花粉症シーズン到来!目のかゆみや充血など つらい症状を予防しよう

8月に子供と海へ遊びに行きヤドカリを捕まえました。飼育しようと、海水と彩りにと海草を持って帰りました。初めは全然気付かなかったのですが、ヌーっと海草の間からかなりデカいナメクジのような生き物が出てきました。ネットで検索してこれがアメフラシだと分かりました。とても気持ち悪いのですが見ている分にはほんの少しカワイイし、どうしようもできないので、今だに飼っています。もう海水が濁ってとても汚く臭く、水槽全体にヌメリがあり水を替えてあげたいのですが、アメフラシとヤドカリはカルキ抜きした水道水でも生きていけますか?誰か詳しい方教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

人工海水、と海水魚飼育について解説します。


ぶっちゃげ、海水魚飼育と淡水魚飼育は、概念が異なります。水を用意すれば言いと言うものではない。海水魚は海域によって塩分濃度などが異なり、また、対応水温も限定的。つまり、難しい。
水も、今回のようにならないにろ過、循環させるのですが、単にこしてゴミを取る淡水(金魚なんか、大掛かりなものはそれ以上の装置が必要)と異なり、バクテリアで亜硝酸を除去する、いわばビオトープを作るのが海水です。新しい人工海水を常に入れ替えると言うイメージではありません。亜硝酸を食べるバクテリアが発生したろ過剤を通過させ、常に水質を安定させなければならない。

また、これも先ほど言ったように、餌はなに食べるかご存知でしょうか?それが用意できますか?できなきゃ、いくら水作っても、飼育は無理ですよね。その辺も調べてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。何だか難しそうですね。餌は、アメフラシには糸青のりを、ヤドカリには市販のヤドカリのえさというのを与えています。エアーをしていますが、ちょっとしたろ過部分があります。今まで何とか生きてきたんでしょうね。昨夜スポンジで水槽壁面をこすってヌメリを取ってみました。水を替えた訳ではないのですが、今朝になってかなり見た目はマシになったような気がします。今のところ水替えはやめておき、現状で様子を見てみます。

お礼日時:2009/10/27 09:18

説明不足だったので補足します。

用意する水の温度によって比重は変わってきます。比重が高いと生体はストレスを受けやすいと聞いたことがあります。
    • good
    • 2

陸生のおかやどかりを飼育してます。

人工海水というものが専門店で購入できますよ!単なる海水を蒸発させて天日干しさせた、塩 です。
塩素中和剤入りか、海塩だけなら一晩汲み置き(カルキ抜き)した水道水で大丈夫です。
比重計で塩分濃度を調節します。
お子さんと一緒に飼育を楽しんでください!!。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やはり淡水ではダメそうなんですね。もうこの時期海にも行かないので、参考になりました。

お礼日時:2009/10/26 21:25

無理です。


そもそも餌のプランクトン等がないので、惰性で生きてるとしか言いようがありません。今から人工海水買ってきて、水槽立ちあげても、整体投入できるまで最低でも3週間は必要。このまま殺すか、逃がしに行くか(それでも週末まで待てないでしょう、彼らが)、どこか近所の海水やってる熱帯魚屋にでも頼みこむしかないでしょう。残念ですが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

やはり無理ですか・・・。早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/26 21:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海で拾ってきたヤドカリの飼い方を教えてください

こんにちは。

昨日主人と娘たちが潮干狩りに行き、取ってきたアサリの中にヤドカリ(おそらく海ヤドカリだと思います)が4・5匹混じっていました。
娘たちが「せっかくだから飼いたい」と言いますので、空いていた17cmのプラケース(?)に砂、海水、ワカメ、一緒に拾ってきたカキの殻、庭の石等を入れています。
水深は6cm、砂の厚さは1cmくらいです。

海水は昨日の潮干狩りの際に汲んできたのもです。
エアレーションも一応しています。
フィルターはしていません。

淡水の熱帯魚は2つの水槽を飼育しているのですが、海水はした事がありません。
今入っている海水は何時までそのままで良いのでしょうか?
換水するとしたら、ペットショップで海水の素を買ってこようと思っていますが、それでよいのでしょうか?

その他、アドバイスがありましたら教えていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も近くの磯で採取したヤドカリを1年以上飼育しています。
海水魚水槽のコケ取りと残り餌の処理用に入れて有りますが、結構可愛くて面白いですね。

熱帯魚飼育の経験がお有りでしたらご存知かと思いますが、濾過をしないと猛毒アンモニアの発生で中毒死が考えられますので、せめて投込みフィルター(500円前後)でも入れたほうが良いと思います。

ショップで人工海水を購入される時は比重計も一緒に買われ、海水の比重と同様の1.023の濃度にしてください。

水換えの頻度は餌の種類によって水の汚れ具合が違いますので、一概に言えませんが、貝類などは残り餌を必ず掬い出すか、海藻類を主体で与える様にしたほうが水の汚れは少ないと思います。

餌の成分のたんぱく質が水中に入ると、水面の泡が消えなくなります。こうなると1週間以内にでアンモニアが発生しますので、その前に水換えすれば大丈夫かと思います。

餌は生アサリが大好物ですが、そのまま入れると雑菌がついているので一度冷凍すると良いです。次に軟らかい海藻類、慣れると熱帯魚用のフレークフードも食べます。

長期飼育のポイントは餌より水質の管理である事は間違い有りません。
可愛がって上げてください。

こんにちは。
私も近くの磯で採取したヤドカリを1年以上飼育しています。
海水魚水槽のコケ取りと残り餌の処理用に入れて有りますが、結構可愛くて面白いですね。

熱帯魚飼育の経験がお有りでしたらご存知かと思いますが、濾過をしないと猛毒アンモニアの発生で中毒死が考えられますので、せめて投込みフィルター(500円前後)でも入れたほうが良いと思います。

ショップで人工海水を購入される時は比重計も一緒に買われ、海水の比重と同様の1.023の濃度にしてください。

水換えの頻度は餌の種類...続きを読む

Qやどかり(海ヤドカリ)

海のヤドカリの飼い方を教えて下さい。
過去の内容を検索して、いろいろ調べましたが、水の量がわかりません。
「カラが隠れる程度」から「出来る限り多く」までまちまちです。
アドバイスをお願いします。
詳細
先日の日曜日に子供(3歳)が海でヤドカリを取ってきました。(8匹)
とりあえずバケツ(直径30cm)に海砂を2cmほど敷き、カラが隠れる程度の海水を入れました。
(予備の海水がペットボトルに1リットルあります)
また、4cm角ていどの石をいれて、簡易の丘を作りました。
こんな程度で飼うことは可能でしょうか?
ちなみに家から海までは1時間以上かかります。
(1)水の量がわかりません。
(2)ろ過装置と空気(ブクブク)が必要なのでしょうか?
(3)砂はサンゴ石にした方がいいのでしょうか?
(今の砂はかなり汚いです:真水で洗っていいのでしょうか?)
(4)ヤドカリは「ホンヤドカリ」と勝手に思っていますが、どんな種類がいて、どこで見分けるのでしょうか?
(5)お金をかけずに育てたいので、人口海水は無理です。海水はペットボトルで何日くらい保存できるでしょうか?(日陰の常温で放置です)
よろしくお願いします。

海のヤドカリの飼い方を教えて下さい。
過去の内容を検索して、いろいろ調べましたが、水の量がわかりません。
「カラが隠れる程度」から「出来る限り多く」までまちまちです。
アドバイスをお願いします。
詳細
先日の日曜日に子供(3歳)が海でヤドカリを取ってきました。(8匹)
とりあえずバケツ(直径30cm)に海砂を2cmほど敷き、カラが隠れる程度の海水を入れました。
(予備の海水がペットボトルに1リットルあります)
また、4cm角ていどの石をいれて、簡易の丘を作りました。
こんな程...続きを読む

Aベストアンサー

以前に、同じ様に海でヤドカリ君達を捕まえて家で飼育したことがあります(9ケ月間位)。
専門的なことは良く分かりませんが、家では以下のようにしていました。
ご参考になれば(長文ですみません)。

(1)敷き詰めたのは砂ではなく、熱帯魚や金魚の飼育に使う小石。カラフルな色の石があって見た目にも綺麗でした(白、赤、緑とか)。掃除の時も扱い易いです。1週間に1回、水槽も石も全部水洗いして掃除していました。
(2)甲羅乾しのため少し大きめの古木を斜めに入れ、海中(深さ8~10cm位)と空気中を行き来できるようにしました。(古木も熱帯魚用かも。ペット屋さんで購入)
(3)海の海水でなく「人工海水」を使用。ペット屋さんに行くと粉末を売っていますので、書かれた使用方法に従って使っていました。希釈用の水は水道水を直接使わず、一旦日向に出した日向水を使っていました。所謂カルキ抜きです。ペット屋さんにカルキ抜きの水溶液も売っていますので、一時期使ったこともあります。
(4)浄水器(ぶくぶく)も使っていました。エサの残りなどもあってすぐに汚れるのでフィルターは頻繁に洗っていました。洗っても汚れが取れなくなったら新品と交換です。フィルターが目詰まりするとすぐに水が濁ってきます。
(5)えさも人工のものを使いました。たしか「やどかり用のエサ」を売っていたと思います。
(6)あと、大きくなると貝の殻を換えようとします。海で大小の貝(巻貝)を拾って入れておくと、裸になったやどかりが見れます。さすがにこの時は身の危険を感じるのか交換は素早いですよ。子供は楽しみにしていましたね。
(7)30cm角程度のプラスティックの水槽と浄水器とその他諸々で5000円未満だったと思います。
(8)最後に、あまり気にしないで欲しいのですが、家のやどかり君たちは共食いを始めてしまい、20匹近くいたのが最後は1匹になってしまいました。このチャンピオン君は相当大きかったです。与えたエサが拙かったのかと反省しています(食べてはいたのですが)。

生き物を飼うということは、楽しい半面で「生あるものは必ず死もある」という現実を見せ付けられます。生物界の生き様・現実が見え、子供達には良い経験になったようです

以前に、同じ様に海でヤドカリ君達を捕まえて家で飼育したことがあります(9ケ月間位)。
専門的なことは良く分かりませんが、家では以下のようにしていました。
ご参考になれば(長文ですみません)。

(1)敷き詰めたのは砂ではなく、熱帯魚や金魚の飼育に使う小石。カラフルな色の石があって見た目にも綺麗でした(白、赤、緑とか)。掃除の時も扱い易いです。1週間に1回、水槽も石も全部水洗いして掃除していました。
(2)甲羅乾しのため少し大きめの古木を斜めに入れ、海中(深さ8~10cm位)と空気中を行き来でき...続きを読む

Q海でヤドカリを・・。家に連れてきたがエサを食べない。なぜ?

こんにちは。
素人です。
お力お貸し下さい。

潮干狩りでヤドカリ(大ヤドカリ?殻の径3cm位)とカニ(2cm位の)を捕まえて来ました。
海水を入れ替えたりして10日位生きているのですが・・。

ヤドカリもカニもエサを食べていないようなのです。

雑食との事なので、かまぼこ、ワカメ、ザリガニのエサなど与えているのですが、食べた形跡がない。

食べないと死んでしまうと思うのですが原因は何でしょうか?

天然の海水を2、3日に一回換えてます。
酸素を送るブクブクってやつは使ってません。

どなたかアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

海水魚を飼ったり売ったりしていた時の経験からお答えしたいと思います。
ヤドカリやかにの多くは夜行性なので、昼間じっくり見ていても目の前では食べも動きもしてくれないこともあります。
夜はちゃんと暗くなるところに水槽がおいてあるんでしょうか。ずっと明るいとけっこうストレスをためて、何も食べなくなる事もあります。それから、夜暗い時に餌をやってこっそり覗くと食べているところを見れるかもしれません。
水をかえる時の海水は海から持ってくるんですか。塩の加減が変わると食べなくなることもあります。
あと考えられることは水温です。近所から採集してきたのなら問題ないと思いますが、もし暖かい所から採ってきたのならヒーターで温度調節が必要です。寒くなったらの話ですが。

Qうちで飼っているヤドカリが・・・

うちでヤドカリを最初は5匹飼っていました。

ですが、1匹目が動かなくなってしまっておかしいなぁ?っと思って確認してみたところ死んでいました。

2匹目が足が全て取れてしまっていてまた、死んでいました。

3匹目ははさみの部分が取れてしまっていてまた、死んでしまっていました。

4匹目は、自分から殻から出てしまい脱皮をしているのかと思いそっとしておいたのですがそのまま乾燥して死んでいました。

なのでうちにはもう1匹しかいなくなってしまいました。

でも・・・5匹中4匹が死んでしまった原因が全くわからなくて困っています。
誰かヤドカリに詳しい人がいたら思い当たる原因を教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

ヤドカリの種類は何でしょうか?後、実際に飼育している環境も、もうちょっと詳しく分かんないと、何とも言えませんが…。

大別すると、陸で暮らす『オカヤドカリ』と、海の中で暮らす『ホンヤドカリ』に分けられます(実際はもっと多くの種類がいます)。そのヤドカリさんはお店とかで買って来た物ですか?それとも海とかで、自分で捕まえてきた物なのでしょうか?

>オカヤドカリ
もし捕まえて来たものなら、それは法律違反になります!実は日本産の『オカヤドカリ』は全種類が国の“天然記念物”に指定されていますので。捕まえたり、許可無く飼育する事も禁止されています。

ペットショップとかで飼った物なら、それは海外産の物ですので違法ではありません。その場合は、ペットショップに詳しい飼育方法を聞いて、良い環境を整えてあげるのが一番確実です。

>ホンヤドカリ
とりあえず、良くありがちな「海辺で小さなヤドカリを捕まえてきた!」~的な状況だと推測して話をしますね。ヤドカリが次々と衰弱死していったのは、十中八九、入れている水槽とかの水の汚染が原因だと思います。

自然の海では24時間、波が打ち寄せて海水がかき回されますので、いつもきれいな水に保たれています。しかし水槽内などの人工的な環境だと、ちゃんとした水浄化システムを付けていなければ、もうその日の内に水は汚れてしまい、翌日には魚やヤドカリは死んでしまう事になります。

ちょっと詳しくいうと、水の中でアンモニアが発生してしまい。ヤドカリなどの海の生き物はエラ呼吸しているので、海水と共にそのアンモニアを吸ってしまって中毒死してしまいます。手足が取れたり、貝殻から抜け出していたのは、死んだ後の状態です。

何かもう手遅れかもしれませんが…。改善策としては、とにかく水槽には出来るだけ大量の水(海水)を入れ。その海水を24時間、循環器という熱帯魚店とかで売っている水をきれいにする器械を取り付けて、常に浄化するシステムにする事。それにプラスして、金魚飼う時みたいにエアーポンプで酸素を送る事も必要です。

上記のシステムを1式揃えると、結構お金が掛かりますよ?出来ますか?

あとヤドカリとかカニの仲間は信じられないほど少食なので、1ヶ月くらい餌をやり忘れても餓死したりしません。それよりもエサのやり過ぎで、水が汚れて死なせてしまう事の方が圧倒的に多いです。それにエサを与えすぎると、当然ながらその分大きくなるスピードも早くなるので、脱皮の回数も多くなります。人工的な環境で飼育する時は、エビカニ類の脱皮はかなりリスキーです。自然では上手くいく脱皮も、飼っていると良く失敗します(=死にます…)!

以上の事を良く踏まえて、まだ最後の1匹が生き残っているのだとしたら。元居た場所へ返して来てやるというのも、大人の選択肢の1つであると思います。

ヤドカリの種類は何でしょうか?後、実際に飼育している環境も、もうちょっと詳しく分かんないと、何とも言えませんが…。

大別すると、陸で暮らす『オカヤドカリ』と、海の中で暮らす『ホンヤドカリ』に分けられます(実際はもっと多くの種類がいます)。そのヤドカリさんはお店とかで買って来た物ですか?それとも海とかで、自分で捕まえてきた物なのでしょうか?

>オカヤドカリ
もし捕まえて来たものなら、それは法律違反になります!実は日本産の『オカヤドカリ』は全種類が国の“天然記念物”に指定されてい...続きを読む

Q水棲ヤドカリの飼育

先日ネットで、カザリサンゴヤドカリというヤドカリの画像を見ました。検索してみましたら、通販で手に入れる事が出来るようなので、購入を考えていますが、実際、飼育するのは難しいのでしょうか?販売しているところでは、「丈夫で飼育は容易、底砂も不要」と言っていますけど。また、繁殖も可能なのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

giutto 06様
現在、我が家では、磯遊びで取ってきたホンヤドカリを飼育しています。
30cmの水槽で充分飼育が可能です。大きな水槽の方が、水質や、水温も安定し、
管理は楽になりますが、肝心のヤドカリがどこにいるのか分からなくなってしまい、つまらないです。
カザリサンゴヤドカリは、暖かい海に住むヤドカリです。
長くつきあいたいなら、海水魚を飼育する一通りものはそろえる必要があります。
下にヤドカリを飼育されている方のHPをご紹介します。

なお、繁殖は、産卵まではできてもほぼ不可能かと思われます。
生まれる子供が小さすぎること(プランクトン並)、水中を漂う生活を経て水底に
降りてくる為、浮遊時に濾過されてしまうことなどが、理由です。
ヤドカリは、しっかり飼えば、4~5年は生きるようです。
楽しみですね。

参考URL:http://www.h2.dion.ne.jp/~yoiko/yadokari.htm

Qヤドカリは死んでしまった場合、必ず、殻から出るのでしょうか?

一昨日、味噌汁用に購入したアサリパックに生きたヤドカリを発見し、近くに海もない為、飼えるだけ飼ってみようと思いました。色々と調べ、ヤドカリの砂や、人工海水の素などが必要と判りましたが、昨日中に用意できなかった為、空の貝殻数個とアサリと一緒に塩水に入れていたのですが、今朝から、全く動きが見られません。(アサリは塩水を吹いたりしています)ネット検索では、ヤドカリは死ぬ時、殻から出る、と書いてありましたが、殻から出てはいません。(頭部?らしいものは少し出ているのですが、全体は殻から出ていない状態です)生死の判別が出来ず、これからどうすべきか、悩んでいます。殻から出ず、死んでしまうケースもあるのでしょうか? どなたか、教えて下さい、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

わざわざ殻から出て死ぬことはないと思います。
死んだら踏ん張らなくなるので、水の流れなどの動きでポロリと殻から
はずれるのでしょう。
もし死んでいるのであれば、動かしてみるとポロリと外れると思います。

Qヤドカリとカニと飼える丈夫な海水魚

現在23センチ角の水槽に、カニとヤドカリを飼っています。
みんなとても元気なのですが、そこに魚が泳いでいたらいいなと思うようになりました。

金魚はたくさん飼っていますが、海水は全くの初心者なので教えてください。

ごく少数の海水魚(一匹かメダカくらいのを少数)を飼いたいのですが、ヤドカリたちを攻撃せず、安易な濾過システムでも飼える丈夫な海水魚を教えてください。

それから、真冬になったらカニやヤドカリたちだけでもヒーターは必要でしょうか?
海水魚を入れたら必須でしょうか?

どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m。

Aベストアンサー

私も3月末にヤドカリ、スジエビ、シッタカ、ナベカ、アゴハゼを採取して来て飼育しております。

>安易な濾過システム
私は45センチ底面濾過で還元濾過も設置していますので水質的には問題が無いのですが、戸外に水槽を置いている為、昨日は34~35度でした。5月の始めにコバルトスズメ、クロスズメを計6匹入れましたが
昨日まで一匹も落ちていません。今の水温で元気良く泳ぐスズメ類の丈夫さに驚いています。

質問者様の濾過は外掛けですか?
もしそうであればNO1さんの言われるように近海物を1匹だけ入れられたら如何でしょうか、このフィルターで海水魚の飼育は短期間では生きるかも知れませんが、長期に飼育するには頻繁な水換えが必須と思われます。そしてカニは夜になると魚を襲いますので、これも心配です。

ショップでスズメ類を買われる時は水温に注意してご自分の水槽が何度になっているか確認して下さい、ショップの水は25度前後ですのであまり落差が有ると2~3日で☆になります。

>海水魚を入れたら必須でしょうか?
室内(冬季室温が18度以上)で近海物でしたら必要ないかと思います。

私も3月末にヤドカリ、スジエビ、シッタカ、ナベカ、アゴハゼを採取して来て飼育しております。

>安易な濾過システム
私は45センチ底面濾過で還元濾過も設置していますので水質的には問題が無いのですが、戸外に水槽を置いている為、昨日は34~35度でした。5月の始めにコバルトスズメ、クロスズメを計6匹入れましたが
昨日まで一匹も落ちていません。今の水温で元気良く泳ぐスズメ類の丈夫さに驚いています。

質問者様の濾過は外掛けですか?
もしそうであればNO1さんの言われるように近海物を...続きを読む

Q硝酸塩の濃度が高いときはどうするのが一番良い?

アクアリストビギナーです。いつもここでお世話になっています。
立ち上げて2ヵ月ぐらいですが、今日、はじめて水質テスターを買い調べました。
すると、硝酸塩の濃度がけっこう高いことがわかりました。
そこで、水替えを頻繁におこなった方が良いのか?
あるいはテトラバランスというものを入れて硝酸塩を除去した方が良いのか?
さきほど1/4ぐらいの水替えをしたのですが、硝酸塩濃度は高いままでした。
水草はそれなりに入れている方だと思うのですが。。。
立ち上げ時からずっと元気だったエビが今朝がた☆になっていたのは、
硝酸塩濃度が高かったせいでしょうか?

Aベストアンサー

・ソイルには肥料分として硝酸態窒素が含まれています。
粘土質の土壌には保肥力がありますが、それでもセットして暫くは肥料の溶け出しでコケ易くなります。
つまり、硝酸塩は餌由来ではなく、底床由来のものである可能性があります。
ならば、高くなっても当然です。

・植物は主に根から硝酸態窒素を吸収しています。
しかも、栄養分の吸収に土壌バクテリアが関与しています。
土壌バクテリアの立ち上がりは、濾過バクテリアより遙かに遅いのが通例です。
天然砂なら数ヶ月かかることも珍しくありません。

「水草が入っている」と言っても、たかだか2ヶ月しか経っていません。
スターター(パイロット)プランツと呼ばれるような水草でない限り、
環境に馴染み、根を十分に張り、本格的な成長を見せるには時期尚早かもしれません。
入っているだけではダメで、日に数cmのスピードで成長しているというのでないと判断ができません。
当然、水草の窒素吸収量が低位であれば、硝酸塩の数値も高くなります。
水草が入っているのに...と考えるには、まだ早いでしょう。

> テトラバランス
個人的な意見ですが、薬品は使わない方が良いでしょう。
水の浸透圧という面から、濃い薄いを考えます。
換水をすると、水は薄くなりますが、薬品を入れると数値上辻褄があっても水は濃くなります。
水が濃くなることで、生体の新陳代謝が適正に行われないこともあるわけです。
淡水魚は海で暮らせないでしょう?

水質は、数種類の試験で分かるほど単純な物ではありません。
試薬は、少ないテストで水槽内で起こっていることを推測する手掛かりであり、一指標でしかありません。
水質を弄くろうとして色んな物を入れると、その指標が当てにならなくなるのです。
テトラバランスがどんな作用をしているのかまでは分かりませんが、余計なことになる可能を指摘しておきます。
ビギナーほど水質調整剤の類に振り回されやすいものですが、ビギナーだからこそ、シンプルに維持して下さい。
水槽に起こる水質変化の過程を学べなければ、試薬を使う意味が半減します。

硝酸(塩)は、あまり多量に蓄積し過ぎると害になるかもしれませんが、毒性はかなり低いですし、
水槽内では、硝酸がpHを低下させることにより生体の適正pHを外すことや、
コケの栄養源になることから、計測されるのが実情で、餌を起点とする窒素循環の把握が目的です。
生体が死ぬような危急の自体はほとんどないですし、硝酸塩が蓄積すれば、
毒性より先にpH低下で生体が死んでしまうことでしょう。
優先順位はpHです。
エビが死んだのは、pHが異常低下していない限り、硝酸塩濃度とは別の要因と捉えるべきだと思います。

まあ、他の回答者様が言われるように、基本的には水替えで対応してください。
多少の蓄積は気にしなくても構いません。

あと、試薬は確認のためのものであって、数値に拘り過ぎると飼育自体は下手になりかねませんので、その点にもご注意下さい。

・ソイルには肥料分として硝酸態窒素が含まれています。
粘土質の土壌には保肥力がありますが、それでもセットして暫くは肥料の溶け出しでコケ易くなります。
つまり、硝酸塩は餌由来ではなく、底床由来のものである可能性があります。
ならば、高くなっても当然です。

・植物は主に根から硝酸態窒素を吸収しています。
しかも、栄養分の吸収に土壌バクテリアが関与しています。
土壌バクテリアの立ち上がりは、濾過バクテリアより遙かに遅いのが通例です。
天然砂なら数ヶ月かかることも珍しくありませ...続きを読む

Qカニの飼い方

お世話になります。


今日、三重県に潮干狩りに行った時にカニを捕まえました。

全長2~3cmくらいの小さなカニで、サワガニなどに比べると甲羅が丸くてゴツゴツした質感です。

このカニを飼うには、エサは何がいいのでしょうか。

今はチクワをあげていますが、モリモリ食べるカニと全く食べないカニがいます。チクワだと問題ありますか?
エサの他に飼い方の注意点もありましたら教えて頂きたいです。


またヤドカリも捕まえましたが、カニと飼い方の違いはありますか?


ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

写真が無いと分りませんが、恐らく「イソガニ」でしょうか?
日本の海岸や磯などで、比較的多く見られる一番ポピュラーな海棲カニです。

◆飼育方法::
海のカニは淡水性(陸棲)のカニと比べると、少々デリケートです。
長生きさせるつもりなら、エアーポンプとか付けた方が良いと思います。あと出来れば飼育水をきれいに保つためにも、大型の濾過器なども必要じゃないかと思いますが…(飼い主が人力で週2回以上で交換するのなら無問題)。

あとエサは“半端ないくらいにカニは小食”なので。
モリモリ食べてる分には問題無いとおもいますが、基本的には少なめ少なめにを心がけていないと。カニやヤドカリ類の場合は、断突に死因は「エサのやり過ぎによる水質汚染」ですので注意して下さい!

下記URLに詳細な飼育方法が載っています。
非常に参考になるwebサイトなので、ぜひ一読して置く事をお勧めします。

>http://www.mirai.ne.jp/~panther/kani/index.html

Q魚のフンを食べてくれる生き物っていますか?

現在鯉の稚魚を飼っています。水も週一回くらい三分の一ずつ交換していてきれいな状態を保っています。フンもスポイトで吸い取っています。
今後、もう少しいろいろな魚を一緒に飼いたいと思っています。そこで、考え付いたのですが、魚のフン等を食べてくれる生き物っているのでしょうか?また、鯉と一緒に飼えるお勧めの魚等があれば教えてください。
ご存知の方がいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

魚を飼い始めたのは、初めてのことでしょうか?水槽であれ、池で飼っているのであれ、ろ過サイクルができあがらないと、その中で魚を飼うのは難しいですが、知っているでしょうか(たぶん、池は環境が出来上がっていると思いますが)?
 
 水の換水周期の話からすると水槽だと思うのですが、その前提でいくと、ろ過フィルターを入れていると思うのです。基本的に、フンなどはそのろ過フィルターや、水槽内にいるバクテリアによって分解されます。後は、底に砂利などをひいていると、そこで増えたバクテリアもフンを分解してくれます。これ以外で、”フンを食べる”という行為をしてくれるものは僕は知らないです。土の上ではフンコロガシなどがいますが、やはり、ほとんどは土中のバクテリアが分解していると理解しています。
 
 淡水魚は飼ったことがないのと、小型魚オンリーでやっているので詳しく知らないのですが、鯉はフンが多いと思います。稚魚でも多いのですか?そうなると、バクテリアの分解能力を超えることがあるので(フィルターを強いものにするようですが、そうしても多いのだと思います。)、吸い出す必要があると思います。スポイトでやっているということですが、スポイトより便利なものがあるのはご存知ですか?換水時に排出する水と一緒にそれらを排出するというものです。僕の知っている品名では、水作プロホースというものがあるので検索なりして調べて確認してみてください。

 換水の量のことに触れている人がいましたが、熱帯魚のマニュアルでは大きい水槽(横幅が60cm以上)の水槽だと週1/4以下と載っていると思います。小さい水槽だと、また、変わってきて、足し水で対応し、一~数ヶ月単位で少なめに換水してみるとか、大きい水槽でも1/5~1/6とかと色々あります。鯉の水槽でもろ過サイクルが出来上がってきたら、1/4以下で対応できると思います。フンに気をつければ、換水量は減らせるのではないかと推測します。鯉に詳しくないので推測になります。すいません。

 鯉と同居する魚も詳しくないので、今まで触れてきた中で言ってみると、鯉は池とか沼だと思うので、フナとかはいいと思います。あとは、タナゴの大きくなる種類は一緒に飼ってもきれいで見ごたえがあるのではないかと思います。外産のタナゴが日本の湖で繁殖し、小さい日本種をおびやかしているそうです。(こんな話はごろごろありますが。例えば、熱帯魚飼育者が、かなりの頻度で飼えなくなった魚を湖に放ってしまって、1年間の調査の投網で湖固有の種がかかることが無かったとかあります。)ま、そんな外産のタナゴなら鯉が大きくなっても一緒に飼えるのではないかと思います。先のカッコで気づいたかもしれませんが、やろうと思えば熱帯魚の大型種とも一緒に飼えますね。そこはyu_i_1980さんの飼育技術と美意識で成り立つものでしょうか。ただ、大型種を稚魚で一緒にスタートすると成長スピードの違いで食われてしまったり、気の荒い種だと同居できないので、そいうのは、気に入った種ごとに調べる必要はあると思います。素敵な飼育ライフになるといいですね

魚を飼い始めたのは、初めてのことでしょうか?水槽であれ、池で飼っているのであれ、ろ過サイクルができあがらないと、その中で魚を飼うのは難しいですが、知っているでしょうか(たぶん、池は環境が出来上がっていると思いますが)?
 
 水の換水周期の話からすると水槽だと思うのですが、その前提でいくと、ろ過フィルターを入れていると思うのです。基本的に、フンなどはそのろ過フィルターや、水槽内にいるバクテリアによって分解されます。後は、底に砂利などをひいていると、そこで増えたバクテリアも...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較