プロが教えるわが家の防犯対策術!

市販の濃硝酸は60%の硝酸の水溶液で
密度が1.36g/立法cm3である。
濃硝酸におけるモル濃度はいくらか。

いまだにモル濃度がわかっていません;
どなたか解説をお願いできますか・・・?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

モル濃度とは「溶液1ℓ中にとけている溶質の物質量(mol)を表した濃度」のことです。


つまり、体積 V(l)の溶液中に、物質量n(mol) の溶質が溶けていたら、モル濃度C は C=n/Vです。
この問題の場合はまず溶液1(l)(=1000cm3)をとったと仮定する(l=リットルです)。すると密度が1.36g/cm3であるから
1.36(g/cm3)×1000(cm3)=1360(g)より1(l)中には1360gの硝酸があるとわかる。
しかしこの問題では硝酸水溶液は60%であるから、硝酸100%水溶液1(l)中に存在する硝酸の60%分しか含まれないことになる。
つまり1360(g)×0.60=816(g)
硝酸60%水溶液1(l)には816(g)の硝酸が含まれている。1(l)中に816(g)含まれていることがわかったので、あとは物質量を計算すればモル濃度がわかることになる。
硝酸は1molでHNO3=63(g)であるから816(g)/63(g/mol)=12.95≒13.0(mol)
濃硝酸のモル濃度は13.0(mol/l)となります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
おぉぉおおお分かりやすい!すごいです!
とても参考になりました

お礼日時:2009/08/09 23:52

簡単に気づくことをわざわざ指摘するのも気が引けますが、目についたもの・・・


#1の回答の、『密度が1.36g/mLなので、1Lなら1.26kgになります』は『密度が1.36g/mLなので、1Lなら1.36kgになります』の間違いです。なので計算結果も少し違ってきます。

モル濃度というのは溶液1リットル中の溶質の物質量(モル数)を意味します。つまり、1リットルあたりに1モルの溶質が溶けていれば、モル濃度は1 mol/Lになりますし、2モル溶けていれば2mol/Lと言うことになります。
なので、溶液1リットルの質量は?→その時の溶質の質量は?→その物質量は?・・という順序で計算します。最後に計算された数値にmol/Lをつければ完成です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
おぉモル濃度ってそういう意味だったんですね!
参考にさせていただきます

お礼日時:2009/08/09 23:44

まず、この濃硝酸1立方cmあたり何gの硝酸が水に解けているかを


求めてください。
次に、硝酸の化学式から分子量を求めてください。
分子量=1molの重量(グラム)ですから、これで1立方cmあたり何molの
硝酸が溶けているか求められます。
最後に、モル濃度=1リットルに何モル溶けているかですから、1000倍
すれば答えが求まります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
どんやら私は未だに解答への順序を踏めてなかったみたいです・・・
とても参考になりました

お礼日時:2009/08/09 23:40

硝酸の分子量をWとします。


今1Lの硝酸があったとすると、密度が1.36g/mLなので、1Lなら1.26kgになります。
濃度は溶質質量÷溶液質量なので、硝酸の質量は、
1.26kg×0.60=0.756 kg=756gです。
分子量がWなので756gは756/W (mol)になります。これが1Lに入っているから、モル濃度(一般に体積濃度とは呼びません)は 756/W (mol/L)。
以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速な回答ありがとうございます!
とても助かりました
参考にさせていただきます

お礼日時:2009/08/09 23:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1M 硝酸の調製方法

 手元に濃硝酸(1.42)69%のものがあります。
 これを使って、1M硝酸を調製したいのですが、どのように調整すればよいのでしょうか?

 化学にはあまり詳しくないので、できれば何%にすればよい、とか、何倍に希釈すればよい、というような記載でお願いできればと思います。

 初歩的な質問かと思いますが、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

nan_01さん、こんばんは。

濃度調製に関しては各原子量や比重などのデータを必要としますが、今回は比重が示されているので原子量から分子量を求めましょう。

硝酸を化学式で示すとHNO3と表せます。ここでH,N,Oの各原子量を1.0、14.0、16.0とすると硝酸の分子量は63.0g/molとなります。

ではまず濃硝酸のモル濃度を求めます。
濃硝酸を1Lと仮定します。すると溶液の重量は、
1000mL×1.42g/mL=1420g
が求まります。次に溶質を求めると、
1420g×69÷100=979.8g
ゆえにモル量は
979.8g÷63.0g/mol=15.55mol
すなわち1Lと仮定したので15.55mol/lとわかりましたね。

さぁココからが本題です。
C:希釈前の濃度
V:希釈前の量
C':希釈後の濃度
V':希釈後の量
とすると、CV=C'V'という公式が成り立つので
15.55mol/l×V=1.00mol/l×V'
として計算できます。

濃硝酸がどのくらいあるのか、1Mの硝酸がどのくらい必要なのかはわからないのでここまでにしておきます。

nan_01さん、こんばんは。

濃度調製に関しては各原子量や比重などのデータを必要としますが、今回は比重が示されているので原子量から分子量を求めましょう。

硝酸を化学式で示すとHNO3と表せます。ここでH,N,Oの各原子量を1.0、14.0、16.0とすると硝酸の分子量は63.0g/molとなります。

ではまず濃硝酸のモル濃度を求めます。
濃硝酸を1Lと仮定します。すると溶液の重量は、
1000mL×1.42g/mL=1420g
が求まります。次に溶質を求めると、
1420g×69÷100=979.8g
ゆえにモル量は
979.8g÷63.0g/...続きを読む


人気Q&Aランキング