ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

はじめまして。
築30年の大成パルコン(RC住宅)の
屋上防水についてご相談させてください。

6年前(築24年)で購入した際に
過去に2度ほど外壁塗装をおこなったとの事でした。
3年前、1F天井から雨漏りが発生したため
その部分の雨漏り補修を行いました。
(雨漏り部分のみ塗装)
1年前雨漏り部分だけでは不安だったので
屋上の全面防水をお隣の工務店さんができるとの事
だったのでお願いしました。
ところが、出来上がったものを確認すると
屋上の断熱ブロックがない部分は
トップコートが塗られていないことがわかりました。
(なので、1年経過後の現在は雨水等により塗料が
どろどろになっており、指でさわると下に敷いてある
ウレタン層に触れることができる)

上記のような状況のため
1年前の屋上防水はまったくの施工ミスだと思うのですが
お隣さんということもありクレームを付けることは
あきらめてます。

このような状況で、屋上を放置しておいてよいものか
家族で意見が割れて困っております。
意見1.少なくとも、もともとあった屋上防水に
 ウレタン層+αがのっているのだから防水は不要
 このままでよい。

意見2.ウレタン層の上の塗料はトップコートが無いため
 すでにどろどろで意味がない。ウレタン層に直接
 断熱ブロックが乗っている事になり
 断熱ブロックに乗る際の振動衝撃等により
 ウレタン層も劣化してしまう。(また、トップコートが
 ない事により、ウレタン層もしばらくすると
 ひび割れ等がおきてしまう)

屋上の状況は上から
(1)断熱ブロック/(2)なんかの塗料/(3)ウレタン防水層/
(4)もともとあった防水層/(5)コンクリ躯体

という状況です。 
屋上の全面防水をやり直したほうがいいのか
ご意見うかがえれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ふくらみがあり、押すと水がでてきますということは、防水層の中に空気が入りさらに水がはいっていると思います。


おそらく防水層になっていないと思います。やがて天井からしみがでてくるのではと思います。
通常の防水工法
1,現況下地状況を確認します。
2,下地状況がなんであるか確認します。
3,防水材料工法を選定します
ここまでが準備作業
1,既存下地補修をおこないます(既存部撤去及び下地補修材 バンデックスやアクアシャッタ-等)
2、防水工事  特に動きのある立ち上がり部、入り隅部 増し補強処理他)
本体防水工事  防水層まで
その後ウレタン防水等の場合はトップコ-ト仕上げで表面保護
通常グレ-色、グリ-ン
このような工程をふまえて工事しないと防水にはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な説明をありがとうございます。
やはりちゃんとやりなおさないとだめですね。
今回のこと良い勉強になりました。
お時間かけて回答いただきましてありがとうございました。
防水業者さんに相談したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/04 04:59

後でやるにしてもおとなりのおじいいちゃんにどこのなんという材料をぬったか聞いておいたほうが良いと思います。


ものによっては密着性が悪い材料もありますので。あらたに全面防水する 場合は防水業者におしえてあげてください。
防水業者の職人には資格があります。ウレタン防水とかシ-ト防水等によって分かれています。防水業者さん選ぶ場合の参考にされたらいかがでしょう。防水はしろうとにけのはえた職人ではできません。したがって本職の場合は自信をもって10年保証をだしているわけです。自信があるからだせるわけです。ただし工事後改良してはいけません。またなにかのせるような
予定の場合は雨もってお話しておいてください。増し貼り等の対応をしてくれると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
見積もりを見直ししてみると
1.防水液 ABセット 4セット **万円
2.プライマー 1セット *万円
3.仕上げ材 *万円
4.防水工事 **万円
とあり、なにがなんだか。。です。
1年前のことなので覚えてらっしゃるかわからないのですが
お隣さんにおききしたいと思います。
密着性。。という事でいえば、一部端の部分で
空気をふくんだような?ふくらみが発生してしまってます。
押すと水がでてきます。(雨天後)

お礼日時:2010/12/02 05:49

断熱ブロックはパルコンのみのようですね。


まずお隣さんの工務店さんにお話した方が良いと思います。工務店さんが施工を受けていますが、実際は防水業者が
工事をしていると思います。たぶん見積もり時点で工務店さんは、防水業者さんと一緒にみていると思います。
それから見積もりをだし契約して工事するのが普通です。全面防水改修工事の場合だと防水保証書は施工店、工事業者、
メ-カ-で連盟で10年保証は出していないのですか?ウレタン防水選定もたぶん防水工事業者さんがしていると思います。
断熱ブロックは、使用したことがありませんが、断熱防水等使用に近いのではというきがしますが。
断熱防水の場合は硬質ポリスチレン板 F3 という密度の硬い材料をを使用します。たぶんそのような材料にセメント板
が密着されたパネルを設置していく工法だとは思いますが。
ウレタン防水は通常トップコ-トをしあげをしています。また面積が大きい部分や立ち上がり等伸縮変化が大きいぶぶんには
メッシュと呼ばれるものをしいて対応しています。ウレタン防水には、たぶん仕様があるはずです。今回どのような仕様
で防水改修をされたかはわかりませんが。防水は塗装ではないので専門防水業者が行います。
トップコ-トは保護目的で使用するのが普通です。保護塗料をかけることにより紫外線等よりの劣化を
防ぐことが目的だと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な説明ありがとうございます。
>工務店さんが施工を受けていますが、実際は防水業者が
>工事をしていると思います。
そうだと思って仕事をお願いしたのですが
実際はお隣さん(60~70台のおじいちゃん)ともう一人おじいちゃんが
きて2人でよっこらせっと断熱ブロックをはがして
やっていらっしゃったのです。
なので見積もりもそこらへんのぺらぺらの紙1枚に
塗料の名前が2-3個書いてある程度で○年保障という
事も何も書いてません。
もっときちんと見積もり、契約を行ってからお願いすれば
よかったのですが、お隣さんのおじいちゃんが
大丈夫、まかせておけ。的におっしゃってあれこれ
事務手続きを要求するのも気が引けてしまったのです。

なので、お隣さんに事情をはなす。。。というのは
考えたのですが、
お隣さんも良い方なので、そうするともう一度やり直してくださるとは
思うのですが、やっぱり自己流(今回のトップコートなしみたいな
本体の塗装業者さんからは考えられないような方法)
をとってまたぐちゃぐちゃしてしまうのではないかと
危惧しております。

なので、前回の事は社会勉強と割り切って今後の対応について
悩んでいるところです。
コンクリート住宅は長持ちするのも、雨水等による中性化が防げればの
話なので、やはり屋上防水は重要だと考えてます。

お礼日時:2010/11/30 05:29

o tonari sann dousi nann desyou



daxtutara kujyou jyanakute

1nen keika sitanodesuga saikinn

okujyouga okasiikamo sirenaikara

imaitido mitekurenaikana

to,soudann fuuni motikakete mitara

sokode no hatugennwo kiitekara

kangaeru bekidesyou,

konomamade daijyoubu toiukamo sirenaisi

nanika nurinaositeokimasuyo to iukamosirenai

1nen maedeaxttemo sekininga arutoomouyo.

otonarisann no sekouniha futuuni mitemoraeba?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
前の方のレスにも記載しましたが
相談しすればやり直していただけそうなのですが
かえってぐちゃぐちゃになってしまいそうで
その点を危惧しております。

ですので、今度はきちんとした塗装業者さんに
お願いしたいと考えております。

お礼日時:2010/11/30 05:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大成パルコンの屋上断熱材

築18年の大成パルコン(中古住宅)ですが、屋上には重めの発泡スチロールのような断熱材が敷き詰めてあります。これは取リ去ってしまってもいいものでしょうか?
以前リフォーム業者に聞いた話では、それを取ってしまう人が多いとのことでした。
うちの場合今日の強風で飛んで近所に被害が出ていそうです…もうこういった憂鬱はいやです。

Aベストアンサー

#1です。
防水を一度張替えているのですね。防水層がしっかりしていれば、コンクリートの劣化が進むといっても、ボロボロになってしまう事はないのでそれほど気にしなくても平気です。屋根のシート防水はどうしても改修が必要になってくる部分なので、10~15年に一度くらいは防水を張り替えていれば大丈夫です。
断熱材をまた敷くのはあまり気が進まないでしょうから、興味があれば屋上緑化などどうでしょう?
たしか、m2/10,000円くらいあれば出来ると思います。

Qコンクリートにつく緑色の藻が気になります。

はじめまして。
我が家の玄関前はザラザラとしているコンクリートで
舗装がされています。
ココ最近、梅雨時になると、緑色のカビなのか藻なのか分りませんが、全体的に緑色になってしまい困ってます。一応ブラシでこすると落ちるので、毎日こすって落しているのですが、車3台分ほどのスペースなので、結構手間と労力がかかります。
保護する方法などありましたら、ご伝授ください。

それと、今、テレビショッピングでマモロンという商品が紹介されていたのですが、これについての情報も教えていただけると嬉しいです。(外壁コンクリートにも撥水効果ありという話のようなので。。。)

Aベストアンサー

カビと共生している藻の両方です。
塩素系の漂白剤、高圧洗浄で落ちます。しかし、落としてもまた再生しますので、定期的に繰り返し実施することが必要です。

現在では、安全な「防藻剤」があり、景観保護と防滑に使用されています。撥水しても生えるところは生えます。別荘地ではアスファルトにもガードレールにも藻が生えています。「防藻剤」も種類もたくさんあるので比較しましょう。

Q陸屋根のウレタン防水塗装

過去の質問も見たのですが、よくわからず質問させてください。
5年前私のハイツで雨漏りの為、30m2のルーフバルコニーに40万で、ウレタン防水塗装の工事をしました。
去年から塗装膜が膨張し、水が溜まってぼこぼこになり、ひび割れなどが目立ちます。
業者は「ウレタン塗装とはそういうものだ、通気口を作るやり方もあるが70万はする。膨張した部分を切り取って剥がし、再度ウレタン塗装するがまた剥離しても、もう保障はできない。」とのことです。

(1) ウレタン防水工事とはこんなにもちが悪くて、すぐ駄目になるものなのでしょうか。

(2) 住民が上にトップコートを塗るなどしてメンテナンスすれば、もっと長持ちするのでしょ うか。

下見に来られた方も職人さんでは無く、写真で十分です、とのこと。大丈夫でしょうか。不安でなりません。

Aベストアンサー

質問にお答えしておきます。

(1) ウレタン防水工事とはこんなにもちが悪くて、すぐ駄目になるものなのでしょうか

しっかりとした施工をすれば環境にもよりますが10年以上持たせることも可能です。
ウレタン防水は誰がやってもそれなりに綺麗に見えますので
塗装屋さんが施工している場合がかなりあるようです。
ですが、しっかりとした知識と技術が無いので
本来必要な膜厚(塗装膜の厚み)が確保されず、わずか数年で
見るも無残な姿になってしまっているのを良く見かけますね。
一応ウレタン防水1級技能士は建設大臣から認定をいただきますので
国家資格です。

ウレタンの絶縁工法とはウレタン塗膜の下に絶縁シートを敷き込み
先ほど述べた脱気筒を取り付け、その上にウレタンを流します。
下地の湿気はその絶縁シートが一旦吸収し、脱気筒から排出されますので
通常膨れることはありません。
ipa222さんが仰られている絶縁工法ですが、これはウレタン防水以外の防水で
いろいろな種類があります。
共通するのは下地に密着させないので、既存の防水層を剥がす必要が無く
下地処理などの工程が省かれますので、施工期間の短縮や無駄な
産業廃棄物を出さないと言った環境面でもメリットがあります。
主なものでは塩ビシート防水と言うものがあります。
その代わり、ウレタンなどに比べるとやはりかなり高価なものになってしまいます。
今後、全面改修の際はお高いですがこの工法が良いかもしれません。

(2) 住民が上にトップコートを塗るなどしてメンテナンスすれば、もっと長持ちするのでしょ うか。
トップコートは塗膜面の保護の為に塗るものですから
膨れには全く意味がありませんが、防水層の保護と言う観点から見れば
5年に1度くらいは塗り替えておく方が良いです。

ちなみに脱気筒そのものは1万円くらいで施工は簡単です。
絶対に取り付けてもらってください。

質問にお答えしておきます。

(1) ウレタン防水工事とはこんなにもちが悪くて、すぐ駄目になるものなのでしょうか

しっかりとした施工をすれば環境にもよりますが10年以上持たせることも可能です。
ウレタン防水は誰がやってもそれなりに綺麗に見えますので
塗装屋さんが施工している場合がかなりあるようです。
ですが、しっかりとした知識と技術が無いので
本来必要な膜厚(塗装膜の厚み)が確保されず、わずか数年で
見るも無残な姿になってしまっているのを良く見かけますね。
一応ウレタン防水...続きを読む

QFRP防水のバルコニーの再塗装をDIYでやりたい

現在、家の外壁塗装をしています。
ついでにと思い、FRP防水がされているバルコニーの塗装を聞いてみたところ、20万円ぐらいかかるとのことで断念です。
業者さんからの情報を含めて列記すると、

 ・FRP防水が施されているが、トップコートが所々はがれている。
  2~3年は問題ないと思うがメンテした方がいい。
 ・塗装面積は、約30m2。
 ・節約するなら個人で挑戦もいいんじゃない?

足場も不要なバルコニー内なので、DIYで挑戦したく思っています。
現状は、
 
 ・グレーのトップコート?が所々はがれ、FRPがうっすら見えている。
 ・雨漏りはない。
 ・バルコニーの手摺の壁の立ち上がり、根元15cmぐらいまでFRP防水が施工されている。

色々なHPを探しているのですが、意外と情報が少ないです。
材料も購入しなくてはならないので、やっと探し当てた下記のHPに写真を送ってみようかと思っています。

 FRP-ZONE.COM http://www.frp-zone.com/frp-waterproofing-room.html

材料が買えたり、施工方法がわかるページをご存知でしたら教えれ貰えませんでしょうか?
また、アドバイスがあればお願いします。

 

現在、家の外壁塗装をしています。
ついでにと思い、FRP防水がされているバルコニーの塗装を聞いてみたところ、20万円ぐらいかかるとのことで断念です。
業者さんからの情報を含めて列記すると、

 ・FRP防水が施されているが、トップコートが所々はがれている。
  2~3年は問題ないと思うがメンテした方がいい。
 ・塗装面積は、約30m2。
 ・節約するなら個人で挑戦もいいんじゃない?

足場も不要なバルコニー内なので、DIYで挑戦したく思っています。
現状は、
 
 ・グレ...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。

<工程についてもできればアドバイスお願いできますか>
 ホームセンターのFRPコーナーに置いてある、FRP用の表面塗装材は「下塗りはいりません」。この意味は、結果としてFRPの重ね塗りになるので、FRPとFRPの間に他の素材やペンキなどが挿入されているのは、好ましくありません。多分その様な事をするのは重大な問題だと思います。

 ご質問者さんは既に、サンダーで被膜を剥がそうとお考えの様なので、それをその通り実行(作業)してください。上記に書いた通り、できれば現在の塗装の被膜はなるべく落とされた方が賢明だと思います。
 今回サンダーをかけるのですから、手で触りながら、でこぼこもなるべく取り去るようにサンダーがけを行えば拠り宜しいんではないでしょうか。その場合あまり深く削らないように気をつけてください。

 購入された塗料の缶には、その容量で塗れる範囲が書いてあるので、範囲に合わせて、(1)そのまま缶に硬化剤を入れ塗る。或いは(2)別の容器に小分けして塗る。どちらでもその作業に合わせてお選び下さい。

 塗料を購入された時、同時に容器やハケを洗う溶剤もご購入下さい。店員に聞けば溶剤は分かると思います。
 置いてあるとは思いますが、適当な溶剤がなければ、お近くの「塗装材料店」(車の板金修理屋さん或いは建築やさんで聞けば分かります)アクリルシンナーをお買い求め下さい。

 塗料はFRPなので、硬化剤は確実に規定どおり入れて、よく攪拌してください。多すぎると、塗り終わらないうちに硬化しますし、少ないと硬化しません。

 塗る場合は、FRPが立ち上がっている部分を先にぐるりと塗って下さい。その後、出入り口があるはずなので、そこに向かってバックしながら塗って下さい。
 ペンキ塗りなどよりも遥かに下地に対する色の止まりが良いので、筆を返して何回も塗りなおす必用はありません。一回筆を滑らせればそこの部分は終りとなります。

 ご検討を祈ります。
 

 こんにちは。

<工程についてもできればアドバイスお願いできますか>
 ホームセンターのFRPコーナーに置いてある、FRP用の表面塗装材は「下塗りはいりません」。この意味は、結果としてFRPの重ね塗りになるので、FRPとFRPの間に他の素材やペンキなどが挿入されているのは、好ましくありません。多分その様な事をするのは重大な問題だと思います。

 ご質問者さんは既に、サンダーで被膜を剥がそうとお考えの様なので、それをその通り実行(作業)してください。上記に書いた通り、でき...続きを読む


人気Q&Aランキング