祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

SEOとは逆の目的で、悪意あるホームページのランクを下げて人々の目にふれにくくする逆SEOというものがあるそうです。
この技術は普通のSEOの技術のある人ならできますか?それとも完全に特別な方法が必要ですか?

参考までに逆SEOできる会社はこちら

http://www.diamondmedia.co.jp/Webmarketing/Rever …

こちらもご覧ください

http://www.mauijp.com/reverse_seo.html

どんなもんでしょうね。

私はSEO初心者なものでして、上記の逆SEOが、いままでの普通のSEO対策ができる人ならばすぐ応用できることなのか
それとも、まったく別に上の会社でしかできないような難しいことなのかを知りたいです。

聡明なる皆様、素人の私にどうか知恵を授けて下さい。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「逆SEO」は通常のSEOと同じなので、SEOができる人ならば可能です。

ただし、少し特殊なSEOになります。逆SEOは通常のSEOよりも難易度が高いといえます。それは通常のSEOが1つのサイトを対象としているのに対して、逆SEOは1ページ単位(10サイト分)が対象となります。そのため対策に使うリソースの量は10倍になりますし、難しい相手(サイト)が出てくる可能性があります。できれば、やはり専門家にまかせるほうがいいと思います。以下補足です。

(1)よくいわれるようなスパムのリンク(検索エンジンにとってマイナス評価のリンク)をかけることで、悪評サイトの順位を下げることは、Yahoo!では可能ですが、Googleでは難しいといえます。しかしYahoo!でも以下(2)の方法を使ったほうが簡単です。
(2)悪評サイトより上位に多くのサイトを入れ込むことで悪評サイトの順位を落とすことは、SEOの応用でしかありませんので可能です。しかし、通常のSEOの作業の約10倍のリソースを使うことになるので、料金も高くなってしまいます。また新規にサイトを大量に作成しなければならないので、手間がかかります(料金が高くなってしまうのはこのためで、ぼったくりをしているわけではありません)。
(3)ブログ(無料)をそのリソースに使えば安くなる、ということは一理あります。しかしYahoo!ではブログはフィルターをかけられて上位にあげることは難しいですし、Googleでも新規ブログが上位にくることも難しいでしょう。ただし、やり方によってブログは逆SEOの有効な手段として使えます。
(4)一般的にYahoo!よりもGoogleのほうが逆SEOは難しいです(もっとも通常のSEOもそうですけど)。Googleでは「2ちゃんねる」「ミルクカフェ」など上位表示の常連の掲示板に悪評を書き込まれた場合はとくに難しいといえます。簡単なキーワードでもGoogleで2位、3位にもってくることは意外と難しいものなのです。
(5)関連検索の削除も同様に、Yahoo!は比較的容易でGoogleは難しいといえます。
(6)健全な逆SEO業者は、マッチポンプ商法をする必要はないと思います。ご質問者の方と同じように、WEB上では関連検索の悪評ワードでお困りの方は多いので、わざわざそのような方法で需要を喚起することはないでしょう。ほんとうにお困りの方が逆SEO業者に依頼するのであって、悪評ワードを気にしない方も大勢います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん詳しいご助言をいただきありがとうございました。


ヤフーとグーグルでの違いがあることもはじめて知りました。

ふーむ、少々難しそうですね。普通のSEOができる小企業や

SOHOなどに安く依頼することはできないのでしょうかねえ。

いずれにしても大変参考になりました。
ありがとうございました

お礼日時:2009/07/22 23:02

スパムサイトをたくさん作ってリンクを張ったり、


削除依頼を出せば(依頼主がサイト管理者であるという判断をどのようにされているか次第ですが)削除されるかもしれません。

ですが、2番目のサイトの(4)にあるような

> オフィシャル・サイトと悪意のあるサイトの順位の間に、別のサイトを割り込ませて、結果として悪意のあるサイトを1ページ目以降に追いやる、これが逆SEOと呼ばれるサービスです。

全く関係ないサイトの検索順位を大量に移動させたり、
(トップに置きたいサイトと、悪意のあるサイトの「間」に移動させる。)
また、ターゲットサイトのページランクを下げない、またはペナルティーを与えないで検索順位を下げさせるというのは、
(別のキーワードで検索すると1番目にヒットすることもある)
簡単ではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。

そうなんですか。簡単ではないということですね。

うーん。悪意あるターゲットサイトをなんとか格安で

お願いする方法ないでしょうか?

SOHOなどに頼むっていうのはどうでしょうか?

お礼日時:2009/07/21 00:55

なるほど!


じゃ、そのキーワードのライバルによりますね。
そのキーワードでのライバルが弱ければ、ブログなどをいくつか立ち上げてみてはどうでしょう。

お友達のホームページの目立たないところから、ブログへリンク。
もちろん、そのキーワードでリンクします。
そうすれば、TOP10内ぐらいは全部自己サイト&ブログになるでしょう。

もし、ライバルが強いキーワードの場合は、誰かにSEO対策をお願いするしかないですね。
しかし、嫌がらせで上位に出来るようなキーワードなら、素人でも簡単に上位に出来るはず。

そのキーワードが分からないので何とも言えませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎度ご丁寧に御助言いただき本当にありがとうございます。

なるほど、自分でブログいくつもたちあげて上位ランク

させればよいということですね。

そのブログはseo対策する必要がありそうですね。

がんばってやってみましょうかね。

どうもありがとうございます。

お礼日時:2009/07/21 00:59

「悪意あるワードで検索をする人」がどれだけいようと大した問題はありませんよ。


ご自身に照らしてお考え下さい。
どこかの会社について調べようと思った時、
最初から「悪意あるワード」で検索かけますか?

大切なのは、
「通常の人が検索をかけるであろうワードで上位に表示されること」

言葉のマジックに惑わされないで下さいね。

なお、ふつうに検索かけて悪評ばかりが出てきてしまう場合は、
それは逆SEOがどうのとかいう以前に、
ふつうに反省して社内システムを見直して下さい。
苦情や批判を宝にできない会社はつぶれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご指摘ありがとうございます。

友人によく話しておきますね。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/07/21 01:02

普通のSEO対策では?


あなたの会社サイトが「ABC」だとして、「ABC」って検索すると~
『ABC 評判悪い』 って1位に出てしまうとしますよね!

そういう場合に、「ABC ~」って自社サイトやブログを上位にさせて、『ABC 評判悪い』サイトを上位から落とすだけ。

結局、上位にさせる一般的なSEO対策と同じではないでしょうか。

この回答への補足

☆ 質問者の補足です。☆

私の友人がフランチャイズに加盟して飲食店をやっています。
フランチャイズ加盟元のブランドに対して悪意あるホームページ
や、関連キーワードがあり、本人のせいでもないのに評判が
悪くなりそうで困っているのです。

私はまだSEOの勉強を始めたばかりで友人の手助けがしてやれないので
、逆SEOや関連ワード削除ができる個人か、SOHOに格安で依頼できないか
と考えてます。

友人もお金があまりないので専門業者に高い金は払えません。
フランチャイズ元にも苦情は言ってるそうですが解決には至って
いません。

皆様、どうか御助言お願いいたします。

補足日時:2009/07/14 11:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのお返事ありがとうございます。
そうですか、結局、普通のSEOとして、自分にとって良いページ
を上位にもってくるseoをやって不都合なページを下げるって
ことですね。

そうすると、自分のページだけでなく、ほかにもいくつもブログ
や複数の自分関連ページをつくって全部SEOする必要がありますね。
ちょっとめんどくさいですね。

どうもありがとうございました!

お礼日時:2009/07/14 10:49

悪意をもって特定のサイトのページランクを下げることは容易です。


検索エンジンは、特定のジャンルに対象サイトが属していると自動的に判断するのですが、リンクが張られているサイトが別ジャンルや多岐に渡るジャンルから張られている場合には、「SPAM行為を実施しているサイトである」と自動的に判断されページランクが下がります。

SEO業界では公知ですので、SEO対策をしている会社であれば施策については良く知られています。実践することはないとおもいますが。

また、最近、ヤフーの検索結果において検索結果一覧の前にルーペ印で、最近検索されている複合キーワードの候補が表示されますが、SEO業者が大量に営業をしかけようとしている企業に対して、事前に大量に「●●● 悪徳業者」など悪意のある言葉でクエリをかけておき、「貴社のサービス名に対して、悪徳業者と表示されますがご存じですか。消してあげましいう」というマッチポンプ商法(詐欺商法)が確認されています。

これは検索クエリを大量にかけることを停止すれば、自動的に表示されなくなりますので、SEOとは異なります。

※ご質問者の書かれている会社様のことを示しているわけではありませんので、ご注意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報をいただき本当にありがとうございます。

関連キーワードにおける問題は逆SEOと同じ問題ですよね。
悪意あるページが上位にヒットするのも困りものですが、
関連(候補)として会社名や店の名前と共に マイナスイメージ
の言葉があるとこれもイメージがさがります。
( 会社名 倒産  ) とか ( 食品名 まずい )とか・・・

この関連検索ワードを消すことはかなり難しいとききますが
ふつうにSEOの対策ができる人であれば、ついでにやれる程度の
レベルのことでしょうか? ふつうにSEOができる人に頼めば
やってくれそうですか? 

関連ワード削除をやってくれるところもあるとききますが、
値段が高いのと、mick2856様がおっしゃるようなマッチポンプ
詐欺会社に注意が必要ですね。

このマッチポンプ詐欺ってどこでニュースになりましたでしょうか?
私ははじめてききました。

ご返答感謝いたします。

お礼日時:2009/07/14 11:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング