AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

この和歌の訳をお願いします。
ちはやぶる神の斎垣にあらねどもなみのうへにもとりゐたちけり
この和歌は掛詞を使っているんですが、何と何をかけているんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

天皇が住吉へでかけたとき、和泉式部が、その自慢の娘、小式部の内待を連れてお供をしました。

武士たちが鳥を射ているさまを見て、天皇が「歌を詠んでみよ」と言われました。式部は、娘に詠ませましょう、と言いました。このとき娘が詠んだのがこの歌です。
たいした掛け言葉ではありません。鳥がたくさんいて飛び立っているさまを、「とりいたつ」というと、何か神社を詠んでいるようで(言葉が似ているのが)面白い、ということです。「鳥・居立つ」と「鳥居立つ」を掛けていますが、しゃれを自分で面白がるのは、ちょっと拙劣です。しかし子供のことなので「よくできました!」ということでしょう。母は「ダメ」と酷評しましたが、天皇が「まあいいじゃないか」と助け舟を出してくれたようです。
娘は後に、母にも負けない歌詠みになりました。百人一首の「大江山生野の道の遠ければ‥」のエピソードは、あまりにも有名で、こちらの掛け言葉は秀逸です。
    • good
    • 0

 「鳥」が「いる」と「鳥居」

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古今著聞集の口語訳について!

今ちょうどこの内容をやっているのですが、口語訳はあったのですが内容がよくわからないのでどのような話なのか教えてください!このような分です→和泉式部が、保昌の妻として丹後の国に下ったときに、京で歌合があったが、小式部内侍は、歌合のよみ手として選ばれてよむことになったが、定頼の中納言が、からかって小式部内侍に、「丹後へおやりになったという人は戻って参ったか。」と声をかけて、局の前を通り過ぎなさったところ、小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、
  大江山・・・大江山、生野という所を通って行く、丹後への道が遠いの  で、まだ天橋立を訪れたことはございません。そのように、母のいる丹  後は遠いので、まだ便りもございません。
とよみかけた。思いがけないことであきれて、「これはどういうこと。」とだけ言って、返歌にも至らず、袖を振りきってお逃げになってしまった。小式部は、このことから歌人としての世の評判が出て来たそうだ。 です。

Aベストアンサー

別の本によれば(「和歌威徳物語」)当時「小式部が歌のよきは、母の和泉式部によませて、ぬしになる」(小式部の歌の傑作は、母の和泉式部に作らせて、自身の歌としたものだ)という噂が広まっており、小式部は悔しい思いをしていたのです。そこに中納言が噂を真に受けて「小式部は自分でろくに歌が詠めないし母親の代作を頼もうにも遠い丹後にいるので代作が間に合わないだろうと気が気でないだろう」と邪推してからかったのです。

>これはどういうことといったのは誰なんですか?あ>と袖を振り切ったのは誰ですか?

原文をきちんと読んで下さい。
中納言が「つぼねの前を過ぎられけるを」とあり、さらに「思はずにあさましくて、こはいかに、かかるやうやはあるとばかりいひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられにけり」とあります。つまりこの文中に尊敬の助動詞「らる」が使われているのは中納言のみ。従って、「これはどうしたことだ、こんなことがあるものか」とうろたえたのも、逃げたのも中納言です。

>なぜ逃げたのですか?

原文に「思はずにあさましくて、こはいかに、かかるやうやはある」とあります。つまり小式部が即座に見事な自作の歌を詠んで返したことがあまりに意外だったので驚きあきれていたたまれなくなったということでしょう。

>最終的に小式部は母の代作をそのまま歌ったのではなく自分でアドリブでうたったのですか?

その通りです。

別の本によれば(「和歌威徳物語」)当時「小式部が歌のよきは、母の和泉式部によませて、ぬしになる」(小式部の歌の傑作は、母の和泉式部に作らせて、自身の歌としたものだ)という噂が広まっており、小式部は悔しい思いをしていたのです。そこに中納言が噂を真に受けて「小式部は自分でろくに歌が詠めないし母親の代作を頼もうにも遠い丹後にいるので代作が間に合わないだろうと気が気でないだろう」と邪推してからかったのです。

>これはどういうことといったのは誰なんですか?あ>と袖を振り切ったのは...続きを読む


人気Q&Aランキング