倒壊寸前の物置で夏目漱石の初版本などの古くてレア(っぽい)本をたくさん見つけました。
物置自体がいつ倒壊してもおかしくないですし、私は内容さえ読めれば図書館でも新刊本でも気にしない、古書に執着しないタイプなので、ちゃんと評価してくれる古書店があれば売却したいと考えています。
どこか、千葉市周辺で頼めば引き取りに来てくれそうな古書店をご存知ないでしょうか。
(間違えても評価してくれそうにないのでブックオフ、ブックキングなどはご遠慮くださいませ)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 今晩は。


 相応にここでの回答もされていることから、初版というのが全くの誤認だとは思いませんが、念のために確認します。漱石の著書は大方が明治40年から大正5年辺りまでに刊行されています。例えば有名な『こころ』は大正3年、岩波書店から出されました(その1年半ほどのちに死去します)。それらの本は間違いなく初版でしょうか?
 ここで例に出した『こころ』の場合、初版は品物がほとんど無いようです。3年ほどして改装版が出ていて、こちらは品物があります。
http://www.kosho.or.jp/public/book/detail.do?tou …
http://www.kosho.or.jp/public/book/detail.do?tou …
大体2500円というところでしょうか。
 もちろん初版の方がずっと高いだろうという推測は当然でしょう。漱石なら人気も高いでしょうし、初版のような特別なものなら売れ行きは悪くないと考えられます。

 ただ「千葉市周辺」というのが問題です。都合はあるかと思います。ですが、千葉市周辺に有名な本屋があるという話は聞いたことがありません。ブックオフ等を当初から除外するのと同様に、その種の本が向かない(=専門外)店に持ち込んでもやはり駄目なのです。その店に売れる当てが無ければ、どうしても買値も安くなります。
 ですから、面倒でもやはり神田の相応の店に話をするべきです。このような本の山なら、品物の写真を見てもらうだけでも話が進む可能性は高いでしょう。本当に良いものならそれほど遠いわけではありませんから、喜んでトラックを飛ばしてきます。
 回答は一応ここまでにします。
    • good
    • 0

ご自分は気にしないけど、初版本などレア物では?というのが出てきたという話ですよね。


ええ、ブックオフは評価してくれないでしょうね・・・・。
あそこは新しくて綺麗なのが一番の価値ですから、従来の古本屋的な価値評価はしませんよね。

回答にならなくて申し訳ありませんが、
電話帳で古書店を探して問い合わせてみては?
HPを持っていない店でも電話帳には出てたりしますので。
http://itp.ne.jp/

あとはたとえば、
古本 引き取り 初版
で検索とか。
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%8F%A4%E6%9C …
  ↓
検索結果の中から、これは千葉市花見川区にある店だそうです。
あずさ書店。良さそうな感じがしますけど、どうでしょう。
http://www.furuhon8.com/
    • good
    • 0

役立たずな答えですが...。


古本なんかゴミと一緒です。
古書店はゴミに価値を与える装置であり、それをタレントとして食っているわけですから、買い取るときは安ければ安いほどいいわけです。ましてや漱石なんかは超人気作家ですから初版の刷り部数が当然多いですから稀少価値もありません。
レアっぽいだけでレアではないです。本当のゴミです。
著者署名入りなんかだとちょっと事情は変わってきますが。
ブックオフは価値があるものならばどの店でも同じ価格で買い取ってくれます。
そこが古書店と違うところで、目利きみたいなものはなくて需要と供給の関係で、
買取価格が決まって、販売価格も決まっています。
本当のゴミならば買ってくれません。
試しにお持ちになられたらゴミかどうか分かります。
役立たずな答えですいません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夏目漱石の比喩について

夏目漱石が作品の中で、縫い進む針が闇の中で時折ひらめく、みたいな比喩を使っていた記憶があるものの、出典がわかりません。
後期三部作のどれかだったような気がするのですが……。
お心あたりのある方、ぜひご教示ください。

Aベストアンサー

前期三部作『それから』五 の真ん中より少し前
「ただ独り夜を縫うミシンの針だけが刻み足に頭の中を断えず通っていた事を自覚していた」

違っていたら、探し方をお教えします。
 「検索」で 「それから 靑空文庫」を開く、左上のメニュー「編集(E)」→「このページの検索」をクリック。すると「検索」マドが開きます。そこに「針」を入力し、次へ(前へ)をクリックします。場合によって「オプション」指定。「それから」以外のばあいは別の作品名を入れて検索してください。

Q江戸川乱歩の本 初版でしょうか?

実家の本棚を整理していたら江戸川乱歩全集が数十冊あり、
その中で「怪奇四十面相」の巻末に
発行昭和46年7月20日とだけ記載されていました。
初版とは書いてなかったのですが、これは初版の本でしょうか?

Aベストアンサー

No.2さんも書かれていますが初版は昭和39年4月です。

下記URLはポプラ社『少年探偵 江戸川乱歩全集』の初出発行年で、
昭和40年代は重版記載を省略しているそうです。
http://www.geocities.co.jp/Bookend/6946/ranpo-juve.html

全46巻のうち27~46は江戸川乱歩でない代筆で、現在は全26巻になっています。
ゴーストライターの作とはいえ、小学校の図書館で馴染んだ懐かしい作品ばかりです。
初版でなくても旧シリーズには20冊が「現在入手不能」という付加価値があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B7%9D%E4%B9%B1%E6%AD%A9
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B7%9D%E4%B9%B1%E6%AD%A9

Q夏目漱石を読むなら・・・

夏目漱石を読んで文章能力を上げたいのですが、
文章表現が上がりそうな夏目漱石の小説は何でしょうか?

Aベストアンサー

物語構成としては「それから」「坊ちゃん」
修辞学的には「草枕」「それから」
文章練習には「文鳥」

まったくの個人意見です。

Qこの本は初版?

古い本で、「 昭和46年2月20日 印刷」 「昭和46年2月25日 発行」と本の末に記載されています。この本は初版でしょうか?ちなみに初版の文字は記載されていません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通、初版の本の「奥付」には、わざわざ「初版」と書きません。「第二版」が出るのは、「初版本」に誤植などのミスがあった場合、内容に変更が生じた場合などに版を組み替えて出すのです。(ちなみに版を組み替えずに増刷だけする場合は「初版 第二刷」と表記されます。)
したがって、初版を出すときに第二版が出るかどうかはその時点では解らないので、「初版」と表記しないのです。
特に、最初から時間とともに内容が変更・追加になりそうだと推測されるような本ですと「初版」と入れる場合もありますが。
ご質問の書籍の場合、このことから「初版」であろうと推察されます。
(初版以外の第二版などで、それを明記しないと言うことも考えにくいので)。

Q夏目漱石の千円札

千円札が夏目漱石から野口英世に代わりましたが、
何年経っても夏目漱石の千円札は使えるのですか??

Aベストアンサー

もし10年経っても存在してたらつかえます
PS日曜日にここ最近お目にかからない2千円札を、見ました

Q絶版の本が神保町の古書店オンラインで探せますか

こんにちは。
『辰濃和男の天声人語 自然編』(朝日文庫刊)という文庫本を探しています。当地の書店で検索したら、取り次ぎも版元も在庫無しでした、’93年刊という古い文庫本なので無理からぬ事かもしれません。
以前、TVのニュースで見たのですが、神保町の古書店が提携して、古書のオンライン検索システムを立ち上げているらしいですが、URLをご存じの方がおられましたら、御教示下さいませんか。
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

楽天フリマで3件ほど出てるようです。

http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=5&v=2&g=200162&sitem=%C3%A4%C7%BB%CF%C2%C3%CB%A4%CE%C5%B7%C0%BC%BF%CD%B8%EC%A1%A1%BC%AB%C1%B3%CA%D4&submit=セヲノハク。コ・oid=000

参考URL:http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=5&v=2&g=200162&sitem=%C3%A4%C7%BB%CF%C2%C3%CB%A4%CE%C5%B7%C0%BC%BF%CD%

Q夏目漱石は森鴎外をどう思っていたか。

お世話になります。
森鴎外と夏目漱石、ともに日本を代表する作家です。
森鴎外のいくつかの小説には、夏目漱石の名前もしくは夏目漱石をモデルにしたと思われる人物が出て来て、森鴎外が夏目漱石を一目置いていた事が分かるのですが、逆に夏目漱石は森鴎外の事をどう思っていたのでしょうか?2人の間には交流はあったのでしょうか?
そのような事が分かる本などは有るのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、漱石と鴎外では、実際の年齢に五歳、差があります。
しかも、漱石が執筆活動に入った時期、鴎外はすでに押しも押されもせぬ大家の位置にあったことを、まず押さえておくべきでしょう。

漱石は明治二十四年、帝大の学生だった当時、正岡子規宛に以下のような内容の手紙を書いています。
--------
鴎外の作ほめ候とて図らずも大兄の怒りを惹き、申訳も無之(これなく)、是(これ)も小子嗜好の下等な故と只管慚愧致居候(ひたすらざんきいたしをりそうろう)。元来同人の作は僅かに二短篇を見たる迄にて、全体を窺ふ事かたく候得共(そうらえども)、当世の文人中にては先づ一角ある者と存居(ぞんじおり)候ひし、試みに彼が作を評し候はんに、結構を泰西に得、思想を其学問に得、行文(こうぶん)は漢文に胚胎して和俗を混淆したる者と存候。右等の諸分子相聚(あつま)つて、小子の目には一種沈鬱奇雅の特色ある様に思はれ候。(八月二十三日付け:引用は江藤淳『漱石とその時代』第一部から)
--------

鴎外は明治二十三年一月、『舞姫』を、同年八月『うたかたの記』、明治二十四年一月に『文づかひ』を発表しています。

後の漱石、当時はまだ金之助であった彼が読んだ「二短篇」がなんであったかは明らかではありませんが、この冒頭から、二作品を読んで高く評価した漱石に対して、子規が、それはおかしい、と反論した背景があったことがうかがえます。

江藤淳は『漱石とその時代(第一部)』(新潮全書)のなかで、鴎外の作品は、前年に帝大の英文科に入学してからの漱石の状況を考えながら、この手紙を以下のように解釈しています。

-----(p.202から引用)-----
「洋書に心酔」し、しかもそれを意志的・知的に理解しようと努力するうちに、いつの間にか虐待されつづけていた金之助の感受性を覚醒させずにはおかないものであった。つまり鴎外の小説の「結構は泰西」に仰がれていたが、そこにはまごうかたなき旧い日本――金之助が英文学専攻を決意して以来置き去りにして来た「日本」があったのである。

……『舞姫』に描かれた才子佳人の恋は、舞台こそ独都ベルリンに求められていたが、ほかならぬ晋唐小説の伝統を「文明開化」の時代に復活させた恋である。金之助が鴎外の「二短篇」に見たものは、いわば崩壊しつつある旧い世界像の残照であった。その光を浴びた彼の衝撃がいかに深かったかということは、のちに金之助が英国留学から帰国して発表した小説、『幻影の盾』と『薤露行』に痕跡をとどめている。この二短篇の雅文体の背後には、ほぼ確実に『舞姫』や『文づかひ』の鴎外がいる
------

つまり、漱石が英文学の研究から執筆活動へと移っていったのも、鴎外の存在があったことが、理由の一つであったと考えることができます。


後年、両者はそれぞれに、当時の文壇から離れた場所で、それぞれに仕事をするようになります。

このことを中村光夫はこのように指摘しています(『中村光夫全集』第三巻)。ここで「彼等」というのは、漱石と鴎外の両者を指しています。

-----「鴎外と漱石」p.160-----
おそらく彼等が表面冷やかな無関心を装ひながら内心激しい憤怒に燃えてゐたのは当時の文壇といふやうな狭い世界ではなく、むしろこの文壇をひとつの象徴とする或る社会風潮であつた。いはば彼等の誇り高い教養と抜群の見識とは、当時の我国民が無意識のうちに徐々に陥つて行つた或る根深い精神の頽廃を鋭く直観した。そしてこの抗ひ難い社会の風潮に対して勝つ見込のない敵意を燃やしてゐた。…

では彼等がここで生涯を賭して闘つた敵は何かと云へば、それは一口に云つて、近代欧米文明の一面的な輸入の結果たる所謂文明開化の時潮であったと僕は信じてゐる。…明治大正を通じて我国が存立の必要から強ひられて来た欧州文明の物質的側面の急激な輸入と、その結果として我国民の精神の深所に徐々に食ひ入つた或る微妙な歪みを指すのである。
-------

当時のふたりがなぜ交友をもたなかったのかは、さまざまな事情があったことと思います。

なによりも、漱石が専業作家として活動したのは、わずか十年であったことを忘れてはなりません。成熟するまでに時間がかかり、一人前になってからわずかな時間しか与えられなかった漱石は、自分の生命を削り取って作品に結実させていった、といっても過言ではありません。

二葉亭四迷没後、一時期は同じ職場に籍を置きながら、実質的には交遊がなかった二葉亭に対して、『長谷川君と余』(『思い出す事など』所収 岩波文庫)のように、実に心情にあふれた追悼文を残した漱石ですから、たとえば鴎外が自分より先に亡くなってでもいたら、間違いなく、何らかの追悼文を残したでしょう。

こういう位置にあった鴎外と漱石が、たとえ表面的には交遊がなかったにせよ、互いに反目したり、あるいは嫉妬したり、排斥したりということは、非常に考えにくいと思います。
漱石の弟子宛ての書簡にも、鴎外の名は散見されます。
ともに意識のうちにあったのは、日本や日本の文化の行く末であったことを考えると、互いに深い敬意を抱いていたと理解してかまわないかと思います。

まず、漱石と鴎外では、実際の年齢に五歳、差があります。
しかも、漱石が執筆活動に入った時期、鴎外はすでに押しも押されもせぬ大家の位置にあったことを、まず押さえておくべきでしょう。

漱石は明治二十四年、帝大の学生だった当時、正岡子規宛に以下のような内容の手紙を書いています。
--------
鴎外の作ほめ候とて図らずも大兄の怒りを惹き、申訳も無之(これなく)、是(これ)も小子嗜好の下等な故と只管慚愧致居候(ひたすらざんきいたしをりそうろう)。元来同人の作は僅かに二短篇を見たる迄に...続きを読む

Q本の○年×月△日 初版○○刷発行について

 本に書いてある○○刷とは何ですか?売れている本だとこの数字が増えていきますが、

例えば、1刷=1万部発行とか出版業界共通の単位なのですか。

 どなたか教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

本を発行するときにまず最初に刷ったものを「初版」といいます。
部数はとくに決まっていません。出版社の判断で決まります。
初版の在庫が少なくなり、かつもっと売れると考えられた場合に
増刷されます。これが2刷です。
この繰り返しで何度も増刷されていくと100刷などということに
なります。

増刷の場合も部数は決まっていません。3000部だったり1万部だったり
その書籍ごとに違ってきます。

出版社によっては2刷のことを「第2版」と記載しているところも
ありますが、基本的には内容に変更があった場合には「第2版」
「改訂版」などで、変更のない場合には「2刷」となります。

Q漱石全集と夏目漱石全集

「漱石全集」が岩波から、「夏目漱石全集」がちくまから出版されていますが、どう違うのでしょうか?
文庫本で小説は全部楽しく拝読いたしました。
興味が出てきて、漱石日記、私の個人主義を(これも文庫本)読んでいます。
今は、夏目漱石の価値観や思想観などちょっとしたことでも、もっともっと知りたい気持ちでいっぱいです。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 仰る「ちくま」が、ちくま文庫版と仮定して回答します。

岩波:正字。旧かな。文字通りの「全集」。

ちくま:新字。新かな。難しい漢字などはひらがなにしてある。文学と評論のみ。

 『漱石日記』は岩波文庫版でしょうか。これは、新字、新かな、難しい漢字はひらがなに直してありますね。
 『私の個人主義』は、講談社文庫版かな。

 漱石の時代の雰囲気を知り、あわせて全部を見たいのであれば、#1さんの仰る通り、やはり岩波の『漱石全集』でしょう。いちばん新しいもの(第1巻が1993年)か、ひとつ前のもの(第1巻が1984年)がいいと思います。

 それからですね、
 集英社『漱石文学全集』の別巻『漱石研究年表』は、漱石の行動を、一日単位で年表にしたすごい本です。
 また、
 ほるぷ『初版本漱石文学館』は、初版本を、装丁まで忠実に復元したものです。
 また、漱石の小説は、ほとんど朝日新聞に掲載されたんですが、当時の新聞を、挿絵ごと、そのまま写真版で復元したものもあります。ゆまに書房『漱石新聞小説復刻全集』です。

 漱石のひととなりを知るには、『書簡』がお勧めです。漱石は書簡の名手で、素晴らしい手紙を数多く残しています。岩波文庫の、抜粋の『漱石書簡集』から入ってみてもいいかもしれません。

 漱石の全集は、たくさん出ていて、その歴史は、日本の全集の歴史を象徴してるといわれているんです。これを書くのに、青英舎『漱石全集物語』を参考にしましたが、そんな本が出るほどなんです。

 復刻版は、かなり大きな図書館でないとないかもしれません。最初は、岩波版『漱石全集』か、岩波文庫の漱石作品がいいと思います。

 ご参考になれば。

 こんばんは。

 仰る「ちくま」が、ちくま文庫版と仮定して回答します。

岩波:正字。旧かな。文字通りの「全集」。

ちくま:新字。新かな。難しい漢字などはひらがなにしてある。文学と評論のみ。

 『漱石日記』は岩波文庫版でしょうか。これは、新字、新かな、難しい漢字はひらがなに直してありますね。
 『私の個人主義』は、講談社文庫版かな。

 漱石の時代の雰囲気を知り、あわせて全部を見たいのであれば、#1さんの仰る通り、やはり岩波の『漱石全集』でしょう。いちばん新しいもの...続きを読む

Q古本が買えるサイトか古書検索エンジンを教えてください。

中古の本を探しているのですが、amazonはクレジットカードを持っていないので買えません。スーパー源氏という古書検索エンジンを使ったのですが、ほしい本が見つかりませんでした。

他に、古本が買えるサイトや検索エンジンがありましたら教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私はいつもここのサイトで横断検索しています。
お店だけでなく、オークションも入ってますし、新刊も検索可能です。

http://book.cata-log.com/old/

時々、こちらも使ってます。

http://book.tsuhankensaku.com/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報