日本の純文学(近代小説)に挑戦してみたいのですが、
読むことが出来ません。

と言いますのも、字面を追うことは出来ますが、
意味が全く理解出来ません。

その小説の含む、深い意味が理解出来ない・・といった次元ではなく、
まず、状況すら理解出来ません。

例えば、川端康成の「有難う」は、3千字程度で、難解な語句もなく
近代文学に触れてみるには比較的易しいような印象のものでしたが、
上記のように状況が理解できないままに終わりました。

以前、泉鏡花の「外科室」を読んだ後も、同じようなことに陥り、
4回程読み直して、やっと、話の筋がわかりました。

しかし、(今、思いつくかぎりの例ですが、)
夏目漱石の「こころ」、三島由紀夫の「金閣寺」、
太宰治の「人間失格」、武者小路実篤の「友情」などは、
そのようなことはなく、(内容を掘り下げられているかは別にして)
すんなり読むことが出来ました。

ちなみに、私は、今、大学生ですが、
読書量が極端に少ないわけではなく、
小中学生の頃も本は好きでしたし、
高校生から今に至るまでも1か月に1冊は読書します。
(現代小説ですが・・。)

ひとつひとつの語句の意味がわからないわけではなく
(わからない場合は注釈や、辞書でしっかり調べるようにしています。)
文脈の意味をとることができない場合は、
どのようにすればいいのでしょうか。

また、川端康成の「有難う」は、
結局どういったあらすじだったのかということも
読んだことがある方がいらっしゃれば、教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

http://plaza.rakuten.co.jp/mauzaich/diary/200603 …

上のサイトに一部が書かれていますが、優しい内容です。
「有りがたうさん」のタイトルで映画化されています。
あくまで想像ですが、質問者さんは時代背景が馴染みがなく、理解できないため、文章がストレートに入っていかないのではないでしょうか。
例えば1930年代の映画を見るなどされてはいかがでしょうか。

http://okapi.at.webry.info/200907/article_3.html
    • good
    • 0

 別にノーベル賞をとって人の小説だからといって、すべてが名作ではありません。

家具調度品や服装、髪型、風景、町並み、すべて映画のように頭にイメージできる小説ばかりではありません。「その時ポケベルが鳴った。玲子は公衆電話に走った」で、今の中学生が分かるでしょうか。昭和30年ごろまでは料理は座ってしてましたし、お膳は各自別々です。

 『こころ』が今でも読まれ、名作と評価されるのは、そういうディテール(家具調度品、家の間取り、髪型)を抜きにしても、「わかる」からです。お嬢さん(後の奥さん=静さん)が、まげを結って和服を着ていないイメージを頭に描いても、十分通用します。習い事から帰ってきたお嬢さんと「私」がばったり出会う場面を、お嬢さん(推定年齢17歳)の髪型はおそらく「桃割れ」、服は矢絣、風呂敷包みを抱えていなくても、ショートヘアでキャミソールでミュール履きで年齢21歳でも小説は成立します。

 こういうのを「普遍性がある」といいます。

 もっとも、これにもわなが二つありまして、ひとつは作者の主観。「伊豆の踊子」が海外の読者にも普遍性を持つと思われた事に反発を覚えた松本清張は「天城越え」を書きました。「伊豆」の学生の金遣いの荒いこと荒いこと。しょせんぼっちゃん。

 もうひとつのわなは、言葉の意味の変遷。大正時代の久米正雄の「学生時代」では、主人公の不安をあらわすのに「わくわくした」と書かれています。

 「当時のディテールが分からなくてもよい」=「普遍性を持った小説」を読まれるのがよろしいでしょう。江戸川乱歩がお勧めです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太宰治と川端康成について

太宰治さんが書いた川端康成さんへの文句、
「川端康成へ」について
川端康成さんはどんな反応をしましたか?
なんか気になって質問します。
教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLをさんこうにしてみてください。

  http://www.library.metro.tokyo.jp/14/14022.html

  http://www.tokyo-kurenaidan.com/dazai-tokyo2.htm

  http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412878464

Q読書が趣味の人は1日どれくらいの時間本を読みますか? あと1ヶ月に何冊の本を読んでいますか?

読書が趣味の人は1日どれくらいの時間本を読みますか?
あと1ヶ月に何冊の本を読んでいますか?

Aベストアンサー

年間300冊から400冊くらいです。

ある年は520冊読んだことがあります。

何を読んだかエクセルに記録しています。

Q川端康成における新感覚派の特徴

川端康成などに代表される新感覚派の特徴について詳しく教えてください。
(できれば、川端康成の作品に限った新感覚派としての特徴)

また、川端康成の「雪国」でその新感覚派の特徴が見られる部分などもあわせて教えてくださるとありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当時、昭和初期の日本の文壇はプロレタリア文学の独占でしたがそれに対抗して文学を芸術として取り上げる川端、横光などの文学運動が興りそれを世間は新感覚派と呼びました

その特徴は雪国の最初の「国境のトンネルを越えると雪国だった、夜の底が白くなった」と言う清涼な一節がすべてを物語っています

Q本を読んでいる時意味のわからない語句などがあるとスマホなどで調べますよね。 そして何ヶ月ぶりかにまた

本を読んでいる時意味のわからない語句などがあるとスマホなどで調べますよね。
そして何ヶ月ぶりかにまた同じ本を読んでみると前調べた語句の意味が綺麗さっぱり忘れています。これは僕だけでしょうか?
こんなにすぐ忘れるなら意味を調べる必要なんてあるのでしょうか?

Aベストアンサー

あなただけではありません。勉強とは穴の開いたざるで、風呂をいっぱいにするようなものと例えられることがあります。
逆にちょっと目にしたことを、いちいち覚えていたら大変です。人間の脳はいらない記憶を消したり奥にしまうことでなんとかやっていけてます。

Q川端康成さんの少年という作品は川端康成全集10巻に全部話載ってますか? それとも他の巻のほうにも載っ

川端康成さんの少年という作品は川端康成全集10巻に全部話載ってますか?
それとも他の巻のほうにも載ってて続きものですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
 既に紹介されている質問の回答を読めば十分でしょう。新潮社版の全集第10巻に全文収録、です。

 私も参加していますが、随分久しぶりに読み直しました。ここに紹介したリンクも既に都立図書館のものはシステムを変更したのかアクセス出来ません。古書検索サイトの一つも2,3年前に稼動を停止しました。
 ただしこれだけ手がかりがあれば検索は簡単に出来ると思いますので、改めてURLの紹介はしないでおきます。

Q読書になじみがない年配男性にお勧めできる小説等

こんにちは。

元上司(60代半ばの男性)なのですが、退職後、することもなく「暇だ暇だ」と言っておられます。そこで本でもプレゼントしようかと思うのですが、この方、無趣味に近い方で(仕事一筋ウン十年という見本のような方です)読書もあまりされたことがないようです。ちなみに理系のお仕事でした。

このような方でも夢中になれるような本はどんな本だと思われますか?今のところ、推理モノとか、戦国モノを考えているのですが、あまりややこしいのは読書慣れしていない方にはとっつきにくいかな、とか思ってしまいます。

個人的な意見で結構ですし、小説に限りません。また、具体的なタイトルでなくジャンルでも結構です。お勧めのものとその理由をお教えいただければありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

最近ブームになっている「大人のぬりえ」や「奥の細道」はどうですか?
「奥の細道」は自分で書き写していくもので、文章を読みつつ指も動かしつつ…なのでいいと思いますよ。
脳をトレーニングするタイプの本がよく出ているので、理系のお仕事をされていたなら楽しめるのではないでしょうか。

もし、推理小説を考えていらっしゃるのなら複数の作家の短編集が1冊になっているアンソロジーが読みやすくていいですよ。
それをきっかけに読書を始めれば「暇だ~」なんて言う暇もないと思います。
少し前に出た金田一耕助をテーマにしたアンソロジーが文庫で出ています。
自分自身はまだ読んだことはありませんが、もうすぐ金田一耕助のドラマもあるのでお勧めします(執筆者の作品は面白いので大丈夫だと思います)

Q川端康成の自死

川端康成の自死について、自分なりに考えているのですがどうも難しく、真相がなかなかわからずにいます。
三島由紀夫の自死や、川端康成のまわりの女性は、
なんらかの関わりがあったのでしょうか。
みなさんなりの解釈を、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
確信はありませんが、
三島由紀夫の亡霊に悩まされていたと
聞いたことがあります。
もし事実なら、「良心の呵責が見せた幻想」
というところでしょうか。
とにかく川端の中で三島の自死は大きかったのでは?
川端は老人でしたし、心中に膨らんだ重圧に
遂に耐えられなくなった…と私は解釈しています。
自死を決行する時には、
もう右にも左にも曲がれない、
精神の混乱状態だったかもしれませんね。

Q読書法、読書術について

読書法、読書術について
主に読書中、メモや線引きする方は、最終的にどのようなところにアウトプットされているのでしょうか。ぜひ教えてください。

行動に結びつける為や、思考を構築していく方法などよろしくお願いいたします。
たくさんのご回答おまちしております。

Aベストアンサー

学生です。レポートや論文を書くために、よく線引きをしながら本を読みます。線引きしつつ、余白にメモを書き込んだりします。あとで読み返すとき、どう読んだかがわかるようにしておきます。メモを本自体に残しておくと言うことですね。

URLは松岡正剛のサイトなのですが「セイゴオマーキング」と書かれている線の引き方が参考になります。沢山ページがあるので見てみてください。

また思考法については、外山滋比古の「思考の整理学」(ちくま文庫)が役に立ちます。大学生向けに書かれたものですが、「思考を構築していく方法」が参考になると思います。

参考URL:http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1131.html

Q川端康成が中国の大学生に人気があるわけ

中国の大学生に最も人気のある日本人は川端康成なんだそうです。
なぜなんでしょう?
中国の国語教科書に川端康成の小説が載っていたりするんでしょうか?

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/world/20070414it12-yol.html

Aベストアンサー

川端というと、「仏道入り易し、魔界入り難き」という文学です。「魔界」なんて大げさな言葉ですが、私の雑な解釈ですと、現世にない(あるいは失われたか希少の)美的な情景のある世界です。川端の美的センスが実の所あまりわかりませんが、「一即多・多即一」など全的な境地を媒介としつつ、体中のアドレナリンを最大放出することのできる世界こそその芸術的境地だというものです。
中国の大学生は優秀だと思いますので、読解力も高くそれほど誤読されることはないと考えた上で、こうした川端に人気が集まるということは、少々現実に(世相を含めて)嫌気がさしているか、物足らない感情が強い状態ではないだろうかと考えます。

Qパソコンでの読書と実本での読書の目の負担

パソコンモニタで本というか文章を読むとかなり目が疲れます。(本に比べて)
そこで質問です

1、これはパソコンモニタが自ら発光しているからなのでしょうか?(光を直視するから疲れる?)
2、また書籍の電子化がすすんでいる昨今ですが、PCやPDA等で目に優しい読書の方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

1.モニタは発光しています。発光しているため、印刷物よりも目に対しての刺激が強くなります。結果、非常に疲れやすいです。

2.可読性を損なわない程度に、画面の輝度(明るさ)を下げて使用すると良いかと思います。また、目の保護フィルターみたいなものも市販されていますので、利用するのも手かと。

印刷物と同程度の解像度が実現できていないのも要因の一つです。明朝体やセリフ体などのウロコと呼ばれる角ばった部分には、視線の移動を誘導する効果や、適度なリズムを与え、目への負担を軽減する効果があります。それが現在のモニタ上では充分に表現することができません。

電子媒体で紙と同程度の可読性、利便性を持ち合わせることができるのは、現状では存在しません。電子ペーパー本格的な普及を待つより他ないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報