よく同じ車種の同じグレードなのにATとMTで馬力が違うのはどうしてなのでしょうか?(AT260ps、MT280psなど。)車についてあまり詳しくないので簡単に教えてください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

多分、kaopakeさんが例にあげられているのはNSXかと思います。

(ホンダは特にATに対して積極的にエンジン特性を合わせる傾向があるようですね。逆に日産などはあまり従来は行わなかったようです。エンジン屋とミッション屋の仲が悪いから?これからはAT部門が別会社化されたのでもっと連携が悪くなるでしょうか・・・)
NSXが念頭にあるようなのでちょっと違う理由も書いておきます。

この違いは、ATの変速数による変速特性に合わせる為ばかりでは有りません。
MT、ATが例え同じ変速数でも高出力高回転エンジンの場合、本来ATにとっては同じ状態で酷使されるのは壊れる壊れないという面で辛い状態なのです。
そう言った場合、ATは意図的に変速ポイントを低い所に設定し、本来であればそれに合わせエンジンはその低い変速転よりも更に下にピ-クトルク点を持ってきます。(まわらない回転域に一番おいしいところがあてもしょうがないですから)
結果的にはミッションの対トルク耐性にやさしいエンジンになりますが、回転とトルクの掛け算である馬力はMTのそれよりも低くなります。
(こういった当たり前なことをしないのが前述の日産で、発売当初のハイパ-CVTとSRエンジンの組み合わせはスチ-ルベルトまわりの耐久性を守るために変速点を低めに設定すCVTに対し基本エンジン特性がMTのままな為、スポ-ツ走行するとエンジンおいしいところが使えず欲求不満に陥るという悲しいものになってました。)

MTはギヤで力を伝達している為、材料を替える、ギヤの一番弱い部分の歯元の強度を上げる後処理をするなど比較的小さなスペ-スに押し込むミッションでも高出力に対応する術があります。
ところが耐力の上げにくい摩擦構造と強度の上げにくい歯の小さなギヤで構成する遊星歯車の塊のようなATは基本能力を非常にアップしにくく、高出力車でMTと同じ土俵で使えるATを作ろうとすると馬鹿高いものになってしまいます。(スペ-スがあれば対トルク耐性を上げるのはそれほどお金のかかることではないのですが)

カタログ上では確認できませんが、同様の理由から発進時にフルにアクセルを踏んでも、回転数を押さえるという制御をしているAT用エンジンも有ります。
これはスト-ルトルクといって、トルクコンバ-タの特性(入力と出力の回転差が大きければ大きほどトルク増大率が大きくなる)から、発進時(入力=エンジンはまわっているが、出力=ミッション側の回転はゼロ)のトルクがあらゆる走行モ-ド内で一番大きくなる危険性が高いため、回転差を押さえる為に発進時のエンジン回転数を一定以下に押さえて必要以上に大きなATを搭載しなくて済むようにしているものです。(出力の小さな車の場合、スト-ルトルクが最高出力時よりも高めになりがちでこの制御を必要とします)

NSXもGTOくらい大きなエンジンル-ムがあれば発売当初からATでも280馬力で出してきたかも知れませんね。
(もっともGT0程度の低回転型エンジンならば元々問題無かったかもしれませんが)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。よくわかりました。
POWERのあるエンジンになると、扱いを重視してATはMTより低い変速ポイントに設定している。そのポイント近くにピークトルクをあわせてあるため、必然的に馬力は小さくなる。ということで理解しました。
#ちなみに例にあげたのはレガシィ GT-Bでの話です。

お礼日時:2001/04/01 13:16

私も以前は、rurさんと同じ様に、『AT車はエンジンと


トランスミッションの間にあるトルクコンバーターの部分で
パワーロスしているから馬力が低いんだろう』と思って
いました。ですが、そうではなく、車に積んでいない、
エンジン単体の段階で馬力が違うのです。どうも、ATに
合わせたエンジンチューニングをしているからなのだ
そうです。恐らく、MTの場合、ギヤは5速や6速あるので
変速時の回転数の差があまり大きくなく、繋がりの良い
状態なので、エンジン特性を高回転型(=高馬力)に
セッティングする事が可能であるのに対して、ATでは
4速が一般的なので、変速時の回転落差が大きく、あまり
ピーキーな特性のエンジンでは、扱いづらくなってしまう為、
最高出力を多少犠牲にあいても、トルクカーブなど、
エンジン特性が穏やかで扱い易いセッティングにしてある
のではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。わかりやすくご説明いただけて助かります。
扱いを重視してATはATの特性に合わせてチューニングしているようですね。

お礼日時:2001/04/01 13:16

MTではエンジンとトランスミッションの間にあるのはクラッチだけで、クラッチと言うのは動力の断続を行うだけのものです。

半クラッチの状態では急激な動力の伝達を避けるためエンジンのパワーを熱に換えて消費し、徐々に消費する量を減らし、ついには0に(クラッチがつながる)するように動作します。また、これらの操作は全て人が行いますので、多少低速トルクが不足していても、ドライバーの技量でカバーできますし、トランスミッション自体の段数も5速ないし6速と多いので、エンジン特性が多少ピーキーであっても、それがかえって乗り味と言った評価になることもあります。一方ATではエンジンとトランスミッションの間にあるのはトルクコンバーターであり、これはクラッチとはかなり異なった役目の装置です。エンジン側の回転数がミッション側の回転数より高い状態で動作し(ロックアップ状態では同一となる)その差が大きいほどミッション側に伝達するトルクが増大(入力されたトルクよりも大きくなる)するように働きます。ただしこの装置が効率よく働く回転数の差の範囲はそれほど広くはなく、高回転型のエンジンと組み合わせること自体が難しいのです。やればできないことはないのですが、のろのろと動くような時でもエンジンの回転をかなり上げないと、トルクの伝達がうまくいかず、渋滞の中などでは酷く効率が悪くなってしまいます。そこで、AT用に組み合わせる時は低速時のトルク特性を考慮し、多少デチューンすることになる場合が多いようです。また、ATではトランスミッションの段数自体も4速ないし5速とMTよりも少ないのであまりピーキーなエンジンとは相性が良くないのです。

また、スポーツモデルではシフト操作自体がスポーツモデルに乗る楽しみのと位置付けられていることも多分にあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。専門的な方のご意見をきけてうれしいです
ATのトルクコンバーターが効率よく働く領域が高回転型のエンジンになると難しいので、ATはATにベストな領域でセッティングしてある。それにより馬力に影響してしまっているのですね。

お礼日時:2001/04/01 13:17

こんにちは。

ほとんど専門ではありませんので、参考の参考で・・・。
ATとGMではエンジンの出力(パワー)がタイヤに伝わるまでの、仕組みが違うからではないかと思います。
GMはあくまで歯車の組み合わせで伝わりますが、ATは
オイルを使用したり、複雑な伝導装置の組み合わせで
伝わるからではないかと思います。
その伝導の段階でパワーが損失するから馬力が違うのではないかとおもうのですが~・・・・・
すみません・・この程度です。
ありがとうございました。
(回答に対する自信なしに◎です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有難うございました。
とんでもございません!
ご意見いただけただけでもうれしいです。たすかります。
上記の方々より、いろいろ説明いただきました。

お礼日時:2001/04/01 13:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMTとATの速さの差はどれくらい?

ちょっと興味があったので聞いてみました。
同じ車種、同じエンジンで、AT車とMT車ではMTの方が速いと思いますが実際はどれくらい差があると思いますか?
「0-400で0.8秒の差がある」とかじゃなくても結構です。
「ほんのわずかの差だと思う」とか「MT断然速いと思う」「いや、ホイルスピンが少ないからATの方がかえって速いよ」とか、みなさんの体験や意見を聞かせていただけたら嬉しいです。暇なときに回答ください~。

Aベストアンサー

 現在のATのプログラムは非常に緻密で、単純にエンジンの性能を使いきれるかどぅか?とゆぅ数値的な、或いはグラフで表せる様な比較でいくと、MTと遜色無いか、逆にATの方が有利です(sil80様、レッドゾーンまでエンジンを回して加速するだけなら、30年前のATでも出来ますよ)。

 ただ、ATはその構造上、トルクコンバータでのスリップがどぅしても必要になります。
 このトルクコンバータのスリップは文字通りトルクをコンバートしているワケで、滑っている間はトルクが増えているので動力性能上は有利に働きますが、如何せん滑りの発生を待たなければ有効なトルクが発生しないので、旋回中などでの微妙なスロットルコントロールは難しくなります。斯様な面では、速い/遅いはともかくとしても、あまりスポーティに感じないのは事実です。

 勿論これも最終的なチューニング次第です。現在のATはシフトショックを減らしたりメッタやたらと高回転までエンジンが回らない様にする(=音がうるさく、燃費も悪化します)為に、ややマイルド方向に制御が振られていますが、純粋に速さだけを追求した制御をかませると、MTより速いAT車を作るのも、それほど難しい事ではありません。

 実際レースの世界では、既に30年以上も前から競技用としてのATの使用が試みられています。
 現在のATの技術水準から考えますとMTを駆逐する事さえそれほど困難ではないと思われますが、現在のF1ではフルATの使用は禁止されていた様な記憶があります・・・・そこでとりあえずセミATでガマンするしかなかった、とゆぅのが真相でしょう。

 現在のATのプログラムは非常に緻密で、単純にエンジンの性能を使いきれるかどぅか?とゆぅ数値的な、或いはグラフで表せる様な比較でいくと、MTと遜色無いか、逆にATの方が有利です(sil80様、レッドゾーンまでエンジンを回して加速するだけなら、30年前のATでも出来ますよ)。

 ただ、ATはその構造上、トルクコンバータでのスリップがどぅしても必要になります。
 このトルクコンバータのスリップは文字通りトルクをコンバートしているワケで、滑っている間はトルクが増えているので動力性能上は有利に...続きを読む

QAT車にMT  乗せかえは可能?

AT車にMTを乗せかえることって可能なんでしょうか?

車種によるのでしょうか。

もし可能なら、いくらくらいなんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

技術的には可能だと思いますが、費用対効果の面では?です。
最初からMT車を探したほうが、はるかにリスクが低いです。

考えられる問題点は、小さなところではシフトコンソールの
形状不一致や、MT車専用のインパネ(ATシフトインジケータなし)
の交換や、クラッチペダルの加工取り付け、ECUの交換など、
ほかにも、かなり多くの改修を余儀なくされてしまいます。

また大きな問題点としては”車検不可”になるということ。
きっちり車検を通すためには、強度計算書などの必要書類を
そろえて構造変更検査を受けなければなりません。

そこまできっちりやるには莫大な費用となってしまうでしょう。

一声100万??なんてのもありえない額ではありませんね。

Qミッション乗せ替え時のCPUはATのまま?

AT→MT乗せ替えを考えていて先日ショップに問い合わせたところ、CPUはATのまま使用すると言われたのですが、何か問題は無いのでしょうか?以前どこかで「CPUがATのままだと段付きが出る」と聞いたような気がして・・・。
また、MT乗せ替え後にCPUをそのままのカプラ―でMT用CPUに差し替えても問題はないのでしょうか?車種は80スープラ前期型です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、

昔、車のチューニングショップに、勤めていたものです。
(今は、修理工場で、整備士です。)
いろいろな車を、AT車から、MTに、乗せ変え、CPUも、いじっていました。

AT→MT乗せ替えを考えていて先日ショップに問い合わせたところ、CPUはATのまま使用すると言われた、、件ですが、

やはり、私の、勤めていたショップも、そのままでした、、、
特に、普通の走行上、問題は、ありませんが、、、ATと、MTの、CPUでは、ATのCPUの方が、、点火時期が、高回転時に、MTに、くらべて、低く、抑えられています。つまり、ATのCPUの方が、、MTのCPUに、くらべて、高回転時に、のびが、ありません、、、

ショップとしては、CPUまでの、交換を、進めると、、チューニング総費用が、跳ね上がり、お客が、、減るので、、特に、問題がなければ、このまま、安く、車を、仕上げて、渡すということです。

とりあえず、、ATに、乗せかえして、後から、お金を、貯めて、MT用の、CPUを、取り付けると、いうのが、、かしこい、やり方だと、思います。

MT用の、CPUに、交換したら、違いが、分かりますよ、、、、

よろしく、お願い致します。

こんばんは、

昔、車のチューニングショップに、勤めていたものです。
(今は、修理工場で、整備士です。)
いろいろな車を、AT車から、MTに、乗せ変え、CPUも、いじっていました。

AT→MT乗せ替えを考えていて先日ショップに問い合わせたところ、CPUはATのまま使用すると言われた、、件ですが、

やはり、私の、勤めていたショップも、そのままでした、、、
特に、普通の走行上、問題は、ありませんが、、、ATと、MTの、CPUでは、ATのCPUの方が、、点火時期が、高回転時に、MTに...続きを読む

Qマフラーの二本出しにはどのような意味があるのでしょうか?

純正で二本出しにもかかわらず、社外で一本に変えても問題ないのでしょうか?
勝手に二本出しはDOHCなのかなと想っていたのですが、違う様ですね。「^^
静かなのはやはり純正でしょうか?
中古になるとうるさくなるのでしょうか?
マフラーに関していろいろと教えてください。
良い販売HPがありましたら、御紹介もよろしくお願いします。
今日、マフラーが落ちました。><

Aベストアンサー

純正の二本出しマフラーについてもうひとつ。
左右でそれぞれ内部構造が違うのもあります。
エンジンの出力が低中回転域の時は片方からしか排気しない、高回転域の時は両方から排気するというものです。
その理由は排気効率にあります。
例えば水の出るホースを思い浮かべてください。
蛇口からは同じ水量で垂れ流します。トロトロ~と流れているホースの口をギュッっとつまんで出口を狭めると、急に勢い良くなるでしょう?排気も同じなんです。
排気圧が低い時はパイプが細かったり出口が少ない方が効率が良いのです。しかし、排気圧が高い時はパイプや出口が大きい方が効率が良いのです。
純正はその辺を考えて、低回転域の時のトルク感の無さを解消したりしてます。特に排気量の小さいモデルはそうですね。
社外のマフラーはパイプも太いですね。あれは中高回転域に的を絞ってるからです。ですから逆に低回転域は不利なのです。街中では低排気量車はトルクの無さを痛感するかも(笑)
どんなチューニングもメリットとデメリットがある事を覚えておいてください。“両方イイとこ取り”って事は無いです。純正の状態が一番“妥当”な状態なのです。

純正の二本出しマフラーについてもうひとつ。
左右でそれぞれ内部構造が違うのもあります。
エンジンの出力が低中回転域の時は片方からしか排気しない、高回転域の時は両方から排気するというものです。
その理由は排気効率にあります。
例えば水の出るホースを思い浮かべてください。
蛇口からは同じ水量で垂れ流します。トロトロ~と流れているホースの口をギュッっとつまんで出口を狭めると、急に勢い良くなるでしょう?排気も同じなんです。
排気圧が低い時はパイプが細かったり出口が少ない方が効率が...続きを読む

QVTECの欠点は?

 ホンダといえばVTEC、可変バルタイといえばVTEC、といわれるほど有名な技術のVTEC。Variable valve Timing & lift Electronic Control systemの略で、低中回転と高回転でバルブのリフト量およびタイミングを変化させ回転数全域で出力を発生するすばらしい技術です。
そんなVTECでも弱点はあるのでしょうか?どんな技術にも重かれ軽かれ多かれ少なかれデメリットがあるものですが、VTECに関しては耳にしたことがありません。
私が想像するのは(あくまで素人の想像ですが)、ロッカーアームが存在することで動弁系慣性重量が増加するのではないかというものです。いかがでしょうか?どなたかご存知の方いらっしゃいますか?VTECに弱点はない!というご意見でも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
僕が知っている中のいくつか紹介しますね。(タイプR系、S2000などに搭載されているエンジンの場合)
まず、VTECが作動するときに、トルクが抜けてしまうことです。
パワーグラフを見ても、切り替わり始めたところからガクンと谷が出来てしまっています。
これをエキマニを交換したり、点火時期をずらしたりして解消させるチューニングをよくするそうです。
僕のクルマはトヨタ車で可変バルタイなんてカッコイイものはついてませんけど、
レッドゾーンが5500rpmからの実用エンジンで3000rpmから一気にパワーが出ますね。
なんちゃってVVT-iです(笑)

また、ただでさえフロントヘビーなFF車に、重心の高いVTECを積むことで、ハンドリングに
悪影響を与えると言う欠点もあります。
でも、さすがは世界のホンダです。シャープで警戒感のあるハンドリングに仕上げています。
オイル管理も非常にシビアですね。ターボ車と同じくらいシビアに行っても良いと思います。

ロッカーアームが…というのもありますが、それらは既に解決され、超高回転エンジンに仕上げられて
いますので、もう欠点とは言えないでしょう!
色々とシビアなVTECエンジンですが、それだけ精密に作られているということです。
シビアにメンテナンスができなければVTECエンジン搭載車に乗る資格なんてないと思います。
乗り手を選ぶマシンを作るのはホンダだけじゃないかと思います。           by.HONDA FAN

こんばんは。
僕が知っている中のいくつか紹介しますね。(タイプR系、S2000などに搭載されているエンジンの場合)
まず、VTECが作動するときに、トルクが抜けてしまうことです。
パワーグラフを見ても、切り替わり始めたところからガクンと谷が出来てしまっています。
これをエキマニを交換したり、点火時期をずらしたりして解消させるチューニングをよくするそうです。
僕のクルマはトヨタ車で可変バルタイなんてカッコイイものはついてませんけど、
レッドゾーンが5500rpmからの実用エンジンで3000rpm...続きを読む

Q洗車してもすぐ汚れる・・・ もう嫌だ・・

黒の車に乗っています。

一応洗車は2週間に一度のペースでやっております。かーシャンプーで洗い、フクピカでWAXをかけます。しかし、雨が降るとまたたくまにヒョウ柄のような汚れがついてしまいます。ちなみに青空駐車です。

心情としてはいつもきれいな車に乗っていたいのですが、洗車ペースは2週間に一度くらいに抑えておきたいです。時間も取れませんし。

そこで愚問ですが、できるだけ手をかけず(カバーをつけるとかもなしで)セルフメンテナンスで黒の車を雨が降っても汚れがつかなくなるような方法はありませんか?
洗車時間は1~2時間くらいで2週間綺麗な状態を保てれば満足です。

Aベストアンサー

いつも洗車大変だと思います。
汚れの件ですが黒い車の宿命だと思います。
特に汚れと擦り傷に悩まされることが多いですね。
最近は親水性のWAXがあり、雨が降ると汚れが落ちるというものもありますが、雨上がりに埃が乗って乾いてしまうとどうにもなりません。

毎回フクピカでも良いですが、洗車時間の短縮と塗装の保護という意味ではポリマーコーティング等を施されたほうが良いように思います。
コートの皮膜が安定するまでは洗車を避けたほうが良いのですが、皮膜がしっかりと定着してしまえば水洗いだけで輝きも維持できますよ。
中型車なら1~2時間での洗車は余裕だと思います。
半年に一回メンテをしてもらってますが、洗車時間の短縮と塗膜の輝きには満足しています。

QNA車のトルク、パワーアップは?

 NA車での、パワーアップの手っ取り早い方法は何なのでしょうか?
 そんなに 大きなアップでは無く、しかも あまり費用をかけずに
 そんな方法はありますでしょうか。
 (多少 燃費が悪くなるのは別として)
 宜しく御願いします。

Aベストアンサー

一番簡単なのは軽量化でしょう。
1.軽量化
軽くなれば、トルク/重量比が改善され、燃費も良くなります。
ただし、強度に関わるようなパーツを抜くと、車の走行性能が落ちる上に寿命が短くなります。

2.燃調の変更
通常の車は燃費重視か安全性重視で燃調が設定されています。ECUを書き換えることが出来れば、それをパワー重視に振ることで性能向上が図れます。
http://cars.blog.eonet.jp/com/2009/10/ecu-c5b3.html
ただし、燃費が悪くなったり、エンジンの寿命を縮めることになります。

3.低フリクションロスオイル
粘度の高い高フリクションロスオイルを使うと、極わずかでしょうけどパワーは上がります。

お金をあまりかけないとなるとこのぐらいでしょうか。

手っ取り早いという意味ではボルトオンのスーパーチャージャーやターボが付けられれば話は早いと思いますし、確実にパワーアップできます。
ECUの書き換えと同じくエンジンに負担をかけるのは変わりませんが。

Qレガシィタイミングベルト交換費用

17年式のBPレガシィターボワゴンに乗っています。
今回走行距離が96000kmに達したのでタイミングベルトを交換しようと思い、ディーラーに見積もりを出してもらいました。
その結果が約12万円(工賃51480円+部品代68090円)でした。
過去のQ&A等見て、水平対向の交換は高いというのは分かったのですが工賃が5万円というのは見あたりませんでした。
詳細を書きますので妥当かどうか教えてください。
あと、この見積もりはディーラーで出してもらったのですがどこのディーラーに行っても共通価格ですか?
ディーラーによっても値段が違うとかはあるのでしょうか?
<技術料>
タイミングベルト脱着・交換 31200円
オイルポンプ脱着取付 8580円
クランクシール交換
ウォーターポンプ交換 7800円
カムシール交換 3900円
<部品代>
タイミングベルトアンドラベ 14800円
アイドラコンプリートベルト 6480円
アジャスタアセンブリベルトテ 10100円
アイドラコンプリートベルト 2710円
オイルシール 2480円
シールOリング 560円
シールOリング 700円
オイルシール 380円
シールOリングシリンダブロ 140円
ウォータポンプアンドガスケ 13300円
サーモアセンブリ 1840円
ホース 490円
ホース 450円
ホースクランプ 140円
ホースクランプ 160円
ホースラジエータインレット 1510円
ホースラジエータアウトレット 1630円
クリップ 1080円
クーラント6L 4500円
キャップアセンブリラジエータ 1300円
ベルト交換
ベルト 1660円
ベルト 1680円

17年式のBPレガシィターボワゴンに乗っています。
今回走行距離が96000kmに達したのでタイミングベルトを交換しようと思い、ディーラーに見積もりを出してもらいました。
その結果が約12万円(工賃51480円+部品代68090円)でした。
過去のQ&A等見て、水平対向の交換は高いというのは分かったのですが工賃が5万円というのは見あたりませんでした。
詳細を書きますので妥当かどうか教えてください。
あと、この見積もりはディーラーで出してもらったのですがどこのディーラーに行っても...続きを読む

Aベストアンサー

特に見積りの内容におかしいところは無いようです。
ただ、タイミングベルトの交換だけではなく、走行距離や年式からタイミングベルトを交換する際に同時にやっておけば将来的に工賃が節約できるということを考慮したフルスペックだと思います。

この車の過去の部品交換や点検修理履歴がわかれば、まだ必要の無い交換部品もあるかもしれませんが、スレ主さんが今後この車をどのように乗っていかれるのかを含めて相談されれば省いてもいいものも出てくると思いますが、滅多に分解しない部分ですので、高価でない部品は省かずに一緒に交換しておくことをお奨めします。

ボクサーエンジンは非常に特殊ですし、特にタイミングベルトはいくら新しいものと交換したといっても、長期間保管して劣化した新品のものと交換されたら元も子もありませんので、部品の回転率が高いディーラーでの交換をお奨めします。

通常の走行であれば、10万kmピッタリで切れるわけではないので、次回の車検時に交換されれば、値引が大きくなるかもしれませんよ。

Q超固いボルト、ナットをゆるめるコツ

先日、リアショックの外し方について、ご相談させていただきました。
その節は、多くのアドバイスをありがとうございました。


さて、その関連で、超固いナットに出会い、苦闘しております。


2010年式 SUZUKI GSX-R1000 リアショック下部にある、リンク機構を留めているボルト、ナットです。

走行中に外れでもしたら大変ですから、特に強く締め付けてあるのだと思います。
また、ネジロックも使われているかもしれません。
サービスマニュアルによると、これらのボルト、ナットの締め付けトルクは100[N・m]とのことです。

これが死ぬほど固く、びくともしません。
最大トルクが200[N・m]のインパクトレンチでも、びくともしません。
CRC556を染みこませてみましたが、相変わらずです。

手持ちのツールは、普通の長さのメガネレンチ、ソケットレンチがありますが、これらでも緩みませんでした。

そんな、超固く締まっているボルト・ナットをゆるめるコツや、ノウハウを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

インパクトで10秒くらい頑張ると案外緩んだりしますけど、それでダメなら40センチくらいのスピンナハンドルで一気に体重を預ける感じで、それでもダメなら1mくらいのパイプをスピンナハンドルに突っ込んで一気に。今までモノサスのバイクは何台かショックの交換をしましたけど、確かに固く締まってるけどインパクトかスピンナハンドルで全部緩みましたよ。頑張りすぎてバイク倒さないようご注意。

Q「修復歴あり」の中古車はやっぱり買ってはダメ?

こんにちは。
現在ある中古車の購入を考えています。近所の中古屋さんでとてもいい値段の車(VW ゴルフ)を見つけたのですが、よく調べてみると「修復歴あり」の車でした。
その他の状態、状態はよいものであり、エンジンルームも開けてもらい中を確認してみましたが素人の私が見たところ、フレームのゆがみ等は全くわかりませんでした。
別にゴルフで峠を攻めるわけでもないし、たまーに少し遠いところに出かけるかもしれませんが町乗り用ですし、「修復歴あり」という理由だけでお買い得の値段であるのならば、これでもよいのかなという気がしています。
店員さんは感じのよい人で残念ながらどのような事故であったかは店の方で把握できるわけではなく、車にどの程度の影響があるかはまちまちだろうが、店としては変な車は売りに出すことはない、しかし最終的には本人が試乗してみて影響がないことを確認するといいだろうと教えてくれました。
一般的に「修復歴あり」の車の中古車の購入は素人は避けたほうが賢明なのでしょうか?それともこだわる必要はありませんか? またどのような点に注意をすればよいでしょうか? 教えてください。

こんにちは。
現在ある中古車の購入を考えています。近所の中古屋さんでとてもいい値段の車(VW ゴルフ)を見つけたのですが、よく調べてみると「修復歴あり」の車でした。
その他の状態、状態はよいものであり、エンジンルームも開けてもらい中を確認してみましたが素人の私が見たところ、フレームのゆがみ等は全くわかりませんでした。
別にゴルフで峠を攻めるわけでもないし、たまーに少し遠いところに出かけるかもしれませんが町乗り用ですし、「修復歴あり」という理由だけでお買い得の値段であるのならば...続きを読む

Aベストアンサー

単刀直入に…今回はパス。。。です。

初めから"アリ"ときちんと表示されている事からお店自体はそんなに悪そうな印象は受けませんね
しかし今回の事例ですと、1.事故(修復内容)が不明である。これは非常に痛いです
修復内容によって千差万別ですからね
ちなみに中古車の修復歴とは、フロア・ルーフ・ピラー・フレーム…等のいわゆるモノコックの部分に交換、修復などが入っている車を指します。ですので、ドアやフェンダー(前)、ボンネット等の交換や修復は含まれません
要するに、修復歴アリ=それなりに大きくぶつけていると判断できます
ただ、例えば私の車の場合ですと、ほんの少しぶつけただけですが、当りどころが悪く不幸にも修復歴アリになってしまっています(ぶつけたのは私です…)しかし、走行上あまり関係のない部分であることや事故自体が小さかった事や事故後すぐに修理を行っている事などから実用上は全く問題のないレベルになっています
もし、このような車両でしたら"買い"かも知れませんが、普通に考えてこのようなケースは極稀だと思います。
普通は、ボディまでダメージが及ぶような事故は"それなり"にやっていると判断した方が賢明でしょう
修復内容がハッキリすれば判断もしやすいですが、内容が判らないのはちょっと恐い気がします
車に相当詳しい方でしたら程度の判断も付くでしょうが。。。

もちろん、"ナシ"であっても修復歴の定義から考えると、両手を上げて安心と言う訳ではないのですが

単刀直入に…今回はパス。。。です。

初めから"アリ"ときちんと表示されている事からお店自体はそんなに悪そうな印象は受けませんね
しかし今回の事例ですと、1.事故(修復内容)が不明である。これは非常に痛いです
修復内容によって千差万別ですからね
ちなみに中古車の修復歴とは、フロア・ルーフ・ピラー・フレーム…等のいわゆるモノコックの部分に交換、修復などが入っている車を指します。ですので、ドアやフェンダー(前)、ボンネット等の交換や修復は含まれません
要するに、修復歴アリ=それな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング