プロが教えるわが家の防犯対策術!

鉄筋の倉庫に内壁を張るには

DIY で鉄筋の倉庫に断熱目的で内壁を付けたいと思います。外壁はタイガーボードとトタンで、鉄の梁に釘打ち機を使って貼り付けられています。内壁も同様にやれたらとても楽なんですが・・・釘打ち機は素人では手に入りません。

手で釘を打つとして金属の梁に通るもんですかね~。ドリルで穴を開けておいてから釘なりネジなりをやろうと思いますが、これやると石膏ボードの穴が先に大きく空きすぎてしまう気がします。(手間もかかる)

なにか石膏ボードを留める方法が他にあるのでしょうか?

また断熱材は入れるべきですか?コスト削減の為にプチプチでも入れようとかな~と思ったりしてます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

鉄筋(コンクリート)ではなく鉄骨造だとして。

柱と胴縁がどういう納まりになっているかわかりませんし、建屋規模も不明なので想像交えてですが。
まともな鉄骨造なら通常、柱の外面にアングルピース等でリップ溝型鋼を取付け、それに外壁を貼ります。
ですから平面的に見て柱が内側に出っ張った形になっているのではないかと思うのです。
もし、柱の間隔が3Mとか4Mとかまで大きくなく、相応にしっかりした内壁にしたいというのなら、以下の方法はどうでしょう?これはちゃんとできれば仕事としても十分通用するレベルですし、その割には比較的簡単な作業です。

まず、製材を水平方向に柱にビス留めします。鉄骨の厚さが3.2mm程度までならリーマーピアス(商品名)を使うと木材にバカ穴を明けとかずにすみますよ。
柱間隔によって製材のサイズがちがってきますが、柱間が2M程度なら45×45mmで45~60cm程度の間隔でよいでしょう。
次にやはり45cm程度の間隔で製材を今度は縦方向に取り付けます(今度は先の水平方向に置いた製材に留めますので普通の木ネジでOKです)。この段階で製材は格子状になるわけですね。
この縦の製材の間にスチレンボード(代表的なのはスタイロフォームですが)を挟みます。
スチレンボードは厚さがいろいろありますので断熱の程度によって選択し、縦の製材もそれに合わせると面一になって納まりが良く、内装ボード裏が中空にならないので壁の強度の点でも有利です。
ボードを縦に二つ切にしたサイズを(縦)製材間隔とすれば効率が良いのですが、この上に石膏ボードかベニヤを張るのですからそれに合わせなければなりません。
石膏ボード幅が910mmで縦下地となる製材が(断熱パネル厚30mmで)30×45mmとすると910-(45×2)/2ですから下地間隔410mmとなりますね。

四隅角柱の部分は水平の下地の製材取付け高さを左右壁で少しずらしてぶっ違いにすればOKです。
柱がH鋼やコラムのように厚みがあるならピアスが使えませんので、アングルピースを溶接するか、足場仮設資材のH鋼クランプ等を使うのですが、これは相応な出費を覚悟しなければなりません。

もし内側に棚とか機器の取付けを予定しているなら、下地製材を増やすとかしておけば良いですね。
ちなみに、この建物の用途は倉庫とのことでしたから、内装材のパネルは石膏ボードよりベニヤの方が良いのではないですか?石膏ボードは安価ですが軟弱なので何か立て掛けたりするとひどく痛みますし、釘も効きません。

もし防火性能を要求されるのでしたら、木下地(製材)ではなく軽天材を使い、石膏ボードは12mmが必要になるのではなかったかと思いますが、これは自信ありません。
断熱材としてエアーキャップを使うのは全くダメですね。断熱効果は多少期待できますが耐候性が劣るので、条件が悪いと数年を経ずしてボロボロになります。それくらいなら石膏ボードを目違いにして2重貼りした方が効果あると思います。
外壁下地の胴縁が見えているはずですからそこにGウールを押し込むのは簡単そうに見えますが、Gウールもダメです。自重で徐々に下がって(潰れて)きます。下地に石膏ボードを使っているとしたら(私の常識からするとあり得ない話ですが、木毛板じゃないですよね?)釘打ち部から水が滲みて鉄骨も腐食しやすく、早晩ダメになってしまいます。
また、その方法は必ず隙間ができたり鉄部が外気と繋がる部分ができ(冷橋)結露したりします。
Gウールをボード状に圧縮成形した断熱材もありますが本州で普通に手に入るのかわかりません。スチレンボードはどこにでもあり比較的安価で、断熱性能も高く、切断もカッターとか鋸で楽勝です。

釘打ち機で使う鉄骨用の釘というのはスクリング加工されているのですが、経年で必ず緩むものです。私の近辺ではもうほとんど使われていませんね。「手打ち」ということですが、鉄骨(?)の厚さが1.6mm程度までならコンクリート釘が使えます。
ただし、鉄骨に釘打ちというのは鉄部に貫入する瞬間の強さとスピードが命なのです。釘をペンチ等で摘み重めのハンマーを使い一撃で貫入させなければなりません。コンコンなんて調子じゃ一生入りませんよ。リーマー付きかどうかは別にしてピアス(セルフドリリングスクリュー)を使うのが安全確実です。
コスト重視なら、製材下地を2重に(格子状)にせず、一重の木下地の上に断熱ボードを隙間無く貼り詰め(この時、下地製材位置をマーキングしておきます)その上から仕上げボードを貼る事もできます。

言葉足らずで理解できたどうかわかりませんが、うまくいくと良いですね。

この回答への補足

うまくできました!ありがとうございます!!

補足日時:2010/07/05 15:53
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!!! お察しの通りの構造物です。

リップ溝型鋼!そう、それです。太い柱の為、内側に出張ってます。リーマーピアス!こんなビスがあるんですねー!これなら回せます!手打ちで入る訳ないですよねーやっぱし。

格子状でスタイロフォーム、これは建築現場で見かける仕事ですよね!なるほどー。内壁ですがベニヤがお薦めとのこと。確かにエアコンを付ける部位にはベニヤを使おうと考えておりました。

軽天材!初めて聞く言葉ばかりで勉強になります!プチプチの耐久性、なるほどそういう考え方しないといけませんね。グラスウールに関してもプロならではのアドバイスありがたいです!


横に通るリップ溝型鋼に沿って製材を張る予定でしたが、これは縦に(厚みの考慮から1重で)、スチレンボードを入れて石膏ボード(一部ベニヤで)と作業する事にします。詳しい説明ありがとうござました!
明日にもやる予定です!やる気がでました!

ありがとうございました!また専門用語にも刺激されました。これを機にそれらも勉強を始めます!

お礼日時:2010/07/03 20:55

鉄筋ではなく、鉄骨ですよね?いずれにせよ、木材で下地を作り、それに石膏ボードを留めるのが楽かと思います。



断熱だけを考えるなら発泡ウレタンが施工も楽(見た目を気にしないなら、内側から汚れを取り吹き付けるだけ)でお奨めですが、予算が・・・目的が断熱なので、断熱材は入れたいところ。グラスウールが一番妥当かもしれません。

プチプチは夏、トタンに触れていると溶けませんか?日に当たるとかなり熱いのですが
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

なるほど。木材の下地は鉄骨にネジ止めし、石膏ボードは木材にネジ止めですね。それなら鉄骨への手間のかかる穴開けを少なくできますね!

グラスウールですか。ホームセンターで価格見てきます!!

トタンの内側には石膏ボードがありまして、溶けるほどではありません。50度位です。プチプチって対流起きないから断熱には最適だと思うんですよねー。(それにめちゃ安い!)

お礼日時:2010/07/03 10:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄骨ハウス(小屋)の骨組み設計の考え方(柱と梁)

1、鉄骨ハウス(小屋)の骨組み設計の考え方(柱と梁)について、お願いします。
小さな作業小屋を鉄骨で建てようと思っています。(DIY)
本職の鉄骨建物を見ると、10cm角柱のでっぱりとH鋼の梁のボルト締めの時、柱と梁を密着させないで、柱と梁を数ミリ間隔を開けてボルト締めしています。(そのようなボルト穴の設計?)

その訳は??・・・鉄骨が夏の暑さで伸びるための対策か?・・・もし、それであればボルトでしっかり締め付け接続しているので、数ミリの伸びしろは効果ないのでは??

たぶん他の理由と思うので教えてください。

2、ボルト穴の直径とボルトの太さについて
10ミリの穴に10ミリのボルトを差し込んでナット締めがガッチリしまってよいと思うが、
作業能率を考えるとボルト穴を1ミリとか2ミリ大きくしておいたほうが、多少のズレでもボルトの通貫がやさしくなると思うのですが、どんなものでしょうか?

以上2点教えてください。

Aベストアンサー

鉄骨設計の専門家ではないのですが、ごくたまに小屋程度の設計をすることがあります。

1 鉄骨加工は図面通りの寸法の部材で作りますが、溶接によって必ず変形、誤差が出ます。
(もちろん、ひどいものは修正します)。
切断、穴あけ加工でも誤差が出ます。
現場設置の基礎のアンカーにも誤差がでます(大きければ修正します)。
図面で書いた寸法通りに加工、施工するのですが、接続部に隙間を見ておかないと誤差の吸収とか修正ができません。

今の写真でいえば、隙間が無ければ90度がきっちり出ていいのでは?と思えますが、どこか1カ所くらいならいいのですが、接続はたくさんありますので、すべてきっちりの寸法で作ると、誤差があった場合、部材同士が当たって穴が合わないとか、全体で屋起し(建物全体の水平、垂直、直角を出す作業)したい場合、ここがつかえて変形しない(動かない)ということになってしまいます。

なので、DIYでじっくりと少しずつ丁寧に作るなら、隙間は無しでもいいと思います。
手間を言わず、その都度合わせてやったりすればできると思います。

ちなみに、私は、通常は5ミリの隙間で設計します。

2 ボルトと同じ径だとボルトがすんなり入りませんので穴は大きくします。

場合によって変わりますが、ボルトサイズより2ミリ大き目が標準的な数字のようです。

私の場合、特に、重要な部分、柱・梁の接続などは2ミリ。
胴縁のC型などでおさまりの寸法が出しにくい場所は長穴を開けることもありますし、大き目な穴(10ミリボルトで14~15ミリ穴とか)にする場合も多いです。

鉄骨設計の専門家ではないのですが、ごくたまに小屋程度の設計をすることがあります。

1 鉄骨加工は図面通りの寸法の部材で作りますが、溶接によって必ず変形、誤差が出ます。
(もちろん、ひどいものは修正します)。
切断、穴あけ加工でも誤差が出ます。
現場設置の基礎のアンカーにも誤差がでます(大きければ修正します)。
図面で書いた寸法通りに加工、施工するのですが、接続部に隙間を見ておかないと誤差の吸収とか修正ができません。

今の写真でいえば、隙間が無ければ90度がきっちり出ていいのでは...続きを読む

Q鉄骨建築の場合の断熱材(グラスウール)の固定方法は?

重量鉄骨(2階建て店舗、総床面積1,000m2弱)で新築予定です。何度かこのカテゴリでお世話になってます。

「断熱材(グラスウール)の固定方法で素朴な疑問がでました。」

【質問】木造住宅の場合はグラスウールをタッカーや釘等で木部に固定すればいいのでしょうが、重量鉄骨の場合、グラスウールは具体的にどうやって固定するのでしょう?

断熱材の結露対策として、下記構成が理想的というアドバイスをいただきました。

ガルバリウム(外壁材)
+「通気層」
+「透湿防水シート」
+グラスウール(断熱材)
+「防湿シート」
+石膏ボード(クロスの下地)

グラスウールを固定するには上記に加えて、やはり「合板」等を加える必要があるのでしょうか?

もし、加えるとしたらどの部分でしょうか?

結露対策を考慮すると多重構造となり、かなりコスト高になるのでは?と心配しております。

また、外壁材にALCを使用した場合のグラスウールの固定方法は一般的にどのようにしてるのでしょうか?

現在、施工業者と打ち合わせが中断しており、話が見えない部分が多々あります。

申し訳ございませんが教えて下さい。

重量鉄骨(2階建て店舗、総床面積1,000m2弱)で新築予定です。何度かこのカテゴリでお世話になってます。

「断熱材(グラスウール)の固定方法で素朴な疑問がでました。」

【質問】木造住宅の場合はグラスウールをタッカーや釘等で木部に固定すればいいのでしょうが、重量鉄骨の場合、グラスウールは具体的にどうやって固定するのでしょう?

断熱材の結露対策として、下記構成が理想的というアドバイスをいただきました。

ガルバリウム(外壁材)
+「通気層」
+「透湿防水シート」
+グラスウー...続きを読む

Aベストアンサー

 コストと施工性の問題を一緒には出来ませんが、グラスウールを空隙に挟み込むだけですと、長期間の間には下方へずれてくる可能性はあります。
 最近やった住宅で、当初の計画ではグラスウールだった断熱材を、フォームポリスチレンのボードに変更し、200m2ほどの外壁面積に対し、施工費が18万のアップでした。
 
 施工業者と直接打ち合わせをしていらっしゃるようですが、設計監理はどうなっていますか?
 グラスウールの施工レベルについて、設計監理担当に心配だという事を伝えては如何でしょう。
 少なくとも、グラスウールを使用する場合、それがへたってこないように施工せよというのは当然主張してOKです。

Q倉庫内に寝泊りできる小屋を造りたいのですが

ベニヤで覆いをした小屋程度しか出来ないと思います。現状はコンパネが床から10cm程の所に一面に貼られています。・・その上に15mmほどのコンパネを敷き詰めて壁はツーバイホー式に建てて行こうかと思うのですが・・・・万が一地震なんかの時は外の鉄骨材で大きな損傷は考えなくても良いでしょうか??雨の問題と勾配は必要ないので素人で作って見ようかと・・・・

Aベストアンサー

>万が一地震なんかの時は外の鉄骨材で大きな損傷は考えなくても良いでしょうか??

鉄骨造の倉庫は軽いので地震でも倒壊等は心配いらないでしょう。

2×4作りは素人でも比較的簡単にできます。
屋根勾配などを考えなくていいのでさらに楽です。

2×4でできた壁内部に断熱材を入れると保温性が増します。
施工は12Vくらいの充電インパクトが1万円くらいで売られていますので、
そういうのを買うと飛躍的に作業が楽にできます。
120mmくらいのコーススレッド(ネジ釘)を買うとあっという間にできあがります。

床から10センチあげただけでは、湿気や寒さには弱いです。
その下に炭などの除湿剤をいれる。小屋はさらに10センチかさ上げして
除湿剤を入れるとよいです。床材はコンパネよりコルク質のボードを
いれると、振動などを吸収してくれるのでよいでしょう。
厚いものは高いですが、より快適に過ごせます。

小屋作りのノウハウはネットで検索すると、
皆さん、いろんなやり方でチャレンジしています。
適当に始めるより、あれこれ自分に合ったやり方、
予算にあったやり方をみつけてから取り掛かったほうがいいです。
http://diy-ie.com/koya-zoutiku1.html

ある程度、ち密な設計図を作ったら、それにそって、
2×4材を購入し、その場でカットしてくれるような
ホームセンターを近所で見つけると楽ちんです。
軽トラなども貸してくれます。

>万が一地震なんかの時は外の鉄骨材で大きな損傷は考えなくても良いでしょうか??

鉄骨造の倉庫は軽いので地震でも倒壊等は心配いらないでしょう。

2×4作りは素人でも比較的簡単にできます。
屋根勾配などを考えなくていいのでさらに楽です。

2×4でできた壁内部に断熱材を入れると保温性が増します。
施工は12Vくらいの充電インパクトが1万円くらいで売られていますので、
そういうのを買うと飛躍的に作業が楽にできます。
120mmくらいのコーススレッド(ネジ釘)を買うとあっという間にできあがり...続きを読む

Q倉庫の内装仕上げの種類

よろしくお願いします。現在設計の打合せ中です。倉庫の中は一般的に外部に使用するサイディングは必要ないと思いますが、どんな方法が適していると思いますでしょうか?倉庫(1階)の用途は、アウトドア用品・自転車・三輪車・ベビーカーなどをおきたいのです。検討しているのはPBに塗装。室内に貼るビニールクロスは適していないと思っています。
条件は以下です。1種住居・準防火地域・2×4工法・3階建て・専用住宅・延べ床面積約120m2・倉庫面積約15m2・外部との仕切りは手動シャッター。
以上です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

個人的にはPBよりはケイカル板ですね。
PBは何よりも衝撃に弱いですから重量物を頻繁に出し入れする様でしたらへこみや穴は覚悟された方がよいかもしれません。

ケイカルは強度はもとより水にも強い、ただし値はPBの2~3倍はします。
でも住宅の倉庫ですと面積は小さいでしょうからそう差は出ないでしょう。

ああ、15m2ですか、壁面は大きくても30m2位でしょう。
以下参考(ある物件にて、およそこんな所でしょう)
PB12.5mm;800円/m2で24000円
ケイカル板6mm;2000円/m2で60000円

Q鉄骨と石膏ボードだけのとこに木材を取り付けたいのですが、どうすれば?

まったくのシロウトですがスケルトンで借りる店舗の内装を自分でやりたいと思っています。
壁の中が鉄鋼だけで、その上に石膏ボードがすでに貼られています。
その鉄骨と石膏ボードだけの構造のものに柱や梁などの木材を固定させたい場合、どうやればいいのでしょうか?
石膏ボードに直接では明らかに強度不足ですよね。
専門の方や、ご経験者や、詳しい方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

no1です。
木と鉄を固定するためには、まず木に鉄の板を大きな(長い)ねじ釘で止めます。
(ホームセンタには各種のサイズの塗装かメッキをした鉄板が穴も開いて売っています。)
その鉄板と鉄骨をくっつけるのは、万力・シャコマン・クランプなどと呼ばれるもので一緒に挟み込むのです。=ホームセンタなどで現物を見て、使い勝手やサイズを検討してください。=厚みのある木の板を直接鉄骨に挟み込むことも可能。

大きな柱・梁の固定が出来れば後は普通の大工仕事。
もし、丸い断面の物を鉄骨に付けようとする場合、サイズは限られますが足場用のバイスクランプというのもあります。=数量が多い時は借りる手もあります。

工事の注意点としては、火災予防、分解の手間などからけっして溶接は考えない事。
複雑な形状でも、ねじでとめるように考えてください。

Qガルバニウム鋼板の施工方法について

現在、物置を製作中で壁材にガルバニウム鋼板の角波を使う予定です。
しかし、施工方法がわからず困っています。

今のところ、構造合板のうえに透湿防水シートを貼り、
その上に直接、角波をステンレスのビスで固定。
基礎のコンクリート部分には10センチ位かぶせるか、
水切りを付ける。
窓の部分は念のためにコーキングも行う。
この方法で問題ないでしょうか?
また、木下地(横方向に桟)を打ってから角波のほうが良いのでしょうか?

施工方法などが記載されているページなどがあれば
教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

特にルールはありませんのでどちらも正解と思われます。
参考までにURL見てください。

それよりも気になるのは 防火地域とかないのでしょうか?
合板ですと防火×ですよ。 倉庫建築でしたらURLのようにPBを貼っていますけども よく確認してください。

補足までに土台水切りをつけたほうがいいですね。
隙間から小動物が入りますし。
あとサッシ周りはボーダーと呼ばれるコの字型の部材を設けてコーキングすることも一般的です。

参考URL:http://www.murae.co.jp/katarogu/gaiheki/kakunami455.htm

Q天井の張り方

天井に910×455のジプトーン貼りたいのですが、張り方教えてください、ドウブチの方向とジプトーンの貼る方向、交互に貼るには最後のジプトーンの寸法がみな同じになるのか、天井のサイ3メートル40×3メートルです図で書いてもらうとわかりやすいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吉野石膏のHPを見るとある程度わかりやすいと思いますが、
資料請求でカタログをもらったほうが施工方法なども記載されています。

参考URL:http://www.yoshino-gypsum.com/index.html

Qプレハブの確認申請について

自己所有地に7200×7200のプレハブを事務所として設置する予定でいます。
プレハブ会社からは地域によって確認申請が必要な地域と必要ではない地域があるので
確認してくださいとのことでした。

ここで色々調べたところプレハブでも確認申請が必要とのことですね。
ですが、知り合いの2級建築士さんに聞いたところ、地面に束石を置いてその上に
ポンとプレハブを乗っける形だと確認申請は不要であり、
基礎工事や風除室をつける際の土間コンクリートの工事をするのであれば
確認申請は必要ですと言われました。

ここで調べた結果とは違うなぁと思いながらも、市役所の建築指導課へメールで相談したところ、
やはりプレハブでも確認申請は必要ですと回答されました。

不必要だという知人の建築士、必要という市役所。
やはり市役所のおっしゃる方が正しいかと思いますが、
確認申請の手続きをせずに事務所を設置している会社を知っていますし、
よく、自宅脇に6畳くらいのプレハブを物置にしておいている家庭も見かけますが、
その方々はちゃんと確認申請をしているのでしょうか?

もし、確認申請を行わずプレハブを設置した場合はどうなりますか?
ちなみに市街化区域の第一種住居地域になります。

自己所有地に7200×7200のプレハブを事務所として設置する予定でいます。
プレハブ会社からは地域によって確認申請が必要な地域と必要ではない地域があるので
確認してくださいとのことでした。

ここで色々調べたところプレハブでも確認申請が必要とのことですね。
ですが、知り合いの2級建築士さんに聞いたところ、地面に束石を置いてその上に
ポンとプレハブを乗っける形だと確認申請は不要であり、
基礎工事や風除室をつける際の土間コンクリートの工事をするのであれば
確認申請は必要ですと言われま...続きを読む

Aベストアンサー

プレハブ会社が言っていることと、建築士が言っていることを分けて考える必要がありそうです。

プレハブ会社の言う「地域によって確認申請が必要な地域と必要ではない地域があるので確認してください」は、その地域が都市計画区域等であるか否かを聞いているのだと思われます。
都市計画区域外等では、非木造の平屋建てで床面積200平方メートル以下の場合、確認申請が不要になります。

建築士の言っている「地面に束石を置いてその上にポンとプレハブを乗っける形だと確認申請は不要であり、基礎工事や風除室をつける際の土間コンクリートの工事をするのであれば確認申請は必要です」は、建築物は土地に定着したものであるから、束石の上に置くだけなら、建築物にならないから確認申請は必要ない。基礎や土間を作ると固定されるから確認申請が必要になる。と言っているのだと思います。
その建築士は間違っています。

よく、プレハブの展示場やガレージの広告などでも、確認申請不要、なんて書かれていますが、あのほとんどは嘘です。
彼らは、土地に定着していない→土地に固定されていない→アンカーで止まっていない→束石くらいまではOK、と言うように、自分たちの都合の良い方向に考えているだけで、本当は、トレーラーハウスのように、動かそうと思えば動かせるものでも、上下水道や電気を引き込み、随時・任意に動かせない用になってしまえば、建築物とされてしまいます。
「クレーンで吊れば動かせる」と言いますが、実際は無理なのです。やっぱり、定着してしまっているのです。

但し、そうした物が確認申請を受けているか、というと、受けていない場合の方が多いのも事実です。
但し、建築基準法上、違反建築物として摘発されることはほとんどありません。(税金の件とは全く関係ありません。確認申請を受けていなくても、税は取られます。)
ま、指導とか撤去命令が出されるのは、周辺から苦情が出た場合くらいですが。

ちなみに、確認申請の要否を確認するあたり、プレハブ業者は、良い業者なのかな、とかも思います。
中には、確認申請の要否で製品や仕様が変わって、大きく金額を替えてくる輩も居ますが。
確認申請が必要でも不要でも、建築基準法は守らなければならないので、大きく金額に差がある事は無いのですが。(地域により、いくらかの差は有り得ます。)

プレハブ会社が言っていることと、建築士が言っていることを分けて考える必要がありそうです。

プレハブ会社の言う「地域によって確認申請が必要な地域と必要ではない地域があるので確認してください」は、その地域が都市計画区域等であるか否かを聞いているのだと思われます。
都市計画区域外等では、非木造の平屋建てで床面積200平方メートル以下の場合、確認申請が不要になります。

建築士の言っている「地面に束石を置いてその上にポンとプレハブを乗っける形だと確認申請は不要であり、基礎工事や...続きを読む

Q外壁 鋼板波板の取り付け方法

家の外壁仕上げを鋼板の小波板タテ張りにします。
外壁はベニヤパネルで、上に防水シートを張る仕様です。
この場合、
1.通気層は設けなくていいですか。
 ベニヤに直接ビスを打つことになり、なんとなく不安ですが。
2、それとも下地のヨコ桟を使ったほうがいいですか。桟は通気を考慮して、中断したほうがいいですか。
3、ビスは山に打つのですか。それとも谷ですか
4、ビスはステンレス、ゴム座金のようなものがついているのを使うのですか。
5、ビス長さ、ビスピッチはどれくらいですか。
以上、教えてください。

Aベストアンサー

どーもです。
それはガルバ鋼板の事を言っているのですかね?
ガルバを張るのであれば、通気層は設けた方が良いでしょうね。
胴打ち(18x45x3000)を900~1000mm位の長さに切って、通気間(100mm位)を空けて横に取り付けていきます。(なるべく下地が有る場所に)
上下の間隔は450~500mmピッチ位ですかね。
鋼板はビスではなく、30~40mm位の長さのステンレスの釘でも大丈夫ですね。(まあ、ビスが良ければビスで)
打つ場所は、材料の合わせ目(サネ)の部分に打ちます。
3Mものなら、6~7本位打てばいいんじゃないですかね。(横胴打ちの所に)
まあ、ビスでやる場合でも同じような感覚でいいと思いますよ。
ところで、サッシ廻りの他、各部収まりとかは理解されておるのでしょうか?

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング