これからの季節に親子でハイキング! >>

車や自宅で 潤滑目的で上記の3つを買ってきました。
ベアリングや元々グリスアップされているところはグリスだとして、一般的使い分けがわかりません。(更に言えば 半固形グリスも所持しています)

そこで
  (1)一般的 使い分けの考え方はどのようでしょうか?
    ex 潤滑目的ではグリス>オイル>シリコン の順で選ぶ?とか、、。
  (2)以下の場合何を使うのが良いのでしょうか?
    1)車のボンネットやトランク、ドアのヒンジ部(ベアリング、ゴムなし)
    2)自宅の室内ドアのヒンジ部(差込んであり、回転する部分)
    3)自転車のブレーキハンドル部(ブレーキを握って回転する部分)
    4)自転車のチェーン
    5)車のボンネットなどのキャッチ部(動いてロックする方)

以上 よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

潤滑油、シリコンにはとても種類が多く、とてもじゃないが


 グリス>オイル>シリコン
と「ひとくくり」にはできないです。シリコンのグリスもあるし・・

(2)以下の場合何を使うのが良いのでしょうか?
    1)車のボンネットやトランク、ドアのヒンジ部(ベアリング、ゴムなし)
  荷重がかかり、しかも屋外(寒暖差が大きく、雨水がかかる可能性がある
   ・・・・よって、グリスが良い。
    2)自宅の室内ドアのヒンジ部(差込んであり、回転する部分)
  いわゆる摺動部で、荷重も大きいため、二硫化モリブデンの配合されたグリス
    3)自転車のブレーキハンドル部(ブレーキを握って回転する部分)
  もうすこし粘度の低いグリス(1)と同じ
    4)自転車のチェーン
  飛び散って失われるため、分子量の大きいオイル。いわゆるチェンオイル
  2サイクルエンジンオイルと逆の性質が必要・・とにかく納豆のように糸を引くオイル
    5)車のボンネットなどのキャッチ部(動いてロックする方)
  摺動部になるので、(2)と同じ

 このように、目的によって潤滑剤は異なります。だからとても種類が多い。

 シリコンですが、これは揮発性があるため長時間作用が継続して欲しい場所や風雨にさらされる場所には向きません。特に荷重が大きい場所には無理です。
 負荷が小さく、すべりを期待する場所・・・サッシの擦れ合う部分とか、引き出しの擦れ合う部分とかには効果的です。木と金属が擦れ合う部分の金属側なども。
 ただし、木製品には基本的に使いません。シリコンが木の組織内に浸透し、強度を低下させます。セルロースとセルロースの摩擦が失われる。汚れを溶かして材にしみこむとかで汚れます。

 たんすや建具などの木製品やジッパーのように、相手を痛めたくない、汚したくない場合は、乾性粉末潤滑剤を使います。これは、フッ素樹脂、グラファイト、二硫化モリブデンなどを原料とするものですが、汚れて欲しくないものには、フッ素樹脂系を使います。たとえば
Three Bond 乾性粉末潤滑剤 1810C(スリー ボンド製) ( http://www.10000sale.com/magic/cgi/item_view.cgi … )

 注意しないとならないのは、クレ556のように、潤滑油を安価なシリコンオイルで希釈したものです。これはシリコンが揮発してしまうため、取り込んだ埃や汚れが残って時間がたつとかえって不具合になるタイプがあるということ。特に特価で販売されているものはシリコンの量が多いため、使った直後は効果を実感できますが、すぐ動かなくなる。
 特に、鍵穴とか錠前の機構部分など、埃が入るとまずい精密な部分には、決して使用してはなりません。錠前メーカーは、製品のマニュアルに特に重視するメンテナンス方法として注意するようにしているのですが・・・・。このトラブルは、本当に多いのです。・・・錠や鍵穴に油をさしたらだめ!!!使用するなら粉末潤滑剤を使ってください。なければ濃い鉛筆の芯で擦るだけでも良い。

家庭で用意しておくと良い潤滑剤
・重荷重用に二硫化モリブデンやグラファイト配合のグリスかオイル。
 スプレータイプが良い
  蝶番(ヒンジ)、戸車(金属)、車のヒンジなど
・低粘度のオイル
  軽加重のもの、プラスチックに使えるものを用意する。
   プラスチックに普通の潤滑剤(シリコン含む)を塗ると割れることがあります。
  いわゆるミシン油・・さび止めにも使える。
・乾性粉末潤滑剤
  精密機械等・・たんすの引き出し、ジッパー、
  障子やふすまにも使える白色のものが良い
・シリコンスプレー
  サッシの擦れ合う部分、はさみ・・さび止め効果ではなくすりあわせを軽くする
  長期間持たないので、都度ふけるようなものだけ
  荷重がかかる摺動部には使えない。

 決して使わないで欲しいもの・・・潤滑油をシリコンオイルで薄めたタイプ。最悪。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。

確かに種類がたくさんありますね。
実は半固形グリスは3種類持っています。
よくわからず、都度都度買っていたらこんなになってしまってわからなくなってしまいました。(潤滑として使えるものが10種類ほどあります)

種類はあるにして、やはり グリスがほとんど適して、それが使えないところに潤滑オイルということですね。(更にシリコン)

わかりやすく助かりました、お手数をお掛けしました。

お礼日時:2010/01/23 15:02

 グリースは、No.2のお答えにあるように、常温では固体ですから、


ただ塗りつけただけでは潤滑が必要なところまで流れ込んで行きません。
 ですからグリースは、ベアリングのように初めから封入する、
グリースニップルを付けて圧入する、分解時に必要な箇所に塗りつける、
といったような使い方をするものではないでしょうか。
 長期保持するとは言っても、必要なところへ届いていかなければ役に立ちませんよね。
 お尋ねの5箇所は、どれも時折潤滑油をさしてやればいいのではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
表に出ていなく浸透性が必要なところは潤滑剤とは思いますが、それでは表に出ていれば、やはりグリスが良いのでしょうか?
要はグリスが最適で、それがNG(浸透性などが必要)のところは潤滑材という選択ですね。

お礼日時:2010/01/23 14:56

こんにちは1番の方の補足として、


機械の修理もするのですが、シリコンスプレーでよくトラブルがおきます。
シリコンスプレーは、薄い被膜をはって抵抗をなくすので(きれいな床が滑るイメージ)わずかですが、分厚くなります。
ですから、機械が上下するためのガイド部分とか
きち~っと合っていなくてはならない部分は、油を使ってください。
そこが大きくなったらビクともしなくなります。
修理代もかかるし、大ごとです。
ついでにグリースは常温では固体ですが、
回転など動きによって生じる熱で液体となります。
よって、封入部分などに入れることが多いですよ。
グリースの入れてあるところに油をさすと、
洗剤のように油が、グリースを流してしまうので
最初にグリースをさしてある部分には、油をささないことが原則です。
覚えておくとトラブルが少ないですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
シリコンは一般家庭内では比較的気軽に使えるので重宝しています。
(荷重もあまりないようなところで、垂れもないので)

グリスが初めから塗ってあるところや、ベアリング部(封入してあるところ)はグリスはわかっているのですが、それ以外のところは、長期保持することを考えて、グリス(スプレー物)を優先して使用するのが普通なのでしょうか?
それとも潤滑オイルなのでしょうか?
例示(2)でお勧めを示していただけると助かります。

お礼日時:2010/01/23 10:39

シリコンは潤滑には一番即効性がありますし汎用性が高いです。


単体でも使いますがグリスやオイルをしているところに少しだけ追加したりするといいです。
スプレーしたあともべとつかないので金属以外の潤滑にもつかえます。
(例えば障子や襖などの溝にスプレーすると軽くなるなど)
但し、持ちが短いことや、ゴム成型などの離形剤としてもつかうので金属とそれと違う材質でできた部品などには向きません。

潤滑オイルは、同じ潤滑でも油がべとついても大丈夫な機械のメンテナンスや潤滑以外にには錆止めの効果が必要なものに使います。但し、べとつくので埃やダストが付着しやすく定期的に取り除く必要があります。

グリスはベアリングのような構造部品、しかも普段は触らない・触れない部品などの継続的な潤滑に必要です。粘性が高いので持続力は長いですが、使える場所もかなりかぎられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。

潤滑オイルとグリスの使い分けを教えていただけると助かります。
既にグリスが塗ってあったり、ベアリングはグリスなのはわかっているのですが、それ以外はどちらを優先するのでしょうか?
説明いただいた、「潤滑オイル」のケースでグリスも可能なようなのですが、その場合はグリスが良いのでしょうか?
それとも、ベアリングなどのグリスしかダメなところ以外は、まずは潤滑オイルが優先なのでしょうか?(過重もあまりないケースで)

できれば例示した(2)のケースでそれぞれ何を使うべきか教えていただけると助かります。

お礼日時:2010/01/23 10:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q潤滑油、シリコンスプレー、グリースの違い、適する使用法

金属などの可動部品を滑らかに動かすには潤滑油を指すと思うのですが、ホームセンターに行ったら標題のものがあり、どう使い分けるのがよいのかと疑問に思いました。

また、潤滑油では呉工業の5-56がよいとよく聞きますが、他社の安価な同種商品とは使用感、効果等にどれくらい違いがあるものなのでしょうか?

ご存知の方がいましたらご教授願います。

Aベストアンサー

家庭用の潤滑剤では、クレの556が手軽です。
しかし、潤滑剤としては揮発性が高いので、屋外では短期間で脂ぎれを起こすのと、チェーンのように荷重がかかる部分には効果がありません。
屋内の兆番程度ならば、結構長持ちしますので、一本あると便利です。

シリコンスプレーは、潤滑剤としてのシリコンが残るので結構長持ちするのと、敷居のような木材でも意外と効果があります。
使用後、表面がさらさらした状態にあるので、人が触れるような場所では最適です。

グリースは、高荷重のかかる部分に使うもので、家庭では自転車のチェーンに使うくらいですね。

Qシリコングリスって??

シリコングリスはどんなときに何に使うものなのですか??

Aベストアンサー

私の場合ですが。

パソコンのCPUに放熱板を取り付けるとき、密着する面に塗ります。
また、アンプを製作する時、パワートランジスターという、
熱を発するトランジスターと、同じく放熱板と密着する面にも塗ります。

要は、シリコングリスは熱伝導率が高いので、できるだけ熱を効率よく
伝えたい部分に塗ります。また、シリコングリスは絶縁性も高いので、
こういう使い方に適していると思います。

Qシリコンスプレーについて教えてください

 自転車のお手入れについて質問させて頂きます。

過去の質問回答を見ていると各部分でいろんな商品のお勧めを見かけます。

 自分は手軽でべたつかなくてどこでも手に入るものが希望なのですがシリコンスプレーはどうなのでしょうか?過去の回答でたまに出てきていろんな場所で使えるけど効果が持続しないような説明を見かけます。自分としてはさらっとしていてべたつかなくて黒くならなければ注す回数が増えてもかまわないと思っていますがどうでしょうか?

 シリコンスプレーの効果のほど、可動部分で使ってはいけないところはあるか、シリコンスプレーとシリコンオイルの違いなどについて教えて頂けないでしょうか?回答よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

シリコンスプレーをチェーンに使用することは、まめに注油し湯幕切れを起こさないよう注意すれば何の問題もありませんが、ブレーキワイヤーやシフトワイヤーのアウターとインナーの間にスプレーしてしまうと、ワイヤーによっては、アウターとインナーの摩擦を低減するためにテフロンライナーを入れているものがあり、シリコンスプレーはこのテフロンライナーを侵食して溶かしてしまう物も数多く存在しますので、適材適所で、良く確認した上で使用すべきです。
その中でも有名な物は、CRC556などは、注意が必要です。

チェーンに使うときは、各こまのローラーとプレートの間(内外各1ヶ所づつXコマ数)に1滴づつさして、数回チェーンを回転させて馴染ませた後、余分な油分を綺麗なウエスで拭き取ってください。
余分な油分があると、そこに埃や泥をを吸着しそこに水分などがたまることになり、チェーンの寿命を早めたり。著しく損傷させたりします。

Qクレとワコーズなどはそれ程違う?

ロードバイク通勤してます!

自転車のメンテではオイルを使いますが、

ワコーズ ラスペネと
http://www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/008/index.html
クレ 5-56という同様の商品がありますが、
ワコーズはもてはやされクレは否定されることが多いように思います。

私はワコーズは持っていなくて、
フッ素が配合されたクレスーパー5-56を持っていて使っています!
http://www.kure.com/products/index.html(上から4段目)

フッ素が入っているおかげか今まで特に問題なくスムーズに使えているのですが、
実際にそれ程違うものなのでしょうか?

クレとワコーズなどの違いについて教えて下さい^^

Aベストアンサー

スーパー556は 知りません
もう 数十年 556は相手にしていないので

普通の 556は バケツ一杯の石油に 潤滑剤耳かき1杯程度と言われ 拭きつけ直後は良いが
2日も経過すれば 油分を溶かし蒸発し 返って 潤滑成分が失われる代物
錆を拭き取るとかには良いでしょう
錆びたネジの緩ませに使うにしても 超浸透潤滑剤と言われる 他社製品 ワコーズなら ラスペネ
には 全くかないません

スーパー556のフッ素成分も 耳かき一杯程度では?

KUREで フッ素径潤滑剤は ドライファーストルーブルになります。

KUREは、安価に作るのか主の様で 潤滑油やグリスとしての性能は 低いです。
他のメーカーの方が しっかりした 目的別の 潤滑油が 有ります。

556より WD40の方が まだマシ ワコーズなら ラスペネではなく メンテルーブルが
比較対象品だと思います。

自転車には 浸透潤滑剤を使用するところは ほぼ有りません。
基本 グリス チェーンや フリーハブのみ エンジンオイルの様な ドロドロした 高粘度の 飛散し難い固いオイルを使用し ワイヤーアウター内などは テフロンコーティング皮膜を作る様な 高価な潤滑剤をケーブルインジェクターなどで 充填するか
初期組立時に グリスを塗布しておきます。

ベアリングの 入る 回転部に 556を吹きかけると グリスを 見事に溶かし落としてしまい
部品を 金属摩耗させてしまいます。

556は 洗い油(洗浄用程度) 誤って潤滑油として使わない様に 我が家からは 排除
友達関係にも 同様に伝え 家から なくすように 言い聞かせています。

チャリなら フィニッシュラインなども良いのでは?

潤滑剤性能を 試すには 未塗装の 鉄板を用意して 両面に吹きかけ 外に吊るして 錆びのテスト
556とラスペネや 他の潤滑スプレーも 購入し 同時に 試してみて下さい。
目に見て 錆びの進行が 早いのか556と解ると 思いますよ。 潤滑油成分より石油成分がほとんど

スーパー556は 知りません
もう 数十年 556は相手にしていないので

普通の 556は バケツ一杯の石油に 潤滑剤耳かき1杯程度と言われ 拭きつけ直後は良いが
2日も経過すれば 油分を溶かし蒸発し 返って 潤滑成分が失われる代物
錆を拭き取るとかには良いでしょう
錆びたネジの緩ませに使うにしても 超浸透潤滑剤と言われる 他社製品 ワコーズなら ラスペネ
には 全くかないません

スーパー556のフッ素成分も 耳かき一杯程度では?

KUREで フッ素径潤滑剤は ドライファースト...続きを読む

Qドアの開け閉めの時きしむような音がします。

車のドアを開け閉めする時にきしむような音がします。ドアの付け根の金属が錆びているのでしょうか?
油のような物をさしたいのですが、スプレー式のような物はありますか?
もしあるとすればドアの付け根のどの部分にどんな風にスプレーすればよいでしょう?
どんなスプレーを購入すればよいでしょう?
ちなみにそれはどこで売っているのでしょう?
ホームセンターとかで売っていますか?
質問が多くなりましたがお願いします。

Aベストアンサー

自動車のドアにはヒンジ(ちょうつがい)と
ストッパーが付いています。
外車の一部にはストッパー付きのヒンジもありますが、、、。

ドアのきしみ音はほとんどは上記のストッパーです。
ヒンジがきしみ音がするほど錆びたり異物が入っていたら、
ドアの開け閉めが困難になると思います。

#2の方が書いたようにグリススプレーを使用してください。
ヒンジ部分は雨水などが入りますので液体タイプの場合は
すぐに流れ落ちてしまいます。

参考URLは配線の通し方なんですが、
4.ドアヒンジ部の写真がストッパー、
5.室内引きこみの写真でストッパーの下側で
ボディと同色の部分がヒンジです。
ヒンジは大抵は上下2箇所に付いていますので
一緒にグリススプレーをふきかけておいた方が良いです。

参考URL:http://www003.upp.so-net.ne.jp/doggie/car/camp/wiring/wiring.htm

Q換気扇からキーキー異音がする

換気扇からキーキー異音がする

羽をはずして
軸の部分にクレ556をスプレーしたのですが、
表面のところしか油がつかないので、
中まで浸透しないので、
3日くらいは異音がなくなるのですが、
4日目くらいから、また
「キーー、キキーー、キィー、、」
という音がします。

軸をはずして、軸の全面に
油を塗りたいのですが、
これってどうやってはずすのですか?

Aベストアンサー

 クレ556は安直な潤滑剤として広く使われているようですが、
使い方によっては逆効果になるので注意が必要です。
 クレ556は浸透性が高く他の油脂類を溶かす上に揮発しやすいですから、
軸受けなどに使うと、元々使われていた潤滑油を流し去ったあと自分も消え去ってしまうことにもなりかねません。
 モーターの軸受けにメンテナンスのつもりで556をちょいちょい吹き付けていたら
使われていたボールベアリングに封入されていたグリースを流し出してダメにしてしまったという例もあります。
 ミシン油や自動車のエンジンオイルなどのちゃんとした潤滑油を使いましょう。
 軸の根元に注油しておけば、やがて内部にまで浸透してゆくでしょう。
 なお、ご自分で検索して見つけたというページに挙げてある換気扇のモーターは、
くま取りコイル始動式モーターといって簡単かつ安価なものですが、
効率が悪いので小さなものしか作られていません。
 普通の換気扇にはもう少しましなモーターが使われていますから、
あまり参考にはならないのではないでしょうか。

 
 

Q部屋のドアがキーキー音がしてうるさい!

部屋のドアがキーキー音がしてうるさくて困っています。 どうやら丁番(極普通の製品)が鳴っているようです。

滑走剤等を吹きかける? とか思いましたが、もっと良い方法がありますか?

良い丁番(あれば教えて下さい)に変更、別な工夫等、アイデアがありましたら、お願いします。

Aベストアンサー

高荷重用の二硫化モリブデン配合のグリスがベスト。仕事ではこれ使ってます。
556は使ってはならない。潤滑油を安価なシリコンオイルで増量してある商品ですので、シリコンオイルが揮発した後粘度が増大してゴミが付着しさらに軸を痛めてしまいます。
蝶番を交換するときは、義星蝶番か旗蝶番タイプの物に交換しましょう。

Q自転車のメンテナンス・・・オイルorグリース

自転車メンテナンス初心者です。
お手入れ用に潤滑油的なもの(オイルとか?)を一本用意した方がいいと本に出てたので、買おうと思ってます。
CRC-556のようなオイルのスプレータイプと、グリースのスプレータイプの2種類がお勧めみたいな感じで出てました。
この2つ、どう違うんでしょう?
どちらがいいんでしょうか?
教えてください!!

Aベストアンサー

基本的にグリスとオイルは明確に分類することはできず粘度の違いで
その両者の中間のようなものも存在すると思っています。

ですので、CRC556などは最も粘度の低い(浸透性の高い)部類に入り、
いわゆるベアリング用のグリスなどは最も粘度が高く、水などに流れにくいものだと言えます。
つまり、それぞれの用途によって使うところを分ける必要があります。
ワイヤーやチェーンなど細部に浸透する必要があるものには、粘度の低いもの(オイル)が向いていて
ベアリングなど強い力が常にかかり、潤滑が長期間必要な部分には粘度の高いもの(グリス)を
使います。

質問者さんのしたいと思っているメンテンナンスの種類にもよってくると思いますが、
自分のお勧めとしてはまず、チェーンオイルにも使える粘度が低めの潤滑剤(ベアリング以外の各部に使えます)と
チェーンを洗うためのディグリーザーを買うのがいいと思います。
これならセットみたいです。http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/finish/tos046.html

スポーツサイクルでしたらスプレータイプのグリスを持っていても
グリスアップの必要なところは結局シール(水の浸入を防ぐゴム)があるので
一度分解して開けなければグリスアップできません。
ですから品質に定評のあるシマノのグリスなどを使うのがいいですが、
問題はそこま自分でするのか?という部分ですね。

また、スプレーかスプレーでない物の違いは、単に使い勝手ですが、
狭くて奥まった場所(ディレイらーのピボットなど)はスプレーが便利かもしれません。
自分は液体の方が割安なのでスプレーを買いませんが、最初はスプレーが楽かもしれませんね。

長々と書いてしまいましたが、一番最初はリンクで紹介したものをとりあえず購入してみて
必要を感じたら増やしていくという形が応用性が広く無駄が少ないと思いますよ。

基本的にグリスとオイルは明確に分類することはできず粘度の違いで
その両者の中間のようなものも存在すると思っています。

ですので、CRC556などは最も粘度の低い(浸透性の高い)部類に入り、
いわゆるベアリング用のグリスなどは最も粘度が高く、水などに流れにくいものだと言えます。
つまり、それぞれの用途によって使うところを分ける必要があります。
ワイヤーやチェーンなど細部に浸透する必要があるものには、粘度の低いもの(オイル)が向いていて
ベアリングなど強い力が常にかかり、潤滑が...続きを読む

Q旧車のグリースの塗り方について。

お世話になります。

旧車のドアのグリースが切れてきたみたいで、ドアの開閉が非常に五月蠅くなってきました。そして、グリースが切れたことが原因だと思いますが、ドアの開閉が非常に重たくなってきました。

グリースを補給したいと思うのですが、どの様にすれば良いのでしょうか?
例えば自動車のドアの部分をグリースするのなら、ストロー状のノズルの付いたグリースのスプレー缶の様な物が必要でしょうか?それとも、グリースを手で塗ることも可能ですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

分解して塗る場合と、動かすと全体に行き渡る場合は普通の手で塗るグリスを使います。

ボンネットヒンジやクラッチペダル軸やドアヒンジなど、分解できないか分解するのが面倒な部分は、スプレーグリスを使います。

スプレーグリスの使う意味はアンタッチャブルな部分に行き渡らせる事にありますので、分解出来るならばスプレーグリスは必要ありません。使ってもいいですが、溶剤が気化して粘度が上がるまで時間がかかるというだけです。

ちなみに、そういった部分はグリス切れだけではなく、汚れが溜まっていたり錆が溜まっていて動きが硬くなっている事もありますので、金属部分であればブレーキクリーナーを吹きつつ動かして流れ出てくる汚れを拭き取って乾かした後に、スプレーグリスを使った方がいいかも。

Qブッシュ交換について

以前、車の雑誌で「ブッシュを交換すると走りが改善される」とあり、費用も小額だったと
記憶しているので交換しようと思うのですが、具体的にはブッシュとはどの部分の部品なのでしょうか?
某車用品店の店員さんのお話では、「バネとアッパーマウントの間のゴム」との事だったのですが
ほかにもありますでしょうか?
費用にもよりますが、できることならまとめて交換したいので。

Aベストアンサー

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こりませんが(^^; )、そこそこ走れてしまい、正直、一般のドライバーであればあまり気にならないことが多いです。
ですが、それ故、それらを交換すると、ゴム本来の弾力が戻り、しっかりさや、しなやかさの改善を実感できることが多いといわれます。
スポーツタイプの車種では特に顕著にそれが感じられ、足回りのチューニングでは、サスペンション調整とほぼ同時位にやるべき重要メニューとされているのが一般的です。

種類としては、メーカー純正品、強化タイプ、ウレタン、そして、ゴムではなくなって、金属ジョイントのピロボールとよばれるものがあります。
純正品以外は、使用目的やドライバーの腕に依存することが多く、逆に振動が大きくなったり、動きがピーキーなったり、寿命が短かったりすることがあり、基本的に一般ドライバーは純正品の新品で十分でしょう。

また、交換の費用内訳ですが、上記種類により、一応価格差は存在するものの、ブッシュそれ自体はそれほどでもありません。それよりも、labrakunさんがどの程度を高額と考えられているかはわかりませんが、このチューンは一般的に工賃が高い(もしくは、高いと感じられてしまう)ので有名ですw

油圧式の機材などを使用して、固いブッシュを、ひとつひとつアームより、抜いては入れ、抜いては入れを繰り返す為、どうしてもそうなってしまうようです。
車種や、交換箇所数、ショップにもよりますが、いわゆるブッシュ全交換メニューは、工賃のみで、安くても3万はまず下らないことが多いと思います。
また、これも車種で異なる可能性がありますが、一部のアームはブッシュを抜く際、アーム自体が痛んでしまうために、再利用できないものもあります。

そう言ったわけで、これらの費用を入れての総額は、結構な値になってしまう割に、なにかパーツをつけたぞ、というような目に見える分かりやすい変化がないため、ショップの方も、なかなかお客さんに勧めにくいそうです(^^;)

とはいえ、効果ははっきりいってお墨付きですし、スポーツ走行を前提としている方は、まず殆ど行っている、いわば、本質を考えた玄人的なチューンメニューです。
予算の都合がつきそうでしたら、ぜひ試してみてください。足回りのシャキッと感は結構嬉しいものですよ。(*^-^)

大雑把にいって、ブッシュとは、主に車体下部の骨組み(これがまあ主としてアーム類といわれるもの)の関節部に組み込まれている円柱状の硬質(準硬質)ゴム全般のことを指します。
広義では、エンジンやミッションを乗せ支えているマウントと呼ばれるものや、labrakunさんが質問欄でいわれている、スプリングシート等も含まれます。

ゴムですので、一般的に、硬化し弾性のなくなった劣化具合を、目視で客観的に認識しやすい反面、ある程度痛んでいても、アーム類が外れでもしない限り(そんなことまず起こり...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング