円高の今、ドルを買っておくと、円安になった時得をするのでしょうか。1ドル85円の今なら、今後1ドル100円になったら、15円の得になるというので、ドルを買っておいた方がいいというのですが、手数料など細かいことが分からないので、あくまで円安になることを前提に、教えてもらえないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 手数料の安さでいえば、こんな商品もあります。

満期というものもないので都合のいい時に決済すればいいです。

 http://www.gaitame.com/service/leverage_1.html

 しかし上記のものはレバレッジ1倍の外国為替証拠金取引(FX)になりますので、決済時に得た利益に応じ、雑所得として確定申告する必要があります。

 http://www.gaitame.com/service/kshinkoku.html

 現在、米国は貿易赤字を減らしたいのでドル安を望んでいると言われています。なので円高はまだ進行するのではないかと思います。私個人の予想として1ドル=80円近くまでいくのではないかと思います。

 なので外貨を買うなら、もう少し時間をかけて勉強すると良いと思います。
    • good
    • 11

質問者様が提示している前提では外貨MMFを買うと税法上有利です。


仮に1$=85円で買って、1$=100円で売った場合は15円の為替差益が得られます。
外貨MMFは元本保証はありませんが、為替差益は非課税です。
為替差益非課税とは別に、条件を満たせば金利部分が非課税になるBST(ボンド・セレクト・トラスト)を使うと、上手くやれば金利+為替差益が非課税になります。
BSTの場合は償還前までに売却する事です。
ただし、FXに比べて為替手数料が高めです。
米ドルではBST、外貨MMFでは為替手数料が片道0.5円が多いです(参考URLではBSTの例)。
この前提だと14円の為替差益と米ドル金利ですね。

FXを使うと利益に対して住民税の支払い義務(年間1円以上、20万円以下の利益では住民税申告の義務)が発生し10%課税されます。
なお、年間20万1円以上では住民税とは別に所得税の支払い義務が生じます(確定申告の義務)。
その他に、FXでは金利差が逆転するとスワップポイントの支払いが発生します。
ただし、為替手数料が安いのが特徴です。

ですから、為替手数料が高めですが外貨MMF、BSTの方が余計な税金の心配をする必要がありません。

参考URL:http://www.nomura.co.jp/retail/fund/ffund/bst/in …
    • good
    • 19

ドル円の実効レートを考えると100円になることは考えられないです。


過去のレートをみるとわかるようにプラザ合意後の日本の円はずっと右肩下がりです
ブッシュ 小泉内閣のときは米国の景気がよくて日本がデフレにあって二人の仲がたいへんよくてお互いの国が強調介入したからいったん円安になったに過ぎません
今は世界中の景気が低迷する中で日本が海外を軸に輸出で黒字を確保し続ける構図の中では円高しかないのです。現状では78円程度さらに今後は円高になることは必死と考えられます。
後ドルについては円と同様に金利が低いので買っても利息がつかないのでかわないほうがいいと思いますただし FXなどで日々売買するというのであればまったく別の話です 
    • good
    • 7

学校で聞いた話ですが、将来的には円安になるらしいですよ。


今のうちにドルを買っておいた方がいいとおもいます。
しかし、1ドルや、10ドルとかじゃ、いみがないので、お金に余裕があるならば、1000万ドルくらい買っておいたら、100万以上は、儲かりますよ。
まあ、あと、10年、20年じゃ、円安にならないと思いますが。
    • good
    • 18

単純な話ではそのとおりです。

85円で買って100円で売れば15円の利益です。ただし外貨は売り買い手数料が発生します。粗い計算ですが買って1~2円、売って1.5~2円程度かかります。従って15円-4円で11円前後の利益になります。

ドル定期預金もあります。ただし売り買いの利益+定期預金の金利がプラスされます。円預金よりは高い金利が設定されています。

まぁ・・・損してもかまわない余裕の資金があれば買ってみて下さい。
    • good
    • 20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「豪ドル/円が上昇する」とは円高進行なのか円安進

為替相場の解説をきくとよく「豪ドル/円が上昇する」とか「豪ドル/円が低下する」とか聞きますがこれは円高になるということなのか、円安になるということなのか無知な小生には判別できません。どなたかご教授ください。「豪ドル/円が上昇する」とは円高になるのでしょうか。それとも円安になるのでしょうか。

Aベストアンサー

難しく考えることはないと思います。
通貨ペア(通貨の組み合わせ)における並び順は分数と同じです。
日本国内では大抵の通貨に対して日本円は右側、つまり分母ですので、
その通貨ペアが上がれば円安、下がれば円高と覚えれば十分です。

ですので、「豪ドル/円が上昇する」というのを分数で考えれば、
豪ドルが上がるか、円が下がるかの話ですから豪ドル高円安です。
ユーロ/豪ドルという通貨ペアが下がれば、ユーロ安豪ドル高です。

ここからは余談になりますが、
このとき、その原因が豪ドルにあれば豪ドル/日本円相場は上がります。

ちなみに、この右側の通貨のことを決済通貨といいますが、
文字通り右側の通貨で左側の通貨を売買しているという意味です。
日本国内で大抵の場合日本円が右側に来ているのは、
日本円で決済する便宜を考えれば当然ですね。

Q1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。
1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

ドル円は4円差があるのですが、香港ドルは0.4円しか差がありません。
この差を利用して儲けることができるのでしょうっか?

Aベストアンサー

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香港ドル、というレートに修正されてしまうと、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えても、また円を香港ドルに替えてそれをドルに替えてそれを円に替えても、元のままです。
 円・ドル・香港ドルに限らず、商品(石油とか)や債券との間でも裁定機会は滅多に生じず、生じても即座に消滅する。(てか、古典的経済学では「裁定機会は存在しない」というのが定説だった。でも最近になって実際にデータを詳細に調べたら(まれに瞬間的に)裁定機会が生じていることが発見された、という話なんです。)

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

の時点でドルを買った人Aと、香港ドルを買った人Bとがいたとする。その後、第二の時点で

> 1ドル125.6円の時、1香港ドル16円でした。

となった。つまり、ドルも香港ドルも高くなった。この時点で、Aが手持ちのドルを円に替え、Bは手持ちの香港ドルを円に替えたとすると、A,Bどちらも、買うのに使った円よりも多くの円を手に入れる。
 これは単に、Aは円とドルの間の為替差益、Bは円と香港ドルの間の為替差益によって、この場合はたまたま儲けたというだけのことです。
 第二の時点でまだ売らずにおけば、後でもっと為替差益が大きくなってさらに儲けられるチャンスが来た(だから第二の時点で売らなきゃ良かった)かもしれないし、あるいは、売らずにおいたらその後「売ったら損になる」状況が続いて資金が塩漬けになっちゃう(だから第二の時点で売っといてよかった)かもしれない。
 要するに、売りたいときに売りたいものを持ってないと意味がない訳で、そのためにはあらかじめ「将来売りたくなるもの」を予想して買っておかなくてはならん。博打の一種にすぎません。

> 1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円でした。

で、そのとき、1ドルは何香港ドルだったのか。「1ドル121.5円の時、1香港ドル15.6円、1ドルが(121.5÷15.6)より多い香港ドル」だったとするなら、円をドルに替えてそれを香港ドルに替えてそれを円に替えると得をする。
 こういう状況を「裁定機会」と言う。もし裁定機会が生じたら、1/1000秒にも満たないうちに誰か(のコンピュータ)がこの取引をやってしまうんで、すぐに換算レートが修正されて、裁定機会は消滅しちゃいます。すなわち、1ドルが(121.5)÷(15.6)香...続きを読む

Q1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、

1ドル118円の時、円からドルに換金したドルと、1ユーロ151円の時、円からユーロに換金したユーロをいくらかずつ所有しています。1ドル80円、1ユーロ114円となった今、これらの外貨を最小限の損失で運用するにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

先日TVで見たのですが、ドル円の予想で110~120円になるには10年くらいかかるという専門家が6人中3人でした。
ドルやユーロが通用するところへ旅行に行ったとき使ってくるくらいです。

QFXについてです。 超簡単に言うと、 1ドル100円の時にドルを買って、 1ドル120円の時にドルを

FXについてです。
超簡単に言うと、

1ドル100円の時にドルを買って、
1ドル120円の時にドルを売れば
20円の利益が出るってことですよね?

Aベストアンサー

1ドル100円で買い、120円で売ると、20円得。
でも、
1ドル120円で買い、100円で売ると、20円損。

100円で買って、期限までに値が上がらないと、
損する値で売るしかない。
期限が来る前に、値が下がると、追加証拠金払わないといけない。

当てが外れると絶対に損が出る仕組みです。

Q為替 円安 円高 ドル安 ドル高

無知な質問だと思いますがよろしくお願いします。
現在ニュースで為替のことが騒がれてますがこれは日本にとって良くないことなのでしょうか?
1ドル96円代って日本にとってはだめなんですか?
私の考えだとドルを96円で替えるなら得だなぁーと思うんですけど。
小学生でもわかるように説明お願いします。
無知な質問ですいません。

Aベストアンサー

小学生でもわかるように説明…との事ですので、中学生の息子への説明に挙げた例をひとつ書いてみます^^

日本を代表する大企業の某自動車メーカーは、日本から米国に多くの車を輸出し、決済にドルを使っています。

1台1万ドルの車は、1ドル100円で計算すると100万円になりますが
ドルが1円安くなり、1ドル99円で計算すると99万円になってしまいます。

この自動車メーカーは、ドルが1円安くなると、約350億円の損失となってしまうそうです。

また、車の部品を作る鉄などの鉱物や輸出運搬のためにかかる輸送費(原油や人件費)などは
年々価格が高くなってしまっているため、実際の損失はもっと多くなる事が予測されます。

最近、ドルがとても安くなり、外国からの輸入品を今までよりも安く買えるようになった気持ちになりますが
ドルが安くなると、このように日本を代表する多くの輸出関連企業が大きな損益を被る事になってしまうのです。

日本の株価を支えているような各大企業の損失が見込まれると
それら企業は人兼費削減のために新規雇用数や社員数を減らしたり、
生産に関連する下請け企業までもが、賃金や部品などの値下げを迫られてしまったりします。

また、これら大企業の利益や、それらに勤める人々の所得から、各種税金をとって支えにしている日本政府は
その税金の収入が予定以下のものになれば、消費税や個人の所得税などを上げてでも
国の予算をまかなわねばならなくなってしまうのです。

ドルなどの外国為替を買う側の人や、大手企業などに直接関連しない個人にとっては
輸入商品が安く買えたり、海外旅行に安く行けたりするので、とてもお得な印象を受けますね。

今は関連している人々にとって極端なドル安は悪問題ですが
関連していない人々にとっても、後々になって、自分でもこうむってしまうような悪問題なのです。

小学生でもわかるように説明…との事ですので、中学生の息子への説明に挙げた例をひとつ書いてみます^^

日本を代表する大企業の某自動車メーカーは、日本から米国に多くの車を輸出し、決済にドルを使っています。

1台1万ドルの車は、1ドル100円で計算すると100万円になりますが
ドルが1円安くなり、1ドル99円で計算すると99万円になってしまいます。

この自動車メーカーは、ドルが1円安くなると、約350億円の損失となってしまうそうです。

また、車の部品を作る鉄などの鉱物や輸...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報