人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

抽象的な質問ですみません。

日本人がアメリカで働いて住むことと、アメリカ人が日本で働いて住むことは、どちらが難しく大変でしょうか?

※どちらも日常会話程度、簡単な読み書きしかできないとします。

アメリカといっても地域や人種にもより…抽象的な質問ですみませんが、経験談などあれば教えて頂けますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

アメリカの会社に転職してアメリカで働いている日本人です。


その前は日本の会社で働いていました。

ほぼ同じ職歴とスキルがあるアメリカ人と日本人がいるとして考えた場合。日本人がアメリカで働く方が圧倒的に快適で、仕事のチャンスも多いと思います。

私の場合だと、アメリカに来た当初はほとんど英語も出来ず、ESLで勉強しました。今でも英語は流暢とはいえません。それれでもアメリカの会社は受け入れてくれて、快適に職場で仕事が出来ます。日本にいたときもアメリカででもほぼ同じ仕事をしていますが、収入は2倍ぐらいに増えています。
アメリカという国は移民で成り立っている多民族国家なので外国人という概念があまりありません。実力があれば誰でも実力相応に受け入れます。

私と同じような仕事を日本でしているアメリカ人に会ったことがあります、やはり人間関係が難しいと言っていました。
その人の場合、学生時代から日本に憧れていて、日本語を勉強して日本に渡って日本の会社で働いています。普通の日本人より綺麗な日本語を使う人です。
それでも日本の会社には溶けこめない様でした。

私の経験でも、日本で働くのは本来の仕事以外の部分でかなりのエネルギーを使いました。
アメリカでは、仕事さえ出来れば、あとは気楽に過ごせます。

アメリカに住んでいて英語の出来ない人はたくさんいます、みなさんそれなりに楽しく暮らしています。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。

実際に住んでられる方のご意見、参考になります。日本人がアメリカで働く方が、圧倒的に快適…とは驚きました。

人間関係に関しては、本当に仕事よりもエネルギーを使いますよね。

お礼日時:2009/07/04 18:58

どちらも、永住権にあたるものがないとします。


> 日本人がアメリカで働いて住むことと、
まず、ビザがおりません。
あと税金も高いですね。 会社で入ってくれない場合、健康保険なんて、個人で入る観念がないので、高いです。

>アメリカ人が日本で働いて住むことは
某英語教室のように、学歴の高くない人でも、ビザがおります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ビザや税金の問題もあるんですね。日本人が、アメリカに働いて住むということは、容易いことではないんですね。

お礼日時:2009/07/04 18:52

どちらも、同じぐらい、難しいです。


言葉が流暢だとしても、その国資本の企業で働こうとすると「外国人」だというだけで待遇が大きく違います。
アメリカで仕事を探したことがありますが、日本で現在している仕事と同じような内容でも、日本人向けの求人に書かれている報酬は現在の3分の1ぐらいのものしかありませんでした。物価は今住んでいるところの3倍ぐらい高い地域なのに・・・「足元を見られている」と思いました。
日本で楽に働いて稼いで、外国へは時々旅行で行くのが一番です。
自分で事業をしている人だと仕事は持てる(働けている)ことになりますが、快適に住めるだけの収入を得るのはとても、とても大変なことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

外国は旅行で行くのが一番…そうですね。私は東京ですら、遊びで行くのが一番と思っているくらいなんで、外国は尚更そうかもしれませんね。

お礼日時:2009/07/04 18:50

日本のビジネスであっても、‘日常会話’程度では到底やっていけませんよ。

開発なら開発、営業なら営業ならではの専門技能・知識や語学力、あるいは礼儀や細かな一般常識・・・諸々が備わってなければ、到底やってはいけないでしょう。それはどこの国も同じだと思います。

途上国の人が先進国に稼ぎにいくのとは訳が違い、米国人・日本人が海外で働くケースというのは、大抵あるレベルの高い能力(技能・知識など)があって、それを先方で生かすという目的から始まっていると思います。
その上でまず問題になってくるのが語学力かと思いますが、語学力が本国の人と同レベルでなければ仕事が成り立たないのであれば、国内でも通用する高い能力を持ちながらわざわざ海外で働く理由なんてないでしょう。言葉の不自由さをある程度カバー出来るくらいの仕事能力があると判断しているからこそなのではないでしょうか。
実際、日本の企業に就職している外国人を知っていますが、彼等は決して日本語が流暢な人ばかりとは言えないです。大抵「言葉の不自由さ」以上の専門能力や社交性や努力等で勝負していますね。


米国は日本以上の競争社会・・・確かにそうでしょうが、裏を返せば「力さえあれば残れる」という事であり、米国に働きにいくような日本人はその点ではある程度クリア出来ている(と判断している)人達なのではないでしょうか。そもそも何か始めるにしても慎重なのが日本人ですから・・。
そういう意味では、日本に働きにくる米国人も同じかもしれませんね。日本で働く米国人というのは、本国からしてみれば圧倒的にマイノリティでしょうから、相当な「選ばれた人(目的がある人)」であるはずです。


そういう事も踏まえて。慣れない海外で働くあるいは暮らすとなった時に、結局のところ「忍耐強さや協調性」が大きな鍵になってくるのではないかな、と思った次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

海外で生活するには、様々な能力を備えていないと難しいですね。

お礼日時:2009/07/04 18:47

一般論として、アメリカ人が日本で働いて住むことの方が、困難。


そう思う大きな理由としては、
・語学としての難易度は、日本語>英語
・日本人の方が忍耐強く協調性がある
この2つ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

アメリカは競争社会だから、日本人がアメリカで働く場合、日常会話程度では話にならないと聞いたことがありますが…実際はどうなんでしょうか?

お礼日時:2009/07/03 20:29

そりゃぁアメリカ人が日本に来て働く方が楽だよね


日本人というのはアメリカ(英語)気触れが多いから、いくらでも働き口があるよね
私生活にしても、日本人というのはどうもアメリカ人に会わせる人が多いからその辺も楽じゃないか?

アメリカに居る日本人で英語が話せない人は限りなく少ないが、日本に居て日本語が話せないアメリカ人はその逆である

要は日本語を覚える必要性があまり無いということ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。日本は外国人に優しい国なんですね。

お礼日時:2009/07/03 19:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qできるだけ安くアメリカに1~2年滞在する方法

できるだけ安くアメリカに1~2年滞在する方法

仕事をやめて、1~2年、アメリカに住もうかと思っています。
トイックは600点程度で、アメリカに行くまでにもっとあげておこうと思います。

できるだけ安くアメリカで過ごすには、どんな方法があるのでしょうか。
留学は特に考えていません。

どんな生活の仕方があるのか、どんな働き方があるのか、
体験談などもあれば、あわせて教えてください。

アメリカの生活を肌で感じてみたい、英語の生活がしてみたい、英語力をあげたい、
それ以上の目的は特にありません。

Aベストアンサー

アメリカで働くには、就労ビザが必要です。
これは、日本から就職先を見つけて、雇用先にビザのスポンサーになって貰い、日本にある米国大使館でビザを取得してから渡米しなければなりません。
そんなに簡単な話ではないのですよ。

一般的なH-1bビザは、大卒以上の専門職で、大学の専攻と職種が一致していることという条件があります。
ビザ取得費用に3000~6000ドル必要になります(普通は自分持ち)。
TOEIC600点程度で数年住みたいという人では、何か特殊技能がない限り、スポンサーになってくれる企業はないでしょう。
ちなみに、高卒・専門卒の寿司職人や美容師ではビザは出ません。

学歴・職歴が足りない人用に1年半のJ-1研修ビザというのもありますが、これも日本から、自分で研修先を見つけるか、留学業者に研修先を見つけて貰う必要があります。
ビザ取得費用は50~100万円。
研修なので、収入は手取りで月500~1500ドル程度。確実に足が出ます。

最も簡単に取れるビザは、留学生用のF-1ビザです。
しかし、アメリカの学生ビザは管理が厳しく、学校を途中で辞めてしまったり、出席率が80%を切ったりすると除籍されて、すぐに違法滞在になってしまいます。
学生ビザでのバイトは原則禁止で、学内のみ週20時間に限定されています。
また、ビザ申請時に働かずに暮らせるだけの銀行の残高証明書が必要です。

他には方法はありません。
ビザ免除では、90日しか滞在できませんし、バイト程度でも働くのは違法です。
また、90日を過ぎて滞在すると、自動的に違法滞在歴がつき、アメリカに二度と入国できなくなります。

アメリカは厳しいので、ワーキングホリデービザのあるカナダやオセアニアへ行かれることをお勧めします。
ワーホリならばバイトが許されてますから、100~150万円あれば1年滞在できるでしょう。
ただし、20代限定です。

就労ビザやワーホリは以下のサイトを参照してください。
http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/

アメリカで働くには、就労ビザが必要です。
これは、日本から就職先を見つけて、雇用先にビザのスポンサーになって貰い、日本にある米国大使館でビザを取得してから渡米しなければなりません。
そんなに簡単な話ではないのですよ。

一般的なH-1bビザは、大卒以上の専門職で、大学の専攻と職種が一致していることという条件があります。
ビザ取得費用に3000~6000ドル必要になります(普通は自分持ち)。
TOEIC600点程度で数年住みたいという人では、何か特殊技能がない限り、スポンサーになってくれる企業...続きを読む

Qアメリカ人の日本で仕事について

アメリカ人男性が日本で働きたいのですが、大学卒業でなければ仕事を探すのは難しいのでしょうか?

彼は、大学を卒業していません。又、資格もありません。

英会話教師と働くことができたとしても、アルバイトしかありませんでしょうか?

その他、正社員として働ける仕事はありますでしょうか?

日本で働くために、仕事に就きやすい資格などありますでしょうか?(教員免許など)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご友人が日本で働くのは不可能です。

日本には労働ビザや就労ビザと呼ばれるものはありません。
外国人が働くには、就労のできる「在留資格」を得る必要があります。
ビザと在留資格は違うものですが、世間一般では便宜上、在留資格の
ことをビザと呼ぶことが多いです。
http://tokyo-foreigner.jsite.mhlw.go.jp/tenshokusha/nihon_hataraku_gaikokujin/spec_1a/reside.html

例えば、民間の会社で働きたい場合は「技術」か「人文知識・国際業務」の
どちらかがほとんどです(社内転勤を除く)。
「技術」は理系、「人文~」は文系の仕事だと思ってください。
民間の語学学校の講師は後者になります。「教育」は中学や高校などです。
就労系の資格は「雇用先または受け入れ先」が決まってから申請です。
よく「就労ビザを取って仕事を探す」という考えがありますが、間違いです。
雇用先が決まり、その人物がその職に就くにふさわしい条件をクリアしているかを
審査され、許可がおります。「条件」は学歴、職歴、資格です。
「技術」「人文~」「教育」は基本的に大卒以上です。
またはそれに代わる、十分な職歴です。証明が必要です。
ですから、ご友人は日本で就労ができません。

>英会話教師と働くことができたとしても

こういった質問や相談は多いですね。
いつも思うのですが、学歴なし、経験もなし、自分で調べもしない人が、
どうして海外で、人にものを教える仕事に簡単に就けると思うのでしょうか。
ついでに、どうして正社員で安定した収入と待遇を当然に求めるのでしょう。
日本人で大卒でもなく、長くひとつの職種についていたわけでもなく、
特別な技術や知識をもたない人は、海外どころか日本でもよい待遇の仕事に
就くことは大変なのでは。
海外の教員免許は日本では意味を持ちません。日本の教員免許は
日本の大学に入って実習もして、試験に受からなければなりません。
簡単に取れるものではありません。

ところで、語学講師だと大卒ではないネイティブ・スピーカーは日本に
たくさんいます。それらの方々は日本人の配偶者としての立場で
入国しています。日本人の配偶者等という、いわゆる結婚ビザは
就労の制限がありません。アルバイトも自由です。
ですから昨今では外国人には大人気の就労ビザです。
どうしても日本で、とおっしゃるのなら、日本人と結婚すればいいです。
就職活動は自由です。良い待遇の仕事に就けるかどうかは、その方が
何ができるかによります。
本気だったら母国で大学を卒業する、あるいは日本の大学に留学して
しっかり学んで就職活動する、ですよ。
短期滞在(観光ビザ)での就労は禁止されています。
日本での滞在期間ギリギリまでいて、近隣諸国へ出国→再来日を
繰り返すと、アメリカ人でも入国できなくなると思いますよ。
昔はそうやって就労する外国人がいたようですが、今は無理でしょう。

ご友人が日本で働くのは不可能です。

日本には労働ビザや就労ビザと呼ばれるものはありません。
外国人が働くには、就労のできる「在留資格」を得る必要があります。
ビザと在留資格は違うものですが、世間一般では便宜上、在留資格の
ことをビザと呼ぶことが多いです。
http://tokyo-foreigner.jsite.mhlw.go.jp/tenshokusha/nihon_hataraku_gaikokujin/spec_1a/reside.html

例えば、民間の会社で働きたい場合は「技術」か「人文知識・国際業務」の
どちらかがほとんどです(社内転勤を除く)。
「技術」は理系...続きを読む

Q日本人がアメリカで一番住みやすい州

将来アメリカに住みたいです!なので現在アメリカの中で日本人が一番住みやすい州はどこですか?

条件
1.安全
2.差別が少ない
3.都市部に近い
4.ちょっと日本語が通じる

出来る限り上記の条件に合ってる州を教えてくださいm(_ _)m


またアメリカのことも教えていただけたら助かります!

Aベストアンサー

「州」でくくっちゃうのは乱暴すぎます。
一番馴染みのあるであろうカリフォルニア州だって、SF、LA、SDによってかなり違いますし、LAの日本人街なら日本とほぼ同じように生活できますが数百メートル(というか道一本)移動すれば暴行・強姦・殺人など何が合ってもおかしくない地域です(いまはだいぶ良くなったらしいけど)。
また差別はどこに行ったって避けられませんし、「安全」と言い切れる場所もほとんどありません。
そのあたりを充分覚悟する必要があります。

個人的に(すんだことは無いですが)居心地よさそうだったのは、LA郊外のサウザンドオークスとかシミバレーあたり、グレンでールからパサデナあたり、サンディエゴの北部、モントレーからサリナスあたり、SFの対岸(北側、東側)、アルバカーキ、サンタフェ、フィラデルフィア。シアトルやボストンも悪くないんですが、寒いのが苦手なので。。。。
ただし個人の感じ方にもよりますし、危険地区と隣接していることもあります。(上にあげた場所でも他人によっては「あんな危険な場所!」という人もいるかもしれません)

また場所は調べにくいですが、日系企業が進出している地域なら比較的生活しやすいという印象はあります。

>またアメリカのことも教えていただけたら助かります!

とりあえずビザの件を調べることと英語の習得が最優先事項ですかね。
アメリカのテレビドラマ(ホームドラマ)なんかを観るのも良いかもしれません。

「州」でくくっちゃうのは乱暴すぎます。
一番馴染みのあるであろうカリフォルニア州だって、SF、LA、SDによってかなり違いますし、LAの日本人街なら日本とほぼ同じように生活できますが数百メートル(というか道一本)移動すれば暴行・強姦・殺人など何が合ってもおかしくない地域です(いまはだいぶ良くなったらしいけど)。
また差別はどこに行ったって避けられませんし、「安全」と言い切れる場所もほとんどありません。
そのあたりを充分覚悟する必要があります。

個人的に(すんだことは無いですが)居心地...続きを読む

Qアメリカでビザがおりる仕事はなんですか?

アメリカで、自分で生計を立てながら暮らしたいと考えています。

しかし問題になるのは就労ビザだと思います。

どのような仕事なら、就くことができるでしょうか。思いついたのは日本語教師の仕事なのですが。
その他にありますか、おしえてください。

よろしくお願いいたします。


25歳 男性

Aベストアンサー

H-1Bは6年の短期就労ビザで、専門職に従事する外国人に発給されますが、「学士号以上を持ち、大学で専攻した専門知識・技術を必要とする分野で働くこと」という厳しい条件があります。

高卒の場合、実務経験3年で大学教育1年に換算する項目があるので、IT技術者などならば12年以上の経験があれば有資格者となりますが、現状では認めて貰うのはかなり難しいです。

Hビザの申請は、雇用者ではなく雇用主が行いますので、まずビザ・サポートを引き受けてくれる就職先を見つける必要があります。雇用主は、給与額や労働条件を明記した労働条件申請書を労働省へ提出して認可を受け、その後、移民局に必要書類を提出してビザの申請を行います。H1-B申請には、雇用者が2000~4000ドルの弁護士費用を払うのが一般的です。

ただし、今年の分のH1-Bビザは定員に達して締め切られてしまいました(大学院卒用の枠はまだ少し残っています)。来年分の申し込みは2006年4月から、実際に働けるのは2006年10月からになります。

就労ビザは、申請者の学歴と職歴、米国で不足していて外国人をわざわざ雇う必然性などの諸条件を移民局が個別に審査するため、「絶対に取得できる」と言えないんです。

比較的取得しやすいのは、大学院卒の専門職全般、大卒ならエンジニア、IT技術者、バイオ、金融などです。もちろん、殆どの職種でビジネスレベルの英語は不可欠です。
日本の看護師は州の資格試験と英語テストにパスするのが大変だそうです。

残念ながら、日本経済の沈下で、日本語教師の需要は余りありません。日本で学位を持ち日本語教師資格試験に通っていたとしても、ビザ・サポートをしてくれる就職先を見つけるのは絶望的です。

他の方法としては…
・最も簡単な方法は、アメリカ人と結婚することです。
・アメリカで投資額5000万円以上のビジネスを起業すれば、Eビザが取得できます。
・世界的に有名なアーティストや運動選手、僧侶や牧師、および茶道などの先生、宮大工、柔道や剣道の高有段者など特殊技能者には別のビザがあります。
・「J-1ビザでインターンして海外就職」と宣伝する業者がありますが、移民局の締め付けが厳しくなって、Jビザ取得はかなり困難です。
・たとえば、アメリカに支店を持つ日本の寿司屋で5年くらい修行し、L-1ビザで派遣して貰うという方法があります。
・体力に自信があれば、米軍隊に入隊するというのもありますけどね(笑)。

結局は、H1-Bビザが最も簡単に就労できる道ですが、とにかく就職活動して、ビザ・サポートしてくれる会社を自力で見つけるしか方法はありません。
参考サイトに日系人材バンクのリンクがありますので、どんな仕事があるかを見てください。

厳しいようですが、現在のアメリカがビザを出してまで欲しい人材は「国に貢献できる専門職」であり、高卒や短大卒は門前払いです。観光ガイドや店員など、誰でもできる仕事で就労ビザを取ることはできません。

テロ以降、アメリカの入国は非常に厳しくなっており、「アメリカは自由の国」というのは今ではお題目なんですよ。

参考URL:http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/travel1.html

H-1Bは6年の短期就労ビザで、専門職に従事する外国人に発給されますが、「学士号以上を持ち、大学で専攻した専門知識・技術を必要とする分野で働くこと」という厳しい条件があります。

高卒の場合、実務経験3年で大学教育1年に換算する項目があるので、IT技術者などならば12年以上の経験があれば有資格者となりますが、現状では認めて貰うのはかなり難しいです。

Hビザの申請は、雇用者ではなく雇用主が行いますので、まずビザ・サポートを引き受けてくれる就職先を見つける必要があります。雇用主は、給与...続きを読む

Q戦争に行かなくて済んだ人達って?

昭和10年代後半、大学生でさえ召集されたあの時代に五体満足で健康な20~30代の男子で
戦争に行かなくて済んだのはどんな人達なんでしょうか?
わざと徴兵回避して村八分になった人達を除いて召集されなくても
堂々としていられた人達の場合です

Aベストアンサー

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年度に作成し、予め警察署に保管、動員令が下令されると発行するものです。
 また、中央とは別に、その地区を管轄とする師団から、戦死、戦傷、戦病などの要員で人員の不足があった場合、管轄地域で召集令状を発行しました。
 これを、臨時召集令状と言い、師団毎に随時作成されています。
 比率から言えば、日中戦争勃発後、後者の令状が多く発行されています。

 この発行の基礎資料になったのが、各市町村役場の兵事課から提出された在郷軍人名簿です。
 これには軍隊の経歴、召集回数、健康程度、家族関係、思想関係、治癒見込(病気の場合)などが記述され、このほか体格等位に徴兵検査の結果を記入、役種に兵役種類が記入され、更に特・分業、特有の技能が記入されています。

 充員召集令状を発行する場合、特・分業、特有の技能に注目し、中央が作成した動員計画の必要技能召集する部隊の練度、任務の軽重なども勘案して、召集を決定します。
 他に、体格等位、健康程度などを重視して必要兵を抽出していきます。
 海軍の場合は、更に思想関係も重要視されたようです。

 さて、召集記録の欄の末尾に「召集延期者」略して「召延」という朱印が押されると、召集対象外となり、召集令状は来ることがありませんでした。
 これには甲、乙と二つの区分があり、甲は絶対召集しない人、乙は人がいない時に初めて召集対象となる人です。
 この召集延期の制度は昭和2年から開始され、制度が年ごとに拡大していっています。
 ちなみに、この規定は、陸軍動員計画令(永年動員計画令)に記載されたものです。

 例えば、1943年当時の戦時召集延期者は以下の通りです。

1.侍従、侍医、東宮傅育官、皇宮警察官吏、皇宮警察部消防夫
2.陸海軍部隊に在職し余人を以て代うべからざる者、及び特種の雇用人、工員にして必要欠くべからざる者
3.鉄道又は通信業務に従事し、必要欠くべからざる者(一般国民対象)
4.船舶(50t以上のもの)乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
5.民間航空乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
6.国土防衛に直接関与する業務に従事し必要欠くべからざる者
7.陸軍大臣の指定する工場又は事業上に従事し必要欠くべからざる者(一般国民対象)
8.都道府県、地方事務所、警察署、市区町村の官公吏にして兵事事務を主管する者各一名(一般国民対象)
9.帝国外の地に於いて執務を執行する帝国官吏中、必要なる者、並びに外地最高司令官、朝鮮台湾軍管区司令官
10.帝国議会の議員
11.国民学校教員中必要なる者(一般国民対象)
12.上記の外、国歌総力戦遂行の為に緊要なる業務に従事する者にして、必要欠くべからざる者

 つまり、一般人は輸送、通信関係の職員、陸軍大臣指定工場技術者、兵事係などの召集業務担当者が全面的に免れ、教師も一部が召集対象から外れています。
 また工場の熟練労働者も対象となっています。
 但し、工場などに於いてその選出は各工場に任されていた為、工場幹部の親戚が事務屋として入っていて、召集延期者として選出させた事例もあります。
 この場合は、発覚すると即座に召集されるようになっていました。

 1944年からは、臨時召集延期制度が始まります。
これは、航空機工場、特に重点機種(疾風とか飛燕とか言った戦闘機、飛龍などの爆撃機)の生産従事者は全員この対象となって、召集を延期されています。
 また、これ以外の航空機生産従事者、交通関係従事者、鉱山技師、炭坑夫、造船関係従事者、特攻兵器製造従事者は、例え徴兵検査で入営することが決まっていても、一定期間その入営を延期する「入営延期制度」対象者となっています。
 この制度も1944年から開始されています。

 これより先、1943年3月からは、既に入営した人で、軍需生産に必要な人でなおかつ、「軍の統率、団結、軍の士気上差支えなき範囲内に於いて」召集解除し、職場に復帰させると言う「特別召集解除制度」がありました。

 また、本土の食糧不足が深刻化していた1945年には、根刮ぎ動員があった反面、「召集要考慮制度」というもので、軍需生産だけでなく、農林水産業従事者も対象にしています。

 これらの総数がどれくらいあったかと言うと、召集延期制度が、1941年には10万人程度だったのが、1945年には85万人、臨時召集延期制度は不明、入営延期制度は、1944年で20万人、1945年で6万人、特別召集解除制度は1943~45年で4。3万人、召集要考慮制度は160万人が対象となっています。
 戦時中の在郷軍人数は約500万人、召集要考慮制度を除くと、総数で115万人以上に上っています。
 また、充員召集計画で召集令状を発行されていたのに、その充員召集計画自体が取りやめとなった為、結果的に召集されなかった人も多かったようです。(眠い人 ◆gQikaJHtf2)

うちの母方の祖父。福井出身で戦争当時大阪にいた。
薬剤師だったので徴兵されずに済んでいた。(戦局が悪くなっても製薬する人が内地に必要だったので)

 休みの度に薬をたくさん持って福井に帰り、薬を配って換わりに越前米をもらう。
 ↓
 福井から船でまだ稲作技術が発達していない北海道へ渡る。
 ↓
 米を売ってお金に換えて大阪に戻る。

と、いうのを延々とやっていたそうです。(生活板)

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年...続きを読む

Q日本とアメリカどっちの国民が幸せ?

 何でもかんでもアメリカが良いように言われておりますが?
アメリカの暴動、銃社会、戦争、学費、生活保護、医療どれを見ても日本の方が優れているように私は思いますが。
 アメリカの優れているところは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

>何でもかんでもアメリカが良いように言われておりますが?
いつの時代の話ですか。少なくとも21世紀になってからは「アメリカが日本より良い」という人はずいぶん少なくなっています。

で、日本と比べるならアメリカは住みやすい国ではありません。ごく少数、たとえばノーベル賞受賞した中村教授など、感覚や才能が日本人離れした人にのみ住みやすいのがアメリカです。

一般の日本人からみて(たぶん諸外国人から見ても)経済レベルや便利さ、安全性・健全性・銃犯罪の少なさなど、日本のほうがアメリカよりも間違いなく住みやすいといえます。

ただ、世界的にみたときに、独裁者の圧制に苦しんでいる人々や民族紛争で難民になった人々などは、移民として違うルーツを持っていても、宗教が独自でも、懐広く受け入れるアメリカはものすごく魅力的に写るでしょう。しかし、それは日本人の視点ではありません。

また、英語も習得するのは結構大変です。特にヨーロッパ諸語の中で英語だけがスペルと発音に法則性が薄く、習得に時間がかかります。アメリカでは日本の漢字検定同様、スペリング大会などがありますので、英語の習得が感じよりも楽である、というのは眉唾物です。なにより日本は18世紀ぐらいから欧米よりも識字率が高かったのです。

日本とアメリカと比べて、アメリカが優れているのは「誰でも受け入れる」ということに尽きます。残念ながら黒人差別などの問題は残っていますが、それでも政府の過ちに対して、一般市民が抗議するという健全性があります。

日本はそもそも「誰でも受け入れる」というわけではありませんので、基本的にはそういう問題すら起きませんが、ここ数年のヘイトコリア問題など、一定の水準を超えると軋轢が生じます。実際には群馬の太田市や静岡の浜松市など、出稼ぎ外国人と摩擦が起きたコミュニティはいっぱいあります。
この点についてだけは、市民が「アメリカ建国の理想」を持っているため、どこの移民でも比較的受け入れられるのがアメリカの唯一いいところでしょう。

日本から見て、それよりアメリカがいいところなんてほとんどありませんよ。

最低賃金は日本より高い、といいますが、レストランの給仕係はチップ込みでの最低賃金で非常に不安定です。医療保障は最悪です。アメリカの中西部にはトレーラーハウスに住んでいる貧困層がたくさん居ますし、都市にはスラムがあります。また、これを生み出しているそもそもの経済的格差がものすごく大きいのがアメリカ社会であるといえます。アメリカは所得上位1%が7割以上の富を所有しているような国です。

日本の場合、貧困率はそれなりにありますが、スラムやトレーラーハウスのような劣悪な住環境というのはあまりありません。
だんだん
衣食住という一般的な質に関しては、間違いなく日本のほうが優れています。

>何でもかんでもアメリカが良いように言われておりますが?
いつの時代の話ですか。少なくとも21世紀になってからは「アメリカが日本より良い」という人はずいぶん少なくなっています。

で、日本と比べるならアメリカは住みやすい国ではありません。ごく少数、たとえばノーベル賞受賞した中村教授など、感覚や才能が日本人離れした人にのみ住みやすいのがアメリカです。

一般の日本人からみて(たぶん諸外国人から見ても)経済レベルや便利さ、安全性・健全性・銃犯罪の少なさなど、日本のほうがアメリカよりも...続きを読む

Qアメリカで役立つかもしれない資格?

こんにちは。
私は大学卒業後、結婚して永住権を取りアメリカに住む予定なのですが、向こうの生活に慣れたら働きたいと思っています。ですが私の英語は全く完璧ではなく、向こうで働くと言っても最初のうちは日本食レストランくらいだろうと思っています。
そこで質問なのですが、アメリカで仕事を得るのに日本の資格は役に立たないというのはわかっていますが、それでも大学生活を無駄にしたくないので向こうで少しでも役に立つ可能性があるかもしれない資格等があれば是非とっておきたいのです。ちなみに教職や司書課程を取ろうか迷っている所です。これらの資格を取ったからといってアメリカで教師になれる訳がないと言うのは十分承知ですが、それでも何かあった時もしかしたら役に立つかも、という思いが頭の片隅にあります。
他にはパソコンに関する資格など・・・もちろん英語はたくさん勉強するつもりです。
資格やアメリカでの仕事に関して無知で本当にお恥ずかしい限りなのですが、アドバイスや知識など是非教えていただきたいです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカで通用する資格というのなら、
やはりアメリカの大学や専門学校でとるのが一番いいでしょう。
アメリカは資格よりも先に経験が重視されるため、
資格があっても容易には就職できません。

私のアメリカ人の知り合いも、
英語教師(向こうで言う国語)の資格を取りましたが、
年齢が若く経験もないため、就職口がないとこぼしておりました。
彼は最初は実家から通って臨時の代用教員をしつつ学校の面接を受け、
先ごろ正規の教師に就任しました。

日本で取る資格で、もしかしたら役に立つ、
というのは皆無といっていいかもしれません。

アメリカには超廉価で資格を取得することのできる
アダルトスクールなどがありますので、
まず大学在学中は「実践」英語を身につけることを主眼とし、
資格についてはあまり考えないほうがいいでしょう。
日本での資格取得にお金を費やすより、永住を希望しているのなら
アメリカでの資格取得のためにお金を節約しておくべきです。

アメリカでは、
永住権→英語→経験→資格の順に重要です。

私もアメリカの事業用ヘリパイロットの資格を持ってますが、
飛行時間があまりないのと永住権を持ってないし、
しかもテロが起きちゃって景気も降下、あっという間に帰国で
北海道でヤサグレてますよ~(^^)

しかしあなたは永住権が取れるアテがあるのですね。
ならあせらず、まず英語から行きましょう。
ウェイトレスだって、英語使えなくちゃ話しになりませんからね(^^)

アメリカで通用する資格というのなら、
やはりアメリカの大学や専門学校でとるのが一番いいでしょう。
アメリカは資格よりも先に経験が重視されるため、
資格があっても容易には就職できません。

私のアメリカ人の知り合いも、
英語教師(向こうで言う国語)の資格を取りましたが、
年齢が若く経験もないため、就職口がないとこぼしておりました。
彼は最初は実家から通って臨時の代用教員をしつつ学校の面接を受け、
先ごろ正規の教師に就任しました。

日本で取る資格で、もしかしたら役に立つ、
と...続きを読む

Qアメリカに住みたい

将来アメリカに住みたいと考えています。歳は20代真ん中です。
でアメリカで働くとなると就労ビザがいると思うのですが
簡単に取得できるものなのでしょうか?
最終的には永住権もほしいです。
英語能力も決して高いわけではありません。

また今は会社員です。すべてを捨てる感じになるですが
未練はありません。
しかし辞めるとなると、色々とトラブルおきそうですし・・・
辞表とか必要ですよね。
そういう経験とか、なにか役に立つことがあれば教えてください。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

acceptさんはいろいろなところで、価値ある意見を今まで述べてきた人です。 たしかに、アメリカに行きたいと言う人に消極的な情報を与える事がどんなに苦しい事か、少し考えてやってください。 あなたをけなすとか言う気持ちで、書いたのではないと、私は信じます。

ただ、現状から見ると、非常に難しい状況にあなたはおられると思います。

ワークビザは本当に大変な、又、かなりのレベル(英語力、および専門知識)を持っている人でも、OKしてくれない状況です。 つまり、アメリカが国として必要としていることで、アメリカ人が出来ない事をやれる人であれば、ビザは取れる仕組みになっています。

つまり、4年生の大学をここで卒業した程度では、却下されます。 

そこでです、英語が目的と言うのであれば、又、アメリカでなければだめというのであれば、一番手っ取り早いのは学生ビザを取る事です。 でも、働けませんのでご注意ください。 また、日本人がよく使う、英語学校はたくさんありますが、いろいろな面で、英語を習う事は、かなりの精神力を必要とするくらい、どうしようもない日本人学生がいます。

確かに、くる前は、そんな人たちからの誘惑を受けないと言っている人の殆んどが、さびしさ、現状の厳しさ、孤独感、ホームシック、思ったより上達しない、などなどリストしたらきりがないくらい誘惑に誘われてしまいます。

また、かなりの英語の基本知識がないと、英語学校でも、挫折感で苦しみます。 そして、やっと挨拶くらいできるかなという程度で日本へ帰っていきます。

私は、英語学校より、普通の大学へいけるくらいの実力を日本で作ってから、こちらの大学へ入る事をアドバイスします。 それも、出来るだけ日本人いない学校へ。

英語カテゴリーにたまにくるFlowerdayoさんは今ここに勉強しに来ています。 大変だと思います。 ここに書き込みしてくれる事を望んでいます。 事情を話してくれるんじゃないかな。

最後に、ここをどんどん使って、使える英語(試験英語に惑わされずに)について質問してみてください。

今日から、英語の勉強です。 試験勉強じゃないですよ。 また、他の人たちからの質問も見てください。 すばらしい人たちからの回答がいっぱいあります。 アメリカに来れば英語がうまくなれるものとは限りません。

皆さんの回答を前向きに取ってみてください あなたの夢のドアが何らかの形で開く事と思います。 挫折しないで(アメリカには多くの挫折の元が転がっている事を忘れないで下さいね)

では、英語カテゴリーの方でお待ちしています。 頑張ってください。 応援してます。

(独り言です)
ここのおかげで、私の日本語もよくなったと思います。 感謝してます。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

acceptさんはいろいろなところで、価値ある意見を今まで述べてきた人です。 たしかに、アメリカに行きたいと言う人に消極的な情報を与える事がどんなに苦しい事か、少し考えてやってください。 あなたをけなすとか言う気持ちで、書いたのではないと、私は信じます。

ただ、現状から見ると、非常に難しい状況にあなたはおられると思います。

ワークビザは本当に大変な、又、かなりのレベル(英語力、および専門知識)を持っている人でも、OKしてくれない状況で...続きを読む

Q飼い犬が可愛く思えない

初めまして。

我が家に室内犬のMダックス♂(2歳)がいるのですが、ちっとも可愛いと思えず悩んでいます。

シャンプーしてる時は湯船に沈めたくなりますし、
散歩すればリードを振り回して首を絞めたくなります。

普段部屋にいるときもうっとうしくて蹴飛ばしたくなってしまうんです。

これって虐待の域ですよね?
私はどこかおかしいのでしょうか?

どうすれば大事にしてあげられるのでしょうか?
可哀想だと感じつつも可愛がってあげる事が出来ないんです。

自己嫌悪で最低な気分です。

Aベストアンサー

clarisworksさん、こんにちは。
飼犬をかわいいと思えない、という事ですが、どうしてそうなってしまったのでしょうか??飼いたくて飼った犬ではなくて、仕方なく飼っているという感じでしょうか?
最初はかわいかったけれど、かわいくなくなった、というのであれば何か原因があるような気もしますが・・・。

とにかく、今の状態はclarisworksさんにとっても飼われている犬も不幸な状態ですね。特に犬が不幸です。
ご家族とかで引き取ってくれる方はいませんか?殺す、捨てるというのは最悪の事態ですので、手放す場合は最後まで責任を持って引き取り手を探してあげて下さいね。

ウチは一時期虐待を受けた犬を預かったことがありましたが、少し手を上にあげると「叩かれる!」と思うのか悲鳴をあげる犬で、甘え方も知らず、噛みつきまくる犬でした。一度虐待を受けると次の飼い主さんにも影響がでます。
clarisworksさんにとっても飼犬にとってもよい解決策が見つかることを祈ってます。
アドバイスでなくてすみません。

Q英語力が上達する期間について(海外滞在経験者にお願い致します)

海外(英語圏)でどれくらい暮らせば英語力が上達するのですか?例えば:半年間で日常会話ができて、約一年で無理なくニュースや映画の内容が分かるとか。
その目安を教えていただけませんでしょうか?

もちろん個人差はあるかと思いますけれど、一般的な場合をお考えてくださって結構です。

Aベストアンサー

アメリカに35年半住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

これくらい本人次第と言う事はないと思いますよ. 私は二年以上こちらにいるにもかかわらず(ESLで授業を受けている)アメリカ人を普通の会話ができないと言う日本人を何人か似合っています.

元々本気になってこちらへ来たのではないと感じます. 確かに個人差と言う物はあるでしょう. 語学的感覚もまた影響すると思いますし、外向的な性格であればプラスになるでしょうね.

また、こちらへきてもまだ日本から持ってきた問題週やTOEIF/TOEFLの参考書を使って勉強している人はやはり上達が遅れていますね.

英語を言葉なんだと言う事を感じる事によって、間違ったっていい、でもフィーリングを伝えようとする意気込みや何とかして相手の言っている事を理解しようとする姿勢は大きなプラスとなっていると思います.

ここにいれば自然と上達すると言う物ではないですね. やはり、言葉を使う目的があり、それを達成しなければならないと感じることで上達もまたプラスになっていますね.

一年以上いれば、次の年からの英語の理解力が非常に変わってくると思います. 仕事できている人も、単身赴任であり、また、ほかの駐在員がいないとなれば、また、仕事に対しての熱意というものもプラスになっています.

こちらで異性と「恋をする」のもプラスですね. 失恋であっても. <g>

フィーリングと言う言葉の土台となるものが分かれば上手くなるのは当然のことですね。

でも、だからといって、留学しなくては英語に強くなれないって言う事はないと信じます. 英語の対する姿勢をちょっと変えれば、誰にでも自然と英語に強くなれます.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年半住んでいる者です。

私なりに書かせてくださいね。

これくらい本人次第と言う事はないと思いますよ. 私は二年以上こちらにいるにもかかわらず(ESLで授業を受けている)アメリカ人を普通の会話ができないと言う日本人を何人か似合っています.

元々本気になってこちらへ来たのではないと感じます. 確かに個人差と言う物はあるでしょう. 語学的感覚もまた影響すると思いますし、外向的な性格であればプラスになるでしょうね.

また、こちらへきてもまだ日本から持ってきた問題週やTOEIF...続きを読む


人気Q&Aランキング