今まで自分で気に入った個人のHPを見つけて相互リンクしてもらう時は、相手にメールで了解を得てからリンクを貼らせてもらっていました。

相手が企業や法人のHPでとても便利で良いHPだと、
こちらが一方的にリンクを貼らせてもらいたい時も
やっぱりメールで相手の承諾を得るべきでしょうか?
皆さんはどうしていますか??

A 回答 (4件)

まぁ、法的な問題はさておいて、


お互いに気分良くやって行く為にも、
一応、了承を得る為の問い合わせメールを
送っておくのが良いかと・・・。

中には、『インターネット上ではリンクフリー
が原則で、許可を得る必要は無い』と言う意見も
出る事がありますが、今後クローズアップされて
行く可能性がある部分だと思います。
例えば、有名な企業のHPが悪徳業者やヤクザのHPに
リンクされている事で、何か関係がある様に誤解を
受けてしまう、とか、実際によくある話では、
女の子のページが勝手にアダルトサイトにリンク
されてしまい、荒らし行為やストーカー行為の
対象になってしまったり、と言う事もあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり自分のHPが勝手に知らない所でリンクされていたら、あまり良い気持ちはしません。ましてや、アダルトサイトなんかに貼られては困りものです。

今後気を付けていかなければならない問題だと改めて
感じました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 21:50

参考URL「無断でリンクを張ることは著作権侵害となるでしょうか」(著作権情報センター)をご覧ください。


法的には個人であれ、法人であれ、リンクするのに相手の承諾は必要ありません。
ですが道義的には、相手がページ上で「無断リンク禁止」の旨を明示しているのに、無断でリンクするのも失礼な話なので、そういった場合には、無用なトラブルを避けるためにも、メールで承諾を得るのが無難でしょうね。
先方のサイト内にそういった記述がない場合、特に企業サイトであれば、リンクするのにメールでの問い合わせは必要ありません。

参考URL:http://www.cric.or.jp/qa/multimedia/multi15_qa.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今後、気を付けていかなければならない問題だと改めて
感じました。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 21:53

企業などの場合には大概リンクについての記述がされて


いると思います。そちらを確認し対処すべきです。そう
いった記述がないのであればメールなどでリンクさせて
ほしいといった内容のメールを出して見るのがいいと思
います。
勝手にリンクを貼ったことが後々裁判沙汰になるといっ
たことも今後増えると思われますので...
では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 21:55

インターネット上の考え方として、


リンクを張る際に、許可は要らない、という風になっています。
よく「リンクフリー」って書いてあるけど、
そもそも、許可は要らないんだから、
この言葉も意味はないんですよね。

まあ、確かに許可を得た方が、
お互いに気持ちいいのは、間違いないですが。

ちなみに、企業などのHPに対しては、
何の許可も要りません。
出したとしても、向こうも忙しいですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 21:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分のブログの記事を勝手に他人のブログに貼られました

私はブログをやっています。

自分の書いたある日の記事が、勝手に他人のブログに貼られ不愉快な思いをしています。
もちろん、その相手は全く知らない人です。
そこで、その私の記事を削除するようコメントしてみましたが、
一向に削除する気配はなく、コメントに対しても無視です。

これは著作権の侵害に当たると思い、訴えたいとまで思っているのですが、
そのブログの持ち主を特定することはできるのでしょうか?
また、それ以前に人のブログの記事を勝手に自分のブログにリンクを貼ること自体認められていることなのでしょうか?

ちなみにその相手は毎日ブログを更新しているようなので、
私のコメントに気がついていないということはないと思います。

ぜひ、回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

1.自分の書いたある日の記事が、勝手に他人のブログに貼られ
いわゆる「無断転載」というやつですね。これは著作権法違反です。

(1)あなたのブログの文章は立派な著作物です。著作物は内容や表現手法を問いません。それをやると思想統制になってしまいます。つまり、「これは著作物、これは著作物ではない」などという判断を誰か(特に権力者)がするようでは憲法との関係で困るので、逆に「こういうものは著作物とは言いません(例えば法律の文章など)」だけを定義し、それ以外は全て著作物として扱うのです。
あなたが書いた文章を、誰かが「こんな下らない文章は著作物ではない」などと判断することはあり得ません。「自分で考えて書いた文章」は総て著作物です。
チラシの裏(表現手法)の落書き(内容)でも自分で考えて表現したものなら著作物です(ピカソの落書きは結構高値です)。

(2)これはマナーやモラルの問題ではなく、法律の問題です。マナーやモラルの話なら見解の相違、意見の相違があっても仕方ありませんが、これは法律違反(ただし親告罪)です。ブログの何たるかは、関係ありません。あなたには見解の相違云々ではなく、即時中止を求める権利・謝罪を求める権利(もっと言えば、損害賠償請求)があります。

(3)著作権には、著作人格権というものがあります。つまり「例え経済的損失が無くても、著作者が不愉快だと思う行為」はやってはいけないし、やれば法律違反なのです。
例えば、小学生の作文を、先生が手直しして、コンクールに出して賞品を本人がもらったとします。経済的損失は何もない(それどころかもうかった)、としても著作権違反です。

2.人のブログの記事を勝手に自分のブログにリンクを貼る
これは違います。urlは著作物ではありません。またリンクを貼る行為自体はマナーの問題を別にすれば、無断でやっても法律違反にはなりません。

1.自分の書いたある日の記事が、勝手に他人のブログに貼られ
いわゆる「無断転載」というやつですね。これは著作権法違反です。

(1)あなたのブログの文章は立派な著作物です。著作物は内容や表現手法を問いません。それをやると思想統制になってしまいます。つまり、「これは著作物、これは著作物ではない」などという判断を誰か(特に権力者)がするようでは憲法との関係で困るので、逆に「こういうものは著作物とは言いません(例えば法律の文章など)」だけを定義し、それ以外は全て著作物として扱う...続きを読む

Qリンクについてのマナー

ブログに自分が面白かったサイトのアドレスをリンクしたいんですが(このことをリンクと言わなかったらすみません)
たとえばヤフーの翻訳とか
全然知らない人のブログのページとか 企業のサイトとか

これは勝手にやってもいいんでしょうか。
たまにブログとかの下のほうにリンクフリーって書いてあるので書いてないところとかは 張ってはいけないのでしょうか。
張ってもいいですか?って聞くのかな。

私が今やりたいのは 自分が読んだ本で、アマゾンのページとか、
おいしかったケーキの店のホームページとかです。

そして、
自分が写真を撮って載せる時もなにかルールはあますか?
たとえば 芸能人の写真とか 商品の写真です。

素人です ブログのマナー教えてください(訴えられないことかな)

Aベストアンサー

こんにちは。

>私が今やりたいのは 自分が読んだ本で、アマゾン>のページとか、
>おいしかったケーキの店のホームページとかです。

URLを公開しているところなら、
「オススメの○○のHPはこちらです」
「この本のレビューが紹介されているサイトを○○で見つけたので紹介します」
程度のものでしたら、特に問題はないのではないかと思います。

>自分が写真を撮って載せる時もなにかルールはあま>すか?
>たとえば 芸能人の写真とか商品の写真です。

コレは難しいですね。著作権などもあるので、好きな芸能人に関しては、公式に配信されている壁紙などを使ったほうが無難だと思います。
商品の写真は、「こんなものを買いました」という紹介なら大丈夫だと思います。

ブログは個人で楽しむものですから、商業目的でリンクを貼ったりするのでなければ問題ないのではないかと思います。

Q「リンクを貼らせてもらいたい」とは?

とても基本的な質問ですみません。
「リンクを貼らせて頂きたい」と言われたのですが、
私のHPに相手のHPのリンクを貼ってほしいということなのか、相手のHPに私のHPを貼りたい、ということなのか、よく分かりません。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>自分のHPを相手のHPで紹介して欲しい場合

自分は相手のHPを紹介しないで、相手HPに自分のHPを紹介してもらうというのは(マナー的に)あまり行われないかと思います。

先に書いた通り「相互リンクをお願いします」と伝え、まずは自分のHPで相手のHPを紹介するのが一般的だと思います。


人気Q&Aランキング