「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

「MacOS拡張」でフォーマットすることのデメリットってありますか?
音楽ソフトのファイル用に使いたいのですが「MacOS標準の方が良い」と聞いたことがありますが定かではありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

MacOS拡張(HFS+)のデメリットはアロケーションブロック(MacOSでデータを保存する最小単位)が小さくなるので断片化が起きやすくなる事と、


HFS+が使えないバージョンのMacOSとの互換性が無くなるという事(まれにラッパーボリュームのエラーというディスクエラーも起きますが)、
それとHFS+に対応していないメンテナンスソフトは使えないという事に、

でも古いMacOSを使う必要が無ければ、
あえてMacOS標準(HFS)を選ぶメリットは無いと思いますよ。
    • good
    • 0

大容量のHD(ハードディスク)をMacOS標準で初期化して使用しているとHDの空きは十分にあるのに「ディスクがいっぱいです」というエラーが出る場合があります。


 MacOS標準(フォーマット)の場合、HDの容量によってファイルの最小容量が変わります。これは MacOS標準がHDの容量を 65,535 で分割した形で管理しているためです。これによって、2GB以上のHDをご利用の場合、ファイル1枚の容量はどんな小さな書類であっても64KBになります。

MacOS標準(HFS)は古くから使用されているフォーマット形式ですが、MacOS拡張(HFS+)はMacOS 8.1 から採用された大容量メディアに適したフォーマットです。

MacOS拡張(HFS+)の場合、ファイル1枚の容量は4KBです。

2GB以下のHDであればMacOS標準でも問題ありませんが、それ以上の容量のHDをご利用であればMacOS拡張でHDをフォーマットすることを強くお奨めします。
ただしFD(フロッピーディスク)はMacOS標準でしか初期化出来ません。
詳しくは下記URLを御覧下さい。

http://moq.mygrove.jp/mac/beginners/HD/hfs.html

>「MacOS拡張」でフォーマットすることのデメリットってありますか?

デメリットはMacos8.0以下のマックではHFS+を読めません。


>音楽ソフトのファイル用に使いたいのですが「MacOS標準の方が良い」と聞いたことがありますが定かではありません。

初耳です。
理論上はそんなことは無いはずですが試してないのでこの点については自信無しです。
どなたかお試しになられたらぜひ御感想をお聞かせ下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タッチの差で締め切った後に回答に気付きました。
ポイントがつけられなくて済みません。
具体的な内容でとても分かりやすかったです。
ありがとうございました。

>音楽ソフトのファイル用に使いたいのですが「MacOS>>標準の方が良い

というのはきっと「断片化が起きやすくなる事」
ではないかと、#1の回答で判断しました。

お手数かけました。

お礼日時:2003/09/01 13:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS9でDOSフォーマット

MacOS9とWindows間で外付けHDDを使用してデータの移動を行いたいのですが、
フォーマットがうまくいきません。外付けHDDは500GBです。
Mac側でDOSフォーマットで初期化しても、初期化後は17.76GBしか認識しません。
フォーマット時は465.7GBの表示が出ているのですが、フォーマット後は17.76GBの状態です。
Windows側でNTFSやFAT32でフォーマットしてもMac側でマウントされません。
どのようにしたらMaxで使用できるのでしょうか?

Aベストアンサー

OS 9 で認識できる FAT32 フォーマットは 32GB までです。NTFS は認識できません。
Windows 側で 32GB 以下にパーティションを分けて FAT32 でフォーマットしてみてください。ただし、プライマリーパーティションは一つと拡張パーティションを一つ設定し、あとは拡張パーティション内に論理ディスクを設定してください。

QexFATに欠点はありますか?

 自分はwindowsとmacの両方で使えるように
外付けHDDケースをexFATにしたのですが、win mac共に
標準な形式ではないので不安があります。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイルに対する追加情報の収録などができない、その他ACLのような所有者情報やアクセス権などを示す情報が記録できない。ファイルシステムレベルでの暗号化に対応しないという欠点があります。
また、これに付随するOS提供のサービスの一部も利用が制限されることがあります。(ファイルの自動<バックグラウンド>検索、バックグラウンドメタデータ保存、ボリュームシャドウコピーなど)

即ち、あくまで特定の用途としてデジタルカメラ、携帯情報端末やスマートフォンなどにおける外部ストレージとして使うには、価値があるが、それ以外だと例えば沢山の種類名称のフォルダやファイルが混在した中から、テスト1というファイルを検索するときに、時間が掛かる。

アクセス権を設定できないため、このファイルはAユーザーには触らせたくない(変更や消去されると困る)といった場合に、アクセス制限を加えることができないといった点が生じます。


これらが可能なのは、NTFS、HFSなどの高度なメタデータ管理とセキュリティ管理の概念を持つファイルシステムとなります。ということになります。

まあ、取り立てて危険性や欠点があるわけではないです。
むしろ、今不便を感じないならよいでしょう。ただし、それぞれのファイルに対してアクセス権を付与したいといった場合には、不向きです。

即ち、互換性と軽量性(仕組みとして単純)であるというだけの話です。

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイ...続きを読む


人気Q&Aランキング