アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

靴に10円玉を入れると銅イオンが殺菌するといいますが、イオン化するのでしょうか?

少々湿った靴とはいえ、周りにあるのはほぼ空気ですよね?本当にイオン化するのでしょうか?マイナスイオンのように胡散臭い話と捉えたほうがいいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

10円玉を試したことはありませんが,銅の繊維入りの靴下をはいたことがあります.


私は,足の裏に汗をかく体質だというのはあるかもしれませんが,足が薄く青くなりました.銅の色です (染料が落ちたのではないということ).私でなくても汗は意外に馬鹿にならない量かいているうえ,電解質やアミノ酸や有機酸のような錯形成するような成分を含んでいます.なので,銅表面の酸化物がある程度溶けるんでしょう.10円玉を醤油で磨くときれいになるのと同じ理屈で.
なので,イオン化はすると,経験に基づいて言えます.
ただし,銅イオン自体に一定の抗菌力があること自体は事実ですけど,実際の条件で抗菌力としてどのレベルになるかまでは知りませんが.
    • good
    • 11
この回答へのお礼

錯体については考えもしてなかったです。汗とかだと純水に金属をつけるのとは状況が違うんですね。色で見えるほどイオンが出るとは面白いですね。機会があったら銅入りの靴下を買って遊んでみたいと思います(笑)。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/12 22:46

相当に余談ですが(笑)



万年水を張りっぱなしの水浴(ウォーターバス・たとえばロータリーエバポレーターに付属のやつとか)って、水がすぐに汚れてきて数日でドロドロになってしまいますが、10円玉を入れておくとドロドロになるのを若干抑えてくれます.とはいうものの、水を換えないと、やはりドロドロになりますけど.

靴のほうはよくわかりませんが、水に入れた場合には非常に微量ながらイオン化してくるようですよ.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

水中だと効果が目に見えるんですね。面白い体験談ありがとうございます。

お礼日時:2010/06/12 22:40

>マイナスイオンのように胡散臭い話と捉えたほうがいいですか?


基本的にはその通りだと思います。
しかし「実証」データは無いので、「嘘」だと決めつける事にはためらいがあります。
マイナスイオンは「何の事だか、意味が分からない」ので、「科学的」とは言えませんが、それとは少し違います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。うそだと断言するのも難しいですね。

お礼日時:2010/06/12 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銅イオン水溶液の作り方

100ppm銅イオン水溶液を1L作りたいのですが、どうすればよいのでしょうか?

ちょっと急いでいますので早急に回答をお願いします。

Aベストアンサー

100ppmということは0.1gの銅イオンが1L中に含有されていればよいわけですから、硫酸銅をもし用いるならば、
硫酸銅の分子量は159.61gでそのうちの銅が63.5gですので
159.61/65.1*0.1=0.245g
但し、硫酸銅は含有量が98%ですので実際は0.24gくらいでしょう。

Q銅イオンの消臭効果・除菌効果に関して

銅イオンが、消臭効果があるという商品がたくさんありますが、具体的にどのような過程を経て(どのような化学反応式?を経て)消臭されるのでしょうか?
確かに、効果が実感できる商品も多くありましたが、なんで?という疑問が浮かんで、気になってしまいます。
当方、あまり化学には詳しくありませんが・・・・・。
教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

銅イオンより銀イオンの商品の方が多い気がします。
基本的な効果は同じと思って差し支えないと思います。

銅・銀イオンには細菌の代謝を阻害する効果があります。
(要は酵素と金属イオンの兼ね合いになるのですが、詳しくない方はそういうものだと納得してください。一概に化学式で表せるものではないので)
これにより細菌が活動・繁殖できないため殺菌されて、悪臭を断つことができます。

あとこれはネットで見ただけなのですが、におい分子を酸化(水素結合をぶった切ると書いてあったような)・分解させることもできるようですね。

なお銀イオンは菌に対しては極微量で効果を発揮する反面、人体に取り込まれても塩素イオンなどと結びついて塩化銀などとして吸収されずに排出されるので無害…なはずです。

Q銅って体によくないですか

銅は昔、体内に入るとよくないと聞いたような記憶が
ありますがどうでしょうか?

というのは銅製のヤカンをもらったのですが健康的に
どうなのかなと心配しているからです。

アルミなどはアルツハイマーになるとか言われていますよね?

Aベストアンサー

銅さびの塊を食べるようなことをしたりすると中毒します。
礼としては.銅なべでカレーライス用カレー(酸性が強い)を煮て.翌朝食べて銅中毒。
銅の中に不純物が多い場合があります。銅の中に含まれる鉛が溶け出して鉛中毒(たしか.ぬれたまま保管し.表面に塩基性炭酸鉛の白い粉が吹いてこれを取り除かないで調理に使用)。

今は.面倒なのて.たしかすすめっきがされているはず。
使用されるすずは.98%鈴.残鉛の鉛含有合金で.鉛に注意。

Q銅のゴミ受けが臭います(錆びの匂い?)

銅イオンの効果で雑菌の繁殖を抑え、ヌメリや悪臭に効果があるという純銅製の排水口ゴミ受けを買いました。
底の浅いタイプでまめにゴミを捨てられるし、パンチングなので目にゴミが詰まる事もないし、いいものを買ったなと喜んでいたのです。
ところが使い始めて二日経った今日、妙に台所が臭うのです。
錆びくさいというか、カビくさいというか・・
サバのような青臭い匂いで、ちょうど昨夜、サバを料理したのでそのせいかとも思ったのですが、残飯からの臭いではありません。
シンク下でもなく、やはりこの銅のゴミ受けから強烈な臭いがしているのです。ちょうど銅の色が変わり始め、黒ずんでいるところなのですが、この錆びの匂いなのでしょうか。
銅はこのように匂いがするものなのでしょうか。
洗剤で洗って熱湯をかけたりしたら多少は治まる感じもしますが、また時間が経つと錆びくささがします。
三角コーナーも銅製のものを買おうと思っていたところなのですが、躊躇しています。
経験者の方、知識のある方のアドバイスをよろしくお願い致します

Aベストアンサー

 銅製ゴミ受けは経験ないですが銅鍋の経験で言えば、晩飯で銅鍋でシチューを作って冷ますつもりで朝まで置き忘れただけでも変色してサビてしまいます。
 銅鍋は使ったら、すぐにスミズミまで洗い残しなく洗い乾燥させないといけないので、レストランの厨房みたいに壁掛けにする必要があります。
梅雨時などは、棚に片付けただけでもサビたりします。
 なので、もしゴミ受けなら毎日洗って乾燥させるのは現実的には無理で、なんらかの表面コーティングをしていないと一日でサビて臭うと思います。
最も、コーティングした時点で、銅使っている意味はなくなりますが...。
 銅の抗菌性も銅鍋の水とか、水に銅をつけたらなら、それなりに効果あるでしょうが、濡れたり乾いたりしているゴミ受けだと排水(下水)自体にはヌメリ、悪臭、雑菌の繁殖には効果あっても、利用者自体には実感できるのは少ないように思います。
 緑青の毒性も発がん性や猛毒性はなく、日常にありふえた毒性・日常生活している以上避けれない範囲での危険性なので心配することはないです。
ただし、かと言っていくら発生してもいいと言うものではなく、除去できるものは除去して取らないようにするのが常識的な考えだと思います。

 あと、緑青はお酢に塩を入れて柔らかいスポンジで擦れば綺麗に取れます。取れたら洗剤でしっかりと洗ってください。
銅は使用を繰り返せば、赤っぽく変色して綺麗な赤銅色のツヤになれば緑青も比較的出にくくなります。
魚の臭みが付いたときは、柑橘類の皮で擦るといいですよ

 銅製ゴミ受けは経験ないですが銅鍋の経験で言えば、晩飯で銅鍋でシチューを作って冷ますつもりで朝まで置き忘れただけでも変色してサビてしまいます。
 銅鍋は使ったら、すぐにスミズミまで洗い残しなく洗い乾燥させないといけないので、レストランの厨房みたいに壁掛けにする必要があります。
梅雨時などは、棚に片付けただけでもサビたりします。
 なので、もしゴミ受けなら毎日洗って乾燥させるのは現実的には無理で、なんらかの表面コーティングをしていないと一日でサビて臭うと思います。
最も、コ...続きを読む

Q胴イオンと銀イオン

以前テレビで、「庭の水溜りなどにピカピカの10円玉を数枚入れておくと胴イオンの殺菌でボウフラが湧かない」というのを見ました。
イオンで殺菌というと、最近は銀イオンも流行ってますが10円玉でなくピカピカの銀製品を入れても同じようにボウフラを押さえることができますか?
もしできるのであれば、銀と胴どちらが殺菌力が強いのですか?
また、ボウフラが湧かないのは水自体に殺菌の力が付加されるからでしょうか?
(小学生に答えるぐらいの分かりやすい回答をお願いします。私アホなんです。。。)

Aベストアンサー

金属は、カルシウム、マグネシウムなどの軽金属と、銅、銀、鉛などの重金属に分類できます。いろいろ難しい話はあるのですが、ものすごく大雑把に言うと、一般的に軽金属は、生命活動に不可欠な物質が多く、重金属は、生命にとって猛毒になる物質が多いのです。
本来、金属は砂糖や塩のように水には溶けることはできません。しかし、ピカピカの状態でしばらく水道水につけておくと、「イオン」という状態に変わって、水に溶けるようになります。これは、水道水に含まれる「塩素」という成分の作用です。10円玉は銅貨なので、溶ける物質は銅イオンですよね。こうしてできた水に細菌やボウフラなどの微生物が繁殖できないのは、溶けた「銅イオン」のおかげなのです。
さて、ご質問の銀も、「銀イオン」の形で「銅イオン」よりもさらに強い猛毒となります。これが今流行のデオドランドスプレーの殺菌力の秘密です。それならば、10円玉よりも銀製品を入れたほうが、より強い殺菌力があるように思えます。しかし、銀は銅に比べ、イオンになりにくい性質を持っているので、水道水くらいでは、なかなかイオンになってくれません。なので、実際の殺菌力で比較した場合、10円玉の方に軍配が上がるのではないでしょうか。

金属は、カルシウム、マグネシウムなどの軽金属と、銅、銀、鉛などの重金属に分類できます。いろいろ難しい話はあるのですが、ものすごく大雑把に言うと、一般的に軽金属は、生命活動に不可欠な物質が多く、重金属は、生命にとって猛毒になる物質が多いのです。
本来、金属は砂糖や塩のように水には溶けることはできません。しかし、ピカピカの状態でしばらく水道水につけておくと、「イオン」という状態に変わって、水に溶けるようになります。これは、水道水に含まれる「塩素」という成分の作用です。10円玉は...続きを読む

Q銅イオンが植物に与える影響

はじめまして。
銅イオンを含む水を家庭菜園の野菜にあげて、それを食べても問題ないでしょうか?

背景としましては、家庭菜園の水遣り用に雨水をタンクに溜めて使おうとしているのですが、ボウフラの発生が気になっています。
ボウフラの発生を抑える方法を調べたところ
(1)磨いた10円玉を入れる
(2)金魚を入れる
を見つけたのですが、タンク内の水が枯渇することもあるので(2)は却下で(1)をやろうとしています。
そうすると、冒頭に書きました「銅イオンを含む水を植物にやってそれを食べても問題ないか」という不安が出てきました。

Aベストアンサー

銅というのは青身の魚とか魚介類に入っています。いろんなミネラルは体に必要です.
銅というのは青身の魚とか魚介類に入っています。
  http://blog.livedoor.jp/kenkou5/archives/8712502.html
  http://www.o2-capsule.net/drink03.html 
  http://plaza.harmonix.ne.jp/~lifeplus/bunnsi/no8.html

銅イオンが十分にあることが必要。
  http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/3030

植物からの銅イオンは問題無さそうですね. 幾ら食べても量は限られています.サプリだと取り過ぎは考えられます.野菜ならそういう心配はありません.

Q水虫に消毒用アルコールは効きますか?

水虫が左足にあります。病院で検査したところもっとも一般的(典型的)な水虫とのことです。指の間に水泡、足裏にぷつぷつ、かかとが硬くなってます。消毒用のアルコール(注射の時腕などを消毒するものと同じ)を患部に塗ると効くでしょうか。説明には「・・・や酵母菌等に効果あり。萌芽性菌(語句の間違いの可能性あり・・今ビンが手元にありません)には効果なし」と書いてあります。病院の薬をこまめに塗るのですがなかなか退治できません(6か月は塗りつづけた)。一時的にひっこむのですが・・・また、出てきます。なにか安価でよい薬はないでしょうか?

Aベストアンサー

エタノールは一応真菌に有効です。
しかし、これは真菌とエタノールが接触した場合(試験管内での実験など)のみです。
水虫は皮膚の奥に真菌が潜んでいますので、表面にエタノールを塗っても十分浸透しません。

通常の水虫であれば3ヶ月~6ヶ月程度抗真菌薬(水虫のお薬)を塗なければいけません。

お礼に「薬が切れるとほおって置く」とありましたが、治るはずがありません。水虫というのは細菌でなく真菌(カビやキノコの仲間)です。細胞分類上は人間の細胞に近く強力な薬が作れない(人間の細胞まで死んでしまっては薬にならない)のです。
しかし、最近の抗真菌薬は効果もよく、1日1回塗布でよいものが殆どです。
また、塗り薬に関しては最近市販された「ラミシール」や「ブテナロック」などは医療用と同成分ですのできちんと塗ればかなりの効果が期待できると思います。

塗り方としては、風呂上りなどの皮膚が柔らかいときによくすり込んで塗ります。また、2週間程度で症状がよくなっても完全に菌が死んでいませんから3ヶ月は塗り続ける事が重要です。

みなさんたいてい症状が治まると塗るのを止め、再発します。で、また薬を買いに来てくれます。何回でも。いいカモなんですね(笑)

見た目に症状がなくなっても毎日続ける事が出来るかどうかが重要なんですよ。

どうしても難治性の場合、内服薬もありますが、非常に高価ですし、まずは塗り薬を試してみてはいかがでしょう?
こまめに塗るのではなく、1日1回を毎日忘れずに!

エタノールは一応真菌に有効です。
しかし、これは真菌とエタノールが接触した場合(試験管内での実験など)のみです。
水虫は皮膚の奥に真菌が潜んでいますので、表面にエタノールを塗っても十分浸透しません。

通常の水虫であれば3ヶ月~6ヶ月程度抗真菌薬(水虫のお薬)を塗なければいけません。

お礼に「薬が切れるとほおって置く」とありましたが、治るはずがありません。水虫というのは細菌でなく真菌(カビやキノコの仲間)です。細胞分類上は人間の細胞に近く強力な薬が作れない(人間の細胞まで...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qカビ菌に対して殺菌力が強いのはどれでしょうか?

次の3つの中でカビ菌に対して殺菌効果の高い順に教えて下さい。1.消毒用エタノール、2.逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)、3.酸素系漂白(ワイドハイターなど)

北側の部屋の窓際のじゅうたんがカビで真っ黒の状態なので、健康上の理由からカビ退治をしようと考えています。手順としては上記3つのいずれかで殺菌の後、チアベンタゾニウム(カビのガード)などの防カビ剤をスプレーしようと思っています。(http://www.kabikyo.gr.jp/04_seihin/b_seihin03.html )

漂白作用が強いので次亜塩素酸ナトリウムは使えません。

カビ菌は真菌で糸状菌というのをあるページで見かけたのですが、逆性石鹸でも効果はあるのでしょうか?

安全性も高いらしいので塩化ベンザルコニウムを50倍くらいに希釈して使用できれば安価に殺菌できてベストなんですが、既にカビ菌で真っ黒な状態のじゅうたんに効果はあるのでしょうか?(カビで真っ黒なじゅうたんは有機物汚染されてる状態なのでしょうか?)。
このような状態でも塩化ベンザルコニウム10%溶液を原液でつかうなど濃度を高くして使用すれば殺菌効果はアップするのでしょうか?

又、消毒用エタノールは真っ黒の状態のじゅうたんにもある程度の効果はあるのでしょうか?

どれを使用してじゅうたんの殺菌をするか迷っています。どうかアドバイスをお願い致しますm(_ _)m

次の3つの中でカビ菌に対して殺菌効果の高い順に教えて下さい。1.消毒用エタノール、2.逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)、3.酸素系漂白(ワイドハイターなど)

北側の部屋の窓際のじゅうたんがカビで真っ黒の状態なので、健康上の理由からカビ退治をしようと考えています。手順としては上記3つのいずれかで殺菌の後、チアベンタゾニウム(カビのガード)などの防カビ剤をスプレーしようと思っています。(http://www.kabikyo.gr.jp/04_seihin/b_seihin03.html )

漂白作用が強いので次亜塩素酸ナトリウム...続きを読む

Aベストアンサー

カビに対しては、殺菌消毒するということにおいては、高度消毒剤の
グルタルアルデヒド、フタラール等しか効果は期待できません。

黒くなっているらしいですが、黒かびは、紫外線に対しても、
強力な耐性を持っていますので、日光でも期待薄です。

根本対策には、クリーニングに出すか、買い替えが良いとおもわれます。

Q銅の自然酸化

銅を一般大気環境下に放置しておくと酸化第一銅の皮膜が形成され
湿度が高ければ塩基性炭酸銅(緑青)が形成される
というふうに認識しているのですが
銅が酸化するときの最初の発端としては
銅表面に大気中の水が付着して
そこに銅イオン(一価)が微量に溶出し
溶出した銅イオンが酸素や二酸化炭素と反応する
という考えでよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

空気中の酸素と直接反応するか、
水により溶出するのではなく、銅に水分が凝結し、水に溶けている酸素と
4Cu + O2 → 2Cu2O
さらに酸化
2Cu2O + O2 → 4CuOと反応するようです(酸化還元反応)



ただ、実際には空気中にあるH2SやSOxなどの硫黄酸化物により酸化され
CuSやCuSO4が生成し、緑青を形成することが多いらしいです


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報