ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

Vシースカテーテルについて質問です。
心臓カテーテルのときに点滴が留置してあるのにVシースを入れる理由はなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

心カテの鼠径部の静脈のsheathの目的は二つあります


1.右室系の造影、圧測定
  心不全があれば、そのままSwan-Ganzカテーテルを留置することも.

2.病的徐脈のときのペースメーカ挿入
  検査に伴い完全房室ブロックとか出現することがありますから.

  あと急変時に太い静脈確保ができている方が安全だということもあります.
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そういう理由からだったんですね。理解できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/08 21:24

意味がわかりませんが、ソケイ穿刺の心臓カテーテル検査時に静脈にもシースを挿入するのはなぜか?という質問ですか?


静脈のシースをVシースとは言いますが、Vシース カテーテルという言葉はありません。

この回答への補足

すみません。
そのとおりです。
ソケイからの心カテーテル検査時に静脈にもシースを挿入するのはなぜか?という意味です。
よろしくおねがいします。

補足日時:2010/05/02 18:37
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人工呼吸器について (PPEPとPSについて)

CPAP時のPS(プレッシャーサポート)とPEEP(呼気終末時気道陽圧)の違いがよくわかりません。PSが吸気努力の改善のために最大吸気圧まで吸気を送る、そしてPEEPは呼気の終了とともに吸気呼気の弁を閉めて、気道内圧が大気圧に開放されないように圧力をかけることで、肺胞虚脱を防止し、機能的残器量を増加させる・・・とテキストなどではありますが、なんだかよく分かりません。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系の障害のため、自分の力だけで十分息を吸うことが出来ない患者さんのために、機械が圧力をかけて息を押し込んでやるという換気の方法ですが(そのため、サポートという名前になってます)、患者さんの自発呼吸を出来るだけ残して呼吸管理をしようとする最近のトレンドに従って、今ではSIMVと同様以上に広く用いられる換気法になりました。
なお、「気管挿管されている患者さんが気管チューブ越しに息を吸うときの抵抗を減らすために」という理由で、3~10cmH2OくらいのPSが従来日常的にかけられてましたが、実際にはチューブの細さや息を吸う速度によって抵抗が異なるわけで、最近の人工呼吸器にはTC/ATCという名称で吸気流速に応じてサポートプレッシャーを変化させる機能がついていたりします。また、もしかしたらあと10年くらいするとPSは過去の換気モードとなっており、そのころはPAVが一般的に行われているかもしれません(詳細はあえて割愛しますが)。
以上、先ずはご参考まで。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/nishi-kobe/masui/lecture.html

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系...続きを読む

Q心電図で「陰性T波」って何ですか?

とくに自覚症状はありません。(体力がないとは思います)
安静時心電図で陰性T波と書いてあり、気になります。
半年前くらいには、平坦T波といわれましたがとくに気にしなくていいよ。って医師に言われていました。
そういえば、数年前はやや徐脈って言われました。でも経過観察。

コレステロールはやや高めで、血糖値は正常です。BMI=23~24くらい。
まさか、動脈硬化になってきているとか?
食事は不規則で脂っこいの好きです。ファーストフードで済ませることも多いです。運度はほとんどなし。
休みの日は食べては寝ての繰り返し。ストレスは大。
競争心は強い方かなあ。

20代半ば。男性。

まさか、自分ってはやくも虚血性心疾患になりつつあるのでしょうか?
また、今の段階で生活を改善すると、心電図は正常化するでしょうか?

Aベストアンサー

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわからないので生活改善によってなくなるかどうかは断言できません。。。ただそれ自体はとてもよいことなので是非実践してください。
あとタバコですが10本×10年=100、ということで肺がんになる確率は吸わない人の2倍弱というところです。10年禁煙で非喫煙者並になります。

心臓は命に直結する器官ですから不安になりますよね。そういった不安が強いことで色々な症状が起こることもあります(心臓神経症)。「痛い気がする」というのもその可能性があります。
もう一度受診して医師に説明してもらったほうが安心できるかもしれませんね。

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわか...続きを読む

Q冠動脈バイパス手術の略語を教えてください

先日、冠動脈バイパス手術を受けました。
先生から頂いた手術計画書で6箇所バイパスをつけることは解りましたが、つける箇所が略語が多くその他が解りません。解る方教えていただけますか

CABG6枝(RITA-LAD,LITA-#12OM,LRA-HL,RGEA-#4AV,SVG-#4PD,SVG-D1)
術後CAGでRGEA-#4AVがflow competition

Aベストアンサー

下記HPが理解しやすい?

RITA、LITA、GEAは動脈の末梢側のみ、はがして冠動脈に縫い付けます。
SVGやLRAは、ごそっと丸ごと血管を取り出して、一方は上行大動脈に、片方は冠動脈に縫い付けます。

参考URL:http://www.sakai-iin.com/image/CAG.pdf

Q循環器病棟に入って数カ月の看護師です。

循環器病棟に入って数カ月の看護師です。

心臓カテーテル検査の前後の看護をすることになって、
勉強しているのですが。

ソケイ部から挿入した患者さまですが、
検査室でシースを抜いて返ってきた患者さまと、
病棟で抜く患者さまがいらっしゃいます。

検査のみであり、治療をする違いかな?
(検査のみであれば、ヘパリンの使用料は少ない)
治療するのであれば、ステントを入れるので、
シースの大きさが大きいのかな?
とも思いましたが、
先輩にそれだけではないと言われました。

勉強してこいと言われ、
ここ数カ月同じことをずっと勉強していますが、
本を探してもなかなか、そのことが明記した本も見つからず、困っています。

病棟では、
他のNSには、
答えをさらっと言って教えてあげている方が、
私には教えてくれなくて。

私が知らないことで患者さまに、迷惑をかけてしまう・・・
とあせっています。

ぜひ、看護に生かしたいため、
どうか知っている方がいらっしゃいましたら教えてくださいませ。

一般病棟で働くことが久しぶりであり、
元々は手術室で働いていたのですが、
手術室では心臓カテーテル検査は今までなく、
仕事もまったく違うため、
毎日勉強の繰り返しです。

循環器病棟に入って数カ月の看護師です。

心臓カテーテル検査の前後の看護をすることになって、
勉強しているのですが。

ソケイ部から挿入した患者さまですが、
検査室でシースを抜いて返ってきた患者さまと、
病棟で抜く患者さまがいらっしゃいます。

検査のみであり、治療をする違いかな?
(検査のみであれば、ヘパリンの使用料は少ない)
治療するのであれば、ステントを入れるので、
シースの大きさが大きいのかな?
とも思いましたが、
先輩にそれだけではないと言われました。

勉強してこいと言われ、
...続きを読む

Aベストアンサー

カテーテル治療後、CK値がピークアウトするまで再梗塞に備えて、シースを挿入したままにしているとおもいます。

CKがピークアウトしたら、カテ直後の再梗塞はないとの判断でシースを抜去していると思います。シースが入っていれば、再梗塞時の緊急の心カテがすぐできます。

QFFPやMAPとは?

 輸血の用語でFFPとかMAPってありますよね?あれっていったい何のことなのですか? 用語としてどこにも載っていないので…またこうした医療用語、略語の用語集、辞書の類でおすすめのものはありますか?

Aベストアンサー

下記URLの貼り付けで申し訳ありませんが・・・

◆新鮮凍結血漿(Fresh Frozen Plasma:FFP) ・ 採血後6時間以内に血漿を分離して-20℃以下で凍結保存した製剤。有効期間は採血後1年間で使用時は融解して用いられます。血液凝固因子の補給や循環血漿量の減少をきたす疾患などに使われます。

◆赤血球M・A・P(Red Cells M・A・P:RC-M・A・P) ・ 200・400mLの献血血液から遠心操作によって血漿及び白血球層の大部分を除いた後、赤血球を高品質に保存するための溶液(MAP液)を加えた赤血球製剤です。4~6℃で保存され有効期間は採血後21日間です。赤血球製剤の中で最も多く使われている製剤であり、血液中の赤血球の不足や(貧血等)、またはその機能が低下したときなどに使われます。

参考URL:http://www.bc9.org/word/word.html

Q血液浄化

病棟でHDを行うことがあります。
CHFは簡単に言うと血液中の老廃物を浄化して体内に戻す・・・?
CHDFはさらに除水ができるのですか・・・?
Kが高く、CHFをまわしたり・・・?
エンドトキシン吸着・・・。
血液浄化の全般に関することを教えてください。

Aベストアンサー

まず『ろ過、透析、吸着の違い』を把握してください。
大まかに言えば、
「ろ過」は物理的な網目で物質を取り除くこと
中分子量物質の効率的な除去に向きます。
「透析」は半透膜を用いた拡散の原理により物質を取り除くこと。小分子量物質の除去が可能です。
「吸着」は科学的な結合能などを利用して取り除くこと
特定の物質に限定して取り除くことが可能です。
http://www.skh.saiseikai.or.jp/ce_eng/hd.htm
(質問の際は略号を避けるべきです。確実統一されている略号とは限りません。間違いを避けるためには必須です。)
CHFは持続的血液濾過
CHDFは持続的血液濾過透析です。
前者は差分を補うために補充液を追加します。
除水したければ補う量を減らせばいいことです。除水できるかどうかは違いにはなりません。二つの違いは『小分子量物質の除去(透析)の有無』にあります。中分子量物質の除去(ろ過)は共通です。
K(カリウム)は拡散で取り除くのが有効な小分子量物質ですからCHDFを用いる必要があるのです。

参考URL:http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/snp/3007_hd.html

まず『ろ過、透析、吸着の違い』を把握してください。
大まかに言えば、
「ろ過」は物理的な網目で物質を取り除くこと
中分子量物質の効率的な除去に向きます。
「透析」は半透膜を用いた拡散の原理により物質を取り除くこと。小分子量物質の除去が可能です。
「吸着」は科学的な結合能などを利用して取り除くこと
特定の物質に限定して取り除くことが可能です。
http://www.skh.saiseikai.or.jp/ce_eng/hd.htm
(質問の際は略号を避けるべきです。確実統一されている略号とは限りません。間違いを避ける...続きを読む

QLKって何の略語ですか?

いつもわかりやすい回答ありがとうございます。略語について教えていただきたいのですが、LKとは何の疾患のことなのでしょうか??

Aベストアンサー

答えは出ていますが肺癌です。参考サイトなどは参考になりますか?

http://trhome.med.u-tokai.ac.jp/contents/TC/ryakugo.txt

http://www.niji.or.jp/home/pivot/dict.html#A

なのです。詳しくありませんが、この業界(医療)はドイツ語と英語がそれぞれ使われているようです。例えばNSCLCなどですね。非小細胞肺癌:non‐sma
ll‐ cell lung cancerの略です。英語ですね。

Q心電図、ペースメーカーについて(向精神薬も)

循環器病棟にて看護師をしています。

(1)病棟でよく「アタック」と聞きます。少し調べてみましたが「アタック」とは「ハートアタック=心筋梗塞」ととらえていいのでしょうか?もしくはAPやMIの胸痛をひっくるめて「アタック」というのでしょうか?正しい知識をお願いします!(病棟スタッフが正しく使っているかどうか疑わしくて・・・)

(2)「ポーズ」の定義を教えてください。「ロングポーズ」というのをよく聞きますが、何秒から「ポーズ」「ロングポーズ」というのか・・・

(3)ペースメーカーの電池交換の際、「ジェネレーター交換」といってます。ジェネレーター交換ということは電池のみならず本体丸ごと新品にするということですか?

(4)向精神薬に睡眠導入剤、精神安定剤があり異なることもわかりますが、使い方の違いがいまいちわかりません。「入眠困難→睡眠導入剤」「不穏→抗不安薬」ですが、精神疾患のないかたでも睡眠薬として抗不安薬を使っています。
また、不穏がひどいときはセレネース&アキネトンをつかいますが、これは抗不安薬ではないですよね?
デパス<リスパダール<セレアキという感じですか?

(5)最後に利尿剤のハンプについてですが、効果はラシックス&ニトロールとらえてよろしいですか?またハンプを持続投与しているかたでうっ血が悪化した場合、ラシックスをワンショットします。ハンプをワンショットせず、ラシックスをワンショットというのはハンプにニトロール効果があり急激な血圧低下を避けるためと考えてよろしいですか?それともただラシックスが安いからでしょうか?

質問多くすみません!よろしくおねがいします!

循環器病棟にて看護師をしています。

(1)病棟でよく「アタック」と聞きます。少し調べてみましたが「アタック」とは「ハートアタック=心筋梗塞」ととらえていいのでしょうか?もしくはAPやMIの胸痛をひっくるめて「アタック」というのでしょうか?正しい知識をお願いします!(病棟スタッフが正しく使っているかどうか疑わしくて・・・)

(2)「ポーズ」の定義を教えてください。「ロングポーズ」というのをよく聞きますが、何秒から「ポーズ」「ロングポーズ」というのか・・・

(3)ペースメーカーの電池交換の...続きを読む

Aベストアンサー

1)定義はありません。brain attackなら脳卒中ですし、循環器病棟ならuAPでの症状出現もアタックです。
2)定義はありません。が、3秒くらいからpauseといい、失神をきたしてもよさそうな6秒以上をlong puaseという事が多いです。
3)本体と電池部分は分離できず、一緒に交換します。
5)ハンプが効いたなぁという印象がある症例はほとんど経験がありませんが、ラシックスほどすぐには尿量を増やしませんし、ニトロールほどすぐに呼吸を楽にしてくれません。ネシリチドみたいになるのでは?と思っていますが、ハンプは米国ではほとんど使われていないようですから、問題にならないかも。

http://www.nankodo.co.jp/yosyo/xforeign/nejm/343/343jul/xf3430246.htm

Q低体温療法 バルビツレート療法について

何のために低体温療法を行うのですか?どんな効果があるのですか?低体温療法ってどれぐらいの期間行うのですか?低体温って大体どれぐらい低体温にするのですか?
何か副作用が無いのですか?
バルビツレート療法で使う薬剤はどのようなものを使うのですか?大体どれくらいの量を使いますか?また、バルビツレート療法の効果も教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

両方とも治療を行った経験のある医師です
体温療法は脳保護目的に重症頭部外傷、低酸素脳症、心臓外科手術等で行われています
バルビツレート療法は重症頭部外傷など頭蓋内圧亢進時またはけいれん重積などに対して行います

効果
頭部外傷に対しては34度程度の軽度低体温が平成6年ごろから日大の林先生を中心にさかんに行われました。外傷後組織障害の進展を抑制する、というもので、動物実験の結果などに基づくものでしたが、その後 臨床の効果についてはまとまった報告が出ず、議論のあるところで、効果はかなり限定的なものではないか、最近はやや敬遠されています
文献をお探しの際はゼヒ日付にもご留意ください。ここ数年のものと5~10年前では評価が大きく異なっている場合があります
具体的方法については以下の参考URLを参照してください
http://med2.sb.gunma-u.ac.jp/97/CC97/0507yamagishi.html
http://www2.kpu-m.ac.jp/~picu/nerve/ner-d.html
脳保護最優先の治療法ですから多くの合併症があります
肺炎 電解質異常 不整脈 イレウス(いわゆる腸捻転)肝機能障害 床ずれ等等

期間については経過(頭蓋内圧)次第では多少増減があるでしょう

心臓外科手術時はもっと体温を下げますし、期間も手術中だけです
効果のほうも確定的です
http://www.kokura-heart.com/2004live/seminar1b.html

バルビツレート療法については使う薬の種類の名前がバルビツレートなわけですが、
商標名ではイソゾール量は1アンプル250mgを導入時は2から4時間
維持期は8時間程度で静注だったとおもいます(手元に資料が無いので自信なし)
効果としては間違いなく頭蓋内圧は下がります。しかし、脳血流も減ってしまいます。
低体温よりは管理は楽ですがそれでも呼吸器管理は必要です
かなり信頼できるコクランデータベースによると、かならずしも結果を改善する効果は明らかでないようです
http://www.niph.go.jp/toshokan/cochrane/JP/REVABSTR/JP/jp000033.htm
けいれん重責についてはもっと結果は良いと思いますがそれでももともとが死亡率の高い疾患なのでここのケースで悪い結果になる可能性は少なくありません。
両方とも標準的治療となるにはあまりにも結果が出ていない治療法です。

両方とも治療を行った経験のある医師です
体温療法は脳保護目的に重症頭部外傷、低酸素脳症、心臓外科手術等で行われています
バルビツレート療法は重症頭部外傷など頭蓋内圧亢進時またはけいれん重積などに対して行います

効果
頭部外傷に対しては34度程度の軽度低体温が平成6年ごろから日大の林先生を中心にさかんに行われました。外傷後組織障害の進展を抑制する、というもので、動物実験の結果などに基づくものでしたが、その後 臨床の効果についてはまとまった報告が出ず、議論のあるところで、効果は...続きを読む

Q心電図波形について(フュージョン)

洞不全症候群、発作性心房細動の既往がある患者さんです。
ペースメーカーを入れており、24時間心電図モニターで経過を観察しています。
この前「フュージョン」ということばが出てきました。
本やネットを使って調べてみたのですが、「フュージョン」が何を意味しているのかよくわかりません。
ご存知のかた、よろしくお願いしします。

Aベストアンサー

フュージョンとは、この場合はペースメーカーによる心電図波形と自己心拍による心電図波形が融合したという意味です。ペースメーカーは自己心拍があると、心臓を刺激するための電気をださない抑制型が多く使用されますが、タイミングによっては自己心拍とほぼ同時にペースする(心臓を刺激するための電気をだす)時があります。その時に見られます。特に心配する必要のない所見です。。


人気Q&Aランキング