こんにちは。

大学の生物学という授業で遺伝子の勉強をしており、
塩基の4つの化学物質 アデニン、グアニン、チミン、シトシンの
構造式と化学式をテストで書けと言われました。

教授が水での例を書いておくと、
構造式は、H-O-H
化学式は、H2O

と、書いていました。

Wikipediaで調べると、水には化学式としてH2Oと書いてありましたが、
アデニン、グアニン、チミン、シトシンには化学式は書いてなく、
似たような感じだなあと思った分子式などしか載っていませんでした。

他を調べても基礎知識のなく、全くわからなかったので
アデニン、グアニン、チミン、シトシンの化学式について
お答えいただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

何か良く分からんのだが・・・、


-----------------------------------------------
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%87% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%A2% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%9F% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%88% …
------------------------------------------------
・・・で分子式のことでないの!?
分子式、組成式、構造式、示性式など、元素記号を用いて物質の組成や構造を表した式を総称して「化学式」という
・・・と書いてあるのだが!?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
分子式と認識して試験に臨みます!!
ありがとうございました!

お礼日時:2011/02/06 23:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生物有機化学の構造式

課題が出ましたが
詳しくやっていないので
理解できません(;_;)
みんなの前で発表するので
考え方や解答を
教えていただきたいです!


「問題」
分子式C5H10であり、臭素水を加えると、臭素水の赤褐色が消えた。この化合物の構造異性体はいくつあるか。まだ臭素水の色が消えなかった場合の化合物の構造式を1つ示せ。

Aベストアンサー

臭素水の色が消えるのは付加反応がおこったからです。
付加反応がおこるのが二重結合をもつアルカンで、
付加反応がおこらないのが単結合のみのシクロアルカンです。

<アルケン>
CH2=CH-CH2-CH2-CH3 1-ペンテン
CH3-CH=CH-CH2-CH3  2-ペンテン(シス・トランスを含む)
CH=C(CH3)-CH2-CH3 2-メチル-1-ブテン
CH=CH-CH(CH3)-CH3 3-メチル-1ーブテン
CH3-C(CH3)=CH-CH3 2-メチル-1-ブテン
の合計6種ではないでしょうか?

<シクロアルカン>
5種あります。最も簡単なのは5角形です。
CH2-CH2\
|       CH2
CH2-CH2/
4角形+メチル基もあります。
CH2-CH2
|   |
CH2-CH-CH3

Q魚は水の中で食べ物を食べますが、 水はエラ経由外へ、食べ物は胃へ、上手く分けてますが、どういう構造に

魚は水の中で食べ物を食べますが、
水はエラ経由外へ、食べ物は胃へ、上手く分けてますが、どういう構造になっているのでしょうか?
食べ物も呼吸するための水も口から取り込みますが、何故水が胃の中に入らないのでしょうか?

肺呼吸の動物の気管支と食堂の構造では圧倒的に比重の違う空気と食べ物ですから食べ物を飲み込む時、空気が食べ物と一緒に胃に入る量はわずかだと思いますが、
水と食べ物では比重もそんなに変わりませんので、胃に大量の水が一緒に入るような気がするのですが。
どなたか、お分かりになる方、教えて頂けると幸甚です。

Aベストアンサー

胃の中も水で満たされていないと、胃が水圧で圧壊しちゃうじゃん。
魚は浸透膜での排水能力があるから海中で塩味にもならずふやけずいられるので、体内も全身水に浸かっています。胃袋がなく食道のみの魚も多いです。
だから死ぬとふやけて、ガスが出て浮く。

あと、魚を飼って見ているとわかりますが、エラは酸素の漉し器でしかないでの、ものすごく食べ物はエラからこぼれます。

Q核酸塩基はなぜ塩基

 DNAを構成するプリン塩基やピリミジン塩基はなぜ塩基というのですか?私には塩基というとアルカリとしか思い浮かばないので・・・

Aベストアンサー

「塩基というとアルカリとしか思い浮かばない」とのことですが、アンモニアやピリジンは
「塩基」としてピンと来ますでしょうか?
似たような塩基性がプリンやピリミジン含まれる窒素原子の「一部」にあるのです。
ちなみに、ヌクレオチドが「酸」と呼ばれるのは、糖を介したリン酸エステルの酸性によります。

中途半端な回答ですが、学生さんとのことですので化学系の参考書も漁ってみては?

Qシトシンの5位がメチル化される理由

DNAのメチル化に関する研究を始めた者です。
DNAのメチル化はCpG配列のCの5位のHがメチル基に置換されるとのことですが、なぜ5位なのですか?
他の6位もHが付いていますが、ここはメチルされないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>他の6位もHが付いていますが、ここはメチルされないのでしょうか?
6位がメチル化されたものはRNAにもありません

>DNAのメチル化はCpG配列のCの5位のHがメチル基に置換されるとのことですが、なぜ5位なのですか?

これには明確な答えはないでしょう
チミンも5位にメチル基がありますが、なぜ5位なのかというのは進化の結果そうなったとしか説明のしようがない気がします
ただ、6位にメチル基がついた場合syn型になって二本鎖を形成しにくくなりそうな気がしますが

QなぜDNAのT(チミン)に対応するRNAがU(ウラシル)なのか、すごくわかりません。

なぜDNAのT(チミン)に対応するRNAがU(ウラシル)なのか、すごくわかりません。なぜTでないの?わざわざ塩基を変える必要はないと思うのですが、TだけUになっているのはなにか理由があるのでしょうか?RNAもACGT 似ならない理由を教えてください。

Aベストアンサー

生物の遺伝情報はもともとRNAが担っており、後に安定性の高いDNAに移行したという説があります。つまり元々はウラシルを使用した遺伝子配列だったと考えられます。
ウラシルはシトシンと構造上よくにており、シトシンが脱アミノされるとウラシルとなります。これでは遺伝子配列にウラシルがあっても、それが元々ウラシルだったのか、それとも脱アミノされたシトシンなのかの判別ができません。チミンではそういった問題が起こらないため、より安定な遺伝情報の維持につながると考えられます。

参考URL:http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/repair.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報