痔になりやすい生活習慣とは?

綺麗な熱帯魚を飼いたくて、アクアリウムを始めようと思っています ネットで調べると、小さい水槽は手入れが大変だとのことでした 最初なので、20センチくらいの水槽から始めたいと思っていたのですが・・ あと、どんどんお金が掛かるという意見も沢山見掛けました 費用は、毎月どれくらい掛かるのでしょうか 以前に金魚を飼っていたので、今回は熱帯魚にしようと思っています 宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

> 最初なので、20センチくらいの水槽から始めたいと思っていたのですが・・ 


・「くらい」って事は、マダ変更可能という事でしょうか。
ならば、幅と奥を10cm程大きくする事をオススメします。
幅と奥が10cm大きくなるだけで、水量はグンと増えます。
水量が多いと云うことは、短時間での水質変化や水温変化が起こりにくく、安定した飼育環境が構築出来ると云うことです。

*幅30×奥30×高40cmの水槽の体積は36リットル、実水量は底砂無しで35リットル。
http://e-aqua.jp/index.php?main_page=product_inf …
*幅20×奥20×高25cmの水槽の体積は10リットル、実水量は底砂無しで9リットル。
http://www.gex-fp.co.jp/genoah/200.html

何より、20cm(10リットル)水槽では体長3cmの群れる魚が6匹程度しか飼育出来ません。
30cm(36リットル)水槽ならば、体長3cmの群れる魚が20匹程度飼育出来ます。

次に維持費について。
30cm(36リットル)水槽で計算します。
・ヒーター(100W)、関東平野部、26℃、冬場12時間稼働として。
100W×12時間×31日=37200Wh=37.2kWh//
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid …
・水草も育てるため明るめの照明(24W)、一日8時間稼働として。
24W×8時間×31日=5952Wh=5.952kWh//
http://item.rakuten.co.jp/chanet/16754/
・フィルター(エーハイム2211最大5W)
5W×24時間×31日=3720Wh=3.720kWh//
http://www.eheim.jp/2211.html
・エアポンプ(水心SSPP―3S/2.8W)
2.8W×24時間×31日=2083.2Wh=2.0832kWh
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid …

電気料金単価を1kWh辺り23円と仮定したとき。
∴真冬の尤も電力使用量の多い季節の合計48.9552kWh×23=1126円/月
∴真夏の尤も電力使用量の少ない季節の合計11.7552kWh×23円=270.4円/月

なお、電気代以外に水道料と餌代が掛かります。
水槽は下記のようなセットがオススメです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/avel-net/11900 …

これ以外に、底砂、濾過材、エアチューブ、エアストーン、逆流防止弁、水草、流木などが必要です。

この回答への補足

回答ありがとうございます 費用の算出、大変ためになりました。熱帯魚は金魚と違い、コケの掃除が大変だったり、水槽の水を毎日替える必要があったり、成長したら大きな水槽に買い替えなければならない等、大変だという話を沢山見掛けまして・・ 部屋で飼育することになるのですが、アロマやお香を焚いても大丈夫でしょうか? また、寝るときに、音が気になったりすることはありますか? 結構マメな性格なのですが、毎日水槽の水替えや掃除をするとなると、さすがに骨が折れるので不安に思っています

補足日時:2010/02/04 00:01
    • good
    • 0

みなさんが勧めているように少し大きめの水槽は水質は安定しやすいですね。

でも個人的には管理しやすいかは別だと思います。大きいと何かとおっくうになりがちですし。

初心者には少しハードルが高いと思われがちな小さな水槽が個人的には楽に管理できると思います。
20cmキューブから始めてみるのはいかがでしょうか?しかもバランスドアクアリウムで。

水質を安定させるコツとして底砂を7cm以上と厚めにするとイイですね。出来ればソイルで。
そしてこれが一番難しいかもしれませんが飼育数を極力少なくします。そして丈夫な魚を選びます。

個人的なおすすめは
グラミィ(リコリス以外の小型種)
ダニオ類(ゼブラ、レオパード、パール等)
チェリーバルブ
アカヒレ
ラスボラ・ヘテロモルファ
等ですね。

上記の種類なら3匹は飼えます。
フィルターやヒーターなしで。なので電気代はかかりません。
飼育数が少ないので餌やりも週に2、3回で足ります。自然発生するミジンコなどを食べるようです。ですから水もほとんど汚れません。うまく飼えば水換えなしです。我が家では3ヶ月に一回三分の一の水換えです。(蒸発した分は足し水します。)

もちろん設置場所はリビングなど年中人がいるところです。冬場でも水温は16?以上が保てますので熱帯魚でも大丈夫なものが多いです。(冬場ヒーター等暖房をよく使う方なら水温は20?位になります。)

我が家ではダニオとアカヒレ、ピグミーグラミィが三回目の冬です。
あとコケ取り要員でオトシンクルス・ネグロがいます。こいつはどちらかというと水温は低めのほうが調子がいいようです。(普通のオトシンクルスは不可だと思います。純熱帯の魚ですので恐らく耐えられない。)


安定してしまえば、ほぼほったらかしで維持できるのですが安定させるのが難しいかもしれませんね。三月に入ってから始めれば低水温のことは心配いらないですね。
参考までにm(_ _)m
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます 飼育数を少なくすることと、丈夫な魚を選ぶことは、皆さん重要だと仰られるんですよね 水質の安定を選べば大きめな水槽、水替えの容易さを重視すれば、小さめの水槽がいいと聞いています 一長一短であるようなので、慎重に決めようと思っています これから春になって飼いやすくなるようなので、そろそろ水槽を買って本格的に始めようかと思っています

お礼日時:2010/03/06 17:25

No.2です。


一般家庭向けの殺虫剤は、哺乳類(人、犬、猫・・・)や鳥類、魚類には感受性が低く(=毒性が低い)、昆虫、甲殻類、貝類、両生類に感受性が高い(=毒性が強い)。
基本的に脊椎動物には安全な選択毒性を有する農薬です。(脊椎動物でも両生類は例外。)
主成分は「ピレスロイド系」や「トリクロルホン系」の農薬成分が主体です。
一般家庭向けの殺虫剤は、エビや貝、ウーパールーパーには危険性が高いが、魚には比較的に安全です。

水槽の横からゴキが顔を出したら、ドバァ~、、、これでもかぁ!!!と、水槽の蓋や濾過器、エアポンプが殺虫剤で濡れるほど噴霧しなければ、、、一般的な使用方法に於いて水槽の生物に被害が出ることはマズありません。
ご家族、みんなに「水槽へ向けて殺虫剤の使用は禁止」と通達すれば大丈夫です。

因みに、キンチョールとアースノーマットはピレスロイド系。
ゴキジェットはトリクロルホン系です。
トリクロルホンは魚の病理薬「マゾテン液」にも使用されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます それほど神経質にならなくてよいということですね 部屋に水槽を置こうか、玄関に置こうか悩んでいましたが、部屋に置いても平気そうなので安心しました 将来的にもあまり大きくならなそうな、3cm程度の熱帯魚から始めてみようと思います 

お礼日時:2010/02/04 22:14

No.2です。


> 熱帯魚は金魚と違い、コケの掃除が大変だったり、水槽の水を毎日替える必要があったり、成長したら大きな水槽に買い替えなければならない等、大変だという話を沢山見掛けまして・・
・熱帯魚も金魚も、掛かる手間は一緒。
特に気を遣うのは、水槽立ち上げ後1ヶ月間。
3ヶ月間経過すれば、水槽は立ち上がった(安定した)と考えて良い。
*最初の1ヶ月間は生体の危機。
*最初の3ヶ月間はコケなどの発生時期。

・先の30cm水槽の場合、安定した後は2週間に一度の水替えで飼育可能です。
・30cm水槽では、一般的に小型魚(最大10cm以下)のみの飼育です。
(体長3cmの群遊漁で20匹/一般魚で10~15匹。もしも10cmならば3匹程度)

初期飼育数は3cmの小型魚で3匹程度で、1ヶ月間は増やさずに、飼育を開始すればマズ失敗することは無いと思います。

私個人的な飼育感想では、金魚の方が成長も早く、体色管理(色揚げ)などをベストに保つことは、熱帯魚よりも遙かに手間が掛かると思います。

> 部屋で飼育することになるのですが、アロマやお香を焚いても大丈夫でしょうか?
・問題ありません。
水槽には蓋があるので、蚊取り線香くらいならば、マズ問題に張ることはありません。
(バルサンなどのゴキブリ忌避剤や殺虫剤はマズイです。)

> また、寝るときに、音が気になったりすることはありますか? 
・先にご紹介した設備は、静音性を重視したセレクトです。
*外部濾過器(エーハイム2211)は、ほぼ無音、無振動運転です。
*エアポンプは、吐き出し量調整バルブのある機種です。
エアポンプのブーンという低音振動ノイズとエアストーンからのブクブク音は、エアポンプの吐き出し量を調整することにより軽減することが可能です。

最後に、飼育したい魚と水草を決めて、その魚の飼育環境(pHが酸性、中性、アルカリ性など)に合わせて、底砂などを選びます。
複数飼育する場合、飼育水質を合わせる事は混泳の基本です。
魚の「水質や体長」などは、下記URLでご確認ください。
http://allabout.co.jp/pet/aquarium/closeup/CU200 …
水草は、下記URLの初心者用ならば、照明さえ明るければ、どんな底砂でもマズ大丈夫。
http://www.a-forest.jp/default.php/cPath/160?osC …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます 音はほぼ気にならず、立ち上げ時期に慎重になれば、以後はあまり手間が掛からないということで、少し安心しました キンチョールやゴキジェットは止めて、アースノーマットとゴキブリホイホイにするべきでしょうか? リンクも色々と参考になっています もう少し色々勉強してから、始めてみようかと思っています

お礼日時:2010/02/04 13:45

はじめまして。


質問ではなく補足が目に止まりました。

>アロマやお香を焚いても大丈夫でしょうか?
基本的に無理だと考えた方が…
水槽が落ち着くまでは焚かずに、落着いたら…かな?
ですが、焚くなら水槽(水質)チェックを毎日しないとダメです!
小さい水槽であればあるほど!

>寝るときに、音が気になったりすることはありますか?
慣れれば平気ですよ。可愛い魚の為なんで我慢も必要です。

>結構マメな性格なのですが、毎日水槽の水替えや掃除をするとなると…
水槽が落ち着けば、2~3週に1度位の水替えでOKです。
うちでは、2ヶ月に1度です。落着くまでは大変ですが…

参考までに!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます 水槽が落ち着くまでは、水替えにしろアロマにしろ、慎重になったほうがいいということですね ゴキブリが出現したときに、ゴキジェットも駄目だとしたら・・夏場は大変そうな気がします キンチョールやゴキジェットは使わず、アースノーマットとゴキブリホイホイで対応すべきでしょうか? 水槽が落ち着いてしまえば、その後は手間が掛からなそうで安心しました

お礼日時:2010/02/04 13:31

大きい水槽のほうが、水質が安定しやすいですね。



出来たら、45センチ以上の水槽ではじめられた方が良いかと思います。

20センチくらいの立方体の水槽などに小型魚を飼うのは、インテリア的にGoodですが、維持するのは、確かに難しそうですね。

エサが足らなくて、魚を死なせてしまうということはめったにないので、水槽立ち上げ直後はエサの量を抑えつつ、フィルターのろ材の状態に気を配るようにしてください。
ろ材は汚れ過ぎてもいけませんが、きれいすぎてもいけません。真っ白のろ材が薄茶色になるくらいがいいですね。良くいわれることですが、ろ材は、水槽の中の水を使って、軽くゆすぐ程度にして、間違っても水道水でじゃぶじゃぶ洗わないことですね。
水をきれいにする働きをするバクテリアが流れてしまうので。

費用は、最初に道具をそろえたら、あとは基本的にエサ代とフィルターやヒーターの電気代ですね。
ヒーターの電気代は、冬場には目に見えて上がりますね。

お金がかかるというのは、アクアリウムにはまってしまって、次から次へと水槽を増やし、高価な希少魚を買ってしまうような人の話です。
コレクター的にのめり込む性質の人は、確かにお金がかかるでしょう。
また、アクアリウムの道具も、高性能で、デザイン性に優れたものはびっくりするほど高価です。そういったものはホームセンターなどにはおいてありませんが、見た目も気にされるなら、部分的に取り入れられると良いかと思います。アクアデザインアマノなどが有名です。

この回答への補足

回答ありがとうございます 観葉植物と違い、コケの掃除が大変だとか、水槽の水を毎日替える必要があるとか、成長したら大きな水槽に買い替えなければならない等、大変だという話を沢山見掛けまして・・ 部屋で飼うことになるのですが、アロマやお香を焚いても大丈夫でしょうか? また、寝るときに、音が気になったりすると思われますか? 結構マメな性格なのですが、毎日水槽の水替えや掃除をするとなると、さすがに骨が折れる気がして不安に思っています

補足日時:2010/02/03 23:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熱帯魚を水槽に入れるまでの日数

熱帯魚を飼おうと思って飼育セットを購入しました。
ペットショップで、その日のうちに熱帯魚買おうとしたら
今日、水を張って準備して、1週間後に来て下さいと
店員に言われました。友人に言ったら、友人は1日でも
大丈夫だよと言ってました。
やはり店員のいうとおり1週間後に熱帯魚を
水槽にいれるのが最適なのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

熱帯魚のお店の方は、親切な方だと思います。

水槽をセット。
・水槽やフィルタなど、ゴミやほこりを水で洗います。
(水だけで洗う、洗剤などは禁止です。)

・砂利を水だけで洗う。
(水だけで洗う、洗剤などは禁止です。)

・水槽に砂利を入れます。

・フィルターをセットします。

・ヒータをセットします。(電源は水を入れてからです。

・水温計や小物(流木や石などの小物)

・水槽に水を入れて、フィルターのポンプとヒータの電源を入れる。

水温が25度ぐらいで水を回します。
☆水はあらかじめカルキを中和する薬を適量いれたものを使います。

☆ウォーターコンディショナーや水をアンモニアを分解する
バクテリアなどあります。

☆麦飯石溶液を入れるのも手です。
http://www.flex-web.com/
Flex社のWebサイトです。

○さて、3~4日水を回して水がなじんだ頃、水草を入れると
良いかもしれませんね。
この時に照明を点けると良いと思います。

さあ、7日経ってお魚を。
熱帯魚を入れる段階で注意しなくてはいけない事があります。
☆袋ごと水槽の水に浮かべて30分~1時間待ちます。
(温度を合わせます。)

☆袋を開けて、数回に分けて水槽の水を少しずつ入れます。
(時間をかけて、水質を合わせます。)

☆袋ごと、水槽の水に沈めて(浸けて)、
お魚が自分から出て行くのを待ちます。

(金魚もメダカもお魚全部にあてはまります。)
本当に管理するとなると、トリートメント水槽を準備するのが、
良いのでしょう。

☆☆☆水槽をセットして、お魚を入れてから1ヶ月間が肝心です。
水が白濁したりします。
それから、排泄物やエサの残飯が、水質悪化につながります。
硝化バクテリアも、あまり機能しないでしょうから、
1ヶ月過ぎるまでは、細心の注意をして見守ってください。

さて、友人さんの1日でもと言うのは、
やはりカルキ抜きの薬や水質のコンディショナー使い
水質の安定をはかりされているのでしょう。

でも、お魚さんにはキツイ環境になりますね。

熱帯魚のお店の方は、親切な方だと思います。

水槽をセット。
・水槽やフィルタなど、ゴミやほこりを水で洗います。
(水だけで洗う、洗剤などは禁止です。)

・砂利を水だけで洗う。
(水だけで洗う、洗剤などは禁止です。)

・水槽に砂利を入れます。

・フィルターをセットします。

・ヒータをセットします。(電源は水を入れてからです。

・水温計や小物(流木や石などの小物)

・水槽に水を入れて、フィルターのポンプとヒータの電源を入れる。

水温が25度ぐらいで水を回します...続きを読む

Q熱帯魚のエサの回数は一日一回or二日に一回?

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわけではありません)
・いいや、熱帯魚は栄養も行き届いて生体が元気な時が一番美しい
などの意見を聞きました。

私は現在、一日一回少量のエサを与えていますが、
もし、美しくきれいなスタイルで、長生きするなら
二日に一回にしようかとも思います。

売られているほとんどのショップのお魚はガリガリにやせていますね。
(いわゆる、しぼっていると言うのでしょうか?)
体を大きくさせないためもあるでしょうが(成長を遅らせる)。。

自分で実際に経験(実験)すれば済むことですが、
皆様の意見を聞きたく、よろしくお願い致します。
(今回は金魚は含まれてません)

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわ...続きを読む

Aベストアンサー

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギンテトラ1匹を2年間飼育していましたが、水草とコケはえまくりの汚らしい(?)水槽でしたが、餌やらずともパトッロが大きくなりました。(ペンギンテトラを食べたわけではありません)

ちょっと話はずれるのですが、カージナルテトラがネオン病にかかった際に、ショップの人に相談したら「感染すると不治の病。延命措置として、なるべく魚に体力をつけさせる為にも、お腹がぽっこり膨れる位にして、魚本来の抵抗力を引き出してあげてください。」と言われました。現在もエロモナス症のモーリーを隔離中ですが、餌を少しずつこまめに与えています。

ある程度魚に体力をつけさせたい、早く大きくしたい…という場合は餌は多めで、水質の変化や魚の体型を気になさるなら少なめで…というのはいかがでしょう。もちろん「多め」といっても、1度に沢山ではなく、何回にも分けて与えることで、残り餌が出ないようにします)

ショップから来た魚は輸送ストレスなどもあるので、トリートメントしながら、その期間にお腹ぽっこりにしてあげて、本水槽ではそこまで気にせず…でやっています。

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギン...続きを読む

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Q45cm水槽に最適なお魚の数

現在、45cm水槽にアカヒレ20匹とミナミヌマエビ6匹を飼っています。

ろ過装置は外に引っかけるタイプのフィルターを使っています。
水温は24~6度、水草も豊富に入れています。
この状態でネオンテトラの混泳は可能でしょうか?
ネオンテトラがアカヒレより数が少ないとネオンテトラに攻撃する可能性があるというのをどこかのサイトのほうで目にしたのでアカヒレの数に対してネオンテトラの適正数を教えて頂きたいです。水槽は2つあるのでもし過密で必要ならばアカヒレを減らしそちらの水槽にアカヒレを移します。
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

・45×30×36cm(44L)水槽の場合。
生涯飼育を目的とする場合、混泳数は、成魚の体長で計算します。
体長=口先から尾ビレの根元まで(尾ビレ抜きの大きさ)

・水量と生体の関係は以下の通りです。
アカヒレやネオンテトラなどの小型群遊魚の単種飼育の場合は、体長3cmにつき1~1.5リットルで計算出来ます。
ただし、小型群遊魚でも異種混泳の場合は、体長3cmにつき2リットルで計算します。
コリドラスなどの一般熱帯魚は、体長3cmにつき2リットルで計算します。
体長3cm程度のミナミヌマエビなどの小型エビは体長1cmにつき0.1リットルで計算します。

現在の飼育数で計算してみます。

アカヒレ20匹。
アカヒレの成魚の体長は4cm。
1.33L×20匹=27L

ミナミヌマエビ6匹。
ミナミヌマエビの成体長は3cm。
0.3L×6匹=1.8L

現在のアカヒレ20匹とミナミヌマエビ6匹に必要な水量は28.8リットル。
45cm(44L)-28.8L=15.2L

もしも、アカヒレだけを増やすのならば、あと11匹ほど増やせます。

アカヒレはコイの仲間。
ネオンテトラはカラシンの仲間。
アカヒレとネオンテトラの混泳は異種混泳になります。

アカヒレとネオンテトラの異種混泳を前提で計算してみます。

ネオンテトラの成魚の体長も4cm
異種混泳の場合、アカヒレ、ネオンテトラとも1匹に付き2.66L必要になります。
44L÷2.66L=16匹。
異種混泳の場合、合計で16匹飼育出来ます。

45cm水槽で、アカヒレとネオンテトラを同数で、生涯飼育する場合。
アカヒレ8匹、ネオンテトラ8匹の混泳が可能です。

45cm水槽は、水草などが多い水槽環境と言うことなので、実際は、計算値よりも、もう少し多めに飼育出来ると思います。

・45×30×36cm(44L)水槽の場合。
生涯飼育を目的とする場合、混泳数は、成魚の体長で計算します。
体長=口先から尾ビレの根元まで(尾ビレ抜きの大きさ)

・水量と生体の関係は以下の通りです。
アカヒレやネオンテトラなどの小型群遊魚の単種飼育の場合は、体長3cmにつき1~1.5リットルで計算出来ます。
ただし、小型群遊魚でも異種混泳の場合は、体長3cmにつき2リットルで計算します。
コリドラスなどの一般熱帯魚は、体長3cmにつき2リットルで計算します。
体長3cm程度のミナ...続きを読む

Q60cm水槽にどれくらい底床敷いていますか?

60cm水槽にどれくらい底床敷いていますか?

いま、ソイルを購入予定なんですが、どれくらいの量を購入するか考えています。

これぐらい買うとこうだ、みたいなものが自分の中に無いので宜しければ皆さんはどれくらいか教えていただきたいです。

出来れば高さ、購入時のkgも教えていただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

60cm標準水槽の場合、使用量の目安は目的により・・・
・水草飼育の場合は、8リットル~12リットル。
・水質改善が目的の場合、1.8リットル~3.6リットル(厚さ1cm~2cm)。

水草水槽の場合は、ソイルだけを使用せず、底面にパワーサンドを敷き、その上にソイルを敷くと、ソイルの栄養分切れを補うことが出来、長期間安定します。
その際の厚さは「パワーサンド3.5cm、ソイル4.5cm」です。

パワーサンド
http://www.rva.jp/shop/ada/35.htm
アマゾニアIIは、水の濁りが少なく、短時間で濁りが無くなるソイルで、最近のマイブームです。
http://aquaz.ocnk.net/product/2266

【構図】
水草水槽の場合、手前を低く、奥は厚く、底砂を盛ることにより実際よりも、水槽の奥行きが広く見えます。「強制遠近法」

・「放射状構図」
水槽前面部は4cm~水槽奥側は10cmと傾斜を付け、水槽のど真ん中から後ろ方向へ放射状に流木や石を配置する構図。
・「凸型構図」「凹型構図」なども、底砂の盛り方は放射状構図と同様です。

・「三角構図」
底砂の左右どちらかの奥を10cm以上に高く盛って流木などを配置する方法。

60cm標準水槽の場合、使用量の目安は目的により・・・
・水草飼育の場合は、8リットル~12リットル。
・水質改善が目的の場合、1.8リットル~3.6リットル(厚さ1cm~2cm)。

水草水槽の場合は、ソイルだけを使用せず、底面にパワーサンドを敷き、その上にソイルを敷くと、ソイルの栄養分切れを補うことが出来、長期間安定します。
その際の厚さは「パワーサンド3.5cm、ソイル4.5cm」です。

パワーサンド
http://www.rva.jp/shop/ada/35.htm
アマゾニアIIは、水の濁りが少なく、...続きを読む

Q砂利だけで育つ水草とは?

すみません、水草の初心者です。
友人から水草をいくらかいただきました。
メダカのいる60CM水槽にいれたいですが
砂利しか引いていません。(4CM位の厚さ)
これだけで水草は育つのでしょうか。
(アナカリスとカボンバです)
また、それだけで育つその他の水草があれば
ご指導お願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。
水草や流木で美しくレイアウトされた水景は、思わずため息が出るほど美しいものです。
ただ、美しく維持するのは、熱帯魚飼育よりも遥かに難しい。。。
・・・自分のレイアウトのセンスの無さを痛感し。。。
・・・水景完成時をイメージして植え込んだ水草は、思い通りに成長しない。。。
・・・コケとの戦い。。。
始めは、思い通りに行かない水草育成も、時と共に少しずつ育成のコツがわかってきます。
だから、水草レイアウト水景は楽しいのだと思います。
アヌビアス・ナナなどは、水中で可憐な純白の水中花を開花させてくれます。

<室内の水草水槽の場合>
「園芸用草花の土」・・・こちらは、ダメ。
水槽のコケの原因は、過剰な硝酸塩とリン酸です。
園芸用は、植物の成長のためにリン酸が含まれている可能性が高いのです。
水草鑑賞水槽というより、水コケ鑑賞水槽になります。
「普通の赤玉土」・・・多くの場合使用できます。
また、「園芸用草花の土」「普通の赤玉土」とも農薬が付いていないことが条件になります。

室内の水草による「美しい水景」には、メンテナンスフィッシュの存在が欠かせません。
幅60×奥30×高36cmの標準水槽で、水草育成開始後30~60日あたりで、コケ取り魚やエビを少数投入します。
・オトシンクルス・ならば2匹程度。
http://www.geocities.jp/goleshiiriin/Fish/Otocinclus/Otocinclus.htm
・ヤマトヌマエビ・ならば4匹程度。
http://park17.wakwak.com/~kabukabu/data-y_numaebi.htm

水草表面に付着した卵から「貝類やミズミミズ、ヒル、プラナリア」が繁殖することがあります。
極少数ならば問題ありませんが、大量に闊歩するようになると気持ち悪いので。。。
・バジスバジズ・2匹程度。
http://park6.wakwak.com/~katsu2/aquarium/kansatu/bajibaji/bajibaji.htm

この、小魚やエビたちの排泄物は、水槽内で細菌たちに分解され、水草の肥料になります。

> 庭に水草用の素焼きプランターを沢山おきたいと思っております。
「園芸用草花の土」「普通の赤玉土」・・・どちらもOK。
事前に2Lペットボトルなどの上部をカットし、「園芸用草花の土」「普通の赤玉土」を5cm程投入し、水を張って、72時間ほどで透明になるか?水面に油分が浮かないか?を確認してください。
いつまでも不透明なものや油分が浮くものは水草育成には不向きです。

屋内、屋外とも「園芸用草花の土」「普通の赤玉土」が不向きだった場合は、水草育成にはソイルをオススメします。
参考
http://item.rakuten.co.jp/chanet/14664/

No.1です。
水草や流木で美しくレイアウトされた水景は、思わずため息が出るほど美しいものです。
ただ、美しく維持するのは、熱帯魚飼育よりも遥かに難しい。。。
・・・自分のレイアウトのセンスの無さを痛感し。。。
・・・水景完成時をイメージして植え込んだ水草は、思い通りに成長しない。。。
・・・コケとの戦い。。。
始めは、思い通りに行かない水草育成も、時と共に少しずつ育成のコツがわかってきます。
だから、水草レイアウト水景は楽しいのだと思います。
アヌビアス・ナナなどは、水中で...続きを読む

Qエアーポンプは必要?

いつもお世話になってます。
今回はエアーポンプについてですが・・・。

外部式フィルターの場合酸素が不足しやすいと聞きましたが、エアーポンプは必要でしょうか。
また、エアーポンプは音がうるさいというイメージがあるのですが、静音のものでお勧めなものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

> 外部式フィルターの場合酸素が不足しやすいと聞きましたが、エアーポンプは必要でしょうか。

「魚」主体の水槽ということでお話します。
外部式濾過器は吐出し口の設置方法次第で、溶存酸素量を増やすことも、溶存酸素量を増やさないことも自由に出来ます。
=飼育水中の溶存酸素量を増やす場合=
・シャワーパイプの取り付け位置/シャワーパイプの吐出し方向(水面の攪拌)
または、
・シャワーパイプの代わりにディフューザーの使用
http://www.rva.jp/shop/eheim/eheim44.htm
以上の対応により、十分に水槽水中に酸素を溶解することが可能です。
このため、過密飼育を行っていない一般的な水槽では、エアポンプは絶対に必要なアイテムではありません。

=エアポンプの有効性=
真夏の一時期、水槽水温が28℃以上に上昇すると、水中の酸素量は激減します。
酸素量が減少すると、魚の呼吸の問題は言うに及ばず、
好気性濾過細菌類たちも不活性化し、水槽水の浄化機能が低下します。
真夏の高水温時期は、エアポンプにより強制的に溶存酸素量を増加させることで、高水温に起因する様々なトラブルを回避できます。
以上より、秋冬春は必ずしも必要ではありませんが、通年でエアリングしても不都合もありません。
エアポンプは、万一、外部濾過器が故障したりした際の酸欠防止の保険代わりになります。

> また、エアーポンプは音がうるさいというイメージがあるのですが、静音のものでお勧めなものがあれば教えてください。

エアポンプは、フルパワーで運転すると「ブーン」と耳障りな低騒音を発生します。
吐出しエア量を少し(30%程)絞れば、ほとんどのエアポンプで消音出来ます。
オススメのエアポンプは、消音運転が可能の吐出し量調整機能のある機種です。

例えば、この機種などは吐出し量を少し絞ることで、消音運転が可能です。
旧型
http://oceans.shop-pro.jp/?pid=1322581
新型
http://www.ibuki-airstone.jp/shopdetail/018001000009/

通年使用する場合は、夏場は魚のためにエア量を多め。
秋冬春はエア量を絞って使用すると、魚に優しく、静かに運用できます。

> 外部式フィルターの場合酸素が不足しやすいと聞きましたが、エアーポンプは必要でしょうか。

「魚」主体の水槽ということでお話します。
外部式濾過器は吐出し口の設置方法次第で、溶存酸素量を増やすことも、溶存酸素量を増やさないことも自由に出来ます。
=飼育水中の溶存酸素量を増やす場合=
・シャワーパイプの取り付け位置/シャワーパイプの吐出し方向(水面の攪拌)
または、
・シャワーパイプの代わりにディフューザーの使用
http://www.rva.jp/shop/eheim/eheim44.htm
以上の対応により、...続きを読む

Q泡が消えない

よろしくお願いします。
カージナルテトラ17匹。45センチ水槽。フィルター外掛けAT改造。水草なし。
大磯砂4センチ。深山石6個。餌は2日に1回。25度設定

質問ですが、最近水面に白い泡が出てきまして取っても取っても
何度も水換え(半分)しても泡は消えません
一日経てば水槽の淵に泡が溜まっています。

フィルターも綺麗に洗ってろ材を入れ替えましたが駄目です。
洗って1週間くらいでしょうか泡が消えません

バクテリアが住み着いていないから泡が出ているのでしょうか?
このままバクテリアが住み着くまでどうしたらよいのでしょうか?
多分、水はまめに換えてるので水は汚れていないと思いますが、
大磯砂が汚れてるかも知れないです。

ろ材も沢山入ってるので能力はいけてるのかなと思ってます。

どうすれば良いのか分からないので
よろしくお願いします

Aベストアンサー

ろ材を入れ替えたなら、バクテリアも住み着いてないでしょうね。
確かにバクテリアが住み着いていない、または少なくて悪い水の場合は、
いつまでも泡が残る最悪な環境になります。

ただ水槽立ち上げの水と違うのは、良くない菌が繁殖していることです。



底にある大磯砂にもバクテリアはいますが、
フィルターとろ材に含まれるバクテリアが主役ですから、
その主役を交換してしまうと、水槽の立ち上げ時と同じ劣悪な環境に戻ります。

おそらく、今回の症状はその状態が続きすぎて、
本来必要なバクテリアとはちがうバクテリアが繁殖したのでしょう。

普通、フィルターとろ材と水の交換は、かならずどちらか一方だけをします。
フィルターとろ材は取り替えるのではなく、水槽の水を少量くみとって、それですすぎ洗いするだけです。
フィルターは必要に応じて数ヶ月に一回取り替えることもありますが、
ろ材は何年も使ったのであれば交換しますが、毎回交換するものでもありません。
(ただし数ヶ月に一度取り替えるような活性炭を含めてある使い捨てろ材は除く)

また、使い捨てのろ材をつかっているのなら、
絶対にろ材交換時に水を換えてはいけません。
水槽内のバクテリアが全滅しますよ。



もう一点考えられるのは、アクの可能性。
流木は置いてませんか?それなら、木からアクが出るので泡もたちますよ。
アクを抜いてから木を入れるか、ブラックホールなんかを使って処理すれば泡は消えます。

さらに一言申し上げるなら、45cm水槽では外掛け式は力不足です。
ましてや、そんなに過密状態ならなおさら、です。

正直言ってろ過能力不足です。上部フィルターを検討すべきですね。

ろ材を入れ替えたなら、バクテリアも住み着いてないでしょうね。
確かにバクテリアが住み着いていない、または少なくて悪い水の場合は、
いつまでも泡が残る最悪な環境になります。

ただ水槽立ち上げの水と違うのは、良くない菌が繁殖していることです。



底にある大磯砂にもバクテリアはいますが、
フィルターとろ材に含まれるバクテリアが主役ですから、
その主役を交換してしまうと、水槽の立ち上げ時と同じ劣悪な環境に戻ります。

おそらく、今回の症状はその状態が続きすぎて、
本来必要なバクテリアとは...続きを読む

Q水槽の水カビの原因について

水槽の水カビの原因について
先日、餌を与えすぎてしまい、残餌が出てしまいました。そして、それを1日以上放置した結果、そこに水カビらしきものが生じていました。今後は餌の量を少なくします。
そこで質問なのですが、
水質の安定した水槽では水カビはでないといいます。そこで、水カビが出てしまった私の水槽は、水質が安定していない、バクテリアが機能していないのかと思っています。私の水槽の悪い点を教えてください。

・60センチ水槽
・立ち上げから2カ月
・水換えは2週に1度1/4程度ずつ
・ウィローモスと、ウォーターウィステリアが底床の1/5を占めている
・新田砂を3センチ敷いている
・コリドラス5匹、カラシン5匹、レッドチェリーシュリンプ(ミナミヌマエビ変色)30匹を入れている
・水温は26度に保っている
・上部フィルターには、下から、セラミックのろ材、活性炭が入っているウールマット2枚、ウールマット1枚の順で入っている。
・上部フィルターの掃除はウールマットが汚れたらウールマットを洗う。それ以外のことはしていない。
・上部フィルターが煩いので、1日の1/3の時間は、電源を抜いて機動させていない。
・ストレーナーには、目が細かいスポンジフィルターがついている


面倒くさい質問をして申し訳なく思っています。よろしくお願いいたします。

水槽の水カビの原因について
先日、餌を与えすぎてしまい、残餌が出てしまいました。そして、それを1日以上放置した結果、そこに水カビらしきものが生じていました。今後は餌の量を少なくします。
そこで質問なのですが、
水質の安定した水槽では水カビはでないといいます。そこで、水カビが出てしまった私の水槽は、水質が安定していない、バクテリアが機能していないのかと思っています。私の水槽の悪い点を教えてください。

・60センチ水槽
・立ち上げから2カ月
・水換えは2週に1度1/4程度ずつ
・ウィロ...続きを読む

Aベストアンサー

> 水質の安定した水槽では水カビはでないといいます。
・水質の安定と水カビ(真菌類)の繁殖は、直接的な関係はありません。
・水槽が安定するには、一般に立ち上げから3ヶ月は必要です。

水カビは有機物を餌として繁殖する生物です。
地上に繁殖するカビに外見が類似しているので水カビと呼んでいますが、まったく別の生物です。
水槽の中に有機物が多い場所(残り餌や生物の死骸など)に、水カビは優先的に繁殖します。

好気性濾過バクテリアの餌はアンモニアや亜硝酸です。
濾過バクテリアが直接に有機物を餌として繁殖することはありません。

回答・・・
> 私の水槽の悪い点を教えてください。
・2ヶ月目にしては、少し、水替え頻度と量が少ない気がします。
ですが、それ以外に、特に、悪いところはありません。

水カビが短時間で発生したと言うことは、飼育水中に有機物が多いことを水カビが飼育者に教えてくれています。
このまま、放置すると、水ミミズやプラナリア、スネールなどの不快生物が大繁殖する、一歩前のサインです。

飼育水中の有機物を減らす方法は。。。
・餌の量の見直し。
・マメな水替え。(週に一度1/4以上)
・底砂清掃。
・濾過器の清掃。
・濾過能力が低い場合は、濾過能力の優れた濾過器への交換や、セカンドフィルターの追加。
・エアポンプによるエアリレーションの強化。
特に、フィルター停止時間はエアレーションは必要です。
・照明の強化。
以上の方法があります。
出来ることから順番に実施すれば、即効性はありませんが、水カビの発生率は減少するハズです。

短期間での解決を求めるのならば、上部フィルターを廃止し、エーハイム2215などに交換。
別途、エアポンプによるエアレーションを実施などの方法があります。

> 水質の安定した水槽では水カビはでないといいます。
・水質の安定と水カビ(真菌類)の繁殖は、直接的な関係はありません。
・水槽が安定するには、一般に立ち上げから3ヶ月は必要です。

水カビは有機物を餌として繁殖する生物です。
地上に繁殖するカビに外見が類似しているので水カビと呼んでいますが、まったく別の生物です。
水槽の中に有機物が多い場所(残り餌や生物の死骸など)に、水カビは優先的に繁殖します。

好気性濾過バクテリアの餌はアンモニアや亜硝酸です。
濾過バクテリアが直接に有機物を...続きを読む

Q水槽立ち上げ後の水替えについて

45cm 水槽(42リッター)を立ち上げ、パイロットフィシュとしてグッピー2匹、ネオンテトラ10匹を入れバクテリアを増殖中の初心者の質問です。熱帯魚水槽に関するホームページの殆どに、水槽立ち上げ後にアンモニア、亜硝酸濃度を測定して、2~3日ごとに1/3程度の水を交換するのが好ましいという書き込みがあります。一方、あるホームページでは、亜硝酸濃度が下がるまで水替えをしない方がバクテリアの増殖が短期間で終了することができ、アンモニア・亜硝酸の毒性で死亡した熱帯魚も取り除かないで水槽に残すべきである旨の記載があります。現在、パイロットフィシュ右を入れて4日が経過し水の濁りも消えてきたので、どうしたものかと考えております。水替えをしないで、亜硝酸濃度が低くなるまで放置しておくとパイロットフィシュは全滅するでしょうか。水替えを躊躇しているのではありません。もし可能なら、バクテリアの増殖を短い期間でやり、一日でもはやく目的の熱帯魚を水槽で飼育したいと考えています。ご指導・教示をお願い致します。

Aベストアンサー

他の方もおっしゃっていますが、初~中級者向けの魚だけの飼育でしたら、細かく測定などしなくても、良いと思います。私は20年ほど熱帯魚やら金魚やら飼育していますが、試薬は使っていません。初心者の頃、やはり飼育本で見かけて、使ってみましたが、よく分からなかったのでその後は全く使っていません。
それより水槽の中の魚の様子をよく観察して、息苦しそうならエアを入れる、水が臭うようなら、ろ過を強めにして、餌を控える、などの対処をしていけば魚は死なず、「全滅」などはその後の立ち上げ時でも、したことがありません。
ただ、ろ過バクテリアが増える前に魚をたくさん入れると、排泄物などで水質が急に悪くなって(ようするに、水をきれいにする能力が高いか、汚す速度が速いか、どちらが勝つかということです)魚が死んでしまうことがありますので、今、健康な魚を長く飼育されている方が身近にいれば、水かろ材を分けてもらい、バクテリアを早く増やすのもひとつの手です。
死んだ魚を水槽に残す云々は、バクテリアの餌になる有機物を残しておく、という意味だと思いますが、水温が高くなるこれからの季節は、腐敗のほうが早くなり、逆に水質悪化につながるおそれがあります。お勧めできません。
それから、老婆心ですが、45cm水槽でしたら、今いる魚たちの量で十分かと思われます。目的の熱帯魚が何かは書かれていませんので何とも言えませんが、もし大き目の魚をご希望でしたら、今の魚たちが寿命を迎えるまで大切に飼育され(または、ある程度慣れてからもう一基立ち上げるなどされて)、先に駒を進められるとよいかと思います。
ホームページに書かれてあることは、繁殖させたり、上級向けの魚(ディスカスとか)を飼育されるような、プロ、セミプロの方たちのやり方だと私は思っています。すごいな~と思いますが、真似しようとすると疲れそうですので、ツボだけ押さえて、魚たちに癒してもらってます。何かの参考になれば幸いです。

他の方もおっしゃっていますが、初~中級者向けの魚だけの飼育でしたら、細かく測定などしなくても、良いと思います。私は20年ほど熱帯魚やら金魚やら飼育していますが、試薬は使っていません。初心者の頃、やはり飼育本で見かけて、使ってみましたが、よく分からなかったのでその後は全く使っていません。
それより水槽の中の魚の様子をよく観察して、息苦しそうならエアを入れる、水が臭うようなら、ろ過を強めにして、餌を控える、などの対処をしていけば魚は死なず、「全滅」などはその後の立ち上げ時でも、...続きを読む


人気Q&Aランキング