今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

今年父が亡くなりましたが、新年の初詣とか護摩供法要祈願などは控えるべきでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

護摩の本尊によると思います。



天部の尊(毘沙門天など、天とつく尊)を本尊とする護摩なら、
控えた方がよいかもしれませんが、
もっと位が上の尊(例えば不動明王)であれば気にする必要はないと思います。

仏教では位の高い方から、仏、菩薩、明王、天、人・・・としています。
明王以上は覚っているので、生死(輪廻)を超越しています。
その一方で、天はまだ覚りきっていないので、寿命があります。いずれ死ぬのです。
しかも、天部が死ぬ時の苦しみは人間が死ぬよりも何倍も苦しいそうで、
死を意識するのをとても嫌がるそうです。
そのようなことで、天部は喪中の人がお参りするのを快く思われないだろうと思います。

確か、生駒の聖天さんなんかはお参りしてはいけない日数が決まっていたと思います。

明王以上の尊であれば死を恐れることはありませんし、
むしろ、護摩の本尊の代表格である不動明王様などは、衆生の煩悩や罪・穢れを焼き尽くすのが役目なので、
お参りしてご利益にあずかるのがよろしいと思います。

みなさん、仏教と神道をごっちゃにして誤解している人が多いですが、ちゃんと区別して理解すべきです。

だいいち、喪中はダメとか言ってたら葬式できませんよ。。。
    • good
    • 0

仏式の教えを守らなくても罰は当たりません。


仏様はとても寛大です。

しかし、生きている人間の心が問題です。
ご質問者様の気持ちに負担がかかるのであれば、社会一般的なしきたりに沿って今回は神式の初詣は控えましょう。

人生は、常に良い出来事ばかりとは言えません。
仮に、今後何か良くないことが起きた場合、喪中のしきたりを破ったためと悔やむようなことがあるやも知れません。
それを跳ね返す強い信念があるのであれば、仏式のしきたりなど科学的な考えでは何ほどの事もありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご丁寧な回答を寄せていただき、有難うございました。
仏式のしきたりも不勉強でわかりませんが、文面からは法要祈願も控えたほうが良いと伺えました。初めてのことであるため、とても参考になりました。

お礼日時:2010/12/19 19:55

父親の服喪期間は13ヶ月です。

服喪中は、

正月(年賀状(喪中欠礼挨拶を行う)など)
慶事への出席
慶事を執り行うこと
殺生を行うこと

これらが最低限、忌むべき事とされています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご丁寧な回答を寄せていただき、有難うございました。
不勉強なため、大変勉強になりました。

お礼日時:2010/12/19 19:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q喪中なのにお祭り参加

今年は我が家は神社の役員です。
昨日と今日が町内のお祭りでした。無事に終わり明日の片付けの変更の連絡を1件1件したのですが・・・
「私の家は今年、喪中なので片付けは出来ません」と言われました。もちろん喪中でしたら仕方がありません。そこで私も「そうですか。知らなかったので申し訳ございません」と言ったらそこのお宅のお子様がハッピ姿で「ただいま!」と帰って来るではありませんか!私はビックリして思わず「ハッピ」と言ってしまいました。奥さんは「鳥居をくぐらなければいいので」と言っていましたが私達の組の片付け場所は神社ではなくてただの広場です。(もちろん奥さんもその事は知っていました)私はただめんどくさい事だけ出たくない言い訳としか考えられませんでしたが
やはり喪中でもお祭りは参加するものなんでしょうか?

Aベストアンサー

神社の祭事のお世話役、お疲れ様です。私の住む地域の秋祭りは来週で、近々境内清掃と神輿の点検があります(余談ですが)。
地域性に大きく左右される問題ですよね。。

平成の世の現代では「喪中」の解釈にはいろいろあり、はっきりしているところでは、忌と服の区分があるようです。

忌/忌(き)の間は、喪に服し、神祀りや神社参拝は遠慮する。。例:故人が父母だと命日から50日間、祖父母だと30日間等。
服/服(ぶく)の間は、謹慎中、という気持ちで暮らし、忌明け(きあけ、いみあけ)後は、神祀りや神社参拝は善しとされ、故人が父母だと命日から13か月間、祖父母だと150日間等。

だから喪中といっても、忌明け後は神社に行くことができますし、お祭りにも参加できます。親御さんが亡くなると50日くらいでは参拝する気分にはなれないでしょうが、上記のような服忌日程は、残された遺族が社会生活を送りながら立ち直れるようにと配慮されたものだそうです。

ご近所のその奥さんが、故人からみてどういうお立場かはわかりませんが、今回の返答は「?」かも知れませんね。私の近所の方も、義理のご兄弟が半年以上も前に亡くなられたことを理由にご家族一同どなたもお手伝いには来ないようです。なら謹慎中かと思えば、娘さんは今月結婚されます。。悪口ではありませんが、やはり少し勝手かなあとも感じてしまいましたよ。

補足ですが、万一忌中だったり忌明けしていても気になるようでしたら、祭りの前に神社で除服の祓い(じょぶくのはらい)をして頂いたらよいと、神主さんが仰っていました。

神社の祭事のお世話役、お疲れ様です。私の住む地域の秋祭りは来週で、近々境内清掃と神輿の点検があります(余談ですが)。
地域性に大きく左右される問題ですよね。。

平成の世の現代では「喪中」の解釈にはいろいろあり、はっきりしているところでは、忌と服の区分があるようです。

忌/忌(き)の間は、喪に服し、神祀りや神社参拝は遠慮する。。例:故人が父母だと命日から50日間、祖父母だと30日間等。
服/服(ぶく)の間は、謹慎中、という気持ちで暮らし、忌明け(きあけ、いみあけ)後は、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報