ドイツ語で
「14.10.98(1998年10月14日)」を、
「vierzehnter zehnter neunzehnhundertachtundnuenzig」
と読んでいるのを聞いたことがあるのですが、これは一般的な言い方ですか?
聞き違いかもしれず、自信ありません。
日付の他の言い方があれば、それも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

文書に書かれた日付を朗読するような時は,そのような言い方があります。


「ドイツ語文法総まとめ」(白水社)から例を借りますと,(「東京にて85年3月14日」という手紙の日付と思ってください)
Tokyo, den 14. (vierzehnten) M"arz 1985 ("はウムラウトのつもり)
Tokyo, den 14. (vierzehnten) 3. (dritten) 1985
Tokyo, 14. (vierzehnter) 3. (dritter) 1985
文章の中で,例えば「1985年3月14日に~」というようなときは,
am 14. (vierzehnten) M"arz 1985
のほうが普通です。いずれも,1985は普通に読みます。

月・日は男性名詞です。普通定冠詞を付けて使うので,数字の部分は形容詞の弱変化形になっています。
4格なのは「○月○日に(書いた)」のような意味になってくるからで,副詞的4格と呼ばれるものです。「書いた(geschrieben)」が省略されていると思ってください。
しかし,3番目の例のように数字だけのときは,「書いた」の省略ではなく,「○月○日!」と初めから日付だけを宣言している文のように感じられるからでしょうか,1格になります。
あるいは,Es ist 14.Tage, 3.Monat, 1985.のTage, Monatが省略されたという感覚で1格になるのでしょうか。
(Tage, Monatの省略は他の例についてもいえることですが。)
また,冠詞がないので強変化になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
明快な説明でよく分かりました。

お礼日時:2001/04/08 11:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語の翻訳についてです

「輝きをアレンジする」
をドイツ語で
「Glanz Anordnung」
で合ってますか?

エキサイト翻訳サイトで
単語ずつ翻訳したのですが
日本語⇒英語
英語⇒ドイツ語
で翻訳したときと

日本語⇒ドイツ語
で翻訳したときと

翻訳結果が違って
本当に合っているのか
不安なので
よければ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのやり方でいくなら Glanzanordnung(輝きの整理・配列)となります。英語や日本語のように単語を並べて新語を造ることは、他の言語ではほぼ、できません。ドイツ語では一つの概念を表す語は一続きに書く習慣で、そのため辞書にないような合成語がたくさんあります。

しかし、#1で言われているようにこれは何を表現したいのか分かりません。ただ、造語法に従っただけです。斬新な表現に対する許容は日本語にかないません。

また「…する」のような動詞形はかなり厄介なもので、活用形がたくさんある言葉では同じ「する」でもどういう使い方をするのかで形を変えなければなりません。語形変化の比較的単純な英語でも、主語なしで動詞から始めると命令文になってしまいます。

たとえば「輝きをアレンジする」でも、Glanz anordnen は不定詞で「~すること」、Ordne Glanz an! は命令文、「~する…」のように形容詞的に使うなら関係節でつなぐ、「私たちが…する」なら Wir ordnen Glanz an、「しましょう」なら Ordnen wir Glanz an など、日本語の「する」で表現しうる意味に応じてさまざまになります。

そのやり方でいくなら Glanzanordnung(輝きの整理・配列)となります。英語や日本語のように単語を並べて新語を造ることは、他の言語ではほぼ、できません。ドイツ語では一つの概念を表す語は一続きに書く習慣で、そのため辞書にないような合成語がたくさんあります。

しかし、#1で言われているようにこれは何を表現したいのか分かりません。ただ、造語法に従っただけです。斬新な表現に対する許容は日本語にかないません。

また「…する」のような動詞形はかなり厄介なもので、活用形がたくさんある言葉では...続きを読む

Qドイツ語での言い方

こんにちは お世話になります。
ドイツ語でタクシーの運転手に
「最初にAホテルに行き妻をピックアップしてから次にBホテルへ行ってください。」
と言いたいのですが、どう言えば良いか教えて下さい。
宜しくお願いします。

(単語だけは自分で調べてみました。)
最初に    am Anfang; zuerst; anfangs
ホテル       Hotel
行く        fahren
私の妻       meine Frau
ピックアップする etwas abholen
そのあとで     dann
~してください。  bitte

Aベストアンサー

No.1のものです。
紙に書いて渡すのも1つの方法だと思います。

ご参考までに、読み方と、もっともっと短い表現を・・・

Bitte, zuerst zum Hotel A. Dort kommt meine Frau mit. Und dann zum Hotel B.
→ビッテ、ツーエアスト ツム 「ホテル名A」
ドルト コムト マイネフラウ ミット
ウント ダン ツム 「ホテル名B」

Fahren Sie zuerst zum Hotel A. Ich hole meine Frau ab. Dann zum Hotel B bitte.
→ファーレンズィー ツーエアスト ツム「ホテル名A」
イヒ ホーレ マイネフラウ アップ
ダン ツム 「ホテル名B」ビッテ

もし、もっと簡単に言うならば・・・
ツーエアスト 「ホテルA」 ウント ダン ツム 「ホテル名B」ビッテ
でいいかもしれません。
あくまでも、ネイティブのドイツ語ではありませんのでご了解ください。

「ツーエアスト」は「ツーエルスト」とも発音しますので、その中間くらいの発音がいいと思います。
ミュンヘンなど、南部のドイツでは「ツエルスト」の方が伝わりやすいと思います。

もし、ホテルAで、ピックアップまでの時間、少し待ってもらいたいならば・・・
「ヴァルテンズィー アイネンモメント ビッテ」と伝えるといいと思います。

No.1のものです。
紙に書いて渡すのも1つの方法だと思います。

ご参考までに、読み方と、もっともっと短い表現を・・・

Bitte, zuerst zum Hotel A. Dort kommt meine Frau mit. Und dann zum Hotel B.
→ビッテ、ツーエアスト ツム 「ホテル名A」
ドルト コムト マイネフラウ ミット
ウント ダン ツム 「ホテル名B」

Fahren Sie zuerst zum Hotel A. Ich hole meine Frau ab. Dann zum Hotel B bitte.
→ファーレンズィー ツーエアスト ツム「ホテル名A」
イヒ ホーレ マイネフラ...続きを読む

Qgooglechrome 翻訳ツールバー ドイツ語

教えて下さい。 現在MacのデスクトップでGoogleChromeを使っています。
インストールしてからずっと、日本語以外のページでは翻訳ツールーバーが自動的に出てきていました。 ところが最近になり、ドイツ語ページのみツールバーが出なくなりました。 
英語、フランス語スペイン語など、ドイツ語以外の言語だとツールバーで翻訳するかを聞かれます。 なぜドイツ語だけツールバーが出なくなったのか全く解りません。。。
設定ページから母国語以外、、、というボックスも確認してチェックがありました。 それでもドイツ語だけが翻訳で来ません。 現在ドイツに住んでいるので、ドイツ語のみ出来ないというのが、とても困っています。 どうかご存知の方は教えて頂けないでしょうか。。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

解決法を3つご提案します。
簡単なものから順に並べています。
お試し下さい!


(1) 設定を変更する方法
Chromeの「設定ページから母国語以外、、、」というボックスの上に
「言語と入力の設定...」というボタンがあります。これを押すと添付画像のような表示が出ます。
ここでドイツ語の設定を削除すれば、再び翻訳バーが現れると思います。


(2) Chromeの翻訳用のプラグインを入れる方法
一例として、Google Translateというプラグインをインストールすると
ツールバーにいつも翻訳ボタンが表示され、1クリックで翻訳バーを呼び出すことができます。
https://chrome.google.com/webstore/detail/google-translate/aapbdbdomjkkjkaonfhkkikfgjllcleb


(3) 設定を変更する方法(上級編。多分必要ないです)
~/Library/Application Support/Google/Chrome/Default/Preferencesというファイルを編集。
"translate_language_blacklist"
という項目から"de"を削除し保存。

参考になれば幸いです^-^

解決法を3つご提案します。
簡単なものから順に並べています。
お試し下さい!


(1) 設定を変更する方法
Chromeの「設定ページから母国語以外、、、」というボックスの上に
「言語と入力の設定...」というボタンがあります。これを押すと添付画像のような表示が出ます。
ここでドイツ語の設定を削除すれば、再び翻訳バーが現れると思います。


(2) Chromeの翻訳用のプラグインを入れる方法
一例として、Google Translateというプラグインをインストールすると
ツールバーにいつも翻訳ボタンが表示され、1クリ...続きを読む

Qドイツ語での言い方

映画の感想を言い合ってるときに、

「俳優に感情移入してしまう」
「その人の気持ちになって考えると泣けてくる」

と言いたい時は、どのようにドイツ語に訳せば良いでしょうか。
教えていただけると嬉しいですm(__)m

Aベストアンサー

1)
「俳優に感情移入してしまう」
ich versetze mich in die Gefühl des (der) Schauspieler (Schauspielerin) rein.


2)
「その人の気持ちになって考えると泣けてくる」
基本形
Wenn ich daran denke, kommen mir die Tränen
<そのことバ考えっとナダ(涙)こぼれる>を活用します。
そのことバ → 人の気持ち → その人(彼または彼女)がどう感じたか(過去)
→ 強調で<そんドギ(時)に>を入れる

Wenn ich daran denke, wie er (sie) sich dabei führte, kommen mir die Tränen.
正調日本語訳
<オラそんドギ(時)奴が何カン(感)ズだが思うど、ナダ(涙)こぼれっだな。>
dabeiが兵が戦死する時なら、農民兵の日記の一文になります。

1)は武闘派親父ですので、会話で使った事は有りません。
2)は自信有りで、正調日本語訳を付けておきました。
  正調ドイツ語を話す土民と間違えらた事があります。

日本語は主語の省略が有り、名詞の性が無いので簡単で短くなります。
ドイツ文の( )内は、女性の場合です。

1)
「俳優に感情移入してしまう」
ich versetze mich in die Gefühl des (der) Schauspieler (Schauspielerin) rein.


2)
「その人の気持ちになって考えると泣けてくる」
基本形
Wenn ich daran denke, kommen mir die Tränen
<そのことバ考えっとナダ(涙)こぼれる>を活用します。
そのことバ → 人の気持ち → その人(彼または彼女)がどう感じたか(過去)
→ 強調で<そんドギ(時)に>を入れる

Wenn ich daran denke, wie er (sie) sich dabei führte, kommen mir die Tränen.
正調日本語訳
<...続きを読む

Qドイツ語への翻訳

ドイツ語への翻訳

ドイツ語で書かれたある製品のカタログを日本語に翻訳したいのですが

専門的な内容が含まれているため単純な翻訳では、文章が繋がりません。

なので翻訳専門家に依頼するしかないと思うのですが、何か別の方法はありますか?

また依頼した場合、値段はどのくらいなのでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

問題を翻訳者の語学力と専門知識に分けて考えましょう。
専門知識については、発注者が補完するという方法があります。
と云うこともあり、あなたの考えておられる分野をお知らせ下さい。
思いつきで書けば、IT、コンピュータ、法律、経済、芸術、重工業、ect.

私が取る一つの方法は、専門辞書、資料を発注者が手配し貸し出すことです。
翻訳の量にもよりますが、専門辞書の価格など、大した割合にもなりません。

ドイツ語に限って云えば、学生用の安い辞書が何処の本屋(ドイツ国内)でも売られています。
日本でも、Amazonなどから入手可能です。例えば、Schueler Duden です。
Schueler Duden Mathematik, Musik, Informatik 色々あります。
独英辞書もよいですよ。

http://www.linguee.de/uebersetzung/deutsch/
というサイトもとても役立ちます。ドイツ語の単語を入れると、この単語を使った
例文が沢山現れ、英訳が表示されます。

と云うことで、質問者様が分野と翻訳のページ数を明示して下さることをお待ちします。
もっと具体的な回答が出来るかも知れません。

問題を翻訳者の語学力と専門知識に分けて考えましょう。
専門知識については、発注者が補完するという方法があります。
と云うこともあり、あなたの考えておられる分野をお知らせ下さい。
思いつきで書けば、IT、コンピュータ、法律、経済、芸術、重工業、ect.

私が取る一つの方法は、専門辞書、資料を発注者が手配し貸し出すことです。
翻訳の量にもよりますが、専門辞書の価格など、大した割合にもなりません。

ドイツ語に限って云えば、学生用の安い辞書が何処の本屋(ドイツ国内)でも売られています。
日本...続きを読む

Qドイツ語の「時間」の言い方

なぜ

3:25 = funf vor halb vier
3:35 = funf nach halb vier

になるのかわかりません。どのように考えれば良いでしょうか。

Aベストアンサー

halb vier(4時半)のfunf(5分)vor(前)
halb vier(4時半)のfunf(5分)nach(過ぎ)

halb vier(4時半は、0時から1時までを「第1時間」とした時に、4時から5時までの間は「第5時間」。その半分だから4時半(halb vier)と考えたらよいのではないでしょうか。

下記ページでは「領域数」「経過数」の違いとして述べられています。
http://www.dokkyomed.ac.jp/dep-m/german/ess16.html

参考URL:http://www.dokkyomed.ac.jp/dep-m/german/ess16.html

Qドイツ語に翻訳してくれるサイトありますか?

ドイツ語に文章を訳したいのでが、よく英語を日本語になどという大手のサイトを見かけますが、日本語をドイツ語に翻訳したりするサイトをご存知ないですか?

Aベストアンサー

 ドイツ語だけでなく 世界8ヶ国語の翻訳ができます。

 詳細は下記の参考URLへ

参考URL:http://www.logovista.co.jp/trans/index.html

Qドイツ語で「~の」という言い方

ドイツ語で「~の」というには、どう表記したら良いでしょうか。

ドイツ語で『ウィーンの宝石』と表したいのです。
『宝石』とは音楽の都、オーストリア・ウィーン特有の音色を持つ楽器を比喩的に表したものです。

ウィーンの産物というニュアンスだと、『Edelstein von Wein』
ウィーン風のというニュアンスだと、『Weiner edelstein』
でしょうか。

どちらが正しいのか、どちらとも正しいのか、
それともどちらも間違っているのか、ご意見いただきたいです。

Aベストアンサー

ドイツ語で「~の」は2格で・・・と考えて見て、日本語表現の便利さに気付きました。

Edelstein von Wien は確かに「産」とか「ご当地」のニュアンスがありますが、
Wiener Edelstein は「風」とは限りません。Wiener Schnitzel等の料理なら確かに「風」、
オペラのWiener Staatsoperなら「風」のニュアンスは微塵も有りません。

したがって、「~の」を単純に置き換えた表現は正しいとは言えないし、間違っているとも言えない。
意味は取って貰えるかもしれないが変な表現ということになると思います。

例えば、音楽の街ウイーンは、ドイツ語Webではdie Musikstadt Wien またはまれにですが
文中にWienを補足するように Wien, die Stadt der Musik, と記されています。
質問の「~の」の発想に近いのは後者ですが、一般的では無いようです。

<オーストリア・ウィーン特有の音色を持つ楽器は『ウィーンの宝石』とも呼ばれている。>
と直接的に表現するのが無難だと思います。

良く知られているように、Singapore Penang が「東洋の真珠」と呼ばれますが、これは
Perle des Orientes と訳されています。
Perle を Edelstein で Orient を Wien で単純に置き換えるわけにも行かない例かと思います。

ドイツ語で「~の」は2格で・・・と考えて見て、日本語表現の便利さに気付きました。

Edelstein von Wien は確かに「産」とか「ご当地」のニュアンスがありますが、
Wiener Edelstein は「風」とは限りません。Wiener Schnitzel等の料理なら確かに「風」、
オペラのWiener Staatsoperなら「風」のニュアンスは微塵も有りません。

したがって、「~の」を単純に置き換えた表現は正しいとは言えないし、間違っているとも言えない。
意味は取って貰えるかもしれないが変な表現ということになると思います。...続きを読む

Qドイツ語の翻訳

車や文化が好きでドイツ人とメール交換したり品物の購入をしています。但し全て英語で行っています。大抵ある程度の英語が出来る人ばかりなのですが、品物のやり取りではやはり細かい部分になると母国語の方が良いようです。そこで、ドイツ語の自動翻訳を無料・有料いろいろ試してみましたが、どうも独日・日独だと英語と比べると怪しい訳文になっているようで、やはり自動翻訳ではダメかな、と思っています。簡単なドイツ語翻訳をメールで受けてくれる個人・会社をご存知の方、情報いただければ幸いです。また、ドイツ語が出来る方で、この翻訳サイトまたはソフトならほぼ問題ないというのをご存知でしたら教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

ここで探してみてはいかがでしょう?

参考URL:http://trans.kato.gr.jp/translators/index.cgi

Qなぜドイツ語風のサンクトペテルブルクという言い方をするのでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%9A%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF
ドイツ語は少々わかりますが、ロシア語は全くわからない者です。
ロシアの都市サンクトペテルスブルクはなぜドイツ語風に読むのでしょうか。ロシアの他の都市はどうでしょうか?何か歴史的にドイツ語とロシア語は関係があるのですか?上記URLを見てみたのですが、わかりませんでした。

そういえば「KGB」のことも、ドイツ語風に「カー・ゲー・ベー」と言いますよね。これも何か関係があるのでしょうか?それとももともとロシア語のアルファベットはそのように発音するのですか?ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これはピョートル大帝が自国の都市に「外国語で名前を付けた」からです。「東京」を「Eastcapital」と名づけるようなもので、珍しいことです。
なぜこんなことになったかというとピョートル大帝がオランダに留学していたことと関係があるようです。当初はオランダ語風に「サンクト・ピーテルブルフ Санкт-Питер-Бурхъ(ただしオランダ語としてはおかしい)」と呼ばれていたのはそのためで、それがすぐにドイツ語風に改められました。なぜ改められたのかは分かりません。

KGBは2番の方のとおりです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報