マンガでよめる痔のこと・薬のこと

64式小銃が欠陥な理由は

グリップまでが遠い、引き金が重い、弾が出るまで遅い、サイトが倒れやすい、
部品が多い、解体するのにドライバが必要。ハンドガードが外れやすい、
安全装置を解除するのに引き金から完全に手を離す。
部品が落下しやすいなどの64式ですが、
なぜこんな扱いにくい銃を作ったのでしょうか?
いくら昔の銃だからといって、もっと実験していれば改善できたのではないでしょうか?

A 回答 (3件)

やや低い発射速度(最大500発/分)、射撃時の振動で倒れる事のある照門、軍用ライフルとしては多い部品点数、分解整備には床尾板に入っているドライバが必要と言うのは質問者様の仰る通りで、他国の装備品であったなら、あるいは致命的な欠陥なのかも知れません。


ただし当時の自衛隊の用兵思想は防衛を主とした待ち伏せ戦闘で、(戦後初の国産と言う事もあり洗練されていない部分もあったにせよ)64式小銃はそれに特化したライフルだとも言えます。

まず戦時中、同じ口径であってすら陸軍・海軍で弾丸の規格が違い、共用出来ずに前線で補給不足に苦しんだ経験からアメリカ軍のM14と共通の弾丸を用いました。初速が遅いのは装薬を10%減らした弱装弾だからだそうで、これは連射速度は落ちるものの反動が軽減され命中精度と銃の制御の向上に役立ちました。
体格的に欧米人に劣っていた当時の日本人には、弱装弾の方が良いと判断されたのでしょうか。

安全装置については射撃中に単発・連発の切り替えが出来ないとの不満もあったようですが、これは行軍中やアンブッシュ時に木々に引っ掛けてセーフティが外れないように、との配慮からだそうです。

また戦時中に敵軍の軽機関銃に苦しめられた経験から、本銃は機関銃としても使えるようになっており、命中精度を高める為の二脚も装備でき、また銃身内部にクロム鍍金を施し軽機関銃並の銃身寿命37000発を達成するなど、軍備にあまりお金をかける事が出来ず、大部隊を展開出来る訳でも無い自衛隊の用兵思想には合致した小銃だったのでは無いでしょうか。

現在主流の5.56mm口径の自動小銃と比較すれば初速も遅く銃も重いなど不満もあるでしょうが、当時の主な7.62mm軍用自動小銃に比べ、日本人の体格にあう銃身を短く、若干軽く仕上げてありました。
戦後初の国産銃でもあり、やや設計や工作に手馴れていない部分もあるとは思いますが欠陥銃では決して無く、総じて優秀な銃だと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに良い部分もありますが、それは待ち伏せ、防衛専用ですよね。
移動しながらの近距離戦などの戦闘ではかなり不利ですよね~。
技量で補うにしても差は差として出ますし。
当時は優秀でも今となっては古いっていうことですかねやはり。

お礼日時:2010/09/22 13:42

予算を通すには、初速、命中精度、弾幕散布界といったカタログスペックを高くしないといけなかったんです。

その結果整備製や取り回しのよさがおいていかれたのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

厳しい~

お礼日時:2010/09/22 13:39

当時のM14ライフルに性能的に勝ったので採用されたんでしょう。

今の89式は良いライフルだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにM14に比べたら全然優秀ですよね。

お礼日時:2010/09/22 13:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧海軍の伝統を継承するって・・具体的に伝統って何

海上自衛隊は旧帝国海軍の伝統を継承してるって聞きますが、伝統って具体的に、どんなことですか?

陸上自衛隊は伝統を継承してないんですか・・・・
スタートが一緒の海上保安庁も旧海軍の伝統を継承してますか・・・
航空自衛隊は・・・帝国陸・海軍のどちらを継承してますか・・・

Aベストアンサー

こんにちは


> 海上自衛隊は旧帝国海軍の伝統を継承してるって聞きますが、
> 伝統って具体的に、どんなことですか?

江田島でしょうね、ズバリ

旧海軍兵学校(海軍の士官養成学校)、現在の海上自衛隊幹部
候補生学校(及び第1術科学校)、です。

兵学校時代から、同じ場所で、また校舎の多くも昔からの建物を
そのまま使っていて、教育内容も(旧海軍時代からの)共通性が
多々あります。

学校のHP(↓)のメニューに「伝統」なんて項目があるのは海自
だけですね。(笑 まぁその中身を見ていただくと、概ねどんな事
がずっと継承され続けているか?が判ると思います。

http://www.mod.go.jp/msdf/mocs/mocs/index.html

併設されている「第1術科学校」(砲術、水雷、掃海、航海、通信
などの隊内教育機関)も含め、敷地全体が歴史的建造物の宝庫
みたいな環境ですんで、卒業時にはすっかり「帝国海軍士官」で
しょうなぁ(苦笑

構内の一部の建物は一般人でも見学可能ですんで、機会があっ
たら是非訪れると、いいですよ。
山本五十六閣下はもちろん、東郷平八郎閣下、や勝海舟、坂本
龍馬、などのゆかりのものなども展示してあって、いやもう歴史の
重みをひしひしと感じます。


> 陸上自衛隊は伝統を継承してないんですか・・・・

そうですねぇ、海自とは180度異なって、教育は全然いちから新
しい仕組みを作っちゃいましたし、旧帝国陸軍出身者との人的
交流もある時期までは厳しく制限されていましたんで、あまり
積極的には旧軍の伝統は受け継いでいないですね。


> 航空自衛隊は・・・帝国陸・海軍のどちらを継承してますか・・

んーーーーーーー、どちら、では無く・・・

米軍ですかねぇ、やはり (^^ゞ

こんにちは


> 海上自衛隊は旧帝国海軍の伝統を継承してるって聞きますが、
> 伝統って具体的に、どんなことですか?

江田島でしょうね、ズバリ

旧海軍兵学校(海軍の士官養成学校)、現在の海上自衛隊幹部
候補生学校(及び第1術科学校)、です。

兵学校時代から、同じ場所で、また校舎の多くも昔からの建物を
そのまま使っていて、教育内容も(旧海軍時代からの)共通性が
多々あります。

学校のHP(↓)のメニューに「伝統」なんて項目があるのは海自
だけですね。(笑 まぁその中身を見ていただくと、概ね...続きを読む

Q軽い10式戦車の装甲が防御力は60t並と言われて

10式戦車は他先進国の最新戦車と同等の防御力を持っているといわれています。
機関銃ひとつまともに作れない日本が、戦車の分野ではドイツやアメリカの装甲技術を圧倒的に上回ってるのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

確かに疑問ですね

日本の技術は優秀という刷り込みで防衛技術は優秀、自衛隊の持つ国産機材も全て優秀だと過信している部分があります


かつて旧ソ連防空軍所属のミグ25が函館に亡命しましたが
当時の防空軍所属の高高度迎撃機にスクランブルした空自のF4をかわし、バッジシステムの死角の超低空侵入許した事を棚に上げ
ことさらミグ25の構成機器に真空管を使っていた事を当時の日本のマスコミや軍事評論家の多くはボロクソに叩きました


その十数年後、自分は自衛隊にいましたが
その時の自衛隊の野外交換機、野外電話機など通信機の大部分はその時も真空管使ってましたね

教育隊の助教は電子戦に強いと痩せ我慢にもならない事言ってましたが…
電子戦には強いかも知れないが、タンポポの種に弱いという笑い話にもならない致命的な弱点もありましたけどね


ある部隊の陸曹から自衛隊の輸送車両に使われてるパーツは民間向けに比べて材質など落としてあると聞いた事もあります

当然ですよね
少ない防衛費、志願制であるゆえに人件費の割合が大きく、開発費の捻出も厳しいはずなのだから

レオパルト2やM1はその都度、改良され延命されてますし
他国でも採用されています
当然、採用する国は貴重な国民からの血税で高価な買い物するから
厳しいテスト、審査する
空自のFXもそうでしょう


日本の10式が輸出可能になり他国の戦車と比較テストされれば
その軽い重量に他国戦車に相当する複合装甲を持っていたのか、わかるでしょうが
残念ながら自分は日本にとり、あまりいい結論は出ないと思いますね

確かに疑問ですね

日本の技術は優秀という刷り込みで防衛技術は優秀、自衛隊の持つ国産機材も全て優秀だと過信している部分があります


かつて旧ソ連防空軍所属のミグ25が函館に亡命しましたが
当時の防空軍所属の高高度迎撃機にスクランブルした空自のF4をかわし、バッジシステムの死角の超低空侵入許した事を棚に上げ
ことさらミグ25の構成機器に真空管を使っていた事を当時の日本のマスコミや軍事評論家の多くはボロクソに叩きました


その十数年後、自分は自衛隊にいましたが
その時の自衛隊の...続きを読む

Q何故日本の戦国時代では投石器を使わなかったんですか

石垣があるから石がないわけでもないしフビライの時代にはカイカイ砲という投石器が城攻めに使われてましたし、当時はポルトガルや東南アジアとも交流があったのでたぶん伝わっていたと思うんですが、不思議です  誰か歴史に詳しい人 教えてください。

Aベストアンサー

戦国時代の攻城戦て、思ったより短期戦なんですよ。小田原城や大阪城のように何ヶ月にも渡る攻防戦になるのはまずまれで、長くても1ヶ月程度、だいたい数日で片付いてしまうことが多いんです。
秀吉と北条氏の戦いの一環であった八王子城攻防戦は、実質的にたった一日の戦いで大勢が決しています。八王子城は当時関東では小田原城は別格としても屈指の大規模なお城だったんですけどね。

戦国時代の軍事行動って、補給の関係で長期の作戦というのは難しかったのです。だいたい出陣して帰陣するまで長くても3ヶ月程度が目安。家を出てから帰宅するまで数ヶ月ですから、相手の城のところまで行って帰ってくる日数を考えると攻め込んだ相手の城でそんなに長居できるわけではありません。
普通に戦ってもものの数日で片付くことが一般的だと考えると、いちいちそんなもん作るのは面倒くさいとなるでしょう。終わった後の後片付けも面倒くさいし。

また当時の城というのは基本的に「仮設建築物」です。普段は使わず、合戦のときだけ使いました。だから壁も板や柵を使うことが多くて、「城というとアレ」の土壁が普及するのは平和な江戸時代になってからです。いちいちカタパルトを使ってまでして壊したくなるようなモノではないということですね。
それに、真っ平らな地形がほとんどない日本では、カタパルトを移動させるだけでも一苦労です。馬も小型でかつ貴重品、偉い武士のステイタス的意味合いが強かったので、騎馬民族やヨーロッパのように馬で引っ張ることもできません。実際には、ほとんど使い物にはならなかったでしょうね。

また弩ですが、戦国時代にはもう鉄砲があったのでわざわざ弩を使う理由はなかったと思います。なにより、早合を使えば発射速度は鉄砲の方が上だし、何より鉄砲の方が実は射手の技術が要りません。弓は使いこなすのに技術が必要なんです。元々弩が日本ではほとんど使われませんでしたしね。
じゃあなんで弩が日本では普及しなかったのかというと、これはたぶんなんですが、弓をメイン武器にしたのは源平時代からの武士です。源平から鎌倉時代の武士といえば流鏑馬ですよね。弩だと、馬上で走りながら矢をつがえることができません。弓というのは前述のように使いこなすには技術が必要で、武士にとって「弓が撃てる」ということはステイタスでありアドバンテージであるわけで、農民風情には使われては困るんですね。弩は歩兵用の武器ですので、武士は弩が農民に普及することは望まなかったと思いますね。

戦国時代の攻城戦て、思ったより短期戦なんですよ。小田原城や大阪城のように何ヶ月にも渡る攻防戦になるのはまずまれで、長くても1ヶ月程度、だいたい数日で片付いてしまうことが多いんです。
秀吉と北条氏の戦いの一環であった八王子城攻防戦は、実質的にたった一日の戦いで大勢が決しています。八王子城は当時関東では小田原城は別格としても屈指の大規模なお城だったんですけどね。

戦国時代の軍事行動って、補給の関係で長期の作戦というのは難しかったのです。だいたい出陣して帰陣するまで長くても3ヶ月程...続きを読む

Q「バンバン」叫ぶ口鉄砲を自衛隊以外の軍隊がしない

中国軍は100万人だそうですが100万個の手投げ弾が訓練で一斉に投げられたとして、100万個もあれば一個ぐらいは安全ピンを抜いた瞬間に爆発する欠陥品が混ざっててもおかしくないと思います。
迫撃砲、榴弾砲、小銃、機関銃なども、マニュアル通りに正確に操作しても、兵器を製造するのも扱うのも人間だから100万回やれば一回くらいは大なり小なり事故があり得ると思います。
自衛隊以外の、口鉄砲で訓練しない国はその辺どうなってるんでしょうか。
銃はそうでもないと思いますが、砲は空気が濁って見えなくなるような大量の有毒ガスを含む煙や難聴になりそうな大音量に、初めてそれを見たときは迫力に感激しても2回目3回目になれば飽きて、健康リスクが気になると思います。
自衛隊以外の口鉄砲をしない国はその辺のリスクを下っ端にどう納得させて実弾で訓練をさせてるんでしょうか。
そこで働く人たちには不満や恐怖、自衛隊のような口鉄砲を望む声はないんでしょうか。
実弾訓練がないなら暴発事故が起きる可能性がなくて、発射しないなら銃も砲も消耗しない、訓練で大量に弾を必要とせず、品質の高い弾薬を少量そろえるだけでよくて管理が楽。
いいことづくめだと思います
なぜ口鉄砲は日本のみで広まり、世界の軍隊で主流にならなかったのか教えてください。

中国軍は100万人だそうですが100万個の手投げ弾が訓練で一斉に投げられたとして、100万個もあれば一個ぐらいは安全ピンを抜いた瞬間に爆発する欠陥品が混ざっててもおかしくないと思います。
迫撃砲、榴弾砲、小銃、機関銃なども、マニュアル通りに正確に操作しても、兵器を製造するのも扱うのも人間だから100万回やれば一回くらいは大なり小なり事故があり得ると思います。
自衛隊以外の、口鉄砲で訓練しない国はその辺どうなってるんでしょうか。
銃はそうでもないと思いますが、砲は空気が濁って見えなくなるよ...続きを読む

Aベストアンサー

>自衛隊以外の口鉄砲をしない国はその辺のリスクを下っ端にどう納得させて実弾で訓練をさせてるんでしょうか。

自衛隊を含め、軍隊は2階層から成り立ちます。「兵・下士官」と「仕官・将校」です。
下士官から仕官に上がる者もいないわけではありませんが、アルバイトから社員管理職になる以上の差があります。戦時には、兵、仕官の消耗が激しいので武勲を立てた下士官が仕官に昇任することもあります。平時では武勲など立てれませんので、そういう理由の昇任はありません。

こういう前提を説明して、初めて回答できるのですが、「下っ端の納得」なんて不要です。仕官・将校の命令は絶対、しかしながら根性論に基づく不合理な命令は仕官・将校からは来ません(来るとすればいじめですが、尉官以上のものが下士官を無視して兵に命令することは基本ありません)。いわゆる軍隊の中のいじめは、この越えられない川を越えてのものはセクハラを除いて存在しません。兵クラスの者がいじめで自殺して、仕官が知らなかったと言うようなニュースがときどき出ますが、このような理由によります。

下士官は上の命令を下に伝えます。非合理かもしれない命令は下士官が受諾し、下士官が兵に課します。なので納得させる必要性自体がありません。

>100万個の手投げ弾が訓練で一斉に投げられたとして、100万個もあれば一個ぐらいは安全ピンを抜いた瞬間に爆発する欠陥品が混ざっててもおかしくないと思います。

仰るとおり。事故が起これば事故として処置され、殉職というだけです。

>健康リスクが気になると思います。

使い捨てとまでは言いませんが、無駄な事故死を防ぐ以外の健康被害、戦死は織り込み済みのものです。兵では100%近く、下士官でも100%未満、仕官で20~30%は「戦闘で死んでも仕方無い」のです。もちろん、効率を考えますので、先進国になればなるほど、なるべく戦死、戦傷しないように考えます。でも青天井で防護予算が割り当てられるわけではありません。

>働く人たちには不満や恐怖、自衛隊のような口鉄砲を望む声はないんでしょうか。

戦争に関わる仕事をしている人は、ママゴトよりは実戦に即した実践的な訓練を望むでしょう。「君も今日からレーサーだ」といわれても、コースや実車を一切使わずに出走するまではひたすらシミレータということをイメージして下さい。不安、不満が出ますよ。

>実弾訓練がないなら暴発事故が起きる可能性がなくて、発射しないなら銃も砲も消耗しない、

充実した実弾訓練をしている国は、実弾も自国で大量生産しています。もちろん、銃も砲もです。すると単価は下がります。豊和のライフルが20万円したとしても、AK47系統を使う国ではライフル単価は3万円以下です。日本製の銃弾は1発100円かもしれませんが(私は調達価格は知りませんけど)、AK47系統の弾(7.62mmx39)であれば10円以下、実際には2円とか3円です。そもそも7.62mmx39は薬莢が鉄製ですので腐食に弱いので長期在庫はできないので、がんがん訓練で消費します。

>訓練で大量に弾を必要とせず、品質の高い弾薬を少量そろえるだけでよくて管理が楽。

つまり単価が高いので、無駄使いできず、でも有事に備えて大量にストックしておく必要がある。大量に部隊毎にストックすると叛乱の危険があるので、どこかにまとめてストック。というのが自衛隊です。

管理は楽ですが、有事の際、車を走らせて銃弾、砲弾を取りに行くそうです。どこに取りに行くかは公開情報でトレースできるので、北朝鮮軍もご存知のはず。気付いていないかもしれない相手の燃料は投下できないんで、ここでは書きませんけどね。

>口鉄砲は日本のみで広まり、世界の軍隊で主流にならなかったのか教えてください。

口鉄砲は訓練にならないから諸外国では採用しない。
日本では、自衛隊員に対しても銃弾を与えることに禁忌感があること、更に単価が高いので予算に響くこと(消費しないので単価が上がるという悪循環)、そんなところですね。

>自衛隊以外の口鉄砲をしない国はその辺のリスクを下っ端にどう納得させて実弾で訓練をさせてるんでしょうか。

自衛隊を含め、軍隊は2階層から成り立ちます。「兵・下士官」と「仕官・将校」です。
下士官から仕官に上がる者もいないわけではありませんが、アルバイトから社員管理職になる以上の差があります。戦時には、兵、仕官の消耗が激しいので武勲を立てた下士官が仕官に昇任することもあります。平時では武勲など立てれませんので、そういう理由の昇任はありません。

こういう前提を説明して、初めて回...続きを読む


人気Q&Aランキング