6月から、「総合割賦制度」が施行されると聞きました。
この制度は、どういった制度なのでしょうか?
一般のカード会員には、どういう影響があるのか知りたいです。
よろしくおねがいします。

A 回答 (2件)

銀行系クレジットカードでも分割払いができる制度だと思いました。



今までは法律で信販系・流通系のクレジットカードにしか分割払いが
認められていなかったのを銀行系クレジットカードにも
広げたということでしょう。

数年前にも銀行系カードにリボ払いが認められましたので
一種の規制緩和でしょうね。

銀行系クレジットカードを使用している人は
分割払いが出来るようになって便利になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかり易い説明ありがとうございます。
よくわかりました。

お礼日時:2001/04/14 00:35

 消費者には便利な制度ですがこの方式を開発して普及を図ってきた中小の信販業者には大変なようです。



参考URL:http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/14 00:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大店立地法施行前の影響について教えて下さい。

私の勤めております会社(施設関連向けの資材や照明器具等の
製造をやっております)の業績が大店立地法施行前の需要とかで
大幅に良くなったらしいのですが、そもそもこの法律のことが
良く分からず、何故需要が増えたのか見当がつきません。
周りにも聞きにくく、書き込み致しました次第です。
(当社の社内報、取締役の話等でもいきなり「大店法の影響で...」
と始まり、皆が分かっているのが当然のような風潮があります。)
この内容に詳しい方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 45284さん似た様な質問が2、3日前あったので
わたくしが答えたのをコピーして貼り付けました。
(下記)
新大店法は去年から施行されましたが、(法律の内容は専門家ではないのでよく覚えていませんが...)
従来の大型店舗を建てる場合の規制が、規模の制限や小規模な商店を保護するというもだったのに対し、出店で起こる渋滞等の問題を出店を計画している企業が、周辺住民に理解を得られる様、対策を立てていくというようなニュアンスに変わった。
以前の規制が面積等の問題だったのが、周辺住民の理解に変わった。この大型店の出店は周辺住民には便利になる反面、恐ろしいほど、道が混んだり、万引きの増加や、年上に子供がからまれるとかいった問題も起きる。
このため、新大店法では出店は困難と判断され、移行処置期間の2001年1月末までに、計画に登っている出店をしていまおうと出店ラッシュになりました。この結果、多量の蛍光灯を使うため、業者さんが儲かったのではないかと思います。
逆に今年からの出店は、大型店舗では、目ぼしい物は何も無いので、業者さんの売上も天と地程の差が出るのではないでしょうか?
 つまり立て易くなったのではなく、立てにくくなるから
、それまでにやってしまえとばかりに、一時期に集中したと見るべきです。
(以上)

 45284さん似た様な質問が2、3日前あったので
わたくしが答えたのをコピーして貼り付けました。
(下記)
新大店法は去年から施行されましたが、(法律の内容は専門家ではないのでよく覚えていませんが...)
従来の大型店舗を建てる場合の規制が、規模の制限や小規模な商店を保護するというもだったのに対し、出店で起こる渋滞等の問題を出店を計画している企業が、周辺住民に理解を得られる様、対策を立てていくというようなニュアンスに変わった。
以前の規制が面積等の問題だったのが、周辺住民...続きを読む

Q所得税の税制改正は、公布と施行の日が違うと聞きましたが、施行されたのが

所得税の税制改正は、公布と施行の日が違うと聞きましたが、施行されたのがいつかを載せてあるHPや書籍は、どのようなものがありますでしょうか?

私が調べているのは住宅ローン減税の施行日なのですが、現在はおそらく4月に公布されたものがその年の所得から税額控除されるのだと思います。

しかし、このローン減税の歴史を調べるにあたり、制度が始まった当時も同じ年に施行されたのかどうか疑問に思っています。


この日までに住めばこの年減税が受けられるということを聞きたいのではなく、いつの所得から税額控除されるのかということです。

どなたかその資料になるものをご存知であれば回答お願い致します。

Aベストアンサー

>いつの所得から税額控除されるのかということです。
>どなたかその資料になるものをご存知であれば回答お願い致します。
 
法に「いつの所得からが適用になるのか?」がはっきりと明記されています。
http://nzeiri.sppd.ne.jp/syotok/19/soho/41.htm
http://nzeiri.sppd.ne.jp/syotok/19/soho/41_2.htm
 
これは「○年からの所得が適用になる」と法で決められた物であり「法の施行日」とは無関係です。
 
法の施行日が何年何月だろうが、法に「○年から適用される」と書いてあれば、施行日より過去に遡って適用されます。

Q総合商社にとって為替の影響はありますか。

総合商社にとって為替の影響はありますか。
海外資源を持っている場合には円安が有利なような気もしますが、一方で日本の製品を輸出したときにも、最終的に円安のほうが有利な気もします。
こう考えると、輸入も輸出も同じように(円安有利)となってしまいますが、なんだかおかしいような気も。。。。

どう考えたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

商社が衰退したのは商社の強みがなくなったから聞きました。
つまり貿易するなら貿易会社があるし、石油を売るなら石油会社があるというようにそれぞれその分野だけならば専門の会社の方が強いわけです。
ならば商社の強みは何かといえば、『情報』だったわけです。つまり世界を股にかけるわけですから、石油掘っている時に得た情報で小麦を売るというような事ができたわけですよ。
それがIT技術の普及で世界の情報が簡単に手に入るようになったから、商社の強みが消え中途半端になってしまったという話を聞きました(真偽は不明)。

まあ恐らく原因は一つではないと思います。
ぶっちゃけバブル崩壊のダメージを受けたとか(商社は結構ダメージを受けた業界だと思います)、その後の日本が不景気の煽りを受けたというのも大きいと思います。特に大量の資金を使い一発でかい仕事を掘り当てるという総合商社のビジネススタイルはデフレ不況に苦しんでいた当時の日本では少々危険が高すぎたのかもしれません。

↑のは全て根拠が無い話なので話半分に聞いておいてください。
今現在は景気も持ち直し日本は金余りですから、資源高のブームに乗って結構やりたい放題やっていると思います。

ちなみにトリビア知識ですが、総合商社という企業体は日本にしか存在しないらしく。英語には総合商社の訳語が無いそうです(真偽は不明)。

商社が衰退したのは商社の強みがなくなったから聞きました。
つまり貿易するなら貿易会社があるし、石油を売るなら石油会社があるというようにそれぞれその分野だけならば専門の会社の方が強いわけです。
ならば商社の強みは何かといえば、『情報』だったわけです。つまり世界を股にかけるわけですから、石油掘っている時に得た情報で小麦を売るというような事ができたわけですよ。
それがIT技術の普及で世界の情報が簡単に手に入るようになったから、商社の強みが消え中途半端になってしまったという話を聞き...続きを読む

Q年金制度改革と金融制度改革について

年金制度改革と金融制度改革について、どのようなつながりがあるのですか?またそこには投資家の自己責任も必要なのでしょうか?
片方だけでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

回答を行い難い質問ですので、趣旨と外れたものになると思います。御参考にしてください。

>年金制度改革と金融制度改革について、どのようなつながりがあるのですか?

考え方にもよると思います。全く関係ないとも言えますし、関係あるとも言えます。
<全く関係ないとする考え方>
年金制度改革は、年金破綻の危険性と回避するために発生したものです。一方、金融制度改革は金融利用者の利便性を向上(必ずしもそれだけではありませんが)させるために発生したものです。問題の出発点が異なる以上は別の問題として捉える事が正しい考え方とも思えます。

<関係があるという考え方>
金融制度改革により、金融利用者のメリットが大きい反面、金融機関は収益が低下します。業界としては金融制度改革に対して反対意見が強かったと思います。その状況を打破するために米国の401Kを模倣した年金制度を導入するビジネスチャンスの拡大を示したということだと思います。

>投資家の自己責任も必要なのでしょうか?
金融制度改革も年金制度改革も根底にある考え方は同じで、利用者自身が判断し自己責任で行うというものがあります。その例は以下の通り
1.確定拠出型年金においては、どの運用を行うか
2.金融制度改革により、預貯金も100%政府が保証するものではなくなり、リスクとリターンを考慮して試算配分を行わなければならなくなる

※預貯金の100%保証を政府が放棄したことは金融利用者にとってデメリットとなることですが、これを実施する事で不採算金融機関の退場を促し、将来的には金融サービスの向上がなされることをメリットと指しているようです

<両改革の共通する部分>
政府が今までのサービスを永続的にできなくなったということが動機として考えられます。要因こそ違います(少子高齢化、不良債権問題の深刻化)が、行政が最低限のことしかできなくなったということを考慮すると根底で財政赤字問題によりつながっていると考えています。

まとまりに欠ける回答ですが、思考のスタート段階としてはこのような形式でいかがでしょうか?

回答を行い難い質問ですので、趣旨と外れたものになると思います。御参考にしてください。

>年金制度改革と金融制度改革について、どのようなつながりがあるのですか?

考え方にもよると思います。全く関係ないとも言えますし、関係あるとも言えます。
<全く関係ないとする考え方>
年金制度改革は、年金破綻の危険性と回避するために発生したものです。一方、金融制度改革は金融利用者の利便性を向上(必ずしもそれだけではありませんが)させるために発生したものです。問題の出発点が異なる以上は別...続きを読む

Q中央(日本)銀行制度は、一番良い制度なのでしょうか

 なかなか、景気が回復しません、もう10年も不景気が続きます。
非常に困っています。
中央(日本)銀行制度自体に、問題があるのかも、と思います。
この制度の短所について、教えてください。
米でも、共和党と組んだティパーティーも、疑問に感じているようです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なるほどですね。少し説明不足と言いますか、イメージ伝達に疎かなとろこがありました。これでは誤解を招く事もありましょう、失礼いたしました。

希望の種という表現を持ってお伝えしたかった事は、どんな条件・状況・環境がありましても心は自由であるという事でした。また、そうした心は一人ひとりへと伝わっていくものですし、それは政治家であろうともなかろうとも、ポジションを得ていようとも得ていまいとも、自由にもちうる心であるという事でした。

Bronerさんともそういう関係でありたいというプロポーズの様なものでもあります。

DNAの件や役割についてのコメントは仰る通りかと思います。そして、絶望というのもとても大事なものだと思っております。僕が希望の種と出会う一瞬間前は絶望でございましたし人間不信極まりなかったですし(その話をすればまた長いですが・笑)。

だから、僕は今では68億人一人ひとり皆が幸せで生きられる社会の創造について、極めて前向きに取り組んでいます。その中で、日に日に日本はそれを具現化するにはとても良い環境である事をつくづく実感しております。

ところでBronerさんは、

> あなたは、変革できるポジションに立ち、指導していく人のようです。その行動の中に、底辺を増やす、あなた以外に同じ考えをする仲間を増やすことが大事です。これが私のお願いです。ケネディー大統領みたいには、ならないで下さい。

と仰りますが、これは大変嬉しい事でございます。

実は、僕の知人こそがそんな政治家なんでございます。僕が今の様になっているのは彼との出会いがあったからです。歩みだしたばかりの彼ですが、とても彼の政治哲学・政治理念は素晴らしいもので希望の種を感じさせてくれるものでした。今の僕があるのは彼のお陰です。

Bronerさんは、僕を通じて彼を感じられているのだと思います。

僕は、彼を政治家として立たせてあげたいと思っていますが、その為に、自らも政治家そのものであるかの様なポジションに立ち、自らの政治姿勢であらゆる事に臨みたいと思っていたところです。どのくらいそれが出来ているかどうかは別にしまして、知人を立たせる為にそうありたいと思っておりました。

それ故にBronerさんは僕をその様に見てくれているという事にはとても嬉しいですし、僕自身が知人にとって「底辺を増やす、あなた以外に同じ考えをする仲間を増やすこと」でいられているんだなぁと感じさせてくれるものでした。

因みに僕が出会っている希望とは、これからの日本と世界を引っ張る人は一人ではなく既に何人もいるんですよ。グループリーダーシップと言っておりますが。

政治家は一人だけでは何も変わりませんから、知人が政治家として見事道を切り開きポジションを得ていく様になれば僕自身もその道を考えるかもしれません。或いは、政治家ではない立場から、だけど政治哲学・政治理念を持ち、変革の手助けを行うかもしれません。

ただもし政治家としての道を歩む時にはBronerさんの言葉を思い出しますね。

なるほどですね。少し説明不足と言いますか、イメージ伝達に疎かなとろこがありました。これでは誤解を招く事もありましょう、失礼いたしました。

希望の種という表現を持ってお伝えしたかった事は、どんな条件・状況・環境がありましても心は自由であるという事でした。また、そうした心は一人ひとりへと伝わっていくものですし、それは政治家であろうともなかろうとも、ポジションを得ていようとも得ていまいとも、自由にもちうる心であるという事でした。

Bronerさんともそういう関係でありたいというプロポ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報