通勤電車の中で気軽に読めて
くすりと笑えるシュールな
笑い本を探しています。

気軽に読め、それでいて人生観が変わるような
哲学的な要素もあり、なおかつ、
かなり笑える本を知っている方
ご紹介下さい。

ぜひ読みたいのです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

 筒井康隆さんの



  『笑うな 』(新潮文庫2659 草171=11=K)

参考URL:http://www.jali.or.jp/tti/
    • good
    • 0

こんにちは。


人生観が変わるとまではいきませんが
原田宗典さんの本のおかげで『蕁麻疹』の原因がわかりました。

原田宗典さんの本は、大真面目なものもあれば、かなり笑える
漢方薬の話などもあり、すごーく笑えます。
シュールというものにぴたりとはまる彼の本は
読む価値があると思います。
    • good
    • 0

じょうずなワニのつかまえ方 扶桑社文庫


 ダイヤグラムグループ (著) 価格(税別): ¥667
は大笑いはできませんが、大真面目にいろんなことのやり方が説明されています。
    • good
    • 0

生き物が好きであれば、カレル・チャペックのエッセイがおすすめです。

「園芸家12ヶ月」「チャペックの犬と猫のお話」とか。
読んでいると爆笑はないけど、本当にくすりと笑えます。
    • good
    • 0

tougeicyanさん、初めまして。


シュールな笑いと哲学ときたら、
土屋賢二さんの哲学本がオススメです~!
「人間は笑う葦である」文春文庫。
オビの著者紹介から、いきなりシュール爆発で
思わずツッコみたくなる内容になっています。

本文の内容の例として
ちょっと前に話題になった、
ミネラルウォーターのカビ騒動をとりあげた哲学話に

コーラならカビが見えないから安心だとか
でもコーラは不健康そうだから
コーラ味の野菜ジュースを出してほしいとか、、、
理論は合ってるんだけれど、
なんかおかしい話ばかり、
哲学の先生なのに、オカタイ印象は全くありません。。。
人生観を変えるまでは、いかないかもしれませんが
「笑い」と「哲学」に関しては大丈夫だと思います。
よかったら、チェックしてみてくださいv
    • good
    • 0

オススメは村上春樹さんのエッセイです♪ 『村上朝日堂』とそのシリーズはおもしろいですよ。


なにげな~いことがかかれているのですが、くすりと笑えるという表現がぴったりだと思います。

全体的にほのぼのですが、ときに春樹さん独特のブラックな感じがでてます。哲学的な要素も含まれてると私は感じました。哲学が、変に小難しくなくさりげなく盛り込まれてる感じが好きです。
短編集なので電車で読むのには向いてると思いますよ。

(春樹さんファンは多いと思うので、身近な人に貸してもらうという手がもうひとつのオススメです・・・。)
    • good
    • 0

 こんばんはtougeicyanさん!



  私はあまり本を読まないので期待に答える事ができない
  かもしれませんが、数少ない読書経験の中で印象に残っ
  ているのが

   [ フリーター・クロニック ]  講談社   杉元伶一さん

  この本は、今から12年前の1989年に出版されたものです!
  ( 古くてすいません!古本屋さんかネットオークションを見てください! )
  内容は、著者の杉元さんが32のアルバイトを取材し体験する
  というドキュメントものです! 
  コンビニ、ガソリンスタンド、レンタルビデオ、ケータリング、
  ホスト、訪問販売、ガードマン、公営ギャンブル場などなど!
  とてもバラエティーにとんでます!
  外からでは分からない内部事情や人間関係が、著書のクールで
  鋭く、時にはふざけた?表現で書かれていて大笑いではなくて
  「 クス! 」と笑い、顔がにやける、そんな本です!

  この本は [ ホットドッグ・プレス ] という雑誌に、1988年
  4月25日号~1989年10月10日号に連載されていた話
  を抜粋、加筆したものです! 
  1つのバイトの話が8ページと簡潔なので1駅に1話ぐらいの
  ペースで読めると思います! 人生観が変わるような哲学的
  な要素はわかりませんが、楽しい気分になれると思います!

  これからも楽しい読書生活&通勤時間を送りください!  では!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

harpersferry-usaさん こんばんわ♪
「クールで鋭く」と言うところが
素敵ですね。それでいて「くすっ」っと
笑えるのは理想的なので、ぜひ読んでみたいと
感じました。
古本屋さんをちらっと見たのですが
見つかりませんでした。
もう少し古本屋さんで探してみて
無かったらネット注文してみますね。
harpersferry-usaさんも 
楽しい読書生活をお送りくださいね。
ご紹介ありがとうございました。
ヾ(*'-'*)ヾ(*'-'*)ヾ(*'-'*)

お礼日時:2001/04/09 22:53

先日買った本にすばらしいのがありましたので、ご紹介します。



「大嘘新聞」 光デパート・やゆよ・義眼・佐野祭共著 新潮社 1000円
「死ぬかと思った」 林雄司(Webやぎの目)編 アスペクト 1000円 (2巻も出てます)

別の意味で人生観が変わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても読書量が多い方だと感じました。
「別の意味で人生観が変わります」
というアドバイスを読み
ぜひ、すぐにでも読んでみたいと言う
気持ちでいます。
(ただ今までに紹介していただいた本を
順番に読んでみようと思っているので
少し、後にはなりそうですが)
2冊とも題名も印象的ですね。
ご紹介ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/08 23:15

他でもお奨めしましたが、


浅田次郎さんの「勇気凛々ルリの色」のシリーズがお奨めです。
読みやすく、ときにシリアスときにドタバタ、ちょっとほろっとさせるとこもあり車内読書に最適です。最も最新刊の「福音について」はちょっと内輪ネタが増えて読み応えがなくなっちゃいましたが・・・。

あと、変り種ではとり・みきさんの「大雑貨事典」(ちくま文庫)なんかも・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シリアスありドタバタありもありつつ泣ける
っていいですね('-'*)
浅田次郎さんの本はまだ一度も読んだ事が
ありませんでした。
(つくづく読む本に偏りがあることを実感しています)
さらに とり・みきさん というお名前は
始めて耳にした次第。。
探して読んでみます。
アドバイスありがとうござました。

お礼日時:2001/04/08 23:09

笑えると言えばここまで笑った本はありません。



「いつまでもとれない免許」井田真木子:著
             しりあがり寿:絵
             (集英社)
いつもはヘビーな対象について書いているノンフィクションライターが
運転免許に挑戦したところ、、それはとんでもないことになってしまったという記録です。

著者の読んだ本、体験から思い起こされるものと
大笑いの体験をリンクさせているところなどある意味哲学的です。

ただ「くすりと笑える」どころでないので電車の中ではご注意下さい。1998年発行、入手可能なようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「くすりと笑えるどころではないので
ご注意下さい」と言う事ですので
読む上で かなり期待感を感じました。
ある意味、哲学的だと言う点も うれしいです。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/04/08 22:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPに本の売れ筋ランキング10位を表示させるには

アフェリエイト広告を使用したHPを持っています。
いちいち手打ちで打ちかえるのではなく、自動的に本の売れ筋ランキング10位を表示させたいのですがそういう機能はあるんでしょうか。どこかのサイトでチラッと見た事があるのですが・・。
知っている方がいらっしゃれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アマゾンのアソシエイト・プログラムには「ベストセラーリンク」という機能がありますよ。ジャンルを指定してベストセラーを表示することも出来ます。

詳しい内容や使い方は、アマゾンのアソシエイト・プログラムに参加したあと、ログインして「リンク作成」を見てください。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

Q林真理子を知るにはこれを読め!という本を紹介してください

こんにちは。

林真理子さんに興味が湧いたので彼女の著書を読んでみたいと思っています。しかしあまりにも数が多すぎるので、皆さんに助けて頂きたいです。
この本を読めば彼女が分かる!彼女を知るにはこの本!、というような「生き方や考え方・特徴」が最もよく表れていると皆さんが思う本を、小説・エッセイそれぞれの中から教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

林真理子さんの大ファンです。

林真理子さんといえば、エッセイなら「美女入門」(マガジンハウス・角川文庫)「夜更けのなわとび」(文春文庫)
ですが、
初期の作品なら「葡萄がめにしみる」
「本を読む女」
「コスメティック」
などに彼女の文体の力強さが現れていると思います。
林さんはアンアンに連載されている「美女入門」と週刊文春に連載されている「夜更けのなわとび」、それぞれ文体を書き分けているところが興味深いです。
「不機嫌な果実」はドラマ化・映画化され有名ですが、私は読んでません・・・。

ご参考まで。

QAmazon 売れ筋ランキング: 本 とは何

Amazon 売れ筋ランキングとは何ですか? 読んで字のごとくだと言われそうですが、一冊自著を出して、数値が大きく変わるので、とても気になります(まあ、何万から何十万の間ですが…)。これまでの累計のランキングなのか、時間単位に売れたランキングなのか、ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。やはりブラックボックスかつ私も知りませんでしたが、少し調べたところ概ね1時間単位の更新かつ直近で売れたものが反映されているようです。ですので、せどりで稼がれている方は最近のランキングはアテにしすぎないそうです(≒ロングセラーではないため)。
下記のURLなどを参考にしました。
http://mutojapan.com/nomadexporter/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF2013/
http://togetter.com/li/385488

Q「読め!」と言えちゃうような本を教えて!

村上春樹と吉本ばななが好きです。この二人はエッセイと最新作を除いて全ての作品を読みました。というわけでこの二人を除いた全世界の全ての作家さんの本で(ただし日本で手に入る本でお願いします^^;)「これぞ!」というもの、「読んだら?…むしろ読め!」というものなど、教えていただければと思います。その人の次回作が読みたくなった作家さん、何度読んでもイイと思える本など、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

僕も村上春樹と吉本ばなな好きです。そんな僕がオススメできるのは、

乙一(おついち)さん
の作品はどれもすばらしいです。
この人も比喩がすばらしいので春樹党の人には受け入れやすいと思います。

レイモンド・チャンドラーさん
の「長いお別れ」なんかは春樹ルーツのわかる作品です。

参考になればと思います。

Q★売れ筋ランキングなどの番組教えてください

巷で良く売れていて話題になっている商品を探しています。
楽天市場の「ランキング市場」というコーナーなどランキングサイトはたくさんありかなり参考になりますが、テレビ番組でも(テレビショッピングではなく)売れている商品やトレンド情報を番組で紹介していることがよくありますよね。定期的にそうしたランキングを放映している番組があったように思うのですが思い出せません・・・。どなたかそういった類のためになる番組をご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

TBS系列で放送されている、土曜日深夜25:40からの「ランク王国」はいかがでしょう?

同じくTBS系列の土曜日9:30からの「王様のブランチ」もあります。

参考URL:http://www.tbs.co.jp/brunch/

Q4,5年前に流行った成功哲学の本

あの本をもう一度読みたいと思っているのですが,題名が思い出せません.

多分,緑の表紙だったように思います.
子供にも読めるような易しい本です.

内容は,うろ覚えですが,
ある地にしかないという幻の草を探しに行くという冒険小説.
出来ることはさっさと片付けてしまう,
探してなかったら植える,
などと,成功の秘訣のヒントのようなものが書かれていました.
最後は見事にライバルに先んじて期限内に目的の物を手に入れる,
というお話です.

題名が分かる方があれば教えて下さい.

Aベストアンサー

とっさに、"チーズは・・・"を思い浮かべたのですが、
あれは、黄色の本だったので、

これでは、ないでしょうか。
"ポプラ社 グッドラック"

参考URL:http://www.poplar.co.jp/jidou/think_kodomo/column118.html

Qamazon 売れ筋 ランキング 表示サイト

ご覧頂きまして、本当にありがとうございます。
困ったことがあるので是非お教え頂けませんでしょうかm--m
内容ですが、
amazon.co.jpでの 現在とか過去どのくらい売れたか、人気などを紹介してもらえるサイトを探して降ります。自分で探したのですが、検索の仕方が悪かったのかあまり見当たりません。
もっと使い勝手が良いものを求めています。
2つ見つけたましたが、いまいちでした。
http://amazon-ranking.appspot.com/  
【ランキング推移をみる】というボタンを押しても何もでません。。
又もうひとつがこちら
http://www.rankbank.net/amaran/rank/?date=11042421&cat=digest  

これら以外にありませんでしょうかm--m
希望と致しまして、例えばヤフオクのデーター化したサイト→オークファン・オークデータ
のようなイメージの 名前かカテゴリー・期間を絞って 何個売れたか、または金額・順位など
を表示してくれるサイトを探しております。

全部当てはまらなくても結構ですm--m

ぜひ教えて頂けませんでしょうかm--m 


最後まで目を通して頂きました事感謝致します。
よろしくお願いしましますm--m

ご覧頂きまして、本当にありがとうございます。
困ったことがあるので是非お教え頂けませんでしょうかm--m
内容ですが、
amazon.co.jpでの 現在とか過去どのくらい売れたか、人気などを紹介してもらえるサイトを探して降ります。自分で探したのですが、検索の仕方が悪かったのかあまり見当たりません。
もっと使い勝手が良いものを求めています。
2つ見つけたましたが、いまいちでした。
http://amazon-ranking.appspot.com/  
【ランキング推移をみる】というボタンを押しても何もでません。。
又もうひとつ...続きを読む

Aベストアンサー

有料サイトはしりませんが
アマデウス2つという有料ソフトがございます。
http://www.facebook.com/amadeus2nd?v=app_180814985310201

ただ、アマゾンAPIからデータ取得について

本年10月26日よりデータ取得に大きな変更点が出るそうです。

データ取得上限が4000件から100件に制限されること、
商品コンディションのデータが取れなくなること、
最安値のデータしか取れなくなること、
などです。
この変更で、アマゾンのAPIからデータ取得をして成立していたサービスの多くが
大幅に質を落とすことになる可能性が考えられます。

このツールも、その辺を考慮して考えた方が良いかと思います。

私は、自分専用のツールをつくってデーターを取っていますが
10月26日以降は厳しそうです。

Q子供でも読みやすく理解しやすい哲学の本ってありますか?

子供でも読みやすく理解しやすい哲学の本ってありますか?
私が小学生高学年位のときに確かな題名は覚えておりませんが
「子供のための哲学」という本を読んだことがあります
確か二人キャラクターが出てきて掛け合いみたいな感じで話が進み
小学生でありながら哲学の面白さを感じました
そしてさまざまな哲学本を見たのですがやはり難解なものばかりで途中で読むのを止めてしまったものばかりです
子供でも分かりやすく読みやすい哲学書がありましたら教えてください

Aベストアンサー

佐藤雅彦さんの「プチ哲学」はどうですか?
哲学書などと言えるレベルかは分かりませんが、読み終わると何か視界が開けた気分になります
絵ばっかりで大人なら20分ぐらいで読み終わります

Q多数あるTOEIC勉強本の中からお勧めは?

本屋にいくとTOEICの勉強本が多数ありどれがいいのかが分かりません。
大型書店ですと、30冊以上はありますので…
「海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点」の評判がいいので買おうと思っているのですが、皆様のお勧めのTOEICの勉強本がありましたら、教えてください!!

Aベストアンサー

あなたの実力や試験を受ける時期などが不明なのでどんな本がおすすめかは言いにくいです。どちらにしろ自分で納得した本を選ぶべきでしょうね。

TOEICの参考書は大きく英語力養成用とテスト対策用に別れます。
自分の弱点をしっかり把握した上で、必要な英語力を上げる参考書を選び、テスト2週間前くらいになったらテスト対策用のものを選んでテストに慣れましょう。
質問に応えていない感じですいません。でも自分のレベルに合わない参考書をやることは最悪なので、やはり自分で自分のレベルにあったものを探してください。

「海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点」
これはTOEICの勉強法が書いてある、モチベーション維持のための本みたいですね。これでやる気を出すのもいいかもしれません。ただこれは勉強をする気になるための本なので実際の勉強は他の本でしましょう。

Qお笑い芸人が著した本

お笑い芸人さんが著した本でものすごく面白くてオススメな本があったら教えてください。

Aベストアンサー

川柳川柳著『寄席爆笑王 ガーコン落語一代 』(河出文庫)。古今亭志ん生著『なめくじ艦隊』。
柳家小三治著『ま・く・ら』(講談社文庫)。春風亭柳 昇著『与太郎戦記』(ちくま文庫)。
伊集院光著『のはなし』。

グルーチョ・マルクス著『好色一代記』(青土社)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報