今、私はスペイン及び、スペイン語圏の国々の文化について
勉強しています。そこで、正確な、スペイン語を公用語としている
国を知りたいのですが、教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

今朝補足説明をしたのですが操作ミスがあったのか掲載されなかったので繰り返します。



赤道ギニアは存在します。1968年にスペインから独立し直ちに国連に加入しています。英文国名 Republic of Equatorial Guinea 人口43万人

スペイン語は非常に広域で話される言葉なので、地域性(なまり)はありますが、日常会話に支障があるほどではありません。キューバと赤道ギニアを除くスペイン語の通じる全ての国を訪ね(モロッコ、プエルトリコ、フロリダ、ニューメキシコ、アリゾナ、カリフォルニア、キュラソーを含む)4カ国に住んだ経験から、日常会話でなまりが障害となったことは
ありません。これは昔(20-30年前以前)と違い出版、音楽(レコード)放送(テレビ)文化の発展で急速に標準化(少なくとも理解力)が進んだ結果だと思います。インターネットはこの動きを更に加速させることでしょう。(専門家レベルの地域性は残るでしょうが)
    • good
    • 0

議論の種を蒔いてしまった「Pancho」です。



赤道ギニアがアフリカ西部に存在することを確認しました。失礼しました。スペイン語が公用語の国なので中南米周辺を調べ直したのですが、アフリカの一部にまで公用語として採用されている国があるとは想像できませんでした。(スペイン語を話している地域があることは知っていました。)

以上。(大変申し訳有りませんでした。)
    • good
    • 0

補足回答です。


panchoさんの御指摘通り「チリ」が抜けておりました。全20カ国です。けど、赤道ギニア共和国(Republic of Equatorial Guinea)は実在します。もちろん公用語はスペイン語です。悪しからず。


【ご利用に当たってのルール[重要]】

多くの人が参加しているサイトですから、時にはマナーやルール違反をしてしまう方が出てきます。そういった場合も、ルール違反やマナー違反を指摘したり、あるいは回答者同士で(時には質問者を無視して)議論したりしないで下さい。質問している方や、まじめに回答している方の迷惑になります。
    • good
    • 0

申し訳ありません。

私も横道にそれちゃいますが・・・。
#3のwoodpさんは「アルゼンチンはなまらない」とお聞きになったそうですが、なまってましたよ。(大学のときの先生の一人がアルゼンチン出身)
中南米にはスペイン語を公用語とする国が多いのですが、スペインだけでなく、イタリア、ポルトガル、イギリス、ドイツetcからの移民も多いので、それらの国々の影響が色々な面で現れているらしいですね。
    • good
    • 0

物凄く話しそれますが、


「赤道ギニア」って無いんですか?
去年のシドニーオリンピックの競泳で、
特別枠みたいなやつで、
一人で泳いでいたムサンバニ選手は
「赤道ギニア」の選手となっていましたよ。

21世紀になるとともに、なくなってしまったんでしょうか?

(ごめんなさい、大きくヨコミチそれて(^^;)
    • good
    • 0

「o-totoro」さんのリストでほぼ合っていますが、公用語の20ヶ国から「チリ」が抜けています。


また、今は「赤道ギニア」という国は無いと思いますが、「スリナム」の東となりにある「ギニア」のことでしょうか? この地域は「フランス領」となっている筈なので国では有りませんし、「フランス語」が公用語になっていると思いますが...。(私の勘違いかな)

整理すると、メキシコ以南の中南米の内「ベリーズ」「ブラジル」「ガイアナ」「スリナム」(「ギニア」)を除いた国々と、カリブ海(アンティル諸島)の「キューバ」「ドミニカ共和国」、および「スペイン」です。(皆さんの記述は、ちょっとずつミスが有ります。)

ちなみに、発音も含めてスペインとその他の国々ではずいぶん違うスペイン語を話していますし、単語の使い方に至っては国によって差がありますのでご注意を。

以上。(参考までに、この手の情報の公式サイトとして外務省のページを載せておきます。)

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/index.html
    • good
    • 0

こんばんは。



スペイン語を公用語としている国は、下の方のおっしゃるとおり
中南米(ブラジル・マルティニーク・バハマ・ジャマイカをのぞく)
と本国スペイン、それからフランスの一部(ピレネー山脈=バスク地方)
が、公用語としていると思うのですが・・・

ず~っとまえ、ふとした縁で、メキシコ人・チリ人・スペイン人・フィリピン
人(ちなみにフィリピン人の女の子はスペイン語は片言)と5人仲良くつ
るんで遊んでいたことがあるのですが(一応5人の公用語は英語)その
中で、スペイン語を母国語にしている連中は、よくたがいの「なまり」の
事を言っていましたね。

ちなみに、最後に勝のは、やっぱ本家の「スペイン人」でした。
五人で議論になるときは、みんなムキになって「おらが言葉が一番」
とやっていた?様なのですが。
それを見ていた限り、どうも、スペイン人のスペイン語にそれ以外の連中は、
心なしか劣等感なりあこがれがあったと思います。

一度メキシコ人の友人に、とくと違いを教わったことがあるのですが、
も、忘れました。
やはり、同じ言葉でもかなり違うようですね。
NHKのスペイン語講座でも、必ず2カ国のコーナーつくっていますものね。
でも、日本語習うのに、ふつう「関西弁」は習わないですよね?(ちなみに
小生関西人)それに、関西人は標準語(この言葉が少ししっくりこないですが。)
はしゃべられないけど理解できる。
と、言うことは、スペイン人のスペイン語が、やはりスタンダードで、それ以外は
それなりに「なまっている」のでは無いでしょうか?

ちなみに、その連中の話では「アルゼンチン」は、なまらないというのも聞いた
ことがありますです。

ぜんぜん参考にならないのは承知しておりますが・・・
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

No.1の回答者の補足になりますが、カリブ海ではスペイン語がかなり通用します。

特にオランダ領キュラソーとアルバーでは問題なく通用します。又北米南西部の内
ニューメキシコとアリゾナでもメキシコ系の人口比率が高くスペイン語の通用する地域に入れてよいと思います。イスラエルでも世界中のスペイン語圏から帰国したユダヤ人が多く、英語、ロシア語とともにスペイン語を話す人が多いと聞きます。

1980年代ごろまでスペインのTV番組に '300 millones'というのがありました。これは全世界のスペイン語視聴者を対象とした番組でした。現在は軽く5億人を越えていると思われます。スペイン語を公用語とする人口は英語、中国語、ヒンディー語に次いで世界で第4位です。
    • good
    • 0

スペイン語を公用語としている国(五十音順):アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、キューバ、コスタリカ、コロンビア、スペイン、赤道ギニア、ドミニカ共和国、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ベネズエラ、ペルー、ボリビア、ホンジュラス、メキシコ(20か国)



スペイン語を公用語としている地域:プエルトリコ(米国自治領)、エル・セニーソ(米国テキサス州)

スペイン語がかつて公用語に指定されていた国:フィリピン(1986年まで)

その他、スペイン語が通用する地域:アンドラ、米国(ニューヨーク、フロリダ、テキサス、カリフォルニアなど)、ベリーズ、モロッコ北部
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語 または ポルトガル語を公用語とする国は?

スペイン語とポルトガル語は似たような印象があります.
公用語として使われている国はスペイン・ポルトガルはもちろん南米が主だと思いますが,他に使われている国ってありますか? それぞれを使っている国の一覧のようなものがあるページがあれば嬉しいのですが...

Aベストアンサー

アメリカ合衆国の州の中でも、ニューメキシコ州は、事実上スペイン語も公用語の位置付けで、テキサス州も、公用語に近い扱いと言えるでしょうか。(選挙対策?)
アリゾナ州は、英語だけが公用語と定めたことが州、連邦ともに違憲と判断されました。地域によってはスペイン語を使う住民がほとんどという自治体もあります。

Q世界で最も重要な3言語を選ぶとすれば

世界でもっとも重要な言語を3つ選ぶとすれば、英語、中国語、日本語になるかと思うのですが、いかがでしょうか?日本語はマイナーでしょうか?

それぞれの理由
○英語:国際交渉や国際ビジネスの場で最も用いられる言語であり、アメリカ、イギリス、カナダといった主要国やその他多くの国で用いられています。
○中国語(北京語):世界で最も話者が多い言語であり、現在の中国の成長と将来性を考えれば、中国を好きかどうかにかかわらず身につけておくべき言語になると思います。
○日本語:日本の地位は低下していると言われますが、まだ世界2位の経済大国であり、話者人口も約1億3000万と多いです。またネットの世界における日本語は英語、中国語にも劣らないプレゼンスを示しています。

次点
○フランス語:かつての国際語ですが、フランスの経済力はそれほど大きいものではなく、フランス以外の国でも話されているといってもアフリカの貧困国くらいです。
○ドイツ語:ドイツの経済力は中国に抜かれ、世界4位に低下しました。また、ドイツ人の多くは英語に堪能なため、英語でコミュニケーションが取れてしまいます。
○スペイン語:スペインおよび南米の多くの国で用いられていますが、スペインは決して主要国と言えない存在であり、南米の国々はアメリカの半植民地状態になっているので、特に重要だとはいいにくい言語です。
○アラビア語:イスラム社会で多く用いられる「聖なる言葉」ですが、イスラム教徒の多くは保守的・閉鎖的である一方で開明的なイスラム教徒は英語ができる場合が多いため、部外者が使用する機会は少ないと思われます。

世界でもっとも重要な言語を3つ選ぶとすれば、英語、中国語、日本語になるかと思うのですが、いかがでしょうか?日本語はマイナーでしょうか?

それぞれの理由
○英語:国際交渉や国際ビジネスの場で最も用いられる言語であり、アメリカ、イギリス、カナダといった主要国やその他多くの国で用いられています。
○中国語(北京語):世界で最も話者が多い言語であり、現在の中国の成長と将来性を考えれば、中国を好きかどうかにかかわらず身につけておくべき言語になると思います。
○日本語:日本の地位は低下...続きを読む

Aベストアンサー

英語以外はどれも難しいです。

ドイツ語はヨーロッパでは強いですが、それ以外では通じません。
ただし、ウェブページの数では英語に次ぐ2位という点から、
話者人口以上の存在感があるのも確かです。

フランス語はフランス以外の国はそれ程強くないです。
もちろん、国際言語である事は評価できます。

中国語はもう中国経済次第ですね。中国が先進国の仲間入りを
すればかなり強大な言語でしょう。

スペイン語は国数こそ多いですが、スペイン自体ヨーロッパでも
あまり強くなく、南米諸国の今後次第でしょう。

アラビア語も同じく国数や人口は多いですが、まだまだ
先進国といえる国はありません。

最後に日本語。経済大国かつ1億以上の人口は強いですね。
しかし国際語とは到底言えません。島国の一言語という地位から
脱却するには、観光に力を入れたり、ローマ字表記にする等の
施策が必要と思われます。

というわけで、英語に次ぐ言語をピシャリと決めるのは
難しいと思われます。

Qスペイン語を学ぶ利点は?

スペイン語を学ぶ利点は?
大学に入ってスペイン語を学ぶとします。
英語はある程度で着ます。大学卒業時点で英語、スペイン語がぺらぺらだとします。
スペイン語を話す人の人口は多いと思うのですがスペイン語が話せるとどのような利点がありますか?
(将来の就職などにおいて)
なるべくモチベーションがあがるものをお願いします。

Aベストアンサー

外国語を学びそれを生かすためには先ず人に頼らないことです。英語やスペイン語を生かして仕事をする人はそういう人ばかりですから生存競争に負けます。(前置き)

英語やスペイン語が堪能なら:
1.商社やメーカの海外部門で活躍できるでしょう。現在は中南米18カ国に商社が進出しメーカも10カ国以上に生産基地を持っているので現地で活躍するチャンスがあります。勿論スペイン本国でもチャンスがあるでしょう。
2.スペイン語は国連の公用語なので日本語、英語、スペイン語が堪能なら大いにチャンスがあります。
3.語学的には、英語を基盤としてスペイン語を18才で学ぶので、15才で初めて接した外国語(英語)とは理解度や学ぶスピードがまったく異なります。英語の単語の6割ぐらいはスペイン語と同じ語源(英語はフランス語経由のラテン語起源の単語が多い)なので、スペイン語を学ぶことにより改めて英語を見直すことが出来ます。
4.日本人は英語を通じてアングロサクソンの世界を知るわけですが、スペイン語を通じてラテン社会を知ることになり、ひいてはアフリカや中近東などの世界も従来と違った視点で見ることが出来るようになるでしょう。
5.スペイン語という第二言語を学ぶことは姉妹語のイタリア語、ポルトガル語、フランス語などへの興味が湧き、多言語社会への理解が深まるでしょう。
6.趣味の世界も広がるでしょう。(旅行、映画、音楽、スポーツ、絵画、彫刻など)
7.スペイン語はアフリカの赤道ギニア共和国(公用語)プエルトリコ(カリブ海)キュラサオ(カリブ海の蘭領)アンドラ公国(スペインとフランスの間)、フィリッピンの一部階層、イスラエルの一部階層及び北米のhispanic(4千万人以上)の多いニューヨーク、マイアミ、カリフォルニアなどの州でも通じます。

外国語を学びそれを生かすためには先ず人に頼らないことです。英語やスペイン語を生かして仕事をする人はそういう人ばかりですから生存競争に負けます。(前置き)

英語やスペイン語が堪能なら:
1.商社やメーカの海外部門で活躍できるでしょう。現在は中南米18カ国に商社が進出しメーカも10カ国以上に生産基地を持っているので現地で活躍するチャンスがあります。勿論スペイン本国でもチャンスがあるでしょう。
2.スペイン語は国連の公用語なので日本語、英語、スペイン語が堪能なら大いにチャンスがあ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報