利用規約の変更について

20世紀最大の発明は何だと思いますか?
できれば、発明年、発明者、理由なんかをつけて挙げてほしいです。
現在あるいはさらに今後の世界への影響の大きさなんかを基準にしてください。

私が考えた候補は、
・飛行機 1903年 ライト兄弟
・化学肥料 1909年 ハーバー/ボッシュ?
・テレビ 1926年 高柳健次郎?
・抗生物質 1929年 フレミング
・実用(液体)ロケット 1940年代? ゴダード/フォンブラウン?
・原子力機関 1940年代? フェルミ?
・トランジスタ 1949年 ショックレー 1948年
・集積回路 キルビー/ノイス 1958年
・インターネット 1970年代? ??

などですがどうでしょうか。他にもありますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

私はやはりPCかと思います

この回答への補足

さっそくありがとうございます。
PCですか。コンピュータを個人的に所有する、というのはやはり大きな変化と言えるでしょうね。

補足日時:2010/03/27 23:16
    • good
    • 0

ご質問の中の「候補」はいずれも大きな影響を与えた発明なので「20世紀最大」を選ぶのは困難ですが、あえていえば「トランジスタ」だと考えます。



真空管を使った初期の巨大なコンピュータを思えば、トランジスタの発明がなかったとすれば、その後のパソコンやインターネットの普及は不可能だったでしょう。現在では単体のトランジスタはあまり使われなくなり、その意味では「集積回路」の発明が大きな意味を持っていますが、これもトランジスタ(接合型)の発明の延長線上にあると思います。

個人的にも中学生のころ2SB56や2SA156などのトランジスター(当時の表記)を1個数百円(今の同等品の価格の何倍でしょうか)で購入してラジオを作り、こんな小さな部品があの大きくて熱を出す真空管(を使ったラジオも作っていました)と同じ働きをするのかと感動した覚えがあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

みなさま、ありがとうございました。
ポイントは回答順につけさせていただきました。

お礼日時:2010/04/18 16:44

原子爆弾です



理由:原子爆弾の存在により、20世紀の後半は大国同士の直接戦争が生じなかった。人類滅亡というシナリオが、想像上のものではなく、具体的に可能だと言う前提で物事が考えられるようになった。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
その視点は非常に興味深いですし、実際に納得できすね。
大国同士の直接戦争が事実上不可能となることで戦争をなくし、世界に平和をもたらした大発明ということですかね。

お礼日時:2010/03/28 21:03

延長的な工夫ではなく、革新性とその後の波及効果という


意味では、原子力とダイオード(半導体)でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

原子力はわかりますが、ダイオードですか。
なるほど。ここでいうダイオード(半導体)というのは、トランジスタの源流である史上初の半導体素子としての鉱石検波器ということなんでしょうかね。

お礼日時:2010/03/28 21:37

私見では


ひとつだけあげるなら、やはりコンピュータでしょうね。その区切りは1949年のBINAK の稼動におけるノイマンの役割が決定的です。ここで今のコンピュータの原型が出来たわけで、それまでは単なる計算機だったとも考えられます。
全世界的同時性のマス・メディアであるラジオ放送はピッツバーグで1920年に始まっていますが、これも世界への影響の大きさといった観点からは見逃せないと思いますが、発明か?といわれればちょっと違うかもしれません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

個人的には、(私自身が特定のアプリケーション専用のLSI(ASIC)の設計者であるということもあって)、上の質問でも書いたように、コンピュータの本質は、やはり計算ができるということそのものであって、プログラムが可変できることではないのでは、と思わなくもないのですが、20世紀を代表する天才、フォン・ノイマンの業績はやはり大きいですね。

社会技術的な発明もアリです。
質問文に書いた「テレビ」はマスメディアとしてのテレビではなくて、むしろ自由に絵・文字を表示できるディスプレーというヒューマンインタフェースという意味合いのほうを重視して、発明者を高柳さんにしたのですが、
マスメディアとしてのラジオ・テレビの影響も確かに大きいですね。

お礼日時:2010/03/28 21:27

「発明」というと、偉人が天啓を受けて無から有を作り出したかのように一般にはイメージされがちですが、実際の所は、それまで個々に連続的に改良発展してきた科学技術の成果の上に立って、


 (1)新規な手法によって質・量的に飛躍的な発展を遂げたもの、
 (2)諸技術の組み合わせによって新規に生み出されたもの(のうち、成功したもの)、
と見るべきでしょう。

例えば質問者さんが最初に挙げているライト兄弟の飛行機ですが、彼ら以前にも飛行機を作る試みは行われていたし、飛行機の原理やエンジンの発明も先人の功績でした。
彼らはそれを研究し改良し集大成した上で実際に空を飛んで見せたことで、その後の航空機時代の幕を開けたという事が偉大なのだと思います。
もちろん、飛行機を20世紀の大発明の一つに挙げることに異議はありません。

そういう観点に立ったうえでご質問の

> 現在あるいはさらに今後の世界への影響の大きさなんかを基準に
考えて見ると、私としては、まず

・3極真空管の発明 1906年 フォレー
を挙げたいと思います。
理由は、その後のエレクトロニクス発展の転機となったからです。

エジソンが発見(1884)しフレミングが発明(1904)した2極真空管は交流→直流の整流効果しかありませんでしたが、そこに電極を一つ追加しただけの3極管が持つ電圧増幅効果が、その後の無線通信やコンピュータも含めた電子回路技術の発展に結びつき、世界に大きな影響を与えました。

質問者さんが挙げたテレビ(1929年)以降の発明品の殆どは、この発明の上になり立っていると思われます。

トランジスタや集積回路の発明ももちろん偉大だとは思いますが、世紀を単位とした歴史的な目で見たときには、連続的な改良課程の一つとも見なせるのではないでしょうか。

もう一つ挙げるとしたら、やはり
・コンピュータ 1949年 ウィルクス

インターネットが20世紀の大発明の一つであることに異論はありませんが、それを可能にしたものとして、コンピュータの発明を挙げたいと思います。

ただしコンピュータがいつ誰によって発明されたかと言うことは、コンピュータをどう定義するかによって異なってきます。
コンピュータの理論や個々構成技術も、150年前のバベッジに始まって連続的に発明改良されてきているからです。

コンピュータを、現在も使われている「プログラム可変内蔵式の計算機」と定義した上で、さらにソフトウェア設計の問題点まで明らかにしたという点に着目すれば、1949年にケンブリッジ大でM・ウィルクスらによって作られたEDSACが「世界初のコンピュータ」とされるようです。

以上、ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

真空管は確かに大発明ですよね。電気信号の増幅が可能になって、初めて電気をエネルギーではなく、信号として扱う弱電という分野ができたと言えると思います。
ただ、個人的にはトランジスタは真空管の延長技術ではないと思っています。もちろん目的とする機能は同様ですが、真空中の電子を利用する技術と、固体素子内の電子を利用する技術は生まれからして別ではないかと。

やはりコンピュータも外せないですかね。
実は先月アメリカに行って、シリコンバレーのコンピューター歴史博物館でバベッジの階差機関を見てきたばかりです!。うーん、すごい。

>「プログラム可変内蔵式の計算機」
個人的には、コンピュータの本質はプログラム可変なことではない気がしています。例えば、動画エンコード専用のLSIはコンピュータではないのか、さらに言えば電化製品の中に入っているマイコンにようにユーザーはプログラムをいじれないものはどうなのか、さらにはFPGAはどうなのか、ということですが。
もちろんプログラム可変の計算機という概念自体が大発明だとは思います。

お礼日時:2010/03/28 21:17

個人的には、ネットですかねー。


経済学部の出身なんですが、教授が「人類を変えた発明は数えるほどしかない」と言っていた中で、「農耕、産業革命」と並んで挙げていたのがネットでした。
経済が世界的に停滞すると、新しい発明がその停滞を打ち壊す、というのが教授の持論でした。
インターネットの普及で、企業のポテンシャルが飛躍的に伸びたと思うので、ネットに一票です!

この回答への補足

質問文で挙げたい以外にも
・国連
とか
・デリバティブなどの金融技術
といった発明?も候補にあがるかなとは思ったのですが、
国連は影響度という点でまだまだですし(ナショナリズムは間違いなく19世紀を代表する発明の1つだと思いますが)、金融技術はどう評価してよいのか難しいところがありますね。

こういった社会技術みたいな発明もありです。

補足日時:2010/03/28 10:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ネットですか。たしかに影響力は相当大きいですね。世界を変えたのは間違いないですね。

本当のことをいうと、私自身は、候補にあげたものでは、
1位 化学肥料
 現在の60億人という膨大な人口を養うのは、化学肥料なしでは考えられません。なんとか今のところ「マルサスの罠」に嵌らないですんでいるというか。今後を考えると、遺伝子組み換え作物の技術も、20世紀の重要発明と言われるようになる日が来るかもしれません。

2位 トランジスタ
 やはり20世紀を代表する発明といわれれば、これを外すわけにはいかないです。発明者の1人バーディンが、現在の集積回路の技術のすごさ・影響度は「far beyond my wildest dream」だと言っていますが、全くその通りです。

3位 抗生物質
 これも外すことのできない発明だと思います。また20世紀を代表する学問として、量子論、相対論と並んで、分子生物学があげられると思っています。

4位 インターネット
 個人的には、PCそれ自体は例えば洗濯機・冷蔵庫なんかに比べてすごい発明かといわれるとクエスチョンだったりするのですが、インターネット(世界中のPC同士がつながる)は大発明だと思います。間違いなく世界が変わったと思います。

5位 飛行機
 これは、まだまだ車なんかに比べれば現在の社会への影響度は低いような気もしていますが、あと30年くらいして自家用飛行機が普通になる時代がくれば影響度はもっと増すと思います。私が子供のころの未来予想図では、2010年には自家用飛行機(というか飛行機械)が当然飛んでいるはずでした。

6位 原子力機関
 これは、評価が難しいですが、未来へのポテンシャルという意味ではかなり大きいとは思います。場合によっては、原子力はだんだん廃れてしまって使われなくなるという方向に行くこともありえるかなとは思いますが。

こんな感じなんですがどうですかね。
もうちょっと、みなさんから、化学・機械・生物学、といった分野の発明があがるかと思ったのですが、意外に広い意味での電子情報の分野の話が多いですね。

お礼日時:2010/03/28 09:47

追加で。

メディア関係では、

デジタルカメラ と ケータイ電話

そして、写研機。
    • good
    • 0

ITやメディアコンテンツ関係以外なら、日本発の影響力としては


 新幹線
がトップかも。
それまで長距離列車は世界の先進国でも列車が主で、気動車を複数持つ電車で長距離輸送をするというのは、常識外でした。そのうえで、営業速度としては90キロ台が精一杯だったものを一気に250キロまで引き上げました。
長距離移動を「旅行」から「出張」に変えた悪魔の技術ですね。
その後、各国で高速電車の実用化が進んだことをみても、経済など様々な面で影響の大きな発明だったことが分かります。

あとは、人工衛星。気象衛星ひまわり は、純粋な民生で衛星を利用した最初です。GPSは未だに軍需利用の民生開放に過ぎませんし、インターネットでも同じですよね)

身近なモノでは電子レンジ。日常生活で生きる以外の時間を増やしたのは、炊飯器、洗濯機、掃除機、冷蔵(冷凍)庫がありますが、家庭を作らなくても(主婦がいなくても)、独身で生活ができるようになったのは、この電子レンジとインスタントラーメンなどの食品、流通では24時間営業のコンビニと宅配便の存在ですよね。宅配便を含めてどれも今世紀の発明です。
あとは、缶コーヒーかなぁ。インスタントコーヒーが、世紀の発明とされた時期もありましたが、お湯も要らずにその場で飲めるなんて。最近が缶入りのラーメンもあるそうですが。
そういえば、日本って、世界で一番ロボットが多い国ですが、その中でも特に数が多い、自動販売機と券売機は、候補に入りますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新幹線(旅客専用の高速鉄道)は、実際に現在への影響度はかなり高いと思います。

インスタントラーメンは実は私も候補にあげようかどうか迷いました。
コンビニ・宅配便はなるほどです。とくに日本では出現する前と後で一般的なライフスタイルがかなり変わったと思います。

お礼日時:2010/03/28 10:30

 広い意味ではインターネットの分類に含まれる


のか知れませんが、忘れてならないのは、
ここを見ている皆さんが確実にお使いの
この「ブラウザー」です。

 1991年にヨーロッパのセルン内の
研究者によって作られたこのブラウザー
ソフトなくしては、現在のインターネットの
爆発的普及と、社会の変革はなかった
わけですから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビクトリア時代の性道徳

今までの読書経験から、
ビクトリア時代の性道徳が特別厳格だったような印象を持っているのですが、
事実だとしたら何故なのでしょうか?

Aベストアンサー

それは違います。
特に厳格ではありませんでした。

ビクトリア女王自身は
堅苦しい重厚な人物で有名でしたが、
帝国の後継者たるべき
孫のアルバート公は売春婦から
梅毒をうつされた話は
切り裂きジャックの逸話と共に
有名です。

国内の工業化とともに
都市労働者相手の風俗産業も
発展しました。

ビクトリア時代は大英帝国の最盛期で
表面上は高いモラルを誇っていましたが
現実には腐敗がはびこり、
差別や搾取、二重基準が用いられた時代でした。

別に当時のイギリスの性風俗が
特に低かったわけではありませんが
同時代の水準と大差ないレベルで
都市化が犯罪率をあげたりしたので
人々の心は荒み、道徳規範は揺らぎました。

この時代の性風俗のメッカは
(公娼制度のあった)
ブリュッセルやアムステルダムとかパリとか
大陸の大都市のほうが有名ですが
イギリスでもこの時代から
エロ写真とか猥画が普及した時代でもあります。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qインターネットの発明が社会に与える影響力は、以前の発明と比べても強力か?

以前に発明された鉄道・自動車・飛行機・電話・テレビに比べて、
インターネットの発明が社会に与える影響力のほうが強力か?
それとも同じ程度か?
よく考えても私には分かりません。

Aベストアンサー

インターネットの発明自体は鉄道・自動車・飛行機・電話・テレビと同じ程度だと思います。電話もその前に電信があり、電話が無くてもインフラとしては電話と同等のことができましたので、電話のインパクトがインターネットを上回ることはないと思います。

ネットはたしかに「双方向」という多大な影響力がありますが、テレビができた当時は「映像を含む多量な情報を沢山の人に同時に送れる」ということに色めき立ちました。テレビカメラさえあれば、人が行かなくても多量な情報を得られる、というのはそれだけで驚きでしたし、同時に多くの人たちに情報を送れる、と言うのもものすごい利点でした。

鉄道も実はその前に「道路」という発明があってのことです。自動車のほうが前提として道路が必要だ思う人も多いですが、自動車は馬と同じである程度まで道がなくても進めます。砂漠なんて走り放題でしょう。
 
 道路を始めて戦略的に活用したのはローマ人だといわれていますが、かれらは道路を規格化し大量の軍隊と物資を早く確実に運ぶ方法を編み出したといえます。つまり物流の基礎を作ったわけですが、その「物流をより効率的に行う」ために発明されたのが鉄道です。嫌な例ですが、ドイツ敗戦後、シベリア鉄道はソ連軍兵士を対日本戦の準備のために大量に輸送しました。これができたからロシアはシベリアをいまでも維持できるわけです。

インターネットもこれらの技術の土台の上にある技術という点では、それぞれの発明のインパクトと同等であるといえます。
ただインターネットを使った様々な発明まで入れると、かなり大きなインパクトがあるといえるかもしれません。

たとえば、AirbnbやUberなどは既存の業態を破壊する可能性を秘めています。宿泊に関してはローマ人が道路を作り宿を整備して以来「ホテル」の形式は2000年間進化はしても革命的な変化はありませんでしたし、タクシーについても世界中のタクシー会社が危機感をもつぐらいの変化を起こしています。

鉄道なども駅ができてそこに町が生まれるとか、鉄道線にそって電信(のちに電話)を引くなど、大きな変化を帯び起こしましたが、インターネットの与える変化は早く・広く・そして根源的です。

インターネットの発明は蒸気機関の発明による産業革命に比類する、とよく言われますが、たしかにそういう側面はあり、200年後ぐらいの時代からみたときには、はっきりとインターネット以前と以後に時代区分が分かれるでしょう。

インターネットの発明自体は鉄道・自動車・飛行機・電話・テレビと同じ程度だと思います。電話もその前に電信があり、電話が無くてもインフラとしては電話と同等のことができましたので、電話のインパクトがインターネットを上回ることはないと思います。

ネットはたしかに「双方向」という多大な影響力がありますが、テレビができた当時は「映像を含む多量な情報を沢山の人に同時に送れる」ということに色めき立ちました。テレビカメラさえあれば、人が行かなくても多量な情報を得られる、というのはそれだけで...続きを読む

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qショットで飲むとは?

クラブに行くと「ショットやる子おいで~」と声がかかることがあって、お酒の強い子たちは飲みに行ってしまいます。
私はお酒が弱いのでそちらへは近づかないのですが、
ショット…って何をしてるのですか?

Aベストアンサー

こんにちは

ショットグラスでアルコール度の高いお酒を一気飲みする行為です
自分がショットバー通い時代,よく流行っていたショットガンは
スピリタスというウォッカを半分,ソーダを半分入れて
手の平で蓋をして,テーブルにこつんとワンシェイク
ソーダの泡が消えるまでに一気に飲み干すというものでした
ちなみにこのウォッカ96°という強烈なものでした
言葉の意味としては,ショットガン≒一気であると思います
日本では「一気,一気,一気・・・・」とコールしていたものですが
アメリカでは「ショッガン,ショッガン,・・・・」と徐々に早く
コールしていた記憶があります
アメリカの方では,ショットグラスという限定は無く
ビールなどでもやるみたいですが
日本では余りお目にかかれない方法でやります
日本は,ジョッキでゴクゴクいくのが定番ですけど・・・・
アメリカの若い人は,缶ビールで・・・・
方法は新品の未開の缶ビールの底に近い側面に
ナイフを突き刺しグリっと回して穴を開けます
そして,穴に口をつけて準備完了
「レディ,ゴー」で開けていなかった蓋を一気に開けるのです
すると,空気が入り,自分の意思とは,うらはらに
ビールが一気に口の中へ流れ込んでくるのです・・・・
そのときにショッガン,ショッガンのコールが・・・

当時の自分なら「ショットやる子おいで~」と声掛けられたら
ショットグラスで飲むだけ(一気でなくてですよ)のイメージですけど
最近は,一気をする飲み比べのことを言うのでしょうね
クラブだから洒落っ気もないといけませんから「ショット・・・」
でしょうね「一気やる子おいで~」では,クラブの品も下がるでしょうから!!

こんにちは

ショットグラスでアルコール度の高いお酒を一気飲みする行為です
自分がショットバー通い時代,よく流行っていたショットガンは
スピリタスというウォッカを半分,ソーダを半分入れて
手の平で蓋をして,テーブルにこつんとワンシェイク
ソーダの泡が消えるまでに一気に飲み干すというものでした
ちなみにこのウォッカ96°という強烈なものでした
言葉の意味としては,ショットガン≒一気であると思います
日本では「一気,一気,一気・・・・」とコールしていたものですが
アメリカでは「...続きを読む

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q大学院のみの偏差値が分かるサイト、および本

タイトルの通りです。
大学の偏差値、レベルを扱ったサイトや本などは探せますが大学院のみの偏差値、レベルを扱ったサイトや本が探し出せません。
ご存知の方みえませんか?

Aベストアンサー

大学院にそもそも偏差値なんて存在しません。
レベル的には学部のレベルを概ね考えてもいいかもしれませんが、あてになりません。
例えば私立で学部の偏差値があまり高くない大学でも、
大学院になると、教授が手のひらを返したように厳しくかつ、専門的になることが多いのも原因の1つです。
学部が楽だったからという理由で院に進んだ友人が、
教授の豹変振りにビックリして、1流してしまいましたし……^^;

それに大学院は同じ学部でも教授によって専門が違います。
なので大学毎どころか師事する教授によって学べることが全く違うのです。
その中で模試を行うというのもナンセンスですよね?

言わせて貰えば、大学院入試は就職試験と同じようなものです。
会社の偏差値が載っているサイトなんてないですよね?
そういう感覚でとらえてくだされば分かり易いのではないでしょうか??

まず、自分が研究したいことを研究していらっしゃる先生を探す、そこからが院試の始まりだと思います。

Qもし世界に一つの言語しかなかったら

もし世界に一つの言語しかなかったら、どのような世界になると思いますか?課題で、このテーマについて考えてみたのですが、なかなか想像して考えたことが少なく困っています。皆さんの想像した世界を参考にしながら、自分の考えた世界を書こうと思うので、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

  言葉の壁が「薄く」なるのは必須でしょう。文化の発展度合いの違いから搾取が発生していたでしょう。搾取する側の発言が搾取される側には筒抜けになり易い分、搾取される側の蜂起は容易くなるでしょう。人間に損得勘定がある限り、争いはなくならないと思います。

  言語はそれぞれの風土を踏まえて発展しているので、辞書に載せなくてはならない単語は増大するかと思います。海を持たない国では「津波」など知る訳もないし、使う環境がほぼ無いでしょう。極から遠くないエリアでは「シエステ」等の日中が暑すぎて動けない環境など肌に感じる事は出来ず。「夕立」は単なる「スコール」の類義語にしかならなくなるのでしょう。

  言語の壁が薄くなった分、差別も露骨な物が出てくるのでしょう。工業的発展を遂げたエリアは少なからず人件費が高くなっています。人件費の低いエリアから高いエリアに人が移動してきます。高いエリアに元々住んでいた人たちは職を奪われる心配が出てきます。そこに肌の色の違いがあれば「違い」として利用されるでしょう。言っている事がそのまま判ってしまうだけに、エリアによる習慣的な違いを根拠にストレートな差別が生まれて来る様に思います。現状、移民達はどれだけ高い教養を身に付けていても、技術を要求されない職に付くことが多く有るようですが、言語の壁がある為に「納得」しやすい環境であり、努力できる環境だと思われます。

  人の交流だけを見れば、個人的な繋がりは広い物になるのではないでしょうか? 恋愛然りです。恋愛対象の数が今よりグンと広がる訳ですね。となると、見栄えするルックスのエリアの人達(例・金髪碧眼人種など)がもてはやされ易いでしょう。では持て囃されないタイプの見た目の民族は?

  個人的な意見としては「現在より欲が顕わになった世界」の方が、「平和な共存」より近い気がします。妙な例えですが、恋愛中の男女、もしくは婚姻関係中の男女の関係に近い物ではないかと。お互い多少の知られたくない部分が人間にはあったりします。その部分を違う言語が露骨にさせていないだけに感じます。民族・文化の多様性が有るのが「ミソ」に感じます。時として全てが見えない方が穏かで居られる事もあるでしょう。

  チョット悲観的な見方になりましたが…(苦笑) まあ、単一言語であった昔の日本国内でも平穏とは言い難かったでしょうし――と当方なりの想像を巡らせて見ました。言語が一つになるように、人の心も一つの方向を目指して進めたら素晴らしいですよね。

  言葉の壁が「薄く」なるのは必須でしょう。文化の発展度合いの違いから搾取が発生していたでしょう。搾取する側の発言が搾取される側には筒抜けになり易い分、搾取される側の蜂起は容易くなるでしょう。人間に損得勘定がある限り、争いはなくならないと思います。

  言語はそれぞれの風土を踏まえて発展しているので、辞書に載せなくてはならない単語は増大するかと思います。海を持たない国では「津波」など知る訳もないし、使う環境がほぼ無いでしょう。極から遠くないエリアでは「シエステ」等の日中...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報