今からイチゴを栽培しようと思っています。
苗などはホームセンターで購入しました。
プランターは20×60×20(縦×横×高)くらいの物を使用するつもりです。

そこで、気をつけるべき事を教えてください。
あと、収穫して食べれるのはいつになるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは、



私もプランターでイチゴを育てています。私の場合は、10月頃植えて、現在もイチゴがなっています。もう、3年ぐらいになります。品種は、トヨノカとサチノカです。

土は、普通の培土(花の土)など、水はけの良い土を使います。イチゴの味を良くする為に、リン酸肥料を少し加えて下さい。それぐらいのプランターなら、約100グラム程度の骨粉か過燐酸石灰になります。(なければ、無しでもよい)

プランターの大きさからして、苗3株程度植えるのがよいです。

苗の状態はどうでしょうか?花は見えていますか?
花が咲いている状態でしたら、苗を植えて、肥料(できれば有機肥料)を200グラムぐらい、株に間において下さい。
花が見えない状態でしたら、そのまま肥料なしで植えて、花が見えたときに同じように肥料をやって下さい。

苗を植えてから、2週間は土を乾かさないように頻繁に、水をかけます。

花が咲いたら、受粉をします。本格的にイチゴを作っている農家は、ミツバチを飼って受粉させています。もし受粉させなければ、イチゴの形がゆがんだものになります。受粉やり方は、ワリバシの先にワタみたいなものをつけて、花をポンポンと軽くたたきます。
花が咲いてから、だいたい30日ぐらいで収穫です。(冬場は45日ぐらいでしょうか)

イチゴに付く病気・虫も数多くあります。一番の気をつけるのは、ウドンコ病です。ウドンコ病は、イチゴの葉の裏や実に、白いカビが発生します。
まずは、こうならないように、プランターにイチゴを植えてから、定期的に活力剤などを霧吹きで散布してやります。活力剤は、キトサンや木酢液が一般的です。

イチゴの実が色づきかけたら、水は控えめにします・・味を良くするためです。
実は日に当てたほうが、良いので、葉の陰にならないように出してやります。
イチゴの実は花が咲いてから、収穫までの日数が長いほどおいしくなります、冬のイチゴが美味しいのはそのためです。
イチゴの花が出る、葉が5枚ぐらい出る、また花が出るというのを繰り返します。

イチゴの実が成ってきたら、かなり葉が茂ってきますので、黄色くなった下葉を取り除いて下さい。手入れしてやれば、7月ぐらいまで、実はとれますが、暑くなってきて、イチゴの味は酸っぱくなってしまいます。

収穫が終われば、イチゴはランナーという、芽を出してきます。このランナーから、次の苗を取ることができます。

冬場でも、室内でイチゴを育てることができます。そのときは、品種はサチノカをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昨日苗を植えました。ちょうど1つのプランターに3つずつ。計9個です。
苗の状態は、まだ葉しかありません。
水分の調整と、肥料、受粉、害虫駆除がポイントですね!
期待ばかりが膨らんでいますが、期待が大きい分不安もつのります。
今は、“花が見えたら肥料”を心がけておきます。
栽培中、また分からない事があったら質問させていただきますので
よろしくお願いします!

お礼日時:2001/03/18 00:37

栽培方法は他の方がおっしゃるとおりです。

そこで植え付け時に注意が1つありましたので付け加えさせていただきます(ご存じでしたらごめんなさい)。苗には次の葉っぱなどが出てくるクラウンと呼ばれる場所がありますが、植え付け時深く植え付けてこのクラウンまで土がかかることがないようにしてください。農家などでは畝作りにして苗を高くして植えています。私はこれを知らずに何度か失敗しました。今年は私も苗を枯らさないようにしたいと思っています。おいしいイチゴが沢山収穫できるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん!アドバイスありがとうございました。
やっとの思いで少しずつですが、収穫に至っています。

味は、酸味も甘味も全体的に薄いような気がしますが…(笑)
自分で作ったものを食べることができて、とりあえず成功です。

お礼が遅くなり、また一括してお礼をさせて頂くことをお許し下さい。

また、来年頑張ってみようと思っています (*^.^*)
ありがとうございました!!

お礼日時:2001/05/17 02:01

関西では路地物イチゴは初収穫がゴールデンウィークごろです。


5月いっぱい実がなります。
食用目的で立派なものを摘みたければ
初めて咲いた花は 摘み取ってしまいます。
次々と実が出来ますが、最初は大粒で立派なものが2個ほどつき
順次小粒になっていきます。
一株に合計 10粒少しできるとおもいます。
苗を植え付けるときは、土を柔らかくのせます。
化成肥料をおいてから土の上に黒いビニールをかぶせます。(マルチング)
土の温度をあたたかくし
雑草をはえなくし、出来たイチゴの実が土について汚れないようにするためです。マルチングを省略してはいけません。
実がつきだしたら、ランナーというつるが伸びてきますが
これは 順次切り落とします。
ナメクジに気をつけてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
(すごく分かりやすいです!)
ナメクジがくるとは知りませんでした。
母はニョロニョロしたものが大嫌いなので、
忠告しておかないといけないようですね。

初めて咲いた花を摘むこと・マルチング・ランナーを切り落とす
上記を守り、おいしいイチゴを収穫しようと思います。

お礼日時:2001/03/17 13:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイチゴの葉が巨大化しています。

今年初めてイチゴの苗を植えました。一応花も咲き実もつかましたが3株で5粒という有様でした。花自体が少なかったので咲いた分については結実したように思います。実がなる前から葉がどんどん大きくなり今も見たことないくらい大きな葉がついています。ランナーが出始めていて新しい葉は今のところ大きくはありませんがこのままにしておいていいのでしょうか?新しい株を育てるときは(定植ではなく今)赤玉土などでいいのでしょうか?肥料はいりますか?花が少なく葉が大きすぎるというのは肥料のかたよりのせいなのでしょうか?土は園芸用のはじめから肥料の入ったものを使いプランターで育てました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

葉が小さいよりは、大きい方が良いです。
小さいのが、いけない理由は
1.肥料不足。
2.何年か作っていると、まず間違いなしにアブラムシの媒介で株にウイルスが
入って全体的に株が萎縮します。
これがひどくなるにつれ、いわゆる玉のびがせず、収穫量が段々下がります。
ですから、農家は2-3年に一度は健全な苗を購入しています。
3.それと面倒な病気でイチゴ萎黄病あります。
これは土壌伝染性の病気で、罹病した苗などからうつります。
ただし、家庭菜園では連作が少ないのであまり見かけません。
葉が少し黄色で、三つ葉の左右の大きさが違います。

さて、貴方が植えた物ですが、肥料が多すぎた事もあるかもしれません。
植えられたのが、去年の秋でしょうか?それとも今年の2-3月でしょうか?
もし、今年になって買って植えたのであれば、その時には勝負が決まっていました。
イチゴの花芽分化は品種によって違いますが、ある温度以下の蓄積で起こります。
すなわち、今年なら、もう花芽の数は決まっていたと思います。

今年なら、そして価格が300円以上する物でしたら、親苗用に育てられた物かも
しれません。
ウイルスフリー苗と書いてあったら、それはウイルスに犯されていない親苗用です。

ランナーを走らせるのには地植えが良いです。
イチゴは苗の出来で花芽が決まりますので、ランナーとて、赤玉土のような肥料分が
少ない土ではダメです。
特にランナーを仮植えする場所は、堆肥や腐葉土が沢山入っている事が絶対的な条件で、
ヒゲ根よりは2mm位の長い根が多くある苗を目標にして頑張ってください。

ランナーは3-5枚くらいの葉があり、老化現象の茶色の根がない物を選んで、
遅くとも9月の初めに、仮植え床に植え替えて下さい。
仮植えは深植えしないこと、枯れ葉は順次とる事。

葉が小さいよりは、大きい方が良いです。
小さいのが、いけない理由は
1.肥料不足。
2.何年か作っていると、まず間違いなしにアブラムシの媒介で株にウイルスが
入って全体的に株が萎縮します。
これがひどくなるにつれ、いわゆる玉のびがせず、収穫量が段々下がります。
ですから、農家は2-3年に一度は健全な苗を購入しています。
3.それと面倒な病気でイチゴ萎黄病あります。
これは土壌伝染性の病気で、罹病した苗などからうつります。
ただし、家庭菜園では連作が少ないのであまり見かけま...続きを読む

Qイチゴの花が咲きません!

5月上旬に、ホームセンターでいちごの苗(とよのか)を購入しました。
ベランダなのでプランターに植え替えてそろそろ2ヶ月・・・
葉っぱだけが青々と成長しています(泣);

次々に新しい葉が出てきて、元気に育っているのですが、
一向に花が咲きません。
ダンナは「1株だから受粉しないんじゃないの?」っていうのですが、
花が咲かないのに受粉もなにもないですよね~。

買った株が何かおかしかったのでしょうか?
これから(そろそろ7月)実がなる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ふつう販売されている苗の状況を書いておきます。
1.前年の春に開花して実が成ります。
2.その後半からランナーが四方に出て、ランナーについた子株は順次活着していきます。
3.それらの子株を8-9月頃、切り離して仮植え床に移植して培養し、定植用苗に仕立てていきます。
この期間中に短日と低温の積算蓄積で花芽分化して、少しずつ花芽が大きくなります。
その時の形状は低温によって、タンポポの冬越しと同じように地面に密着するようにロゼット状になります。
4.この苗を定植に用いるには10-11月頃に移植を行ないます。

A.これを実を成らすための苗として年明け頃から3月頃までにホームセンターや種苗店で売っています。
この苗を見た目で書きますと、まずは前年の葉ですから硬くて色も濃い緑です。
つぎに葉はまだロゼット状のなごりで横に伸びています。
そして新しく伸びる花や葉が収まった中心のクラウン部が少し緩んでいれば花芽が見えます。

販売されている苗のもう1つのタイプは
B.3で培養された物をハウスに植えて、温度を上げ早くからランナーを伸ばして、子株を増やし仮植して大きくした物です。
このタイプですと、実を採る為ではなく、ランナーを伸ばして増やすための親株用です。
これは花芽が形成されていないので、花が咲く事はほとんどありません。

メリクロンで由緒正しく増殖された物は、ウイルスフリー苗として管理され、販売時にも表示されていることが多いです。
ウイルスフリー苗は特価でなければ、300円以上はします。

話を戻して北海道とはいえ、今、花芽がなければ今年は無理だと思います。
>花が咲かないのに受粉もなにもないですよね~。
↑これ当然、ダンナさんは再教育!(笑)
ランナーが出れば子株を採って仮植えして、苗を作るしかないです。
北海道のベランダで越冬できるかはわかりません。

イチゴの力は仮植え床の肥沃さでほぼ決まります。
また、その時の管理では、枯れかけた葉は順次取っていきます。
これでクラウンが大きくなります。深植え厳禁。
言い換えれば、根のボリュームやクラウンの大きさです。
クラウン部が親指位になるようにがんばってください。

ふつう販売されている苗の状況を書いておきます。
1.前年の春に開花して実が成ります。
2.その後半からランナーが四方に出て、ランナーについた子株は順次活着していきます。
3.それらの子株を8-9月頃、切り離して仮植え床に移植して培養し、定植用苗に仕立てていきます。
この期間中に短日と低温の積算蓄積で花芽分化して、少しずつ花芽が大きくなります。
その時の形状は低温によって、タンポポの冬越しと同じように地面に密着するようにロゼット状になります。
4.この苗を定植に用いるには1...続きを読む

Qいちご苗についたアブラムシ

イチゴの苗を植えています。
先日、葉の裏を見たらアブラムシがび~っしりついていました。
アブラムシにはオルトランが効くと聞いたのですが・・・実がなったら食べたいと思っています。
オルトラン使っても大丈夫なのでしょうか?
できる事なら薬品を使わずに育てたいのですが、何か良い方法はないでしょうか?
どうしても薬品を使わなくてはならない場合、安心して使える薬品はありますか?
ご存知の方、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

#1ですが、思い出したので再度登場です。

かたくり粉を水で溶いて、はけでアブラムシに塗るのも
窒息させることが出来るので効果的だと思います。
牛乳もはけで塗ったほうが手間になるかと思いますが、
効果が高いです。

後はかなり原始的な方法ですが、ナナホシテントウやナミテントウは
アブラムシが大好物でアブラムシにとっては天敵なので、
見つけてきて、イチゴ苗に放してあげる方法もあります。
テントウムシでもニュジュウホシテントウ(斑点が多いヤツです)は
作物を食べる害虫なので、間違えないようにしてください。

害虫は乾燥して空気の流れが悪いところに発生するので、
鉢で育てているのでしたら、風通しの良いところに移動したほうがいいと思います。
(高温のところも害虫は好みます)

安心で美味しいイチゴが食べられるといいですね。

Qいちごが枯れてしまいます

いちごが枯れてしまいます。

ホームセンター等でいちごの苗が販売される時期に毎回買っているのですが、どうしても写真のようになってしまい実をならすことができません...
原因としては何が考えられますか?

Aベストアンサー

根が傷んでいるんじゃないかと思います。
原因は、ポットから植え替える時にいじりすぎたか、
根っこにダメージを与える虫(コガネの子とか)が土中にいたか、
水の過不足か、肥料のやりすぎあたりだと思います。

> 水は朝夕とやっていました

この時期に、ですか?
多分、やりすぎだと思いますよ。
いちごは乾燥を嫌うけど、過湿も大嫌いです。
うちは20年前に植えたいちごが世代交代しつつまだ生きているけれども
この時期の水やりは1週間に1回です(東京で一般的な長い園芸用のプランター使用)。
真夏でも、3日に1回くらい(それ以上やるとキノコが生えてしまう・・・)。

もし、中心に新芽が残っているのなら、しばらく放っておいてはどうかと思います。
もうだめかもしれないけれども、焦ってあれこれやると、余計に悪くなるばかりです。

Qイチゴ栽培での追肥を液肥だけで補うには?

イチゴ栽培での追肥を液肥だけで補うには?
昨年は有機肥料で育てた為モグリバエが大量発生。
温暖な南向きベランダの為か越冬し、うどん粉病を媒介し蔓延
薬を数種使用しても収穫できずに処分した株が多々ありました

それで今年は病気に強い種の株と液肥だけで作ってみる事に。
現在はプランターに元肥入り培養土に植え1カ月程経った状態です

そろそろ追肥を始める時期ですが、いつまで続けるのか疑問がでてきました
大体粒状肥料は2カ月程で効果が切れると聞いたのですが
定植1か月後と2月に与える追肥時期に合わせると
今から2カ月間と2月から2カ月間に(1週間に1回の間隔で)
液肥を与えればよいのでしょうか?

園芸店では着花前に肥料を切らさないと葉ばかりが茂り着花率が悪くなると聞いたのですが
花ごころの正しい液肥の与え方では開花後から収穫が終わるまで与えると記載されてます
どちらが正しいのでしょう?

使用液肥はハイポネックスのハイグレード野菜&ハーブですが
イチゴへの追肥期間をHPで見つける事が出来ませんでした。
どなたか御教え頂けないでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

冬越しイチゴ(5月収穫目標)は、液肥だけで栽培はしませんからね。
温室栽培は高架式水耕なので別。

>園芸店では着花前に肥料を切らさないと葉ばかりが茂り着花率が悪くなると聞いたのですが
>花ごころの正しい液肥の与え方では開花後から収穫が終わるまで与えると記載されてます
>どちらが正しいのでしょう?

 どちらも正しい。
 つまり、着花前までに1度肥料を切らす。花を確認後に追肥。の順ですから。

>2カ月間と2月から2カ月間に(1週間に1回の間隔で)
 液肥を与えればよいのでしょうか?

 ずるずる液肥をあげて続けては駄目です。
 植え付け時にチッソが少ないことが花芽分化の促進に不可欠だ
 ということを念頭に入れてください。つまり、肥料のPNKの量が判りにくい
 元肥入り培養土は本来避けるべき。
 2月下旬にはほぼ肥料が1度切れる事を念頭に入れます。
 温暖も度を越すと病気になりやすく、実つきも果重も悪くなります。
 
前回ですが、おそらく生育初期の多肥多湿が敗因でしょう。風通しも悪かったかも。
今回ですが、既に元肥入りなら、今回はしなくても良い位ですが・・・
気休めにお手持ちのハイポネックスを3000倍で希釈し1回ですね。
2月に化成肥料を少量(1株10g)でOKです。この時点で土が酸性に傾くなら、
苦土石灰を必要量施します。

ハイポネックスハイグレード野菜&ハーブはN-P-K=6-10-5なので
リンの多い配合。つまり、開花後~収穫まで使うのがベスト。

冬は様子見で枯れない程度に水をあげる。
3月に入り平均気温が15度を超えたら、たっぷりの水を。
(ある程度土が乾燥しない限り水は厳禁。毎日ザバザバ習慣は駄目)
イチゴは最初は厳しく、後半はゆったりのびのび育てるのが良い実をつけるコツ。
3月中に花が咲いてしまったら、すべて摘み取ります。

成功を祈ります。

冬越しイチゴ(5月収穫目標)は、液肥だけで栽培はしませんからね。
温室栽培は高架式水耕なので別。

>園芸店では着花前に肥料を切らさないと葉ばかりが茂り着花率が悪くなると聞いたのですが
>花ごころの正しい液肥の与え方では開花後から収穫が終わるまで与えると記載されてます
>どちらが正しいのでしょう?

 どちらも正しい。
 つまり、着花前までに1度肥料を切らす。花を確認後に追肥。の順ですから。

>2カ月間と2月から2カ月間に(1週間に1回の間隔で)
 液肥を与えればよいのでしょうか?

...続きを読む

Q四季なりいちご、おいしいのはどれでしょうか

四季なりいちご、おいしいのはどれでしょうか

四季なりいちごを栽培してみたいと思っています。
色々な品種があるようですが、多少手がかかってもおいしいのが良いです。
おすすめがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

>やっぱり四季なりはそれなりの味しかしないのでしょうか…。

はっきり言って、四季成りの品種で一季成りのものを凌駕する品種があれば、その品種が市場を席巻するでしょうね・・・
それなりの味と思われたほうがよろしいかと・・・・
「なつあかり」(文章を見直したら打ち間違えでした。)が手に入るのなら、一番無難だと思います。
参考:「いちごなページ」
http://www.geocities.jp/higasyan/index.html
なつあかり
http://trg.affrc.go.jp/v-museum/cutedge/cut-h07.html

基本的に花が咲いて赤くなる時期が長いほどイチゴの食味は良くなります。
(味の旬といわれるのは1月下旬の花が咲いてから収穫まで45日ぐらいかかる時期のものです。)

Q初めてのイチゴ栽培 何が失敗でしょうか

昨年秋 ほうこう 女峰 とよのか を2株ずつ3個のプランターに植えました
今収穫しているのですが 思うような実になりませんでした
ほうこうは実が小粒で株も小さいままです数も少ないです
とよのかは実の形が変です(画像左端)数も少ない 株の大きさはほうこうより大きい
女峰は株が大きく 葉っぱも大きく広げていますが ほとんど実がふくらみません(画像右端)

何が悪かったのでしょうか?来年リベンジに向けてアドバイスをお願いします

土は新しいものを使いました 元肥もしています
ベランダで日照は 4~5時間確保できていると思います
 

Aベストアンサー

受粉が上手くいかなかったのではないでしょうか。
イチゴは花の雌しべの一本一本が、イチゴ表面にある種(つぶつぶ)に繋がっているので、虫が花を一周回って受粉しないと画像左のとよのかのようにいびつな形になるそうです。
膨らんだのは受粉された部分、凹んでるのは受粉されていない部分です。

Qミニトマトの葉が黄色くなって・・・

ベランダで育てているミニトマトの葉が黄色くなってきてしまいました。
もう終わりなんでしょうか?でもまだトマトは4個くらいしか食べていません。
他のトマトはまだ青いです。
そういう病気もあるんですか?教えてください。

Aベストアンサー

トマトは、他の野菜類に比べて、かなり肥料食いです。
元肥を入れていたとしても、成長に伴って、追肥が必要になってきます。
トマトに限らず、葉が黄色くなるのは、肥料不足のサインです。
ベランダということなので、たぶん、プランターかと思いますが、地植えにくらべて、特に肥料不足になりやすいです。
今からなら、即効性の化成肥料を与えれば、復活する可能性があります。
また、カルシウム分が不足すると、
尻腐れ病といって、実(青いあいだでも)のおしりの部分が、茶色くなってきます。
ちょっとお値段高めですが、カルシウム入りの化成肥料も出ていますよ~。
枝の下の葉から、順番に黄色く枯れていくのは、葉の寿命で「お役目ごめん」なので、心配はありません。カビがでやすいので、取り除くといいですね。

Qイチゴの花とランナーの剪定

プランターでイチゴを栽培しています。
 初めてのことなので、要領がわかりません。
 緑色のイチゴがたくさん見えてきました。
イチゴは花の間引きが必要との記事を読みましたが、
間引きの加減がわかりません。
 観光イチゴ園で見かけた程度に、大幅に間引いてしまえばいいのでしょうか?
 それとも、時期を分けて完熟するように多めに残しておくのでしょうか?
 それとも、今、大幅に間引いても、また花が咲いて次の収穫が期待できるのでしょうか?

収穫期までは、ランナーも取り除く必要があるそうです。
鋏で根元から切り取ろうと思っていますが、コツとか注意点があれば教えてください。

Aベストアンサー

お店で売っているくらいの大きさにしたかったら、根元からの一本の太い茎に3つまで。
いっぱい実がなっているのを楽しみたいなら、それなりに取っておけばいいです。

葉や収穫し終わった茎も取っあげてください。地面(根)に光が当たるようにしたほうがいいです。
はさみを使わなくても根元を見て、伸びている方向の反対に傾けるとポキッって簡単に折れます。(こんな書き方でわかってもらえるでしょうか?)そのとき、新しく出てきてる花芽を傷つけないように気をつけてください。そうすれば花芽もよく成長して長く楽しめます。

Qイチゴの苗に多数の虫!対処法を教えて下さい

ベランダ菜園初心者です。
ベランダにプランターを置いて、イチゴを育てています。
ちなみに土は100円ショップで買った腐葉土です。
この間、土の上・中に小さくて白い虫が何匹もうじゃうじゃ動いていました。
その後暫くしたら小さいハエのような虫がどんどん増えて・・・
これは何でしょう?土のせいでしょうか?
どうしたら良いでしょう?
ちなみに小さいながらも実が4つほどなって、美味しく頂きましたので、今は葉だけになっています。
土の中や上ばかりで見かけていて、葉や実には影響はなかったのですが、あまりにたくさんいたので心配です。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 私もNo.1の回答者様の意見に賛成です。腐葉土は土を改良する為の補助的な役割をします。いわゆる肥料と同じです。わが家でも花壇の花が終わった後に、痩せた土を改良する為に腐葉土を透き込みます。このように土と混ぜて使うものですので、腐葉土だけでは使いません。おそらくあまり良くない腐葉土で、水はけが悪くなって腐葉土が腐り、コバエが湧いちゃったんだと思います。早急に植え替えた方が良いです。
 まず同じプランターならイチゴの苗を根を痛めない様に取り出します。プランターを洗ってきれいにした後に、鉢底石(これは100均でも売っています)を3~5cm程度敷き詰めた後、園芸用培養土を入れて下さい。苗を入れてプランターの内側に線がありますので、大体そこぐらいまで土を敷き詰めます。この時に土がスカスカにならないように入れるのがコツです。後は水を下の穴からタップリ流れるぐらいまで水をやって(水をやった後に苗がグラグラしたり極端に土が減ったらまた足して下さい)、しばらくは明るい日陰で管理します。また普段の水やりも鉢土が乾いたら下の穴からタップリ流れるまでやるという風にして下さい。
 ちなみに培養土はイチゴ用のもありますが、オールマイティので構いません。あまり安すぎるものは排水性が悪く、根腐れの原因になるのでお勧めできません(私は一応20リットル400円ぐらいのを使っています。プランター1つでしたら14リットルでもOKです)。
 100均は私もよく使っていますが、鉢植えやプランターの場合、その中の環境が全てですので、あまり安すぎると・・・という事になりますので、土だけはこだわった方が良いと思います。
 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 私もNo.1の回答者様の意見に賛成です。腐葉土は土を改良する為の補助的な役割をします。いわゆる肥料と同じです。わが家でも花壇の花が終わった後に、痩せた土を改良する為に腐葉土を透き込みます。このように土と混ぜて使うものですので、腐葉土だけでは使いません。おそらくあまり良くない腐葉土で、水はけが悪くなって腐葉土が腐り、コバエが湧いちゃったんだと思います。早急に植え替えた方が良いです。
 まず同じプランターな...続きを読む


人気Q&Aランキング