ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

某研究室で、組織標本を作っています。
固定液として、15%ホルマリン溶液を使用しています。

部屋の中は、常に換気をしていて、空気清浄機がひとつ置いてありますが、
どうも、部屋中にホルマリンの匂いがほのかに漂っているようなんです。
目に刺激があるほどではないので、高濃度ではないと思いますが、
匂いを感じるということは、ホルマリンを分注してある容器から、拡散している
としか思えません。

健康面でも心配ですし、常にマスク(活性炭入り)を装着していたほうがいいでし
ょうか?
この状態が続けば、確実に健康を害しますか?

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

こんにちは.



私の会社では,組織の固定として一般的に10%中性緩衝ホルマリン溶液を用いています.
病理標本の作製等を行う際は,必ずドラフト内で行っていますので,ホルマリンのにおいが部屋に充満することはありません.

そちらの研究室の換気は何で行っていますか?
ホルマリンが存在するからにおいがするわけで,施設環境をもう少し整える必要があるかもしれませんね.

そして,懸念されているとおりこの環境では健康面が心配です.この環境下で長期にわたって作業されていると,慢性的な呼吸器の異常が発現するおそれがあります.
その対策として,私はホルマリンに対して活性炭入りのマスクが有効かどうかちょっと疑問です.一番いいのはドラフトを設置することですが,可能でしょうか.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

小さなドラフト(40×50cmくらいのもの)があって、組織の切り出し等をする際は、その中で作業するようにしています。
ただ、細菌検査などで使うようなクリーンベンチほど、立派なものではありません。
ホルマリンの匂いのない室内で作業ができるのは、うらやましい限りです。

ご意見、参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/28 21:41

健康に対する害は,「よくわからない」という感じだと思いますよ.



ニオイを感じる能力って,ものすごく敏感なんですよね.
ほんのわずかでも感じます.「ほのかににおう」程度ならば,影響は少ないと思います.
ただし,できる限り換気に心がけ,あまり長時間続けて室内にいないようにした方が
いいですね.それと,室内で作業するときは1人は避けること.中毒になったとき,
助ける人がいないと事故が大きくなりますから.

対策ですけど,活性炭入りのマスクは,した方がいいとは思いますが,
気休めでしょうね.根本的な解決にはなっていないので,過信しない方がいいと思います.
かと言って,完全気密性のマスクだとあまりにも煩雑だし,難しいところです.
めまいなどの具体的症状がなければ,活性炭マスクでいいと思います.

健康に対する害についてですが,よく,有機化合物を扱う研究室では,こんなことを言います.
「実験を真面目にやってるヤツ(男性)の家では女の子しか生まれない」
これ,実際によく当たるんですよ.何か,怖いですよね.
もしかしたら,有機薬品の影響があるのかも知れませんが,何とも言えないです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

室内では、わたしの他に、男性が複数名、一緒に作業をしています。
その人たちは、特に、匂いのことは気にならないようです。
わたしが敏感なのかもしれませんが・・・。
でも、確かに、研究室内にいる家庭持ちのお子さんたちは、全員、女の子ばかりです。
何かを感じずにはおれませんね。
少しでも、影響がなくなるように、改善していこうと思います。

ご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/28 21:54

ハウスシック症候群の原因物質ですので、ハウスチャンバー?の利用などで容器からの拡散を防止しないといけないのでは。


自分はよくても他人に迷惑になる可能性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハウスチャンバー?について、検索してみましたが、解答は得れませんでした。
容器の密閉性について、検討してみます。
ご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/28 21:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人体解剖実習で具合悪くて大変です・・・

ご遺体さまにはとても申し訳なく思っています。でも、具合が悪くて、あまり食べ物が食べられないし、体調も崩し気味です。
周りの医学生はみんな平気なようです。こんなふうに具合悪いのは私だけですか?
乗り越えるコツでもあるんでしょうか・・・。

Aベストアンサー

因みに。

解剖実習等での食欲減退、体調不良は、献体保存用のホルマリンの臭いにあてられた場合が殆どです。
ホルマリンは激物ですから、うっかり気化したの吸うと確実にやられちゃいます。

質問者さんも、ホルマリン使ってない「ナマの手術」だったら意外と平気、かも知れません。

Qホルムアルデヒドなどの臭いとは?

アルデヒド系の物質は、粘膜や喉への刺激を持つ特有の臭いがあるとゆうことですが、どんな臭いかかいだことある方いらしたら教えてください。

Aベストアンサー

専門家です。
ホルムアルデヒド以外はアルデヒドに刺激臭はありません。
他のアルデヒドに刺激臭があった場合それはアルデヒドの匂いではありません。
アルデヒドが空気中の酸素によって酸化されて生ずる過酸の匂いです。
アルデヒド自身の匂いはモワッとした香りです。
特にアセトアルデヒドの匂いは二日酔いの人の体臭ですので嗅いだ人も多いと思います。
過酸の匂いは非常に激しい刺激臭です。

Q医学科;解剖実習時の服装

ご存知の方、お願いいたします。

医学科での解剖実習では、白衣は着用すると思うのですが、下半身はどうでしょうか?

また、長靴は、着用の義務があるのでしょうか? 他のシューズでもよいのでしょうか? 色は白以外でも良いのでしょうか?

それから、みんな、マスクや帽子は着用しているでしょうか?

このあたりのことについて、よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

大学によっても違いますが、私の大学の場合、数年前までは上は普通の白衣、下は自由でした。ですから、あまり良い格好ではなく古いズボンなどをはいて、実習が終わったら捨ててしまう人も多かったです。
現在では、ケーシー型の白衣になっていて、上下白衣です。

靴に関しては、メスやニードルなど先端がとがった器具を扱いますので、サンダルは禁止でしたが、長靴とまでは言われませんでした。これも、やはり汚れるのであまり良い靴は履かなかったです。

マスクに関しては、解剖実習室の性能にもよります。
うちの実習室は換気性能がそれほど良くなく、ホルムアルデヒドの吸収缶をつかった防毒マスクを着用しました。(私は購入したのですが着用感が悪く殆ど使いませんでしたが)
帽子は個人で髪の毛に臭いが付きたくない人はつけます。

あとは、ゴム手袋ですかね。ディスポのやつですが、これは結構使います。

Q体に浸み込んだ臭いを消す方法があったら教えて下さい

子供のとき、風呂に入らない生活習慣であったためか、小便臭い臭いが、身体全体の奥深くまで浸み込んでいます。最近は(加齢臭も加わっているためと思いますが)、臭いも強くなっているように感じています。
誰にも相談できず、ずるずるとこの年になってしまいました。

現在は事務系の仕事をしていますが、毎日洗濯したての服を着ても半日で臭いが染み付き、周囲の人にも迷惑かけています。夕方には臭いもきつくなるので、人間関係も必然的に消極的になり、人生の全てに大きなマイナスです
特に、これから発汗量の多い夏にかけては、私にとっても周囲の人にとっても辛い毎日です

気のせいでは決してありません
薬局などで多くの消臭剤、消臭効果のあるボディシャンプーが販売されていますが、どれも一時的な防臭効果しかなく、私の場合、効果がありません。

毎日入浴は欠かさず、体全体を念入りに洗っています(最近は朝もシャワーに必ず入っています)
衣類もほとんどウオッシャブルで、毎日洗濯し2日続けて同じものを着ることはありません。

汚物処理、遺体管理等の仕事をされている方も、体に汚物やホルマリンの臭いが浸み込むという話を、以前聞いたことがあるのですが、このような皮膚の奥深く浸み込んでしまった臭いの成分を科学的(化学的?)に分析し中和する(取り除く)方法はないのでしょうか。

子供のとき、風呂に入らない生活習慣であったためか、小便臭い臭いが、身体全体の奥深くまで浸み込んでいます。最近は(加齢臭も加わっているためと思いますが)、臭いも強くなっているように感じています。
誰にも相談できず、ずるずるとこの年になってしまいました。

現在は事務系の仕事をしていますが、毎日洗濯したての服を着ても半日で臭いが染み付き、周囲の人にも迷惑かけています。夕方には臭いもきつくなるので、人間関係も必然的に消極的になり、人生の全てに大きなマイナスです
特に、これから発...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、mouitido_seisyun さん。
臭いなどに関しては身近な人にもなかなか相談できず、心を痛めてらしたとお察しいたします。
いろいろ探して見てみたのでご参考になさって下さい。

身体に沁み付いたものでも、沁みこむ皮膚はいくらターンオーバーが遅くなっていても、改たに作られる物ですので、外からというより体内の血液が匂うとそれが体臭につながるようです。

確かにめかぶは効果があるようで、毎日召し上がれば、体臭(お口から足裏まで)が改善されるようです。
健康にもいいので毎日パックの物を2~3個召し上がってみたらいかがでしょう。
刺激物や油っぽい物は皮脂腺等を刺激するので香辛料やアルコールと共に控えめにすることも大切です。

また、腸が健全でいないと、ガス等が他から排泄されるので体質に合ったヨーグルト(菌の種類)を試したりして便秘をなくすとか、お小水の出方をお確かめください。

それと、汗も大切な排泄器官ですし、汗をかく生活をしてみるものいいようです。
その場合、表面的に汗をかくのではなく、身体を温める半身浴でじっくり温めるといいですし、脇のにおいも気になるようでしたら、脇に手を当てあたためじっとり汗を出させ、汗腺のお掃除をするとその後の汗は臭いが軽くなるようです。

お風呂にはいらない生活で育った事を、内心お気になさっているのでしたら(ちがったらごめんなさい)、それは関係ないことと思います。

体質的に体臭がきついこともあるでしょうが、それをセックスアピールとしている人種もあると考えると悪い事ばかりではないと思います。
ご自分でも気になされ、清潔にされたりしているのですから引け目に思われることもないですよ。
何に付け、改善しようと努力してる方は素晴らしいと思います。
 
ご自分で気にされる方は、過敏になられている場合もあるので、一度病院にて、”本当に回りでも感知できるくらいの臭い”なのか、”どこかに病気が潜んでいないか”診て頂くのもいいかもしれませんね。
体臭になる循環不全の病気もあるそうですし、
医師はお仕事ですから、冷静に判断して下さるでしょうし、
この先、気にやむ事も無いのではないでしょうか。
サイトでも相談できるようですよ。

誰でも、気にやむ事があると、心から楽しめないですよね・・
少しでも早く、悩みが解決し、心から楽になることをお祈りしております。

  

参考URL:http://www.gomiclinic.com/index.html

はじめまして、mouitido_seisyun さん。
臭いなどに関しては身近な人にもなかなか相談できず、心を痛めてらしたとお察しいたします。
いろいろ探して見てみたのでご参考になさって下さい。

身体に沁み付いたものでも、沁みこむ皮膚はいくらターンオーバーが遅くなっていても、改たに作られる物ですので、外からというより体内の血液が匂うとそれが体臭につながるようです。

確かにめかぶは効果があるようで、毎日召し上がれば、体臭(お口から足裏まで)が改善されるようです。
健康にもいいので毎日パッ...続きを読む

Q医学部の人体解剖に耐えられるかどうか不安です。どうしてもできない人というのはいるのでしょうか?

こんばんは。現在大学4年生(医療系ではない理系学部)ですが、
あるきっかけから、医学を学びたいと強く思うようになりました。
卒業後に医学部に入りなおしたいのですが、
一つ情けない心配事があります。

私は解剖というものに、もともとかなりの苦手意識があり、
血だけに限らず内臓や体内の色々な組織など、
「気持ち悪い」「見たくない」などと思ってしまいます。
実際に見たことはないのですが、例えばテレビの手術のシーンなどは
気分が悪くなりそうで、見ていることができません。

高校時代にはカエルの解剖写真を見ることすらできませんでしたが、
以前ラットの解剖だけはしたことがあります。
そのときは、はじめはかなり抵抗がありましたが少し慣れました。

しかし、ラットなどの小動物と、人体とでは
わけが違うのではないかとも思うのです。
ラットが大丈夫だったからといって、
人体の解剖に耐えられる(慣れる)だろうか?と、心配です。

医学部の人体解剖は、ほとんどの人が徐々に慣れていくと聞きますが、
どうしても慣れない人、気分が悪くなってしまってできない人
というのは、少ないながらもやはりいるのでしょうか?

医学部では人体解剖を必ず行うと思うので、
上記の点について、教えてください。
よろしくお願いします。

こんばんは。現在大学4年生(医療系ではない理系学部)ですが、
あるきっかけから、医学を学びたいと強く思うようになりました。
卒業後に医学部に入りなおしたいのですが、
一つ情けない心配事があります。

私は解剖というものに、もともとかなりの苦手意識があり、
血だけに限らず内臓や体内の色々な組織など、
「気持ち悪い」「見たくない」などと思ってしまいます。
実際に見たことはないのですが、例えばテレビの手術のシーンなどは
気分が悪くなりそうで、見ていることができません。

高校時...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして.心臓血管外科医をしています.僕自身,農学部を出て外科医を目指して再受験しました.ぜひがんばってみて下さい.さて,人体その他で気分が悪くなるとのことです.実際に解剖実習に至るまでには1~2年の期間長い講義など慣れるのに十分な時間があると思います.また医師になりたいとの決意を秘められて苦労をされようと言うのですから,いくらでも慣れる方法はあると思います.要はプロ意識と言うか,たとえ学生でも主体性を持って活動すればよいと思います.たとえば解剖学や外科の先生と仲良くなって実際に一足早くいろいろと経験させてもらうとか,最初どんなに気分が悪くなろうとも必ず慣れます.貴重なご遺体で学ばせていただくと言う意識も芽生えますし,何も今から心配することは何もありません.僕たちの解剖実習では一班5人程度で和気あいあいと学びましたので気分が悪いなどということは一度もありませんでした.他の班やその他の学年でも解剖実習で脱落したなどといったことは一度も聞いたことはありません.もし解剖実習でたとえどんなにあなたが気分が悪くなって吐いたとしても,誰も傷つかないし,誰の命も危険にはさらされません.なんでもないことです.医師になる上ではもっとほかに重要で考えるべきことがいっぱいあります.何も考えず突き進んで下さい.ちなみに僕も高校の保健の授業のビデオで人が怪我をして苦しむ場面を見て,クラスでただひとり気分が悪くなって退室した苦い思い出があります.参考までに.

はじめまして.心臓血管外科医をしています.僕自身,農学部を出て外科医を目指して再受験しました.ぜひがんばってみて下さい.さて,人体その他で気分が悪くなるとのことです.実際に解剖実習に至るまでには1~2年の期間長い講義など慣れるのに十分な時間があると思います.また医師になりたいとの決意を秘められて苦労をされようと言うのですから,いくらでも慣れる方法はあると思います.要はプロ意識と言うか,たとえ学生でも主体性を持って活動すればよいと思います.たとえば解剖学や外科の先生と仲良くな...続きを読む

Q献体 (死後自分の遺体を解剖学の実習のために提供すること。) について、教えて下さい。

献体 (死後自分の遺体を解剖学の実習のために提供すること。) について、教えて下さい。


☆はじめに☆  賛否両論あるとは思いますが、ここでは賛否両論の質問ではありません。


献体の登録を生前から希望している身内がおります。やはり家族は反対なのですが、本人は、とても強い希望があります。

現在、そのご本人様は、インターネットを使っていないことと、当方、長女の配偶者という立場ですからか、

「『献体』 について、いろいろと調べて欲しい。」 と、頼まれております。


私自身は、今まで、献体 について詳しく調べたこともないため、どこまで有益な情報が集められるか心配です。


そこで皆様のお力をお借りしたいのですが、

何でも構いません。

どうか、“献体” について、前向きなお話をお聞かせ頂けないでしょうか?


例えば、登録なら、こちらの病院がお勧めだよとか、こういう方法が社会に最も貢献できるよとか、 そういう情報も とてもありがたいです。

具体的な登録方法とか、または、献体 についてのホームページなどのURLをお教え頂けますと、ありがたいです。



また、

例えば、臓器提供の登録などと比べて、社会への貢献度など、どういった違いなどがあるのでしょうか?


宜しくお願い致します。

献体 (死後自分の遺体を解剖学の実習のために提供すること。) について、教えて下さい。


☆はじめに☆  賛否両論あるとは思いますが、ここでは賛否両論の質問ではありません。


献体の登録を生前から希望している身内がおります。やはり家族は反対なのですが、本人は、とても強い希望があります。

現在、そのご本人様は、インターネットを使っていないことと、当方、長女の配偶者という立場ですからか、

「『献体』 について、いろいろと調べて欲しい。」 と、頼まれております。


私自身...続きを読む

Aベストアンサー

ご遺族のお気持ちとのことでしたが、ご参考になるかわかりませんが・・・
私は現在、医師として働いておりますが、10数年前に献体を通じ勉強をさせていただきました。
当時、6人でお一人を担当させていただき、3ヶ月にわたり人体について学びました。
確か、教養課程が終了後にすぐ始まるカリキュラムでしたから、医療の現場に足を踏み入れた実感を初めて感じる場でもあり、生命の尊厳について真剣に向き合える貴重な時間でもありました。
礼を尽くすのはもちろんですが、実習前の黙祷から始まり、グローブを使用することは許されず、必ず素手で扱いました。
すべての過程が終了した後、荼毘に付し慰霊祭を執り行います。大学講堂の壇上に献体された方たちの慰霊を祀り、左側にご遺族の方々、右側に大学幹部たちが座り、粛々と進められました。
佳境に入り、学生の代表が謝辞を述べているときでした。遺影を見つめこちらに一瞥もしないご遺族方の姿を見て私はハッとしました。
献体を通じ医学に貢献されようと崇高なお考えの下にご自分の体を提供されたご本人のお気持ちには頭が下がります。私達もそのお気持ちに恥じぬよう精一杯、学ばせていただきました。しかし、ご遺族のお気持ちはどうだったのだろう・・・・
恥ずかしながら、私はそのとき初めてそこに考えが及び、自分達の不明を恥じました。
同時に、献体されたご本人とご遺族のお考えとは明らかに隔たりがあり、未だその事実に釈然とされていない方が多いのではないのだろうか?とも思いました。
ご生前にどういった話し合いがもたれたかは知る由もありませんが、いくらご本人の意思とはいえ、親族を失い、献体を受けた事実をなかなか受け入れられないという印象でした。
これらは客観的な事実のほかに私の主観が勝手に入ってしまっていますが、少しでもご参考になればと思い投稿させていただきました。

ご遺族のお気持ちとのことでしたが、ご参考になるかわかりませんが・・・
私は現在、医師として働いておりますが、10数年前に献体を通じ勉強をさせていただきました。
当時、6人でお一人を担当させていただき、3ヶ月にわたり人体について学びました。
確か、教養課程が終了後にすぐ始まるカリキュラムでしたから、医療の現場に足を踏み入れた実感を初めて感じる場でもあり、生命の尊厳について真剣に向き合える貴重な時間でもありました。
礼を尽くすのはもちろんですが、実習前の黙祷から始まり、グロー...続きを読む


人気Q&Aランキング