【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

問ー
2桁の自然数のうち各位の数字の和が奇数になる自然数は何個? (数学)

この問題の意味がはっきりわかりません。
「各位の自然数の和が奇数になる自然数」
ってことは、つまり 和が自然数なのですか?
それとも各位が自然数なのですか? (最初の一桁をのぞいて)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自然数の各位の数字は自然数、および0ですから、ゼロ以上の整数になります。


二桁の自然数の場合、これらを二つ加える訳ですが、二桁ともゼロということはなく、
自然数+自然数
自然数+ゼロ
のいずれかなのでその和は自然数です。

さて、問題ですが、二桁の自然数の10の位の数をaとするとこの自然数は
10aから10a+9 (aは1から9)
と表されます。また、各位の数の和は
aからa+9 (aは1から9)
と表されます。

aが奇数の場合、
aは奇数、a+1は偶数、a+2は奇数というふうに偶数と奇数が交互に現れるので奇数と偶数は半々です。

aが偶数の場合、
aは偶数、a+1は奇数、a+2は偶数という風に偶数と奇数が交互に現れるので奇数と偶数はやはり半々です。

従って10から99までの90個の自然数のうち、各位の和が奇数になるのはその半分の45個です。
    • good
    • 0

自然数の各々の位は当然自然数です。

( 自然数 12 の各々の位は 1 と 2 )
各々の位を足し算したら奇数になった。( 自然数 12 の各々の位を足し算 1 + 2 して 3 )

そのような自然数は 12 以外にも沢山ありますが、さていくつあるでしょうか。

という意味です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2桁の自然数のうち各位の数字の和が奇数になる自然数

問ー
2桁の自然数のうち各位の数字の和が奇数になる自然数は何個? (数学)

この問題の意味がはっきりわかりません。
「各位の自然数の和が奇数になる自然数」
ってことは、つまり 和が自然数なのですか?
それとも各位が自然数なのですか? (最初の一桁をのぞいて)

自然数は0を含まないので。。。混乱しています。

和は0を含むのでしょうか?
各位は0を含むのでしょうか? (最初の一桁をのぞいて)

Aベストアンサー

2桁の自然数(10~99まで)のうち、1の位と10の位を足す(例(1)10なら1+0で1、例(2)48なら4+8で12)と、答えが奇数になるもの(例1のようなもの)は何個ありますか?という問題です。

・一番小さくても10(和は1)なので、和が0の2桁の自然数はありません。
・1の位に0が入ることはあり得ます。
・各位の数も和も全部自然数です。

どういう時に答えが奇数になるのか、規則を見つけて考えてみてください。

がんばれ!

Q倫理って何を勉強するのですか。

高校の選択教科に倫理がありますが、どんなことを勉強するのかよくわかりません。
選択教科を決めるのにまよっています。
どなたか、アドバイスお願いたします。

Aベストアンサー

pearさんの学校には「倫理」があるのですね。どちらかというと珍しいと思います。もっとも選択教科ということですが、どういう意味の選択なのでしょうか。というようなこちらの疑問はおいておきます。

さて、高校倫理の内容ですが下のsesameさんがおっしゃっているような「哲学史」ではありません。ちょっと脱線しますが、例えば哲学史上の巨人の一人にカントという人がいます。カントの哲学的な業績は「純粋理性批判」という本で理性の限界を示し、哲学の対象を限定したことにあるのですが高校倫理ではそれについては触れません。そして「実践理性批判」で展開した道徳論が教えられています。高校倫理を教える人はおそらくカントの「純粋理性批判」とその内容について授業中話すことと思いますが、それは倫理で教える内容とされているわけではありません。このように倫理は確かに哲学の一分野でありますが、そのすべてではないことと、高校倫理には青年心理学・社会学・民俗学などの分野も入っています。

おおざっぱにいうと高校倫理は「今の日本や世界での(正しいとされている)道徳の内容とその由来」を考えるものです。また、宗教も道徳を示しますが、世界の主要な宗教の基本的な考え方も学びます。
例えば、
「無為自然」に生きることが人生の幸せを得る道である、とか
いつ契約したかわからないけれど、「社会契約」によって私たちの社会は成り立っている、とか
すべての生き物には仏になれる性質がある、とか
人の本性は善か悪か、とか
そのようなことを私たちはいつのまにか知っていたり、考えたりしますが、それらは自然に浮かび上がってきたものではなくて誰かが考えついたり、きちんとまとめたりしたものが伝わってきているのです。そして、その人たちや集団の考え方を知るうちに、逆に今の私たちが「道徳」として守っていくべきことが何であるかが見えてきます。青年心理学なども、高校生ぐらいの青少年が自分自身について悩みを持ち、「自分とは何か」を求めていくことに対しての1つのヒントになっています。

このように、高校倫理は「道徳とはどのようなものか」「人生をどのように生きるべきか」「社会とは何か」というような大切な問題について、自分で考えていこうとするときに、その手がかりを与えてくれる科目です。

(ただ、私はこのように考えていますが、教員によっては単なる倫理用語や知識の羅列であったり、西洋哲学史を教えるだけであったり、カントやヘーゲル、マルクスなどの特定の分野だけに力を入れて教えたりするかもしれません。センター入試対策であれば用語知識の羅列である方が哲学史や特定分野を教えられるより有効ですが、「倫理」を考えるという点では後者の方が有効でしょう。)

pearさんの学校には「倫理」があるのですね。どちらかというと珍しいと思います。もっとも選択教科ということですが、どういう意味の選択なのでしょうか。というようなこちらの疑問はおいておきます。

さて、高校倫理の内容ですが下のsesameさんがおっしゃっているような「哲学史」ではありません。ちょっと脱線しますが、例えば哲学史上の巨人の一人にカントという人がいます。カントの哲学的な業績は「純粋理性批判」という本で理性の限界を示し、哲学の対象を限定したことにあるのですが高校倫理ではそれに...続きを読む


人気Q&Aランキング