ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

私の家では、私がDJをやっているもので、Technics製のターンテーブル・SL-1200MK2を2台使用しているのですが、そのうちの一台がなぜか針飛びしてしまいます。

針圧を変えても、何をしても直らず、レコードを再生していると、ある一定のところでずっとそこの音を流し続けてしまうという現象に陥ってしまいます。

これはアームに原因があるのでしょうか?
とりあえず、レコード盤自体や、ターンテーブルのほかの機能については異常は無いです。
針も新品の物を使って検証しましたので、針にも異常は無いです。

オーディオなどにあまり詳しくないので、もし詳しい方がおりましたら、調節や修理は自分で可能なのかなどを教えてください!

もしくは、これはもうメーカー修理に出した方がよろしいのでしょうか?

回答の程、よろしくお願いします!

「ターンテーブル・SL-1200MK2の針」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

チェック項目としては以下のことが考えられます。



・針圧
アナログディスクプレイヤーではカートリッジにあわせた針圧を設定しますが、ゼロバランスといって、おもり(またはバネ)の位置がアームが水平になる位置で針圧の目盛りを0にあわせ、改めて指定の針圧を設定します。これを怠ると本来の針圧がかけられず、結果として軽い針圧となった場合、幅が大きい部分ではり飛びが発生します。

・インサイドフォースキャンセラー
アナログディスクプレイヤーではカートリッジにあわせた針圧を設定しますが、通常針圧と同じにインサイドフォースキャンセラーを設定します。この設定量が適当でないと、振幅が大きい部分ではり飛びが発生します。
針圧が正常でそれでもはり飛びが発生する場合、設定量を針圧より少なくするとおさえられることがあります。

・水平の確認
アナログディスクプレイヤーは水平に設置されることが前提です。水平がでていないと針飛びしやすい場合があります。多くのプレイヤーは足の部分で水平を調整できるようになっています。

・アームのガタ・高さ
アナログディスクプレイヤーのアームはカートリッジにあわせ高さを調整できる機種が多いですが、高さが不適切だったり、調整機構の固定が甘い場合、トラブルの元となる場合があります。

・ハウリング
プレイヤーがスピーカーの音による振動ではり飛びすることがあります。
上記の確認項目をチェックしてまだはり飛びがでるなら、2台のプレイヤーの設置場所を入れ替えてチェックしてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

srxmk3proさん、はじめまして!

丁寧な解説とアドバイス、本当にありがとうございます^^
早速、項目一つ一つを確認していきます!

本当にありがとうございました!

他にもまだまだ回答募集していますので、もし何かありましたら、よろしくお願いします!

お礼日時:2009/08/30 12:23

この症状は突然発生でしょうか?それとも入手されたときから


なんとなく・・・・でしょうか。
針飛びの位置は大体決まってますか?(外周部から5cmくらいとか)
また、針が飛ぶまでの音はまともですか?

突然で決まっててまともであれば、インサイドフォースキャンセラー
の可能性が大です。アーム回転中心部の右にある黒く丸いつまみ
(ANTI-SKATINGと書いてあり、0から3の目盛がある)を一度「0」にして
比較的どうでもいいレコードで試してみてください。
入手当初からであれば、上記プラス全体の水平があってないかな?
まず、この2点をチェックされてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Merlin61さん、はじめまして!
回答ありがとうございます♪

この症状は、入手したときからのものです;;

Merlin61さんの言うとおり、針飛びの位置は大体決まっていて、外周から5cm以内に、突然同じところをリピート再生みたいになります。
しかし、レコードの途中などになる場合もあります。

そして、レコード針とカートリッジを取り付けているアームをレコードに乗せようとすると、ポーンと軽く浮いてしまい、レコードの外へ外へとでてくることもあります;

インサイドフォースキャンセラーですか!
ANTI-SKATINGツマミを調節してみて試してみますね^^

水平については大丈夫と思われます。

本当にいろいろなアドバイスありがとうございました!
また何かありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2009/09/01 19:14

若干失礼な文章になるかも知れませんが書き込みますね。


(1)他の方も書いておられますが、針圧が正しいかどうかは重要です。
一般的にはおよそ2g程度なので、レコードにアームが降りれば、針がほんの少し重みを受けるのが目で見てわかります。軽すぎたらちょっとした振動でアームは滑ったり、何度も同じところを再生します。重すぎたら針が傷みます、レコードにも良くありません。外観に大きな損傷が無ければレコードが回転している場合、普通はアームが中へ中へ入ろうとするように出来ております。
(2)手でアームを外から中へ動かしてみて、何か引っかかるような感じはありますか(ほんの少しでも)・・・●稀にですがアームの根元の出力コードがねじれて引っかかっていることがあります。●インサイドフォースキャンセラーが引っかかってることもありますね。アームの回転部分に糸のようなものが巻きついているとか・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

isy327さん、はじめまして!
回答ありがとうございます^^

針飛び(音飛び)の原因は、どうもアームにあるようです;;
isy327さんが回答してくださった「何か引っかかるような感じ」はなかったのですが、アームの根元がぐらついたりしますし、さらにアームの高さを調節するロックツマミも、ロックができないなど、かなり不良です;;
しかも、アームは、中へ中へと入ろうとせず、レコードにのせると外へ外へと行ってしまいます;;

オークションにて、中古で入手したのでしょうがないのかと思いますが・・・^^;
もし、ダメな場合は、メーカー修理もできるか聞いてみて、修理できそうであれば修理もするかと検討しているところです。

isy327さん、回答、本当にありがとうございました!

他の方も、もし他にアドバイス等がございましたら、よろしくお願いします!

お礼日時:2009/08/30 19:26

カートリッジを動作OKのプレーヤーとNGのプレーヤーで交換してみてください。


カートリッジが原因なのか、カートリッジ以外が原因なのかが切り分けられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

DAVさん、お世話になります!

解説ありがとうございます!
早速試してみます^^

あと、この前の電源ツマミは直りました♪
本当にありがとうございました!

お礼日時:2009/08/30 12:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレコード の 音飛び について お尋ねします。

とても盤面がきれいなレコードなのに、再生すると、音飛びのするものがあります。

その反対に、 汚れやほこりがあるレコードなのに、再生すると、
不思議と、音飛びの ないものがあります。


これはどうしてでしょうか??

上記の きれいで、音飛びのするレコードの方を
音飛びさせないで、再生する方法は
あるでしょうか?


ちなみに、レコードプレーヤーは、TEAC(ティアック)で
特に、安いプレーヤーではないものを
使って再生しています。

オーディオには、あまり詳しくないので、
わかりやすく教えていただけると
助かります。

Aベストアンサー

原因がいくつか考えられます。

まず、No.1の方もおっしゃっている針圧の調整。
カートリッジ(レコード針の付いている頭の部分)には適正針圧がありますので、強くしすぎないように注意しましょう。

あとは、レコード自体の問題。

綺麗なレコードでも、溝にゴミが付着していたら音飛びの原因になります。
音飛びする箇所を重点的にクリーニングしてみましょう。
http://www2.odn.ne.jp/~cbb65630/spray.htm
http://www.sagamiaudio.com/PD-DISKCLEANER.html

レコードに反りがあって音飛びすることもあります。
スタビライザというオモリをレコードに載せる製品があります。
http://item.rakuten.co.jp/avac/at618/

あとは針に付着したゴミが原因の場合もあります。
レコード針専用のクリーナーも発売されています。
針にゴミが付いていると音質が劣化するので、音飛びに関係なく針クリーナーは持っていた方がいいと思います。
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=947403&GOODS_SORT_CD=105

原因がいくつか考えられます。

まず、No.1の方もおっしゃっている針圧の調整。
カートリッジ(レコード針の付いている頭の部分)には適正針圧がありますので、強くしすぎないように注意しましょう。

あとは、レコード自体の問題。

綺麗なレコードでも、溝にゴミが付着していたら音飛びの原因になります。
音飛びする箇所を重点的にクリーニングしてみましょう。
http://www2.odn.ne.jp/~cbb65630/spray.htm
http://www.sagamiaudio.com/PD-DISKCLEANER.html

レコードに反りがあって音飛びすること...続きを読む

QレコードJAZZ観賞におすすめのカートリッジ

最近アナログプレーヤーでJAZZを聴きはじめた初心者です。

カートリッジを変えればけっこう音が変わるときき、カートリッジを調べていますが、
どう選べばよいかわかりません。

今の環境は

ターンテーブル:Technics SL-1200MK5
カートリッジ:SHURE M44-7
針:SHURE N44-7
プリメインアンプ:KENWOOD R-K700
スピーカー:TANNOY MX1-M

今聴いている音は少し中低音がモサモサしていて、高音が足りないと感じます。
もう少し引き締まっていて、クリアな感じを求めております。

JAZZ(ピアノトリオが主です)に適したカートリッジで
おすすめはあるでしょうか?できれば1万円程度に抑えれたらありがたいです。

Aベストアンサー

本来JAZZ用とか専用とかある曲ある楽器が得意なものは無いはずです。オーディオ機器にそういった楽器的な音色は不要ですのであってはならないものだと思います。
SHURE M44-7はご存知のように耐久性を優先したカートリッジですので周波数や音質的にはあまり期待できないかと思います。それでも後のアンプ、スピーカーがよければM44-7の最大限の性能が引き出せます。
後は好みの問題が課題になりますが、そこそこの音は出ているはずです。
むしろTANNOY MX1-Mの音に原因があると思われますがいかがでしょうか。
TANNOYのなかでもバランスが取れたオールマイテイなものですがそれでもやはり癖はついていると思います。

カートリッジ交換については、もし予算があればM-97XEなどはどうでしょうか?かなりコストパフォーマンスに優れていると思います。

http://joshinweb.jp/audio/5321/0042406060370.html

Qカートリッジ 針の曲がり

表題の件について。
私のカートリッジは今年2月に針交換と針の曲がり調整をしてもらいましたが、またすぐ曲がってしまいました。下(腹側)から見て左の方向です。(カンチレバーが反ってると言う事ではないです)
以前インサイドフォースキャンセラは、カートリッジ正面から見てカンチレバーが真っ直ぐに成るように合わせる、と聞いたことが有ります。
しかしインサイドフォースがかかれば、カンチレバーはダンパーを支点として左に力がかかり、インサイドフォースキャンセラをかけるとダンパーは、カンチレバーを支点として右に力がかかると思います。
カンチレバーが左に曲がるのはやむなし、なのでしょうか。

Aベストアンサー

おっしゃるとおりインサイドフォースキャンセラが原因で、
ダンパー自体が歪んでしまったのだと思われます。
ただし、通常の使い方でひどく曲がってしまうとは考えにくいです。

針曲がりを調整してもらったとのことですが、
ダンパーをそのまま使っているのでしたら、ダンパーに付いた癖がそのまま残っている可能性はあります。

使い方に問題があるとすれば、
インサイドフォースキャンセラのかけすぎ、
もう一つは、再生が終わって針を下ろしたまま長時間の放置です。
未検証ですが、日光が当たるような温度変化の激しい環境でも起こりやすくなるかもしれません。

インサイドフォースキャンセラはトレースに問題がなければ掛けなくてもかまいません。
インサイドフォース自体は力が針先で完結しますので、針を曲げる要因には殆どならないです。

スタティックバランス型のトーンアームの場合、
プレーヤーの水平が取れていないと横方向の力になり得ますが、
曲げるほどの原因としては考えにくいです。

Qレコードの針が飛ぶんですが…。

家に古いビートルズのレコードがありますが、聞くと、ところどころで針が飛びます。CDだと色々な復活法があったと思いますが、レコードは復活、無理でしょうか。i-podの時代に何をねぼけたことをと思われるでしょうが、何かもったいない気がするので…。何か情報お持ちの方、よろしくお願いします。(だめならその理由なども)

Aベストアンサー

レーザーレコードプレーヤーは現実的ではないので、今出来ることをやりましょう。
レコードは溝を針でトレースしています。
なぜ針が飛ぶかといいますと溝に邪魔な何かがあるわけでして、
その邪魔な何かは、多くの場合、埃などです。
レコード盤の状態によっては傷のついた所で飛んでいることもありますが。
まずは盤面についた埃を落とす必要があるでしょう。
今でもレコード関係のアクセサリ製品は販売されています。
必ずしもすべてよくなるわけではありませんが、購入して試す価値はあるかと思います。
http://www.communet.co.jp/shop/nagaoka/acce.html
http://www.communet.co.jp/shop/nagaoka/
http://www.audio-technica.co.jp/products/cleanica/at6017.html
http://www.ninonyno.ne.jp/ninonyno/lecture/index.htm

参考URL:http://www6.shizuokanet.ne.jp/wbf/ongen/part1/a_disc.htm

レーザーレコードプレーヤーは現実的ではないので、今出来ることをやりましょう。
レコードは溝を針でトレースしています。
なぜ針が飛ぶかといいますと溝に邪魔な何かがあるわけでして、
その邪魔な何かは、多くの場合、埃などです。
レコード盤の状態によっては傷のついた所で飛んでいることもありますが。
まずは盤面についた埃を落とす必要があるでしょう。
今でもレコード関係のアクセサリ製品は販売されています。
必ずしもすべてよくなるわけではありませんが、購入して試す価値はあるかと思います...続きを読む

Qレコード中央での針飛びと劣化について

テクニクスのターンテーブルを使用しています。

説明書通りにセッティングしているにもかかわらず、
針がレコードの中心部あたりにくると、
針飛びのループ状態になったり、音が劣化したように
感じます。

原因と対策をご存知の方おられましたら
教えてください。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

お使いのプレーヤーの機種が判らないと正確なお答えが出来ません。
最新の機種か?経年の使用品か?はたまたリニアスケーティング方式か?

アナログレコード盤は中心に行く程遠心力で外側に向かおうとする力が働きます。
そこで、針圧と同じ値のダンピング調整が必要ですが、これは適切に調整されていますか?

レコード盤に問題が無く、設置に水平が取れている事を条件に下記の事が考えられます。

最新の物でしたら、即メーカー行きです。
本体かターンテーブル、アームがゆがんでいるか?
ターンテーブルのベース位置がずれているか?
最悪スピンドルの位置ずれの可能性もあります。

Qレコードの音割れ

オーディオ初心者です。
レコードプレイヤーにアンプとスピーカーをつないでレコード鑑賞をしています。
最近、アンプとレコード針を取り替えました。
その結果、レコードをかけると音割れが目立つようになってしまいました。
レコードの種類によって音割れがほとんどないものから聞くに堪えないほど割れるものまで様々ですが、総じて交換前の状態よりはひどくなっています。
ラジオ等を聴く際には音割れしないので、スピーカーやアンプではなくレコードプレイヤーの問題と考えてよいでしょうか?
(アンプが以前よりよいものになったので今までは見過ごしていたノイズも拾ってしまうとか…そういうこともありえますか?)

ちなみに交換したレコード針は、前に使ってたものとまったく同じものです。単に壊れたから買いなおしただけで、ランクアップしてません。

せっかくまたレコードライフが楽しめると思っていたのに音割れに悩まされています…原因と考えられるものと対処法を教えてもらえると嬉しいです!

Aベストアンサー

原因としての可能性は。
1、針圧の不適正
2、針のつけ方の不適正
3、カートリッジ部の接触不良
4、イコライザの故障

1についてもし針圧の調整がわからなければ、針圧0にすることはできますか?
できれば0にして(針が少し浮く程度)カートリッジの上に一円玉2~3枚載せてくださいこれで針圧は2~3gになります。
試してみてください。これで割れなければ針圧の問題です。
正規の2.5gに調整しなおしをします。
2のケースですが、良くあるパターンなのでもう一度つけなしてみてください。つけ方が悪ければなおるはずです。
3も同じくよくあるケースです。ねじ部をよくつかんで締めなおしを試してください。
4はあまり考えられませんが、他の正常なプレーヤーをつないで確認するしかありません。

Qディスクスタビライザーの意味は?

レコードプレーヤー デノンDP-1300マーク2 を所有しています。
ディスクスタビライザーで一番安いのがオーディオテクニカのAT618
ということで、買おうかどうか迷っています。

CDプレーヤーだとエソテリックのVRDSメカのように、CDと同じ
直径のスタビライザーにピタッと全体が固定されるので、意味がある
と思いますが、レコードのスタビライザーはレーベル部分の一部を
押さえるだけなのでどの程度意味があるか解りません。

ここで質問ですが、本当に音質が良くなるのでしょうか。また、メカに
負担がかからないのでしょうか。(軸受けがすり減るとか)
更に、万単位のもありますが高い方が効果が大きいのでしょうか。

以上、教えて下さい。

Aベストアンサー

AT618と言うスタビライザー持っています。
レコードの反り方によっては真ん中を押さえることで反りぐあいが減ってトーンアームの動きが小さくなるものがあります。これを乗せたら凄く音がよくなったと言う経験はないです、安心感にはなります。

Qレコードに落とす針が中心へ向かって滑って演奏できないのは

針が摩滅しているからなのでしょうか?
もう、5個ぐらい、このような症状が出て取り替えてきているのですが、摩滅するまでの期間が短すぎるような思いもあります。

Aベストアンサー

 再度お邪魔します。回答番号:No.3 hossannpapです。
 回答番号:No.4 nokata様のご指摘の件も確かに考えられます。

 このお答えを書き終えて、再度、回答状況を確認しましたら、なるほどと思えるお答えが続いており、もはや私如きの出る幕は無いと思いましたが、折角書きましたので、場所塞ぎで申し訳有りませんがもう一度だけ投稿させて頂きます。

状況認識確認!アームの横滑りは、
(1)-1 針を降ろすと直ぐに起きますか?
(2)-1 横滑りを始める場所は、何時も同じ所ですか?
(3)-1 横滑り開始は、レコードの溝が浅い(ピアニシモ/小音量/静か)場所ですか?
トーンアームの支柱軸に何かが作用!!セッティング以外の外力かも?
 セッティング用の目盛りの場所が大幅に狂っている。(考え難いが)
(1)-2 少しは、音楽を再生してから動きますか?
(2)-2 滑りを始める場所は、レコードに因って様々ですか?
(3)-2 深い溝(フォルテシモ/大音量/音の強弱の差が激しい)の所でも起こりますか?
 チップ(針先)が、左右どちらかに微妙に傾いている。
(交換針で直らないとの事ですので、次の原因となればカートリッジの傾き→それに問題が無ければトーンアームパイプの傾き<前後方向ではありません左右方向です>→トーンアーム支柱のキャビネットへの取り付けが直角になっていない)
(4) 外周から内周までの何所に針を降ろしても、横滑りは起こりますか?
この質問には、上記の何れもが該当しそうです。

※ (1)-1:(1)-2 / (2)-1:(2)-2 / (3)-1:(3)-2 は、同一症状に感じても、僅かな違いから別な原因を想像するという意味での対比と捉えてください。

 ここまでを踏まえて・・・・・
 No.3で書いた条件をクリアーしていたとしたら、セッティングの問題ではなく、異状な状態か故障状態と考えた方が良い様ですね。
 そうなると、回答番号:No.4 nokata様のご指摘に思い当たる点があります。

 トーンアームがシンプル構造との事ですが、それでも、尚、不要な外力が働く要素が有るとすれば、針が取得した振幅情報をトーンアームの中を通りアンプ迄導く『軽く捩ってある細い四本のコード』の悪戯を想像しない訳にはいきません。

 過去に見た記憶です・・・
(1)過去に何らかの手を加えた事に因り、コード長が正常値より短くなっており、トーンアームの動きを強制的に阻害している。
(2)コードの捩れが必要以上で、捩れ自身が要らざる異状作動の原因になっている。

 上記は、通常ならば注意事項に入れる必要の無い項目《偶に!稀に!滅多に!無い事の筈!なんです》が・・・・私も過去に見た記憶が有ります。
 対処としては、コード交換か追加接続でしょうが、アーム支柱軸から出た後の距離が、充分有れば、追加接続も可能でしょうが、非常に近ければ、新たな加工が新たな不要動作に繋がらないとは限りませんので、交換した方が無難なのではと想像しています。
 更に思う事は、このコードを流れる信号は、大変微弱電流の為、周辺の電界環境の影響を大変受け易すいので、ノイズを拾い易い部品です。
 不器用な私基準で恐縮ですが、交換作業はプロにお任せの方が良いと存じます。

 参考になるかどうかは解りませんが、若し興味が有りましたらどうぞ!
レコードプレイヤーの修理関連 http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%BF%AE%E7%90%86&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
高級オーディオの修理関連 http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%AB%98%E7%B4%9A%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%81%AE%E4%BF%AE%E7%90%86&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

蛇足I
レコード針は、本来の使用法であれば、どんなに磨耗していても、アームの横滑りなどと言う作動異状にはなりません!その様な極端な症状になる前に、音割れが激しくなり歪のある聴けたものではない音になります。
 ですから、前のお答え時に「針の磨耗ではなく針先の欠損やカンチレバーが曲がっているなど、致命的な問題が有ると思われます。」と、書いたのです。
 つまり、症状から現状推理するにあたり、思考優先順序として、今回の症状は、針の磨耗を超えた状況だという事です。

蛇足II
 立派な?磨耗針は、金属加工バイトの刃先の様になり、レコードを見事に削り倒します。(昔、本気で試しました<苦笑>)
 一度お試し下さい(微笑)!盤面にレコードの削り滓がちりばめられます。そのレコードは、二度と再生出来ない音になります(合掌)!

 再度お邪魔します。回答番号:No.3 hossannpapです。
 回答番号:No.4 nokata様のご指摘の件も確かに考えられます。

 このお答えを書き終えて、再度、回答状況を確認しましたら、なるほどと思えるお答えが続いており、もはや私如きの出る幕は無いと思いましたが、折角書きましたので、場所塞ぎで申し訳有りませんがもう一度だけ投稿させて頂きます。

状況認識確認!アームの横滑りは、
(1)-1 針を降ろすと直ぐに起きますか?
(2)-1 横滑りを始める場所は、何時も同じ所ですか?
(3)-1 横滑り開...続きを読む

Qレコードプレーヤーによる音の違いはあるか

現在、デノンのDP-1300IIを使っています。

季刊アナログ誌によるとプレーヤーによって音が変わるとのことですが、納得がいきません。
音を決めるのはカートリッジのはずです。

勿論、1~2万円のプレーヤーでは難しいと思いますが、ある程度(DP-1300II)以上なら余程悪い環境でない限りは99%位はカートリッジが支配することになるはずです。

趣味としてガチガチのプレーヤーを使用することを否定するものではありませんが。

そんなにプレーヤーによって音が変わるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)は相当にばらつくものと思います。その観点からすれば、ご質問者のご意見には賛同します。
しかし、ココで重要な事は何かと言うと、趣味としての所有する喜びが、各々の機種にあるかと言う事です。特にアナログプレイヤーは手にふれる、調整するなど、趣味性の高い分野です。たとえば、SMEのアーム、ガラードやトーレンスなどのターンテーブルは触れる眺めるなどの点から、音を度外視してしまう魅力があります。
ハイエンドの世界ではダイレクトドライブよりベルトドライブに人気があるのは、音の違いよりもその構造から来る魅力であると言えます。違いが分かると言われる方もいますが、フェアなブラインドテストで行ったら全く違う結果が出る事を何度も経験しています。
ダイレクトドライブでもエクスクルーシブP3が別なのは、あの重量感とデザインが大きく所有感をくすぐるからです。マイクロの8000などもその部類ですが、マシーン的な外観が所有欲を注がれる人とそうでない人を分けると思います。
ご質問と違う話になってしまいましたが、DP-1300IIであれば、余り評価を気にせずにカートリッジの変化でいろいろな音を試されたらと思います。

評価から逃れる方法はただひとつ、良い音とか、自分の好きな音とかではなくて、そのプレイヤー本体にあなたが寄り添う事に尽きます。DP-1300IIにあなたが寄り添えるならば、もう何も必要ないでしょう。しかしご質問されている事自体から、寄り添うべきプレイヤーではないと言う事になります。
データ上の進歩はあっても、所有欲を満たすものと言うのは本当に少なくなりました。私であれば、アナログ全盛の時代のトーレンスやガラードにSMEやオルトフォンのアームを選択し、聴くと言う事以外に手入れや調整に楽しみを見つけます。ただこの場合は、アンプやスピーカーもそれに見合った物でないとバランスが悪いでしょう。このバランスと言うのは音の観点よりは、所有欲と言う事になります。低価格でも品位の高いアンプやスピーカーは新製品でもあるでしょうが、最近の日本製品には見当たりませんが・・・。マッキントッシュ(アンプ系)、クウォード(アンプ、コンデンサーSP)など、この辺りの程度の良い中古品で組みなおしてアナログを楽しめば、評価の呪縛から逃れられると思います。
そして、現代のオーディオにはPCオーディオをプラスする。PCオーディオは超デジタルゆえ、雑誌で言われるほどの音の差は出ませんし、出ていようがどうしようが、なんといってもアンプ、SPがそんな些細な違いを超えた世界を作ってしまいますから。

所有する喜び、その機器に自分が寄り添う事。この事でオーディオの世界が一変します。毎日手入れが楽しいですよ。

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)...続きを読む

Qレコードのソリを治す方法

早速ですが

重量級180g レコードが 10年ぶり位に 引き出したら 反ったようです。

端の方 外周から 5cm 位 内側に入った所から ゆっくり 反り、はねているようです。

垂直とはいえ、少しは斜めですから、重い分、ハンディなんでしょうか
その周りの普通のレコードは何でもないです。

何かうまい方法で、このそりを修正する事は可能でしょうか

Aベストアンサー

ガラス板などで挟んでコタツの上に長時間置いて直した記憶があります。

検索して見ました。
http://www.lifehacker.jp/2010/01/post_1343.html
http://www.amazon.co.jp/ORB-ORB-DF-01-%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%96/dp/B0008JIEL0


人気Q&Aランキング