質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

麻薬関係のニュースで、よく売人としてイラン人が出てきます。
どうしてイラン人は日本で麻薬の売人をやっているのでしょうか?
また、その麻薬はどこから仕入れているのでしょうか?
警察はその元を断てばいいと思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ANo1です。



引用ミスです。
誤:>どうしてイラン人は日本で麻薬の売人をやっているのでしょうか?
正:>その麻薬はどこから仕入れているのでしょうか?
失礼しました。

無水酢酸を密輸出して中近東もしくは中央アジアでヘロインを精製して日本国内に持ち込んでいるのでしょう。
    • good
    • 1

覚せい剤は中国人マフィア、韓国人マフィア、台湾人マフィアなどが日本に持ち込みそれを日本の暴力団が買い取りイラン人に捌かせているのです。

利益をたくさん上げる為には暴力団員が直接売った方はよいのですが見つかったときのリスク(日本の暴力団は建前上シャブ御法度、バレたら破門ですから)を考えるとイラン人に捌かせた方が安全なのです。そして捕まるのは売りさばいているイラン人のみの場合が殆どです。暴力団までたどり着く前に証拠は消されます。
    • good
    • 1

なぜ、イラン人なのか。

なぜ、核廃絶なのか。プロパガンダだったりしてね。
    • good
    • 1

北○鮮だと思います、因みに其処の船・万○○号が今は日本に入る事が出来ないので麻薬の価格が跳ね上がっているとの事です。

    • good
    • 0

 イラン人がしていることはヤクザの下請けです。


日本にイラン人が麻薬ルートを造ることは不可能だと思います。また麻薬で捕まった人は「イラン人から買った」と言えば深く追求されないそうですのでそう言う人も多いようです。芸能界の麻薬ルートは解明して欲しいと思います。
    • good
    • 0

>どうしてイラン人は日本で麻薬の売人をやっているのでしょうか?


おそらく自国もしくは近隣の地域(国とは言えない曖昧な部分)。

8月に無水酢酸の密輸が名古屋港で見つかっています。
関税法違反(無許可輸出未遂)です。
無水酢酸はヘロインの原料です。
これをパキスタン人がアフガニスタンに密輸しようとしていた。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコカイン、ヘロインを辞めた方にお聞きしたいのですが、ある程度年数がたっ

コカイン、ヘロインを辞めた方にお聞きしたいのですが、ある程度年数がたっていればもうやりたいと思わなくなるものなのでしょうか?

彼が昔やっていたことを知りました。
昔の話は聞かないようにしていましたが、先日少しだけ話をしてくれました。
私はただ彼の話を何も言わず聞くことしかしなかったので細かい情報も分からない状態で
す。
「よく辞めれたね」と言ったら、「コカインはきつかった」とだけ言っていました。
当時どのくらいの摂取量でどのくらいの期間やっていたのかは分かりません。
自分自身やったこともないし、知り合いにやっている人(やっていた人)もいないので、全くわからないのです。
それを聴いて引くと言うより、心配になりました。

彼は最低でも4,5年前から辞めているとは思います。

全くやりたいと思わない期間が何年あっても、年数に関係なく突然やりたくなるものなのでしょうか?

またどういった方法で辞めましたか?

辞めたという表現ではなく、我慢しているといった方が正しいのでしょうか?

全くやりたいと思わなくなることもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

薬物経験者もしくは、薬物使用者が多い業界で仕事をしていた経験と、薬物が手軽に入手可能なアジアでの生活を経験してきた物ですが、興味本位で使用した経験程度成らば、本人の努力しだいで再び使用する事を抑える事は可能かも知れませんが、コカインはきつかった、と言う発言が出るようではおそらくかなり常習的に使用していたと考えた方が良いと思います。

日本における使用者の状況からしてもコカイン、ヘロインの使用を行って居たと言う事は、おそらく全ての薬物を使用した経験を積んで居ると考えられます

質問の通り、辞めたという表現ではなく、我慢しているといった方が正でしょう、あえて言うなら今は使って居ないというべきでしょうか。

薬物依存の怖いのは、今は使って居なくて、普通に生活できて居ても、生活の中で極度なストレスや、偶然で有っても、薬物が手に入る環境に措かれた時だと思います。

心が弱っている時や、悩みを抱えている時、本人の意思で制御する事は大変難しい様です、現にその様な環境で再使用をしてしまう人を何人も見てきました。

もし貴女が私の身内で相談を受けていたなら、私は彼が過去に殺人を犯し服役していたと言う話しならば、罪を償い更生しているのなら、其れをとがめたり交際に反対はしないでしょうが、相談者さまの彼氏の様な状況で有れば、交際事態を反対します。

殺人は本人の心しだいで再犯する事が防げますが、薬物は其処が非常に難しいからです。

特に自分はもうやらないと言う人が危険です、常に再使用の恐怖を持った人の方が再使用率は低い様に経験から感じます。

薬物経験者もしくは、薬物使用者が多い業界で仕事をしていた経験と、薬物が手軽に入手可能なアジアでの生活を経験してきた物ですが、興味本位で使用した経験程度成らば、本人の努力しだいで再び使用する事を抑える事は可能かも知れませんが、コカインはきつかった、と言う発言が出るようではおそらくかなり常習的に使用していたと考えた方が良いと思います。

日本における使用者の状況からしてもコカイン、ヘロインの使用を行って居たと言う事は、おそらく全ての薬物を使用した経験を積んで居ると考えられます

...続きを読む


人気Q&Aランキング