これからの季節に親子でハイキング! >>

実際にはないのですが、「急激に」と言う意味で「激的」と言う言葉があると仮定します。

「劇的」とは言うけど「激的」を使わない例を教えていただけないでしょうか?

例えば、
「この街は劇的に廃れてしまった」
と言う文は「急激に」と言う意味で「激的」と変えることができてしまいます。
それでは劇的と使っていても「激的」に変えることはできない例文はありますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

goo辞書によると「的」というのは接尾語というものらしくて、その用法は以下のようになっています。



てき 【的】
(接尾)
(1)名詞およびそれに準ずる語に付いて、形容動詞の語幹をつくる。
(ア)主に物や人を表す名詞に付いて、それそのものではないが、それに似た性質をもっていることを表す。…のよう。…ふう。
「百科事典—な知識」
「スーパーマン—な働き」
「母親—な存在」

(イ)主に抽象的な事柄を表す漢語に付いて、その状態にあることを表す。
「印象—な光景」
「積極—に行動する」
「定期—な検診」

(ウ)物事の分野・方面などを表す漢語に付いて、その観点や側面から見て、という意を表す。上(じよう)。

(2)人の名前・行為・職業などを表す語、またはその一部に付いて、それに対する軽蔑や親しみの気持ちを表す。
「泥—(=泥棒)」
「取—(=ゴク下位ノ相撲取リ)」
「正(まさ)—(=正雄・正子ナド)」
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/132589/m1u/% …
-------------------------------------------

(1)名詞およびそれに準ずる語に付いて、形容動詞の語幹をつくる。
(2)人の名前・行為・職業などを表す語、またはその一部に付いて、それに対する軽蔑や親しみの気持ちを表す。

この2つの用法以外に的を使った熟語はできないということにもなるのでしょう。

また、「激」は接頭語という種類らしく、
「(形容詞の語幹の上に付いて)程度や勢いのはげしさ・強さが普通ではない意を示す。」
と辞書に解説があります。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/58524/m1u/%E …

接頭語と接尾語だけを組み合わせると、どうも不自然になるようで、その意味で「激的」という表現は存在できないとお考えになるのが妥当のようです。
まさに、ご指摘になっているように「急激に」という表現にシフトなさるのが妥当でしょう。
その上で回答するとすれば、たとえば、
「急激な腹痛」「急激に冷却する」などといった表現はあっても、これを「劇的」に置き換えることは難しいかもしれませんね。
  
    • good
    • 0

”劇的に”と”急激に”とが意味的に異なっていることがこの質問の答えになると思います。


”劇的に”は”ドラマチックに”という意味で、単に現象が急速に変化するだけではつかわれないのです。
>この街は劇的に廃れてしまった
これはありでしょうが、「激的」という言葉がない以上、----激的に----とはいいません。
当たり前以前のことです。
>この街は急激に廃れてしまった
これはありだと思いますが、上記の文とは意味が少し異なります。

雲の形が急激に変化する現象は日常で見られますが、これを”劇的にカタチが変ったとは余りいいません。もちろんかつかつ言える場合もあるでしょう。例えば龍に似た雲のカタチがそのあと鷲の形になったとかいう例がそれだと思います。めったにないことです。劇的とは、なにか芝居がかったような、作為的なという意味があります。

劇的な事例では大体(ドラマに出来るほど)不自然な変化を伴ってはいますが、劇的であっても急激ではない長いスパンの変化(劇的な人生を歩んだ、とか)というものもあるんではないでしょうか。
ご参考まで。
    • good
    • 0

 直接の答えではないですが,質問の趣旨がよく分かりません。

「仮定します」と言うことですが,少なくともこのカテゴリーにはそぐわない質問だと思います。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

相撲 名前」に関するQ&A: レスリングの歴史。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q激的って言葉はありますか?

劇的って言葉はありますが激的って言葉はないですよね?

劇的ってのはドラマチックに変わったってことで、

例えばめちゃくちゃ綺麗な風景から汚い風景に変わる事は劇的とは言わないけど、もし激的って言う言葉があれば使えますよね。

こんな使い方できないですよね?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>めちゃくちゃ綺麗な風景から汚い風景に変わる事は劇的とは言わないけど、もし激的って言う言葉があれば使えますよね。

ないし使えません。この場合は激しく変る、激変という言葉があり、これなら使えます。劇変ともいうらしいですよ。

>こんな使い方できないですよね?

はい、出来ません。

Q「あくまで」「あくまでも」の意味

「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。


「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q食事は「摂る」「取る」どっちでしょうか?

タイトルの通りの質問です。
どちらの漢字が正しいのか悩んでいます。手持ちの辞書で調べてみたのですが、満足な回答が得られませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

goo辞書の例文にも書いてあります。(まる2の(7)です)
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C8%A4%EB&kind=jn&mode=0&base=1&row=0

Q「適確」と「的確」の違い

「適確」と「的確」の違いを教えてください。辞書では同義となっていますが・・・。

Aベストアンサー

No.4です。再び失礼します。
あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。

「適」と「的」の違いを考えてみます。
「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。
「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。

だから、意味がとても似ているのでしょう。

●適格・・・「格」は資格の格。「適」は「かなう」。資格に合っている、という意味。反対語は「失格」(「不適格」もありますね)。

●的確・・・「的」という字を用いていますので、「的を射た」あるいは「的を外さない」という意味。大事な点は押さえている(あるいは外していない)状態。いずれにせよ、「的」には面積がありますので、「ぴったり」(的の中心)から一定の許容範囲があります。

●適確・・・ほぼ「的確」と同義だけれど、あえて使い分けをするならば、「最善の」、「必要かつ十分な」という意味。法令用語としても、こう解釈すれば理解しやすいですね。あるいは、No.2様のご回答にある「適正確実」、「適切確実」と読み替えるのも一法。

http://www.bsmanner.net/2007/07/post-226.html
http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/kokugo/tebiki.html

http://www.nararoudoukyoku.go.jp/gaiyou/h19gaiyou/04.html
ちなみに、このサイトでは、「適確」を「適正かつ効率的」、「的確」を「迅速・適正」の意味で使用しているようです。もっとも、国語として吟味されたわけではないでしょうが・・・。(さて、「適確」と「的確」はどこにあるでしょう?探してみてください。笑)

No.4です。再び失礼します。
あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。

「適」と「的」の違いを考えてみます。
「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。
「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。

だから、意味がとても似ているのでしょう。

●適格・・・「格」は資格の格。「適」は「かなう」。資格に合っている、という意味。反対語は「失格」(「不適格」もありますね)...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む

Q男性は本気で好きな女性にはすぐ体を求めない?

女性です。(恋愛経験浅め)
男性の心理で実際にきいてみたいことがあります。

質問、「男性は本気で好意をもった女性には、すぐにセックスを求めない」とよくきくんですが、
これって実際どうなんですか?

好きならHしたいと思うのは自然なこと、
ただ、本当に好きな女性だから大切にしたい。(本気で好き=相手を思いやる気持ちがある)
とか、
すぐに求めるのは嫌われそう(それが目的と思われそう、ガツガツしてそう)だから…
つまり本当に好きだからこそ嫌われたくない、などの考えは確かに納得できます。

でも、

では逆に、互いに意識するようになって日は浅いけれど、もしくは正式に付き合う前に、抑えきれずにHになだれ込んでしまった(温度差はあったとしても、もちろん相手の女性の合意のもと)
というようなケースは、その相手の女性は男性にとって少なくとも「本当に好きな」相手ではない、
と理解したほうがいいということですか? 

例えば、男性がずっとその女性にずっと想いを寄せていたとしていて、
最近その女性と運よく近づけて……、さらに運よくいいムードになって…(強引な展開は大目にみてください)などといった場合でも、
それでも、チャンスに乗じてすぐ手を出してしまうような男性ならば、
その男性の「好意」は本物ではない。単なる遊びの延長、体目当てと思われてもしょうがない、
ということになるのでしょうか?(許してしまう女性への意見もあるでしょうが、今は置いといて)

男性と女性の気持ちにまだ温度差があるものの、男性が盛り上がってしまい、
女性が拒否しきれず、しかたなく(?)、という場合はとくに、
あまり相手の女性のことを考えていないかもしれないという点で、
確かに自己中心的で、その男性の想いには相手への思いやりがない=愛ではない
とスッパリ言ってしまえばそれまでですが、、それだけで割り切れるものなのか…

「本気」とは「愛」とはなんぞや、とか「好意」に本物、偽物があるのかと言い出すと、議論が違う方向にいきそうですが、そのあたりはおおらかに考えてくだされば…

なにはともあれ、実際に男性の意見、経験談、きいてみたいのです。
もちろん女性の方も、お願いします!!

女性です。(恋愛経験浅め)
男性の心理で実際にきいてみたいことがあります。

質問、「男性は本気で好意をもった女性には、すぐにセックスを求めない」とよくきくんですが、
これって実際どうなんですか?

好きならHしたいと思うのは自然なこと、
ただ、本当に好きな女性だから大切にしたい。(本気で好き=相手を思いやる気持ちがある)
とか、
すぐに求めるのは嫌われそう(それが目的と思われそう、ガツガツしてそう)だから…
つまり本当に好きだからこそ嫌われたくない、などの考えは確かに納得できます。...続きを読む

Aベストアンサー

30代後半既婚です。

まず、男は基本的にHをしたがり、体が目的です。好き嫌いは関係ありません。相手が素敵な女性ならなおさらです。
ただし、相手が大切に想う女性の場合、
”関係を壊したくない”、”大切にしたい”という理由で、すぐにはHを求めません。
なぜなら、早期にHを求めることは、関係を壊すリスク、と”体が目的で大切に思っていない”という誤解を招くリスクがあるからです。

バカな男はこのリスクに気がつかず、すぐHを求めます。

また、バカでない男も、相手が大切に想わない女性の場合であれば、”だめもと”でリスクを負って勝負(Hを求める)に出ます。

Hを求めるのは、
 バカな男+相手が大切
 バカな男+相手がどうでもいい
 賢い男+相手がどうでもいい
の場合です。なので、賢い男性かつ、大切に想われたい人と付き合いたいなら早期にHを求める男性は避けるのが正しい選択です。

賢い男性が女性を好きになると、Hをするためにその女性に尽くします。
⇒Hをするまでに尽くしてくれればその男性は賢い人、ということになります。

ご質問にありますが、賢い男性や、誠実な男性でも「過ち」はあります。
誠実な男性は、成り行きでHしてしまうと、つじつまあわせに尽くすようになります(根が誠実ですから)。過ちか作戦かの見極めは難しいかもしれません。

男の「好き」は「Hが好き」と聞いたほうがいいです。
(男性諸氏、暴露ご容赦)。

誠実か否かは、相手が好きか否かとは無関係な人間性の評価です。
ただし、「恋は盲目」なので、「恋」をすると評価を誤ることがあります。
正しい評価をしようとすると「恋」はできません。

「恋」は、評価を抜きにして相手に飛び込むことが醍醐味です。
損得ではなく、「好きになったもの勝ち」でしょう。

質問者様に良い出会いがありますように。

30代後半既婚です。

まず、男は基本的にHをしたがり、体が目的です。好き嫌いは関係ありません。相手が素敵な女性ならなおさらです。
ただし、相手が大切に想う女性の場合、
”関係を壊したくない”、”大切にしたい”という理由で、すぐにはHを求めません。
なぜなら、早期にHを求めることは、関係を壊すリスク、と”体が目的で大切に思っていない”という誤解を招くリスクがあるからです。

バカな男はこのリスクに気がつかず、すぐHを求めます。

また、バカでない男も、相手が大切に想わない女性の場合であれ...続きを読む

Aベストアンサー

正解は既に皆さんが述べていますので、私は一寸違った角度に付いて触れてみます。

両方とも「あかり」と読むからには、昔の日本人に取ってこの二つには区別が無かったと言うことが考えられます。漢字が入って来る以前にもし区別出来ていたら、当然違った言葉を使っていたはずですから。

そう考えてみると、日本語には他にも一杯そのような言葉がありますよ。例えば、「ひ」という言葉は、日とも火とも書きますが、訓読みが同じなので、昔の日本人には同じことだったのですね。他には「あめ」。これは天とも雨とも海とも書きますから、昔の日本人に取っては天と海は渾然としていて区別が無かったのですね。

他にも有りますから、ご自分で探してみるのも楽しいですよ。

この反対に、外国人には同じに見えても、日本人には違った物と認識される言葉も在ります。例えば、英語の「law」という言葉は、日本人は使う場所で区別して、人間に対して使う時は「法律」と言い、自然に対して使う時には「法則」と区別します。と言うことは、英語国民に取っては、法律と法則の区別が付かないと言うことですね。

言葉の使い方を見ただけで文化の違いや世界の見方の違いが分かってしまうとは、国語の勉強や外国語の勉強って面白いですね。

正解は既に皆さんが述べていますので、私は一寸違った角度に付いて触れてみます。

両方とも「あかり」と読むからには、昔の日本人に取ってこの二つには区別が無かったと言うことが考えられます。漢字が入って来る以前にもし区別出来ていたら、当然違った言葉を使っていたはずですから。

そう考えてみると、日本語には他にも一杯そのような言葉がありますよ。例えば、「ひ」という言葉は、日とも火とも書きますが、訓読みが同じなので、昔の日本人には同じことだったのですね。他には「あめ」。これは天とも雨と...続きを読む


人気Q&Aランキング