出産前後の痔にはご注意!

電気保全には、電気修理の意味も含まれているのですか?
機械保全に対して、電気保全という言葉がありますが、定義はなんなのか教えて
もらえないでしょうか?
私の推測では、設備や機械の電気部分の、保守(定期的に点検などをし、痛んだ部分は、メンテナンスすること?)、故障したときに修理、管理 など 電気設備・機械を安定的に稼働させること全てを
含んでいるのかな?と 考えています。
私は、現在、電気機械・設備の修理業をしており、自分の仕事を電気保全といってもいいのか、どうか
悩んでいます。
私のところでは、点検は基本的には実施せず、修理のときに、部品の劣化に気がついたら、お客に
提案して、交換等のメンテナンスとしています。

以上、すいませんが、教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

電気保全ではなく、電気製品保全。

つまりメンテナンス。修理サービス。
電気保全であるなら、保安協会などの強電の保全。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
言葉の定義って、むずかしいですよね

参考とさせてもらいます。

お礼日時:2010/07/11 10:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q設備保全を学ぶためのわかりやすい入門書、サイトなどあれば教えてください

現在工場のラインで働いていますが、私が機械関係の学校を出ていると言う事で、設備の保全を出来ないかと言われています。

興味がありますし、責任のあることなので是非やりたいと思っています。
学校を卒業して何年も経つので機械の知識自体もだいぶん忘れていますし、学問の機械工学の知識と実際の設備の知識は違うと思います。

まずは学生の頃の教科書を引っ張り出してきて復習をしようと思います。

それと、設備に関しては実際に触りながら勉強する物だと思いますが、事前に勉強したいので、お勧めの入門書、サイトなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

#1です。

設備管理は、それぞれの設備機器のしくみを理解する必要があります。
まずは一覧表作りからはじめるとよいでしょう。
現在あったとしても、もう一度自分で理解できるよう作り直すことに
意義があります。

例えば、天井クレーン設備一覧を作成します。
工場毎に
クレーンNo.  設置場所  吊上荷重  設置年月 桁のスパン  
         東面   10/5t     /      m     

フック下揚程  検査証No. 検査証有効期限  固定資産No.
    m    1234      /      5678  

といった具合に作成してください。
盛り込む項目は最初は少なくても構いません。
クレーンの仕様書を見て理解できるもののみ盛り込んでください。
こうやって一覧を作ることにより、
3t以上のクレーンは性能検査が必要になるということ。
などクレーンのしくみが理解できるようになると思います。

最初は分からなくても一覧表を作りこむことにより、理解の第一歩に
なることは間違いないので、ぜひとも取り組んでほしいと思います。

#1です。

設備管理は、それぞれの設備機器のしくみを理解する必要があります。
まずは一覧表作りからはじめるとよいでしょう。
現在あったとしても、もう一度自分で理解できるよう作り直すことに
意義があります。

例えば、天井クレーン設備一覧を作成します。
工場毎に
クレーンNo.  設置場所  吊上荷重  設置年月 桁のスパン  
         東面   10/5t     /      m     

フック下揚程  検査証No. 検査証有効期限  固定資産No.
    m    ...続きを読む

Q工場設備の保全・管理について

第二種電気工事士の資格をもっているので、
その資格を活かせる仕事をと思い、ある求人サイトを見ていたら、
「第一種電気工事士または第二種電気工事士の資格をお持ちの方優遇」
と書いてある、工場設備の保全・管理の仕事を見つけたのですが、
工場設備の保全・管理って具体的にどういうことをするのでしょうか?
電気工事士のどういう知識が役に立つのでしょうか?
工場によって違うと思いますが、あなたの工場の場合どうなのか?
また一般論でも良いので教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>工場設備の保全・管理って具体的にどういうことをするのでしょうか?

 その工場の設備全般の保守、点検、管理です。
 自ら、行う場合と外注を使い実行する場合と両方有ります。
 設備は、電源設備、空調設備、生産設備、測定器、建物、ロッカー等何でも有りです。

>電気工事士のどういう知識が役に立つのでしょうか?

 二つ有ると思います。
 一つは、資格そのものが必要である。
 二つめは、資格を取得するために必要な知識を持っていること。

 二つ目の知識ですが、色々です。
 電気的知識のない人は、AC,DCもわからない、オームの法則もわからないと言うことがざらです。
 上記資格を持っていると言うことは、そういう電気的基礎知識を持っていると考えられます。(期待されます)

 例えば、新たな生産設備を増設するとします。
 この時、工場の保全者として、どのようなことをすればよいかと言うことが電気的基礎知識などない人にとっては見当もつきません。
 設備の大きさは→必要な設置スペースは、設備の必要な電圧、
 電流は→電源設備容量は、発熱量は→必要なエアコン等の容量は、等
思い浮かべ、調べ、設計する必要があります。
 そして、電源設備を設計する場合、どこのブレーカから引いて、容量は大丈夫か、途中に入れるブレーカの容量は、トランス容量は、使用するケーブル線種は、電気的知識がかなり要ります。
 次に実際の工事であれば、それが実行できる資格と技能があれば自らもできるでしょうし、外注にたのむ場合はそれらの電源設備仕様を説明できなければいけません。
 また、どのような工事にどのような資格が必要かも、資格を持っていればわかるでしょう。

 また、工場設備の故障に対しても、それなりの知識がないと、設備が故障かどうかもわかりません。とにかくメーカを呼んでみてもらうまで何もできません。
 ある程度電気的知識があれば、設備の切り分けができて、設備の特定の機器の故障と言うことまで特定できるでしょう。そうすれば、メーカに対しての情報も正確で、メーカはすばやい対応が取れますし、メーカが来るまでの間の応急処置(代品と取り替えるとか、そこだけ使用しないとか)が取れます。

>工場設備の保全・管理って具体的にどういうことをするのでしょうか?

 その工場の設備全般の保守、点検、管理です。
 自ら、行う場合と外注を使い実行する場合と両方有ります。
 設備は、電源設備、空調設備、生産設備、測定器、建物、ロッカー等何でも有りです。

>電気工事士のどういう知識が役に立つのでしょうか?

 二つ有ると思います。
 一つは、資格そのものが必要である。
 二つめは、資格を取得するために必要な知識を持っていること。

 二つ目の知識ですが、色々です。
 電...続きを読む


人気Q&Aランキング