OCN光で最大124,800円おトク!

MTBタイヤの空気圧についての質問です。エアゲージつきのフロアポンプで空気を入れているのですが、なかなか指定空気圧までとどきません。指定空気圧になる前に、タイヤがパンパンになってしまいます。空気が抜けるツマミみたいなのもあり、それを締めてもやはりダメです。
タイヤの太さは2.3、チューブは1.9~2.125と書いてありました。この差が原因なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

何かがおかしいですね。



タイヤ幅2.3のMTBならストリートバイクかオールマウンテンでしょうか。
チューブも少し細身ですが、それが原因とは考えにくいです。

指定空気圧はそんなに高くないでしょうが、エアゲージが正常だと仮定して、エアが2キロ程度入ってくると指で押さえた感じでは結構固くなってきますよ。MTBタイヤで4キロぐらい圧が掛かって来ると、パチパチな感じになります。

>空気が抜けるツマミみたいなのもあり、それを締めてもやはりダメです。
この文章から、一瞬フレンチバルブかと想像したのですが、ジャンル的に2.3幅のタイヤを履かすバイクにフレンチは少ないです。

そして>それを締めてもダメです。と言う文から想像するにシュレーダー(米式)のバルブを増し締めしてもダメという事なのだと思います。

これらを総合的に考えますと、空気の入れ方については問題が無いようです。だとすれば、先にも書いた様に、感覚的なズレがあるのか、もしくはエアゲージが故障しているかの2点しか考えられません。実際にタイヤに空気は入っているようですので。

解決方法としては、やはり基準をハッキリさせる事ですね。要はエアゲージが正しいかどうか。その一点に尽きます。

確認方法としてはまず、自分がOKと思える範囲の空気圧を御所有のエアゲージで入れ、その空気圧を確認しておき、ご近所の自転車屋さん(またはバイク屋さん、ガソリンスタンド等)まで行って、何キロ入っているか確認する事ですね。

また専用のエアゲージを購入されるのもよいでしょう。エアはキッチリと測った方がよいですから。(ポンプのエアゲージはアバウトなモノが多いので。)

計測してゲージがあっていればよし。違っていてもその差を考えて入れれば、レースをするのでない限りストリートでは殆ど問題ないと思います。

余談ですがシュレーダー(米式バルブ)とは、バイクや車のタイヤと同じバルブです。文章から、フレンチでは無いと判断しましたが、もしフレンチだった場合、黒いプラスチックのキャップの下に出てくる滑り止めのついたツマミは、空気を入れるとき一杯に緩めておかなくてはいけません。(タイヤに空気は入っているようなのでフレンチでは無いと思うのですが。)そして、入れ終わった後はキッチリと右に回し、最後まで締めこんでください。

ともかく、一度別の計測器でお手持ちのポンプのエアゲージを確認された方がよいと思います。

参考になれば。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いろいろと詳しく教えていただき、とても分かりやすかったです。有難うございました。

お礼日時:2010/06/29 21:24

No4です。


一つ書き忘れていました。

空気圧の単位です。現在は主に4種類の単位が使われています。
* kPa >     キロパスカル
* PSI >    ピーエスアイ、またはプサイ
* BAR >     バール
* Kgf/cm2>     キログラムフィット
またエアポンプのゲージにも大抵は数種類の単位が表記されています。

タイヤに表記してある指定空気圧がどの単位で書かれているか判りませんが、指定空気圧の単位と、ポンプのエアゲージの単位は同じ単位で見なければいけませんね。単位を間違うと大変な事になります。

もしもタイヤの指定空気圧の単位がエアゲージにかかれて居なかった場合の換算です。

●1Kpa=0.01BAR=0.145PSI= 0.010197 kgf/cm?

●1BAR=100Kpa=14.5PSI=1.02kgf/cm?

●1PSI= 6.895Kpa=0.06895BAR =0.0703 kgf/cm?

●1 kgf/cm?=98.1Kpa=0.981BAR=14.2PSI

この様になっています。
タイヤ空気圧の単位も一度ごらんになってください。
参考になれば。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足をわざわざ有難うございます。参考になりました。

お礼日時:2010/06/29 21:22

まず、チューブが間違っています。


1.9~2.125のチューブは1.9~2.125の太さのタイヤにしか使えないので、
2.3のタイヤに適合する、たとえば2.1~2.5のように書いてあるチューブを使ってください。
この範囲はメーカーによっても違いますので、1.9~2.3のように、その範囲に2.3が含まれればOKです。

ただ、今回空気が入らないのとは別の問題のような気がします。
少々太さの合わないチューブでも、指定空気圧まで届かないということはあまり考えられないです。
チューブが伸びすぎて、ゴムの分子のすきまから空気が抜けていることも考えられなくもないですが、
まぁ、あまりないでしょうね。
(と思ったけど、チューブ自体が徐々に空気が抜けるスローパンク状態というのはあるかもしれません。)
いずれにせよ、正しい太さのチューブを使って、それでも指定空気圧に届かなければ、またご相談いただければと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりチューブにも問題があったんですね。パンク箇所が多いので、またチューブを買って来ようと思います。回答有難うございました。

お礼日時:2010/06/29 21:32

バルブがフレンチだと仮定して・・・私がやっている方法です。


他の質問の回答にもしたものと同じものです。
米式のバルブの構造を知りません・・・コツは、空気をちょっと抜いて、バルブを開ける作業が必要だというところです。もし、米式なら見当ハズレの回答になります…。
1.キャップをとり、中のバルブネジを一杯に緩める
2.真ん中のバルブを押して、空気が抜けるのを確認。
3.バルブができるだけ車輪の上の方に来るように車輪を回す。
4.空気入れの口金をバルブに奥までまっすぐ押し込む。
5.空気を入れる。最後の10センチくらいが一番空気が入るようなので、全体重をかけて押し込む。
6.繰り返し・・・
5000円くらいのゲージ付き空気入れを使っていますが、なんとか入っています
高圧になると口金が抜けにくいですが、口金を握って、手首をトントン叩くようにすると良いらしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

失礼しました。No.1の方にも書かせていただいたように、バルブは米式です。説明不足で申し訳ありません。回答有難うございました。

お礼日時:2010/06/29 21:29

空気が抜けるツマミと言うとフレンチバルブですかね?。

もしそれならばツマミを左に回し切るまで回してから空気入れのバルブを差し込むとゲージも動くはずですし空気も入ると思うのですが。
当方の勘違いだったら忘れてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

失礼しました。ツマミとはフロアポンプについているもののことで、バルブは米式です。回答有難うございました。

お礼日時:2010/06/29 21:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMTBの空気圧について

MTB競技にも出られるというMTBに乗っているのですが
、街乗り用です。26インチタイヤです。
タイヤの空気圧はどの程度にしたらいいのですか?
友人はカチカチにしろというので空気入れのメーター
で4気圧?近くまで入れてるんですが(空気入れの
押す部分が反発して返って来るくらい。)
バーストしそうで…。

Aベストアンサー

こんにちは、
街乗りならば友人の言われるようにカチンコチン!!!
ポンプはハンディタイプかな?
4気圧くらいじゃぁ絶対バーストしません(^^

ただでさえ太くて抵抗の大きいMTBのタイヤはカチンコチンにしないと路面抵抗が大きく疲れやすくなってしまいます。

QMTB エアサス調整 空気圧 調整など

MTBのROCKSHOK RECON エアサス ロックアウト付きのことで質問です
新しいフロントサスでやわらかい感じだったので硬くしたくて
サスに書いてある表示に 体重75キロは 85psiと書いてあったので 
サス専用ポンプを借りて メーターみて100psiまで入れました (ただポンプを抜いたときにプシュって空気が一瞬抜けた音が聞こえました)

入れてから1週間ほどしかったってないのですが ちゃんと空気が入ってなかったのでしょうか?

ロックアウト側にした状態でも 思い切り体重をかけると硬くなっているだけで完全にロックがかかっていませんが そんなものなのでしょうか? (ダンシング程度では動きませんが、全体重をかけてハンドルを押すと1センチほど動いてそのまま体重をかけて押し込むと下まで動きます)

ロックアウト エアサスの取り扱いで気をつけることがあればアドバイスお願いいたします
ショップは後ほど行きます・・

Aベストアンサー

No3です。
アンチエアーロス口金を規定通りに使えば、それほどエア圧が下がるとは思えません。
もう一度手順どおりに行ってみて下さい(メーカーによるのかもしれませんけど)。
また、返答からは判断できなかったのですが、エアゲージ付きですよね?
リーコンはソロエア(ポジティブ側のみ)のようです。
ポジ側(サスの上側のバルブに入れるエア)だったら100psiぐらいは楽に入ると思うのですが。

余談ですが、ロックショックスではエアサスには、デュアルエアとソロエアという機構があります。
コイルバネの代わりにエアバネを使う機構(いわゆるポジティブ側)ですが、エアサスの特徴として、初期動作が鈍い(動きにくい)という特徴があります。

なので、初めからネガティブ側(アウター下側のバルブ)から、事前に圧を少し掛けて、サスがいくらか浮動した状態を作り、初期動作を動き易くする為の機構です。ネガ側の圧を掛けるほど、サスの初期動作が柔らかくなるフィーリングです(ちょっと説明に御幣があるかも知れませんが、簡単に書くとです)。
デュアルエアーはロックショックスでも高級機によく使用されている機構です。
このように上から、下からの圧をシビアに調整しなければならない為、アンチエアーロス口金の様な代物が必要になってくるのです。

ちょっと余談になりましたが、リーコンはソロエアなので、その辺りのエア設定は比較的容易です。しかし、ソロエアでもエア圧の管理は非常に大事です。出来れば毎回乗るたびに、少なくとも3日に一度ぐらいはエアの調整が必要になります(私は乗るたびにチェックしていますが)。

リーコンはエントリー用とはいえ、レース使用にも対応したサスです。そのぐらいの頻度のエアチェックは必須だと思いますよ。
なんで、エアゲージつきのサスポンプは一本買われた方が良いと思います。

またロックアウトについてですが、私もロックショックスのサスを数本所有していますが、完全なロック状態にはなりませんし、書かれているように、それは規定以外の過度な衝撃を逃がし、サスを守るためでもあります。
その辺りは心配ないと思いますよ。

No3です。
アンチエアーロス口金を規定通りに使えば、それほどエア圧が下がるとは思えません。
もう一度手順どおりに行ってみて下さい(メーカーによるのかもしれませんけど)。
また、返答からは判断できなかったのですが、エアゲージ付きですよね?
リーコンはソロエア(ポジティブ側のみ)のようです。
ポジ側(サスの上側のバルブに入れるエア)だったら100psiぐらいは楽に入ると思うのですが。

余談ですが、ロックショックスではエアサスには、デュアルエアとソロエアという機構があります。
コイルバネ...続きを読む

QMTB サドルの高さについて

みなさんこんばんは。

早速質問なのですが自分は身長178cmで町乗り仕様のMTBに乗っているのですが、サドルの高さについて悩んでいることがあります。

一般的に言われているサドルの高さの基準、
ペダルを一番低い位置にして膝が完全に伸びるようになる。
地面にはつま先程度しか着かない。
に従ってサドルの位置を調整して乗るとすごく前のめりになってガラスなどで自分を見てみるとすごく違和感を感じるのです。
ハンドルの高さは一番高くしています。腕は若干曲がっています。
自転車を真横から見るとハンドルの位置よりすこしサドルの位置の方が高いくらいなのですが、これはおかしいのでしょうか?
町で見るロードバイクなどはサドルのほうが高くなっているのですが、
MTBは別なのかなぁ~と思っています。ちなみに26インチです。
こうしたほうがいい!みたいなアドバイス、意見があったらぜひ回答をお願いします!

Aベストアンサー

変ではないと思いますよ。
むしろ身長180でサイズ410の20インチミニベロに乗っている
私なんてサーカスの熊が自転車に乗っているような状態です。
が、大体ポジションはでているので快適に走っています。
ガラスなどで自分を見ると笑ってしまうくらい違和感はあります
でもそれはほとんどの方がシティサイクルだからです。
MTB乗っている方でもサドルが低いシティサイクルポジションの方が多いからどうしても違和感を感じてしまわれるのだと思います。
ご自身がこれで楽に走れると思うポジションで走って下さい。

QMTBのタイヤを太くしたい 2.1から2.4

26インチのMTBのタイヤ 2.1のタイヤが付いてますが 2.4のタイヤにしたいのですが問題なく装着できますか?
自転車のどこか調べると分かるでしょうか

本格的に山道MTBを走るのに2.1ではリアサスがないのもあり クッション性などを期待しています 空気圧低くできてグリップをよくすることも考えてます

Aベストアンサー

2.1×25.4=5.3cm幅のタイヤですね?
ここから1cm・・・まあマージン見て7mm位にしておきましょうか?
総幅6.7cmが最大。
6.7÷2.54=2.64!!!

本当?なら。
2.4くらいは楽勝で履けてしまうかも?
今履いているタイヤより
チェーンステーやシートステー、あ、BB後ろの結合部も。
チェーンやフロントディレイラー。
これらに全て、2.1履いて1cmもの隙間があるのであれば、
2.4位は履けちゃう計算ですけどね・・・
でも。
現行のDEOREクランクは普通に組んだらチェーンライン50mmですけどね・・・
インナーのチェーンラインはおよそ42mmってところ。

リアローのチェーンラインは9sだとすると、
センター47.5mm-1段分4.34×5枚分=25.8mm~30mmってところ。

タイヤはほぼチェーンの中間あたりですので
(42+30)÷2=36mm
チェーン幅の半分を加えて30mm。
たぶん。
普通のMTBのタイヤ位置でのチェーンオフセットは
最小で30mm位ではないかな?

ってことは、タイヤ幅60mmが限界。
60÷2.54=2.3。

ね?マージン見ると、2.2あるいは2.15くらいが限界幅なんですよ?普通。
2.4が入るのは
80mmBBブラケットのフレームとか
それに対応するSAINTやXTの
オフセットの大きなクランクが付いている。
そんな車体はリアエンドも135mmではなく
140mmなどの規格外エンド(ぎりぎりそう言う規格もありますが)だったり。

とにかく。
今の車の至る所のタイヤ隙間が10mm!あるのであれば
2.4が履けます。

2.1×25.4=5.3cm幅のタイヤですね?
ここから1cm・・・まあマージン見て7mm位にしておきましょうか?
総幅6.7cmが最大。
6.7÷2.54=2.64!!!

本当?なら。
2.4くらいは楽勝で履けてしまうかも?
今履いているタイヤより
チェーンステーやシートステー、あ、BB後ろの結合部も。
チェーンやフロントディレイラー。
これらに全て、2.1履いて1cmもの隙間があるのであれば、
2.4位は履けちゃう計算ですけどね・・・
でも。
現行のDEOREクランクは普通に組んだらチェーンライン50mmですけどね...続きを読む

Qサスペンション、エアとコイルの長短は?

ここ最近、なんか質問する側に回ってしまっております。
今回もよろしくお付き合いください。

ここの常連回答者諸氏は、安いグレードのMTBやクロスバイクについている、スプリングとフリクションダンパーだけのフロントサスなら、ないほうがマシだ、とよく書かれています。
まあ、それに関しては、私も同じ意見です。
で、実売価格で1.5~2万円クラスになれば、ダンパーも油圧ダンパーになり、ロックアウトも装備されるレベルのサスペンションが買えます。
このくらいのサスをつけておけば、とりあえずはいいかな、という感じです。
でも、2.5~3万円くらい出すと、エアサス仕様も買えるようになります。
もちろん、予算だけでなく、乗り方や使用目的にもよるかと思いますが、1万円上乗せしてでも、エアサスにする価値はあるのか、ということです。

私はMTBは門外漢なので、コイルサスとエアサスを乗り比べてみたことなどもないですし、詳しいメリット/デメリットももわかりません。
が、構造から推測、及び自動車での違いを考慮して、私なりに考えてみました。
まず、エアサスの最大のメリットは2つだと思います。
一つは、鉄製のスプリングを使わなくていいため、軽量であること。
もう一つは、充填する空気圧を変えることで、バネレートを手軽に、かつ無段階で変更できること。
軽量、というのは、スペックを見れば一目瞭然です。
同じメーカーの同じシリーズのフロントサスで、コイル仕様とエア仕様が用意されている場合、エア仕様の方が0.2~0.5kgくらい軽量です。
バネレートも、コイルサスでは分解してスプリング本体を交換しない限り、バネレートの変更はできません。
プリロードアジャストはありますが、あれも初期荷重を変えるだけでレートそのものは変えられません。
しかし、エアサスの場合は、空気を抜けば柔らかく、入れれば固くなります。
この手軽さは強味ですね。

あとは、またも車の話で恐縮ですが、車ではエアサスを使っているのは、高級乗用車や観光バス、精密機械の運搬用トラックなどです。
いずれにも共通しているのは、乗り心地重視、言い換えれば「ガツン」という衝撃を嫌う車種、ということです。
なので、そのへんから推測するに、コイルスプリングに比べると、エアスプリングの方が段差やギャップなどに乗る瞬間の衝撃が、「ガツン」ではなく、「ポヨン」になるのではないか、と想像しているのですが、どうでしょうか?

そしてもちろん、エアサスにもデメリットはあると思います。
(逆に言えば、そこがコイルサスのメリットともいえます)
まず、エアサスは値段が高い、ということです。
さっき言ったような、同じシリーズでエア仕様とコイル仕様があるなら、エア仕様の方が高いです。
コイルサスは、バネ一個スポンと入れておけばいいですからね。
構造は単純で低コストです。

それと、耐久性やメンテナンス性という点でも、コイルサスに分があると思います。
車でも、古くなったセルシオやシーマなど、たまにエアサスがシーリング抜けてエア漏れ起こしている車があります。
コイルサスやリーフスプリングなどは、50年前の旧車でも、新車のスプリングをそのまま使っている車も珍しくありません。
おそらく自転車でも同様でしょう。
街中を走っている古いMTBやサスつきのクロスバイクなどは、おそらくそのほとんどがサスペンションのメンテナンスなど絶対にやっていません。
が、けっこうほったらかしでも10年乗ってたりします。
でも、エアサスだとこうはいかないと思います。
おそらく数年で、シーリングが砂などで傷ついたり、ゴムが劣化したりして、エア漏れを起こすんじゃないか、と思っています。
(具体的な自転車用エアスプリングの構造を知らないので推測ですけどね)
また、オーバーホールする時にも、コイルであればスプリングをポンと入れて終わりですが、エアだとシーリングを傷つけないように、注意して組み立てる必要があるかと思います。
エアサスは、原則的に定期的にメンテナンスをするのを前提にしたシステムだ、と思っています。
また、ダウンヒル用などのロングストロークモデルでは(特にリアサスは)けっこうコイルサス仕様が見受けられます。
このへんも、過酷な使用状況ではエアサスよりコイルサスの方が耐久性があるんではないか、という推測の裏付けになっています。

と、エアサスとコイルサスの一長一短を、私なりに考えてみました。
これ以外にも、私の知らないメリット/デメリットってあるでしょうか?
もしくは、「それは間違っている、本当はこうだ」という部分はあるでしょうか?
もしあるようでしたら、ご教授下さい。

それと、エアサスで一つ疑問なのですが、フロントサスでもリアサスでも、シングルエア式とデュアルエア式というのがあります。
シングルエア式の、コンプレッション側にエアを充填する、というのはわかります。
圧縮側をコイルスプリングの代わりにエアスプリングで荷重を受けるわけですから。
しかし、デュアルエア式の、リバウンド側にもエアを入れる、というのは、どういうことでしょうか?
オイルダンパーの代わりにエアダンパーなのでしょうか?
それとも、何か別に目的があるのでしょうか?

さて、なんでいきなりサスペンションの質問などしたか、と申しますと。
実は、10年前の古いXCフルサスMTBのフレームを手に入れました。(笑)
ちょっと予想外で予定外で予算外だったため、すぐにパーツ揃えて組む、というレベルではないのですが。
まあ、あまり予算もないんで、そこそこのパーツでとりあえず組むつもりではいるんですが、どっか一点、ちょっと張り込んで少しいいパーツをつけるとしたら何か、と考えました。
で、私は、MTBの金のかけどころはサスじゃないかな、と思ったわけです。
たとえコンポのグレードを落としたり、ブレーキをディスクではなくVブレーキにしても、サスは安物ではなく、多少いいやつをつけるべきだろう、と考えました。
(この考え方、間違ってますかね?)
将来的にコンポやホイール、ブレーキなどをいいモノにグレードアップしても、サスはそのままでも釣り合うくらいのをつけておこうと思ったわけです。
で、とりあえず最低線は油圧ダンパー+ロックアウト、と決めました。
(ダンパーのリバウンドアジャストまでは必須じゃなくてもいいかな、と)
おそらく用途としては、街乗りメインで、たまに荒川土手あたりに持ち込んで遊んでみようか、という程度のホビーユースになるかと思います。
本格的に車に積んで山に行ったり、ましてやレースに出るとこまではないと思います。
こういうレベルであれば、コイルサスで充分ですかね?
(正直、自分でも荒川土手でエアサスは宝の持ち腐れだよな、とは思います・・・)
まあ、リアサスに関しては、装備されているのが6.5x1.5インチ(165x38mm)のユニットなので、このサイズだとほぼエアサス一択なのでしょうがないんですが。
それとも、こんなレベルの用途でも、エアサスにするメリットはありますか?
軽いというのはもちろんメリットですが、値段やメンテナンスのデメリットを押してまでエアサスを積極的に選ぶ理由はあるでしょうか?
http://www.cycle-yoshida.com/gt/suntour/f_sus/raidon/1_386133_5_page.htm
自分的には、最高でもこの程度をつけておけば充分ではないかと思っておりますが。
もしくは、もうちょっと安い、リバウンドアジャストのないモデルくらいでもいいかな、と。
http://www.cycle-yoshida.com/gt/suntour/f_sus/xcr/1_386139_42_page.htm
こんなのとか。
どうでしょうか。

相変わらずのグダグダの長文で申し訳ないですが、よろしくお願いします。

ここ最近、なんか質問する側に回ってしまっております。
今回もよろしくお付き合いください。

ここの常連回答者諸氏は、安いグレードのMTBやクロスバイクについている、スプリングとフリクションダンパーだけのフロントサスなら、ないほうがマシだ、とよく書かれています。
まあ、それに関しては、私も同じ意見です。
で、実売価格で1.5~2万円クラスになれば、ダンパーも油圧ダンパーになり、ロックアウトも装備されるレベルのサスペンションが買えます。
このくらいのサスをつけておけば、とりあえずはいいかな...続きを読む

Aベストアンサー

No2です。
なんとNRSですか。
初めからそう書いていれば話は早かったのに(笑)。

NRSってNO RESONANCE SYSTEMの略で。
ジャイアントではなく、RENAULTsportのパテントです。
特徴はノンサグですな。
ジャイアントのクロカンモデルが2006?からアンセムになったのは、このNRSのパテントが切れた為。

おそらく~2001だと思います。
2002からはXTCではなくNRSという車体表示になっていますので。

基本4バーリンゲージですが、ノンサグ設定により、ペダリングロスが少ないサスです。
考え方はやはり十年の歳月を感じさせるものですが。
しかしアンセムと比べて、歴然の差があるか?と聞かれれば、プロユースでも無い限り、必要充分な性能かと思います。

特にオンロード性能に関しては、ノンサグが非常に功を奏していて、普通に跨いだり、漕いだりする分には全くサスが動きませんな。
フィーリングもリジットに近いものですわ。
大きいショックだけを受け止めると言った感じです。

リアサスはプロペダル等のアンチボビング機能は必要ないと思いますな。
全てはノンサグ設定ありきのアンチボビングなので。
リアサスはSIDのデュアルエアが良いと思います。
NRSはSID使用を前提に開発されておりますんで。

このバイク。
フルサスMTBとして考えれば、街乗りでも異例な程よく走り、ボビングが少ないです。
最新のアンセムにも乗った事がありますが、街乗りではこちらの方が遥かに快適。

アンセムはFOXのプロペダルが付いた最上グレードでしたが、やはり何かしらのペダリングロスは感じます。
やはりフルサスという感じは否めない。
マエストロ云々と言っても、こんなものか・・・と言う感じでしたが。

NRSはそんな嫌なフルサスのロスは殆ど感じませんね。
ほぼリジットの感覚です。
MTBを700c・23cで組んでいるので、ものめずらしく、よく乗せてくれと言われます。
そして乗った方が口を揃えて言うセリフが、「これフルサス?めっちゃ良く走るな!」・・・です(笑)。
まあ、サスのエア設定も独自の設定なんですが。

正直なところ私の場合、他にもMTBを持っておりますので、棲み分けとして、このNRSは使用パーツから分かるようにオン専用です。
なんで、オフロード走行は殆どありません。
しかし、ある時NRSのオフ走行ってどんなもの?と思いまして。
手持ちのホイールを履かせて、ダートを走ってみました。

オンでは相当しっかりとしたフィーリングなので、ノンサグと合わせて相当ガチガチで、走りにくいだろうな?と思いながら出発しましたが。

コレが思いのほかサスがよく動きます。
軽い車体と相まって、相当いけますね。
それでいて、ペダリングロスの感覚が少ないです。

見た目、ダダの4バーなのに、お主中々やりおるな・・・。
フラットダートなら、多分アンセムよりフィーリングは上。
そんな感じですな。
タイムを計ったわけではありませんので、あくまでも私の個人的な感想ですけど。

ただノンサグなので、リバウンドスピードはきつめ(速め)。
なので、普通のリンクより、リバウンド調整量は少し多めの設定になりますな。
この辺りはネガティブエアとの兼ね合いもありますけど。
フロントよりも、リアサスのほうがOH時期は早いかも。
リバウンドを掛ける量が多いので、その辺りパーツの劣化が早いためかもしれません。

で、長々と回答をかいてきて、やっと結論ですが(笑)。
NRSと聞いて、安心しましたよ。
このフレームだったら充分モデファイを楽しめます。
私のはリアサスのストロークも変更で来ますので、フレームの材質が違うだけだったら、970も可能でしょう。
その設定によっては、街乗り、チョイ乗りダートはもちろんの事、クロカン、ちょっとしたフリーライドまで楽しめるかも。

リアサスのストローク変更を視野に入れるなら、Fサスはストローク調整機構を持った物の方が、色々なシチュエーションを楽しめますね。

また、Fサスのグレードについてですが。
このフレームに安物コイルサスは勿体無いですわ。
「財布が軽いと・・・」の名言は納得できるところですが。
しかし、日々のお小遣いを削ってでも。
タバコを半分にしてでも。
是非ともそれなりのグレードのエアサスの導入をオススメします。

私の場合、NRSフレームは相当気に入っています。
なんで、今でも使っているのですが。
ゴテゴテと改造しまくり(フルXTRとか)、後に引けなくなってしまった感もありますけど。
ただ、素性がよくなければ、そこまでしませんので(笑)。

なにやらよく分からぬ回答になりましたが、個人的な感想はそんなところですな(笑)。

No2です。
なんとNRSですか。
初めからそう書いていれば話は早かったのに(笑)。

NRSってNO RESONANCE SYSTEMの略で。
ジャイアントではなく、RENAULTsportのパテントです。
特徴はノンサグですな。
ジャイアントのクロカンモデルが2006?からアンセムになったのは、このNRSのパテントが切れた為。

おそらく~2001だと思います。
2002からはXTCではなくNRSという車体表示になっていますので。

基本4バーリンゲージですが、ノンサグ設定により、...続きを読む

Qマウンテンバイク チューブの選び方

ホムセンで購入したマウンテンバイクの空気が抜けやすくて困っています。
そこで、チューブ交換を検討したのですが、ホイールとタイヤの表記が異なっており
どちらを見たらいいのか分かりません。

タイヤに書かれてあるもの: 26×2.00(54-559) s-159-27
ホイールに書かれてあるもの: 26×1.50 ETRTO 559

今購入しようとしているのは 以下のチューブです。

Panaracer 26×1.625~2.10
Panaracer 26x1.25-1.50

どちらが適合するのでしょうか?
なお、リムテープも同時に交換する予定です。虫ゴムは新品です。

Aベストアンサー

リムに書いてあるのはリムの規格で、タイヤに書いてあるのはタイヤの規格ですヨ。
で、チューブを購入する場合は、

大きさはタイヤの大きさに合わせて、バルブはリムのバルブホイールの大きさに合わせてください。
フレンチバルブだけはバルブの径が細いので、これに合わせて作られたリムの場合はフレンチバルブしか使えませんが、シュレッダーバルブとウッズバルブ場合は互換性がありますし、工夫すればフレンチバルブも使えますよ。

詳しく知りたいならここがおすすめかなー。。。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/
チューブをクリックしてください。

おまけ
リムとタイヤの互換表
http://www.geocities.jp/bikemaking/compatibility/ETRTO.html



つまり、今回の場合は、タイヤの太さである26×2.00のチューブで、ママチャリと同じバルブ(文中から推測しましたが間違いないですかね?)
が使われているウッズ(英式)バルブのものを購入すればいいですよ。
チューブの太さは26 x 1 1/2 や26x 1 3/8というものも使えますね。

リムに書いてあるのはリムの規格で、タイヤに書いてあるのはタイヤの規格ですヨ。
で、チューブを購入する場合は、

大きさはタイヤの大きさに合わせて、バルブはリムのバルブホイールの大きさに合わせてください。
フレンチバルブだけはバルブの径が細いので、これに合わせて作られたリムの場合はフレンチバルブしか使えませんが、シュレッダーバルブとウッズバルブ場合は互換性がありますし、工夫すればフレンチバルブも使えますよ。

詳しく知りたいならここがおすすめかなー。。。
http://www.geocities.jp/ji...続きを読む

Qタイヤの空気圧は最大値を入れた方がいいのでしょうか

ロードバイク初心者です。タイヤの空気圧の件で教えてください。保有しているバイクのタイヤの最高気圧は120psiなのですが、購入したショップからは「最高気圧の7割から8割で程度が快適に乗るのには望ましい」とアドバイスされました。他の書物等を見ると最高気圧まで入れていることが多いようですが、どちらが正しいのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最終的にはあなたの好みですが、、、

基本的に
体重が重い人は高圧。軽い人は低圧
タイヤ幅が太いと低圧。細いと高圧ですね。
http://3.bp.blogspot.com/_I2YE2bFmy_g/SANhDfsYMdI/AAAAAAAAB7M/jUJjI9yQ8_I/s1600-h/photo_1.jpg

人によってはタイヤ幅も、
体重が軽ければ20cぐらいの細いタイヤが乗りやすいという人もいてますよ。

>他の書物等を見ると最高気圧まで入れていることが多い

空気圧が高いと、タイヤが変形しなくなるので転がり抵抗が少なくなり、ペダルが軽くなりますが、路面の振動が手やケツに来て振動がものすごいことになります。
さらに路面の小さなギャップでタイヤが跳ねて、これがパワーロスにつながります。

空気圧が低いと、タイヤが変形し、変形させるために力を使うので、その分ペダルが重くなります。これがころがり抵抗ですね。
その反面、振動をタイヤが吸収するし、路面の小さなギャップはタイヤが吸収するので、ぺだリングが下手でもペダリングの効率がよくなり、ペダルを踏んだ分だけ推進力に変わります。

つまり、乗り方が上手で短距離なら、タイヤを高圧にして転がり抵抗を抑えたほうが早いですが、初心者や長距離の場合は、空気圧を低くして乗りやすくするのがお勧めですので、ぼくはショップのアドバイスの方が的を得ていると思いますのー。
他の書物等のやつは、、、ママチャリとかの場合はそういう風にアドバイスするかな?

といいうか、なんか、どっかで調べたやつをそのまま鵜呑みにして書いているだけでは?
なんか言葉が薄っぺらいよねー。

まぁ、どのくらいがいいかは、いろんなセッティングで走りこんでみてあなたが決めるしかないですよ。

細かいことを言えば、路面温度が変わる夏と冬ではビミョーに違うし、雨の日は空気圧を低くしてタイヤの接地面を大きくした方が走りやすかったりします。

あ、そうそう。
当然ですが、後輪と前輪では体重による荷重が異なりますので、後輪を高圧にしたほうが走りやすかったりしますよ。
あと、前輪を太いタイヤにしたほうが、路面のギャップでハンドルを取られにくくなるので走りやすくなって、手に加わる振動が軽減されたりします。

てな感じで書き出すと止まらいのでこの辺で。。。

最終的にはあなたの好みですが、、、

基本的に
体重が重い人は高圧。軽い人は低圧
タイヤ幅が太いと低圧。細いと高圧ですね。
http://3.bp.blogspot.com/_I2YE2bFmy_g/SANhDfsYMdI/AAAAAAAAB7M/jUJjI9yQ8_I/s1600-h/photo_1.jpg

人によってはタイヤ幅も、
体重が軽ければ20cぐらいの細いタイヤが乗りやすいという人もいてますよ。

>他の書物等を見ると最高気圧まで入れていることが多い

空気圧が高いと、タイヤが変形しなくなるので転がり抵抗が少なくなり、ペダルが軽くなりますが、路面の振動が手やケツに来...続きを読む

Q29インチのMTBは通勤に不向きですか?

毎日ではありませんが、約10kmの通勤に自転車を使おうと考えています。
その他、林道散策、50~100km程度のツーリングにも興味があり、幅広く乗れる自転車を選びたいと思います。

私の住んでいる地方の路面状況は最悪で、しかも体重(85kg)が気になることもあり、頑丈さという条件は譲れないところです。しかし困ったことに、「ある程度スピードも出したい」という欲求もあります。
シクロクロス、クロスバイク等と比べてどうでしょうか?楽かどうかは別として、やはりスピード面では劣りますか?やめた方がいいで消化?

カミさんに罵倒されながらも、予算はどうにか20万円を確保しました(爆)
私の自転車選びにアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

一応補足しておきますね。
無印のTCRと言ったのはTCRにはいくつか種類があるんですよね。
T-モバイルが使っているモデルを筆頭にね。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/06bike/giant/tcr.html
これと、HPはオールアルミです。
ただ、このままでもレースに出れるくらいのギア比になっているのでおっさんにはかなり厳しいですよね。
と言うわけで、コンパクトクランクの登場です。
あと、ホイールセットもこれよりも剛性の高いフルクラム5などに買えても予算内に収まります。

あとね、ドロップハンドルに乗り慣れちゃうとフラットバーのバイクにのろうなんて気は起きなくなります。
ちなみに私もロード歴一年未満の初心者でっせ~。
けど、服だけはパールから出ているマイヨ・ジョーヌ柄のウェアとか揃えたりしちゃいました。

あ、大事なことを忘れていた。
大事な物を守るために、パット入りのサイクリングショーツと穴あきのサドルを導入することをお奨めします。
慣れない前傾姿勢で長距離を走ることになると、しびれてきて役立たずになりますよ(^_^;

あと、ツール・ド・フランドルというキーワードで捜してみてください。
オリンピックのモットーのように完走することに意義があるというある意味恐ろしいレースです。
パンク、落車は当たり前というか(^_^;

そう言うレースがあるくらいだから、ロードでも林道を走れますよ。
ここでもアルミのメリットが出てきたりします。
カーボンだとタイヤによって跳ね上げた小石が当たると打ち所が悪いとそこのところがペリっとはがれてくるんです。
アルミだと、塗装がはげるくらいで済むんです。

一応補足しておきますね。
無印のTCRと言ったのはTCRにはいくつか種類があるんですよね。
T-モバイルが使っているモデルを筆頭にね。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/06bike/giant/tcr.html
これと、HPはオールアルミです。
ただ、このままでもレースに出れるくらいのギア比になっているのでおっさんにはかなり厳しいですよね。
と言うわけで、コンパクトクランクの登場です。
あと、ホイールセットもこれよりも剛性の高いフルクラム5などに買えても予算内に収まります。

あとね、ドロップ...続きを読む

QMTB初心者です。服装について教えてください

はじめまして。今月から思いきってMTBはじめることにしました。
自転車はもう予約注文したのですがサイクリング時の服装をどの様なのにしたら良いかいろんなスポーツショップを回って見てきたのですがウェアやパンツ一つ一つが高いので買い物に失敗したくないのでいまいち判断ができずに困っています。
レースもそのうち出るつもりなのですがとりあえずは休日のサイクリング用と通勤用で兼用できる服装が希望です。これから寒くなって行く時期にオススメのウェアやパンツがあれば是非教えてください。
ちなみに私は腰が少し弱いのと自転車予約前に体験ツアーで自転車をレンタルして20キロほど走ったら翌日股間節を軽く痛めましたw

Aベストアンサー

特に気にする必要はないと思います。
下り派ならフルフェイス・ヒザ&ヒジガードは必要ですね。
XC派ならばメットさえあれば大丈夫だと。
これからの季節はインナーシャツ&パンツ(プロ野球選手とかが着ているサラサラの化学繊維シャツ)を着て、ジーンズにパーカーとかが私のいつものスタイルです。多少コギにくくはなりますが、薄手の生地だと転倒の場合にすり傷したりしますし。
あえてオススメするならばSombrioというメーカーです。
MTBライダーのことを考えた商品作りをしております。
かなり若いイメージがありますが、かっこいいですよ。

腰はスプレーで冷やしたりなどのケアや、腹筋&背筋を鍛えるのがいいと思います。フルサスに乗り換えたり、リアサスを高いの入れたからといって、腰への負担が軽減されるわけではありませんし。
股関節を傷めるのはシートが合っていなからかもしれません。
接触部分が大きい・生地が柔らかいから傷めにくいということはありません。形状も大事ですし、適度な硬さがあったほうが疲れにくいです。ちなみに私はSDGのベルエアでいい感じです。
あと、ペダリングの方法です。踏み込むというより、ペダルを回転させるというイメージです。右を踏み込んで、次に左を踏み込む間にわずかながら力がかからない区間があります。この区間が大きければ大きいほど、左を踏み込む力が余計に必要で、そのため股関節に負担がかかります。右を踏み込んで、左を踏み込む間に、少し右足でペダルを引き上げるような作業をしてやると少しはマシになると思います。
踏み込むというより、回転させるイメージですね。
ただし、この場合はヒザをよく使うので、その点は気をつけてください。あと、立ちコギを股関節と腰にかなりきます。

MTBは山で乗るので、ショップなどがオススメするシャツやパンツなどはXCレースに使用するようなものが多いです。
そういう商品は使用範囲がかなり限られます。
色々と悩むでしょうが、それもまた楽しいですよね!
MTBライフ安全に楽しんでください。
私のブログアドレスも貼り付けておきますので、すべて質問に良回答できるかわかりませんが、お力になれることがあれば協力しますよ。
大阪付近で走ってます。下り系です。

参考URL:http://blogs.yahoo.co.jp/h_umigame

特に気にする必要はないと思います。
下り派ならフルフェイス・ヒザ&ヒジガードは必要ですね。
XC派ならばメットさえあれば大丈夫だと。
これからの季節はインナーシャツ&パンツ(プロ野球選手とかが着ているサラサラの化学繊維シャツ)を着て、ジーンズにパーカーとかが私のいつものスタイルです。多少コギにくくはなりますが、薄手の生地だと転倒の場合にすり傷したりしますし。
あえてオススメするならばSombrioというメーカーです。
MTBライダーのことを考えた商品作りをしております。
かなり若いイメー...続きを読む

Qディスクブレーキの効きが悪いのは?

こんにちは。
先日初めてディスクブレーキの付いたMTBを購入したのですが
お世辞にも効きがいいとは言えない状態です。

当たりが出るまでかな?とは思っていたのですが購入してから1ヶ月程たちますし、何よりローターの部分に油が相当付いているようです。
サスペンションのメンテナンス時にサス周辺に吹きかけたオイルが飛んで付いた可能性は否定できないですが。。。

RESPOのオールマイティーという油汚れ落しを持っているのですがコレを使って拭いても問題ないでしょうか?

またローターのメンテナンスについてどなたか教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

購入した自転車
http://www.cso.co.jp/bikeshop/giant06/stp2.html

Aベストアンサー

ディスクはあたりが出るまで効きが悪いですから、まずはあたりを出すことが先ですが、もう1ヶ月乗られているとの事なので恐らくあたりは出ていると思います。

ローターに油が付着・・・これはディスクブレーキにとっては致命傷です。
その状態でブレーキをかけることによってパッドが油を吸ってしまい、効きが劇的に落ちます。
一度パッドが吸った油を元に戻すことはかなり困難なので、新品のパッドに交換するのが最善策です(中にはパッドを火で炙れば効きが復活するという意見もありますが、パッドの種類によってはそれが逆効果のものもありますし、仮に効きが良くなったとしても基本的にパッドを火で炙るという行為自体私は賛同しかねます)。
同じHAYESのメカディスクの上位モデル、MX2と互換性のあるパッドを使用しているようなので、MX2用のパッドを購入しましょう(例えばこれhttp://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/bbb/05/bbs47.html)。
そして今後も当然パッドやローターに油が付かないようにしましょう。
ローターのパッド接触面を素手で触ることでも、皮膚の油が付着するので避けましょう。

基本的にローターのメンテは、ネジが緩んでいないかの確認と、たまにパーツクリーナーで掃除してあげるくらいで(このときクリーナーを直接吹きかけるのではなく、ティッシュなどに染み込ませて拭いてあげるやり方がいいです)、特別なことはしなくてもいいです。
RESPOのものは樹脂を犯さないようなので、それを使って問題ないでしょう。
ただ、パーツクリーナーの中には微量の油分を含んでいるものがあるようなので、パッドに使うのはやめておいたほうがいいですね。

基本的にローターが奇麗ならパッドが汚れることはないので、パッドの汚れがどうしても気になるならば、ティッシュなので乾拭きするかヤスリで表面を一皮向いてみてください(もちろん削りカスはしっかり取ってください)。

上記の事を行ったうえでなお効きが悪いと言うのであれば、まずは根本のブレーキキャリパーのセッティングを見直しましょう。
むしろこれは基本中の基本なので、効きが良いか悪いかに関わらず確認してみてください。
パッドとローターがちゃんと平行になっているかキャリパーの位置を確認しましょう。
また、メカディスクは構造上片側のピストン(パッド)しか動かないため、どうしてもローターを歪ませながらブレーキをかけることになります(自転車を降りてローターを間近でよーく見ながらブレーキをかけるとよく分かります)。
よって、すこしでもその歪みを無くすために、動かない側のパッドをなるべくローターに近づけるといったセッティングのポイントもあります。

また、パッドが減ってくるとそのローター~パッド間のクリアランスが変わるため、ある程度パッドが減ったらセッティングをし直すのが性能を維持するポイントです。

このように、基本的にはローターの掃除とローターとパッドの位置関係を適正にするのが主なセッティングになってきます。
これをやっても効きが悪いと言うのであれば、残念ながらその性能がそのブレーキの限界なのでしょう。
改善するならばパッドやローターを効くと評判のものに変えるか、ブレーキ本体を変える以外ないですね(この場合パッドやローターをアップグレードしてまで使うブレーキではないので、本体を変えるのが一番いいですね)。

ディスクはあたりが出るまで効きが悪いですから、まずはあたりを出すことが先ですが、もう1ヶ月乗られているとの事なので恐らくあたりは出ていると思います。

ローターに油が付着・・・これはディスクブレーキにとっては致命傷です。
その状態でブレーキをかけることによってパッドが油を吸ってしまい、効きが劇的に落ちます。
一度パッドが吸った油を元に戻すことはかなり困難なので、新品のパッドに交換するのが最善策です(中にはパッドを火で炙れば効きが復活するという意見もありますが、パッドの種類に...続きを読む


人気Q&Aランキング