今、私はスペイン及び、スペイン語圏の国々の文化について
勉強しています。そこで、正確な、スペイン語を公用語としている
国を知りたいのですが、教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

今朝補足説明をしたのですが操作ミスがあったのか掲載されなかったので繰り返します。



赤道ギニアは存在します。1968年にスペインから独立し直ちに国連に加入しています。英文国名 Republic of Equatorial Guinea 人口43万人

スペイン語は非常に広域で話される言葉なので、地域性(なまり)はありますが、日常会話に支障があるほどではありません。キューバと赤道ギニアを除くスペイン語の通じる全ての国を訪ね(モロッコ、プエルトリコ、フロリダ、ニューメキシコ、アリゾナ、カリフォルニア、キュラソーを含む)4カ国に住んだ経験から、日常会話でなまりが障害となったことは
ありません。これは昔(20-30年前以前)と違い出版、音楽(レコード)放送(テレビ)文化の発展で急速に標準化(少なくとも理解力)が進んだ結果だと思います。インターネットはこの動きを更に加速させることでしょう。(専門家レベルの地域性は残るでしょうが)
    • good
    • 0

議論の種を蒔いてしまった「Pancho」です。



赤道ギニアがアフリカ西部に存在することを確認しました。失礼しました。スペイン語が公用語の国なので中南米周辺を調べ直したのですが、アフリカの一部にまで公用語として採用されている国があるとは想像できませんでした。(スペイン語を話している地域があることは知っていました。)

以上。(大変申し訳有りませんでした。)
    • good
    • 0

補足回答です。


panchoさんの御指摘通り「チリ」が抜けておりました。全20カ国です。けど、赤道ギニア共和国(Republic of Equatorial Guinea)は実在します。もちろん公用語はスペイン語です。悪しからず。


【ご利用に当たってのルール[重要]】

多くの人が参加しているサイトですから、時にはマナーやルール違反をしてしまう方が出てきます。そういった場合も、ルール違反やマナー違反を指摘したり、あるいは回答者同士で(時には質問者を無視して)議論したりしないで下さい。質問している方や、まじめに回答している方の迷惑になります。
    • good
    • 0

申し訳ありません。

私も横道にそれちゃいますが・・・。
#3のwoodpさんは「アルゼンチンはなまらない」とお聞きになったそうですが、なまってましたよ。(大学のときの先生の一人がアルゼンチン出身)
中南米にはスペイン語を公用語とする国が多いのですが、スペインだけでなく、イタリア、ポルトガル、イギリス、ドイツetcからの移民も多いので、それらの国々の影響が色々な面で現れているらしいですね。
    • good
    • 0

物凄く話しそれますが、


「赤道ギニア」って無いんですか?
去年のシドニーオリンピックの競泳で、
特別枠みたいなやつで、
一人で泳いでいたムサンバニ選手は
「赤道ギニア」の選手となっていましたよ。

21世紀になるとともに、なくなってしまったんでしょうか?

(ごめんなさい、大きくヨコミチそれて(^^;)
    • good
    • 0

「o-totoro」さんのリストでほぼ合っていますが、公用語の20ヶ国から「チリ」が抜けています。


また、今は「赤道ギニア」という国は無いと思いますが、「スリナム」の東となりにある「ギニア」のことでしょうか? この地域は「フランス領」となっている筈なので国では有りませんし、「フランス語」が公用語になっていると思いますが...。(私の勘違いかな)

整理すると、メキシコ以南の中南米の内「ベリーズ」「ブラジル」「ガイアナ」「スリナム」(「ギニア」)を除いた国々と、カリブ海(アンティル諸島)の「キューバ」「ドミニカ共和国」、および「スペイン」です。(皆さんの記述は、ちょっとずつミスが有ります。)

ちなみに、発音も含めてスペインとその他の国々ではずいぶん違うスペイン語を話していますし、単語の使い方に至っては国によって差がありますのでご注意を。

以上。(参考までに、この手の情報の公式サイトとして外務省のページを載せておきます。)

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/index.html
    • good
    • 0

こんばんは。



スペイン語を公用語としている国は、下の方のおっしゃるとおり
中南米(ブラジル・マルティニーク・バハマ・ジャマイカをのぞく)
と本国スペイン、それからフランスの一部(ピレネー山脈=バスク地方)
が、公用語としていると思うのですが・・・

ず~っとまえ、ふとした縁で、メキシコ人・チリ人・スペイン人・フィリピン
人(ちなみにフィリピン人の女の子はスペイン語は片言)と5人仲良くつ
るんで遊んでいたことがあるのですが(一応5人の公用語は英語)その
中で、スペイン語を母国語にしている連中は、よくたがいの「なまり」の
事を言っていましたね。

ちなみに、最後に勝のは、やっぱ本家の「スペイン人」でした。
五人で議論になるときは、みんなムキになって「おらが言葉が一番」
とやっていた?様なのですが。
それを見ていた限り、どうも、スペイン人のスペイン語にそれ以外の連中は、
心なしか劣等感なりあこがれがあったと思います。

一度メキシコ人の友人に、とくと違いを教わったことがあるのですが、
も、忘れました。
やはり、同じ言葉でもかなり違うようですね。
NHKのスペイン語講座でも、必ず2カ国のコーナーつくっていますものね。
でも、日本語習うのに、ふつう「関西弁」は習わないですよね?(ちなみに
小生関西人)それに、関西人は標準語(この言葉が少ししっくりこないですが。)
はしゃべられないけど理解できる。
と、言うことは、スペイン人のスペイン語が、やはりスタンダードで、それ以外は
それなりに「なまっている」のでは無いでしょうか?

ちなみに、その連中の話では「アルゼンチン」は、なまらないというのも聞いた
ことがありますです。

ぜんぜん参考にならないのは承知しておりますが・・・
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

No.1の回答者の補足になりますが、カリブ海ではスペイン語がかなり通用します。

特にオランダ領キュラソーとアルバーでは問題なく通用します。又北米南西部の内
ニューメキシコとアリゾナでもメキシコ系の人口比率が高くスペイン語の通用する地域に入れてよいと思います。イスラエルでも世界中のスペイン語圏から帰国したユダヤ人が多く、英語、ロシア語とともにスペイン語を話す人が多いと聞きます。

1980年代ごろまでスペインのTV番組に '300 millones'というのがありました。これは全世界のスペイン語視聴者を対象とした番組でした。現在は軽く5億人を越えていると思われます。スペイン語を公用語とする人口は英語、中国語、ヒンディー語に次いで世界で第4位です。
    • good
    • 0

スペイン語を公用語としている国(五十音順):アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、キューバ、コスタリカ、コロンビア、スペイン、赤道ギニア、ドミニカ共和国、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ベネズエラ、ペルー、ボリビア、ホンジュラス、メキシコ(20か国)



スペイン語を公用語としている地域:プエルトリコ(米国自治領)、エル・セニーソ(米国テキサス州)

スペイン語がかつて公用語に指定されていた国:フィリピン(1986年まで)

その他、スペイン語が通用する地域:アンドラ、米国(ニューヨーク、フロリダ、テキサス、カリフォルニアなど)、ベリーズ、モロッコ北部
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語のボサノバって・・・。

こんにちは。
今、スペイン語を習ってるのですが、スペイン語を身近に感じたいため、スペイン語の歌を探しています。最初、ボサノバはスペイン語かな、と思っていたらポルトガル語で歌われているのですね・・・。
スペイン語で歌われている歌で素敵な歌や歌手を知っている方、是非教えてください。
私自身はジャズやボサノバが好きです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も大好きです、ラテン系の音楽。ボサノバってポルトガル語なんですか?知らなかった・・・。
えーと、ステキって思ってくれるかわかんないんですけど、私が聴いていいなー、って思ったのは、
リッキー・マーティンのLivin' La Vida Locaが入ってるアルバム。英語の曲もあるけど、ラテーン!ってかんじで良かったですよ。
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のサントラ。キューバってかんじが全曲漂ってます。
グロリア・エステファン。この人お気に入りなんですよー。アルバム出ると必ず買っちゃうんです。英語で歌ってたりもしますけど、キューバ出身なんで、スペイン語でよく歌ってます。全曲スペイン語のアルバムも出してますよ。「ミ・ティエラ」ってアルバム。すっごくおすすめです。キューバとかスペインにいるような気分になりますよ。古き良き時代・・・、ってかんじで。
あと、クリスティーナ・アギレラ。今アルバムを2枚くらい出してると思うんですけど、その一枚が全曲スペイン語ですよ、確か。わたしはファースト・アルバムしか持ってないんですけど、恐ろしいくらいハイレベルな歌唱力で、スッテキ!!!スペイン語で歌ってるところも一度テレビでみたんですけど、ステキすぎて鳥肌たっちゃいましたよ。親がコロンビア出身とかで、スペイン語を話すそうです。彼女は本当におすすめ。すごすぎる!!
ボサノバだと小野リサさんとかはどうでしょう?ブラジル出身の方だしボサノバたからポルトガル語だと思うんですけど、ボサノバお好きなんですよね。まだ聴いたことなかったら一度聴いてみてください。リラクゼーションにもなっちゃうくらい、声がとってもやさしくて、いいです。
こうしてみると、私がおすすめしてるのって、キューバ音楽なんですかねえ・・・。スペイン語っていってもいろいろありますね・・・。お好みに合うかわかんないですけど。

私も大好きです、ラテン系の音楽。ボサノバってポルトガル語なんですか?知らなかった・・・。
えーと、ステキって思ってくれるかわかんないんですけど、私が聴いていいなー、って思ったのは、
リッキー・マーティンのLivin' La Vida Locaが入ってるアルバム。英語の曲もあるけど、ラテーン!ってかんじで良かったですよ。
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のサントラ。キューバってかんじが全曲漂ってます。
グロリア・エステファン。この人お気に入りなんですよー。アルバム出ると必ず買っちゃうんです...続きを読む

Q公務員試験の参考書選び及び、難易度について

公務員試験の参考書選び及び、難易度について
私は、今23歳の男です。公務員に興味があり来年の地元市役所[人口約13万の市です]を受験しようと考えております。
中級・上級共にC日程で専門試験はありません。1次試験は教養と適性、2次試験は面接と論文とY-G検査と身体測定です。
参考書は昨年、兄が地元公務員[III種]を受ける際に使用していた、市販されている国家IIIor地方初級対応の参考書が7冊あります。
そこで、質問なのですが
1.市役所の中級及び上級の参考書は国家III種・地方初級の問題で補えるでしょうか?
 それとも、新たに市役所中級or上級対応の参考書を購入した方がよいのでしょうか?
2.約13万人の小さな市の問題とはどの程度なのでしょうか?

以上、どなたかお願いします。

Aベストアンサー

現職の都道府県職員です。
>1.市役所の中級及び上級の参考書は国家III種・地方初級の問題で補えるでしょうか?
全く使えないわけでもないでしょうが、
一般的には、
上級・・・・大学卒業程度
中級・・・・短大卒程度
のレベルの問題が出されます。
国家III種及び地方初級は、高校卒業程度のレベルですので、
ちゃんと地方上級用の参考書で勉強した方がいいですよ。
それから、あなたの受験する市のホームページに過去問題はないでしょうか。
あれば参考にできます。また公務員予備校のホームページにも傾向と対策が載っている
場合がありますので参考にしてください。
参考リンクはあくまで例です。ここの回し者ではありません。

参考URL:http://www.tokyo-ac.co.jp/koumuin/index.html

Qスペイン語のコツ

こんにちは。僕は今月からスペイン語を勉強します。そこでみなさんにスペイン語のコツを教えてほしいです。ちなみに「30日で学べるスペイン語文法」ナツメ社の本を買ってみました。補足、僕は中学生なのでやさしく教えてください。

Aベストアンサー

初めまして。
中学生でいらっしゃるなら、趣味でされるのですよね?
ありがちですがNHKのスペイン語会話が簡単です。テキストも
安いです。でも文法中心ではないので、後で確認が必要です。
スペイン語を始めるきっかけは何だったのでしょうか。
スペインやメキシコの音楽はアマゾンやタワーなどで購入できるので、
歌詞カードを見て(たまに入っていないものもあるので、お店の
人に聞いてね)単語を調べたりも楽しいですよ。好きな歌なら
CDに併せて歌っているうちに発音練習にもなるし。
ただ自分の経験から日本で独学するより、スペイン語圏の国で
ホームステイしながら語学学校に通う方がずっと早く喋れるように
なります。大学生になったら試してみては?
あと、「インタースペイン書店」を検索してみてください。いろいろな
教材や読み物があります。好みのものがあるかも。
あまり具体的ではないアドバイスですが、うまく行くといいですね。

参考URL:http://interspain.ocnk.net/product-list/32

Q南米のスペイン語圏に留学したい・・・

スペイン語圏に留学を考えています。
できれば、南米のアンデスの辺り(ボリビア、チリ、ペルー)
が良いのですが、あまり留学ではメジャーではないような気がします・・・
やはり、治安など問題があるのでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

中南米で留学に値するところ(薦められるところ)はメキシコ、コスタリカ、ペルー、です。アルゼンチン、チリーもOKですが留学生は少ないようです。ペルーにはSan Marcos大学という由緒ある大学があります。ペルーは昔スペインの南米植民地経営の拠点となっていたところでスペイン語も中南米ではきれいな方です。

危険には二種類があります。昔の中南米のようにクーデターが多く政治が安定していなくて危ない(治安が悪い)面と経済問題を抱えて失業者が多く、大都市中心に
泥棒や強盗等が多くて危ない(安全でない)面です。現在の中南米には軍事政権はなく治安面の不安はほとんどありません。ゲリラはコロンビアのみ危険な状態です。

安全性の面から見れば日本や米国が危ないようにどこの国もある程度危ないでしょう。しかし、だから日本や米国を留学生が避けるということはないでしょう。ペルーには日系人が10万人以上いるので生活面のノウハウが得やすく、又日本人は基本的に尊敬され好かれているので、あまり心配することはないでしょう。留学前に現地に(リマ市内に)知人が得られれば理想的ですが・・・

中南米で留学に値するところ(薦められるところ)はメキシコ、コスタリカ、ペルー、です。アルゼンチン、チリーもOKですが留学生は少ないようです。ペルーにはSan Marcos大学という由緒ある大学があります。ペルーは昔スペインの南米植民地経営の拠点となっていたところでスペイン語も中南米ではきれいな方です。

危険には二種類があります。昔の中南米のようにクーデターが多く政治が安定していなくて危ない(治安が悪い)面と経済問題を抱えて失業者が多く、大都市中心に
泥棒や強盗等が多くて危ない(安全...続きを読む

Qスペイン語の違い

こんにちは。
こないだの春休みにメキシコはカンクンに行ってきました。あそこの人たちのテンションには参りました!船の兄ちゃんたちや、バスを待っているおじちゃんまでが密かに音に合わせて揺れていてビックリしました(笑)
そこで聞いたスペイン語が印象的で、私は外大なので第3ヶ国語はスペイン語にしようと決めたんです。しかし、いざスペイン語クラスのお試し授業(うちの大学にはそういう期間があります)を受けてみたら、私がカンクンで聞いたスペイン語となんか違うんです・・・。音が滑らかというか。"音"の違いで熱が冷めてしまい、スペイン語は取りませんでした。

実際、本土スペインのスペイン語と南米のスペイン語はどのように違うんでしょうか?

Aベストアンサー

スペイン語は方言(dialecto)が極めて大きい言語です。
それは、音声学的な国際的な標準語というものがないからです。
スペインでしたらスペイン国営放送のスペイン語が標準語となるのでしょうが、それでも地方やスペイン領にいくと語彙やアクセントがかなりかわり、アンダルシアなどではその訛りに誇りをもっています。
又、中南米や南米の人は自分たちのスペイン語こそ、本流だと思っています。言語学でいうところの「恣意的な選択」といえるのかもしれません。といったところで、各自勝手に(?)話しているので、発音、語彙、イントネーションもかなり違い、国や地方によっては通じない事もよくあります。

母国語としてある言語を身につけると、微妙なアクセントの違いを見分けるのがが難しかったり、発音を治すのが大変ですが、外国語としてとらえると柔軟に対応できます。つまり切り替えはネイティブほど困難ではありません。
だから学校で習うスペイン語をしっかり身につければ、カンクーンに行ったときは彼らのように話せます。

スペイン語の多様性を感じたエピソードとしては、映画でメキシコ人とスペイン人が会話しているのですが、お互い気付いていないけど、会話が全くかみあっていない、というシーンがありました。
あと、(本当の話)、南米にいたとき、メキシコの観光客とお店の人の会話が通じていなかったのを、外国人の私が通訳してあげたこともありました。(単にその人はジュースを買いたかっただけなのですが、何で相手が分っていないのかが分っていない、つまり使っている単語が違ったわけです)
その他スペイン語の多様性で笑ってしまったエピソードは山ほどあります。それだけ奥深く楽しい言語です。

アメリカのマイアミにいくと、本当に色々なスペイン語が氾濫しています。私が音声的に面白いというか最初冗談かと思ったのはアルゼンチンのスペイン語のアクセントです。それでも住んでいると自然にそのように話してしまってました。キューバのスペイン語もとても特徴があります。

外語大いいですね。外大にすすんだ私の友人も、選択でここぞとばかりあまり学べない希少な言語(古代ギリシャ語とか)を学んでいました。
語学はきっとお好きなのですね。だったら是非スペイン語に挑戦して、この多様性を楽しんでくださいね。

スペイン語は方言(dialecto)が極めて大きい言語です。
それは、音声学的な国際的な標準語というものがないからです。
スペインでしたらスペイン国営放送のスペイン語が標準語となるのでしょうが、それでも地方やスペイン領にいくと語彙やアクセントがかなりかわり、アンダルシアなどではその訛りに誇りをもっています。
又、中南米や南米の人は自分たちのスペイン語こそ、本流だと思っています。言語学でいうところの「恣意的な選択」といえるのかもしれません。といったところで、各自勝手に(?)話してい...続きを読む

Q「英語圏」「非英語圏」ってどういう国のことを指すんでしょうか

「英語圏」「非英語圏」という表現がよく使われていますが、この2つの明確な境界線ってあるのでしょうか。
英語圏/非英語圏の定義、できれば例(日本は英語圏だけどタイは非英語圏)みたいなものを教えていただけないでしょうか。基準は国ごとでお願いします。各国の細かい言語情報を求めているとキリがないと思いますので。
あと、世界の英語圏地域/非英語圏地域のマップなどあれば、URL/本のタイトルなどを教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語圏とは英語を国語とする国々及びその国の主要言語(複数の言語の中で)が英語となっている国、地域のことです。日本は非英語圏です。非英語圏の国としては中国、アラブ諸国、日本、フランス、スペイン、ポルトガル、イタリア、ソ連、東欧諸国、スペイン語やポルトガル語を国語とする中南米諸国などがあります。線引きに絶対的な基準はないと思います。英語圏、非英語圏を使う人の目的、思惑、業界の習慣等で若干のづれがあるでしょう。貿易業界などで英語圏といえば、その国の言語を使用しなくても英語で商売が可能な地域を指すでしょう。言語学者は厳しく区分けするかも知れません。

参考資料としては手軽な「世界の国一覧」世界の動き社 ¥480(価格は2000年版の場合)190ヶ国の面積、人口、主要言語、ほかが簡潔にまとめられています。

Qスペイン語のボキャブラリーの増やし方

スペイン語のボキャブラリーの増やし方

こんにちは。私はスペイン語はそれほど得意ではありませんが、ボキャブラリーを増やしたいと思います。そこで 英単語帳の英語をスペイン語に訳して覚えるのは効果的でしょうか? また、どんな問題点がありますか? 具体例をあげていただくと助かります。

Aベストアンサー

love_pet2さんは英語がお出来になるんでしたよね。
フランス語もだったかな?

質問は「ご自分で訳すこと」を前提にされてますか?

確かにスペイン語と英語では似た単語が多くあり、ちょっとした法則を
覚えれば例えスペイン語の単語を知らなくても言い当てることが出来ます。
しかし使い方が違うものや1対1で対応しないものもありますので
英西辞典のように訳されたものを使わないと間違えることもありそうですね。

語学の方法は既にご存じでしょうから単語単位ではなく、
可能なら直接スペイン語でのリーディングやリスニング、もしくは会話や
作文を通じて単語を増やす方が良いと思います。

Q次の曲線と2直線及びx軸で 囲まれた部分の面積Sを求めよ (1)y=x²+2x+2 x=0 x=1

次の曲線と2直線及びx軸で
囲まれた部分の面積Sを求めよ

(1)y=x²+2x+2 x=0 x=1

この問題の回答には
0以上x以下2では0<yであるから
S= … と書いてありますが
なぜ0以上yでは駄目なのかが
わかりません。
教えてくださるとありがたいです。

Aベストアンサー

問題は、

(1)y=x²+2x+2
 x=0
 x=1
 及びx軸
で囲まれた面積を求めよ、ということですね?

そこで、
 y=x²+2x+2 = (x + 1)² + 1  ①
は、どうして y>0 であって、y≧0 でないのか、というのが質問ですね?

①式で
 (x + 1)² ≧ 0   ②
です。実数であれば、2乗すれば必ず「正の数」になりますから。ここで、等号が成立するのは、
 x + 1 = 0
つまり
 x = -1
のときだけです。

②式を①式に代入すれば
 (x + 1)² + 1 ≧ 1   ③
で、等号が成立するのは、
 x = -1
のときだけということになります。よいですか?

③では、1 > 0 ですから(等しくないので、等号が成立することはない)
 (x + 1)² + 1 ≧ 1 > 0
つまり
 (x + 1)² + 1 > 0
ということになります。「1 > 0 で、等しくないので、等号が成立することはない」のですから、ここには等号はあり得ません。


>例えば
>y= - 2x² - 1 (x= - 2 x=1)
>の場合だとyは0以上になるのは
>どうしてですか?

x=-2 だと y=-5、x=1 だと y=-3 で、y が0以上にはなりませんね。

この場合には、
 y = -2x² - 1 = -(2x² + 1)
ですから、すべての x に対して
 x² ≧ 0 (等号成立は x=0 のとき)
です。従って
 2x² + 1 ≧ 1 (等号成立は x=0 のとき)
です。
 1 > 0 (等号が成立することはない)
ですから、
 2x² + 1 > 0
従って
 y = -2x² - 1 < 0
です。

y ≦ -1 (等号成立は x=0 のとき)であって、y=0 となることはあり得ません。(だって、-1<0 で等号は成立しませんから)


どういうときに等号が成立するのか、考えている式は等号が成立し得るのか、ということを考えれば分かると思います。

問題は、

(1)y=x²+2x+2
 x=0
 x=1
 及びx軸
で囲まれた面積を求めよ、ということですね?

そこで、
 y=x²+2x+2 = (x + 1)² + 1  ①
は、どうして y>0 であって、y≧0 でないのか、というのが質問ですね?

①式で
 (x + 1)² ≧ 0   ②
です。実数であれば、2乗すれば必ず「正の数」になりますから。ここで、等号が成立するのは、
 x + 1 = 0
つまり
 x = -1
のときだけです。

②式を①式に代入すれば
 (x + 1)² + 1 ≧ 1   ③
で、等号が成立するのは、
 x = -1
のときだけということになります。よ...続きを読む

Qフランス語・ポルトガル語からスペイン語へ

フランス語・ポルトガル語からスペイン語へ

こんにちは。このカテでは初めて質問します。私はフランス語とポルトガル語ができます。それで、スペイン語は私にとっては習得しやすく、世界的にも広く使われているので スペイン語を覚えてみようと思います。そんなわけで、大きな書店に行ってスペイン語の入門書を立ち読みしてみたんですが、何か手応えが弱いというか、内容が薄っぺらく 物足りない感じがします。最後のユニットもフランス語及びポルトガル語からの類推と日本語訳を頼りにすれば、ほぼ何とかテキスト文を追っていけるような感じです。それと、スペイン語にカナがふってあるのも余計な配慮で邪魔になります。

そこで質問です。そんな私にお勧めのスペイン語の学習書、または学習法などをご指南戴ければ幸いです。

Aベストアンサー

私も同じく「ポルトガル語とフランス語からスペイン語へ」でした。抜群に効果があったのは、メキシコやスペインでの滞在です。一緒にいた人たちによると、毎日、目に見えて上達していたそうです。ですから、機会をみつけてはスペイン語圏に旅行するのがお勧めです。

あとは車で移動する時に NHK の第2放送の講座を聞いたり、CD を流したりしています。それだけで、会話も読書も、とりあえず不自由はしない程度になりました。しかし上手な人に聞くと、いわゆる portunol
http://en.wikipedia.org/wiki/Portu%C3%B1ol
の域を出てはいないようです。

なおフランス語の知識は、スペイン語を学ぶ役にはあまり立っていない気がします。

QAEROCOOL及びCOOLMAXと言う商品名の繊維について教えてください。

インターネットで調べましたが、基本的な事がわかりません。
特にAEROCOOLについてはどこの商品なのかもわかりませんでした。(韓国のメーカーのようですが。)

この繊維の原材料、特徴などご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

COOLMAXはデュポン社の機能性繊維の一つで、最近ではユニクロのドライメッシュポロシャツやショートパンツ等にも使われています。
着心地がさらっとして汗をかく季節には快適です。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.apexathletics.com/coolmax.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報