先日も掲載しましたが、児童館で館内のドアに挟まれ、子供が指を切断してしまいました。区や児童館にはたらきかけ、賠償保障制度を適用してもらおうと思うのですが、無理なのでしょうか? また具体的にどれくらいの額の保障を受けられるのでしょうか? 仕事柄、無料相談などに行けず困っています。どうか良きアドバイスをお願い致します。

A 回答 (2件)

 賠償保障制度が既にあるのであれば、適用はしてくれると思います。

ない場合に、後遺症による障害が残る場合は、一般的には交通事故の後遺障害等級表が用いられます。この等級に当てはめて、金額を出し、将来、労働能力も減少するようだと、この表の喪失率(死亡の場合を100とした)によって計算します。この金額と治療費を加算したものですが、過失相殺の適用はあります。
 下以外に
 http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2koshu. …
参照

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2aftere …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。現在通院中なので、傷がどの程度の結果になってしまうのか見守りつつ、事の大きさを計りたいと思います。

お礼日時:2001/04/14 10:46

ドアにはさまれた情況というのは、人為的ミスなのでしょうか(誰かの不注意でそうなったとか他の子供の過失によるとか)それともお子さんの単独事故なのでしょうか?それによって情況は変わると思いますよ。



しかしここで出来うる相談というのは内容が限られている文面ですので、こういう深刻な場合はやはり法律の専門家に任せるのが一番でしょう。厳しい言い方かもしれませんが、子供の一大事に仕事柄行けないという理由は納得行きません。私個人の意見では子供が第一優先ですので子供の危機に親が一生懸命しなくてどうするという持論の元で生活しておりますので、できることは仕事投げ打ってでもやってあげましょうよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。一緒に遊んでいた子供に閉められた様なのですが、目撃者もいない為、特定出来ません。子供では立証件がない為、責める事も出来ません。 おっしゃる通り第一優先は子供なのですが、雇用されている立場で会社経営も厳しく休暇利用出来ず、リストラの心配さえあります。夜にネットで調べているのですが・・。

お礼日時:2001/04/14 10:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社敷地内で、同僚とトラックに鋼板(1.5t)の積み込み中、誤って同僚の重機の操作ミスで、鋼板に挟ま

会社敷地内で、同僚とトラックに鋼板(1.5t)の積み込み中、誤って同僚の重機の操作ミスで、鋼板に挟まれ私の中指の第一関節を切断するという事故がありました。怪我の方は、労災の申請をするのですが、同僚に対して慰謝料の請求はできるのでしょうか?できるのであればいくらくらい請求できるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

重過失であれば可能かも知れないが・・・・

相手は同僚ではなく会社じゃないの?

Q橋下知事の児童文学館の隠し撮りについて

隠し撮りって法律違反だと思うのですが。
個人情報保護法違反にならないのでしょうか?
多分、知事は弁護士の資格もあるので、法律違反にならない範囲で
事にあたっていると思うのですが、何か納得できません。

Aベストアンサー

 個人情報保護法には抵触しません。
 しかし、反・人権派を標榜して反動的な人々をいいカモにして知名度を上げ現在の地位にまでのぼりつめた御仁だけに、やりかたに品性のかけらも感じられませんね。
 ハナっから潰すつもりでいる施設のみでそれを行なう、というやりかたはいかにも、という感じではありますね。ましてや、秘書にそれをやらせたということで、恣意的に『証拠』を捏造できる可能性を少なからず含んだ方法ですので、一応は法曹界に身を置くものとしては恥ずべき手法を採ったというべきでしょう。もしくは、素人の情を操作すればどのような結論でも導きだせる、という裁判員制度の欠陥を推進論者としてわかりやすく示してくれたのかもしれませんね。
 仮にこのような手法を正当な行政手法として用いつづけるのでしたら、知事の後ろ盾となった方々が仕切っている金食い施設でも同様の手法で『査察』するべきと思いますが、──きっとそんなことは絶対にしないのでしょうね。

Q美術館所蔵品の著作権あるいはブログ掲載について

美術館に所蔵してある作品を自分で撮影した写真は、ブログなどに掲載することができるのでしょうか?現代作品ならば著作権が考えられますが、例えば中世の作品など数世紀を経たものはどうでしょう?近代作品についてもそのあたり教えてください。類似の例ですが、これが例えば歴史的資料~例えば古代史~になると条件はどう変わるのでしょうか。どなたかご教示ください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問で心配されているのは,美術品や資料に関する他人の権利と,それをご自身が許可(許諾と言います)無しに使用したり利用することができるかということですね.

まず著作権法では著作者の権利(著作権)を守りながらも,一方では,他の人々の利用を認めるための決まりを定めています.著作物を人類共有の資産と見なしているからです.例えば,著作権を制限するという考え方です.
まず,同法第51条で著作権は永久に存続するのでなく,著作者の死後50年で保護期間が満了すると決めています.それ以前でも,著作権を放棄したりすることができるし,相続人がいない場合には権利は消滅すると考えられています.
ご質問の例で,「近代作品」,「中世の作品」とか「歴史的資料」にもこの考え方は適用されます.また,「現代作品」といえども,著作権が存在しないこともあるわけです.

他人の権利としては他にもあります.それは所有権や管理権です.こちらは著作権法ではなく憲法の財産権や民法の領域です.例えば,民法206条 で「所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をする権利を有する。」とされ,その所有物による利益を得ることが認められています.つまり,ある著作物(例えば美術品)の所有者はそれによる収益を手にすることができます.例えば,美術館は,その所有物(借りて展示していることもある)である美術品を有料で鑑賞させたり,美術全集を発行して収益を得たりできます.美術館を維持するにも費用が掛かります.

さて,著作権法第30条で(私的使用のための複製) が認められ,「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。 」とあります.著作権の制限の一つです.これによると,著作権が存続している著作物であっても,私的使用目的であれば許諾無しに複製ができることになります.一般の人々がすでに入手しているとか友人から借りたとかの場合に複製が可能です.
私的使用の範囲は限られているので,ブログなどにアップロードすると権利侵害となります.また,複製権の侵害は利益を得ているかどうかに無関係なので,無償でも権利侵害に変わりありません.

美術館の中でも私的使用はあり得ます.しかし,美術館の中では,著作権よりも,入場にかかわる契約(美術品その他の所有権)が優先しますので,撮影(複製の一種ではなく複製そのものです)禁止とあればそれに従うことになります.
ヨーロッパの古い美術館では撮影可と表示していることもあります.

ご質問で心配されているのは,美術品や資料に関する他人の権利と,それをご自身が許可(許諾と言います)無しに使用したり利用することができるかということですね.

まず著作権法では著作者の権利(著作権)を守りながらも,一方では,他の人々の利用を認めるための決まりを定めています.著作物を人類共有の資産と見なしているからです.例えば,著作権を制限するという考え方です.
まず,同法第51条で著作権は永久に存続するのでなく,著作者の死後50年で保護期間が満了すると決めています.それ以前でも,著...続きを読む

Q高圧線の下の保障(線下保障)

タイトルのような保障が高圧電線の下に土地を持つものに支給されるということを聞いたことがあります。
いったい保障額はどれくらいなんでしょうか?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

>タイトルのような保障が高圧電線の下に土地を持つものに支給されるということを聞いたことがあります。
いったい保障額はどれくらいなんでしょうか?

地役権設定が「当時=高圧線が通ったとき」されているはずです。
以前聞いたことがありますが、その土地の売買価格ぐらいの対価の支払いを受けているはずです。
ですので、新規の高圧線でなければ、あなたには対価の支払いはありません。
登記簿を取れば「地役権設定」の内容が確認できます。
当然、地役権設定地であれば建築制限はあります。
地役権設定の外側であっても離隔距離で建築制限もあります。
電力会社のヘリが定期的に上空から見張ってます。
以上、関西電力の内容になりますので、他は知りません。
一度、電力会社に聞きましょう。

Q児童による児童買春

この前17才の少年がネットで児童ポルノ画像を公開したというニュースを見たのですが、17才の少年はどういう罰を受けるのでしょうか?
ご存知の方はよろしくお願いします。

Aベストアンサー

容疑者が「児童」ですから、家庭裁判所に送られます。
その判断が、「逆送」であれば検察庁に身柄共に送検されて、成人と同じ裁判をうけます。
この場合は「審判」ではありませんから、公開の裁判となり「懲役刑」になれば前科が登録されることになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報