黄リンの性質で、「空気中で自然発火」と書いているのですが、
そのメカニズムを分かりやすく教えてください。

A 回答 (2件)

「空気中で自然発火」とは,空気に触れるとその物質が(加熱するなどの操作をしなくても)自然に燃える(酸素と反応する)事を意味します。



物質が燃えるには,その物質と酸素の他に,反応開始に必要なエネルギ-(通常は熱エネルギ-)を与える何かが必要です。

黄リンの場合,室温(熱エネルギ-)で反応開始に必要なエネルギ-が賄われるため,空気(つまり酸素)の存在下で反応が開始(発火)するわけです。

簡単に言うとこんなところですが,「燃焼・消火の理論」については下記のペ-ジも参考になると思います。

参考URL:http://home2.highway.ne.jp/kuwata/danger/nensho. …

この回答への補足

ありがとうございました。
いまいちイメージがつかみにくいですが、
リン原子がそこらにある酸素とくっつきたいんですかねぇ。

補足日時:2001/03/29 16:24
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「第3類危険物」

ご参考まで。

参考URL:http://www.chem-station.com/kikenbutsu/3-3.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考のURLは結構使えそうでうれしいです。

お礼日時:2001/03/29 16:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国の人の名前の意味

日本では名前をつける時に何らかの意味を持たせる事が多いですよね?
例えば「優しい子に→優子」や「嘘を付かない子に→誠」など。

これは漢字のある国独特の文化なのでしょうか?
マイケル、ポールなどの名前にも何らかの意味があるんでしょうか?
名前に意味を持たせるのは世界共通ですか?

Aベストアンサー

ほぼ漢字を使う国独特のものと考えてもいいようですが、例外もありますね。最近は。

でもマイケルやポールなど、英語圏のよく聞く名前はほとんど聖書から取ったものです。
キリスト教圏は、割と聖書から名前を拝借する事が多いようですよ。あとは、親や祖父母などのミドルネームをもらったり、とかですかね。

Q自然発火と自然着火の言葉の意味の違いを教えて下さい。

自然発火と自然着火の言葉の意味の違いを教えて下さい。

問題集で自然発火と回答したら、答えが自然着火でしたが、自然発火では駄目なのでしょうか。

ご存知の方、わかりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

自然発火の定義
物質の自然発火 ... 自然発火は「物質が空気中で発火温度よりはるかに低い温度で自然に発熱し,その熱が長期間蓄積されて発火点に至る現象」です 。 「自然発火」と 「引火点」は別の意味。
そばに、着火源が無くても 火がつく現象。
身近なところでは、生石灰が水分と反応、 廃棄した天ぷら油。
マニアな所では、酸素ボンベで溶剤をバブリングすると発火。
 もう1個 モノシランSiH4も空気中で 火を噴く。

自然着火とは普通あまり言わないはずですが、世の中の文献を見ると
デイゼルエンジンの圧縮により燃料は自然着火させると記載が
あるなど、使われてます。 意味はそれぞれバラバラです。
学校の先生の場合、発火点・着火温度を意味すると思っている。

発火は、火のない所で火が出る。  着火は、火が有る所で火が着く。

こんな解釈でどうでしょうか???
ややこしいですか?????

Q外国人です!「臨む」というのはどういう意味ですか?

ここに二つの例があります、全部ゲームで見たんです・・・


1.(見習い天使)
今まで求め続けて得られなかったものが、この手に掴めるかもしれない。(記憶)
そのためなら、多少のことでも意欲的に臨んだほういいと思う。

2.(ナルキッソス)
病院によっては有償となっており、中にはアルバイト的な感覚で臨む者もいるそうだ。
それに対して。
ここ7F担当のヘルパーとは...
精神ケアにも比重が置かれている為、そんなアルバイト感覚では務まらないらしい。

一応辞書も調べましたけど、いまいち分かりませんでした、つまりこの言葉を理解する事はできません・・・
2 ある事態が起こるようなところに身を置く。そういう時に当たる。出あう。直面する。「危機に―・む」「死に―・む」「終わりに―・んで礼を述べる」

私の理解では
1の臨むは「直面する」と解釈していいんですか、意欲的に直面する?
2は分かりません・・・

ご存知の方に説明していただきたいです

Aベストアンサー

大なり小なり困難な状況を迎える際の、精神的あるいは道具や装備、またはその両方の準備状態が「臨む」です

「アルバイト感覚で臨む」

本来は正社員としての自覚と責任という精神状態で、仕事を始めなければならないのに、アルバイトと同様な低い責任感という精神状態で仕事を始めようとしている。という意味

「万全な態勢で臨む」

単独であっても複数人であっても、必要とされる道具類を準備し、その道具類の使い方も十分訓練し、身体も鍛え健康で、精神的にも自信を持って、物事に対応しようとしている様子。という意味

Q廃タイヤはなぜ自然発火するのですか?

山林などに不法投棄された廃タイヤが自然発火して火事になったという記事を目にしました。
なぜ発火するのか、そのしくみをどなたかわかり易く教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

廃タイヤが自然発火する蓄熱発火の原因は、
タイヤを補強するためのスチールワイヤー(スチールラジアルタイヤ等)の
酸化による発熱です。

古いヒビの入ったタイヤを野ざらしにすると、雨水がヒビから入り込み
スチールと酸化反応をします。酸化反応は発熱反応でゆっくりと進行します
(ホッカイロは鉄粉と酸素の反応による制御された発熱を利用)。
タイヤのスチールワイヤは周囲がゴム(断熱材)で囲まれているため熱が籠もります。
熱により温度が上昇すると、酸化反応はより早く進みどんどん加速し、最後には
発火するようになります。
ゴムや樹脂の劣化で熱が出るわけではありません。

車のシュレッダーダストが発火するのも同じです。ダスト中には微細な金属片が
無数に混入しています。この中には吸湿して濡れると酸化して熱を発生するものが
有ります。ダスト中には着火し易いオイル分も混入しています。

Q白リン 赤リン 黄リン について

白リン 赤リン 黄リンについて質問させてください

wiki(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3)ではそれぞれの定義を

「白リン (P4) は四面体形の分子からなり~~」

「赤リンは紫リンを主成分とする白リンとの混合体」

「黄リンは同素体とされていたが、黄色は白リンの表面が微量の赤リンの膜で覆われたもので、融点沸点などの物理的性質は白リンに準じ、同素体ではない」

「白リン、赤リンはリンの同素体」「黄リンはリンの同素体ではない」
としています


さて、黄リンに関する記述に疑問はありません
同素体であるには単体あるはず、記述によると黄リンは混合物ですから
同素体であるわけがありません

白リンにも特に疑問点はありません

しかし赤リンの「赤リンは紫リンを主成分とする白リンとの混合体」
との定義が意味不明です
「混合体」という言葉は聞いた事がありませんし
仮に混合物のことを混合体と言っていると考えたとしても
「赤リンはリンの同素体である」という記述と矛盾します
(同素体であるには単体でなければいけない)

白リン、赤リン、黄リンの正確な定義を教えてください

白リン 赤リン 黄リンについて質問させてください

wiki(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3)ではそれぞれの定義を

「白リン (P4) は四面体形の分子からなり~~」

「赤リンは紫リンを主成分とする白リンとの混合体」

「黄リンは同素体とされていたが、黄色は白リンの表面が微量の赤リンの膜で覆われたもので、融点沸点などの物理的性質は白リンに準じ、同素体ではない」

「白リン、赤リンはリンの同素体」「黄リンはリンの同素体ではない」
としています


さて、黄リンに関する記述に疑問...続きを読む

Aベストアンサー

リンの同素体、確実なもの。
 白リン:比重 1.83, 立方晶
 紫リン:比重 2.36, 単斜晶
 黒リン:比重 2.69, 斜方晶

リンの同素体、あやしいもの。
 黄リン:白リンの別名。精製直後の白リンはその名の通り白色だが、すぐに表面が黄ばんでくるのでこの名がある。
 赤リン:紫リンより少し小さい比重をもつ。結晶化することもできるが、ふつうはアモルファス。

----------
無定形炭素とゴム状硫黄をそれぞれ炭素と硫黄の同素体に含めていいのなら、赤リンもリンの同素体に含めていいんじゃないかな。

Q【化学】洗濯用洗剤に無リンの洗剤がありますが無リンって何ですか? リンが入っていないのが売り文句な

【化学】洗濯用洗剤に無リンの洗剤がありますが無リンって何ですか?

リンが入っていないのが売り文句なのでしょうか?

リンが入っていると何が悪いんですか?

Aベストアンサー

リンは微生物のえさになるので、きちんと取り除かれずに川などに流された場合、赤潮などの被害が発生する可能性があります。

Qリン酸緩衝希釈液 無菌検査 

食品会社で品管を担当しております。
今回の相談したい対象製品は乳製品を使用した洋風デザートなのですが、取り引き会社との間で「無菌試験」をすることになっております。恒温器で増菌後、検査をする際に、希釈液をリン酸緩衝希釈水の代わりにリン酸緩衝生理食塩水を使用してしまいました。
生理食塩水、ペプトン加生理食塩水、リン酸緩衝生理食塩水については過去の質問等を拝見したところ、この3つは大きな差はないとの認識ですが、今回の間違いについては大きな違いは発生するでしょうか?レトルト殺菌を行っているため、菌の検出はないでしょうが、再検査には時間がかかるため教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
高濃度食塩水ならば、ビブリオ属以外の抑制が考えられますが、生理食塩水レベルではまず問題はないと考えられます。

但し、こういう取り違えは行政上、問題になりますので、今回の結果は速報として但し書き付きで報告し、本来の方法を行って確定して再度報告しておく事をお勧めします。

何かあった時、報道に導かれる世論は容赦してくれませんよ。

Q動植物油類(乾性油)の自然発火について

動植物油類(乾性油)の自然発火についてお伺いいたします。「乾性油を染み込ませたボロ布を山積みにし、換気の悪い場所に置くと自然発火する」らしいのですが、動植物油類そのものを貯蔵中の場合は、「換気をよくするほど自然発火しやすくなる。」のか、あるいは、「換気をよくするほど自然発火しにくくなる。」のかがわかりません(ある危険物の問題集には、換気をよくするほど自然発火しにくくなる。」とありましたが……)。御教授をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

換気に関してはどちらがいいか難しいところです。
換気を多くすると酸素濃度が上がりますが燃焼物の温度は下がります。
少なくすると酸素濃度は下がりますが燃焼物の温度は上がります。

もし、閉鎖された密閉空間ならば酸素濃度を重視して換気をしない方がいいでしょう。
開放空間ならば酸素濃度は無視して換気をした方がいいでしょう。

重要な事は、この反応は表面だけでおこることです。
反応物の面積を少なくすることが一番です。
ドラム缶に入れた油は自然発火しませんが、布などに染みこませると
自然発火の可能性があります。

QHeLa細胞のβチューブリンを染色したのですが・・・

HeLa細胞のβチューブリンを免疫蛍光染色で染色したのですが、核以外がべったりと染まりました。コントロールは染まりませんでした。

そこで伺いたいのですが、よく教科書の写真とかで見るような、チューブリンが繊維状や、網目状の染まっている画像を撮るには何かコツ(固定方法など)とかいるのでしょうか?それとも繊維芽細胞とかでやらないとだめなのでしょうか(この細胞を使って染色している人多いような気がしました)?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通、細胞の中には重合していない浮遊チュブリンが詰まっており、
そのまま細胞を固定して染色すると浮遊チュブリンがべったり染まってしまいます。
核が抜けているということで、正しい染まり方だと思います。

繊維状の重合チュブリンのみを染色したいのであれば、
細胞を固定する前にTriton-X等の界面活性剤で処理し、
細胞内の浮遊物質を排出してから固定、染色するといいです。

Q黄リンについて

黄リンの単体は空気中では自然発火の危険性があるので保存は水中でと聞きます。
そこで、思ったのですがその自然発火する黄リンを石油や灯油などの油中に保存するとどうなるのでしょうか?
慎重に扱わないと火災に発展する恐れがあるでしょうが、慎重に扱ったうえで自然に火がつく?つかない?
どちらでしょうか?

Aベストアンサー

黄燐(白燐)は発火点が低くいので自然発火し易い為に水中に保存してますが、溶剤に溶け易い性質があるので石油等に浸けたら溶けて無くなってしまうでしょう。
従って、保存は困難です。


人気Q&Aランキング