一般的に古文書類はどのような環境で保存管理されているのでしょう?

適温・適湿・保存状態など教えてください!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下記の施設では25度、55%程度と出ていますが、施設によって若干の違いはあるようです。


もう一つ重要なことは定期的な燻蒸です。

町村立クラスの資料館では保温・保湿・燻蒸設備が十分でないところも多いと思います。

一般の家庭で保存するときは、通気性がよく、カビの発生しないところを選び、かつ除虫剤をこまめに点検し、カミクイ虫の発生を抑える必要があります。

参考URL:http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/0219/maik …
    • good
    • 1

こんばんは


下記URLで簡潔にまとめられています。

その他、私の乏しい知識の中で付け足すとすれば、大切なものであれば直接手でふれない(手の脂をつけないように?)ように、薄手の綿手袋をはめて作業して頂く、更に大切なものであれば、マスクをする、という事ぐらいです。

参考URL:http://www.lalanet.gr.jp/shisetsu/npa/kouza/kanr …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

綿 手」に関するQ&A: 痔のまま出産って?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天皇家の古文書、古美術品などはどこに保存していますか?(近衛家の陽明文庫)

五摂家筆頭の近衛家では、陽明文庫があり、伝来の古文書(こもんじょ)、典籍、記録、日記、書状、古美術品など約20万点に及ぶ史料が保管されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%BD%E6%98%8E%E6%96%87%E5%BA%AB
一方で、天皇家にはこれをはるかにしのぐ貴重品があると思われますが、それらはどこに保存されているのでしょうか?
知られていない天皇の書状や日記など、国宝級のものがたくさんうずもれているのではないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

宮内庁書陵部には、44万点を超える蔵書があるとのことです。
資料の一般公開も行っているようです。
http://www.jinji.go.jp/sousai/004/004group1.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%86%85%E5%BA%81%E6%9B%B8%E9%99%B5%E9%83%A8
http://www.kunaicho.go.jp/syoryobu/eturanriyouannai.html

そのほか、宮内庁正倉院事務所で持っているものも、ずいぶんあるだろうと思います。
http://shosoin.kunaicho.go.jp/

Q古文書 読み 3/3

添付の文字が読めません。ご教示ください。

19. 御機嫌○恐悦奉存候 20. 乱○
21. 読○ 22. 金五両為取○候 23. 一、稲ハ一円生不○○麦粟稗

Aベストアンサー

22 為取之候(これをとらせそうろう)
23 一円生不申(いちえんはえもうさず)・・・〇〇は「申」1字です。

Q中世古文書のくずし字・島津と伊東の中間について

巻物に書かれている文字のことですけれど、あのくずし字は読むコツみたいなものはあるのですか?辞書で調べようがないほどくずれている字をよく解読できたなぁと関心しきりです。

それからかなり地域ネタで申し訳ないんですけれど、宮崎県日南市の南方にある串間市あたりの地域のことですけど、あのあたりは江戸時代には飫肥藩をはさんで内藤家かどこかの分家が治めてましたよね?なんででしょう?

Aベストアンサー

ご質問の後半について
たぶんそれは高鍋藩秋月氏のことではないかと思います。
秋月氏は元々筑前を治めていましたが豊臣秀吉の九州平定の際、島津側についたようです。その後降伏したため、秀吉は秋月種実を櫛間へ転封することによって力を分散させたようです。

以上ですがネタ本は、日高次郎著「宮崎県の歴史」,山川出版社,107ppです。
過年、興味があってたまたま持っていたのですが、思わぬ形で情報をお伝え出来、うれしいです。

Q古文書 読み

書面申訳相立御趣意ニ振○候儀も無之

○が読めません。ご教示ください。

古文書については全く独学で、ことあるごとに四苦八苦しております。
読めない字がある時、達人の皆様はどのようにして
解決されていらっしゃるのでしょうか。

Aベストアンサー

再度、失礼致します。
No.2の「廻」を撤回…m(_"_)m

下記では「振□」の箇所は「触レ」との解釈のようです。
『日魯交渉北海道史稿/岡本柳之助編/風月書店/1898』
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991612/165
<165/392>
…老中備後守忠精ヨリ書取ヲ以達セラレシモノ左ノ如シ

來月中魯西亞船函館ヘ渡來之節(節)、
伺之通其以前備後守箱館ヘ罷越、
持參之書面申譯ケ相立、
御主意ニ觸レ候儀モ無之候ハヽ不及伺、
捕置候魯西亞人幷…

以上 お騒がせしました。

Qこの古文書について詳しく勉強したい!お勧めの解説書はありますか?

江戸時代の「寛永十二年 霜月十日ニ被仰付候条々」という古文書で、老中や六人衆の仕事にいてのことが細かく書かれているものです。

この古文書についてわかりやすく解説されている本がございましたら教えてください。

というよりも、古文書の解説書はふつう、いくつもの古文書がその中で解説されているものだと思いますので、「わかりやすくて、『寛永十二年 霜月十日ニ被仰付候条々』の古文書が収録されているもの」がありましたら、紹介して下さい。

日本史はまったくの専門外である上に、古文書の解説書を購入するのも初めてです。
どの解説書が詳しくてわかりやすいのか、また、収録されている古文書を調べるにはどうしたらよいのかが検討がつきません…

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちわ。直接の解答ではありません。アドバイスです。
>江戸時代の「寛永十二年 霜月十日ニ被仰付候条々」とい>う古文書で、老中や六人衆の仕事にいてのことが細かく書>かれているものです。

だけでは、情報が少なすぎだと思います。
おそらく、何かの史料集を見られたのだと思いますので、その史料集の名前を書いたりしたほうが答えが得られると思います。
また、もしも本物ならば、どのようにして手に入れたのかとかいきさつを書いたほうが回答が集まると思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報