喪中はがきについて。この度、私の兄が他界しました。が、嫁いでいるので喪中は関係ないのでしょうか?

義母に、『うち(○○家)に不幸があった訳じゃなく、貴方の実家に不幸があったのだから、うち(私を含め)は出す必要はない』と言われ、出すものだと思っていた為に、どちらが正しいのか分からなくなりました。ちなみに義母とは同居です。



また喪中の場合って、正月の挨拶ができなかった変わりに、寒中お見舞いを正月過ぎに出しますよね?これも、『え?何それ。』と今度は父に言われ、私が神経質になりすぎなのかと思ってしまいます。

こちらも合わせて、マナーとしてはどうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

喪中にするしないは、法律やなにかできちんと決まっている訳ではなく、地方の文化や家ごとの考え方も大きく違い、最終的には「個人の自由」なんですよね。



ただ、多くの方は、実の兄弟、配偶者の兄弟が亡くなったら3ヶ月間は喪中にしますね。
この期間に正月を迎える場合には、「喪中欠礼」の葉書をだします。
旦那さんの名前で、「義兄**喪中の為」となります。
(この3ヶ月間を過ぎていても、悲しみが大きく、「とても賀状を出す気持ちになれない」というような場合には喪中欠礼してかまいません。)

お義母さんにとっては、「子の配偶者の兄弟」と縁が遠くなりますので、喪中にはしない場合が多いです。
特にご年配の方にとって年賀状は、年に一度昔からの知人友人と連絡を取りあえる生きがい。みたいな方もいらっしゃいますので、縁遠い親戚の喪中を強制するのはかわいそうかな。という気もします。
しかし、もちろん貴女自身の悲しみの気持ちも尊重すべきものです。
この場合、義母さんには賀状をだしてもらい、質問主さんご夫婦は喪中にするという事もできますが、できれば同居の場合には足並みをそろえるのが望ましいですので、
婚家方の親戚や友人関係、夫の仕事関係などには賀状をだすようにし、貴女の実家方の親戚、貴女の友人には喪中欠礼にする。という方法が良いのではないかと思います。

いずれにせよ、貴女自身が喪中にするか否かは、貴女の「気持ち」次第です。

なお、喪中欠礼葉書後の寒中見舞いについてですが、喪中欠礼葉書を出した方には出しません。
喪中欠礼葉書をお出ししていない方から賀状が届いた場合、12月に入ってから身内に不幸があって喪中欠礼の挨拶状送付が間に合わなかった場合に、
松の内があけてから、連絡が遅れた詫び状として寒中見舞いをだします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

寒中お見舞い、危うく出してしまう所でした。喪中と二重に出してしまうのはおかしいのですね。

よく分かりました。新たに一つ疑問なのですが、私の親戚にも喪中を出す物なのですか?

お礼日時:2010/10/24 15:27

嫁いでいても兄妹は大切な存在ですし「おめでとう」なんて気分ではないので私なら一人だけ喪中にします。


ただし、同居であることや義母や旦那さんまでは喪中にならないと思うので線引きが難しいと思います。
・自分の友人、知人、など年賀状が自分宛に来るような関係の人には個人名で喪中はがきを出します。
・自分の親戚にも喪中はがきを出します。
・家族ぐるみで付き合っている人や義理の親戚や旦那さん中心に付き合っている人には喪中はがきは出さない。年賀状に旦那さんの名前だけで出す。

義母が質問者さんが喪中になる必要はないと言っているようですが、「悲しい気持ちを押し籠めてまで新年を祝えませんので、今年はあえて年賀状から私の名前を外します」と言ってみては?

喪中はがきを出して、さらに全員に寒中見舞いを出すのですか?そういう人は私の周りにはいませんでした。
挨拶文は喪中はがきに書いてありますしね。(ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますと共に、明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます、など)

寒中見舞いは喪中で年賀状が来なくてさびしい正月をお迎えしているお宅へ年賀状代わりに送るのがメインでした。あとは年賀状を送ってない人から年賀状を頂いてしまった場合です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

寒中お見舞い、そうなんですね。てっきり、年賀の変わりに出す物なんだと思っていました。

新たに一つ疑問なのですが、私の親戚にも喪中はがきは出すのでしょうか?

お礼日時:2010/10/24 15:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昨年末喪中となり年賀状を出していないのですが寒中見舞いはどうすれば?

 父から相談を受けました。実は、昨年末、父の兄弟がなくなり、それまでに年賀状を出しておらず、寒中見舞いを出したいがと相談を受けました。
 ついては、
どのような文面で
 寒中見舞いを出せばよいのか
教えていただきたく質問させていただきました。

とりあえず私なりに文例集などを参考に文面を次の通り考えてみました。どうぞよろしくご教示くださいませ。

文例1
『寒中お見舞い
申し上げます

昨年末○○○○が永眠いたしましたため
新年のご挨拶を申し上げるべきところ
喪中につきご遠慮させていただきました
寒さはこれからが本番です
どうぞお体に気をつけてお過ごしください

2009年大寒』

文例2
『寒中お見舞い
申し上げます

大寒を迎え
寒い日が続きますが
どうぞご自愛ください

2009年大寒』

文例3
『寒中お見舞い申し上げます
早々に年賀状をいただき
ありがとうございます
ご挨拶が遅れ申し訳ありません
本年もよろしくお願いいたします
寒い日が続きますが
どうぞご自愛ください

2009年大寒』

文例4
『寒中お見舞い申し上げます
寒さ厳しき折、皆様にはお変りございませんか。
喪中のため、年始のご挨拶を差し控え失礼しましたが
今年もよろしくご交誼のほどお願い申し上げます。

平成二十一年一月』

文例5
『お年賀のご挨拶ありがとうございました。
皆様には佳き年をお迎えなされましたご様子
心からお喜び申し上げます。
昨年12月末に○○が他界いたしましたので、年末年始の
ご挨拶を控えさせていただきました。
連絡が行き届かず申しわけございませんでした。
本年も相変わりませずよろしくお願い申し上げます。

平成二十一年一月』

文例6
『寒中お見舞い申し上げます
寒さはこれからが本番ですが、
皆様にはお変わりございませんか。
○○の喪中のため年始のご挨拶を差し控え、失礼いたしましたが、
今年もなにとぞよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。

平成二十一年一月』

文例7
『寒中お見舞い申し上げます
昨年12月末に○○が永眠致しましたため
新年のご挨拶を申し上げるべきところ
喪中につきご挨拶を遠慮させていただきました
なお時節柄一層ご自愛のほどお祈り申し上げます

平成二十一年一月』

文例8
『寒中お見舞い申し上げます
年頭のご挨拶いただきありがとうございました。
皆様には、良い新年をお迎えのことと存じ上げます。
実は、昨年12月末に○○が死去し喪に服しております。
今年は、年始のご挨拶を差し控えさせていただきました。
日々寒い折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

平成二十一年一月』

文例9
『寒中お見舞い申し上げます
昨年十二月二十九日○○が□□歳で永眠し、服喪中のため新年のご挨拶を控えさせていただきました。
本来ならば新年のご挨拶を控えさせていただく旨、旧年中にお知らせ申し上げなければならないところ、年を越してのこととなってしまいました。ご無礼の段、どうかお許し賜りたく存じます。
日々寒い折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

平成二十一年一月』

文例10
『寒中お見舞い申し上げます
年頭のご挨拶いただきありがとうございました。
昨年十二月末に○○が他界し喪に服しております。
そのため年始のご挨拶を差し控えさせていただきました。
故人が生前中に賜りましたご厚情に深謝致しますと共に
今後とも変わらぬご交誼の程よろしくお願い申し上げます。
なお時節柄一層のご自愛のほどお祈り申し上げます

平成十二年一月』

 父から相談を受けました。実は、昨年末、父の兄弟がなくなり、それまでに年賀状を出しておらず、寒中見舞いを出したいがと相談を受けました。
 ついては、
どのような文面で
 寒中見舞いを出せばよいのか
教えていただきたく質問させていただきました。

とりあえず私なりに文例集などを参考に文面を次の通り考えてみました。どうぞよろしくご教示くださいませ。

文例1
『寒中お見舞い
申し上げます

昨年末○○○○が永眠いたしましたため
新年のご挨拶を申し上げるべきところ
喪中につきご遠慮...続きを読む

Aベストアンサー

お父さまは『喪中』とされて、年賀状を送られなかったのですね。
きっと、仲のいいご兄弟だったのでしょう。
私の周囲では、亡くなったのが「同居していない兄弟姉妹」ならば、年賀状を送っても障りはない…という人が多いのですが、お父さまにとってはご兄弟が亡くなられたことが堪えられたのでしょうね。

私は平成13年、15年、17年に同居家族を送りました。
平成17年12月に亡くなったのは、同居していた伯母(父の姉)だったのですが、実母よりも長い年月を一緒に過ごしましたので(平成13年に亡くなったのが私の実母です)、伯母のこととはいえ平成18年の新年の挨拶は控えました(続柄が伯叔父母ならば、兄弟姉妹以上に「喪中」にはしない人の方が多いと思います)。
伯母が亡くなったのが12月の半ばで、年賀欠礼状を送るには間に合わないと思い(年賀状の受付が始まっていましたから)、また、その時点で年賀状をまだ作成していなかったこともありましたので、平成18年の年賀状をいただいた方に、「寒中見舞い状」を送りました。

お父さまも同じような「時間的要因」があったことと拝察いたします。

確かに#1さんがおっしゃるように、「寒中見舞い状」はあくまでも季節のあいさつ状ということは理解していました。

ですが、私は、私がこれまで毎年年賀状を送っていた方のうちの殆どの方が「どうして今年は年賀状が来なかったのか」と思われるのが『普通』だろうと考えましたので、「寒中見舞い状」の中に、「年賀状を送らなかった『理由』」を入れました(私は年賀状には自作のグラフィック作品を使っており、毎年楽しみにしてくださっている方が多いものですから…(文字通り『自画自賛』ですね。テレ))。
あいさつ状には、「挨拶文だけで終わりにしなければならない」という決まりはないと思っていますし。
ですから、「自分の近況報告」の形で「年賀状を送らなかった『理由』」を告げてもいいのではないかと考えたからです。

そこで
「寒中お見舞い申し上げます」
の後に、少し小さな字で
「年頭のご挨拶を差し上げるべきところ 昨年12月に伯母が亡くなりましたので控えさせていただきました」
「時節柄まだまだ寒さが厳しい日が続きます 皆様にご自愛のほどお祈り申し上げます」
という文章を入れました。
日付は「平成十八年一月」にしました。

ご質問文の文例ですと、「十二月末」を使われていますが、「亡くなったのが年末ギリギリだったから仕方ないだろう。」と言っているようにも受け取れます。
「そんな年末ギリギリまで年賀状の準備をしていなかったのか?年賀状は12月15日から受付しているのに。」と解釈されないとも限りませんので、「末」は省かれてもよろしいのではないかと思います。

個人的には、「文例1」と「文例7」を少しアレンジして
『寒中お見舞い申し上げます』
「昨年十二月に○○(続柄)が永眠いたしましたため 新年のご挨拶を申し上げるべきところ 喪中につきご遠慮させていただきました」
「寒さはこれからが本番です どうぞお体に気をつけてお過ごしください」
「平成二十一年一月」



『寒中お見舞い申し上げます』
「昨年十二月に○○(続柄)が永眠いたしましたため 新年のご挨拶を申し上げるべきところ 喪中につきご遠慮させていただきました」
「時節柄一層ご自愛のほどお祈り申し上げます」
「平成二十一年一月」

がいいのではないかと思いました。
文例7は、そのままの文章の順番や区切りですと「永眠したため新年のご挨拶を申し上げる」のかとも受け取れますので、順番を変えた方がいいと思いました。
「なお」は要らないですね。

他の文例の「実は」とか「そのため」という文言も不自然な印象を受けます。ビジネス文書ではないので、取って付けた言い訳のように聞こえますので。
文例9は、丁寧過ぎて慇懃無礼な印象を受けました。
文例10は、亡くなったのが兄弟ですと「故人が生前中に賜りましたご厚情」なんて「ない」場合も多いですから、不自然な気がします(生前、兄弟が交誼を結んでいた方たちに「喪主」の立場で送るのならばともかく)。

お父さまは『喪中』とされて、年賀状を送られなかったのですね。
きっと、仲のいいご兄弟だったのでしょう。
私の周囲では、亡くなったのが「同居していない兄弟姉妹」ならば、年賀状を送っても障りはない…という人が多いのですが、お父さまにとってはご兄弟が亡くなられたことが堪えられたのでしょうね。

私は平成13年、15年、17年に同居家族を送りました。
平成17年12月に亡くなったのは、同居していた伯母(父の姉)だったのですが、実母よりも長い年月を一緒に過ごしましたので(平成13年に亡くなったの...続きを読む

Q喪中の上司に出す寒中お見舞いについて

昨年喪中だった上司に寒中お見舞いを出そうと思います。

昨年11月に転職したばかりなので、その上司とはあまり話した事がありません。

どのような文章をかけばよろしいでしょうか?
「寒中お見舞い申し上げますご服喪中のことと、年頭のご挨拶は遠慮させていただきました。」の後に、何か付け足したいのですが、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

今後ともよろしくご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

http://www.futaba-insatsu.co.jp/mame/kantyu.html

Q喪中を出しても寒中見舞い?

去年に私の兄が亡くなり、喪中はがきを出しました。しかし、出したはずの方から年賀状が何通かきたのですが、この場合でも、再度寒中見舞いを出した方が良いのでしょうか?


あと、寒中見舞いって、官製はがきで良いのでしょうか?

Aベストアンサー

まず寒中見舞いとは、本来は寒さが厳しい地域や豪雪地域の方に対し、
苦労をねぎらうために出されたのが始まりとされています。それが何時
しか喪中の際に新年の挨拶が出来ない時に、正月が過ぎて新年の挨拶の
代わりにしたい時に出す物を寒中見舞いと言うようになりました。
そもそも喪とは関係の無い物ですから、新年の挨拶が出来なかった人に
対して、どうしても挨拶代わりをしたいと言う時に出すようにします。

あなたの場合は多分入れ違いになったか、相手が勘違いをされて出され
たか、形式には拘らないので出したかの何れかだろうと思います。
あなたがどうしても新年の挨拶代わりをしたいと言う気持ちが大きけれ
ば、寒中見舞いを出されて下さい。そうでなければ出さなくても構いま
せん。次回に逢った時に挨拶をすれば済む事です。

寒中見舞いとして出せる時期は、寒の入り(1月5日)から立春の日の
前日までです。立春を過ぎても出せますが、この時には寒中見舞いでは
なく余寒見舞いと書きます。ただ喪中で年賀状が出せなかった人は余寒
見舞いでは出せません。寒中見舞いが出せる期日に出して下さい。

葉書は官製はがきで構いません。裏印刷がされてある物も使えますが、
出来るだけシンプルな物を使用されて下さい。

まず寒中見舞いとは、本来は寒さが厳しい地域や豪雪地域の方に対し、
苦労をねぎらうために出されたのが始まりとされています。それが何時
しか喪中の際に新年の挨拶が出来ない時に、正月が過ぎて新年の挨拶の
代わりにしたい時に出す物を寒中見舞いと言うようになりました。
そもそも喪とは関係の無い物ですから、新年の挨拶が出来なかった人に
対して、どうしても挨拶代わりをしたいと言う時に出すようにします。

あなたの場合は多分入れ違いになったか、相手が勘違いをされて出され
たか、形式には拘らないの...続きを読む

Q喪中葉書がきたが、うちも喪中。

お盆に主人が亡くなりました。
12月に喪中はがき発送の準備をしていましたが、今日実父の弟が9月に亡くなったので、と喪中葉書が奥さんから届きました。
20年前に私だけが一度会ったっきりで、一応年賀状のやり取りだけをしている仲です。父も生前に時々本当に時々電話するくらいでした。(向こうは北海道、こちらは大阪)

が、父が亡くなった時(葬儀後に連絡)と私の結婚のときにお金を送ってくれています。(もちろんお返し済み)

で、この場合私はお悔やみのお金を送った方がよいですか?すると向こうも気を使いますよね?送り合い?喪中葉書の送り合いもなんかおかしいです?親戚同士で。ね。


でも、奥さんなんて顔も覚えてないし、年賀状もお互い印刷の文字のみ。ちなみに実母は闘病中で話ができない状態の寝たきりです。母にもしものことがあった時は?これも喪中頼りの年末まで待つパターンでいいんでしょうか?

Aベストアンサー

No2の者です。
30代でいらっしゃるそうで、私と同年代なんだなと思いました。
私も若くはないとは言え、親戚の伯父伯母の中では小娘でしょうが(笑)、
でも結婚もしており一人前の大人です。
すべきことはきちんとせねば、
良く知らないでは許されない年齢だと思っています。

姪や甥の配偶者は顔も知らなかったら、ほぼ知らない人…
ということは、ないと思っています。
結婚すれば親族です。同じように大事に扱うのが普通だと思っています。
まったくお付き合いがない状態ならともかく、
義理にせよあちらが礼儀で常識だと思われたにせよ、喪中ハガキがきたということは、
お知らせだけはすべき関係だと解釈してよいと思います。
たとえ時間が経った後で気遣いせぬように…との配慮があったとしても、
あちらがお知らせくださったのにこちらは知らん顔…では失礼かなと私は思います。
お返し(香典返し)のしあいというのは、お互いがお悔やみがあればあって普通のことです。
それは気にされる必要はないと思いますよ。

こちらも喪中ハガキのみ出してご仏前をお送りしない…という手もありますが、
(私としては自分の喪中ハガキを出さないという選択肢がないので、逆はありません)
それであちらからご仏前がきた場合、こちらも慌ててご仏前を送ることになりますよね(^^;
それこそ、ものを知らない小娘が、相手の反応を見て慌てて…になります(苦笑)
伯父伯母は、葬儀に参列して親族席に座ってもいいくらいの間柄ですから、
やはりご仏前は相手の反応を見ずともお送りした方がいいかなと思います。
自分から送ると相手も送らざるを得ない、なら小娘の対応(笑)になってもいいから、
あえて相手に気遣わせないよう自分からは送らない…という考え方も、アリかとは思います。

私は、ご仏前と喪中ハガキ、同時期くらいに出すのでいいかなと思います。
ご仏前はお知らせを受けたらすぐお送りするもの、
喪中ハガキは時期的にもういつでもお送りしていいので、
片方のために片方を待つ必要はないと考えます。
自分なら一番良いのは、ご仏前をお送りしたお礼の電話が相手からあり、
その際に喪中ハガキも確認されており、お悔やみの言葉を頂いたら
お礼とともに「どうかお気遣いなく」という言葉も添える…という形かなと思います。
それでもご仏前は送られてくる可能性も高いでしょうが…
その場合は香典返しの時と同じように、お返しをお送りされればいいと思います。

私は、仏事の場合は、付き合いの濃さに関わらず、
すべき間柄であればすべきことをする…と思っています。
相手に気遣わせるから知らせない、お返しを気にされるからご仏前は控える、
というのは、よほどのことがない限りしないです。
(今回の伯母さまのように、遅れてお知らせするのは勿論アリです)
知らせない=知らせる必要の無い相手・どうでもいい人、という意味にもとれるので。
お気遣い頂くかどうかは相手次第で、気を遣わせること前提で考える必要もないと思います。
自分からの行動は、相手へのお悔やみの気持ちが一番大事で、
遅れてでもご仏前を頂いたら、恐縮はしても、
同時に気遣いやお気持ちを嬉しく思うものでは…と思っています。

長文失礼しました。
少しでも参考になることがあれば幸いです(^-^)

No2の者です。
30代でいらっしゃるそうで、私と同年代なんだなと思いました。
私も若くはないとは言え、親戚の伯父伯母の中では小娘でしょうが(笑)、
でも結婚もしており一人前の大人です。
すべきことはきちんとせねば、
良く知らないでは許されない年齢だと思っています。

姪や甥の配偶者は顔も知らなかったら、ほぼ知らない人…
ということは、ないと思っています。
結婚すれば親族です。同じように大事に扱うのが普通だと思っています。
まったくお付き合いがない状態ならともかく、
義理にせよあちらが礼儀...続きを読む

Q喪中 寒中お見舞い

喪中ハガキを頂いた方が数名います。年明けに寒中お見舞いを出そうと考えていたのですが、昨年末に私の父が他界してしまいました。
そこでですが、普通に頂いた年賀状の方には寒中お見舞いを出そうと思いますが、喪中ハガキを頂いた方はどうすれば良いでしょうか?
報告は報告なので、文面に気をつけて普通に送れば問題ないですかね??
その際に気をつけることがあれば教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「寒中見舞い」は、季節の挨拶状のひとつですが、用途としては次のような場合に使われます。

1)一般的な季節のご挨拶として、寒中に相手の健康を気遣う
2)先に年賀状を頂き返礼を松の内に送れなった方へ、年始の挨拶
3)喪中の方で年賀状を交換できなかった方へ、年始の挨拶
4)喪中と知らずに年賀状を出してしまった方へ、お悔やみとお詫びを兼ねる
5)こちらの喪中を知らず年賀状をくれた方へ、喪中の報告とお詫びを兼ねる

質問者さんの場合は 3)5)に該当しますので「寒中見舞い」として出しても何等問題はありません。

「寒中見舞い」は特に決まった形式はありませんが、一般には
季節の挨拶 「寒中お見舞い申し上げます」 「余寒お伺い申し上げます」

先方の安否をたずねる言葉 (年賀状を戴いた方にはお礼、喪中の方にはお悔やみの言葉)
自身の近況を伝える言葉 (父の逝去)
先方の無事を祈る言葉

日付
のように書きます。

「拝啓」などの頭語や、「敬具」などの結語は不要です。
日付は「○○年○月」のみでもかまいません。
喪中の相手に出す場合は、賀詞やおめでたい言葉は避けましょう。
「年賀状」は「年頭のご挨拶」になりますね。

出す時期は松が明けた後の1月8日から立春(2/4頃)の前日まで出しましょう。
立春過ぎたら「余寒見舞い」として2月下旬頃まで出せます。

「寒中見舞い」は、季節の挨拶状のひとつですが、用途としては次のような場合に使われます。

1)一般的な季節のご挨拶として、寒中に相手の健康を気遣う
2)先に年賀状を頂き返礼を松の内に送れなった方へ、年始の挨拶
3)喪中の方で年賀状を交換できなかった方へ、年始の挨拶
4)喪中と知らずに年賀状を出してしまった方へ、お悔やみとお詫びを兼ねる
5)こちらの喪中を知らず年賀状をくれた方へ、喪中の報告とお詫びを兼ねる

質問者さんの場合は 3)5)に該当しますので「寒中見舞い」として...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報