J.S.バッハの「トッカータとフーガ ニ短調」について調べているのですが、この作品の演奏形態とは何でしょうか?
教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

バッハやブクステフーデなどバロック時代(と、音楽史では言いますが)の作曲家は、キリスト教会音楽の作曲に多く携わっていることから、パイプオルガンの作品を非常に多く書いております。


このような作品をたくさんお聞きになることをお勧めいたします。

そして、ケースに入っているライナーノーツ(解説書のことをこう言います)をしっかりお読みになり、少しこの種の音楽のことをお勉強なさったほうがよいと存じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

音楽の夏休みの宿題なのですが、パソコンで調べてもわからなかったので…。「トッカータとフーガニ短調」自体CDを持ってなく、聴いたことがなかったので、何も知りませんでした。すみません。
このような質問にも答えていただき有難うございました。

お礼日時:2009/08/17 19:50

パイプオルガンの独奏です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご協力有難うございました。

お礼日時:2009/08/17 19:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QXjapanの曲でトッカータとフーガニ短調からインスパイヤされた曲名を教えてください

Xの曲で、最初の部分がトッカータとフーガニ短調そのものだった曲が
あった気がします。その曲名を失念してしまったので教えてください。

Aベストアンサー

ニ短調ではなくて
フーガ ト短調ではないですか?

それでしたら ROSE OF PAIN ですけれども

Qヘ音記号の場合のニ短調やト短調や変ホ長調の音階の表し方を教えてください。

こんばんは。
音楽がとても苦手なのですが、
ヘ音記号の場合のニ短調やト短調や変ホ長調の音階は、
どのように書き表せばよいのでしょうか?
本やインターネットで調べましても、
ト音記号の場合しか載っていなくて・・。
とても困っています。
変な質問で申し訳ないのですが、
答えていただけると、とても助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ト音記号の場合とヘ音記号の場合の位置関係については分かりますか?
どの程度「苦手」なのかが分からないので幾つかに分けて書きます。
(♪基本・補足条項など  ☆直接的な解答  ★詳細(追加情報))
 
長くなりますので必要に応じて読んでください。ご参考までに。

♪基本事項です。理解していれば飛ばしてください。
ト音記号の場合には一番下の線〈第1線と呼びます)の上に
〈丸い部分が線にかかるとき)音符があるときはハ長調の「ミ」の音に
なり、同じ場所に書いてあってもヘ音記号のときはハ長調の「ソ」の音に
なります。
音階や五線はすべて下から数えます。〈一番下の線は第1線、線と線の間は第1間と呼びます。音も下から〈移動ド読みで)長調ならドを第1音、短調ならラを第1音と呼びます。←固定ド読みならそれぞれハ長調、イ短調と考えてください。

☆ニ短調について
ニ短調の場合には下から2番目の線〈第2線と呼びます)にかかるように♭を一つ書き入れます。これがニ短調の調号。書き始めは第3線〈真中の線)から順に上方向に8個です。
下から数えて7番目の音に♯を一つ書くのが一般的な和声短音階です。
途中の音に何も書かないのは自然短音階。この2つは上行形も下行形も
同じ形です。
★詳細
和声短音階の上行形に更に下から6番目の音にも♯をつけると旋律短音階と呼びます。
旋律短音階の場合には下行形で上から2番目と3番目〈上行形の6,7番目)の音にナチュラルをつけます。
従って一般には自然・和声短音階は〈上下行形が同じ音なので)上行形のみ書き、旋律短音階は〈上下行形が違う音なので)上行形と下行形の両方を
書きます。

♪ポイント
学校のテストなどで出題される場合には「和声短音階」が多いかと思われます。

☆ト短調
ト短調は同じ要領で第2線と第3間(下から3本目=第3線と4本目=第4線の間を指します)に♭各1個、計2個。
書き始めは第1線から、同じく音符は8個。
和声短音階なら下から7番目の音に♯。
★詳細
ト短調自然短音階なら何もつけません。
ト短調旋律短音階なら〈和声短音階に加えて)6番目の音にナチュラルを書きます。〈←上行形)
帰りは上から2番目の音にナチュラル、3番目の音にフラットを書きます。
ト短調では調号が2つあり、第6音が元々フラットのついた音になるので
ニ短調のときと書き入れる記号が違ってきます。

♪補足
つまり…
自然短音階では調号以外に音符に記号はつけません。
和声短音階では第7音を半音上げます。第7音に元々♭がついている場合
ナチュラル、何もついていない場合には♯をつけます。
旋律短音階では第6音と第7音が上行形では半音上がり〈それらの音に調号が何もなければ♯、♭がついていればナチュラルです)下行形は同じくそれらの音が音階本来の音に戻るので♯をつけた音にはナチュラルを、ナチュラルをつけた音には♭を書きます。

☆変ホ長調の場合
調号は第2線、第3間、第1間の順にそれぞれ♭を1個、計3個。書き始めは下第1線(ト音記号のハ長調と同じ)からで良いと思います。
つまり調号がなければト音記号の時のハ長調と同じに見えます。

ちょっと長くなりましたが参考になれば嬉しいです。

ト音記号の場合とヘ音記号の場合の位置関係については分かりますか?
どの程度「苦手」なのかが分からないので幾つかに分けて書きます。
(♪基本・補足条項など  ☆直接的な解答  ★詳細(追加情報))
 
長くなりますので必要に応じて読んでください。ご参考までに。

♪基本事項です。理解していれば飛ばしてください。
ト音記号の場合には一番下の線〈第1線と呼びます)の上に
〈丸い部分が線にかかるとき)音符があるときはハ長調の「ミ」の音に
なり、同じ場所に書いてあってもヘ音記号のときは...続きを読む

Qコラールとトッカータとフーガの違い

コラールとトッカータとフーガの違いを教えてください。

Aベストアンサー

コラール:元来は教会音楽一般を指したが、ルターがドイツ語による賛美歌を作る運動から、プロテスタント教会の賛美歌を指すようになった。
質問者さんはトッカータとフーガと並べていますので、ここでは、そうした賛美歌の旋律のことかと思います。

トッカータ:元はイタリア語で「指ならし」の意。重厚な和音と即興的なフレーズの鍵盤楽曲をいうことが多い。

フーガ:一定の法則に基づいて、一つの主題の規則的な模倣反復を中心にした対位法的楽曲。

Qバッハ・パルティータ 第6番 ホ短調 BWV.830に関して

はじめまして。大人のピアノを習って居りますが、最近、試聴してバッハ作曲「パルティータ 第6番 ホ短調 (トカッター)BWV.830」が気に入りました。大体で良いのですが、どの位のレベルでしょうか?また、ページ数は何ページくらいあるのでしょうか?(長いでしょうか?)
ちなみに今まで譜読みした曲はベートーベン・熱情3楽章、ショパン・革命のエチュードなどですが、バッハの曲はまったく弾いたことが無いので、ご存知の方が居ましたらアドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

トッカータとフーガ、アルマンド、クーラント、エア、サラバンド、ガヴォット、ジーグの7曲から成る大曲ですよ。ページ数は出版社によって違うでしょうがオレの持っているヘンレ版では24ページです。

レベルを一概に判断するのは難しいし無意味だと思うので断言はしません。
バッハは演奏者から見れば他の作曲家の作品とは全く別のものですからそれなりの難しさは覚悟して挑戦してください。

そのために必要なことをいくつか書いてみますね。

まずフーガというものを知らなければなりません。冒頭から大フーガに挑戦しなければならないので。バッハを弾いたことがないそうですが「インヴェンション」も「シンフォニア」も弾いたことないんですか? ならば無謀な挑戦となってしまうでしょう。上記2つ計30曲の他に「小プレリュードとフゲッタ」などをまず勉強しないと苦しみだけを味わうことにもなりかねません。普通は「平均律」をやりながらパルティータ等を勉強するという方たちが多いと思います。対位法の世界をある程度経験・勉強しておかないとキツイと思います。ベートーヴェンやショパンとは全く違う世界ですし、特に左手が右手同様に使えないととても弾き通せません。

パルティータは4つの舞曲を集めた組曲でもあります。バロック期の舞曲がどんなもので、どんなテンポで、どんな踊りだったのかを勉強する必要もありますね。これは音楽だけの問題ではないのでその気になってやらないと意味がないですね。

また、パルティータは組曲の形を借りた変奏曲だとも言えます。できれば和声の進行などを聞き取り、味わうことが大切です。

なんだか無理ですって脅しているみたいになっちゃいましたが挑戦するのはあなたなのですからあとはあなた次第です。ただ、対位法の世界に踏み込むのにいきなりパルティータからというのには賛成しかねます。是非入り口をしっかり勉強してください。

トッカータとフーガ、アルマンド、クーラント、エア、サラバンド、ガヴォット、ジーグの7曲から成る大曲ですよ。ページ数は出版社によって違うでしょうがオレの持っているヘンレ版では24ページです。

レベルを一概に判断するのは難しいし無意味だと思うので断言はしません。
バッハは演奏者から見れば他の作曲家の作品とは全く別のものですからそれなりの難しさは覚悟して挑戦してください。

そのために必要なことをいくつか書いてみますね。

まずフーガというものを知らなければなりません。冒頭から...続きを読む

Q小フーガト短調の替え歌

こんにちは。今私は中学校で、バッハの小フーガト短調についてをやっています。初めて曲を聴いたとき、友達が、『この曲にも替え歌がある』と言いました。どんな歌かご存知でしたら、教えて頂けませんか?あと、どなたが歌っているかも知りたいです。

Aベストアンサー

ブリーフ&トランクス(通称ブリトラ)の「小フーガハゲ短調」なんてのが有名です。

参考URL:http://www3.tok2.com/home/koba2nd/hagetancho-.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報