家を持とうと思っています。
最近ひとつ建売住宅で気にいったものがありましたが、その土地が航空法が摘要されている土地だそうです。

航空法が摘要される土地のデメリットはどんなことなのでしょうか?
やはり、土地の評価はかなり低いのでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

航空法で制限表面の突出を規制されていることだと思います。


それにより3階建てまでしか建てられないのではないでしょうか。
飛行場から概ね3km以内ではないですか?
この制限表面は、航空機の進入路側と滑走路と平行する側で若干異なるのですが、どちらも滑走路付近をゼロとして放射状に傾斜をもって高くなっていきます。
なお、滑走路の高さを基準にしていますので、滑走路から離れていても滑走路より高い標高の場所であれば、地面と制限表面との間隔が狭くなってしまう場合もあります。
制限表面を超える(突出する)ことはあらゆる物に対して対象となり(アンテナ、避雷針、建設のためのクレーンなど建物に限らずということです)、制限表面を越える高さのものを設けてはならないそうです。
また、制限表面を突出しなくても、その高さに近いものについては、夜間に近接物があることを示す、航空障害灯とよばれる航空法に定められた赤いランプを設けなければならず、煙突、鉄塔のような細いものについてはさらに昼間障害標識という朱と白の縞状塗装が必要となるようです。
 ですので、その土地での地面と制限表面との高さを聞いておいたほうがよさそうです。場合によっては航空障害灯が必要となる高さも。
(航空障害灯や昼間障害標識は制限表面が関係しないところでも、地面から60mを超える高さのものについては航空法で設置が原則として義務付けられています。)

これが個人的に問題発生せず、騒音も問題なければ飛行機による交通の便もよさそうですが・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変わかりやすい説明をして頂きありがとうございます。

早速教えて頂いたことを住宅会社の人に質問してみようと思います。
航空法をキーワードにして検索エンジン等でも検索してみましたが、説明が難しいものがほとんどでわかりませんでした。
本当に助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/11 12:24

航空法には詳しく無いのですが。


以前空港近くで設計をした時、引っかかってきたのは高さ制限でした。その時は10m以上の建築物どころか、アンテナなどの突起物も禁止でした。
建売住宅と言うことで、現状ではクリアしているのでしょうが、建替時に要注意と言った所でないでしょうか。
住宅会社の方に、よく聞いて、確認なさるのが一番でしょう。
それより、個人的には航空機のうるささが心配ですけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

住宅会社の人との話しで、高さ制限の話しは出たのですが、その時の話しだと「用途地域が1種中高層だから3階建てまでしか建ちません」とのことでした。
それとは別に航空法で規制されたりする場合もあるのでしょうか?そのあたりを確認した方が良さそうですね。

騒音については実際に聞きましたが、自分が飛行機好きなせいかもしれませんが、さほど気になりませんでした。まわりの住民の方にも聞いてみましたが、もうなれてるのかあまり気にならないとのことでした。

とにかく自分たちが納得できるまで調べたり、説明を聞いたりすることが必要ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/10 10:28

航空法の何が適用されるのでしょうか。


制限表面に近接しやすいところなのですか?

この回答への補足

お返事ありがとうございます。

航空法の何が摘要されるのかということすらわかっていません。
というよりも、航空法が摘要される場所というのは、みんな同じ条件が摘要されるのかと思っていました。
もしご存知でしたら、どんなケースがあるのか教えて頂けませんか?
よろしくお願い致します。

補足日時:2001/04/10 10:18
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学法律】航空ガソリンが消防法の危険物に当たらないのはなぜですか? ガソリンは3種類に分けられてお

【化学法律】航空ガソリンが消防法の危険物に当たらないのはなぜですか?


ガソリンは3種類に分けられており、自動車ガソリン、航空ガソリン、工業ガソリンがあります。

しかし、消防法には自動車ガソリンと工業ガソリンしか記載されていません。

どうして航空ガソリンは危険物ではないのでしょう?

Aベストアンサー

>しかし、消防法には自動車ガソリンと工業ガソリンしか記載されていません。
消防法に自動車ガソリン、工業ガソリンの文言は有りません。
ガソリンについても
別表第1 備考第12号に「第一石油類とは、アセトン、ガソリンその他一気圧において引火点が二一度未満のものをいう。」としているのみです。

危険物の規制に関する政令も「ガソリン」のみです。
危険物の規制に関する規則には「自動車用ガソリン」の文言も出現しますが給油機の表示、ノズルの色を定めているだけです。

Q買った建売の土地が以前沼地でした

2F建ての2×4です。
購入した後で、ご近所さんに聞き30年くらい前
まで沼で子どもがザリガニとりなどをしていた
土地だったそうなんです。。。

工事を見ていたご近所さんのお話では、工事の前に
土を入れ替えていたらしく、そのときヘドロのよう
な臭いドロがでてきて大変だったとか。
分譲の中に3F建が1軒あるのですが、地下を掘っ
たら水がでてきて大変だったらしいとか、まさかの
話をきいてとてもショックです。。。

購入前に不動産屋さんに地盤は?と聞いたときは
「悪くはないです」といっていたのに。。。

でもJIOの地盤調査と保証書があるのとさらに
地盤改良で杭を5本ほど打っているみたいなんです。

こんな土地でも地盤改良されていれば30年くらい問題
なく住めるのでしょうか。。。

35年ローン(返済は30年目標)で大事に使って長く住
もうとおもっていたのに、地盤が悪いともうダメでし
ょうか。。。

周りはアパートや戸建すぐ裏(同じく元沼地)にマン
ションとか建ってるんですけど、新しいせいか特に
ひび割れなどはないのですが、古い戸建は家の前の階
段に隙間あいてたりして地盤のせいかわからないです
が、見るたびに気になっています。

2F建ての2×4です。
購入した後で、ご近所さんに聞き30年くらい前
まで沼で子どもがザリガニとりなどをしていた
土地だったそうなんです。。。

工事を見ていたご近所さんのお話では、工事の前に
土を入れ替えていたらしく、そのときヘドロのよう
な臭いドロがでてきて大変だったとか。
分譲の中に3F建が1軒あるのですが、地下を掘っ
たら水がでてきて大変だったらしいとか、まさかの
話をきいてとてもショックです。。。

購入前に不動産屋さんに地盤は?と聞いたときは
「悪くはないです」と...続きを読む

Aベストアンサー

地盤については誤解も多いのです。

地盤が弱くても、その弱い地盤に合った地盤改良を行えば十分に強い家が建ちます。もちろん地盤改良の費用は多少かかります。

購入する土地の地盤を事前に全て把握することは現実的には不可能ですし、建てる家の形状によっても地盤改良の方法が異なります。

もっと言えば、現代の地盤改良技術では、建てられない場所はありません。

地盤は対処ができますが、決定的に問題なのが「大雨や洪水の時に浸水しやすいかどうか」です。これは地下水位や地盤の良し悪しとは直接関係ありません。市町村のハザードマップを見てください。

お話からは地下水位が高いようですので、地下室や掘り込み車庫などは避けて、基礎はなるべく高く(40-50cm程度以上)してもらうのがよいでしょう。

水はけについては、庭や家に排水路を作ってもらうようにして対処します。

以前の湖沼を埋め立てた新興住宅地はけっこうありますが、安全で住みやすいものもありますし、そうではないものもあります。情報からは一概に「×」とは言えません。

Q航空法について

航空法についてお聞かせください。

飛行場や自衛隊などが全く周りにない住宅地域に住んでいます。

飛行機からは騒音が出ますが、航空法で規制があるものと思っております。

昼間の飛行機はもちろん、夜間や雨天などの視界不良時、飛行地域への騒音対策などあるのではないかと思っております。また天候によって飛行する高さなども違ってきますよね?

航空法で騒音規制あるのならどのような対策がされているのでしょうか?

ご存知の方お聞かせください。

Aベストアンサー

民間航空機に関しては航空法で基準があります。
元をたどれば航空法第一条に下記の一文があり、騒音規制も含まれます。
「(抜粋)航空機の航行に起因する障害の防止を図るための方法を定め、」
具体的な基準は、現在は耐空証明↓に含まれる(過去には「騒音基準適合証明」
という基準が独立してありました。)騒音基準があります。
耐空証明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%90%E7%A9%BA%E8%A8%BC%E6%98%8E
耐空証明を得るための耐空検査審査項目として、航空法第10条4項に
「航空機の種類、装備する発動機の種類、最大離陸重量の範囲その他の事項が国土
 交通省令で定める航空機には、国土交通省令で定める騒音の基準」があり、
航空法第15条にも耐空証明の失効要件として
「2.第10条第4項第2号に規定する航空機 当該航空機が航空の用に供してはなら
 ない航空機として騒音の大きさその他の事情を考慮して国土交通省令で定めるもの
 に該当することとなつた場合」と、要するにうるさいと判断されれば自動車の車検
 に相当する耐空証明は取り消す、と書かれています。

この他にも航空路が指定されています。
http://www.houko.com/00/01/S27/231.HTM#s5
つまり「基準以下の騒音を出す航空機が決められた通りにしか飛ばない」ことが
航空法上の騒音対策であると思います。

しかしここまでは民間航空機のことであって、自衛隊機は自衛隊法、米軍機は日米
安保条約のもとで飛行しますので基本的に航空法と無関係で適用を受けません。
法律の専門家でもないので正確な表現ではないと思いますが、こうした場合は
先のご回答にもあるような、日米地位協定等をもとに影響を受ける地域ごとに
自治体と米軍で合意文書を作ってそれを規制の根拠としている状態と思います。

民間航空機に関しては航空法で基準があります。
元をたどれば航空法第一条に下記の一文があり、騒音規制も含まれます。
「(抜粋)航空機の航行に起因する障害の防止を図るための方法を定め、」
具体的な基準は、現在は耐空証明↓に含まれる(過去には「騒音基準適合証明」
という基準が独立してありました。)騒音基準があります。
耐空証明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%90%E7%A9%BA%E8%A8%BC%E6%98%8E
耐空証明を得るための耐空検査審査項目として、航空法第10条4項に
「航空機の種類、装備する発動機...続きを読む

Q土地付一戸建て(建売)を買う場合

土地付一戸建て(建売)を買う場合・・・

友人が購入を考えてるのですが。
物件価格以外にかかる

(1)諸経費(司法・登記・手数料等)
(2)年間の税金(建物+土地)

を知りたがっています。彼女宅にはpc(ネット)がないので、情報収集もままなりません。(業者へ相談しにいくも、小さな子供がいるので何かとできないそう。ましてやまだ本決まりじゃないから質問攻めもなかなか出来そうに無い)

それで、pc所持の私に相談されたのですがどーにもこーにもhp検索しても
むつかしーのばかりで「例えば物件価格が****万円なら諸経費がこんくらいで年間の税金請求額がこんくらいです」ってゆーリアルな例がない・・(つーかこの時間まで頑張ったけどhitせえへん・・・)

とゆーワケで助け船を出航・・・・・・・
そうゆうシュミレーション的なhp(ローン返済額シュミレーションだけでなく、購入時始めにかかる諸経費もズバリでてるような)ご存知の方、お力を貸して下さい・・


例えば(土地1700万+建物2000万=計3700万)を購入する際、
頭金1000万入れたとしても他にナンボくらいまだ出さなアカンかってゆーようなことです・・・。

土地付一戸建て(建売)を買う場合・・・

友人が購入を考えてるのですが。
物件価格以外にかかる

(1)諸経費(司法・登記・手数料等)
(2)年間の税金(建物+土地)

を知りたがっています。彼女宅にはpc(ネット)がないので、情報収集もままなりません。(業者へ相談しにいくも、小さな子供がいるので何かとできないそう。ましてやまだ本決まりじゃないから質問攻めもなかなか出来そうに無い)

それで、pc所持の私に相談されたのですがどーにもこーにもhp検索しても
むつかしーのばかりで「...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.jyukou.go.jp/index.html
住宅金融公庫。諸経費も含めたシミュレーションができます。ページ上部の「ローンシミュレーション」をクリックしてください。

http://www2.myhomeplus.com/money/moneysim/index.php
各種シミュレーションができます。メンバー登録が必要です。

http://www.isize.com/cgi-bin/rperl5.pl/house/01/edit/loan/index.html
ローンや諸費用について知っておくべきことがまとめられています。

その他、「住宅購入 試算」などで検索すると、多数ヒットします。

Q航空法について

お世話になります。
航空法を見ているのですが、
最近の航空法の内容で改正されたところは
どういったものがあるでしょうか?
ネットを探しましたが見つけられません。

それと航空六法とはなになにがあるのでしょうか?
どなたかご存知でしたらどうぞご教授下さい。

Aベストアンサー

 最近の航空法の改正ですと、2001年01月31日の日本航空機の静岡県焼津市でのニアミス事故をきっかけに全機体にTCASの装備を義務付ける改正がされましたよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%B3%95

Q建売・土地売りって儲かりませんか?

建売屋さん見た目に比べ年中資金難なのか自転車操業なのかわずかな金を士業種にに値切ってきますね、そんなに儲からない業種に堕ちましたか?。
ちなみに私は調査士です。

Aベストアンサー

相手によりけりでしょうが、私は一切値引きに応じません。
その姿勢を貫き通していますので、こちらに言い値が通り値引きの話は出ません。
当然それによって顧客が減る可能性もありますが、逆にそれが信用になって良い客も付いてきます。
どれほどもうけがある相手でも、値切る事が商習慣になっている業界もありますよ。

Q航空法が摘要される土地について。

家を持とうと思っています。
最近ひとつ建売住宅で気にいったものがありましたが、その土地が航空法が摘要されている土地だそうです。

航空法が摘要される土地のデメリットはどんなことなのでしょうか?
やはり、土地の評価はかなり低いのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

航空法で制限表面の突出を規制されていることだと思います。
それにより3階建てまでしか建てられないのではないでしょうか。
飛行場から概ね3km以内ではないですか?
この制限表面は、航空機の進入路側と滑走路と平行する側で若干異なるのですが、どちらも滑走路付近をゼロとして放射状に傾斜をもって高くなっていきます。
なお、滑走路の高さを基準にしていますので、滑走路から離れていても滑走路より高い標高の場所であれば、地面と制限表面との間隔が狭くなってしまう場合もあります。
制限表面を超える(突出する)ことはあらゆる物に対して対象となり(アンテナ、避雷針、建設のためのクレーンなど建物に限らずということです)、制限表面を越える高さのものを設けてはならないそうです。
また、制限表面を突出しなくても、その高さに近いものについては、夜間に近接物があることを示す、航空障害灯とよばれる航空法に定められた赤いランプを設けなければならず、煙突、鉄塔のような細いものについてはさらに昼間障害標識という朱と白の縞状塗装が必要となるようです。
 ですので、その土地での地面と制限表面との高さを聞いておいたほうがよさそうです。場合によっては航空障害灯が必要となる高さも。
(航空障害灯や昼間障害標識は制限表面が関係しないところでも、地面から60mを超える高さのものについては航空法で設置が原則として義務付けられています。)

これが個人的に問題発生せず、騒音も問題なければ飛行機による交通の便もよさそうですが・・・。

航空法で制限表面の突出を規制されていることだと思います。
それにより3階建てまでしか建てられないのではないでしょうか。
飛行場から概ね3km以内ではないですか?
この制限表面は、航空機の進入路側と滑走路と平行する側で若干異なるのですが、どちらも滑走路付近をゼロとして放射状に傾斜をもって高くなっていきます。
なお、滑走路の高さを基準にしていますので、滑走路から離れていても滑走路より高い標高の場所であれば、地面と制限表面との間隔が狭くなってしまう場合もあります。
制限表面を超...続きを読む

Qもともと一軒だった土地を三分割し、そこに狭小住宅を建てた建売住宅を購入

もともと一軒だった土地を三分割し、そこに狭小住宅を建てた建売住宅を購入したものです。
(土地の分割を言葉で書くのが非常に難しいので、添付に土地分割イメージを添付しておきます。)

私の自宅は、添付図のAに位置しています。問題は、添付図のCに位置する方の車とバイクの停め方です。
まず、Cの住宅は奥まった部分にあり、駐車場は、AとBの間にあります。車とバイクを私の自宅の境界線を十分にはみ出し、バイクについては、私の自宅の外壁にミラーがあたる様な停め方で停めておられます。

たぶん、車の後ろに停めたバイクを車を動かさずに出せるようにしたいがためにA側かB側のどちらかに寄せて停めたいものだと推測しています。

私の心境としては、まず、境界線を割って車とバイクを停めていることへの怒り。また、バイクのミラーが新築である自宅の外壁を傷つけないかという心配があり、どの様に対処すればよいか悩んでいます。

この敷地の3棟は、同じ工務店で施工し、販売したものですから、その工務店に相談しているのですが、解決できるのか悩ましいところです。

外壁に傷がつく恐れがありますので、ミラーが当たっているところの証拠としてデジタルカメラで取っているのですが、近隣関係を崩したくはありません。(まだ、お互いが引っ越ししてきたばかりで、会話する機会もそうありません。)

また、境界線に簡単な壁でも施工することも考えたのですが、せっかく、3棟が同じ外観で、いい感じになっているところに壁を施工することと、私の敷地の裏側にエアコンの施工やメンテナンスを考えると壁を作ると、自宅の外壁と壁の間が40センチ程度しか取れず、裏に回ることもできなくなり、あまり施工したくはありません。

近隣関係を崩さずに、上手く解決する方法がありましたら、ご教示いただけますと助かります。

もともと一軒だった土地を三分割し、そこに狭小住宅を建てた建売住宅を購入したものです。
(土地の分割を言葉で書くのが非常に難しいので、添付に土地分割イメージを添付しておきます。)

私の自宅は、添付図のAに位置しています。問題は、添付図のCに位置する方の車とバイクの停め方です。
まず、Cの住宅は奥まった部分にあり、駐車場は、AとBの間にあります。車とバイクを私の自宅の境界線を十分にはみ出し、バイクについては、私の自宅の外壁にミラーがあたる様な停め方で停めておられます。

たぶん、...続きを読む

Aベストアンサー

境界の部分にプランターでも並べてはどうでしょうか。

そこに花でも植えておけば春夏は綺麗だし、メンテナンス時はどかせるし。
塀を建てるのはなんとなく気が引ける時には、プランターを使って敷地の境界を明確にすると言う事は、別荘地などでは良くやります。
プランターにも色々あって、結構楽しめて一石二鳥です。

http://image.blog.livedoor.jp/n84s4184/imgs/f/a/fad74fe2.jpg
この写真の上部のラティスが無い感じです。

Qスカイツリーは航空法に触れないの?

東京の超高層ビルは最高でも240メートルぐらいの高さです。
これは航空法によって制限されているのが原因のようですが、スカイツリーはなぜ634メートルが可能なのでしょうか?

横浜のランドマークタワーも300メートルの予定が、航空法によりぎりぎり無理で296メートルになったと聞いたことがあります。

Aベストアンサー

当地区は航空法上、東京国際空港(羽田空港)の制限表面の外側水平表面が被さる地域であるため空港標点の海抜295mまでの建造物しか建てられなかったが2005年4月28日に高さ規制区域が見直されて建設可能となりました。

Q【間口を作って欲しい!】建売業者の開発前の土地の造成計画について

去年土地を購入し、新居を建てました。
家の土地の南側が工場なのですが、経営が傾いたのか売りに出されました。450坪位はありそうです。
そこの社長と今日話したのですが、来月には更地、年内には建売の家が
十数棟建つそうです。
現在我が家は4m北道路の袋地にあり、その2.2m程の間口は神社と寺院にはさまれ、車の出し入れが非常に困難な場所にあります。
それを承知で土地の購入をしたのですが、
南側に建売の土地の開発が入るとなると、開発段階で協定道路などの
申し入れをして、南側に車が出入りできるような間口を
作ってもらうというのは可能なことなんでしょうか?
ちなみに建蔽率50%、容積率80%の一種低層住居専用地域で北側斜線規制、絶対高さ10m以下の制限あり、となっています。
都心まで電車で15分の通勤圏内で、近隣の建売の相場は30坪3300万位です。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

いやあ、まずそんなうまい話にはならないと思いますよ。
よっぽど道路用地を買います!といわなければまず都合のいい道は作られることはないでしょう。
運よく開発道路に面したらいいなあとおもうくらいだと思います。
開発の道路を貴方の敷地につけるくらいなら宅地にして売った方が言い訳ですからおそらく買うから計画を考えて!と早期に相談するしかありません。ちなみに道路用地を買ったとしてもその部分の所有権は開発が完了する頃には、市町村に帰属することになるので貴方のものには最終的にはなりません。

造成をする開発業者は当初から買い付けの金額と道路で売れない金額、宅地で売れる金額を全て計画しています。最終的に建つのは同じ住宅なので条件的に優遇される可能性は低いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング