忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

レモンの苗木を買ってきました。新芽がやっと出て来たと思い
ましたら、多くの葉っぱが丸まってしまいました。丸まった
ところ広げてみますと虫は中にいないようなのですが、少し綿
状のものとまるで鼻汁が乾いた後(汚い表現ですみません)の
ような状態が確認できました。

これは害虫のしわざでしょうか?それとも病気でしょうか?
(ここ数日、雨が続いておりまして今日やっと晴れました。)
対策をご存知でしたら、お願いします。

「レモンの害虫・病気?」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

害虫」に関するQ&A: ナスの害虫駆除

A 回答 (5件)

>ご指摘の通り、なめくじのはったような線(スジ)は複数確認


できてます。

ということでしたら、エカキ虫で100パーセント間違いありません。
幼虫は小さいので見つけるのは難しいと思います。
モスピランが有効です。
モスピランは浸透性があって、葉の中にしみこんでいきますから。

問題はこれからどうするかですが、被害にあった葉が2~3枚なら切り取ってしまってもよいですが、
けっこうたくさんの葉がやられているみたいなので、モスピランを使ってこれ以上被害が広がらないようにして、
このまま来年の春までつけておいてはいかがでしょう。
これから来年までしっかり管理してあげれば、来春にはまた新しいきれいな葉が出てきますから。
そこで変形した葉を切り取ってしまえばよいでしょう。
新しい葉がまたエカキ虫の被害にあわないようにモスピランの散布です。
何もしないと、来年また必ずと言っていいほどエカキ虫の被害にあいます。

肥料を少し入れてしっかり管理してあげれば、来年は実がなるかもしれません。
来年だめなら再来年にはなるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

sbsb3636様
度々のアドバイスありがとうございます。
早速、対応いたします。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/07/05 13:58

病気ではなく害虫だと思います。


はまき虫ではないと思います。
はまき虫は葉を2~3枚ぐらいくっつけてその中にいますので、
これがはまき虫が原因ではないことは間違いありません。

かなりの確率で、エカキ虫(ハモグリガ)でしょう。
柑橘類にはエカキ虫がつきやすいです。
写真右下のピンクの花の下の、3分の1ぐらい写っている葉にナメクジがはったようなあとが見えます。
エカキ虫(ハモグリガ)が葉の中にもぐり込んで動き回り、それが進むと葉が白くなります。
ナメクジがはったようなあとがありませんか。
この写真右下の葉の全体が写った写真があれば、はまき虫が原因と、断定的に言い切ることができると思います。
右下の葉は裏側ではなく、表側だと思いますが、この写真に写っている側の全体を見せていただくことは可能でしょうか。

エカキ虫であれば、モスピランが有効です。

http://item.rakuten.co.jp/ivy-believe-happiness/ …
http://www.nichino.co.jp/products/regist_info/19 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sbsb3636様
ご説明ありがとうございます。

今朝もう一度よく見たのですが、虫(葉巻虫)を見つける事が
できず、おかしいぁと悩んでました。

ご指摘の通り、なめくじのはったような線(スジ)は複数確認
できてます。葉の中にいるのでしたら、虫が確認できなくても
不思議ではないですね。

表側の写真をお見せしたのですが、お礼では写真添付できませ
んし、同じタイトルで新たな質問にしますとマルチポストとし
削除対象になりかねませんので、残念ですが難しそうです。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/07/05 12:25

現物を見てないので、はっきりとは言えませんが、葉巻虫(はまきむし)かもしれません。


字のごとく、葉っぱを丸く巻くそうです。

尚、柑橘系の木は、害虫がつきやすいです。

参考URL:http://www.setouchimikan.com/yuki/gaityu08.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

houma79様

情報ありがとうございます。
虫は発見できませんでしたが、明日もう一度
よく観察します。

「害虫がつきやすい」との事ですが、何か具
体的な対策をご存知でしたら教えていただけ
ませんか?「木酢酢」が良いとの情報もある
ようですが、使われたことはありますか?

よろしくお願いします。

お礼日時:2009/07/05 00:37

ハマキムシという害虫の被害だと思います。

葉を丸めますから葉巻き虫ですね。
http://www.sc-engei.co.jp/navi/gaichu24.html
http://www.my-gardening.net/insect/hamakimusi.html
幼虫やサナギは業者が捕殺したのでしょう。しかしその跡が残ってしまったという事です。(あるいは家出かも。)
全体的に、特に葉が丸まった処は虫がいないか点検し、いれば捕殺しますが、幼虫は1~3mmと小さいので見つけにくいかもしれません。
しばらくは様子見です。
もし再発するようであり、被害を食い止めるには薬剤散布ですが、浸透移行性を持つオルトラン水和剤が効果的です。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00117.html
http://www.sc-engei.co.jp/guide/pdfs/syo00117.pdf
効き目は約30日持続します。「かんきつ」を参考とし、希釈倍率は1000倍、総使用回数は3回以内、収穫の30日以内にはもう散布はやめる、となっていますね。
スミチオンやマラソンでも直接害虫にかかれば死にますが、これらは持続性がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Hoojano様
詳細なご説明ありがとうございます。
「葉巻虫」の名前だけは知っておりましたので、
それかな?と思ったのですが、虫が見つからな
かったものですから悩んでました。

おそらく薬剤を散布すると思いますが、もうちょ
っとよく観察してみます。捕殺が一番と思います
ので。

お礼日時:2009/07/05 00:32
    • good
    • 1
この回答へのお礼

zorro様
早速のアドバイスありがとうございます。
ですが、ご紹介いただいた症状とはちょっと違うように思います。
写真の撮り方が悪くわかりにくいと思いますが、写真右上の葉っぱ
のように葉の両横から内側に丸まっております。

もしお心あたりがありましたら、またよろしくお願いします。

お礼日時:2009/07/04 17:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレモンの木の育て方と病気について

我が家の庭に植えて半年のレモンの木があります。
ふだん、何にも手をくわえていないのですが、ふと、木をみたら、下のほうの葉がなくなっているではありませんか。なぜ?
レモンの葉を食べる虫っているんですか?
レモンの木の育て方と、もし、害虫とかがつくのであれば、駆除方法を教えてください。

Aベストアンサー

たぶん「アゲハ蝶」の幼虫でしょう。
黄色い小さな卵をつぶし、幼虫は捕殺でOK!植えて半年でしたら農薬も不要です。
幼虫の小さいときは「鳥の糞」に似ていて、大きくなってからは体の横に「目玉マーク」と強烈な臭いを発し、ほとんど鳥には食べられません。

Qレモンにアゲハ蝶が卵を産んで困っています。

大阪府に住んでいます。
3年前のゴールデンウィークに80センチくらいの木を購して庭植えしました。夏にかけて新しいきれいな葉っぱが
生えてきて10センチくらい背が伸びるのですが、ふと秋頃に気づくと新しく生えた部分が全部無くなっているのです。2年目に犯人がアゲハ蝶の幼虫であることに気づきました。今年も10センチほど新しく伸びたのですがやはり
アゲハチョウの幼虫がウヨウヨいます。1週間も見ていないとあっという間に増えてしまいます。割り箸でつまんで捨てるのですが、これ以外にどういった対処方法がありますか?また初夏に花が咲いて良い臭いがしますが実がなる気配はありません。年に1度3月頃に追肥をしています。
今後の育て方についてアドバイスをおねがいします。

Aベストアンサー

揚羽蝶の産卵を防ぐには防虫網を架けるのが,そのことだけを考える場合はもっとも簡単です.しかし,網目に接した葉っぱに産卵されたら,逆に幼虫保護になってしまいますし,殺菌剤を撒くときにはそのままでは邪魔になります.
 晩春から夏の産卵の時期には、オルトランなどの浸透移行性の薬剤を3ヶ月に2回程度地面に散布して幼虫の段階で除去します.もし,葉を食われた部分を発見したら,とりあえず手で除去すればよいでしょうが,なかなか取りきれるものではありません.夜盗虫か他の虫が食っている可能性があります.実が付いている時期は、幼虫専用で人畜無害のトアローを散布すると良いでしょう.

Qミカンの葉が縮れてます。どう対処すべきでしょうか。

久しぶりに実家に戻ってミカンの木を見たところ若葉のほうから葉っぱが縮れ(萎れ?)ていくという状態でした。


一応調べてみたのですがアブラムシがついているわけでもなく、毛虫もありませんでしたが何故か葉の表側にもいますが裏側を中心に凄く小さな白い粉のようなのと赤い粒(虫?)がたくさん付いており、それがついている葉っぱはたくさんあれば芯の部分を中心に内側に萎れています。そして葉っぱは緑から白へと変色しています。


たぶんハダニだと思うのですがこのようになったことは初めてなので本当にハダニなのかわかりません。対処法を教えていただけないでしょうか?少なくともここ2週間以内に発生したのは確実です。

ミカンの種類は桜島小みかんで、鉢植えで育てています。

今のところは殺虫剤をまいてみました。あと今日は遅いので明日以降やろうと考えていますが中心部分は生い茂っていて空気があまり通らない状態ですので剪定しようかと思っています。剪定もやるべきですよね。


あともう一つ質問ですがすさまじく萎れている部分を切ったのですがそれを近所のホームセンターか花屋に持って行って何の病気か害虫かどうか聞くのはいいのでしょうか?

この状況のみかんへの対処法に関して、情報提供どうかよろしくお願いします。

久しぶりに実家に戻ってミカンの木を見たところ若葉のほうから葉っぱが縮れ(萎れ?)ていくという状態でした。


一応調べてみたのですがアブラムシがついているわけでもなく、毛虫もありませんでしたが何故か葉の表側にもいますが裏側を中心に凄く小さな白い粉のようなのと赤い粒(虫?)がたくさん付いており、それがついている葉っぱはたくさんあれば芯の部分を中心に内側に萎れています。そして葉っぱは緑から白へと変色しています。


たぶんハダニだと思うのですがこのようになったことは初めてなので本当...続きを読む

Aベストアンサー

間違いなくミカンハダニの仕業です。要は剪定をしないため通気性が悪く
なったのが主な原因です。ミカンの木を見て、全体的に葉が生い茂ってい
るように見えませんか。そうであるなら、剪定を怠っている証拠です。

アクテリック乳剤に展着剤(ダイン)混ぜ、それを噴霧器で葉の裏表や、
幹や枝に十分に噴霧して下さい。1回だけでは効きません。10日置きに
2~3回繰り返すのがコツです。

冬場に枝抜きを中心に、剪定を行う事も必要です。

肥料不足は病害虫の被害に遭いやすいので、施肥時期が来たら必ず施肥は
行って下さい。

ホームセンターでは分かる人は居ません。ホームセンターは売るだけの所
と認識して下さい。花屋でも同じです。草花に関しては知識があるでしょ
うが、果実に関しては知識は持たれていません。

今回の場合はミカンハダニで間違いありませんから、別に聞きに行かれる
必要は無いと思います。画像の枝を持参しても答えられる人は居ないでし
ょう。害虫被害は害虫が付いていないと答えられません。

Qかんきつ類のハガグレガ(えかきむし)の駆除

千葉県中央部に住んでますが、庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。
今まではスミチオン、または、マラソン剤の500倍液で消毒していましたが効果がなく、
枝や果実は大丈夫なのですが、新芽(若い葉)がやられます。
他の植木はスミチオン、マラソン剤で虫を駆除できますが、かんきつ類のハガグレガの被害だけを防げません。
蜜柑の産地で有名なJA有田のホームページにモスピランが有効とあったので、
モスピランの水溶剤(粉末剤)を購入して来春に備えているのですが、

そこでお聞きしたいのは
1)スミチオン、マラソン剤はハガグレガには効果がないのか。
 (私の駆除方法に問題があったのか)
2)モスピランを使用するときの注意点は。
3)根元にまく(埋める)オルトラン粒剤は、ハガグレガに有効か。
4)根元にまく(埋める)モスピランの粒剤をホームセンターで見たのですがこれは有効でしょうか。
いろいろな薬剤を同時に使うとどれが有効だったのか分からなくなって困るかなとも思いまして。
ご助言頂ければ幸いです。

千葉県中央部に住んでますが、庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。
今まではスミチオン、または、マラソン剤の500倍液で消毒していましたが効果がなく、
枝や果実は大丈夫なのですが、新芽(若い葉)がやられます。
他の植木はスミチオン、マラソン剤で虫を駆除できますが、かんきつ類のハガグレガの被害だけを防げません。
蜜柑の産地で有名なJA有田のホームページにモスピランが有効とあったので、
モ...続きを読む

Aベストアンサー

>庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
>春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。

「エカキムシ」は鱗翅目(チョウ目)のハモグリガなどと、双翅目(ハエ目)のハモグリバエなど、幼虫が葉に独特の食痕を作るが、全く異なる害虫類の通称です。
ハガクレガという蛾?は良く分かりません。柑橘類ということなので、たぶんミカンコハモグリガ(コハモグリガ科)かと想像します。葉に残る幼虫の食痕のトンネルは、表面に近いので葉の色を濃くしたような感じで、良く見ると濃い茶色の糞が見えるかも知れません。

農薬の使い方は、使用説明書をしっかり読んでください。以下の項目の組み合わせで表示されています。

作物名・適用害虫名・使用量・使用時期/総使用回数・使用方法

ここでは作物名「かんきつ」と適用害虫名「エカキムシ」または「ハモグリガ」などの組み合わせが記されている農薬を選びます。

目的の組み合わせが表示されていなければ、適用外ということです。効果や副作用について実績が無いので、使えません。
有効成分が同じでも、メーカー、剤型が違うと別の農薬です。同じように思えても、記載がなければ適用外になります。

その農薬の適用害虫については、個々の製造(販売)者に使用説明書をメールやFAXで送ってもらい、確認してから使ってくださいね。

なお、都市部だと市役所などの緑化関係の部署で、こういう相談に答えるダイヤルや相談会を持っていることが多いです。
郊外で農協があれば、やはり同じような相談窓口があると思いますので、そこに聞くと良いと思います。

>庭に植えてある、かんきつ類(みかん、ゆず、レモン)の葉が、
>春と夏ごろに新芽が出るとハガグレガ(えかきむし)の被害にあいます。

「エカキムシ」は鱗翅目(チョウ目)のハモグリガなどと、双翅目(ハエ目)のハモグリバエなど、幼虫が葉に独特の食痕を作るが、全く異なる害虫類の通称です。
ハガクレガという蛾?は良く分かりません。柑橘類ということなので、たぶんミカンコハモグリガ(コハモグリガ科)かと想像します。葉に残る幼虫の食痕のトンネルは、表面に近いので葉の色を濃くしたような感じで、...続きを読む

Qレモンの葉の変形

この春レモンの苗木を買ってきて、鉢植えしています。
新芽が出て大きくなる頃にアゲハが卵を産んでいき、新芽を食べていきました。
その後新しくまた新芽が出始めたのですが、葉の形が変なのです。
写真のように葉の表面がボコボコしたり、形もいびつになってしまいました。
別の掲示板で相談したところハダニの発生を疑われたので、念のため駆除予防しているのですが、
その後出てくる葉も同じように変形してしまいます。
温州萎縮病という話も出たのですが、別の方からレモンでは発症しないと言われました。
何か他に原因があるのでしょうか?
同じような症状になった方、いらっしゃいますか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私は柑橘類を10種類20本ほど育てています。
レモンも数本あります。
このように葉が変形してしまった経験はありませんが、これは病気や害虫ではなく新芽が十分に栄養や水分を吸収できないのが原因ではないかと思うのですが。
病気や害虫が原因ではないのでこれに効く薬剤はないと思います。
ハダニや温州萎縮病ではないでしょう。

そこでいくつか知りたいことがあるのですが、
1)、春に苗木を買って来てから植え替えましたか。
2)、植え替えたのなら肥料は入れましたか。
3)、>新芽が出て大きくなる頃にアゲハが卵を産んでいき、新芽を食べていきました。
このときの新芽は全部かじられてしまったのですか。もし残っているとしたらその葉は今どんな状態ですか。

写真では鉢の大きさがわかりませんが、買ってきた時の鉢のままで植えかえてないのでしたら大きめの鉢に植え替えたほうが良いでしょう。
写真を拝見した感じでは、今付いている変形していない葉は去年出た葉で、今年の葉は変形した葉だけのように見えます。

変形していても、葉があれば根の成長に役立つはずですから、今はこのままにしておいて秋になったら変形している葉を全部枝ごと切りとってしまえばよいでしょう。

植え替え時期は、これから熱くなるので秋になってからのほうが良いでしょう。
その間、水は切らさないでください。
肥料も秋に少しあげたらよいでしょう。私は骨粉入り油粕と堆肥を混ぜて、秋、春先、7月ごろに少しづつ入れてます。
肥料のあげ過ぎ、(多肥)には気をつけてください。

おそらく鉢の中で根づまりをおこしているのではないでしょうか。
そして、水分を十分吸収できないため強い日差しや暑さが原因でこのように変形しているのだと思います。
しかし、この木でしたら夏場の水やり、秋の植えかえ、肥料などきちんと管理してあげれば来年は実がなるはずです。
害虫にかじられないように殺虫剤の散布も必要でしょう。
あと、レモンは寒さに弱いので冬場は霜に当たらないようなところで、なおかつ、寒風と日差しはよく当たるようなところに置くことが理想だと思います。暖房のきいた室内はあまり良くないと思います。

我が家のレモンをupします。
今20個ほど小さな実が付いています。
また新しい花芽も出てきていますが、これは冬前には収穫できそうです。

私は柑橘類を10種類20本ほど育てています。
レモンも数本あります。
このように葉が変形してしまった経験はありませんが、これは病気や害虫ではなく新芽が十分に栄養や水分を吸収できないのが原因ではないかと思うのですが。
病気や害虫が原因ではないのでこれに効く薬剤はないと思います。
ハダニや温州萎縮病ではないでしょう。

そこでいくつか知りたいことがあるのですが、
1)、春に苗木を買って来てから植え替えましたか。
2)、植え替えたのなら肥料は入れましたか。
3)、>新芽が出て大...続きを読む

Q桃・レモンの葉を食べる虫について 一昨年から桃とレモンの木を育てています。 今は木に葉っぱをつ

桃・レモンの葉を食べる虫について

一昨年から桃とレモンの木を育てています。
今は木に葉っぱをつけているのですが
この前葉っぱが食べられていることに気付きました。
レモンは葉っぱが食べられているだけですが、
桃は葉っぱが食べられているだけでなく
葉っぱの何枚かに修正液のような白いかたまりがついています。
(幼虫かなにかのフンかもしれません。)

葉っぱが食べられていることと
桃にフンのようなものがついている以外に被害はありませんが、
見た目もよろしくないですしこれが原因で実をつけなくなると嫌なので駆除したいと思っています。

ですが、いずれ食べることを考えると安全な農薬がいいです。
また、虫に直接噴射して虫ごと粘膜のようなもので固めてしまうというものは、私が見るときは虫が見当たらないので噴射のしようがありません。なので、この方法以外で駆除したいです。

何の虫か分かる方、もしくは安全な農薬をご存じな方、教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

桃の白いかたまりについてはよくわかりませんが
レモン(柑橘系)の葉を食べる虫ならアゲハチョウの幼虫が有名です。
どちらにお住まいなのかわかりませんが
当近畿地方ではすでにクロアゲハが飛んでいますので
卵を産み付けられる可能性はあります。
卵のうちなら、葉を裏返してみると小さな粒がついているので
薬を使いたくないのなら、孵化する前に取って処理する、
孵化してしまったら小さなアオムシのうちに取る
くらいでしょうか。
大きな木でない、鉢植えくらいなら
毎朝葉っぱを1枚ずつ裏返して確認するといいと思います。
私の友人の中にはわざと卵のついた葉ばかりを観察ケースに集めて
チョウになるまで育てて楽しんでいる人もいます^^;

Qレモンの木の病気治療

レモンの木の葉が黄色く変色し、触るとぽろっと落ちてしまいます。過去の質問を検索すると日照不足や窒素不足などと回答がありましたが、こんな風になってしまったレモンの葉は一度全て落ちるしかないのでしょうか?何か治療や改善する方法はありますでしょうか?ちなみに、うちのレモンは種から植えてまだ小さいのでレモンの実はならず、葉に産み付けられるアゲハ蝶の幼虫たちを旅立つまでペットとして可愛がっています。あまり幼虫たちに刺激のある対策は避けたいところなのですが・・・。

Aベストアンサー

我が家のレモンの木も、昨年半分以上の葉っぱが黄色く変色し、
(少し斑点も入っていたような・・)ほとんど裸みたいになり、
もう死んでしまうのかなぁ~と本当に心配していました。

が、今年も同じように春には、新芽がいっぱい出て、
今例年にないほど、た~~~~くさんの蕾がつき、
見事に復活しました。

私がレモンの木にしてあげたことといえば、
近くの牧場で売っていた、牛糞を加工して作った、
さらさらの肥料をあげただけです。
我が家も、毎年たくさんやってくるアゲハ蝶のために
薬は使いたくなくったので・・・
ただ、あまりにたくさんの子供たちが生まれて、
ほとんど葉っぱがなくなったことがありますが・・^^;

水も、花が咲いている間は、まめにあげていますが、
それ以外は、真夏でも全くほったらかしですが大丈夫!!
専門的なことは全く分からず、経験のみですが、
木によさそうだなぁと思われる肥料をあげて、
見守ってあげてください。

元気になると良いですね^^

Qレモンの木が病気です

庭に植えてあるレモンですが、木全体から見て部分的に実や葉、枝が黒くなっています。ススのようなカビのようなものが付着しています。
水洗いや布で拭き取ると、その黒いものはおおよそ取れると思いました。
これはいったい何の病気でしょうか?
対策は?
以前、柚子も同様の病気になったことがあります。

Aベストアンサー

カイガラムシという吸汁性害虫の被害を受けたものと思われます。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm
黒くなったのは「すす病」ですが、これはカイガラムシが出す排泄物(ベトベトする)に「すす病」の病菌が寄生したものです。この病菌はカイガラムシの排泄物を栄養源として生きています。

カイガラムシは種類が多く、さまざまな形態をしていますが、ビッシリ樹について吸汁し、樹を弱らせる点では一致しています。樹を枯れ死させる事もあります。
柑橘類に付くカイガラムシは、「ツノロウムシ」か「ルビーロウムシ」あたりが多いのではないかと思われます。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iro20.htm
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iro21.htm

まずカイガラムシの駆除が先決ですが、対処方法は以前の回答で申しわけないが、参考にしてみて下さい。樹木の違いはありますが、やる事は同じです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5428258.html
成虫を取りきれない場合はマシン油乳剤の散布が効果的ですが、レモンのような常緑樹には濃度を2倍薄くし、40倍希釈が標準です。(サルスベリは落葉樹ですから、より濃度の濃いものが散布できます。石灰硫黄合剤の場合も同じで20倍希釈とします。)
マシン油乳剤や石灰硫黄合剤の散布時期は12月~2月の冬期で、いわゆる休眠期に行います。(両方とも園芸店やホームセンターで販売されています。)
また日当たりの良さや風通しの良さ、施肥や剪定などの適切な管理が大事で、健全に育てる事が重要です。

カイガラムシという吸汁性害虫の被害を受けたものと思われます。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm
黒くなったのは「すす病」ですが、これはカイガラムシが出す排泄物(ベトベトする)に「すす病」の病菌が寄生したものです。この病菌はカイガラムシの排泄物を栄養源として生きています。

カイガラムシは種類が多く、さまざまな形態をしていますが、ビッシリ樹について吸汁し、樹を弱らせる点では一致しています。樹を枯れ死させる事もあります。
柑橘類に付くカイガラムシは、「ツノロウムシ」...続きを読む

Qレモンの木が、たくさんつぼみを付けました。

レモンの木が、たくさんつぼみを付けました。
鉢植えで80センチほどですが、全部の花を咲かせていいのでしょうか。
全部の実が成るには無理があると思います。
蕾のうちに間引いて摘み取るほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

レモンの木はだいたい4~5年以上で成熟すると言われています。
鉢で育てているのであれば、それより1~2年早く成熟すると考えて良いでしょう。

成熟前の幼木では花が咲いても着果しなかったりしますが
実を付けるようになったのであれば
だいたい、葉20~30枚に対し1個の割合で実を残し
残りの幼果を取り除くようにしてください。
花の時期はそのまま付けて楽しんで結構です。

ただ、鉢植えなので小さいという事もあるかもしれませんが
80cmという大きさからすると、まだ2~3年の木という事も考えられますので
もし、まだその位の年数の木であれば
とりあえず花はそのまま残して鑑賞し、幼果が付いた時点で
かなり少なめに実を残すのが良いと思います。
成木でも沢山実を付けると翌年の実の付きが悪くなるので
まだ木も成長途中であれば、実を少なめにするように心がけてください。

また、レモンの場合は気温の低い時の花は
不完全花が多く落下が多くなります。
地域にもよりますが、5月上旬までは不完全花が多く
5月下旬の温かくなってからの方が良い花、良い実が付くと言われているので
一応参考にしてみてください。

実の収穫時期は6ヶ月後の5cmを目安とし
出来の良いものから少しづつ収穫するのが良いらしいです。
ただし、冬の寒さがきつくなる頃には全部収穫するようにします。

レモンの木はだいたい4~5年以上で成熟すると言われています。
鉢で育てているのであれば、それより1~2年早く成熟すると考えて良いでしょう。

成熟前の幼木では花が咲いても着果しなかったりしますが
実を付けるようになったのであれば
だいたい、葉20~30枚に対し1個の割合で実を残し
残りの幼果を取り除くようにしてください。
花の時期はそのまま付けて楽しんで結構です。

ただ、鉢植えなので小さいという事もあるかもしれませんが
80cmという大きさからすると、まだ2~3年の木という事も考...続きを読む

Qレモンの木の植え替え時期

花壇にレモンの木があります。苗から育てて10年ほどです。花は咲き小さい(長さ1cm程度)実をつけますが、それ以上大きくならず落ちてしまいます。昨年、初めて実を6個つけましたが今年は壊滅です。
日当たりが悪いせいもあると思い、日当たりのいい場所に移したいと考えています。
移すのは夏の今の時期でいいのか、休眠する冬場がいいのか、植え替える時期をご存知の方、お教えください。
幹の太さは3cm程度、木の高さは1.7mほどあります。枝はそんなに混み合っていません。
年数が経っているので根もだいぶ張っていると思います。
狭い花壇に植えてしまったので、幹の回りをあまり大きく掘り返すことができません。
(幹の回りの直径35cm位は掘り返せる)
根は十分残せないと思います。これでも大丈夫でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一度植付けたら植替える必要はありません。日当たりと水はけが良くて、
冬場に霜の影響を受けない場所を選ぶ事が大切です。ただ家庭の事情に
より場所を移動させる必要がある時は、先程の場所を探して4月中旬~
6月中旬までに急いで植替えをするようにします。

質問内容からすると、レモンには相応しくない場所のようです。植付け
場所(根張りをする空間)が極端に狭過ぎますし、日当たりも良くない
ようですから、この場所では上手く生育しないでしょう。

直径35センチは掘り返せると言われますが、と言う事は掘り上げた株
の径は35センチ以下になると言う事ですよね。また根が十分に残せな
いとも言われてますので、これでは移動させても根付かなくなるでしょ
うね。現在の大きさから考えると、株の直径は最低でも30cmは必要で
す。これ以上根を切ってしまうと根が足りなくなり枯れてしまう恐れも
無いとは言えません。
花壇を壊してでも出来るだけ根を残すようにしないと移植は無理です。

生育が悪いのは現在の植え場所が悪いからです。年数が相当に経過して
いるから、相当に根が張っていると言われますが、通常の地植えとは違
い花壇の中に植えられていますので、通常の地植えより根は多く張って
いないと思います。少し大きめの鉢に植えられていると同じです。

根鉢は最低でも直径30cmは残す。根は出来るだけ切らないようにする。
日当たりと風通しが良く、水はけが良い場所を選び、再び移植しなくて
も済む場所を選ぶ。枝が張っている枝先の下に草花が植えられていない
のが条件です。

生育が悪いのは日当たりや植え場所だけが原因ではありません。2月に
寒肥として、9月に追肥として肥料を与えてますか。肥料不足も生育が
悪くなる原因になります。
今回は完全に時期を過ぎていますので、来年の4月中旬までに移植場所
を確保し、今年は9月に追肥をするようにして移植はしないで下さい。

一度植付けたら植替える必要はありません。日当たりと水はけが良くて、
冬場に霜の影響を受けない場所を選ぶ事が大切です。ただ家庭の事情に
より場所を移動させる必要がある時は、先程の場所を探して4月中旬~
6月中旬までに急いで植替えをするようにします。

質問内容からすると、レモンには相応しくない場所のようです。植付け
場所(根張りをする空間)が極端に狭過ぎますし、日当たりも良くない
ようですから、この場所では上手く生育しないでしょう。

直径35センチは掘り返せると言われますが、と言う...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報