ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

家族が合計800万以上の借金をしており、10年前か3年前に至るまで、色んなところから借りていたようです。
去年初め辺りに司法書士の方に頼んで、過払い請求をしたようなのですが
どうにも信用が出来ません。

・十数社以上借りた所があるが、小さい会社が多く過払い請求しても応じてくれる所は少ないので狙える所だけの3社に絞ろうと言われた。
・相手の会社が過払い請求が多すぎて払えないという理由で、50万請求したが返金は3万円になった。それ以上の場合は裁判になるが、返ってくる見込みが薄いので、ここで手を打ったほうがいい。
・他の一社は金融業を辞めたため、払う義務が無いとごねられた
・もう一社は現在返済中で、こちらも応じてくれなさそうなのでこの先利子を払うより、一気に返済したほうがいい(60万円)
・殆どの会社が、過払い請求などが増えたため過去の書類を処分しているのでこれ以上は難しい
等といわれ、殆ど過払い金が戻ってこなかった、といいます。
全体的に「今は過払い請求が多すぎて、返金できない会社が多いのでかなり低い額を提示されるorそれで駄目なら払えない(訴訟になっても返ってくる見込みが無い)」
そうです。
私自身こういった話に疎いため、ネットなどで調べた程度の知識しかないのですが
こんなに戻ってこないものなのでしょうか?
それとも家族に嘘をつかれているのでしょうか?

現在すぐに家族の元に帰ることが出来ず具体的な確認などが出来ないのですが、嘘であるならば、
次に帰った時に無理やりにでもきちんとやってもらおうと思っています。
自身の話ではないため、曖昧な部分が多くて申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>ネットなどで調べた程度の知識


多くの事務所が「過払い請求」を謳い、成功報酬のみで受任するケース
も多いことがお気づきでしょう?

で回答します。
>・十数社以上借りた所があるが、小さい会社
地元のサラ金の場合は、返済能力の無い破綻寸前、解散した会社もあります。個人ならトンヅラしているところもあります。
>相手の会社が過払い請求が多すぎて払えないという理由で、50万請求し
>たが返金は3万円になった。
もあり得ます。
但し、依頼者が当初から着手金や基本報酬及び訴訟費用をも払ってでもっという判断するなら、訴訟して取戻額を増やす努力をする事務所もあります。
過払いを煽り成功報酬だけっという儲け主義の事務所ならそーなります。
>・他の一社は金融業を辞めたため、払う義務が無いとごねられた
廃業だけなら、そんな理由は通用しません。解散中でも訴訟は可能です(但し、解散中ならば、現実は期待薄ですが)
>・殆どの会社が、過払い請求などが増えたため過去の書類を処分
>しているのでこれ以上は難しい
「10年以上前のデータは廃棄した」などという会社は何社かありますが
「殆ど」などという事はありません。営業しているなら業法違反です。
金融庁に行政処分を申し入れて下さい。

その事務所がどうなのかはこれだけでは判りませんが、契約書取り交わしているハズです。まずはご両親からそのコピー貰っみて下さい。

因みに、訴訟の「実費」は50万の過払いなら1万2000円程度です。
    • good
    • 0

 法がどうなっていようが、現実問題として「金のない奴から金は取れない。

」というのが、誰にでもわかる当然の理屈です。無いんだから取れません。どこかで借りてきて返せと強制することは国家権力を用いても出来ません。

 民事訴訟を起こして、裁判を行えば、勝訴して、支払いなさいと言う判決が取れるかもしれません。ですが、それだけです。払いなさいと命令してくれても、裁判所が代わりに取りに行ってはくれません。次に債務名義が確定して、強制執行手続きを行えば、強制執行してもらえるかも知れません。ですが、無いものは取れません。めぼしい資産が無ければ、何も取らずに終わり、強制執行を申請した人が手間賃を取られるだけで終わります。

 相手は法人(企業)でしょうから、例え社長でも、個人に債務の返済義務を課すことはほぼ不可能です。で、倒産でもされて畳まれてしまえば、それ以上追求する事もほぼ不可能です。過払い金の債務者が無くなっちゃうんですから。破産時の資産を分配されておしまい。一般の債務者が破産すれば、債務が総てチャラになるのと同じで、法は平等です。利息制限法に書かれた上限を越えていても、出資法の上限金利を越えていなければ違法ではありませんので(グレーゾーン金利ですから)、その契約は有効で、最高裁の示した手順を踏んで利息を取っていたのであれば、過払いにもなりません。

 実務の専門家として、必ず返してもらえますとは、相手の資産状況をリアルタイムで把握してない限り、とても約束できないでしょう(勝訴できますとは言えるでしょう。ですが勝訴=返って来るとは限らないのは上述の通りです)。で、相手の資産内容の資料が欲しければ、相手の破産申告をするぐらいしか、強制力のある方法はありません(株式会社ならば、決算報告を入手することも出来るでしょうが)。弁護士が取り返せないと言っているのは嘘で言っている訳ではないです。「一銭も取れなくても判決さえもらえれば構わない。規定の弁護士料を支払います。」とでも言えばやってくれるでしょうが、単に訴訟費用の持ち出しで終わっても文句は言えません。ですので、弁護士としては取れないこともあり得ますと必ず言うでしょう。安易に100%返って来ると思われては、後々トラブルになりますので。

 その弁護士の言っていることはそういうことで、確実に取れそうな所に絞りましょうと提案しているだけだと思います。一銭も取り返せないのに、弁護士代だけ持ち出しになったんじゃ意味無いですから。訴訟でも何でもやって弁護士料を取り、判決とったら、後の回収は知らないとやられるよりは、良心的という見方も出来ないことはありません。信用できないなら、他の弁護士にあたって見ることですね。ですがその弁護士を嘘つきなどとは思わないことです。
    • good
    • 0

1)過払金については、業者側から減額交渉をすることもあります。

経営状態が厳しくなっているので、かなりの大手でも減額交渉をしているようです。

2)が、ヤミ金でないかぎり、業者は拒否することはできません(貸金業法による)。
  日本貸金業協会に相談窓口があります。

  http://www.j-fsa.or.jp/personal/index.html

3)恐らくは司法書士が面倒なのでいい加減なことをしているという可能性も捨て切れません。取引履歴、先方との交渉内容、引き直し計算書を提示するように求めたらどうでしょうか。

4)「過払金請求をするとブラックに乗る」というのは嘘です。この6月までに信用情報機関から、過払金請求についての情報はすべて削除されます。請求をした業者では内部資料としては残るでしょうが、いわゆる個人信用情報が「ブラック」になるということはありません。
    • good
    • 0

このところ過払い請求がブームとなっていますが、過払い金はほとんどの場合戻ってこないそうです。


テレビで弁護士事務所のCMでも小さな文字で「戻ってくる場合もあります」と表示されています。

それに過払い請求をした時点で「ブラックリスト入り」決定で、以後貸金業者からお金を借りる事はできなくなります。

戻ってくるだけましですよ。
ただしこれからは借金はできないので「闇金」に借りるようになりますよ。
地獄に落ちないようにご注意ください・・とお伝えください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社の印鑑登録

会社の印鑑登録をしたいと思っているのですが、
印鑑と何か一緒に持っていくものがあるのでしょうか?また、その日に登録終了とかできるんでしょうか?素人の質問でスミマセン。

Aベストアンサー

追加補足します
法人は設立登記が完了して初めて誕生します。
法人設立(株式会社か有限会社と推測します)登記時に、法人届出印として法務局に登録する印鑑が、法人の実印(印鑑証明書)です。
設立登記を司法書士に依頼されるなら、司法書士さんに法人設立手順の説明を受けてください。
質問者さんが、これから社名(商号)や目的を決め、定款作成、資本金払込、設立登記とご自分でされるなら、概略は次の通りです。
事前調査・確認
事前に法務局で類似商号調査をして類似商号がないことの確認、及び定款目的の記載方法の適合性確認を受けます。
定款認証
これに基づき定款を作成し登記法務局管内の公証役場で「認証」を受けます。定款作成については公証役場に事前相談すれば指導してくれます。
資本金払い込み
あらかじめ依頼し承諾を得た金融機関に資本金を払込み、保管証明書の交付を受けます。
登記申請
登記申請書に、設立時の株主総会議事録(社員総会議事録)認証済み定款謄本、保管証明書等を添付し設立登記申請書を法務局に提出します。⇒法務局の相談窓口で書式ひな型や記載方法について指導してくれます(無料です)
この登記申請書の記載方法については法務局のHP「登記・供託インフォメーション」にアクセスし商業登記の項目をクリックすれば解説とひな型があります。

法人設立手順の詳細はご自分でされるなら、大手の書店で日本法令の設立登記書式・解説つきを購入されると良いでしょう。ただし、公証役場に2~3回、法務局に4~5回は足を運ぶ覚悟をしてください。
また、現在取引のある金融機関に資本金払込を受けてくれるかどうかの打診も忘れずにしておきましょう。最近は取引関係が薄い顧客の依頼は断られることが多いのが実態ですから。

追加補足します
法人は設立登記が完了して初めて誕生します。
法人設立(株式会社か有限会社と推測します)登記時に、法人届出印として法務局に登録する印鑑が、法人の実印(印鑑証明書)です。
設立登記を司法書士に依頼されるなら、司法書士さんに法人設立手順の説明を受けてください。
質問者さんが、これから社名(商号)や目的を決め、定款作成、資本金払込、設立登記とご自分でされるなら、概略は次の通りです。
事前調査・確認
事前に法務局で類似商号調査をして類似商号がないことの確認、及び定款...続きを読む

Q7年前に勝手に借金され元利合計一括を自宅に集金すると通知が

私の夫の話です。身に覚えのない借金の返済通知が届きました。契約日平成11.6月、貸付金297.862円、元利合計金額865.101円。一ヶ月後自宅にその金融会社から電話がきて、夫が借りた覚えがないと伝えると 免許証と保険証のコピーがある と言われ確認すると、確かに夫の当時のものでした。そして自宅に元利合計一括の集金に来ると書いたものが同封されていました。
7年前の夫の状況ですが、結婚する前で自分の両親と二人の兄と同居していました。夫の兄は麻薬所持で拘留された後行方不明。偽兄が夫の名前で勝手に借金をした可能性があります。今は私の両親の自宅に同居してます、取り立てに来られたらと怖いです。またこの他にも勝手に借金されてないか不安です。払う気持ちもお金もありません。動揺してどうしたら良いのか分かりません。助けてください。お願いします。

Aベストアンサー

計算してみますと、最終支払いから5年以上経過してますね。
時効の援用を主張する内容証明を送ればいいでしょう。

通常、金融会社は1年以上の未入金になると次の決算時期に貸し倒れ償却処理を行いますので、2年を過ぎてしまえば何年も請求が無いのは珍しくありません。
但し、1年以内は請求が頻繁にあったはずです。

旦那さんの言ってることが正しいか、全情連に情報開示してみてはいかがですか?
何分にも5年以上前の借金になってしまいますので、既に抹消されている可能性がありますが、稀に残ってる場合もあります。


今回は他のところを支払ってしまったために情報が動いて、今回請求が来た可能性もあります。

ただ、契約書を送ってよこさないのも不審なところです。
No4の方がおっしゃったように、架空請求の可能性もありますので、やはり情報センター(全情連)で調べるのがいいでしょうね。

もしかしたら、また次(他社)の請求が無いとも限りませんので情報開示をしてはっきりさせておいたほうが後々安全だと思います。

ちなみに抹消されていれば5年以上経過してることになりますので、請求が来ても同じように時効の援用を主張すればOKです。

計算してみますと、最終支払いから5年以上経過してますね。
時効の援用を主張する内容証明を送ればいいでしょう。

通常、金融会社は1年以上の未入金になると次の決算時期に貸し倒れ償却処理を行いますので、2年を過ぎてしまえば何年も請求が無いのは珍しくありません。
但し、1年以内は請求が頻繁にあったはずです。

旦那さんの言ってることが正しいか、全情連に情報開示してみてはいかがですか?
何分にも5年以上前の借金になってしまいますので、既に抹消されている可能性がありますが、稀に残っ...続きを読む

Q同期に会社の事でやめたいと相談した結構それを上司に言われそこから上司にいじめられてます 自分が悪いの

同期に会社の事でやめたいと相談した結構それを上司に言われそこから上司にいじめられてます
自分が悪いのは分かっています。
どうしたらこの状況を回避したらいいか教えてください

Aベストアンサー

労働組合があるなら告発すれば上司潰せるよ(゜ロ゜)

Q私は約10年前に借金をしていたのですが、9年程前から返済をしていません

私は約10年前に借金をしていたのですが、9年程前から返済をしていませんでした。

私の事情や感情は言い訳になりますので書きません。

その借金の返済について、先日裁判所から訴状が届き、友人等に相談した結果「消滅時効の援用」をすると記載した答弁書を送付し、裁判は欠席しました。

その後裁判所から特別送達が来ていたので、判決書だと思い見たところ、原告が裁判を取り下げたという旨の「取下書」というのが入っていました。

取り下げになるのは助かるのですが、なぜ取り下げをしたのかがよく分かりません。

この場合、取下げに同意したら時効の援用は出来ていないことになるのでしょうか?

長々とスミマセンが、当方知識不足のため教えて頂きたいのです。

Aベストアンサー

専門家ではないのですが、参考までに…
「消滅時効の援用」を宣言した時点で「債務は時効により消滅しているので払わない」と宣言したことになり、原告が「ああ、相手は時効を認識している。もう徴収できない」と取下げをしたのだと思います。

よって、取下げ書に同意することで、この訴訟についてのやりとりは全て終了するはずです。

なお、取下げ同意については、同意書を送付しなくても2週間(だったかな?)経過すると、同意したとみなされます。

ただし、出頭期日などが記載されている場合もありますので、届いた取下げ書と同意書をよく確認して、必要に応じて行政の法律相談なども利用すると、より理解でき、安心できると思いますよ。

Q患者様へ異動のご挨拶文 はじめまして。 私は薬剤師として調剤薬局に勤務しております。この度、会社の

患者様へ異動のご挨拶文

はじめまして。
私は薬剤師として調剤薬局に勤務しております。この度、会社の辞令でチェーンの他店舗へ異動を命ぜられました。
そこで、ご利用頂いていた患者様へ異動の挨拶文を残し、次の勤務者に引き継ぎたいと考えています。過去の質問やテンプレートを検索しましたが、無知なため苦戦しております。是非とも例文を教えて頂きたく、投稿致しました。
病気で苦しまれる患者様に、誤った言葉をかけたくないので、お手数ですが知恵をお貸しください。どうそ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

事実を、簡潔に伝えれば済む話では?
薬剤師が誰かなんて、患者は気にしてはいませんよ。きちんと仕事してくれれば、誰でもよいはずです。

>誤った言葉をかけたくないので

内容が正しく、失礼でなければよいでしょう。「慇懃無礼」で要領を得ない文章を読まされる方が、病気以上に苦痛です。
「会社の辞令」だの「チェーンの他店舗へ」などは全く不要です。

もし質問者さんを指名するような患者さんがいるなら、
「○月△日より、調剤薬局の薬剤師が、何の誰兵衛より薬野花子に交代いたします。」
と伝えれば用は足ります。

それではぶっきらぼうだと思うなら、
「引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。」
程度を追加すれば十分。

患者に必要な特記事項があれば
「下記についてご留意ください。
(1)・・・・
(2)・・・・」
などと簡潔に箇条書きすればよいでしょう。

Q借金の踏み倒しについて教えてください。 私の友人のことです。数年前に作った借金(おそらく200~2

借金の踏み倒しについて教えてください。

私の友人のことです。数年前に作った借金(おそらく200~230万くらい)を踏み倒そうとしている?ようなんです。踏み倒す!とははっきり言ってませんが、返す気は全くないようでした。

お恥ずかしながら、私にも借金があります。私は人に騙されて作った借金があり、当初400~500万の借金がありました。弁護士さんのところへ相談に行き、自己破産してもいいくらいの金額と言われましたが、どうしても破産ができない理由があり、返済する道を選び、任意整理をしました。昼間はOL、夜は風俗で働き、現在、残額100万を切りました。今は風俗の仕事はしていません。

そんな経験?もあり、今回友人から相談を受けました。その友達はシングルマザーですが、実家に住んでおり、生活費等は特に入れていないようです。ですので、働いたお給料はすべて自由にと言ったら語弊がありますが、使えるみたいです。子供は今4歳で保育園に通っていて、そのためなのか仕事は近所のスーパーのパートで午前中の3時間だけを週4~5日のみです。時給は975円と言っていました。保育園代や子供にお金がかかるから借金なんて返せないとその子は言います。子供がいるから長い時間は働けないとも言ってますが、実家住まいなら親が見てくれるだろうし、もっと働けるのでは…?と私は思って言ってみたのですが、色々な理由をつけて聞き入れてはくれませんでした。

借金に関しては、一度も返済をしたことはなく、督促の電話や通知も全て無視し続けています。そしたら何年もどこからも音沙汰がなくなったと聞きました。「みんな諦めたんだと思う!」と言ってましたが、そんな甘い話はあるわけない…と私は思ってました。そしたら最近各社から「裁判提起します」といった内容の通知が送られてきたらしいんです。初めは焦ったようですが、「そんなこと言われても払えないものは払えないし、裁判起こすなら起こせばいい、起こしたところで私は払えないしね!だからこのまま放っておく!」と言ってました。。その子曰く「あと1年くらいで時効だと思うしね!」と。

私は自分が任意整理をしたのでそのあたりの知識は多少あるのですが、裁判や踏み倒し、時効についてはよくわかりません。ネットで時効について調べましたが、時効の中断というのがあるようですね。あれは、何もこちらがアクションを起こさなくても、債権者側が督促状などを送付してきた時点で時効が中断するのでしょうか?

私は少しずつでも返済していって欲しいと思っているのですが、どうしたらいいのでしょうか。。

裁判提起されて、裁判にきちんと出廷した場合、支払能力がないからじゃあ仕方ないですね、なんてことあるんでしょうか?

わからないことだらけで文章がぐちゃぐちゃですみません。

なんでもいいので、踏み倒しや時効、裁判についてご存知の方、教えてください。
よろしくお願いします。

借金の踏み倒しについて教えてください。

私の友人のことです。数年前に作った借金(おそらく200~230万くらい)を踏み倒そうとしている?ようなんです。踏み倒す!とははっきり言ってませんが、返す気は全くないようでした。

お恥ずかしながら、私にも借金があります。私は人に騙されて作った借金があり、当初400~500万の借金がありました。弁護士さんのところへ相談に行き、自己破産してもいいくらいの金額と言われましたが、どうしても破産ができない理由があり、返済する道を選び、任意整理をしました。昼間...続きを読む

Aベストアンサー

>最近各社から「裁判提起します」といった内容の通知が送られてきた

現在時効中断中。
内容証明郵便が届いたんだろうから、6ヶ月以内に提訴されます。
どうせお金がないから払えないと言って出廷しなければ、確実に敗訴。
もっとも出廷しても敗訴しますが、まだ和解があるかも。

敗訴すれば強制執行です。給料が少なかろうと、差押え。

Q封筒やはがきの自分(会社等含む)あての宛名には「行」をつけるが、申請書

封筒やはがきの自分(会社等含む)あての宛名には「行」をつけるが、申請書などの宛名は「様」等であることについて

封筒やはがきの宛名については、自分や自分の会社等あてのものには「行」をつけ、相手方が「様」や「御中」に直して出すのがマナーになっていますよね。
これに対し、各種申請書(主に行政?)の宛名は、これまで「○○様」になっていることがほとんどだったと思います。
最近、これが「上から目線だ」という考え方が出てきたため、申請書の書面においても「○○行き」「○○あて」というのが増えてきましたが、
そもそも、申請書において、封筒などの宛名のように相手に書き直してもらう形式を取ってこなかったのはなぜでしょうか?

申請書というのは、相手が書きやすいようにあらかじめ形式を整えた様式です。
また、あくまで「相手が書いた」という体裁をとるため、相手から見て他者である宛名に「様」をつけていたと思います。

手紙や文書そのものの宛名を直すのはみっともないというマナー感から、封筒などのように書き直すような形式が取られてこなかったのでしょうか?

結婚式などの出欠確認の返信ではご芳名やご住所を直すようなマナーになっていますが、あれは謙譲だからよいのでしょうか?

封筒やはがきの自分(会社等含む)あての宛名には「行」をつけるが、申請書などの宛名は「様」等であることについて

封筒やはがきの宛名については、自分や自分の会社等あてのものには「行」をつけ、相手方が「様」や「御中」に直して出すのがマナーになっていますよね。
これに対し、各種申請書(主に行政?)の宛名は、これまで「○○様」になっていることがほとんどだったと思います。
最近、これが「上から目線だ」という考え方が出てきたため、申請書の書面においても「○○行き」「○○あて」というのが増えてき...続きを読む

Aベストアンサー

行政の文章にマナーなんて通用しないはずです。行政っていう様々な人を扱う場で、マナーの必要な文章なんて使っちゃダメでしょう。できるだけ分かりやすく、簡易にでしょう。
最初に作った人も、マナーは承知の上で、マナーを知らない人でも問題ないように作ったはず。

それを、バカな人が直しちまって、こんなことが日本をダメにしていく。本当にバカ。

あっ、反れましたね。
やっぱり直筆の文字をどこかに入れたいという心が、直すところをわざわざ入れておくマナーになったんじゃないですか。直すところがないと、手書き文字を入れるところがなくなっちゃいますから。
印刷より手書きの方が心が伝わるっていいますから。マナーは心を伝えたいっていう理念があるから、少しくらい強引でも手書き文字を入れさせようとするんでしょう。

Q過払い請求を考えています。 キャッシングを10年以上、借りたり返したり

過払い請求を考えています。 キャッシングを10年以上、借りたり返したりを繰り返し、昨年銀行のまとめローンを利用し、3社完済したカード(DC・UFJ・マルイ)があります。その分です。 
実はまだ現在支払い中のカード2社(セゾン・JACCS)があります。前述の請求で戻るであろうお金を返済に充てたいと考えています。多分1社はそれで完済になると思います。それでまた過払い請求をし、最後の1社の返済をしたいのです。
しかし弁護士などに相談する時に支払い中のカードの話をしないですむのでしょうか?
同時に債務整理をすることになると、ブラックになると聞きます。それは困るのです。
また、その分の費用も1社につき4万円かもかかると聞き、出来たら何とかならないかと思っています。
ただプロの方たちですから、こちらで話をしなくてもわかってしまいますでしょうか?

長くなってしまいましたが、わかりやすく回答をいただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

>同時に債務整理をすることになると、ブラックになると聞きます
 ・過払いの3社の他に、現在返済中の2社も同時に行えばその可能性が高くなります
 ・信用情報機関に事故情報が記載されなければ事故情報にはならないので・・以下に↓
>過払い請求を考えています。 キャッシングを10年以上、借りたり返したりを繰り返し、昨年銀行のまとめローンを利用し、3社完済したカード(DC・UFJ・マルイ)があります
 ・完済して、契約も解除していれば
  単なる過払い請求で信用情報には記載されないので、ブラックにはならない
>実はまだ現在支払い中のカード2社(セゾン・JACCS)があります。前述の請求で戻るであろうお金を返済に充てたいと考えています。多分1社はそれで完済になると思います
 ・問題はない(その2社は貴方が過払い請求した事を知り得ない・・信用情報機関に記載されないので)
>それでまた過払い請求をし、最後の1社の返済をしたいのです
 ・問題はない・・上記の1社に返済終了後・・契約を解除して1ヶ月位間を開けてから過払い請求をして下さい・・上記の会社が信用情報機関に契約終了の情報を載せるのを待つ期間(念のため)
  ・・・信用情報機関に開示請求して契約終了を確認した方が確実ですが
 ・最終的に、信用情報機関に何の記載もなく・・ブラックになることなく・・全て返済可能です

>しかし弁護士などに相談する時に支払い中のカードの話をしないですむのでしょうか?
 ・一人の弁護士に全てを任せるのなら、質問内容で処理したい旨を伝えて下さい
  弁護士も全てが解っていた方がやりやすいですから
 ・具体的な打合せをして、貴方も納得した上で処理に入って下さい
>同時に債務整理をすることになると、ブラックになると聞きます。それは困るのです
 ・順次手順に沿ってやっていけば、ブラックにはなりません・・ポイントは契約解除です
  (契約を解除した人は、今現在の顧客ではありませんから、信用情報機関に登録が出来ない状態になります・・一応完済しても契約が継続されている(借入が0でも)場合は記載が可能です)

・・注意:4月から法改正になり、過払い請求(信用情報の記載は契約見直し)の記載はしないように行政指導が出ていますが・・これに関しては考慮をしていない回答です・・完全に実行されれば契約解除の必要はなくなります・・不確定要素なのであえて考慮していません

>また、その分の費用も1社につき4万円かもかかると聞き、出来たら何とかならないかと思っています
 ・1社当り4万・・その様な相場です(6社目以降は半額とか)
 ・あと、戻ってきた過払い金の20%位(15%~22%)を成功報酬として支払う必要があります(100万で20万位が報酬)
 ・あと、別途消費税もかかります
 ・最初着手金を払って(0~10万:5万位が平均?)、分割払いにしてくれる所もありますから要相談
 ・1件当りの過払い額が140万以下なら司法書士でも良い、超える場合は弁護士に依頼を
  一般的には弁護士より司法書士の方が費用が掛らないようです
>ただプロの方たちですから、こちらで話をしなくてもわかってしまいますでしょうか?
 ・わかりません
 ・貴方の話した内容、それに伴う提出書類関係の内容しか把握出来ません・・その内容に応じて先方は対策を立てて処理しますから
  適切な処理を望むなら全てを含めて相談をした方がよろしいです

>同時に債務整理をすることになると、ブラックになると聞きます
 ・過払いの3社の他に、現在返済中の2社も同時に行えばその可能性が高くなります
 ・信用情報機関に事故情報が記載されなければ事故情報にはならないので・・以下に↓
>過払い請求を考えています。 キャッシングを10年以上、借りたり返したりを繰り返し、昨年銀行のまとめローンを利用し、3社完済したカード(DC・UFJ・マルイ)があります
 ・完済して、契約も解除していれば
  単なる過払い請求で信用情報には記載されないので、ブラックに...続きを読む

Q会社の改善提案について

改善提案の意見が少なく、内容がもうひとつなのは、どうしてでしょうか?どういった問題があるのか、教えてください。

Aベストアンサー

No.4の者です。
補足を書いていただいたんで、以前にいた会社の実例を少しお話します。

[件数を増やすために]
1.提案カードとボックスを各フロア2箇所(1箇所は休憩室)おき、思い立ったときに書けるようにした
2.原則として内容は度外視し、提案1件に対して個人と所属セクションに100円ずつの社内チケットは配布した。
※個人用:月に1回ずつ現金精算できる
※部署用:半期に1回ずつ現金精算できる
3.半期ごとに提案内容(金、銀、銅賞、ほか)および提案件数の表彰を行った。

[内容をレベルアップするために]
1.最初は1ケ月に1回の割合で「提案新聞」を発行し、内容の良い提案は「どこがどのようによかったか」を開示した。
2.日本HR協会の発行している「創意と工夫」という雑誌を、部ごとに配布して回覧した。
(これは役に立ちましたよ)

それと、何よりも大切なのは、トップと事務局の熱意です。
これがなければ何も始まりません。
ちなみに、私は事務局のサブリーダーでした。

参考になっていれば幸いです。

Q数社に借金があり、皆10年以上なので、取引履歴を開示請求し、過払い金を

数社に借金があり、皆10年以上なので、取引履歴を開示請求し、過払い金を自分で計算したところ、すべて過払いが発生していました。自分で訴訟しようかとも考えたのですが、現在、司法書士に委任しています。
その中の1社が4年取引があり、一度完済し、その後7年後に再度取引開始し現在に至っています。司法書士からは再度借り入れの分100万程度の過払いがあるとの報告を受けましたが、取引開始からの一連計算をしてみてほしいと請求したところ200万程度の過払いが発生していました。
一連計算では弁護士に依頼しなくてはいけないですし、取引がない期間が長く無理であろうといわれました。
そこで質問です。
1・司法書士から弁護士に依頼を移すときは、解除の費用を司法書士にいくらぐらい支払わなければいけませんか?
2・一連で過払いを請求しても、完済前の分は業者から無視されてしまうでしょうか?(ちなみに完済は20年以上前です)

どなたか詳しいかたいらっしゃいましたら、お答え願います

Aベストアンサー

No.2です。
まず、注意する点ですが
弁護士、司法書士問わずネットやCMで宣伝している初期費用無料で請け負っているところは成功報酬が異常に高く(30%以上)設定している場合が多いので確認が必要です。
通常消費者金融1社当り2万円からが相場ですが解任にすると高額請求される可能性もあります。
現在、引き直し計算のみで交渉に入っていないのであれば通常1社数千円で済みますが解任によりその限りではありません。
仮に100万円過払い請求するとしても過払い分に約5%の利息(損害金)も請求できますので期間が長いと140万円越してしまう場合もあります。(総債務額で140万円までです。)
任意での和解が困難な場合には,地方裁判所に訴訟を提起することになります。地方裁判所では,簡易裁判所と異なり,原則として弁護士以外の人は代理人になることができませんので,再度弁護士に依頼しなくてはなりません。
今回の件は金額、借入期間が長いなどの点から弁護士の方が良いかと思います。

司法書士とトラブル無く解任できるのであれば解任したほうが良いと思います。

引き直しの計算額と和解金額が必ずしも一致しませんので結果的に減額になる可能性もありますが取引履歴も入手されていますので弁護士を通じ最高額+利息で最終的に訴訟まで覚悟で請求してみては如何でしょうか。
(可能性は十分にあります)

弁護士選任の注意点ですが
ネットやCMで宣伝している初期費用無料で請け負っているところは成功報酬が異常に高く(30%以上)設定している場合が多いので注意!
(成功報酬で60~100万円も取られてしまいます)
お勧めは法テラスや各都道府県の弁護士会に相談すると消費者金融を得意とする弁護士を紹介してくれます。
(弁護士にも得意分野と不得意な分野があります。)
弁護士費用の目安は
消費者金融1社当り2万円+成功報酬10%
訴訟になった場合7~8千円追加が出る場合もあります。

NPO法人で年間20件以上消費者金融被害者の相談をボランティアで行っています。
少しでもお役に立てて頂ければ幸いです。
頑張って下さい!

No.2です。
まず、注意する点ですが
弁護士、司法書士問わずネットやCMで宣伝している初期費用無料で請け負っているところは成功報酬が異常に高く(30%以上)設定している場合が多いので確認が必要です。
通常消費者金融1社当り2万円からが相場ですが解任にすると高額請求される可能性もあります。
現在、引き直し計算のみで交渉に入っていないのであれば通常1社数千円で済みますが解任によりその限りではありません。
仮に100万円過払い請求するとしても過払い分に約5%の利息(損害金)も請求できますの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報