[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

カーボン製パーツの修理について
標識に車をこすってしまい、カーボン製のサイドステップに傷がついてしまいました。
車体の方は、修理可能ですがサイドステップは交換のみで修理できないみたいです。

割れるほどではなく、標識側の白い塗料っぽいのが付着してるのと表面が削れている程度で
せめて目立たない程度に何かしら修繕したいのですが
どういう風に手を加えればいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

綺麗に直したいなら、残念ながらカーボンパーツは交換するしかない。



結局、カーボンファイバー素材というのは、
幾層にも渡って炭素樹脂を織ったり重ねたりして成型しているワケであるので、
これを擦ったりして傷つけてしまうと、要は布が破れたような状態になるワケで、
少なくとも見た目という点では普通のプラスチックや鉄板のように、削ったり盛ったりして云々という補修ができないんだ。

カーボンでも別の色に塗装を施してあるヤツなら、
とりあえず再塗装とかしてごまかすことはできるけどね。
    • good
    • 1

一番簡単なのは、傷にパテ盛って成型、上から似た様な折り目模様のカーボン柄カッティングシートを貼り仕上げにクリア塗装。

ウレタン樹脂を買ってきてクリアのみ盛っていくのも手だが、ウレタンのみの厚盛りはエアが入りやすい上ウチの方ではホームセンターで一番小さいウレタンでも500g、それ+硬化剤なので仕上がりがいくらも変わらなければカッティングシートの方が安上がり&楽。
    • good
    • 4

表面の樹脂部分に白い塗料がついたのと、樹脂部分の削れですね。



白い塗料は細かいコンパウンドで擦ればとれると思います。削れは上から透明度の高い樹脂を塗って、硬化したら回りと同じ高さになるようにペーパーで研いでみる。だんだん番手を細かくして、最終的に2000番からコンパウンドで仕上げ。かな。削れについてはやったっことがないのでうまくいくかはわかりませんが、このくらいしか思いつきません。ただクリアを吹くのが一番簡単でしょうが、なかなか厚さが稼げないんですよね。
    • good
    • 1

表面がクリア処理してあるタイプでしょうか?



其処が白濁している程度であれば
磨きだしで
ほぼ完璧に治るとおもいます。

程度次第ですので
工場へご相談下さい。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカーボンボンネットの手入れについて

スプーンのカーボンボンネットを装着していますが、購入から4年ほど経過して、日焼けにより表面の樹脂が多少変色してきてしまっています。特に日中ですと以前の黒光りというよりは、少し茶色っぽくなってしまっています。これはどうにもならないのでしょうか?どなたか対策をご存知の方がいらしたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワックス掛けなどは、されて無いでしょうね?(苦笑)
そのカーボンボンネットはゲル仕上げのみですか?
ゲル仕上げのみのカ-ボンボンネットはワックスNGですが・・・。

クスミはおそらくゲルコ-ト樹脂、あるいはクリア塗装のくすみかと思われます。
上塗りでそのままクリアを吹いてもクスミはきえないんじゃないかな?
表面の目立たないところでコンパウンドかエターナル塗面光沢復元剤 で試してみて、
光沢が復活するのであれば、光沢を日々維持するのに「ブリス」
を塗布すればよろしいかも・・・。
クスミの度合では復活しない可能性もあるかもしれません。
カーボンボンネットの光沢で評価を受けてるWurzは
ブリス(ガラス繊維系ケイ素ポリマ-)を光沢維持に勧めていますね。

以前、知人がこの方法で光沢を取り戻しましたが・・・
同様に光沢が戻られますように・・・

Qクリアがはげてきたので、クリア層だけ修復したいのですが…

プジョー205(赤:ソリッド)に乗っています。
最近ルーフのクリア層が急速にはげてきました。
最初は塗料とクリアの間に気泡が入り、点々としていたのですが、最近になって急激にめくれ始めてしまいました。
今のところルーフの1/5程度ですが、日に日に拡がっています。
(ボンネットや側面は問題無さそうなのですが・・・)

もう8年落ちの古い車ですし、板金塗装屋さんに持っていって修復する程の物ではないので、自分で処置しようと思っています。
とはいうものの、どのように直していいか分かりません。
単純にクリアスプレーみたいの買ってきて吹いても駄目なものでしょうか?
外車というのは影響しますでしょうか?
(ちなみに板金屋さんに持ってたら費用はどのくらいかかるんでしょう?)
これ以上剥離が拡がらないようにするのが目的なので、仕上がりの綺麗さなどは気にしないつもりです。
自分でやる時のコツや、道具など、またお奨めのサイト等ありましたら教えて下さい!
車好きの皆さん、よろしくー!

Aベストアンサー

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一応、技術を売っているわけですから。
修理にかかる材料を買ってきて自分でやってみてもいいでしょうが、その材料費ちょっとでプロにやってもらう値段と変わらなくなってくると思いますが。
缶スプレーではとても屋根の面積を吹き切れないでしょう。エアー圧も必要になりますし、上の面というのはとてもごみがつきやすいのでその処理も大変です。
今時期でもまだ虫もいますしね。(塗ってる最中に飛び込まれるのです)
下の方も答えてますが、費用としては、屋根のみなら処理と塗装で5万弱ってところでしょうか。

近所の鈑金屋さんにでも一度相談するとよいですよ。
近くにないならディーラーで聞くか、タウンページなど使ってもいいかと。
友達などで鈑金したことある人とかに上手いとかここは安いよとかいう情報も聞いてみては?

いったん剥げてしまったクリヤーは完全にはがさなくてはなりません。その上から塗料を吹いても中に空気が入ったりしてまたすぐ剥げてしまいます。ペーパーなどで剥がれるクリヤーはすべてはがし、段差などないよう処理し、段差が少しでもある場合は、パテなどでならします。
その上にサフェーサーを吹き、色、クリヤーと塗装します。屋根となると、素人では無理でしょう。
ディスプレイなどでやっているのはプロですからあんな綺麗に仕上がるのです。
そんな簡単にできては私ども食っていけません。(笑)
一...続きを読む

Q白っぽくなったカーボンボンネットを塗装したけれど・・・

白っぽくなったカーボンボンネットを塗装したけれど・・・


良く、カーボンボンネットが白っぽくくすんだという話を耳にしますが、
私の車のカーボンボンネットも例外でなく、ところどころ、白っぽくくすんできました。

このサイトなどで色々拝見し、
とりあえずコンパウンドなどを用いてみると、一時的にはきれいになるものの、
しばらくしたら、やはり白っぽくなってきました。

ショップの勧めもあり、業者さんにクリアー塗装を行ってもらうことに。
(塗装は、表面を一旦磨いてからクリアー塗装をおこなったそうです。)
すると、とってもピカピカになって帰ってきました。

しかし、塗装してからサーキットも走っていないのに、
3ヶ月もするとまた白っぽくなってきて・・・

ショップ&施工業者さんに相談したところ、
「クリアー塗装前の表面状態が悪くなっていてカーボンの網の目まで逝ってたんじゃないか」
「その状態にクリアー塗装しても塗料が網の目に入っていく形になるから何度やってもダメかも」
という回答でした。

とりあえず、表面を磨いてもらったら随分きれいにはなりましたが、
たぶんまた白っぽくなるということ。

では、ボディ同色なら?と問い合わせたところ、
「同様の理由で保証することが出来ないということ」でした。

まぁ、このような理由だと、
たしかにクリアーだろうとボディ同色だろうと同じことになるはずです。

その場合、ボンネットを買いなおすしかない・・・と。

ちなみに、自分のカボボンにはエンジンルーム側に保温材が貼ってあります。

自分的には、
・ボンネットの状態を見てプロがわからなかったの?
・塗装代は無駄なの?
と思いましたが、

それより何より、
・なんだか、ダメな理由(理屈)に納得できてません。
・また本当に塗装してもダメなのか。

私にとって情報源がソコしかないので、
幅広く意見を求めたいと思って質問しました。

この業者さんの言うとおりですよ~という意見もOKです。
ただ、もう少し判りやすく教えていただけたら助かります。

よろしくお願いします。

白っぽくなったカーボンボンネットを塗装したけれど・・・


良く、カーボンボンネットが白っぽくくすんだという話を耳にしますが、
私の車のカーボンボンネットも例外でなく、ところどころ、白っぽくくすんできました。

このサイトなどで色々拝見し、
とりあえずコンパウンドなどを用いてみると、一時的にはきれいになるものの、
しばらくしたら、やはり白っぽくなってきました。

ショップの勧めもあり、業者さんにクリアー塗装を行ってもらうことに。
(塗装は、表面を一旦磨いてからクリアー塗装をおこなった...続きを読む

Aベストアンサー

私もカーボンボンネットで、塗装が1年たっても大丈夫!ってものは見たことがないのですが(笑)
クリアだけに関しても。私の場合は純正色に塗装しましたが、ギリギリまで厚く塗ってもらいましたけど
塗装のチジミとかあって結局純正に戻しました。

カーボンは車で言う樹脂部分(バンパーとか)と一緒の扱いになると思いますが、繊維を樹脂で固めている物である以上は元の材質の品質いかんによっては塗料の吸い込み、元の樹脂との相性もあるかと思います。それも考えると、かなり厚く塗装を乗せなければ塗装品質が確保できないということになるのではないでしょうか。

しかも走行中にしなる部分だから厚く塗れば塗装割れとかおきてしまうなど、一般的な塗装泣かせになるのでは。

メーカーのような焼き付け塗装のような、下地から何層も塗装を重ねていくというやり方ならばもしかしたら金属ボンネットと同じレベルの塗装耐久性がだせるかもしれないですね。
いわゆる一般のボンネット塗装代と同じ値段で耐久性が出せるとは思えないです。

Q高級車とかでやたらピカピカな車はどうやってるの?

 こんにちは。

 町でよく見かける、怖そうな人が乗っている黒塗りの
グロリアなどの車は、他の車よりもピカピカに見える
のですが、あれはどうやっているのでしょうか??

 ガソリンスタンドの機械で洗った後、家でワックス
をかけたりしているのですが、どうも光沢がそれらの
車には勝てません・・うちの車がしろだからでしょうか??
車をピカピカに光らせる方法をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

ガソリンスタンドでアルバイトしてます。お客様でそういった方々が来店されます。黒のセルシオ、シーマ、プレジデント、センチュリー、ベンツSクラスなどなど。

 ■手洗いです、しかも洗う頻度は半端無いです■ 
 機械なんかでは洗いません、最近の洗車気はスポンジ、布など傷が付きにくくはなっていますが長期的に考えると手洗いに比べたら断然傷が付きます。

 洗う頻度は、雨など断続的に降ったりした場合は毎日、晴れ続きでも1週間に一回は最低でも来られます。その際はもちろん、手洗い洗車で一ヶ月に一回または週一でコーティング(洗車機でノンブラシでコーティング)たまにポリマー加工をします。あまりワックスはかけません。ワックスはどうしても夏場は溶けて水垢を取り込み頑固な汚れになりやすいためです。

 本当に輝かせるのでしたら、研磨剤なしのカルナバロウの純度が高いワックスを塗りこむことです。ワックスの輝きに勝てるものはありません。(好き嫌いは分かれますが)特に濃色はワックスの種類、もともとの塗装の強さで輝きが違います。軽自動車と高級車の違いはやはりすぐわかります。


 <ぴかぴかにする方法>

 車を日陰でまず水をかけてあらかた砂埃を落とす。(中途半端に洗い流すといくら洗剤をつけていても傷が付きます)

 シャンプーを泡立てて泡をたくさん作る。

 泡を惜しみなくボディーにかけ、洗剤を染み込ませたきれいなタオルでなでながら洗っていく。(絶対に力を入れてはいけません)

 とにかくきれいに洗い流す、洗剤を残してはいけません。

 軽く、人工セームでふき取ったらボディーがぬれている間にワックスをかけます、鉄粉が付いているようなら鉄粉除去ネンドで取り除いてから作業に移ります。下地作りといってコンパウンドなんか使わない。(素人が下手にコンパウンドを使うとただキズを付けるだけです)

 ワックスは大体5分くらいでボディー全体に塗ってしまいます。たてたてよこよこ(早く塗らないと周りからのほこりが付いて研磨剤になります)

 塗り終わったら、始めに塗ったところからネル布(できればふき取り用の布)などのやわらかいもので5分以内にふき取ります。ここでも絶対に力を入れてはいけません。

以上です。


 白色車の場合は、水垢がとても目立ちます。できることならガソリンスタンドにあるような白色車専用ポリマーを使うのがいいのですが、市販品ならドイツ製のポリラックをお勧めします。水垢のような汚れがとてもきれいに落ちます。ちょっと高価で、親水性(水をはじかない)なので好き嫌いが分かれます。

 白色車も手入れしている車とそうで無い車は輝きがまったく違います。しかし、間違っても強アルカリ性のもの、荒いコンパウンドで水垢を落とすような製品は塗装に悪いですのでお勧めしません。


 あと最後に、洗車機で洗っていらっしゃるとのことですがブラシの種類にこだわってみるとだいぶ違いますよ。スポンジか布をブラシとして使っている洗車機で洗うと結構傷はつかないものです。拭き上げに数枚の人工セームを使う。同じタオルで一台を仕上げないでどんどんタオルを換えるといいです。

ガソリンスタンドでアルバイトしてます。お客様でそういった方々が来店されます。黒のセルシオ、シーマ、プレジデント、センチュリー、ベンツSクラスなどなど。

 ■手洗いです、しかも洗う頻度は半端無いです■ 
 機械なんかでは洗いません、最近の洗車気はスポンジ、布など傷が付きにくくはなっていますが長期的に考えると手洗いに比べたら断然傷が付きます。

 洗う頻度は、雨など断続的に降ったりした場合は毎日、晴れ続きでも1週間に一回は最低でも来られます。その際はもちろん、手洗い洗車で一ヶ月...続きを読む

Qカーボン製エアロの塗装について

カーボン製品はそのままの状態で使用されてる方が多いような気がしますが、純正色(白)に塗装する事はできるんでしょうか?

Aベストアンサー

カーボン製品でも塗装は可能ですよ。
そのままに見えても、クリアだけは塗っている人がほとんどだと思います。
本当にそのままだと痛みも早いですから。

まあせっかく軽いカーボンにしたんだから
塗装して重量増になるのがもったいないとも言えますが(笑)

そんな私は塗装しています。

Qドライカーボンとウェットカーボンの見分け方

最近車のパーツに増えてきたカーボンですが、
ドライカーボンとウェットカーボンを触れたりせずに、
見た目だけで判断することは可能なのでしょうか?

もし可能であれば、判断基準など教えてください。

Aベストアンサー

表面に、少し緑がかった透明な層があるものは、ウェットレイアップによるもので、その透明な層がほとんどないものが、ドライカーボンです。

ウェットレイアップの場合、型にカーボンのクロスを置き、その上からエポキシ系の樹脂を塗った後、樹脂自体の発熱もしくはオーブンで加熱し硬化させます。
そのため、樹脂の量が多めになってしまい、表面に樹脂の層(妙にテカテカ光っている)が出来てしまいます。さらに、後から樹脂を塗って行くので、繊維が曲がったりすることがあります。

それに対しドライカーボンの場合は、あらかじめ必要な量の樹脂が含浸されているクロス(プリプレグといいます)を型に乗せ、加圧できるオーブン(オートクレーブといいます)で硬化させるため、成形後に不要な樹脂の層が出来ません。

Qカーボンサイレンサーの補修方法

よろしくお願いします。
先日カーボンのサイレンサーを中古で購入しました。取り付けようとしたところ、一箇所中央付近にに約3センチ程の凹みがを発見、凹みの中央部は裂けてしまっているようで穴あきがあるような状態になっていました。カーボン部をリペアに出そうと思いましたが、お金もなく断念しております。なんとかこのサイレンサーを使いたいのですが、自分で安くできる補修方法はありませんでしょうか。穴あきの場所は取り付けてしまえば裏側になる部分ですので、結構大掛かりな補修をしても目立たないと思います。どなたかご存知の方ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カーボンの補修が無理?そんなわけないですよ。

凹みはサイレンサーの中身を抜いて裏から押してみれば少しは戻るかもしれません。戻らなければ凹んだところをサンダーで切り取るか、諦めてそのまま穴だけ塞ぐかです。

裂け傷の周辺を400番以下くらいのペーパーで擦り、あとはシンナーやシリコンオフで脱脂したら、エポキシ系の2液混合接着剤を擦った部分に塗り、そこに貼る部分に合わせて切っておいたガラスクロスを貼り、上からさらに接着剤を塗り、上からヘラやブラシでつついてクロスによく染み込ませ、固まれば完成です。どうしても白っぽく固まるので上から黒いペイントをスプレーすれば目立ちません。ガラスクロスじゃなくカーボンクロス、エポキシじゃなくてポリ樹脂を使い、クロスの目を揃えればかなり目立たなくなると思います。

Qカーボンフレームの傷の保護について

ロードバイクのカーボンフレームの表面(無塗装でカーボンの繊維が透けて見える黒っぽい部分)に小さなひっかき傷を作ってしまいました。
小さいのですが、白っぽく目立って目に付くたびに心が痛むのと、このままにしておいてフレームの耐久性に影響が無いのか不安です。
補修の方法は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

私のカーボンバイクにも引っかき傷がついています。
その時はどうなるか心配でしたが、今のところ何の問題もなく使えています。

個人的には、塗装処理は止めておいた方がいいと思います。
私は専門家ではないので詳しくは分かりませんが、塗料によっては樹脂を攻撃してしまうものもあると思いますし、仮に傷がカーボン地まで到達していた場合に、その上から塗料を塗るとカーボン地に直接塗料が付着することになります。
それを考えると、無闇に塗装するよりも、専門家などに聞いて確実に安全な塗料や塗装方法などを聞いてからの方がいいと思います。
一般的にフレームの一番表のカーボン層はお化粧カーボンで、フレームを保護するような役割の担っているものがほとんどですから、多少のことでは大丈夫だとは思うのですが、自分で無闇に加工したりすることは絶対に避けた方がよいと思います。
よって、とりあえず傷から雨などが侵入するのを防ぐために、No.2の方が仰るようにステッカーなどで完全に密閉することをお勧めします。
一般的なスポーツサイクルショップでも、カーボンフレームの傷によるフレームへの影響や、補修が必要かどうかなどの判断はなかなかできるものではないと思いますので、自転車に限らずカーボンそのものに詳しい専門家などに傷の状況などを話せば良いアドバイスがもらえるとは思うのですが・・・

余談ですが、某フレームビルダーショップで、真っ二つに折れたカーボンフレームの上から塗装をはがしてカーボンシートを張り合わせて補修しているフレームを見たことがあります。
ビルダーさんも本来でしたらあまりお勧めできない方法だと仰っていたのですが、お客さんがどうしてもと言うのでそのように補修したそうです。

私のカーボンバイクにも引っかき傷がついています。
その時はどうなるか心配でしたが、今のところ何の問題もなく使えています。

個人的には、塗装処理は止めておいた方がいいと思います。
私は専門家ではないので詳しくは分かりませんが、塗料によっては樹脂を攻撃してしまうものもあると思いますし、仮に傷がカーボン地まで到達していた場合に、その上から塗料を塗るとカーボン地に直接塗料が付着することになります。
それを考えると、無闇に塗装するよりも、専門家などに聞いて確実に安全な塗料や塗装方...続きを読む

Q車をポリッシャーで磨いたら白く濁ったようになりました・・・

車をポリッシャーで磨いたら白く濁ったようになりました・・・

愛車(5年強経過。ベージュ系メタリック塗装)にDIYで簡易コーティングをするため、電動ポリッシャーを購入して下地処理をしていたのですが、ボンネット部が部分的に白く濁ったようなマダラになってしまいました。
手順的には、シャンプー洗車+鉄粉取り粘土がけに続き、若干硬めのスポンジバフに傷取り用の細めコンパウンド、仕上げでは最も柔らかいスポンジバフに超鏡面仕上げ用の極細コンパウンド(いずれもホルツ製品)を使うというもので、一応は作業映像等を含めネット上で検索・勉強したやり方に沿ってみたつもりです。
因みに屋外での作業とならざるを得ないのですが、もちろん炎天下では行っていません。

ただ、初めてポリッシャーを使った素人の悲しさ、どうしてもオーロラ傷が残ってしまうのをやっきになって消そうと、何度もかけてしまったためでしょうか、コンパウンドをウエスでふき取った後に、白く曇ったような箇所がいくつか残ってしまいます。(全体に光沢も失われた感じです)
まさか磨き過ぎでクリア層を全部削り取ってしまったか??・・・と絶望的な気持ちにもなりましたが、どなたか考えられる原因、および何らかの対策をご助言頂けませんでしょうか。
どうか宜しくお願いいたします。

車をポリッシャーで磨いたら白く濁ったようになりました・・・

愛車(5年強経過。ベージュ系メタリック塗装)にDIYで簡易コーティングをするため、電動ポリッシャーを購入して下地処理をしていたのですが、ボンネット部が部分的に白く濁ったようなマダラになってしまいました。
手順的には、シャンプー洗車+鉄粉取り粘土がけに続き、若干硬めのスポンジバフに傷取り用の細めコンパウンド、仕上げでは最も柔らかいスポンジバフに超鏡面仕上げ用の極細コンパウンド(いずれもホルツ製品)を使うというもので、一...続きを読む

Aベストアンサー

私の車は、雨ざらしの13年目にして洗車を楽にしようと思い、コーディングをDIYで行ったところ、
同じように部分的に白くなってしまい、慌てました。
外国車は判りませんが、国産車の塗装はそんなに柔ではありませんし、クリアコートの厚みもかなり
有るため、サンドペーパーで磨かない限り簡単には塗装面まで到達しないはずです。
よっぽど強く磨いたら例外では無いかもしれませんが。
もし、本当にクリアがはがれてしまったら、白っぽくならず、車体塗料がポリッシャー側に付着している
と思いますので確認してみてください。
次に、私の場合、鉄粉取り粘土が原因で白っぽくなってしまいました。
要は、粘土で鉄粉を取るつもりが、反対にクリア層に細かな傷を付けまくっていたわけです。
間接光の反射、もしくは、接眼レンズ(ネガフィルムを見る為のレンズ)で確認すると細かなひっかき傷がついていることが判ると思います。
もし、それなら、ひたすらその傷を取るだけです。それには、傷取りワックスを使用せず、極細コンパウンドで地道に磨くことです。傷取りワックスは、私には手加減がよくわからず、失敗する可能性が
有るからです。
そして、技術が身につくまで、傷を完全に取るのではなく、腹8分目にしておくことも大切です。
後は、コーティングワックス(1年間ワックス不要の2液タイプ)で厚塗りすれば、業者並とは
いきませんが、そこそこに鏡面仕上げが出来ましたよ。
検討を祈ります。
最後に、本当に車体塗料まで到達していたら、私も塗装屋さんへ早めに出されることを推奨します。

私の車は、雨ざらしの13年目にして洗車を楽にしようと思い、コーディングをDIYで行ったところ、
同じように部分的に白くなってしまい、慌てました。
外国車は判りませんが、国産車の塗装はそんなに柔ではありませんし、クリアコートの厚みもかなり
有るため、サンドペーパーで磨かない限り簡単には塗装面まで到達しないはずです。
よっぽど強く磨いたら例外では無いかもしれませんが。
もし、本当にクリアがはがれてしまったら、白っぽくならず、車体塗料がポリッシャー側に付着している
と思いますので確認...続きを読む

Qウレタンクリア塗装の重ね塗り

ドライカーボンにウレタンクリア塗装を施し完全硬化した状態ですが、繊維の隙間に小さな塗料の吸い込み穴がたくさん出てしまっているので、上からSOFT99のウレタンクリアを吹こうと思っています。
この場合、いったん硬化したクリアの上にそのまま吹き付けるのはやはりまずいでしょうか?

下地処理や作業のコツ・注意点などありましたら教えてください。ちなみにクリアの下にカラーの塗装はしていません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

かなり小さな穴ですね。
その程度であれば逆にうす塗りを繰り返していけば新たな平面が形成される可能性がありますね。
厚塗りをすると穴の中の空気が登ってこようとして気泡が中途半端に出来る可能性があるので、軽い吹き付けをして乾燥>軽い吹き付け>乾燥・・・を繰り返せばきれいになる様な気がします。
ウレタンクリアーの特徴は厚塗りですので、根気よくやればいけると思います。

ちなみに、ウレタンクリアーを塗った後2週間ほど完全乾燥させたら金属磨きピカール(車用液体コンパウンドは良くなかったです)で軽く磨いて、そのあとに模型用のつや出しコーティング剤を塗るとかなり綺麗になります。
ブリスと言うコーティングでも良いのですが、個人的にはハセガワという模型メーカーのコーティングポリマーの方が耐久性、艶が上なのでオススメ。
http://wave.ruru.ne.jp/msk/search.asp?id=6053

あと、エアーウレタンは東急ハンズや埼玉/東京であればドイト/ビバホームで買えます。

自作カーボンパーツ等に興味があるのでしたら、下記のHPも良いですよ。私もはまっていた頃は利用してました。
http://www.frpjapan.com/

かなり小さな穴ですね。
その程度であれば逆にうす塗りを繰り返していけば新たな平面が形成される可能性がありますね。
厚塗りをすると穴の中の空気が登ってこようとして気泡が中途半端に出来る可能性があるので、軽い吹き付けをして乾燥>軽い吹き付け>乾燥・・・を繰り返せばきれいになる様な気がします。
ウレタンクリアーの特徴は厚塗りですので、根気よくやればいけると思います。

ちなみに、ウレタンクリアーを塗った後2週間ほど完全乾燥させたら金属磨きピカール(車用液体コンパウンドは良くなかっ...続きを読む


人気Q&Aランキング