ある会社の事なんですが、湘南ライナー及びホームライナーを
使って通勤している人に対して、ライナー代金が支給されています。
しかし、小田急ロマンスカーや西武レッドアローなどの民間会社の
特急料金は支給されません。
私鉄の場合は、通勤ライナー的な存在にはなっていますが、特急料金
ですから、なんとも言えませんけど。
でも、実際に通勤ライナーとして利用している訳です。
元々会社が社員に対して通勤交通費を払う事は、決まりではない。
と聞いた事があります。事実上は、ほとんどの会社から支給されている
訳ですけど。
・・で何が言いたいかと言うと、JR以外の私鉄利用者で特急列車を
ライナー的に使って通勤している人にも、交通費支給をさせたいのです。
これでは東海道沿線などのライナー存在区間に住んでいる人だけが
得をしていると思いませんか?
会社を説得させる材料は無いでしょうか?
ライナー代が支給されているだけで、贅沢だとは思っていますけどね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

給与等の支給に関する要望は、まず、就業規則などの改正を求めてはいかがでしょうか、あの人より損しているという理論はちょっと辛いですからね。

出来れば会社の決まり事を改正し公平な社員待遇を勝ち取りましょう
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q研修時の交通費は課税?非課税?

給与時の交通費の考え方(課税、非課税)について質問です。

通常通勤交通費(車通勤)は、往復距離×@15円で出勤日数を計算し、支給しています。
片道6.5kmの場合、非課税交通費限度額は4,100円になると思います。

例えば15日出勤したとすると、15日×(6.5×2)×15=2,925円の支給となります。
この15日の他に、別の場所で研修があり、その分の交通費=電車代が別途3,000円かかったとします。

この場合、交通費を給与で支払うとすれば、2,925円+3,000円=5,925円となり、
4,100円非課税+1,825円課税、となるのでしょうか。
それとも、2,925円非課税+3,000円非課税=5,925円全部非課税となるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

研修に伴う交通費は通勤手当ではありません。経費処理される旅費交通費に該当します。通勤交通費2,925円は非課税限度内ですので、全額非課税になります。

通勤手当は各企業が独自に設定できますが、非課税限度額を越えた分は課税処理となります。

Q会社から支給される通勤費について

来月半ばに会社が移転します。今より少し遠くなり乗り換えも一回増えます。

会社から支給される交通費は一番安いルートといわれました。それが普通ですか?
一番早いルートだと交通費が月4、5000円高くなります。安いルートだと通勤時間がプラス10分程度ですが、私は朝弱いので朝の10分は大きいです。元々場所もよくて今の会社を選んだというのもあったのに…。

朝少し頑張って安いルートで行くか自腹で早いルートにするかしかないですよね?

Aベストアンサー

会社に通勤費支給の義務はありません。
あくまでも任意の待遇です。
通常、合理的な方法と定めるに過ぎませんので、あなたが希望する時間ではなく、会社が費用面を合理的と考えても否定できないことでしょう。

会社の指示通りの費用を請求し、その指示通りに勤務されることですね。

人によっては、会社への届出の通勤とは違う通勤をしていることも多いことでしょう。あなたも、差額を負担してでも、時間的に楽な方法で通勤しようと考えるのではないですかね。
ただ、そのような場合に通勤途中で事故に合えば、通常労災の適用が受けられ、生活が補償されることでしょう。しかし、会社へ届出した通勤ルートから逸脱しているということで、補償されないかもしれません。また、公共交通機関のトラブルで遅れても、通常であれば正当な理由のある遅刻であっても、本来のルートでないためただの遅刻として不利益を受けるかもしれませんね。

実費だけで判断してはいけません。よくよく考えてください。
私の会社のように小さい会社で理解があれば、通勤ルートの届出を複数出し、費用だけは会社側との話し合いで決定するようなところもあるかもしれません。そうすれば、労災的な分野もさほど支障がないでしょうし、公共交通機関のトラブルへの理解も会社はすることでしょう。
ただ、どこまで厳密に、厳しく見るかは会社しだいです。

会社に通勤費支給の義務はありません。
あくまでも任意の待遇です。
通常、合理的な方法と定めるに過ぎませんので、あなたが希望する時間ではなく、会社が費用面を合理的と考えても否定できないことでしょう。

会社の指示通りの費用を請求し、その指示通りに勤務されることですね。

人によっては、会社への届出の通勤とは違う通勤をしていることも多いことでしょう。あなたも、差額を負担してでも、時間的に楽な方法で通勤しようと考えるのではないですかね。
ただ、そのような場合に通勤途中で事故に合えば、通...続きを読む

Q年末調整 非課税交通費の記入

給与明細には非課税交通費として交通費を記載しています。
年末調整の源泉徴収簿の総支給額には非課税交通費も合わせた金額を記載するのでしょうか。

Aベストアンサー

源泉徴収簿の総支給額の欄には非課税交通費を除いた金額を記載します。源泉徴収票の「支払金額」の欄にも非課税交通費を除いた金額の合計額を記載します。

Q会社では通勤災害には出来ないといわれました。通勤災害の適用にはならないのでしょうか?

契約社員として勤務していますが、自転車で通勤途中に(会社への申請通りの通勤方法)自転車同士道路で出合い頭ぶつかってしまい、私は救急車で病院に搬送されましたが入院はせず、自宅に帰りました。会社は1日だけ休みました。警察にも届けておりますが、どっちの原因ということも言えないので示談になっております。事故の内容には私も納得はしております。私は労災の適用ができると思いましたし、病院側でも通勤災害での治療を勧められましたので、会社に話をしましたところ、弁護士にも相談して今回は通勤災害にはしないし、この返事は変わらないという事を言われました。私は何で弁護士が出てくるのだろう?治療費を通勤災害の適用にすることは会社の言うように出来ないのだろうか?という疑問が出てまいりました。現在はとりあえず社会保険で処理しております。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

通勤災害(労災)かどうかを判断するのは労基署であり、事業主ではありませんし、病院でもありません、病院は通勤途中であると言う話しで病院は労災という判断をしたのでしょう。

会社で申請をしてくれない場合は、
本人又は家族(同僚に頼めるなら頼んでもよい)労働基準監督署へ行き、労働者労働災害保険請求書3種類(5号用紙、7号用紙、8号用紙)をもらってきます。

5号用紙、7号用紙、8号用紙ぞれに本人の住所、氏名、生年月日、事故の発生した状況等を記入した後、会社から事業主の押印と労働保険番号の記入をしてもらい、病院から治療日数と医師の証明印をもらって5号用紙は病院に、7号、8号用紙は労働基準監督署に提出します。
このときに、事業主が押印等などをしてもらえない場合は、労基署に相談してください。

本当に弁護士と話したのかは不明、普通は社労士だと思いますが。

Q交通費の非課税上限について

交通費の非課税上限について
電車・バスなどを利用する場合の交通費非課税の上限は1ヶ月あたり10万円と言うことですが、以下の場合は課税か非課税か教えてください。
・1ヶ月分の交通費は3万円であるが、6ヶ月分がまとめて支給されるため、支給月には18万円が交通費として支給される。よって、支給月だけを見ると非課税上限の10万円を超えている。
 「1ヶ月あたりの上限」の意味が支給した月単位で考えるのか、年間を通して1ヶ月あたりの平均として考えてよいのか分かりません。
 以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> ヶ月分の交通費は3万円であるが、6ヶ月分がまとめて支給されるため、
> 支給月には18万円が交通費として支給される。
> よって、支給月だけを見ると非課税上限の10万円を超えている。
> 「1ヶ月あたりの上限」の意味が支給した月単位で考えるのか、
> 年間を通して1ヶ月あたりの平均として考えてよいのか分かり
> ません。
↓このように計算してください。
支給した額18万円 ÷ 対象月数6 = 1箇月当たり3万円

Q通勤交通費 定期券 定期 支給 現金 現物

通勤交通費の支給は会社によって方法が違うと思うのですが、一般的に現金支給と、現物支給(定期券の支給)のどちらが多いのでしょうか。大手の会社だと現金支給が多いなどの情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらご回答いただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

僕のまわりでは現金支給がほとんどです。
多分、自動車通勤を認めている会社だと、まさかガソリンは
現物で支給すわけにもいかないですし、定期代も現金で
でる(定期だけ現物だと不平等感がありますよね?)会社が
多いのではないかと思います。

Q派遣のバイトしています。 交通費が給料所得になり、課税される派遣会社と、交通費として非課税の派遣会社

派遣のバイトしています。
交通費が給料所得になり、課税される派遣会社と、交通費として非課税の派遣会社があるようですが、これで税金の額に違いがあるのは合法なんでしょうか?
派遣会社に交通費は非課税にして分けて欲しいとお願いできるのでしょうか?

Aベストアンサー

おじさんです。
多くの派遣会社は 時給のほかに 交通費を支給することはあっても 実際の金額に拘らず定額です。徒歩で通勤できる人にも 月3万円かかる人にも 一律5千円くらいです。その場合は、通勤手当ではなく給料とみなされ課税対象です。
人によって 通勤手当を計算するなんて 面倒くさいし 派遣先に請求できませんから する会社は極めてまれです。
お願いしても 基本的に認められません。派遣のシステムは そういうのなのでする。

Q「通勤費全額支給」の限度

http://homepage1.nifty.com/Mujina/shinlist.htm
こののページを見ていて思ったのですが、通勤費全額支給の会社の場合、どの程度の額まで支給されるものなのでしょうか?
全額といっても限度はあるのでしょうか。
私は熊谷~東京間を新幹線通学しているのですが、大宮~東京を利用している方もかなりいるようで、
そのような短い区間でも支給されるものなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社次第だと思います。
距離が長い場合~軽井沢や那須などから都内に通勤している人も居ます。TV等で見ると一流企業にお勤めで「交通費が出るから引っ越した」ような話でしたね。

ただ通勤費もある程度以上になると課税されますから、その分は自腹になります。それでも地方で生活費が安い、環境が良いという部分があれば… ですね。

大宮~東京の場合は新幹線と使うと20分程度短縮されるようですが…朝起きられない人が、30分余計に寝たい為に\1000を自腹で払っているような気がします。多分…この場合は支給されないと思います。
最短ルートでの必要最低限しか支給しないと思います。
(会社まで徒歩で通える人には支給しませんし…)

Q交通費の非課税限度額と課税額について

会社で給与計算の担当になって1ヶ月の者です。
給与と一緒に支払われるマイカー通勤の場合の
交通費の非課税限度額について質問なのですが、
決められた非課税限度額以上の額の交通費を
非課税交通費として支払っていた場合、
罰則を科せられることはありますか?

例えば、自宅から会社までの通勤距離が3kmで
会社が支給する交通費が6,000円
そのすべてを非課税交通費として支給していた場合です。

前任の担当者が1年未満でコロコロと変わっており、
どうしてそうなったかまでは把握できていないのですが、
どうぞお力をかしてください。

Aベストアンサー

 支給した通勤手当から非課税分を引いた差額に掛かる
毎月の源泉徴収税額が過少であったということで、
厳密にはその部分につき不納付加算税等が課せられる
ことにはなります。
 ただ国税通則法の規定により、早めに税務署に事情を説明し
て不足分につき納付することで、ペナルティの税金を軽減あるいは
なしにできる場合がありますので、所轄税務署にご相談されること
をお勧めします。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2585.htm

Q交通費費を支給する際の通勤距離の判定

支店の総務を担当しています。
うちの会社は地方都市にありまして、通勤手段としては自家用車、バイク、路線バス等が主です。
このたび、新しくパートさんに来てもらうことになり、通勤届けを提出していただきました。通勤手段は自転車、通勤距離は2kmと記入してありました。
うちの会社は、2km未満は交通費は支給されません。先だって、外出する用事ができたので、なんとはなしにそのパートさんの自宅からの距離を測ってみました。軽乗用車のメーターで2kmにちょっと届かないくらいでした。「まぁ、誤差の範囲内だろうな・・・」と気にも止めなかったのですが、その後本社から連絡があり、「ネットでルート検索したら、1.8kmだったので交通費は0円です」と・・・

「え?」
2kmないから、交通費がでないのは仕方ないとして、ネット検索って・・・^^;
確かに検索してみたら、1.8kmだったのですが、私個人の乗用車で実測した限りでは、限りなく2kmに近かったのです。(2kmないのには変わりないですが・・・)車による誤差もあるでしょうし、タイヤの減りっぷりも多少影響しそうですし。

ここで、ふと沸いた疑問が・・・
申請された通勤距離を、みなさんの会社では厳密に確認しているのでしょうか?
うちの会社は、車通勤の場合、パートさんは純粋なキロ数で、正社員は2km毎に交通費が変わってくるので、貰う方も支給する方も決して小さくない金額なってると思うのです。
十数名規模なら、なんとか総務で実測もできそうな気もしますが、何を基準にするかという話にもなってきますし・・・
今さらな疑問を持ってしまった私に、どうかご助言をおねがいします。

支店の総務を担当しています。
うちの会社は地方都市にありまして、通勤手段としては自家用車、バイク、路線バス等が主です。
このたび、新しくパートさんに来てもらうことになり、通勤届けを提出していただきました。通勤手段は自転車、通勤距離は2kmと記入してありました。
うちの会社は、2km未満は交通費は支給されません。先だって、外出する用事ができたので、なんとはなしにそのパートさんの自宅からの距離を測ってみました。軽乗用車のメーターで2kmにちょっと届かないくらいでした。「まぁ、誤差の範囲...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。総務経験有りのスコンチョといいます。(^_^)

>申請された通勤距離を、みなさんの会社では厳密に確認しているの
>でしょうか?

当社では、地図で大ざっぱな数字を計算して、本人の申請と1~2割の
範囲であれば誤差として不問にしていました。その理由は、以下の通り
です。(以下は自家用車などの距離申請に関してだけ)

・道路事情も日々変化するので、工事がある毎に再申請するのは会社も
本人も大変

・マラソンのコースではないですから、計測が厳密・正確に行われる
ことはないのに、申請させること自体に無理がある

・通勤時間を考えると、距離は遠くても最短コース以外の迂回路を通る
場合もある

これは規則というよりも、運用レベルでの問題・程度といえますね。
なにより、微々たる通勤費のことで本人の申請を否定してしまうことの
影響の方が、モチベーションダウンにつながるのではないですか。

今回の場合でしたら、本社に対して「私の実測では2kmありますよ。
ネット計測の誤差ではないですか」と養護してあげるべきだと思います。
野球でもきわどい判定には監督が抗議してくれて、選手の顔が立つこと
も沢山あります。本社の最終判断は分かりませんが、新しいパートさん
との関係は良い方に向かうのではないかと思います。

初めまして。総務経験有りのスコンチョといいます。(^_^)

>申請された通勤距離を、みなさんの会社では厳密に確認しているの
>でしょうか?

当社では、地図で大ざっぱな数字を計算して、本人の申請と1~2割の
範囲であれば誤差として不問にしていました。その理由は、以下の通り
です。(以下は自家用車などの距離申請に関してだけ)

・道路事情も日々変化するので、工事がある毎に再申請するのは会社も
本人も大変

・マラソンのコースではないですから、計測が厳密・正確に行われる
ことはないの...続きを読む


人気Q&Aランキング