プロが教えるわが家の防犯対策術!

純正キセノンライトが故障した場合にディーラー等で修理や交換すると高いと思うのですが、純正キセノン付き車両は社外キセノンに付け換えは可能でしょうか?可能だとしたら、ハロゲンライトの車両からの付け換えより工賃が高くなったりするのでしょうか?詳しい方、教えてください。よろしくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

自分の車も前の台風の後、水が溜まったのか?


片方がチカチカチカと調子が悪くなり、どちらにしろ
PARTSが古かったので、交換しました。

後々わかったのですが、バッテリーが劣化してきて、
タダ単に電圧が下がっていたんではないかと・・・。

ですから、まず、本当に壊れているのか?

そこで、片方だけなら、ライトのタマ(バルブ)を右左交換してみる。
これで、片方のタマしか点かなければバルブの交換だけで済むはずです。

チカチカするならば、バッテリーを充電してみてください。

タマが両方大丈夫で、バッテリーも充電した後で、それでも
チカチカする、もしくは点かないようでしたら、
バスストという電気を溜める機械の故障、もしくは
ただ単に「ヒューズが切れている」
さらには配線が溶けたり、切れたりしているなどが考えられます。

もしも交換パーツをお探しならこれがお薦めです。
比較的安くて、耐水性もモノも対応もいいです。
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v1 …

車検の事を考えると6000Kのモノがいいです。
35Wか55Wかは純正がどちらかによります。

ライトを外すとバルブに書いてあります。

最近はHI・LOが出来るタイプもあります。
ただし、後ろのスペースが無いと駆動する部分が入らないので、
事前確認が必要です。

ちなみに適合車種はこれで判断してください。
http://www.nissei-polarg.co.jp/koito/hyo/index.h …

結局、自分で交換しましたが、凄く簡単ですよ。

自分で取り付ける時には、くれぐれもエンジンを切って、バッテリーのマイナス側を外して、作業をしてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しくありがとうございました。参考になりましたm(_ _)m

お礼日時:2009/10/22 18:43

故障と言ってもバーナー(ライトの玉)がダメな場合はそれを交換すればいいですし、バラストと呼ばれる安定器がダメな場合はそれを交換します。


バーナーはアフターパーツメーカーから出ている物で安いものを使えばそちらの方が純正に比べ安く交換できますが、片方だけ交換した場合には、まず左右の色が同じにならないと思います。
また、バーナーがダメかどうかを左右を入れ替えることで確認するには要注意です、バラストの故障の場合にバーナーを入れ替えた場合に正常なバーナーを壊してしまう事があります。バーナーの交換だけの場合にはライト調整は不要だと思います。

バラストが故障の場合も社外品の方が安く上がりますが、信頼性に不安がありますけど。

>ハロゲンライトの車両からの付け換えより
ハロゲンライトの車両へのキセノン取り付けより安いか?って事ですね? 安いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても詳しくありがとうございました。参考になりましたm(_ _)m

お礼日時:2009/10/22 18:44

純正のバーナーは保障1年で,バラストなどは3年だと思います。


社外品との交換はH4などハロゲンバルブの交換できる方なら可能ですがライトの形状などにより狭い場合があります。(私の車は狭いのでバンパーを外しライトを外した方が良かった)またライトの調整が出来ない人ならライトテスターのある修理工場などに持っていって光軸を合わせてもらう必要もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。どうもありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2009/10/22 18:44

初めまして。



1、メーカーと車種を明記した方が、答えやすいと思います。

2、地価の高い東京のディーラーと、田舎のディーラーでも工賃は違います。

3、ディーラーとオートバックス、イエローハット等で、見積もりを取って安い方で修理すのが得策だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりました。どうもありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2009/10/22 18:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHIDが点灯する時としない時が・・・

私の車のヘッドライトには、純正のHIDが装備されています。

それが、最近になって片側だけが点灯する時としない時が出てくるようになりました。

点灯する時は、消灯するまで点灯しています。(数時間単位では乗っていないので分かりません。)
点灯しない時は、ON/OFFをカチャカチャやっていれば点灯します。

1年ほど前、バーナーは交換したばかり(PHILIPS製)なので、玉切れということはないと思うのです。
(玉切れしたら、二度と点灯しないと思いますし。)

これはバラストの方の故障でしょうか?他に原因として考えられることはあるでしょうか?

ちなみに、念のため車についてですが、H14.12のスバル インプレッサ です。
ヘッドライトユニットに関しては、自分でいじった事はなく、前述のバーナー交換時もカーショップに取り付けを依頼しておりました。

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(1)高圧側の配線をシャーシーから完全に浮かせて試してみる。
(2)高圧配線をシャーシーに近づけて点灯する、シャーシーとの間にコロナ状の放電あれば被覆の絶縁の耐圧劣化が考えられる(静電容量を通して若干の放電はあり得る)。
(3)配線自体の導通(例 切れかかっている)、点灯の最初は通常の数倍の電流が流れるため、数十本の線のうち1,2本だけ繋がっている様なとき、偶然他の線が接触していれば点灯、以後安定すれば電流は数分の一で事足りるため点灯続ける。
先ずは配線の状況の確認をお勧めします。
バラスト交換はそれからでも遅くありません。
注 バラストは可能な限りバーナーの近くに設置することです。

QHID消えるのはバラストとバーナーどちらの故障?

バイクに中華製の35Wで3000kのHIDを付けています。
取り付けて1年くらい、実働時間にして500時間くらいでしょうか。

ここ数日、走行中にいきなり消灯します。
一度スイッチを切って入れなおすと再び点灯します。
その後、またすぐに消えるときもあれば、1時間以上平気のときもあります。

ちょっと調べたところによると、バーナーの寿命の場合、徐々に光量が落ちて赤っぽく色が変わるとありました。
残念なことに、予備はないので四輪車のように入れ替えて実験もできません。

1つしかない状態でバラストの故障か、バーナーの故障か特定する手段はありますでしょうか?
セットは高いので、壊れているほうだけ単品で買いたいと思っています。

Aベストアンサー

HIDのバナーは85Vで点灯しています。
ただし85Vを接続しただけでは点灯しません。
点灯開始には2万Vの高圧パルスを印加する必要があります。
高圧パルスは点灯のため電源スイッチを入れて数秒間だけ作動します。
いったん消灯すると、電源スイッチの入れなおしが必要なのはこのためです。
バラストからバナーへの配線の内部心線の断線(被覆で保持されているため接触通電はしている)でもそんな症状が出ます、もちろん他の部分の配線でも同じ症状になります。
バラストの故障というより定格の不安定はありえます。
それとバナー35Wでも85Vに昇圧インバーターの効率よくて80%程度とみて、バラストへの供給電力は約44Wになります、あと付けの場合そのあたりに問題があるときも考えられます。
バナーはガラスを電極が貫通する部分の気密破壊があります、普通は一旦消灯すると再点灯しませんが(内部に酸化金属の白濁付着)、ごくまれにひびは入っているが気密が保たれているときもあります、使用に伴う熱膨張の影響で早晩お釈迦になります。

Qヘッドライトがつかない(球切れではない場合)の理由

片方のヘッドライトがつかなくなりました。アップはつきますがローがつきません。もう片方は問題ありません。

球切れか思いGSで見てもらいましが、「球切れではない。」と言われました。GSではわからないといわれたのでディーラーに持っていくつもりですが、原因は何の可能性がありますか?

ディーラーよりも安く済ませるとしたら、車を扱っている電気の会社でしょうか?原因によって違うと思いますが、修理代はどのくらい覚悟しておいた方がいいでしょうか? スズキ・ワゴンRです。

Aベストアンサー

ライトリレーを調べてもらってください

判らない(GS)人に見てもらっても無駄にお金を投資するだけですよ

QHIDライトが頻繁に消えたりします

現在02'フィットに乗ってます。
当時のフィットには、純正ディスチャージヘッドライトがなかったので、MEGATEC製のHIDを装着しました(7500kの)。
そこまではいいのですが、買ってから半年くらいで、たまに右のヘッドライトだけが消えてしまう現象が起きてしまうことがわかりました。説明書には「安全回路が動いたため、製品に問題はない」とありました。まぁ確かに、一旦ライトを切って、再度付ければライトはまた点灯するので、仕方ないと割り切って今まで使っていました。

それが今日、頻繁にライトが消えるようになり(ちょっとした振動でも消える有様)、OFF、ONを繰り返しても点灯しなくなりだしました(まれに点灯するので、バーナーが切れたわけではなさそうです)。
説明書を読むと、安全回路の作動=バラストにあるということがわかりましたが、バラストって何なのか、よくわかりません。メーカーに問い合わせようにも、このメーカー(メガテック)、すでに事業を撤退したと噂で聞きました。装着したときはディーラーで10万を超す料金で付けてもらったのにこの仕打ち・・・両方に騙された気がします。

それはさておき、お聞きしたいのは、こういう場合、バラストを交換すれば直るのかどうかということです。
消えるのは右のライトのみで、左のライトは消えることはありません。

あと、メーカーがない以上、交換は無理そうなので、もしよろしかったら、フィット(純正のHIDは使えないそうなので)に使える他メーカーのHIDライトで、オススメのがあったら教えてください。できるだけ事業撤退しそうにない、人気のあるメーカーのものを(笑)

現在02'フィットに乗ってます。
当時のフィットには、純正ディスチャージヘッドライトがなかったので、MEGATEC製のHIDを装着しました(7500kの)。
そこまではいいのですが、買ってから半年くらいで、たまに右のヘッドライトだけが消えてしまう現象が起きてしまうことがわかりました。説明書には「安全回路が動いたため、製品に問題はない」とありました。まぁ確かに、一旦ライトを切って、再度付ければライトはまた点灯するので、仕方ないと割り切って今まで使っていました。

それが今日、頻...続きを読む

Aベストアンサー

別メーカですが同じような経験があります
私の場合バラストをタイラップ等で固定していたのですがこれがきちんと固定されていなかったので安全装置が働いて点灯しなくなることがありました
金属製ステー等を使ってボルト固定しましたら今のところ症状は出ません

一度固定状況を見てみるとよいですね
ぶら下がっているのでししたら言語道断です

QHIDバルブの交換それともバラスト関係の問題?

カーメイトさんのオーシャンスカイ6200KのHID純正交換タイプを約1年半装着しています。最近、片方のバルブが幾度かちらついて消灯しました。その時は再度点灯し直すと点きましたが・・・。

2、3週間前から、ちらつきの前兆がありました。バルブの交換時期でしょうか?それとも純正バラストの問題でしょうか?

バルブ交換の場合どこのメーカーのが耐久性がありますか。

因みに、スバルのインプレッサ鷹目のH18年式です。

Aベストアンサー

点灯してしばらくしても、同じようにちらつくのならバーナーに原因があると思います。

点灯直後点かない、パチパチなって消えるという感じならバラストか電圧不足。

どちらに原因があるかはっきりさせるためには、左右のバーナーを入れ替えて見てしばらく様子を見てください。

バーナーが悪ければ反対側に同じ症状がでます。変えても同じ側ならバラストに問題ありですね。

HIDはバーナーを点灯させる時にかなりの電圧が必要です。そのためバッテリー等が弱っていると点灯時点かなかったりします。この場合両方のライトがなる場合も合いますが、どちらか方だけの場合もよくあります。
点灯させる時にエンジンの回転数を上げて点けてみればこの場合わかります。

>バルブ交換の場合どこのメーカーのが耐久性がありますか。

やはり、国内外の有名メーカーでしょうか?

QHID 右側不点灯

HIDが右側がたまに不点灯になります。
いろいろ調べておそらくアース不良、リレー不良、配線不良はないと思います、たまに点くことを考えてもバラスト不良も考えられないのでは?とも思います。
不具合を書きますので、どういう故障にあたるのか教えていただきたいと思います。

(1)エンジン掛けていない状態では比較的点灯しますが、点灯しながらエンジンを掛けている途中右側が一瞬消えてしまいます。このとき左側は点灯しっぱなしです。(その後は点いていますが、運が悪い場合は消えたままになります。)

(2)エンジン始動後、一度目のスイッチオンでは比較的点灯します。が、数十分運転後コンビニ等で一度消灯してみて再度スイッチオンすると高確率で不点灯になります。消灯しない限りは点灯しています。(オンオフを繰り返すと点灯します。)

(3)上記(2)の例外ですが点灯させ、数十分運転後コンビニ等で確認すると途中で不点灯になっていました。(これは点灯を確認せず運転していたので、もしかしたら勘違いかもしれません。)

どなたかわかる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

取り付けがきちんとしているんであれば、バラスとがダメなんでしょうね。

やすもののHIDの場合、バラスとの内部部品や設計がとても甘く、ぎりぎりで動いている物も多いです。
そういう物は温度変化や電圧などの変化に弱く、また時間がたった時の部品劣化などでも非常にデリケートで、すぐに動かなくなってしまう物も多いです。

Qヘッドライトが消える現象について

いつもお世話になっております。

標題について、ご存じの方がいらっしゃれば教えてください。

トヨタのヴァンガードに乗っております。

今年の正月にヘッドライトを交換しました。(自分で交換)

先月までは特に問題もなく点灯していましたが、4月に入ってから
片方だけ消えるようになりました。(左右ともに消えることはなく、どちらか一方)

消えた後、一旦オフにしてから再度付ければ点灯します。

しかしその後も走行中に消えます。

最近分かったことなのですが、どうも信号やカーブなどでブレーキを踏むと
消えます。(必ずではありませんが7割ほどの確率です。)

原因はどこにあると思われますか。

教えてください。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>今年の正月にヘッドライトを交換しました。(自分で交換)

質問内容からでは
ハロゲンかHIDかは分かりません

HIDなら、格安HIDは悪くなり易いです
バラストに入る
直流12V電流・電圧不足で
ちらつき、不点灯が起きます

バラストから出てバーナーに入る
交流85Vが規定電圧・電流が足りないと
ちらつき、不点灯が起きます
調べてみないと分かりませんが
バラストの電圧・電流低下では

バッテリーから直接リレーを使用して
安定した12V電流、電圧を供給してみては?



通常のハロゲンヘッドライトは
12Vの直流電流が
ハロゲンバルブに入り
ハロゲンのフィラメントを点灯させます

HIDは
12Vの直流電流が
バラストに入り、
バラストで12Vの直流電流を交流電流に変換
(バラストの精度によりノイズが発性)

バーナーをスパークさせてヘッドライトが点灯いたします
バーナー点灯直後、約交流20000Vまで上がり
光度が安定すると、約85Vの交流電圧で常時安定します


車のオルタネーターは2000回転以上で
安定した発電をします

アイドリングに近い状態の発電は
余裕の発電の3~5割ほどです

バッテリー本体の経年劣化でも
電圧が低下する可能性もあります(蓄電能力低下)

>今年の正月にヘッドライトを交換しました。(自分で交換)

質問内容からでは
ハロゲンかHIDかは分かりません

HIDなら、格安HIDは悪くなり易いです
バラストに入る
直流12V電流・電圧不足で
ちらつき、不点灯が起きます

バラストから出てバーナーに入る
交流85Vが規定電圧・電流が足りないと
ちらつき、不点灯が起きます
調べてみないと分かりませんが
バラストの電圧・電流低下では

バッテリーから直接リレーを使用して
安定した12V電流、電圧を供給してみては?



通常のハロゲンヘッド...続きを読む

Qキセノンライトの寿命

キセノンだとか、HIDだとか言われる青白い光のヘッドランプってありますよね?
あれって、ライトのオンオフの回数が増えると急激に(一般のハロゲンなどと比べて)寿命がちじまると聞いたのですが本当なのでしょうか。

Aベストアンサー

たぶん(爆)

HIDの構造から考えればそうなる…ハズ。。。
点灯する瞬間から色が落ち着くまでが一番負担が掛かって居るらしいです
一度オフしてメカが冷え切らないうちに再点灯するのは更に負担がかかるらしいです←連続してオン・オフやっているとそのうち点き方がオカシクなってくるよ
逆に一度点いて(安定して)さえしまえば負担はほとんどなくなるらしいので基本的には点けっぱなしの方が良いと思われます

そもそもバーナーの寿命ってのがなぁ。。。
フィラメントじゃない訳だから切れるっちゅー表現も微妙におかしいし
一応、明るさが半分になったら寿命なんて言うけど…簡単には調べられんし。。。普通は全く点灯しなくなるかよほどオカシナ点灯になるまで使うハズだからなぁ…

QHIDランプ(ディスチャージ)の寿命は??

ホンダのディスチャージライト搭載車に乗っています。この程、このライトが切れてしまいました。
3年ちょっと(走行距離5万キロ程)で切れてしまいましたが、このディスチャージライトについてちょっと質問があります(下記)。

・平均的な寿命はどの程度なのででしょうか?
・振動が多いと寿命が短くなんるのでしょうか?
(私の車はサス交換して、ノーマル車より振動が多いので。。)
・点灯/消灯を繰り返す回数が多いとよくない?
・交換するのにどの程度の費用がかかるのでしょうか?(この手のライトはかなり高そうに思うので。。)

ご存知の方おりましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

寿命に関しては点灯/消灯の繰り返しが一番大きく影響するでしょう。HIDは通常の電球と異なり放電灯なので、電流を流すことによって発熱し発光するフィラメントはありません。キセノンガスなどを封入したガラス管内に置かれた電極に高電圧を掛けて放電させる事により、ガス自体を発光させています。カメラのストロボのような構造です。このランプを点灯させるのには両端の電極に高電圧を掛けるだけではだめで、点灯の最初にきっかけとなるさらに高い電圧を掛けてやる必要があり、イグナイタと呼ばれる回路から10000V以上の高電圧を瞬間的に発生させることで行っています。この瞬間ランプに定格を超える電流がごく短時間ですが流れることになり、ランプの寿命を短くします。

もちろん機械のことですから振動の多い環境というのは好ましいことではないのですが、通常のハロゲンランプなどに比べると機械的な振動には強いといえるでしょう。

価格についてはランプ自体の不良であるか点灯回路の不良であるかが判らないとなんともいえませんが、一度サービス工場で点検、見積もりをもらってはいかがでしょう。

おまけ、HIDに限らずハロゲンランプなどでも、頻繁な点灯/消灯は寿命を縮めます。どちらも点灯初期の過渡電流(サージなどとも呼びます)により点灯初期には定格を超える電流が流れるためです。HIDでは上記のような理由から過渡電流が発生しますが、ハロゲンランプでは、フィラメント冷えている状態では電気抵抗が小さく(一般に金属は高温になる程電流を流しにくくなります)点灯して温度が安定した状態よりずっと多くの電流が流れます。電球の定格は点灯して安定した状態での電流を元に設計されていますので、低温時には定格を超えてしまうのです。ハロゲンランプの断芯(球切れ)が点灯と同時に起きるのもこのためです。この傾向はフィラメントが高温になる(明るい)電球ほど顕著になります。

寿命に関しては点灯/消灯の繰り返しが一番大きく影響するでしょう。HIDは通常の電球と異なり放電灯なので、電流を流すことによって発熱し発光するフィラメントはありません。キセノンガスなどを封入したガラス管内に置かれた電極に高電圧を掛けて放電させる事により、ガス自体を発光させています。カメラのストロボのような構造です。このランプを点灯させるのには両端の電極に高電圧を掛けるだけではだめで、点灯の最初にきっかけとなるさらに高い電圧を掛けてやる必要があり、イグナイタと呼ばれる回路から1...続きを読む

QHIDの寿命は?

HIDというももは、壊れないかぎり半永久と聞きますが、寿命というものはあるんでしょうか?購入ご3年ほどたちますが、最近少し暗くなった様に感じます、また、買った当初は、かなり青白い色をしていたんですが、少し黄色っぽくなってきたみたいです。最近フォグにも同じケルビンの物を入れたんですが、明らかに色、明るさ共に劣っています。左右ほぼ同じ状態なのでバラストなどの故障などではないと思います。回答お願いします。

Aベストアンサー

雑誌「AUTOCAR JAPAN」の2005年5月号に「電球が切れる理由」という記事がありました。
(この記事は、「クルマはなぜ壊れる?」という連載記事の第10回です。)

それによると、
 ・HIDにはフィラメントはないので、当然その消耗も断線も起きない。
 ・しかし、HIDランプ内部の気体が少しずつ抜けるため、光量が落ちてゆく。
  ざっと2000時間で70%に光量が落ちて、そこが実用上の限界だろう。
 ・寿命が近づいてくると、一般に、ただ暗くなるのではなく赤くなる。
  これは、元々HIDは様々な色の光を出す物質を組み合わせて白い光を
  出しているのだが、そのうち赤系の光を出す物質が残りやすいため。
 ・なお、HIDの色が元々青系に振られているのは、特に技術的な背景はなく、
  要は流行りだろうとのこと。

自動車ライトの大手メーカー、スタンレー電気の開発管理担当者に取材して書いているとのことなので、かなり信憑性が高いと思います。

質問者さんの「最近少し暗くなった」「少し黄色っぽくなってきた」というのは、まさにこれに当たるのではないかと思います。
見て分かるほど暗くなったというのは、かなり劣化が進んでいるということのような気がします。

しかし、No.3さんの「凄く青くなって切れた」というのは、上記の話とは合わないですねぇ。
ガスのリークで寿命が来た…というのとは、故障モードが違うように思います。振動かな?
それとも、ある程度ガスが逃げると、異常放電を起こして発光管が高熱を発し(それで青くなる)、ついで壊れる…ということかも知れませんね。(想像ですが。)

雑誌「AUTOCAR JAPAN」の2005年5月号に「電球が切れる理由」という記事がありました。
(この記事は、「クルマはなぜ壊れる?」という連載記事の第10回です。)

それによると、
 ・HIDにはフィラメントはないので、当然その消耗も断線も起きない。
 ・しかし、HIDランプ内部の気体が少しずつ抜けるため、光量が落ちてゆく。
  ざっと2000時間で70%に光量が落ちて、そこが実用上の限界だろう。
 ・寿命が近づいてくると、一般に、ただ暗くなるのではなく赤くなる。
  これは、元々HIDは様々な色の...続きを読む


人気Q&Aランキング