『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

投票用紙の折り方 なのですが、
(1)縦に長~い長方形になるように折りますか?
それとも、
(2)上下に折って、正方形に近い形にしますか?

私は(2)なのですが、家内は「(1)が当たり前じゃない; 穴に入りやすいように、細長く折るのが当たり前でしょ」 と言います。
皆さんはどうされますか(されましたか)?

投票用紙は、折っても元に戻る 特殊な紙が使われていると聞いています。繊維の向きによって、折り方→復元力 も異なってくると思うのですが、そんなことはともかくとして、「どっちに折るか?」 という単純な疑問です。

皆様のご意見を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

はじめまして、よろしくお願い致します。



わたしは、意識してません。両方しました。

しかし、後から考えたら(1)の方が開票する時に楽なようです。

次回は、折り方を選挙管理委員に聞いてみます。
    • good
    • 0

折らずに入れています。


だって、折らなくても穴が大きいので十分入れやすいでしょ?
すぐ、箱に入れるのに、折って秘密保持だなんて不可思議です。
今回、折っても元に戻る紙を使う事になったのを聞いて、
ちょっぴり、ご満悦です。
    • good
    • 2

私は今日の投票で3枚とも折らずにそのまま入れました。

    • good
    • 1

 最近の開票作業は、機械化され読み取り、枚数の確認はお札を計算する機械を改良した機械を使い、候補者名の読み取りと数量チェックを同時に行なえるようになっています。


 したがって、折り目がない方が好都合なのでミシン目が廃止になったようです。
 以前は交付するときに交付機械を使って、わざわざミシン目に沿って折り曲げていました。これを廃止する事によって何割かは折り曲げずに投票箱に入れられる事になります。人間の心理をうまくついたものと思います。
 最近はよほど強く折り曲げない限り、記憶形状用紙というのか開票のおり投票用紙を広げる手間を省くため、投票箱の中で広がるようになっていますが、そのまま折り曲げずに投票された方が機械の通りがいいようです。
 秘密保持でどうしても折り曲げたい場合は縦、横の折り目は、機械に通す関係で統一されていれば紙詰まりのようなトラブルも減り、開票作業がスムーズになり時間短縮になると思います。従来からの習慣では縦折りにする投票者が多いようです。
    • good
    • 0

折り方に規定はありませんが以前は最初から縦に二つ折りになっていました


今日投票に行ったら折り目がありませんでした
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Qアンツーカって何?

僕は野球については、あまり詳しくないんですけど、
ラジオの解説で、「アンツーカにボールが飛んでいきました。」
と、よく言っていますけど、アンツーカって何でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、私は27年程テニスをやっています。

アンツーカとは特殊な粘土を高温で焼いた多孔質で水はけの良いレンガ色の土のことです。
語源はフランス語の「en tout cas」からきており,「どんな場合でも」という意味だそうです。

テニスの四大大会の内のひとつのフレンチオープンではこの土が使われています。通称
「レッドクレー」で、ボールの勢いが弱まるためにラリーが多くなり、タフでないと勝てない
コートです。

野球ではベースの回りとランニングゾーンがこの土で、ボールがここでバウンドすると
芝と弾み具合が違うので野手はエラーをしやすいです。

Qウインドブレーカーは雨具の代わりに?

はじめまして、よろしくお願い致します。明日8/24の夜から富士登山を河口湖口より挑戦したいと思っております。風除け等きちんと防寒が出来るようウインドブレーカー(ミズノ社製:12,000円)を購入しました。が、実際の所ウインドブレーカーは雨具の代わりになりますでしょうか?こちらの質問をよく見させて頂いたのですが、「ゴアテックス製」のレインコートはウインドブレーカーの代わりにもなるというような事が書かれていたのですが・・。レインコートはウインドブレーカーの代用が出来て、ウインドブレーカーはレインコートの代用にはならないのでしょうか?すみません、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ウインドブレーカーは一般に防水性が弱いので、小雨程度しか対応できません。レインコートが別に必要と思います。予算がない場合、コンビニでビニールカッパを買って、ウインドぶれーかの下に着るといいかも(ビニールカッパは破れやすいので上に着ない方がよいです)

あと、雨具は上下そろっていればいいですが、上だけだと風の強い富士山では雨具として役に立ちません。下も買っておきましょう。

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Qじっとしている時に身体が揺れているような感じ

じっとしている時に身体が揺れているような感じ

ここ一週間くらいのことなのですが、座ったり、横になったり、じっとしている間中、
地震のような、グラグラと身体が揺れている感じが続いています。
とにかく、家にいるときは、常に身体?というか、頭の中が揺れているような感じです。
動いているときは、全く感じないのに、静かにしている間はずっと揺れています。
そのことによって、倒れ込んでしまうようなことはなく、
気持ちが悪いとか、頭が痛いとかもありません。

去年の12月に、立ち眩みや、足の痺れなどで、MRIとMRAを受けて、
全く異常なしでした。
耳鳴りもひどくて、耳鼻科にもかかりましたが、
はっきりとした原因がわかりません。
医師には、精神的なものではないか?と言われて、
自分自身でも、家族が亡くなったり、仕事のことなど、
強いストレスを感じているのですが、
自律神経失調症ということはあるのでしょうか?

MRI・MRAを受けた際、病院の医師から、
私は30代前半なのでうが、
「脳梗塞とかを心配しているようだけど、あなたの歳ではまず有り得ない。」
「腫瘍が出来ているとかもないし、血管もまったく問題ない。」
と、言われました。
それから、半年ほどしか経っていないのですが、
頭が変なので、とても心配で、不安になってしまって、
でも、検査代もバカにならないし・・・と、
検査を受けた方が良いのか、迷っています。

どなたか、アドバイスをお願いします。

じっとしている時に身体が揺れているような感じ

ここ一週間くらいのことなのですが、座ったり、横になったり、じっとしている間中、
地震のような、グラグラと身体が揺れている感じが続いています。
とにかく、家にいるときは、常に身体?というか、頭の中が揺れているような感じです。
動いているときは、全く感じないのに、静かにしている間はずっと揺れています。
そのことによって、倒れ込んでしまうようなことはなく、
気持ちが悪いとか、頭が痛いとかもありません。

去年の12月に、立ち眩みや、足の痺れ...続きを読む

Aベストアンサー

めまいですかね?

前にめまいを起こした時にそんな感じになったことがありますね。

でも一日で治まったから一週間は長いですね。

めまいというと軽く考えがちですが、結構つらいです。

それだけストレスを感じていれば、めまいをおこす条件は、そろっていますね。

また自律神経~もバランスが崩れていると思います。

月に一回くらい市役所などから発行される情報紙のようなものがポストに入ってたりしませんか?

こちらでは「広報」というものなのですが、それをみると定期的に健康センターのようなところで無料で成人健康相談というものやってたりしないでしょうか。

もしあれば行ってみると良いかもしれません。
1対1でお話してくれるので何でも相談できますよ。

図書館や市役所にもあるものですが、お住まいの地域にあるかどうかわかりませんので、
もしなかったら、ごめんなさい。

自律神経だったら「玄米茶げんまいちゃ」飲んでみてください。

これには、精神を安定させたり、自律神経のバランスを正常に保つちからがあるそうです。

ぼくも自律神経~だったので、しばらくコレばっかり飲んでましたが、すごい楽になったの覚えてます

めまいですかね?

前にめまいを起こした時にそんな感じになったことがありますね。

でも一日で治まったから一週間は長いですね。

めまいというと軽く考えがちですが、結構つらいです。

それだけストレスを感じていれば、めまいをおこす条件は、そろっていますね。

また自律神経~もバランスが崩れていると思います。

月に一回くらい市役所などから発行される情報紙のようなものがポストに入ってたりしませんか?

こちらでは「広報」というものなのですが、それをみると定期的に健康センターのようなところ...続きを読む


人気Q&Aランキング