナリアの特徴は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%A2
・頭部に目のような二つの点があります。
・口は胴体の中央部分にあります。
プラナリアならば、水草やメダカを水槽へ放つ際の飼育水の中に卵や幼生が混じってやってきます。
プラナリアは、肉食食性が強く、メダカの卵や稚魚、成魚を襲うことがあります。
プラナリアは、水草やメダカを水槽へ放つ際の...続きを読む

Qメダカの水槽に大量ボウフラが!!

みなさん、こんにちは。

一ヶ月ほど前から母が庭でメダカを九匹を飼っているのですが、今日掃除をしようと底にすいていた赤玉土を取り出して洗おうとしたところ、大量のボウフラが土の陰から出てきました~(泣)

買い始めて二週間ほどしてから、水の表面に蚊の抜け殻のような物が浮き出し、おかしいと思っていたのですが、水の中を見てもボウフラがいないのでどうしてだろうと思ってはいたのですが、こんなに沢山潜んでいるとは。

「メダカはボウフラを食べる」と言われて安心していたんですが、メダカの種類にも寄るのでしょうか?飼っているメダカの種類はたぶんヒメダカじゃないかと思います。小さなメダカです。

対処法をご存知の方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かにメダカはボウフラが大好物ですが、食べる量より発生する量の
ほうが多かったのでしょう。
しかも底の赤玉土の隅間に隠れる場所があるようなので、メダカから
逃れることができたと思います。

私なら、金魚を追加で1匹入れます。
金魚がボウフラを食べる量はメダカの比ではありませんので
あっというまにボウフラを食べつくしてしまいます。

あとは、ボウフラが隠れる場所が多いような状況なのでなるべく
水桶の中には何も入れないほうがいいですね。
いまのままでは、たとえボウフラを全て退治しても、すぐに
次のボウフラが沸いてきますので注意です。

Qめだかの水槽に湧いた生物

めだかを外の水槽で飼っているのですが、その中に私が見たことのない生物が2種類繁殖したいました。
1つは、藻のなかに身を潜ませ、体長2cmほどで、触角みたいなものと、足そして、3つに分かれたヒレみたいなものが付いています。色は藻と同じような感じです。小さいエビと魚を足して割ったような形です。
もう一つは、真っ黒で体長2~4cmの間で伸び縮みする、動きがすばしっこくて、ミミズを細くした感じの生物です。ちなみに2mm くらいの細さです。
現在、それらは、卵や、孵化しためだかのいる水槽にいるので、食べられてしまわないか心配です。めだかと共存できる類のものなのでしょうか?
また、これらの生物の名前が知りたいので、もし心あたりがあれば、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

それはひょっとして…
ヌマエビさん↓
http://www005.upp.so-net.ne.jp/fusa-cho/medaka0.htm
またはミズムシさん↓
http://www.geocities.jp/goleshiiriin/MicroOrganisms/Mizumushi1/Mizumushi1.htm
そしてヒル↓
http://www8.plala.or.jp/konplala/ko670.htm
ではないでしょうか?

どれも買ってきた藻などについてくる居候組です。
ミズムシさんなら藻の腐ったのやエサの食べ残しを片付けてくれるのでいいのですが(ブキミではありますが)、
ヒルはメダカの血を吸うので、見つけ次第ハシやスポイトで撤退してもらいましょう。

参考URL:http://www005.upp.so-net.ne.jp/fusa-cho/medaka0.htm

Q水槽に藻が大繁殖!何とか藻を駆除したい!メダカを助けて!!

水槽に藻が大繁殖!何とか藻を駆除したい!メダカを助けて!!

保育園の夏祭りでメダカをすくってきて子供が飼っています。
水草といっしょに藻が入ってきたらしく、水温の上昇とともに大繁殖しています。
見た目が悪いのは我慢できるのですが、
頻繁に採って捨てないとメダカが絡まって死んでしまったり
泳ぐ所がなくてすみっこに群れてています。
水槽も砂も洗ってみたのですが、すぐに元通りです。
今年の夏祭りで金魚をすくって入れたい!と言っているので
それまでに何とかしたいのですが、良い方法はないでしょうか?
以前は、3割ほど水が減ったら水道水をそのまま入れると藻はきれいになっていたのですが
耐性ができたのか、へっちゃらです。
今では、金魚用にと入れたポンプにも繁殖しているので何とかしないと!!と思っております。
どなたか我が家のメダカを救ってください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

tetu758です。先程の貴方の補足に対して答えます。メダカにとって青水は最高の環境ですが、掃除屋のタニシ、石巻貝が役に立たないで、ミナミ系統のエビが死ぬ様でしたら、リセットが一番ですが、睡蓮鉢を購入して姫睡蓮等を検討されていらっしゃるのでしたら、その水を睡蓮鉢に移してメダカを育てればメダカは成長が良くなり、姫睡蓮や水生植物は水を浄化をしますので、素晴らしいビオができます。

 金魚を購入されるならば、メダカを睡蓮鉢に引越しが終了後に水槽を洗浄し、乾燥させます。この時に使用しているフィルターと活性炭は全て交換をしてさい。水槽の再起動をしてから数日は個体は入れないで、要観察をしてください。

Q亀の水槽にとても小さな赤いミミズのような生物が・・

うちで飼っている亀の水槽にとても小さくて細い真っ赤なミミズのような生き物がいました。
水槽を洗っているときに発見したのですが、にょろにょろと水のなかで動いています。

これはなんですか?
教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして 質問者さま

http://tttr.net/b/archives/146.html

http://www.sci.hokudai.ac.jp/~st/shinka3/mimizu/Q/species.html

糸ミミズかなと思います。砂が水が汚れていると出てきます。水やろ過、砂などを清潔にされれば良いかなと思います。

Qビオトープでの生き物に付いて 赤虫?

ビオトープでの生物に付いてなのですが

エビ用のネットに写真のような赤くて長い赤虫の様なものが数匹いました。

写真に写っている指は小指です

伸ばすと 5~6センチ以上になりそうです

ネットでも調べたのですが分からずじまい

どなたかご存知の方いませんか?

Aベストアンサー

再登場です。

受け売りですが^_^;。
糸ミミズ自体は悪さをするものではないが、
糸ミミズが発生する=エサになるものが水中に多い(汚れている)
という図式のようです。

が、先に書いたとおり糸ミミズ自体が水を悪化させるわけでなく
むしろ水中の浮遊物を食してくれる「善玉」なので、
水ミミズ自体は自然により近い共生物として扱い
水の汚れの根源を改善するべき、というコトらしいです。

たしかに、赤虫と違って成虫になってその辺に飛んで歩くわけでなし。
グッピーやメダカにとっては超ご馳走のようです。
リアル清流とかにいるわけですから、よりビオっぽいですよね。

ウチの池は緑水になってしまって・・・
日かげを作るっていっても、木を植えるほどの庭でないし^_^;。
何かで覆ってしまったら魚が見えないし。

綺麗な水辺って難しいです~

Qメダカが底に沈んで動かなくなります。

メダカが底に沈んで動かなくなります。

1週間くらい前まで元気に泳ぎまわっていたメダカが、
底に沈んで(というか、底に敷いた小石の上に横たわった状態で)動かなくなりました。
時々ぱっと泳ぎだすのですが、以前のように水面まで上がってくることもなく、
餌をやっても上まで上がってこないので餌を食べているのかもわかりません。

こういう状態になる直前に、立て続けに★になっためだかが続いたので、
水質が悪いのかと思い、水を替えました。
水道水を放置してカルキ抜きをした水と、カルキ抜き剤を入れた水の両方を使いました。
(↑以前からこの方法です)

普段から1ヶ月に2~3度くらいは水を替えていますが、
上記のように立て続けに★になったのと、
底に横たわるようになったメダカをみるのは初めてです。

ポンプでエアーを送っていますが、酸素不足でしょうか。
エアーはろ過ドームを使っています。ろ過剤は水交換のたびに新しいものと交換していますが、ドーム本体は最初に買ったものを使っています。

毎朝、★になっていないか、ドキドキして水槽をチェックしています。
どうすればまた元気に泳ぎ回るでしょうか。
よろしくお願いします。

メダカが底に沈んで動かなくなります。

1週間くらい前まで元気に泳ぎまわっていたメダカが、
底に沈んで(というか、底に敷いた小石の上に横たわった状態で)動かなくなりました。
時々ぱっと泳ぎだすのですが、以前のように水面まで上がってくることもなく、
餌をやっても上まで上がってこないので餌を食べているのかもわかりません。

こういう状態になる直前に、立て続けに★になっためだかが続いたので、
水質が悪いのかと思い、水を替えました。
水道水を放置してカルキ抜きをした水と、カルキ抜き剤を入れた...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、先ほどの回答者です。
14リットルくらい入る水槽だと思います。ろ過ドームS単体はまずいでしょう。
そして全交換するろ過材なので損ばかりしますよ。
水はいつまで経ってもただの水で、生物に適さない水のままです。
かなりの数が同時期に亡くなったのは、やはり水が原因でしょう。
これは、縁日の金魚が水槽の無い家に貰われると早死にするのと同じ理由です。



ろ過材というのは、微生物の巣でなくてはなりません。
その巣を一ヶ月に3回も取り除いたら、まるで意味が無いのです。
通常、微生物がろ過材に定着するまで、約一ヶ月かかります。
この一ヶ月の間に、金魚や他の観賞魚は死ぬことがあるのです。
ただし、微生物が定着すれば、亜硝酸が硝酸へ変換できる環境になるので、
水が原因で死ぬことはめったになくなります。

質問者様のように、一ヶ月に3回程度の水換え頻度だと、
低濃度でも亜硝酸がいつまでも残り続け、やがて中毒になります。
頻度をもっと増やせばいいのですが、面倒なのでおろそかになるものです。
もちろんろ過ドームだけで育てている人も居ますが、
水換えは月に5、6回以上になるでしょう。それだけ亜硝酸が怖いからです。

ろ過ドームだけで1ヶ月1回水換えは逆に全滅コースです。
ろ過能力が足りないからです。なので、別のろ過装置が必要になります。

別のろ過装置の場合、最初の一ヶ月を乗り切りさえすれば、
微生物のおかげで亜硝酸はほぼゼロになるんですよ。
たとえ一ヶ月の間にサカナが全滅しても、病気ではなく亜硝酸のせい。
一ヶ月経ってからべつのサカナを入れてあげれば、まず死にません。
まぁ、めだかは乗り切れるでしょうね。うちは大丈夫でした。

その後、ろ過材は捨てずに、軽く表面を洗うだけで数年は同じものを使うのです。
底砂もそうです。3ヶ月か半年に一回軽く洗うだけ。

そして、洗うときに注意するのが、飼育していた水槽の水だけで洗う事。
水道水をつかうと、塩素で微生物が死ぬからです。
バケツやボウルに飼育水を少し移して、そこで優しくもみ洗うだけで大丈夫。

なので、メインのろ過を別の装置で行い、
エアレーションのついでにろ過ドームを入れる、
ろ過ドームはメインじゃないから定期的に中身を替えても問題なし、
というやりかたが普通のやりかたです。あくまで補助ですね。

亜硝酸はこれでなくなりますが、かわりに発生する低毒の硝酸を捨てるために、
一ヶ月に一回程度水替えをします。それでもサカナには最高の環境です。




外掛けフィルター
http://item.rakuten.co.jp/chanet/12305/

ろ過

ボール状ろ過材
http://item.rakuten.co.jp/chanet/20780/
リング状ろ過材
http://item.rakuten.co.jp/chanet/10184/
ウールマット
http://item.rakuten.co.jp/chanet/42720/



外掛けフィルターの中にはろ過ドームのような使い捨てフィルターが入っています。
これを使ってしまえばろ過ドームの惨劇再びですので、
中身を使わずに、別のろ過材を入れるのが一般的です。
ボール状やリング状のろ過材を90%入れ、
ウールマットでウンコを濃し取る。そんな環境にします。
もちろんウールマットは適性なサイズがないんで、はさみで適当に切ります。



ただし、お金に余裕があるのなら、外部フィルターをおススメします。

外部フィルター
http://item.rakuten.co.jp/chanet/10080/

外掛けよりもはるかに多くのろ過材が入ります。
水流が強いので水の吐き出し方向の調節が必要ですが、
これに勝るフィルターは無いといっても過言ではありません。
もちろん、中身は先ほどのろ過材を使います。

ただし、外部フィルターの場合は酸素不足になりがちです。
なので、エアレーションを別に用いるか、ろ過ドームを併用しましょう。



ちなみに酸素の供給についてですが、泡がいくら発生しても意味ないですよ。
水面から供給される酸素が大半ですので、水面がかるく波立つ状態が理想です。
とはいっても、めだかなんかは水流に弱いので、本当に軽いエアーで十分。
水流が強すぎると、泳ぎつかれて死ぬ可能性もあります。



さらに、メダカの数ですが、少々飼い過ぎです。
水1リットルに対し、1cmの観賞魚とお考え下さい。
なので、14リットル入るとすれば、14cm分です。
つまり、2cm程度のめだかであれば、7匹が限界です。
3cmから4cmまで成長しますから、5匹以内が望ましいですね。
タマゴもガンガン産んで増えますし…。

楽しい観賞魚ライフを!

どうも、先ほどの回答者です。
14リットルくらい入る水槽だと思います。ろ過ドームS単体はまずいでしょう。
そして全交換するろ過材なので損ばかりしますよ。
水はいつまで経ってもただの水で、生物に適さない水のままです。
かなりの数が同時期に亡くなったのは、やはり水が原因でしょう。
これは、縁日の金魚が水槽の無い家に貰われると早死にするのと同じ理由です。



ろ過材というのは、微生物の巣でなくてはなりません。
その巣を一ヶ月に3回も取り除いたら、まるで意味が無いのです。
通常、微生物がろ過材...続きを読む

Qメダカは元気だけど水草がすぐダメになる

水草初心者のため、経緯を書きましたら長文になりました。すいません。

6年ほど、大きめの鉢(花器)でメダカを飼っています。
これまで、水質調整?カルキ抜き?等々したことなく、酸素も砂も草も入れたことがありませんでした。(小さなインテリアサンゴを2つだけ入れてます)
水道水で清潔に保ってるだけですが、とても元気に3~4年生きます。

100均でエサを買うくらいで、アクアコーナーなど見たこともなかったんですが、
少し前、ホームセンターではじめて「水草」というのがあるのを知り、かわいいので買いました。
(後からネットで見たら、バコパという種類かな?と思います)
店員さんに「買ったポットのまま(土ごと)鉢に沈め、根っこがつかるくらいの水かさを保てばOK」と言われそのようにしていた所、3週間くらいでポツポツ花も咲きました。
が、1ヵ月くらいしたら粉状の(最初は花粉かと思った)大量の虫がびっしり発生し、捨ててしまいました。

その後、別のホームセンターでアマゾンソードというのを購入。
店員に「このまま鉢に全体が沈むように入れる」と言われ行いましたが、1週間足らずで茶色くなってダメでした。

現在は、小さな木に刺さったかわいい水中草(種類不明)を入れてますが、
最近、上のほうの葉が白くなり、下のほうの葉はポロポロ崩れて原型がなくなって来ました。
買った時は赤茶っぽい葉っぱでした。

質問ですが。
メダカが長生きする環境とは思われますが、水草ももう少し長持ちさせたいです。
ただ、肝心のメダカは元気ですし、うちの鉢がインテリア性の高い、かわいい楕円の花器なので、器具をつけたくないんです。
日当たりは抜群の場所に置いてます。

スペースもないので水草を沢山増やしたいほどではないですが、何が不足ですぐダメになってしまうんでしょう?
酸素の出る石?コケ抑制の石?みたいなものを入れればいいんでしょうか?
(コケは出る前に丸洗いしてるのでいらない気もしますが)
何か具体的な品名で教えていただけると助かります。

水草初心者のため、経緯を書きましたら長文になりました。すいません。

6年ほど、大きめの鉢(花器)でメダカを飼っています。
これまで、水質調整?カルキ抜き?等々したことなく、酸素も砂も草も入れたことがありませんでした。(小さなインテリアサンゴを2つだけ入れてます)
水道水で清潔に保ってるだけですが、とても元気に3~4年生きます。

100均でエサを買うくらいで、アクアコーナーなど見たこともなかったんですが、
少し前、ホームセンターではじめて「水草」というのがあるのを知り、かわいいので買...続きを読む

Aベストアンサー

水草にもそれぞれ生育しやすい環境というものがあるので、ただ水中にあれば良いという訳ではありません。草花を育てた事があれば、種類に合わせた適切な世話が必要な事はわかると思います。

例えば、水温。
大抵の水草は水温が高すぎると死んでいきます。30℃を越えるようなら、多くの水草は弱ります。
例えば、水が酸性気味かアルカリ気味か。
多くの水草は弱酸性程度の水を好み、アルカリ性の水では溶けてしまいます。石灰分を多く含むサンゴ砂は水をアルカリ性に傾けるので、多くの水草には向きません。
例えば、日当たり。
部屋の奥側くらいの暗さだと光が足りず弱ってゆきます。多くの水草には日当たりは良い方が向いていますが、直射日光はコケが生えたり水温が上がりすぎたりと水槽としてマイナス面も強いので避けた方が無難です。強い光を嫌う水草もあるので、鉢の置き場所は直射光が入らない窓際などの明るい場所がベターです。
例えば、肥料分。
水草も植物なので肥料分は必要です。光合成では必要な栄養素が摂れません。少量なら魚の糞などが分解されて肥料になりますが、大量にまたは大きく育てたい場合は、魚に害のない水草用の肥料も使います。
例えば、二酸化炭素
植物は、明るい時に二酸化炭素を吸収して光合成をしますので、ある程度の二酸化炭素が必要です。水草が少量なら、飼っている魚の出す二酸化炭素である程度賄えますが、水草が多い場合は昼間だけ人工的に二酸化炭素を添加することも必要です。ちなみに、夜は水草も酸素を吸って呼吸していますが、魚が生きているのなら足りています。

>酸素の出る石?コケ抑制の石?みたいなものを入れればいいんでしょうか?

この手の物は不要です。効果はほぼありません。
それよりも、鉢の置き場所を水草に合わせる事と、鉢の環境にあった水草を選ぶ事が大切です。条件が合わない水草では枯れるのは目に見えています。まずは、マツモや金魚藻(カボンバやアナカリス)など丈夫な水草を入れてみてはいかがでしょうか。
カボンバはアルカリ性や高温に弱いなどちょっと条件にうるさいところがありますが、うまく合えばメダカの産卵場所にもなりぴったりです。アナカリスは兎に角丈夫で、よほどのことがなければ枯れません。30℃を越えるような高温では弱りますが、それ以外は丈夫で増えすぎるて困るくらいです。

水草にもそれぞれ生育しやすい環境というものがあるので、ただ水中にあれば良いという訳ではありません。草花を育てた事があれば、種類に合わせた適切な世話が必要な事はわかると思います。

例えば、水温。
大抵の水草は水温が高すぎると死んでいきます。30℃を越えるようなら、多くの水草は弱ります。
例えば、水が酸性気味かアルカリ気味か。
多くの水草は弱酸性程度の水を好み、アルカリ性の水では溶けてしまいます。石灰分を多く含むサンゴ砂は水をアルカリ性に傾けるので、多くの水草には向きません。
例えば...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング